メーカー

パナソニックの転職難易度は?面接内容や年収について徹底調査!

▼下記は、パナソニックに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからパナソニックに転職してくるのか
・転職先:パナソニックからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

パナソニックの主な転職元・転職先

学歴

パナソニック在籍者の主な学歴として、主に大学および大学院卒が多く、出身大学も幅広いものとなっています。

職歴

パナソニック在籍者の職歴は、日立製作所などのIT系メーカーから入社しているケースが多いといえます。

退職後の主な転職先

パナソニック退職後に選ばれている主な転職先として、メーカーWeb系事業会社コンサルティング会社などが挙げられます。

パナソニックは、日本の「家電」「住宅」「車載」「BtoB」の4つの軸で成長をつづけている日本を代表する大企業です。
2018年には100周年を迎え、安定して働ける大企業なので、転職先として長年人気の企業です。
特に注目を浴びている電化製品は、世界的に高いシェアを獲得しているため、世界に貢献しているというやりがいも感じられる企業でしょう。
パナソニックは今後の成長・業績向上のため、積極的に中途採用を行っており、優秀な人材を求めています。

初めての転職でパナソニックを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

パナソニックの面接内容や年収、転職難易度も気になるけど、とりあえず先にどんな求人が募集されているのか知りたいという方は、ビズリーチなどを含めた転職サイトでどのような求人情報が掲載されているかをチェックしてみましょう。
ビズリーチでは、ハイクラス求人をメインに取り扱っているため、高年収求人が豊富なので、希望ポジションがまだ定まっていないという場合は、ここで一度比較しておくことをおすすめします。
転職エージェントを利用する予定の方に関しても、事前の情報収集としてビズリーチに目を通しておくことで、転職活動をよりスムーズに進められるようになります。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があるので、より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • パナソニックの企業概要
  • パナソニックの転職ポイント
  • パナソニックの社風や企業文化

パナソニックに転職するポイント

パナソニックの特徴

POINT

  • ・世界的シェアを誇る電化製品の大手企業
  • ・従業員を育てる環境が整っており、人を大切にする企業
  • ・未来を見据え、挑戦し続けることができる

パナソニックへ転職するポイント

POINT

  • ・前職で高い技術を持っていた人は優遇される
  • ・転職後は幅広いフィールドで活躍することが可能
  • ・女性の活躍支援にも力を入れていて、管理職としての活躍も視野に入れられる

パナソニックの企業概要

会社名 パナソニック株式会社
本社所在地 大阪府門真市大字門真1006番地
社長 津賀 一宏
設立 1935年12月15日
株式 上場(東証1部)
株主構成 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(7.83%)
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(6.91%)
日本生命保険相互会社(2.96%)
パナソニック従業員持株会(1.77%)

パナソニックの売上

パナソニックの売上推移

年数 2018年 2019年 2020年
売上高 8,002,700百万円 8,002,733百万円 7,490,601百万円
経常利益 284,100百万円 240,038百万円 302,737百万円

パナソニックの最新ニュース

パナソニックの最新情報を掲載しております。

パナソニックの事業内容

家電・空調販売・開発事業

家庭で使用する電化製品や、店舗用ショーケースなどの業務用商品の製造、販売は、パナソニックの社内カンパニーであるアプライアンス社で行っています。
日本の技術本部を中心に、様々な商品の研究開発に取り組み、それぞれの国や地域の「生活」や「文化」についての研究、顧客の潜在ニーズに応える商品のターゲット分析、設計開発、デザイン構想に取り組んでいます。
また、商品だけではなく、商品の生産する工法とプロセスの研究開発も行っています。

