広告

凸版印刷の転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、凸版印刷に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこから凸版印刷に転職してくるのか
・転職先:凸版印刷からどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

凸版印刷の主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学・大学院卒業など幅広く在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

職歴

凸版印刷在籍者の主な職歴は、商社やIT企業、保険会社医療機器メーカーなど、幅広い業種が挙げられます。

退職後の主な転職先

凸版印刷からの転職先として、楽天AmazonなどのWEB系事業会社博報堂やサイバーコミュニケーションズなどの広告代理店、さらには、パナソニックIBMなどのメーカー、IT企業などへ転職しています。

凸版印刷は、日本の2大印刷会社のうちの一つであり、大日本印刷と双璧を成している企業です。
印刷業を主力としており、近年では印刷テクノロジーの技術を活用した情報コミュニケーションや、生活・産業分野に取り組むなど、幅広く手掛けています。
そのなかでも、液晶ディスプレイなどに用いられるカラーフィルターは、世界トップシェアを誇っており、日本国内のみならず、海外でも注目を集めている総合印刷会社です。
1900年に設立と、その歴史は120年以上であり、現在は52,599名もの社員が在籍しています。
そんな凸版印刷では、エンジニアや総合職といったポジションで、柔軟性を持ち、あらゆることに対してきめ細やかな対応ができる人材を求めています。

凸版印刷への転職を目指すなら「iX転職」を見るべし

・凸版印刷の口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
・大手やハイクラスの求人情報を知りたい。
・現職や、特定の企業にばれずに転職活動をしたい。
そんな方に最もおすすめしたいのが、大手やハイクラス求人を豊富に取り扱っていてる人材大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が手がける「iX転職」。
また、まだ転職するつもりはなくても、情報収集として、事前にiX転職をチェックしておくと、目指す業界・職種などの傾向を把握することができます。
現職や特定の企業に対し、自分の情報を非公開にすることができるため、設定した企業にばれずに安心して転職を進めたい方にもマッチするサイトです。

この記事でわかること

  • 凸版印刷の企業概要
  • 凸版印刷の転職ポイント
  • 凸版印刷の社風や企業文化

凸版印刷に転職するポイント

凸版印刷の特徴

POINT

  • ・日本を代表する2大印刷会社のうちの一つを担う総合印刷会社
  • ・生産しているカラーフィルターは、世界トップシェアを誇る
  • ・歴史のある大企業なため、知名度が高く待遇も安定

凸版印刷へ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的少ない
  • ・エンジニアや総合職などで求人募集
  • ・柔軟性を持ち、きめ細やかな対応ができることが肝心

凸版印刷の企業概要

会社名 凸版印刷株式会社
本社所在地 東京都台東区台東1丁目5番1号
社長 麿 秀晴
設立 1900年1月17日
株式 上場(東証1部)
株主構成 日本トラスティ・サービス信託銀行(9.6%)
日本マスタートラスト信託銀行(8.4%)
日本生命保険相互会社(4.31%)

凸版印刷の売上

凸版印刷の売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 1,464,755百万円 1,486,007百万円 1,466,935百万円
経常利益 49,115百万円 66,719百万円 58,053百万円

凸版印刷の最新ニュース

凸版印刷の事業内容

凸版印刷は、日本を代表する2大印刷会社の一角を担っている世界最大規模の総合印刷会社です。
印刷分野を主力に展開しており、それらで培った技術とスキルを活用してほかの分野にも積極的に取り組んでいます。
凸版印刷の主な事業として、下記の3事業を主軸に運営しています。

情報コミュニケーション事業

円滑なコミュニケーションを求める顧客に対して、情報の価値を高め、効果的にソリューションを提供している事業です。
タブレット端末やスマートフォンの普及に伴い、世の中のIT技術の需要は日々高まっており、近年では、家電製品などもインターネットを通じて管理するIoT技術も一般的になっています。
このようなIT化進展に対して、IT技術を活用したさまざまなソリューションを提供しています。
また、最先端かつ適切なセキュリティシステムの提供や、アウトソーシングのサポート、「SpeedEntry plus」や「旅道」の運営など、マルチに展開している事業です。
今後の展望として、デジタライゼーションが本格化し、急速に社会の価値観が変化する世の中に対し、IoTやAIなどの技術を取り入れて社会的課題を解決するスマート社会の実現を目指しています。

