広告

サイバーコミュニケーションズの転職難易度は?面接内容や口コミなどを解説

サイバーコミュニケーションズの転職者の主なキャリアステップ

サイバーコミュニケーションズの主な転職元・転職先

学歴主な学歴は、高校卒業や専門学校創業、大学・大学院卒など、幅広く在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

前職サイバーコミュニケーションズ在籍者の主な職歴は、ADKなどの総合広告代理店IBMなどのSIerが挙げられます。

次の転職先サイバーコミュニケーションズからの転職先として、博報堂グループADKデルフィスなどの総合広告代理店のほか、DeNAなどのWEB系事業者へ転職しています。

サイバーコミュニケーションズは、株式会社CARTA HOLDINGSの子会社であるインターネット広告会社です。
広告業界のなかでも国内最大級の規模であり、さまざまなデータを扱っており、デジタルマーケティング全般のサービスを展開しています。
また、広告・マーケティング業界の企業向けたデジタル広告クリエイティブの一元管理をサポートできる「クリエイティブマネジメントテーラー」の提供も行っています。
その結果、これまでの取引広告主数は10,000社以上、取扱いメディア数は1,500サイト以上を誇っており、インターネット業界のなかで、影響力のあるメディアレップのリーディングカンパニーです。
そんなサイバーコミュニケーションズでは、インターネットやマーケティングが好きであり、新しい価値の創出し、世の中に提供できる人材を求めています。

サイバーコミュニケーションズへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・サイバーコミュニケーションズの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、サイバーコミュニケーションズの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • サイバーコミュニケーションズの企業概要
  • サイバーコミュニケーションズの転職ポイント
  • サイバーコミュニケーションズの社風や企業文化

サイバーコミュニケーションズに転職するポイント

サイバーコミュニケーションズの特徴

POINT

  • ・CARTA HOLDINGSの子会社であり、電通グループの一員
  • ・さまざまなデータを扱い、デジタルマーケティング全般のサービスを中心に展開
  • ・取引広告主数は10,000社以上、取扱いメディア数1,500サイトを誇る

サイバーコミュニケーションズへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的多い
  • ・プランナーやコンサルタントなどで求人募集
  • ・インターネットやマーケティングが好きであり、新しい価値の創出できることが重要

サイバーコミュニケーションズの企業概要

会社名 株式会社サイバー・コミュニケーションズ
本社所在地 東京都中央区築地1-13-1 築地松竹ビル
社長 新澤 明男
設立 1996年6月5日
株式 非上場
株主構成 株式会社CARTA HOLDINGS(100%)

サイバーコミュニケーションズの売上

サイバーコミュニケーションズは非上場のため、親会社である株式会社CARTA HOLDINGSの売上高を掲載いたいします。

CARTA HOLDINGSの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 28,518百万円 26,158百万円 22,487百万円
経常利益 1,431百万円 3,812百万円 3,335百万円

サイバーコミュニケーションズの最新ニュース

サイバーコミュニケーションズの事業内容

サイバーコミュニケーションズは、株式会社CARTA HOLDINGSの子会社であり、電通グループのデジタル領域を担う中核企業です。
1996年に創業して以来、情報とビジネスのハブとしての役割を担い、インターネット広告市場を牽引しており、デジタルマーケティング全般のサービスを提供しています。
また、広告業界のなかでも国内トップクラスの規模と多様なデータを集束しており、それらを活用して、さまざまなニーズに対応したデジタルメディアや広告、ビジネスの展開にも注力しています。
その結果として、これまでの取引広告主数は10,000社以上、取扱いメディア数に関しては1,500サイト以上であり、非常に強い影響力を持つ企業です。
今後の展望として、より多くのプラットフォームやソリューションとの連携を強化し、企業のマーケティング活動の最適化を支援、DXの推進やインターネット広告市場の発展に貢献することを目指しています。

サイバーコミュニケーションズの募集要項

ストラテジックプランナー

リスティング・アドネットワークやDSP、Facebook、LINEなどの広告提案や運用業務全般を担うポジションです。
具体的には、広告主からのニーズヒアリングや広告主に対してメディアプランニングの提案、案件に対し、最適な広告配信戦略の立案を行います。
また、運用担当からレポートされた運用結果に対し、成果分析と広告主への提案、代理店や広告主へのレポートなど、幅広い業務に携われる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・1年以上の用型広告のオペレーション業務経験
  • ・広告主へのレビューや提案の実務経験
  • ・3年以上の社会人経験