環境事業

照明器具やランプ、太陽光発電システムなど、主に住宅で使われる物の製造、販売を行っていて、環境事業に取り組んでいるのがパナソニックの社内カンパニーのライフソリューションズ社です。
個人向け住宅のみならず、オフィスや公共施設の照明器具や投光器の製造、研究開発を行っていて、人々の「くらし」にフォーカスした活動をしている事業です。
電気に関する事業が多く、エンジニアや電材の営業などが主な業務内容となります。
海外事業もあるため、様々な国や地域で活躍できる人材を募集しています。

製造業向けの機器開発・販売

製造業向けに生産性向上、品質ロス削減をするための製造機器の開発、製造や、物流会社等の流通ネットワークの作業効率化や省人化、自動化を実現するソリューションを提供しています。
また、流通、交通、防災、航空、エンターテイメントなどへサービスを提供しているため、個人向けというよりは、大きな企業や社会に貢献する事業となっています。
顔認証ゲートや、国立競技場の音響設備など、東京オリンピックでも活躍している事業となります。

自動車・電動化事業

主に車載カメラやカーナビ、電動化システムの開発、製造、販売を行っているのが、パナソニックの社内カンパニーであるオートモーティブ社です。
これまでパナソニックが家電を製造して来たことによるノウハウや先進技術を活かし、自動車コックピットのエレクトロニクス化、モビリティの上質化に貢献します。
2020年にはトヨタとパナソニックの合弁会社「プライムプラネットエナジー&ソリューションズ株式会社」を設立しています。

パナソニックの転職の募集要項

研究開発

パナソニックの研究開発は多岐にわたっています。
AI技術、データ分析技術の研究開発者、クラウドシステム設計・開発技術者、車載及び宅内セキュリティ技術の開発など、様々な分野での研究開発が行われているため、自分の前職での技術を活かせる部署で活躍ができます。

必須な経験・スキル

  • ・分野ごとの研究開発経験(5年~10年)
  • ・分野ごとの知識
  • ・ビジネスレベルの英語力

国内営業・マーケティング

カーメーカーや、担当市場、ユーザーに対する拡販、営業活動を主に行う業種です。
海外販売会社と連携した販売拡大活動なども行うため、英語力も必要となってきます。
また、国内代理店への勉強かい、同行支援なども行うため、営業としてのスキルも試されます。
新商品創出のためのマーケティング活動など、活動は分野ごとに様々であるため、高い技術と知識も求められるでしょう。

必須な経験・スキル

  • ・営業・マーケティング経験(3年~5年目安)
  • ・高度な専門知識(電気回路、電磁気学など分野による)
  • ・TOEIC550点以上

経理・財務

全社の事業、ポートフォリオ戦略と一体となった財務戦略の立案、資金調達、投資管理等の推進、個別投資などを行います。
また、経理責任者の採用もあり、国内外のM&A案件における財務面の管理やPMI推進なども行います。
世界に広く事業展開しているパナソニックで、現場に密着して幅広く活躍することができ、キャリア入社の方も多く活躍しています。
横のつながりが強く、様々な場所で経験を積み、キャリアアップが目指せる機会がある業種です。

M&A、IRの実務経験や、簿記(2級以上)の資格を有するか、相応の知識があると優遇されるでしょう。

必須な経験・スキル

  • ・経理の実務経験
  • ・粘り強く課題を解決していく推進力
  • ・TOEIC 550点以上
  • ・簿記(2級以上)の資格を有するか、それに相当の知識
  • ・経済、経営、商学部などで経済・会計分野を専攻した専門知識

経営企画・事業企画

様々な分野での長期戦略の立案・推進、グループポートフォリオマネジメントの推進、クロスバリュー創出などを行います。
本社ではグローバルな新規モビリティソリューション事業の開発で海外赴任もあります。
海外現地企業とのスタートアップの協業や事業開発、現地の国・政府間との交渉や複数企業を巻き込んだプロジェクトの推進など、日本のみならず世界に貢献する業種です。

必須な経験・スキル

  • ・ソリューションやサービスのコンセプト立案・事業化経験
  • ・海外企業とのビジネス推進や交渉経験
  • ・プロジェクトリーダーとしての業務推進経験
  • ・担当分野の高度な知識
  • ・TOIEC700点程度以上

