広告

アイレップの転職情報を紹介。企業売上や中途面接のフローなどをご紹介

アイレップはインターネット広告事業を主軸として、クリエイティブ制作やソリューション事業を展開する統合デジタルマーケティングエージェンシーです。博報堂DYホールディングスの子会社です。近年は、博報堂DYグループの総合広告会社との提携を強化しており、テレビCMとデジタルマーケティングを連動させるなどの新しい試みにも挑戦しています。

本社は東京都渋谷区恵比寿の恵比寿ガーデンプレイスタワーにあります。従業員は796名で資本金は5億5,064万円です。

アイレップにはいくつかの強みがあります。その一つはクリエイティブ力です。広告クリエイターの登竜門とされる「一般社団法人 ACC(All Japan Confederation of Creativity)」主催の広告賞において、インターネット広告会社として初めて、テレビCM部門における受賞を果たしました。その他にも、広告運用においては国内最多のGoogle Ads有資格者が在籍しています。

この記事でわかること

  • アイレップの企業概要や事業内容
  • アイレップへ転職するときのポイント
  • アイレップの給与や働き方など

アイレップへ転職する際のポイント

アイレップの特徴

POINT

・博報堂DYホールディングスの傘下
・女性比率が53%と、半数を超える
・通勤手当のほか、住宅手当も一定条件で支給される

アイレップへ転職するポイント

POINT

・Webコンサルタントから営業、エンジニアまで幅広いポジションを採用
・職種によっては、業界未経験者でも転職可能
・残業は多く、終電帰りが続くこともある

アイレップの企業概要

会社名 株式会社アイレップ
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿4丁目20番3号
社長 高梨 秀一
設立 1997年11月17日
株式 非上場
株主構成 記載なし

博報堂DYホールディングスの売上

年数 2017年 2018年 2019年
売上高 1,255,474百万円 1,335,030百万円 1,445,614百万円
経常利益 45,491百万円 54,364百万円 68,809百万円

アイレップの最新ニュース

アイレップの事業内容

アイレップはデジタルマーケティングの広告代理店です。主に「広告代理事業」「ソリューション事業」「ツール事業」の3つの分野で事業を展開しています。

広告代理店事業

SEMや、ディスプレイ広告、リスティング広告、アフィリエイトなどのデジタル広告のプランニング、出稿、運用までを一貫して行っています。特に、SEM領域は国内で圧倒的な知名度、実績を誇ります。広告クリエイティブの制作も請け負っています。

ソリューション事業

デジタルマーケティングの戦略策定や、必要となるパネル調査、グループインタビュー、オンライン・オフラインの統合調査を行っています。単なる代理店に留まらず、広告主の課題解決力を高めるために統合デジタルマーケティングエージェンシーとして発展を遂げています。

ツール事業

DMP、マーケティングオートメションツール、CRMなどのデジタルマーケティングツールの導入支援や運用を行っています。

アイレップの募集要項

Webコンサルタント(SEO)

クライアントのWebサイトが、サーチエンジンの検索結果上位に表示されるよう、技術コンサルティングを行います。具体的には、GoogleやYahoo!JAPAN(場合によっては百度などの海外の検索エンジンも含む)の検索アルゴリズムに対してWEBサイトを最適化(サイト構造の設計やキーワードの選出、対策)などを行います。

必須なスキル・経験

・HTMLやCSSに関しての基礎知識がある方
・エクセルやパワーポイントをビジネスレベルで利用できる方など

Webディレクター

デジタル領域における、広告クリエイティブ全般の企画・制作ディレクションを行います。社内外と関係者が多くなる業務のため、クライアントや社内との調整能力がある方が求められています。また、未経験者の中途採用は行っておらず、以下の要件を1つ以上満たしている方が対象者となります。

必須なスキル・経験

・LPO(ランディングページ最適化)の実施経験がある方
・ワイヤーフレームの構成経験がある方
・サイトの競合調査や市場調査などの実務経験がある方など

Web動画プランナー

デジタル領域における、動画広告クリエイティブ全般の戦略立案・制作ディレクションを行います。クライアントの意向を踏まえ、広告プランナーやデータサイエンティストなどと連携を取りながら、最適な広告戦略を考え、進めていきます。

必須なスキル・経験

・Web動画広告のクリエイティブにおいて、プロデュース経験がある方
・Web動画広告のクリエイティブにおいて、プランニング経験がある方
・Web動画広告のクリエイティブにおいて、ディレクション経験がある方など

アナリスト(Web解析)