生活・産業事業

快適で安心できる生活環境づくりの創出を目指したさまざまな製品やサービスを提供している事業です。
100年を超える歴史にのなかで培われた印刷技術を活用し、幅広い領域でさまざまなパッケージングソリューションを展開しています。
また、壁面や床面といった舗装するために必要な材料を生産し、快適かつ安心安全な生活空間のプロデュースも行っています。
既存の製品と並行しながら新たな製品の研究開発にも積極的に取り組んでおり、「Smart NANO」と呼ばれる独自の技術を活用し、さまざまな製品の製造と提供を行っている事業です。

エレクトロニクス事業

微細加工技術をベースにし、エレクトロニクス関連の製品を展開している事業です。
多くの電子機器を生産するうえで必要不可欠な半導体関連製品や、最新技術を活用してディスプレイの生産を行っています。
そのほかにも、ディスプレイなどに組み込まれるカラーフィルタや半導体フォトマスク、LCD製品の生産にも注力しており、その結果、もカラーフィルタは世界でトップクラスのシェアを誇っています。
紙媒体関連分野での業績が伸び悩むなかで、新たな主力事業として今後の成長が見込まれている事業です。

凸版印刷の募集要項

ICカード設計開発エンジニア

ICクレジットカード発行仕様設計やテストカード評価業務を行うポジションです。
また、ICクレジ ットカードのテスト発行や評価、ICクレジットカード仕様の技術調査と検証なども行います。
ICカード設計に特化しているため、携わる業務はそれほど多くはありませんが、責任とやりがいを感じられる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・マイコンプログラミング開発や評価経験
  • ・英語のドキュメントが理解できる

新規サービス開発

金融業界に向け、コミュニケーション課題を解決していくUI/UXデザインやプロデュースを行い、新規サービスの事業開発に繋げるポジションです。
具体的には、当部のコア×テクノロジーによる事業コンセプト立案や、デジタルリテラシーに基づいた金融機関のDX化へのソリューション開発と提案を行います。
また、業界共通課題の解決を図るクリエイティブ力や各種技術などを活用したソリューション開発なども行う場合があります。

必須な経験・スキル

  • ・デザイン会社や広告代理店にて、コミュニケーション設計やビジネスデザイン経験
  • ・事業会社やコンサルティング会社にて、サービスや事業開発に関わった経験

総合職

さまざまな事業の企画や立案を行うポジションです。
具体的には、近年力を入れているBPOに関連するリスクマネジメントや企画設計を行います。
また、セキュア関連の事業企画や提案を行うなど、幅広い業務に携わることが可能な職種です。

必須な経験・スキル

  • ・大学や大学院、高専卒業以上
  • ・BPO業務や渉外業務など、各職種に対応するこれまでの経験

凸版印刷の転職難易度

凸版印刷の転職難易度は非常に高いです。
凸版印刷では、中途採用の募集要項は積極的に掲載しておらず、また、掲載される時期も限定的なため、凸版印刷への転職を目指すならタイミング見計らって応募する必要があります。
そのため、中途採用によるキャリア募集が行われた際は、多くの応募者が集まりやすく、競争率が激しくなるといえます。
凸版印刷への転職を目指すなら、ほかの応募者に負けない能力を保有していることが肝心です。

凸版印刷が転職者に求める人物像

凸版印刷では、柔軟性を持ち、どんなことにもきめ細やかな対応ができる人材を求めています。
また、新しい企画を提案できる能力を持つ人材や、自発的に行動できる活動的な人材も求めています。
凸版印刷は、企業理念にも掲げられている通り、ニーズに合わせて適切なサービスを提供することを目指しているため、このような能力は必要不可欠でしょう。
面接では、これらを上手にアピールし、面接官を関心させられるかどうかがポイントです。

凸版印刷の転職までの流れ

凸版印刷の選考フロー

エントリー・書類選考・SPI検査

一次~二次面接

想定選考官:人事部担当者・現場管理者
想定内容:志望動機や前職の退職理由など、定型的な質問から進みます。

最終面接

想定選考官:人事部長・役員
想定内容:これまでの質問に加え、企業理念に対してどれほど理解しているかなどを確認されます。

内定

凸版印刷の面接形式

面接は1対1で行われるのがほとんどです。
面接回数は基本的に3回あります。
1回あたりの時間は30分程度です。

凸版印刷の面接内容

凸版印刷の面接は、志望動機や前職の退職理由といった定型的な質問から進みます。
そのほかにも、「これまでの印象的な仕事はどんな仕事?」や「自分を野菜に例えると何になる?」といった質問をされることがあります。
一見、意図が不明瞭に見える質問であっても、受け答え次第では自己アピールに繋げることができ、企業側も臨機応変に立ち回れるかや柔軟に対応できるかといった部分を判断しています。
また、企業理念に対してどの程度理解しているかを確認されることがあるため、企業研究は細かいところまで行っておくと良いでしょう。
それだけでなく、自己分析も入念に行い、どのような質問にも一貫性をもって回答できるように準備しておくことが大切です。

