メーカー

マツダへの転職を成功させるには?難易度や面接内容など徹底解説

▼下記は、マツダに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからマツダに転職してくるのか
・転職先:マツダからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

マツダの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学・大学院卒業など、幅広い学歴の社員が在籍しています。

職歴

マツダ在籍者の主な職歴は、三菱電機や東芝などの大手メーカー、アイシン精機などの自動車関連メーカーなどが挙げられます。

退職後の主な転職先

マツダからの転職先として、エルピーダやキヤノン、村田製作所日産自動車、住友重機などの大手メーカーへ転職しています。

マツダは、自動車や同部品の製造・販売を事業としている自動車メーカーです。
ロータリーエンジンを搭載した自動車の生産をはじめ、さまざまな自動車や部品を生産しており、その中でもロードスターは「2人乗り小型オープンスポーツカー」の生産累計世界一として、ギネス世界記録の認定を受けています。
売上の9割近くが海外であり、日本国内のみならず、海外でも事業展開しているグローバル企業です。
1920年設立、広島県安芸郡の本社を構えており、50,479名もの社員が在籍しています。
そんなマツダは、中途採用枠が非常に多くあり、主に開発系ポジションで、粘り強くチャレンジできる人材を求めています。

初めての転職でマツダを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

マツダの評判や面接内容も気になるけど、どんな求人が募集されているのか知りたいという方はまず、ビズリーチなどの転職サイトで求人情報をチェックしてみましょう。
ビズリーチはハイクラス求人を多くに扱っているため、転職先がまだ定まっていないという場合は、ここで一度比較することをおすすめします。
転職エージェントを活用する場合でも、情報収集としてビズリーチをチェックしておくと、転職活動をよりスムーズに進めることができるでしょう。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • マツダの企業概要
  • マツダの転職ポイント
  • マツダの社風や企業文化

マツダに転職するポイント

マツダの特徴

POINT

  • ・自動車や同部品の製造・販売を事業としている中堅自動車メーカー
  • ・ロードスターは「2人乗り小型オープンスポーツカー」としてギネス認定受賞
  • ・売上9割が海外と、グローバル展開に注力している

マツダへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は非常に多い
  • ・開発系ポジションにて求人募集
  • ・自動車に興味あり、粘り強くチャレンジできる人材を求めている

マツダの企業概要

会社名 マツダ株式会社
本社所在地 広島県安芸郡府中町新地3番1号
社長 丸本 明
設立 1920年1月30日
株式 上場(東証1部)
株主構成 日本トラスティサービス信託銀行(10.71%)
日本マスタートラスト信託銀行(6.32%)
トヨタ自動車(5.07%)

マツダの売上


マツダの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 3,474,024百万円 3,564,172百万円 3,430,285百万円
経常利益 172,133百万円 116,082百万円 53,091百万円

マツダの最新ニュース

マツダの事業内容

マツダは、「アテンザ」や「ロードスター」といった自動車や同部品の製造・販売を事業としている中堅自動車メーカーです。
「走る歓び(Zoom-Zoom)」を提供するクルマづくりを行っており、顧客にずっと乗り続けたいと思ってもらえてるような「マツダプレミアム」の実現を目指しています。
また、マツダが製造する車はデザインが統一されているため、車種問わず美しいデザインが人気を集めており、CO2排出量が少ないクリーンディーゼルは、欧州を中心に販売台数を着実に伸ばし続けています。
誰もが諦めていた「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を両立させた「SKYACTIV TECHNOLOGY」など、さまざまな常識を超えた挑戦の結果を生み出し続けている企業です。
今後の展望として、変わるもの・変わらないものをしっかりと見極め、「変わらないために変わり続ける」という姿勢で、今後も本物のモノづくりに取り組んでいくと公言しています。

マツダの募集要項

ビッグデータ基盤開発エンジニア

最新技術動向の調査や実プロジェクトを前提とした実証と検証の実施を行うポジションです。
膨大なデータを溜め、高速に取り出すための基盤構築、複数の全社的プロジェクトへの基盤の展開、保守業なども行います。

