SIer

TISへの転職は難しい?難易度や年収などを解説

 
▼下記は、TISに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからTISに転職してくるのか
・転職先:TISからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

TISの主な転職元・転職先

学歴

学歴は、専門学校や大学、大学院卒などが多く在籍しています。

職歴

TIS在籍している方の職歴はそれほど多くはありませんが、信販会社証券会社、さらにはSIerなどの出身者が多くいます。

退職後の主な転職先

TISからの転職先として、銀行信販会社ソフトウェアメーカー、さらには教育事業や監査法人など、幅広い業種に転職しています。

TISは、国内大手の独立系システムインテグレーターであり、傘下にインテックやアグレックス、クオリカなどを置いている企業です。
JCBを中心としたクレジットカード会社の基幹システム開発に対して強みを持ち、国内市場シェア約50%であり、さらには、デビットカードのシステム開発に関しては、国内市場シェア約80%と圧倒的なシェア率を誇っています。
2008年設立、東京都新宿区に本社を構えており、19,744名の従業員が在籍しています。
TISでは、ポテンシャルの高い即戦力となる人材を求めています。

初めての転職でTISを目指すなら「ビズリーチ」を見るべし!

TISの口コミや年収も大切ですが、とにかくどんな求人があるか知りたい!という方は、まずビズリーチなどの転職サイトで求人案件をチェックすることがおすすめです。
ビズリーチはハイクラス求人が豊富に掲載されているので、転職先がまだ決まっていないという方は、ここで比較すると良いでしょう。
転職エージェントを活用する場合でも、情報収集として事前にチェックしておくことが、上手に転職するためのポイントです。
ビズリーチによるTISの求人は、現在89件の案件があり、ビズリーチに登録をするとすべての求人を確認することができます。

また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合った案件を探すなら、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • TISの企業概要
  • TISの転職ポイント
  • TISの社風や企業文化

TISに転職するポイント

TISの特徴

POINT

  • ・クレジットカード向けに強みを誇る独立系システムインテグレーター
  • ・デビットカードのシステム開発に関して、国内市場シェア約80%と圧倒的なシェア率を誇る
  • ・保守的な風土で穏やかな人が多く、働きやすい環境

TISへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠が多い
  • ・ITスペシャリストやエンジニアなどで積極的に採用を行っている
  • ・挑戦と革新を繰り返し、グローバルに活躍できるポテンシャルがある人材を求めている

TISの企業概要

会社名 TIS株式会社
本社所在地 東京都新宿区西新宿8丁目17番1号
社長 桑野 徹
設立 2008年4月1日
株式 上場(東証1部)
株主構成 いちごトラスト・ピーティーイー・リミテッド(8.51%)
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(6.38%)
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(4.74%)

TISの売上

TISの売上推移

年数 2017年 2018年 2019年
売上高 393,398百万円 405,648百万円 420,769百万円
経常利益 27,092百万円 32,795百万円 38,603百万円

TISの最新ニュース


TISの最新情報を掲載しております。

TISの事業内容

TISは、総合ITサービス事業として、クライアントのデジタルビジネス変革に貢献している企業です。
ビジネスを支える基幹システムから、高い競争力を生むアプリケーション、さらにはシステムの基盤となるプラットフォームまで、幅広い業界と分野でITサービスを提供しています。
経験と技術により、クライアントの課題を把握して、潜在的なニーズを先取りしたサービスを提供し、クライアントのデジタルビジネス変革に貢献をしています。
また、キャッシュレス化が進む現代に対し、決済情報を安全に提供するプラットフォームの開発や、利便性が高く安心安全な仕組みを提供するリテール決済のソリューションブランド「ペイシェルジュ」など、常に時代をリードしながら、人の気持ちを豊かにする新たな金銭の動きを生み出すことを目指している企業です。
そのほかにも、AIやロボットの開発や、グローバルなビジネス展開のサポートなども行い、幅広くマルチに活躍していることから、今後の動きに多くの注目を集めているでしょう。