Adobe AnalyticsやGoogleアナリティクス等のWeb解析ツールを利用して、クライアントのWebサイトを解析します。サイト内の課題の発見を行うと同時に、リスティング広告やSEO等のSEMサービスと連携した改善プランの立案を行います。

さらに、マーケティング手法の高度化やツールの進化に合わせた、新しい解析サービスの新規開発も行っています。

必須なスキル・経験

・HTMLを使ったコーディングの経験が2年以上ある方
・JavaScriptを使った簡単なコーディングや改修をできる方など

データサイエンティスト

BtoB、または社内向けのサービスに携わる仕事です。新機能の開発における機械学習アルゴリズムの設計や開発業務などを行います。また、既存機能の性能を向上させるためにリサーチを行い、実装まで行うこともあります。

必須なスキル・経験

・機械学習や統計学における業務経験がある方など

メディアプランナー

ディスプレイ広告を中心とした様々なブランド施策やキャンペーンの実施など、パソコン向けからスマートフォン向けまで、幅広いメディアプランニングを行います。企画力の高い方は歓迎されます。

必須なスキル・経験

・広告会社におけるプランニング経験やアカウントプランナーとしての経験がある方
・デジタルメディアを活用したプロモーションのプランニング経験がある方など

アイレップへの転職難易度は?

SEM業界の中では圧倒的に知名度があり、キャリアの蓄積を目的として転職を考える方も多くなっています。また、会社としても積極的な採用を続けています。現在の社員数796名に対して、2020年度は100-200名の新卒採用を予定しており、中途採用数の予定は発表されていませんが、通年で多くの中途求人が出されています。

しかし、サイバーエージェントやオプト、セプテーニなどの大手ネット広告代理店と比較すると、給与水準は少し低め(平均年収503万円)というネックはあります。積極採用をしていることもあり、業界経験がある方は、経験と希望職種により比較的転職のバーは高くないといえます。業界経験が無くても応募可能な職種もありますが、この場合はアイレップが求める人材に合致することがポイントとなります、これまで異業種での経験やの自分の強みなどを活かしてチャレンジしてみてください。

アイレップの転職はどんな方が受かりやすい?

アイレップが積極的に採用するのは以下のような人材です。
・ユーザー視点を持った上でクライアントと向き合うことができる方
・ロジカルに考えながら、素早く行動に移せる方
・新しいことへの挑戦姿勢や成長意欲、意志を持っている方

アイレップが転職者に求める人物像

企業理念として「正しいことを大きく提案できる代理人としてクライアントの成果実現とユーザーへの価値提供を行う」を挙げています。広告代理店の担当者として、クライアントの立場に寄り添い、密なコミュニケーションをとりながら、ともに課題解決を追求していくことができる人が求められています。

企業の存在意義として「デジタル時代のマーケティングを再定義する」を挙げています。デジタルマーケティングは変化しながらも、オフライン施策と統合したマーケティング施策が必要とされています。そのような点からオンライン・オフライン両方の知見や経験を活かせる人物を求めています。

アイレップの転職までの流れ

アイレップの選考フロー

エントリー

書類選考

1次面接

想定面接官:人事、現場担当者

2次面接

想定面接官:現場マネージャー

3次面接

想定面接官:社長

内定

アイレップの面接形式

面接回数は3回程度です。1回につき45分~1時間程度行います。

アイレップの面接内容

かしこまった感じはせず、雑談ベースの面接になります。

これまでのビジネス経験や直接的なスキルに限らず、思考法や論理的思考力、分析力などを確認するための質問がされます。例えば「今後のWeb広告業界はどのように進んでいくと思うか?」や、「他部署とのコミュニケーションに円滑に進めるにはどうしたら良いと思いますか?」、「仕事ができる人の条件は何だと思いますか?」など。

考え方が重視されています。

アイレップで働いている方の評判・口コミ

営業、在籍3年、現職、男性
上下関係はあるが、比較的風通しが良い会社。社内の文化としては、ミーティングなどで積極的に意見を述べることが良しとされている気がする。あとは、若いメンバーが活躍している。
コンサルタント、在籍3年未満、現職、男性
業務量が多く大変だとは思いますが、スキルアップできるチャンスがいくつもあります。風通しが良いため、自分から発言すれば、やってみたい案件なども任せられることもあります。また、先輩社員もスキルが高く、側で一緒に働く機会や指導を通して、自分の成長に繋がると思っています。
SE、在籍5年未満、退職済み、男性
広告代理店なので、残業が多いが、改善しようとする意識は各部署である。残業の量は部署ごとにより違うため、少ない部署と多い部署でかなり分かれている。仕事量は他の企業よりも多い。スキルアップには繋がっていると思う。

口コミの要約

広告代理店の会社のため、残業時間は他の会社に比べると多いよう(口コミサイト平均58時間/月間)。一方で、しっかりとスキルアップに繋がっており満足という声が多かった。

エージェント

風通しがよく、やりたいことは裁量をもって任せてもらえる。残業は多いけど、不満の声は少なく、スキルアップの面では相当に評判がいいことから、20代などの若いうちでの成長環境は抜群といえます!