必須な経験・スキル

  • ・ビッグデータ基盤や分散データ処理基盤の構築経験
  • ・英語文献や論文を読めるレベルの読解力

システム企画開発

コネクティッドサービスに関わるシステム化の企画から開発、保守、運用などを行うポジションです。
具体的には、コネクティッドサービスの企画や開発の業務として、車載システムと連携し、Webやスマホなどの各サービスシステムのアプリケーション開発を行います。
このポジションは、国内に限らず、グローバルに活躍できる環境があるため、海外で活躍したいという方には、向いている職種でしょう。

必須な経験・スキル

  • ・5年以上のシステム企画や開発の実務経験
  • ・スマートフォンによるシステム開発経験
  • ・データ解析や分析サービスの構築経験 など

ネットワークエンジニア

全社グローバルのネットワーク環境の企画と構築、運用保守の管理などの業務を担当するポジションです。
具体的には、WAN環境・LAN環境の企画と構築、ネットワーク運用と保守業務の管理、ネットワークチームの統括などを行います。
複数のプロジェクトを俯瞰的に見て、優先順位をつけながらプランニングする必要があるため、責任感が問われるポジションです。

必須な経験・スキル

  • ・5年以上のネットワークの企画や設計、開発の実務経験
  • ・ネットワーク運用に関わる企画や設計、ベンダーコントロールなどの経験

マツダの転職難易度

マツダの転職難易度は非常に高いです。
その理由としては、企業側から求められるスキルや知識が高いことが挙げられます。
また、マツダは知名度があって人気のある企業なため、応募者が非常に多く、それにより倍率が高くなることが想定できます。
マツダへの転職を目指すなら、簡単な転職ではないことをあらかじめ理解しておきましょう。

マツダが転職者に求める人物像

マツダでは、粘り強くチャレンジし続けられる人材が求められています。
また、車に対しての熱い情熱や、「走る歓び」を与えられるような車を作ってみたい方も求めている傾向があります。
マツダでは、プレミアムブランドを目指してチャレンジし続けていることから、上記のような能力が求められるのです。
面接では、これらをしっかりアピールできるエピソードを複数用意してから臨むと良いでしょう。

マツダの転職までの流れ

マツダの選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接

想定選考官:人事・部長
想定内容:志望動機や前職での経験など、一般的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員・マネージャー
想定内容:これまでの質問に加え、「親にもいえないような話をしてください」や「前職の退職理由」など、回答しにくい質問をされます。

内定

マツダの面接形式

面接は基本的に1対1で行われます。
面接回数は1~2回です。
1回あたりの面接は1時間前後で終わります。

マツダの面接内容

面接は、志望動機や前職での経験など、一般的な質問から進みます。
また、「親にもいえないような話をしてください」や「前職の退職理由」など、こちらが回答しにくいような質問をされます。
さらには、「自動車製造でのやりがいは?」や「車は好き?」など、車に対しての情熱があるかどうかも見られる傾向があるので、どんな質問をされてもしっかりと回答できることが肝心です。
面接の雰囲気は、比較的和やかなため、リラックスして自分らしく面接に臨むことができるでしょう。

マツダで働いている方の評判・口コミ

研究・開発、在籍5~7年、男性
普段から目にする製品の開発に携われるため、社会への貢献を実感することが多いです。他社よりもとがっている技術が多く、自動車好きならば楽しみながら仕事できると思います。また、若手でもいろんな仕事を任せてもらえ、のびのびと仕事することができます。
制御統計、在籍3~5年、男性
研修制度が充実していると感じます。入社したときと部署配属されてときに、それぞれ1か月程度の研修制度があり、仕事のやり方や考え方を学ぶことができます。その研修が終わったあとも、先輩社員が2年ほどサポートしてくれるので、働きながらスキルアップできる環境があるといえるでしょう。
機械・機構設計、在籍3~5年、女性
有給休暇は溜まっている仕事がなければ前日の申請で自由に取得することができます。また、働き方改革によって、残業時間が少なくなり、定時退社できる日が週1~2日あるので、ワークライフバランスは良いと思います。
口コミの要約

マツダの口コミを見てみると、よく目にする製品に携われるため、やりがいと貢献感を感じながら仕事ができるということが伝わってきます。また、働き方改革により、残業の減少と定時退社日があることからワークライフバランスが良いことが伺えます。