TISの転職の募集要項

ITスペシャリスト

ITスペシャリストは、プロジェクトリーダーとしてさまざまな業界の顧客に対する折衝を担うポジションです。
具体的には、システム基盤構築プロジェクトの牽引や、案件提案時に顧客プレゼンするプリセールス対応などを行います。
そのほかにも、データ連携基盤システムの構築や開発案件のリーダー業務も担当します。
億単位を超える大規模案件やグローバル案件など、スケール感溢れるプロジェクトや開発に携わるため、責任感とやりがいを感じるポジションです。

必須な経験・スキル

  • ・ITプロジェクトマネジメントに関する知識や経験
  • ・サーバ構築スキル
  • ・AWSなどクラウドを活用した構築スキル

ITアーキテクト

ITアーキテクトは、ウォーターフォール開発における実現方式の決定や導入を行います。
具体的な業務内容は、実現方式設計・開発・導入や開発基盤設計・導入、開発標準設計・導入などです。
そのほかにも、技術的支援(RFI作成やコードレビューなど)の実施、アジャイル開発(スクラム開発)におけるスクラムマスターなどを担当します。
スマートデバイスアプリケーション開発スキルや、アプリケーションフレームワークのデザインスキルを持っていると、面接で有利になる可能性があります。

必須な経験・スキル

  • ・高度なプログラミングスキル
  • ・方式設計や開発標準化などのリーダー経験

R&D部門の研究員(EdgeComputingエンジニア)

R&D部門の研究員(EdgeComputingエンジニア)は、IoTプラットフォームの構築や実証実験、標準化活動などを行うポジションです。
研究を実践してきた得意分野に関して、成果を対外的に発表、その分野で一人者となり、検証や開発してきたものの実証実験を行います。
その結果を評価し、TISの事業部やスタートアップ企業などでサービス化の実現を目指します。
研究や開発することで、数年後のTISサービスを育てる一貫に携わることができるので、やりがいを感じることができるでしょう。

必須な経験・スキル

  • ・Edge Computing技術に関する研究開発の経験
  • ・近距離ネットワークに関する研究開発の経験
  • ・プラットフォームを実現するためのアーキテクト設計ができる など

TISの転職難易度

TISの転職難易度は比較的高いです。
現在のIT業界は人手不足な傾向があり、比較的転職しやすい業界といわてれていますが、TISでは高い経歴やスキルといったものが求められるため、難易度が高くなっています。
また、ほかの転職者のレベルが全体的に高いこともあり、そのなかから採用してもらうというのは簡単ではないでしょう。
そのなかで採用を勝ち取るためには、ほかの人にはない能力や、即戦力として活躍できることをアピールできることが鍵です。

TISが転職者に求める人物像

TISでは、チャレンジ精神を持ち、グローバルに活躍できるポテンシャルを持っている人材や、チームワークを大切にし、共通のゴールに向けて完遂できる力を持っている人材を求めています。
新領域であるサービス事業では、市場ニーズを掴み、事業を推進、チームメンバーを牽引していく力が必要であり、そういった能力がある方は面接で優遇される傾向があります。
面接の際、これらの能力を持っていることをアピールできるエピソードを用意したから臨むと良いでしょう。

TISの転職までの流れ

TISの選考フロー

書類・エントリーシート提出

一次~二次面接・適性検査

想定選考官:部長・人事
これまでの経験や志望動機など、オーソドックスな質問をされます。

最終選考

想定選考官:役員
これまでにされた質問を再度深堀し、改めてマッチしている人材かを判断されます。

TISの面接形式

面接は基本的に1対1で行われます。
ただし、応募する職種によっては、こちらが1人なのに対し、企業側が2~3人の場合があります。
面接回数は2~3回です。
面接は1回あたり1時間前後です。

TISの面接内容

TISの面接は、これまでの経験や志望動機など、オーソドックスな質問から面接が進みます。
そのほかにも「学生時代頑張ったこと」や「何が実現できるか」などを質問されることもあり、特段変わった質問をされることはほとんどありません。
全体的に一貫性を持って回答すれば、好印象を得られます。
あらかじめどんな質問をされても、一貫性を持ってハキハキと回答できるように準備しておくことが必要です。