メディアコンサルタント

媒体社やプラットフォーマーと連携し、担当するメディアの広告収益の最大化とメディアの価値向上を目指すポジションです。
具体的には、自身が担当するメディアの広告枠の販売や広告プロダクトの企画提案、マネタイズに向けたアドバイスを行います。
また、各種ツールを用いた最適な広告運用などのコンサルティングも行います。
最新のテクノロジーやソリューションも活用しながらクライアントに付加価値を提供するため、責任とやりがいを感じられる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・1年以上のGoogleやYahoo!、Twitterなどのプラットフォームの管理画面を用いた運用経験
  • ・1年以上のインターネット広告に関する法人営業の経験
  • ・2年以上の社会人経験

クリエイティブディレクター

メディアソリューション・ディビジョンの新規ビジネス開拓におけるクリエイティブディレクションやデザインを担当するポジションです。
具体的には、依頼に対して適切なサポートを行うためのクリエイティブディレクション、広告主や広告代理店からの制作依頼への対応、自社サービスのデザインなどの制作を行います。
電通グループの顧客基盤における大型案件のクリエイティブ業務を経験できるため、キャリアを広げることが可能な職種です。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上の要件定義や社外調整といったWEB制作ディレクション経験
  • ・WEBサイトやアプリの構築経験
  • ・基礎的なデザイン能力 など

サイバーコミュニケーションズの転職難易度

サイバーコミュニケーションズの転職難易度は比較的高いです。
技術や展開しているサービスで注目を集めており、影響力を持つ企業なため、知名度があります。
そのため、さまざまなポジションにおいて、多くの応募者がおり、競争率が激しくなることが想定できます。
ただし、中途採用によるキャリア募集は積極的に行っているため、チャンスは比較的多いといえるでしょう。
サイバーコミュニケーションズへの転職を目指すなら、ほかの応募者よりも秀でている能力を持っていることが肝心です。

サイバーコミュニケーションズが転職者に求める人物像

サイバーコミュニケーションズでは、インターネットやマーケティングが好きであり、新しい価値の創出できる人材を求めています。
また、企業理念に共感でき、今後も変化していくデジタル産業を自身の手で創造していきたいという思想を持つ人材も求めている傾向があります。
サイバーコミュニケーションズは、デジタル産業の未来に貢献する志を大切にしており、さまざまなニーズに応えてパフォーマンスを徹底的に追求しているため、このような能力が必要不可欠です。
面接では、これらを上手にアピールできるエピソードを用意してから臨むと良いでしょう。

サイバーコミュニケーションズの転職までの流れ

サイバーコミュニケーションズの選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接・適性検査

想定選考官:人事・部門責任者
想定内容:志望動機やこれまでの経験など、一般的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員・事業責任者
想定内容:これまでの質問に加え、広告業界に対する考えや視点に関する質問をされます。

内定

サイバーコミュニケーションズの面接形式

面接は応募者が1人なのに対し、面接官が複数人で行われます。
面接回数は基本的に2回ですが、職種によって異なる場合があります。
1回あたりの時間は30分~1時間程度です。

サイバーコミュニケーションズの面接内容

サイバーコミュニケーションズの面接は、志望動機やこれまでの経験といった一般的な質問から進みます。
それ以外にも、「広告業界に対してどのようなイメージがあるか」や「今まで見た広告で印象的なものは何か」といった広告業界に関する質問を多くされる傾向があります。
これといった変わった質問をされることはありませんが、質問によっては深堀されることがあるため、どのような質問にも一貫性のある回答ができることが重要です。
面接の雰囲気は、比較的和やかなであり、話しやすい雰囲気があります。
企業研究や自己分析をしっかりと行ったうえで、リラックスして自分らしく面接に臨むと良いでしょう。

サイバーコミュニケーションズで働いている方の評判・口コミ

プロジェクトマネージャー、在籍5~7年、男性
年齢など関係なく、若手からでも責任のある業務を任せてもらえます。評価制度も年次ではなく、実力評価であるため、成果を出せば出すほど、正当な評価を得られるため、モチベーションにも繋がります。
広告宣伝、在籍7~10年、女性
社内研修がしっかりしており、社外研修もあるため、業界全体のトピックなどの情報を把握することが可能です。また、基本的なことからしっかりと学べるため、さまざまなことが身に付くでしょう。
内勤営業、在籍7~10年、男性
個々の事情や意志に基づいて働き方を自己設定を行うことができます。そのため、ワークライフバランスは非常に良く、残業もそれほど多くないため、プライベートを充実させることができるでしょう。