パナソニックの転職難易度

パナソニックの転職難易度は高いです。
人気の大企業ですので、豊富なスキルや経験が求められます。パナソニックには幅広い分野の業種があるので、自分のスキルに合った業種を選び、即戦力として活躍できる部署への転職でないと、転職の難易度はぐっと上がるでしょう。
技術系総合職であれば、ポジションマッチング採用を行っており、「自分の技術が活かせるかどうか知りたい」という方に対し、活躍できる可能性のあるポジションを提示しれくれます。
自分のスキルに合った転職がしたいのであれば、ポジションマッチング採用や、エージェントからの転職活動がおすすめです。

パナソニックが転職者に求める人物像

パナソニックでは、グローバル業務が多いので、高い英語力と、高い専門性が求められます。
力を入れているヘルスケア関連や自動車関連、AI関連での業務経験があることは有利な条件になるでしょう。
また、構想力、情報収集力、交渉力、理解・分析力、論理的思考力、行動力、周囲の巻き込み力や、社歴で培った人脈、不確定領域に置ける課題設定力とその解決力など、高いレベルの能力が必要となってきます。
パナソニックへ転職するには、こういったスキルを前職で培っていくことが収容になってくるでしょう。

パナソニックの転職までの流れ

パナソニックの選考フロー

書類・エントリーシート提出

一次~二次面接

想定選考官:人事
これまでの経験や志望動機など、基本的な質問をされます。コーポレート・ガバナンスを理解しておくことが必要です。

最終選考

想定選考官:役員
なぜパナソニックなのかなどの深堀をされます。他社研究も忘れずに行いましょう。

パナソニックの面接形式

3対1の面接になります。人事の他に部長、課長以上の方が面接を担当します。
面接は1回~3回程度で、回答は2週間以内に貰えます。

パナソニックの面接内容

技術的な面で深く知識を問われることはなく、最近のニュースで気になったことや人物像に関する質問が多く、面接は他の企業と変わらず、形式的なことを質問されます。終始和やかで、良い雰囲気であるようです。

パナソニックで働いている方の評判・口コミ

物流サービス 在籍3~10年 女性
働く環境についてはかなり恵まれていると思います。制度を熟知していれば様々なバックアップを会社がしてくれるため、非常に働きやすいです。出産や育児を理由に退職していく人は見たことがありません。
経理 在籍3~5年 女性
規模尾大きい仕事や影響力の大きい仕事に携われます。若手でも容赦なく任されるので、やりがいは大きいです。社風もとてもよく、発言したいことは発言し、会社もしっかりと聞いてくれます。やりたいと積極性を見せれば、大きな仕事も請け負えます。
人事 在籍3~5年 男性
土日は基本的に休めるので、プライベートと仕事のバランスはしっかりしています。社内制度も充実していますが、かなり種類が多いので、きちんと把握していないと多過ぎて活用しきれない程です。
口コミの要約

会社の制度がしっかりしていて、お休みもとれる会社であることが分かります。創業者である松下幸之助の「ものをつくる前に、人をつくる」という言葉を会社全体で大切にしていることが見てとれます。

パナソニックの年収・給与

年収 633万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 海外留学制度、社外研修、ファミリーサポート制度など

パナソニックでの転職者の出世難易度

パナソニックの出世難易度は中程度です。
自己推薦で申請をして、人事と幹部の面談を突破すれば出社できる仕組みとなっています。昇格試験もありますが、ほぼ面接で決まります。上司や同僚など、周りと調和しながら仕事を進めている人が出世しやすいようです。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 主務 750万円
30代中盤 主務 900万円
30代後半 主務 1,000万円
40代前半 課長 1,100万円
40代後半 課長 1,250万円
50代前半 部長 1,450万円

パナソニックはどんな人が働いている?