凸版印刷で働いている方の評判・口コミ

技術関連職、在籍5~7年、男性
教育体制や研修制度が充実しており、新入社員や中堅社員など関係なく、さまざまな研修を受けられるため、スキルアップに繋がるでしょう。また、仕事の幅や裁量は比較的大きく、働きがいのある仕事をすることができていると実感できます。
法人営業、在籍7~10年、女性
働き方に対する制度の整備が他社に比べて非常に整っているように感じます。歴史の長い会社ではありますが、働き方改革など新しい社会の潮流にもしっかり対応してくれるので、働きやすい環境はあります。
財務関連職、在籍3~5年、男性
直営の保養時があり、とても過ごしやすくなっています。また、結婚や出産、子供入学式など、節目に祝い金をもらえます。さらには、スポーツジムやレジャー施設などの優待も充実しているため、福利厚生は整っているといえるでしょう。
口コミの要約

教育体制や研修制度が充実していることにより、成長できる機会は非常に多くあります。また、働き方改革にも積極的であり、充実した福利厚生の完備など、働きやすい環境がある企業といえるでしょう。

凸版印刷の年収・給与

年収 681万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り(業種による)
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 財形貯蓄制度、財形融資制度、厚生施設(独身寮、保養所、診療所)など

凸版印刷での転職者の出世難易度

凸版印刷の出世難易度は中程度です。
中途採用によるキャリア採用自体はそれほど多くありませんが、中途採用者が出世しにくいということはなく、積極的に行動し、より多くの実績を残すことで出世できる可能性は大いにあります。
ただし、業務に対する評価はシビアであり、正当に評価される反面、ミスしてしまった場合のマイナスは大きくなりがちです。
凸版印刷での出世を狙うなら、ミスなく的確に業務をこなし、実績を残すとともに、人間関係を円滑にすることを意識することで、出世への道は拓けるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 600万円
30代中盤 主任 700万円
30代後半 課長 800万円
40代前半 課長 900万円
40代後半 課長 1,000万円
50代前半 課長 1,000万円

凸版印刷はどんな人が働いている?

凸版印刷の従業員数

10,730名(単独)
52,599名(連結)

凸版印刷の平均年齢

40.2歳

凸版印刷の平均勤続年数

14.1年

凸版印刷の社風

凸版印刷は、前向きであり、チャレンジ精神がある社風です。
社員一人一人が仕事に対する意欲が高く、積極的に業務に取り組んでいるという特徴があります。
扱う業務も幅広いため、それぞれでやりがいを感じやすい環境があり、全体的に裁量も大きいため、モチベーションの維持にも繋がっています。
また、産休や育休などをはじめとした福利厚生が充実しているため、安心して働くことができる企業といえるでしょう。

凸版印刷のワークライフバランス

副業可否 不可
勤務時間 9:00~18:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 創立記念日、夏季休暇、年末年始休暇など
平均残業時間 月38.8時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

凸版印刷の社長

麿 秀晴

1956年生まれ、宮城県出身。
山形大学工学部高分子化学科卒業後、凸版印刷株式会社に入社。
技術部門で長年活躍し、常務取締役国際事業部長や専務取締役経営企画本部長をはじめとした多くの要職を務める。
2018年に代表取締役副社長に抜擢されて就任、翌年には代表取締役社長に就任。
紙媒体の利用現象を受けた情報分野への事業転換や、人工知能分野へ活路を見出した経営を進めるなど、時代に即した的確な経営戦略に定評がある人物。

凸版印刷現職、OB/OGの有名人

金子 眞吾

1950年生まれ、埼玉県出身。
中央大学法学部卒業後、凸版印刷株式会社に入社。
取締役や常務取締役など、多くの役員を歴任し、2010年に代表取締役社長に就任。
2019年までの9年間社長を務めたのち、代表取締役会長に就任。
現在は、キッズデザイン協議会副会長や東京商工会議所副会頭を務めており、各界に対して大きな影響力を持つ人物。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声がわからない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「CREEDO」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞ける上、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