アイレップで働いている人の学歴・職歴

  • 主な転職元

    ・大手SIer
    ・大手デジタルマーケティング系企業
    ・ベンチャー企業

  • アイレップ

  • 主な転職先

    ・総合広告代理店
    ・サイバーエージェントなどのネット専業代理店
    ・アマゾンジャパンなどの外資テクノロジー系企業
    ・楽天などのWeb系事業会社

学歴学歴は、高卒〜大学・大学院卒が在籍。幅広い大学の在籍者がおり、海外大学もいる。
職歴職歴は、大手SIer、大手デジタルマーケティング系企業、ベンチャー企業などが挙げられます。
退職後の主な転職先総合広告代理店、サイバーエージェントなどのネット専業代理店、アマゾンジャパンなどの外資テクノロジー系企業、楽天などのWeb系事業会社などが挙げられます。

アイレップの年収・給与は?

アイレップの平均年収は503万円(平均年齢31.6歳)です。初任給は約330万円で、徐々に上がっていきます。

年収 503万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 全額支給
住宅手当 有り(条件あり)
福利厚生 持株会制度、インフルエンザ予防接種
スポーツクラブ利用補助制度など

アイレップでの転職者の出世難易度

社内表彰制度が多く用意されています。クライアントとの取引で圧倒的な実績を残すことで受賞できる可能性があります。人事制度は年功序列が色濃い面もあるため、飛び抜けたスピードでの昇給、昇格は難しいですが、転職者でも継続的な実績を残すことで出世は可能です。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代前半 なし 350万円
20代中盤 なし 400万円
20代後半 なし 500万円
20代後半 なし 550万円
30代前半 なし 600万円
30代前半 なし 700万円
30代中盤 なし 600万円
30代後半 なし 700万円
40代前半 なし 650万円
40代前半 マネージャー 900万円

アイレップはどんな人が働いている?

従業員数

796名(2018年6月末時点)

平均年齢

31.5歳

平均勤続年数

2.9年

アイレップの社風

「徹底的に顧客の成果に向き合う文化」と定義しています。自社の利益よりもクライアントの利益を優先することによって、クライアントと長期的な関係を築くことに価値を置いています。もう一つ、「挙手主義」を定義しています。

やりたい業務やポジションがある場合には、積極的に手を挙げる、希望を発信することを推奨しており、希望を叶えようと動いてくる組織であります。自身のキャリアプランを計画しており叶えたい人、色々な業務に携わってみたい人などにとっては恰好の職場と言えます。

社風を自分で定義している珍しい会社ですが、口コミなどからは、自ら定めている社風になっているものと考えられます。

アイレップのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 10:00〜19:00
休日 土曜・日曜・祝日
平均残業時間 50〰60時間
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
休暇制度 夏季休暇、年末年始休暇、特別有給休暇
介護休暇、永年勤続特別休暇、
ファミリー休暇、慶弔休暇
時短勤務 記載なし

アイレップの社長

高梨 秀一

1990年4月に、株式会社アサツー ディ・ケイへ入社。1998年2月に、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社へ出向。2000年10月に、同社へ転籍し、メディア本部モバイルメディア部長に就任。2014年4月に、同社取締役執行役員CROに就任。2015年12月に、アイレップ取締役に就任。2018年6月に、同社代表取締役社長CEOに就任し現在に至る。

アイレップ現職、OB/OGの有名人

辻 正浩

商社で営業を経験後、広告業界へ転職。独学でSEOを学んだ後、2007年にアイレップへ入社。数々のポータルサイトを中心としたWEBサイト・サービスを成功に導く。2013年7月1日に株式会社so.laの代表取締役に就任し、SEO業界をはじめ活躍中。

田村 修

大学卒業後、株式会社第一広告社へ入社。その後、1996年にデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社へ転職。インターネット広告に携わる。2007年にはアイレップの子会社の株式会社レリバンシー・プラスの設立に参画し、アイレップではメディアマネジメントグループを率い、プロモーションのプランニングを推進。2017年より専修大学講師を兼任するなど幅広く活躍。