パナソニックの従業員数

259,385人

パナソニックの平均年齢

45.6歳

パナソニックの平均勤続年数

23.4年

パナソニックの社風

比較的のんびりとした部署、人が多いです。大企業ならではのゆったりした感じがあり、松下幸之助の言葉「ものをつくる前に、人をつくる」をモットーとした人材育成の充実さもあり、社員に対してやさしい社風です。
その反面、社歌をうたう、社訓を朗読するなど、少々古いシステムやイベントが残されており、比較的保守的な面もあります。

パナソニックのワークライフバランス

副業可否 社内副業可
勤務時間 8:30~17:00
休日 休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇、産休・育児休暇など
平均残業時間 28.1時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

パナソニックの社長

津賀一宏

1956年生まれ。大阪府出身。
1979年に松下電器産業株式会社(現パナソニック株式会社)に入社。
マルチメディア開発センターの所長や、オートモーティブシステムズ社社長などの経験を経て、パナソニックの代表取締役社長社長執行役員CEOを務める。
東京オリンピック・パラリンピック協議大会組織委員会副会長も務めている。

パナソニック現職、OB/OGの有名人

松下幸之助

1894年生まれ。1918年に松下電気器具製作所を創立。現パナソニック株式会社を一代で築き上げた経営者であり、「経営の神様」と呼ばれる。
現在も松下幸之助の言葉はパナソニックの研修に使用され、経営理念として受け継がれている。

パナソニックの転職に関わるQ&A


所属部門に身を置きながら、社内の新しい業務を経験する制度です。社内の別の部署の仕事ができることや、提携している別の企業で仕事経験を得られるなどの人事制度です。副業はできませんが、他の職種の経験を積むことができます。


女性の活躍支援に力を入れており、管理職として働く女性も増えています。女性社員のマインドセットを目的に、キャリアに関するコーチングを実施していて、結婚や出産で退職する人も少なく、女性でも働きやすい環境が揃っています。

パナソニックへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

パナソニックの企業公式サイトにある採用情報ページからキャリア採用の項目を選んで応募することができます。
ホームページには、採用情報以外にもパナソニックの行動基準や事業展開についての内容など、転職に役立つ情報なども記載されているので、一度目を通しておくのがおすすめです。
ただし、転職のポイントや転職成功者の傾向などが掲載されているわけではないので、もっと具体的な内容が知りたい場合や非公開求人に応募したい場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富な企業や条件の中から求人を探すなら「転職サイト」

転職サイトを活用したパナソニックへの転職をお考えの方には、ミドル~ハイクラスの案件を豊富に掲載している「ビズリーチ」がマストです。
ビズリーチでは担当するアドバイザーの評価を確認できるので、自分に適している担当者を探すことが可能となっています。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つ。
・求人掲載数が豊富で希望とマッチしやすい
・時間やスケージュールを確保しなくても転職活動が可能
・希望条件に合った求人を見つけたら即応募できる

さまざまな職種や企業の中から自分が希望するポジションを探せるのに加え、エージェントとのスケジュール調整がなかなかできなという方も絶手軽に転職活動が可能な点が転職サイトのメリットといえます。
また、最近では転職エージェントを活用する前に転職サイトを利用する人も多く、パナソニックの募集要項や必須スキルなどをざっくり下調べしたい方にはおすすめといえます。

ビズリーチでは平均年収が高いハイクラス案件多数!