マツダの年収・給与

年収 664万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 全額支給
住宅手当 なし
福利厚生 社会保険各種、子ども・子育て拠出金、慶弔見舞金など

マツダでの転職者の出世難易度

マツダの出世難易度は比較的高いです。
マツダでの出世が決まるポイントは、仕事の成果を上げているかどうかというところにあります。
常に声を上げて率先して仕事に取り組み、メンバーをまとめあげられる人材は出世しやすい傾向があります。
また、目に見える数字を残すことも重要なポイントです。
年齢や在籍年数などは関係なく、評価は平等なため、実績を残し続けることで出世することができます。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 600万円
30代中盤 なし 700万円
30代後半 なし 800万円
40代前半 なし 1,100万円
50代前半 なし 1,200万円

マツダはどんな人が働いている?

マツダの従業員数

23,203名(単体)
50,479名(連結)

マツダの平均年齢

40.5歳

マツダの平均勤続年数

16.7年

マツダの社風

マツダは、比較的風通しが良く、若手でも意見がしやすい社風です。
また、部署ごとに独立こそはしているものの、企業全体での一体感を感じられる風土があります。
部署間の垣根が非常に低く、在籍している社員は穏やかな方が多い傾向があり、組織自体がしっかりとしているため、一致団結して問題解決していくという姿勢があります。
必要以上にストレスを溜めず、社員同士一団結して業務に取り掛かりたいという方には、向いている企業といえるでしょう。

マツダのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 8:15~17:00もしくは20:15~5:39
休日 土日(週休二日制)
その他の休日・休暇 有給休暇、結婚休暇、忌引休暇、母性保護休暇など
平均残業時間 月20〜45時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

マツダの社長

丸本 明

1957年生まれ、広島県出身。
慶應義塾大学工学部卒業後、東洋工業(現:マツダ)に入社。
エンジニア開発部門を歩み、3代目ボンゴや4~5代目カペラ、クロノスなどのシャシー開発に携わる。
その後は、開発主査を務め、1996年にマツダ創業以来最年少で取締役に就任。
品質部門や欧州でのフォードとの共同事業などを担当し、2018年に代表取締役社長兼CEOに就任。
「飽くなき挑戦」を目標に、日々奮闘しています。

マツダ現職、OB/OGの有名人

小飼 雅道

1954年生まれ、長野県出身。
東北大学工学部卒業後、東洋工業(現:マツダ)に入社。
生産畑が長く、技術本部長や防府工場長などを務め、タイでのフォードとの合弁企業であるオートアライアンス(タイランド)の社長に就任。
2013年にマツダの代表取締役社長兼CEOに就任し、2018年からは代表取締役会長に就任。
現在は、広島商工会議所副会頭も務めています。

マツダの転職に関わるQ&A



部署によって女性社員の在籍数は変わりますが、女性でも働きやすく、活躍できる環境があります。
セクハラや女性差別などは一切なく、厳しく取り締まっているので安心して働くことができるでしょう。
また、産休や育休が取得しやすいため、ライフイベントがあった場合でも、対応してもらえます。

マツダへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

マツダの公式サイトにある採用情報ページからエントリーすることが可能です。
求人情報をはじめ、「会社を知る」や「戦略とこだわり」、「プロジェクトを知る」など、さまざまな情報が掲載されているので、一読しておくと良いでしょう。
ただし、求人情報の募集内容は、ざっくりとしか掲載されていないため、より具体的な内容が知りたい場合や、公式サイトに載っていないような求人にも応募してみたい場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

自分のタイミングで転職活動したいなら「転職サイト」

マツダへの転職において、転職サイトの活用を考えているなら、豊富な求人掲載数を誇っており、転職サイトの中ではハイクラスの案件を多く取り扱っている「ビズリーチ」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つあります。
・求人数が豊富で選択肢が多い
・スケジュールの状況に合わせて転職活動が可能
・少しでも気になった求人にすぐに応募できる

求人案件を多く扱っているため、自分の希望する条件を満たしている求人を探したいという方は、転職サイトの利用がおすすめです。
また、転職エージェントとのスケジュールが調整しにくく、なかなか転職活動ができないという方でも、転職サイトなら自分のペースで転職活動がしやすいので、忙しい方でも活用しやすいでしょう。

ビズリーチは平均年収が全体的に高くなっている!