アイレップの転職に関わるQ&A


入社後には、各職種に応じた研修があり、基本スキルを取得できます。中途未経験者でも育てていく傾向があります。しかしながら、部署によって研修の手厚さなどは違ってきてしまうため、自分から情報を取りに行く必要もあります。また、業界特有のことですが、1年前に学んだことが通用しなくなることもあります。常に学習する姿勢が必要です。


職種によりますが、激務なので効率よく仕事をこなしていかないと難しいと思います。しかし、産休・育休は取りやすい雰囲気です。育休取得率は90%以上です。その後、復職された方も多くいます。


アイレップで働いている人は、真面目・大人しい・頑張り屋・助け合いができるという方が多いです。コツコツ真摯に仕事に取り組む姿勢が見受けられます。

アイレップへ転職する方法

方法①|アイレップの採用ページから申し込む

アイレップの採用専用ページから応募します。スマートフォンのブラウザ経由でも応募ができます。書類添削、面接対策、面接日程調整、給与交渉は全て自分一人で行うようになります。転職経験がある人やアイレップ一本に絞って応募する場合は、この方法を選定しても良いでしょう。

方法②|大手求人サイト経由で申し込む

「DODA」や「エン・ジャパン」のような大手転職サイトを通じて転職エージェントに連絡し、転職エージェント経由で応募します。エージェントは書類添削、面接対策を行ってくれる上、企業との間に立って、面接日程や給与交渉を行ってくれます。初めての転職希望者はエージェントの活用をお勧めします。

関連記事

デルフィスへの転職。口コミや年収などをご紹介

デルフィスは1949年3月に設立しました。 東京都千代田区神田淡路町2-101 ワテラスタワー 9Fにあり、従業員数は537名、資本金は5千万円です。 基本的な事業内容は、法人顧客の事業開発・ブランディングコンサルティン...

博報堂マーケティングシステムズの転職事情とは?社風などを調査!

博報堂グループとして2017年10月に創業したのが博報堂マーケティングシステムズです。企業のマーケティング活動をサポートすることをメインのミッションに据え、システム開発や保守、運用といった付随する事業にも力を入れています。 企...

UUUMへの転職は可能?年収や評判などをまるっと解説

あの人気YouTuberが多数所属しているUUUM株式会社。2013年設立にも関わらず東証マザーズ上場と、物凄いスピード感で成長している企業ですよね。ではUUUMに転職するためには、どのような強みやスキルが必要なのでしょうか? ...

セプテーニへの転職。転職難易度や評判などを解説

株式会社セプテーニ・ホールディングスは、ネットマーケティング事業、メディアコンテンツ事業を手がける子会社を統括する純粋持株会社です。 2018年10月、電通との資本業務提携を締結しました。電通はセプテーニ・ホールディ...

デジタルガレージに転職したい方必見。どんな会社なのかをご紹介

デジタルガレージは1995年に設立されたインターネット関連の事業を行う大企業(東京一部上場)です。カカクコムの関連会社として知られ、2008年にはTwitterとの資本・業務提携、Twitter日本語版を公開し有名になりました。 ...

Google Japanに転職するには?英語ができないと転職できない?

検索エンジンでは圧倒的なシェアを持つのがGoogle。その日本法人がGoogle Japanです。2019年の転職したい企業ランキング(doda調べ)では堂々の1位にランクインし、圧倒的な人気を誇っています。インターネットにおけ...

アドウェイズへの転職。採用までの道のりや年収などを解説

株式会社アドウェイズは、デジタルに特化した広告事業を展開する大手上場企業です。2001年2月に設立、2006年6月に東証マザーズ上場を果たしています。 本社は東京都新宿区の住友不動産新宿グランドタワーにあります。2019年3月...

アイレップの転職情報を紹介。企業売上や中途面接のフローなどをご紹介

アイレップはインターネット広告事業を主軸として、クリエイティブ制作やソリューション事業を展開する統合デジタルマーケティングエージェンシーです。博報堂DYホールディングスの子会社です。近年は、博報堂DYグループの総合広告会社との提携を...

TBWA HAKUHODOへの転職は難しい?転職までのフローなどを調査してみた

TBWA HAKUHODOは2006年に日本有数の広告代理店である博報堂と、グローバル市場で活躍してきたTBWAワールドワイドのジョイントベンチャーとして設立されました。 主な取引先には、アディダスやに日産自動車、AIG、DA...

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムへ転職。評判や仕事内容を解説

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムは、東京都渋谷区に本社を置くインターネット広告代理店です。博報堂DYホールディングスの子会社として、博報堂DYグループのデジタル戦略の中核を担っています。インターネット関連事業やイン...

TOP