口コミの要約サイバーコミュニケーションズの口コミを見てみると、若手からでも責任のある仕事に携わることができ、成果を残せば残すほど評価してもらえるため、やりがいに繋がるということが伝わってきます。また、社員一人一人の働き方に合わせて勤務できるため、ワークライフバランスが良いということが伺えます。

サイバーコミュニケーションズの年収・給与

年収 562万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 有り(月20時間分)
通勤手当 有り(月10万円まで)
住宅手当 記載なし
福利厚生 自己研鑽支援、インフルエンザ予防接種、補償福祉など

サイバーコミュニケーションズでの転職者の出世難易度

サイバーコミュニケーションズの出世難易度は中程度です。
優秀な社員が大勢在籍しており、それぞれ多くの実績を残しています。
一見出世することが難しいと感じるかもしれませんが、サイバーコミュニケーションズは実力評価なため、結果を残すことで正当な評価を得られます。
そのため、努力し実績を残し続けることで出世できる可能性が高まるでしょう。
また、実績のほかにも、マネジメントスキルやリーダーシップなども持ち合われていれば、出世できる可能性はさらに上昇します。
サイバーコミュニケーションズでの出世を目指すなら、これらを意識し、常に努力し続けることで、出世への道は拓けるといえます。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 なし 700万円
30代中盤 なし 900万円
40代前半 なし 800万円
40代後半 なし 800万円

サイバーコミュニケーションズはどんな人が働いている?

サイバーコミュニケーションズの従業員数

934名

サイバーコミュニケーションズの平均年齢

34.9歳

サイバーコミュニケーションズの平均勤続年数

記載なし

サイバーコミュニケーションズの社風

サイバーコミュニケーションズは、比較的フラットであり、チャレンジを歓迎している社風です。
積極的にチャレンジできる環境があり、年齢や性別など関係なく、手を挙げれば仕事を任せてもらえるという雰囲気があります。
また、比較的意見がしやすく、提案や相談などが気軽にできる環境があります。
さらには、社員の働き方を考慮する風土があるため、自身の働き方に合わせて働くことが可能で、
そのような環境のなかで積極的にチャレンジしたいという方には、向いている企業といえるでしょう。

サイバーコミュニケーションズのワークライフバランス

副業可否 不可
勤務時間 9:30~17:30
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、慶弔休暇、誕生日休暇、リフレッシュ休暇など
平均残業時間 月30.5時間
フレックス制度 有り(コアタイムなし)
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

サイバーコミュニケーションズの社長

新澤 明男

1973年生まれ。
東洋大学経済学部卒業後、ソフトバンク株式会社に入社。
1998年に株式会社サイバー・コミュニケーションズに入社、インターネット広告事業全般に従事。
2005年に執行役に就任。
2010年に代表取締役副社長最高執行責任者に就任。
2013年より、代表取締役社長最高経営責任者を務めている。
生え抜きで30代という若さで社長に就任し、デジタルマーケティング全般に対する幅広い知見を持つ人物。

サイバーコミュニケーションズ現職、OB/OGの有名人

宇佐美 進典

1972年生まれ、愛知県出身。
早稲田大学商学部卒業後、トーマツコンサルティング株式会社(現・デロイトトーマツコンサルティング合同会社)に入社。
業務改善プロジェクトやシステム化プロジェクトに従事。
1999年に株式会社アクシブドットコムを創業し、代表取締役社長兼CEOに就任。
創業以来19年連続での増収を牽引し、2001年に株式会社サイバーエージェントと資本業務提携、2005年から2010年までの5年間、株式会社サイバーエージェントの取締役も兼務。
2019年より、経営統合に伴い発足した株式会社CARTA HOLDINGSの代表取締役会長に就任。
現在は、株式会社サイバー・コミュニケーションズの取締役も兼任している。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声が分からない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

サイバーコミュニケーションズの転職に関わるQ&A


志望動機を作成するうえで最も重要なポイントは、「なぜ、ほかの企業ではなく、サイバーコミュニケーションズを選んだのか」を明確にすることです。
また、広告業界に対する理解も深めておくことで、より説得力のある志望動機が作成できるでしょう。