ビズリーチに掲載されている求人は、ソフトウェア開発系が多数掲載されています。

※画像はイメージであり、タイミングによって掲載内容が異なる場合があります。

ビズリーチでは、キャリアアドバイザーの評価をチェック可能で、ヘッドハンターによるスカウト機能もあります。
また、今の自分の市場価値を知ることができ、より自分に合ったポジションへ転職しやすいという特徴を持っています。
ただし、転職サイトから応募する場合、自分と企業との年収などの希望条件のすり合わせが上手くいかないことも少なくありません。
その結果、面接で落とされてしまったり、書類選考が通らないということがあります。
確実な転職を望むなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

手厚いサポートを受けながら確実な転職を目指すなら「転職エージェント」

転職エージェントを活用してマツダへの転職を目指すなら、圧倒的案件数を誇り、専門性の高いキャリアコンサルタントがいる「リクルートエージェント」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは以下の3つ。
・応募書類の添削や模擬面接など手厚いサポート
・企業との高いマッチング率
・非公開求人が比較的多い

転職エージェントでは、履歴書などの応募書類の添削や、模擬面接による指摘とアドバイスなど、さまざまな手厚いサポートを受けながら転職活動が行えます。
マツダは知名度が高く、非常に人気のある企業なので、競争率が高くなる傾向がありますが、転職エージェントの手厚いサポートを受ければ、転職成功率を上げることができるでしょう。

リクルートエージェントでは専門職の求人案件が多数!

リクルートエージェントに掲載されている求人はデザイナーや開発といったポジションが多数掲載されています。

※画像はイメージであり、タイミングによって掲載内容が異なる場合があります。

リクルートエージェントは、幅広く求人案件を見ることができ、専門性の高いキャリアコンサルタントが在籍しているため、初めての転職活動で不安がある方や、確実な転職をしたい方には、おすすめの転職エージェントといえます。
また、登録していなくてもある程度の求人であれば閲覧することができるので、とりあえず見てから登録するということもできます。
非公開求人も多く取り扱っているため、キャリアコンサルタントに相談し、状況やスキルに応じて紹介してもらえるでしょう。

あなたがマツダに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

富士通の転職情報まとめ。中途採用は難しい?

  ▼下記は、富士通に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから富士通に転職してくるのか ・転職先:富士通からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

P&Gへの転職情報!転職難易度や年収について徹底解説!

  ▼下記は、P&Gに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからP&Gに転職してくるのか ・転職先:P&Gからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりた...

本田技研の転職難易度は?評判や年収などを解説

▼下記は、本田技研に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから本田技研に転職してくるのか ・転職先:本田技研からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

日本マイクロソフトへの転職は難しい?口コミや年収などをチェック

  ▼下記は、日本マイクロソフトに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本マイクロソフトに転職してくるのか ・転職先:日本マイクロソフトからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、...

未来工業へ転職したい方必見!年収や難易度などを解説

▼下記は、未来工業に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから未来工業に転職してくるのか ・転職先:未来工業からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプ...

レキットベンキーザーへの転職はおすすめ?年収や転職情報について調査

  ▼下記は、レキットベンキーザーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからレキットベンキーザーに転職してくるのか ・転職先:レキットベンキーザーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把...

花王へ転職する方法は?評判や年収などを調査

▼下記は、花王に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから花王に転職してくるのか ・転職先:花王からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう...

川崎重工への転職。難易度や口コミなどを解説

▼下記は、川崎重工に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから川崎重工に転職してくるのか ・転職先:川崎重工からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

大塚商会の転職情報まとめ。面接の口コミや転職難易度を調査!

  ▼下記は、大塚商会に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから大塚商会に転職してくるのか ・転職先:大塚商会からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

村田製作所の転職難易度は?面接内容や年収などを解説

▼下記は、村田製作所に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから村田製作所に転職してくるのか ・転職先:村田製作所からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

TOP