凸版印刷の転職に関わるQ&A


凸版印刷は、印刷だけでなく、数多くの分野を手掛けています。
そのため、主力事業の転換に伴う配置異動をする可能性があります。
同業他社と比較して特別回数が多いというわけではありませんが、何度かの配置変更や異動が行われる可能性はあるため、あらかじめ理解しておくことが大切です。

以前に比べると、残業の量も減少しつつあり、ワークライフバランスは良好な企業といえます。
部署によってはいまだに業務量が多い場合もありますが、残業手当などは時間に応じてしっかりと支給されます。

凸版印刷へ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

凸版印刷の公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
採用情報ページには、「OUR STORY」や「企業情報」、「製品・サービス」など、さまざまな情報が掲載されています。
ただし、2021年6月現在、中途採用によるキャリア募集は行われていません。
今すぐ転職したい方や具体的な求人内容を確認してから転職したい方は、転職サイトの活用がおすすめです。

競合他社の募集要項を一緒に確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用して凸版印刷に転職するなら、印刷や出版を行う競合他社の募集要項を比較することが可能な「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空いた時間に転職活動を行える手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・求人案件確認~応募までのスピード感

転職サイトは、空いた時間を活用して転職活動を行えるという手軽さがあるので、比較的時間をかけずに転職することが可能です。
また、求人案件が比較的豊富であり、求人案件の確認から応募までがスピーディーに進みます。
できるだけ時間をかけずに転職したい方やさまざまな企業を比較したい方は、転職サイトの活用がおすすめです。

ほかの企業の募集を比較するなら「iX転職」

iX転職には、競合他社の募集要項を確認できます。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールの印刷業界の平均年収は、800万円~1,200万円となっており、別サイトと比べ、比較的高く設定されています。
また、iX転職では、一般的に掲載していない非公開求人を多く持っている転職サイトとして有名であり、ヘッドハンターに相談することで自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性もあります。
「自分の今の能力で活躍できる企業がどれほどあるのか」や「募集要項はどのような違いがあるのか」などを知りたい方は、iX転職にまずは登録してスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

あなたが凸版印刷に転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

TBWA HAKUHODOへの転職は難しい?転職までのフローなどを調査してみた

  ▼下記は、TBWA HAKUHODOに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからTBWA HAKUHODOに転職してくるのか ・転職先:TBWA HAKUHODOからどこへ転職するのか ...

サイバーエージェントの転職事情。社員数や社風、残業などについて解説

  ▼下記は、サイバーエージェントに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからサイバーエージェントに転職してくるのか ・転職先:サイバーエージェントからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把...

電通デジタルの転職情報まとめ。転職難易度や年収を紹介

  ▼下記は、電通デジタルに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから電通デジタルに転職してくるのか ・転職先:電通デジタルからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

アドウェイズに転職したい。年収や口コミ、面接内容を調査

▼下記は、アドウェイズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアドウェイズに転職してくるのか ・転職先:アドウェイズからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

サイバーコミュニケーションズの転職難易度は?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、サイバーコミュニケーションズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからサイバーコミュニケーションズに転職してくるのか ・転職先:サイバーコミュニケーションズからどこへ転職するのか 一般的な...

凸版印刷の転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、凸版印刷に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから凸版印刷に転職してくるのか ・転職先:凸版印刷からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

セプテーニへの転職。転職難易度や評判などを解説

▼下記は、セプテーニに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからセプテーニに転職してくるのか ・転職先:セプテーニからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

ADKホールディングスへの転職は難しい?年収や選考フローなど解説

▼下記は、ADKホールディングスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからADKホールディングスに転職してくるのか ・転職先:ADKホールディングスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将...

電通アイソバーの転職情報。面接などの選考フローや採用情報をご紹介

  ▼下記は、電通アイソバーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから電通アイソバーに転職してくるのか ・転職先:電通アイソバーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりた...

博報堂プロダクツへの転職難易度は?面接内容や仕事の評判などを徹底調査

  ▼下記は、博報堂プロダクツに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから博報堂プロダクツに転職してくるのか ・転職先:博報堂プロダクツからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来...

TOP