結論からいうと、楽して働ける企業ではありません。
残業時間が比較的少なく、働きやすい環境が整備されていますが、一人一人が請け負う業務量は少なくなく、ある程度の効率性を求められることもあります。
そのため、計画的かつ効率的に業務をこなすことができなれば、大変と感じるかもしれません。

サイバーコミュニケーションズへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

公式サイトにある採用情報ページから応募することが可能です。
募集要項以外にも、「CCIについて知る」や「仕事について知る」、「社員について知る」など、さまざまな情報が掲載されているため、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、公式サイトからの応募には、どうしても時間がかかってしまう傾向があります。
できるだけ時間をかけずに転職したい方や公式サイトに載っていないような求人に応募してみたい方は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、サイバーコミュニケーションズの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

広告業界の募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してサイバーコミュニケーションズに転職するなら、競合他社の募集要項も比較することができる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空いた時間に転職活動できる手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件の確認から応募までが早い

転職サイトは、空いた時間に転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、求人案件が豊富であり、案件確認から応募までがスピーディーに行えます。
できるだけ素早く転職をしたい方やまずは企業を比較したい方は、転職サイトを活用すると良いでしょう。
ただし、転職サイトから応募した場合は、転職活動を全て自身で進めることになるため、転職難易度は比較的高くなります。

競合他社の募集要項と比較したいなら「iX転職」

iX転職には、広告業界などの募集要項を一緒に確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールの広告企業の平均年収は、900万円~1,200万円となっており、ほかの転職サイトよりも比較的高くなっています。
また、iX転職は表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
「自身が活躍できる企業がどれほどあるのか」や「企業ごとで募集要項はどんな風に変わるのか」などを知りたい方は、まずはiX転職に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

アジャイルメディアネットワークの転職難易度は高い?面接内容や選考フローなどを解説

アジャイルメディアネットワーク転職者の主なキャリアステップ ...

サイバーコミュニケーションズの転職難易度は?面接内容や口コミなどを解説

サイバーコミュニケーションズの転職者の主なキャリアステップ 前職 ADKなどの総合広告代理店 IBMなどのSIer 株式会社サイバー・コミュニケーションズに転職 ...

UUUMへの転職難易度は?年収や社員口コミを徹底解説

UUUM転職者の主なキャリアステップ 前職 大手WEB系事業会社 UUUM株式会社に転職 次の転職先 芸能事務所 UUUMの主な転職元・転職...

アドウェイズに転職したい。年収や口コミ、面接内容を調査

アドウェイズ転職者の主なキャリアステップ 前職 これといった傾向がなくさまざまな出自 株式会社アドウェイズに転職 次の転職先 総合広告代理店 サイバーエ...

東急エージェンシーの転職難易度は?面接内容や口コミなど解説

東急エージェンシー転職者の主なキャリアステップ ...

電通アイソバーの転職情報。面接などの選考フローや採用情報をご紹介

電通アイソバー転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒 大手~中堅の総合広告代理店 WEB系の総合広告代理店 電通アイソバー株式会社に転職 次の転職先 ...

ADKホールディングスへの転職は難しい?年収や選考フローなど解説

ADKホールディングス転職者の主なキャリアステップ 前職 PwC、アクセンチュアなどのコンサル テレビ朝日などのテレビ関連 東急エージェンシーなどの代理店 NTTドコモ、リクルートなどの大手事業会社 ...

マッキャンエリクソンへの転職は難しい?選考フローや年収などを解説

マッキャンエリクソン転職者の主なキャリアステップ 前職 ADKなどの総合広告代理店 コーセーなどの化粧品メーカー 株式会社マッキャンエリクソンに転職 次の...

大日本印刷への転職のコツは?面接内容や社員の口コミなどを解説

大日本印刷転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 富士ゼロックス、ヒューレッドパッカード、シャープなどの大手メーカー 大日本印刷株式会社に転職 ...

GMO NIKKOへの転職。年収、難易度を調べてみました。

GMO NIKKO転職者の主なキャリアステップ 前職 楽天などのWeb系事業会社 セプテーニなどのコンサルティング会社 IMJなどの広告制作会社 GMO NIKKO株式会社に転職...

TOP