ビズリーチに掲載されている公開求人を見ると、データアナリストやプランニングなどの求人が掲載されています。

※画像はイメージです。時期によって掲載内容が異なります。

ビズリーチでは、ミドル~ハイクラス求人をメイン層としているため、年収が比較的高く、最低年収が800万円からの求人も珍しくないのに加え、年収の相談も可能となっています。
また、ビズリーチは他の転職サイトよりも比較的非公開求人を多く抱えてるため、キャリアアドバイザーに相談すれば公開されているもの以外にも案件を紹介してもらうことも可能です。
ですが、転職サイトから応募した場合、具体的に企業が求めているスキルや人物像などの情報を知ることができず、パナソニックの社内事情に精通しているキャリアアドバイザーによるサポートが受けられません。
経歴やスキルで落とされる可能性も高くなりますので、より転職成功率の成功率を重視するのであれば転職エージェントを利用するのがおすすめ。

通過率を高め、幅広いサポートをしてもらうなら「転職エージェント」

転職サイトではなく転職エージェントを活用してパナソニックへの転職を目指す方におすすめなのが、非常に多い案件数とコンサルタントのクオリティ定評がある「リクルートエージェント」です。

転職エージェントを活用するメリットは大きく3つ。
・転職に必要な書類の添削や面接アドバイスはじめとした多角的なサポート
・本人の経験やスキル、希望条件に最適な案件のマッチング率
・企業名が伏せられていたり、通常は閲覧できない非公開求人が多数

パナソニックはブランド力や知名度などがあるためハイクラス求人の中では人気の高い企業であり、当然その競争率も高くなります。
そのため「今の自分はどのくらいの通過率があるのか」や「実際に自分の理想としている転職先といえるのか」など、キャリアコンサルタントに相談してみるのがおすすめです。
パナソニックへの転職確率を可能な限り高めたいのであれば、転職サイトではなく転職エージェントを活用するのがベストといえます。

リクルートエージェントでは開発職をはじめとした案件が多数!

リクルートエージェントの求人を見てみると、開発職をはじめとした専門的なポジションの案件が多数掲載されています。

※画像はイメージです。時期によって掲載内容が異なります。

リクルートエージェントは、多数の転職支援実績があり、幅広く案件を閲覧することができるので、初めて転職をする方や確実な転職をしたい方などは、リクルートエージェントがベストといえます。
また、登録をしなくても案件を閲覧できるのもリクルートエージェントの特徴で、とりあえず案件に目を通してみて気になる案件があれば登録してみるといった使い方も可能です。
さらに非公開求人も非常に多いため、実際にキャリアコンサルタントにキャリアプランや給与交渉なども含めて相談するのがおすすめです。

あなたがパナソニックに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

本田技研の転職難易度は?評判や年収などを解説

▼下記は、本田技研に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから本田技研に転職してくるのか ・転職先:本田技研からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

ライオンへの転職は難しい?年収や口コミなどを解説

▼下記は、ライオンに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからライオンに転職してくるのか ・転職先:ライオンからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

ナイキジャパンへ転職するには?求人情報や口コミ評判まとめ

▼下記は、ナイキに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからナイキに転職してくるのか ・転職先:ナイキからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

日本電産の転職難易度は?口コミや年収などを解説

▼下記は、日本電産に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本電産に転職してくるのか ・転職先:日本電産からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

任天堂への転職はおすすめ?評判や学歴、年収について解説

▼下記は、任天堂に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから任天堂に転職してくるのか ・転職先:任天堂からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

ヤマハへの転職は難しい?口コミや転職難易度などを調査

▼下記は、ヤマハに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからヤマハに転職してくるのか ・転職先:ヤマハからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

村田製作所の転職難易度は?面接内容や年収などを解説

▼下記は、村田製作所に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから村田製作所に転職してくるのか ・転職先:村田製作所からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

富士フイルムの転職情報。評判や福利厚生などをご紹介

▼下記は、富士フイルムに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから富士フイルムに転職してくるのか ・転職先:富士フイルムからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

パナソニックの転職難易度は?面接内容や年収について徹底調査!

▼下記は、パナソニックに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからパナソニックに転職してくるのか ・転職先:パナソニックからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

NECへの転職。残業やNECからの転職先などについてご紹介

  ▼下記は、NECに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNECに転職してくるのか ・転職先:NECからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

TOP