TISで働いている方の評判・口コミ

設計 在籍7~10年 男性
部署によりますが、若手~中堅でも上流工程やマネジメントを任せてもらえることがあります。近年ではAIやRPAなどのソリューションに力を入れていることもあり、最先端技術を触ることができるので、チャンスは多くあると思います。
エンジニア 在籍5~7年 男性
教育制度が非常に充実しており、優良の研修やトレーニングなどを受講させてもらえます。半期単位でキャリアプランを考えるので、それに沿ったスキルアップを目指すことができます。ただし、社内研修は人気がありすぎて、すぐに埋まってしまう傾向があるので、なかなか受講することができないということもしばしばです。
データ設計 在籍3~5年 女性
新入社員でも有給が年間18日あって、基本的に申請しておけば問題なく有給を使うことができ、逆に有給を消化しないといけないという雰囲気があります。急ぎの用事など、急に休まなければならなくなった場合でも、安心して休みを取ることができます。
口コミの要約

TISの口コミを見てみると、若いうちから大きな仕事に携わることができ、スキルアップできる環境があるとことが分かります。また、有給消化について取得しやすい雰囲気があり、万が一何かあった場合でも安心して有給を使うことができる環境があります。

TISの年収・給与

年収 787万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 無し
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 社会保険完備、財形貯蓄制度、職員持株制度、退職金制度など

TISでの転職者の出世難易度

TISの出世難易度は中程度です。
評価は平等にしてもらえ、主体的に行動すれば誰にでもチャンスがあります。
ただし、在籍している社員のレベルは全体的に高く、そのなかから出世するというのは簡単なことではないでしょう。
自ら考え行動し、ほかの人よりも多くの実績を残すことで、出世への道は拓かれます。
また、少なからず運が必要なこともあり、タイミングによって出世できる可能性が異なるので、タイミングをしっかりと見極めることが肝心です。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 主任 600万円
30代中盤 主任 750万円
30代後半 主任 750万円
40代前半 主査 900万円
40代後半 部長 1,200万円

TISはどんな人が働いている?

TISの従業員数

5,680名(単体)
19,744名(連結)

TISの平均年齢

38.8歳

TISの平均勤続年数

13.11年

TISの社風

TISは人に重きを置き、人を大切にする社風があります。
また、風通しが非常に良く、立場によって意見ができるできないということもありません。
上司も部下も関係なく、意見をすることができ、積極的に取り入れてくれるような働きもあります。
さらには、社員がより働きやすくなるためにはどうすれば良いかを常に考えており、長く在籍している社員だけではなく、若い社員のモチベーションアップにも繋がっています。
男性女性関係なく、働きやすい環境があるでしょう。

TISのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 9:00~17:45
休日 土日祝日(週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、有給休暇、リフレッシュ休暇、慶弔休暇、介護休暇など
平均残業時間 20時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

TISの社長

桑野 徹

1952年生まれ。
1976年に株式会社東洋情報システム(現:TIS株式会社)に入社。
数々の実績を残し、2000年に取締役就任。
その後も常務取締役や専務取締役などを歴任し、2011年に代表取締役社長就任。
2018年に代表取締役会長兼社長に就任し、現在に至る。

TIS現職、OB/OGの有名人

安達 雅彦

1956年生まれ。
1981年に株式会社三和銀行(現:株式会社三菱UFJ銀行)入行。
2011年にTIS株式会社に入社し、執行役員 管理本部長に就任。
その後も常務執行役員 金融第1事業本部長や専務執行役員 金融第1事業本部長兼金融第3事業本部長などを歴任し、2018年に代表取締役 副社長執行役員に就任。

TISの転職に関わるQ&A


TISは激務なのか気になる人も少なからずいるでしょう。
以前は激務だったときがありましたが、現在は働き方改革により、激務ではなくなりました。
一人一人の仕事量が減り、以前に比べて残業時間が減ったので、ワークライフバランスが良くなったといえます。
ただし、時期によっては繁忙期があり、残業が多くなるときもあるので、あらかじめ理解しておくと良いでしょう。


TISは男性女性の差別がなく、評価も平等にしてもらえる傾向があります。
女性でも管理職に就いている人は多く、女性でも十分出世することが可能でしょう。
また、産前・産後休暇や育児休暇が取得しやすい環境があるので、そういった場合でも安心です。
復帰後も時短で働くことができるので、安心して働ける環境が用意されています。

TISへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

TISの公式サイトにある採用情報ページから応募することができます。
採用情報ページには、人材採用メッセージや企業メッセージなどが掲載されています。
また、現在募集している求人情報を確認することができるので、どんな仕事があるのか知りたい場合は、一度チェックすると良いでしょう。
ただし、載っている情報は少ない場合があり、より詳しい情報が知りたい場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

自分のペースで転職活動したいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してTISに転職するなら、掲載求人数がトップクラスで、ハイクラス求人も扱っている「ビズリーチ」がおすすめです。
ビズリーチでは、自分の市場価値を知ることができ、より適したポジションへ転職しやすいという大きなメリットがあります。

また、総じて転職サイトを活用するメリットは3つあります。
・求人件数の多さ
・自分のスピードで転職活動ができる
・応募~面接までが早い

自分のペースで転職活動したい場合や素早く転職活動したいという場合は利用がおすすめです。
また、転職サイトは転職エージェントを利用するまえに利用する方が多く、TISの募集内容や求められる能力が知りたいという方はチェックするのも一つの手といえます。

ビズリーチでは年収の相談が可能

ビズリーチには、TISの求人が89件あります。

※画像はイメージです。

掲載されている求人は、プロジェクトリーダーやエンジニアなどが多く募集されています。
ハイクラス求人を扱っているビズリーチなだけあり、全体的に年収が高く、年収の相談も可能です。
さらには非公開求人を持っている場合もあり、キャリアアドバイザーに相談すると非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
ただし、ビズリーチに限らず転職サイトからの応募は、自分と企業側とのすり合わせが上手くいかないこともあり、なかなか上手くいかないということもあります。
確実な転職をしたいなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

質の高い転職支援で転職成功率を上げるなら「転職エージェント」

転職エージェントを利用するなら「リクルートエージェント」がおすすめです。
リクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇り、転職実績が多くある最大手の転職エージェントです。

転職エージェントを利用するメリットは3つあります。
・キャリア相談や給与交渉が可能
・企業とのマッチング率が高い
・非公開求人案件が圧倒的に多い

転職エージェントでは、応募書類の添削や模擬面接によるアドバイスなどがあり、さらには給与交渉まで行ってもらえる手厚いサポートがあります。
また、TISへ転職させた実績があるキャリアアドバイザーがいれば、人事や現場職員との太いパイプを持っているため、普通では分からない内部情報を聞くことも可能です。
手厚いサポートを受けながら転職活動したい場合は、リクルートエージェントの活用がおすすめです。

リクルートエージェントはWEB面接可能で、ハイクラス案件が多数

リクルートエージェントに掲載されているTISの求人は、エンジニアやソリューション営業が多く掲載されています。

※画像はイメージです。

キャリアアドバイザーから自身を見てもらうと、自分では気付かなかった能力や他業界では重宝とされるスキルに気付くことができます。
自分が持っている意外な能力によって、転職できるポジションが広がる可能性は大いにあります。
また、リクルートエージェントは非公開求人を多く持っているので、キャリアアドバイザーに相談することで、非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。

あなたがTISに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

富士ソフトの転職難易度は?年収や選考内容などを解説

  ▼下記は、富士ソフトに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから富士ソフトに転職してくるのか ・転職先:富士ソフトからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

野村総合研究所への転職難易度は高い?年収や倍率などを解説

  ▼下記は、野村総合研究所に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから野村総合研究所に転職してくるのか ・転職先:野村総合研究所からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりた...

コムウェアの転職はおすすめ?転職難易度や年収などを調査!

  ▼下記は、コムウェアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからコムウェアに転職してくるのか ・転職先:コムウェアからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

日本総研の転職難易度は高い?面接内容や年収を調査!

  ▼下記は、日本総研に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本総研に転職してくるのか ・転職先:日本総研からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)へ転職するには?難易度や面接情報を調査

▼下記は、伊藤忠テクノソリューションズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから伊藤忠テクノソリューションズに転職してくるのか ・転職先:伊藤忠テクノソリューションズからどこへ転職するのか 一般的な...

ソフトバンク・テクノロジーへの転職。評判や年収、残業は?

  ▼下記は、ソフトバンク・テクノロジーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからソフトバンク・テクノロジーに転職してくるのか ・転職先:ソフトバンク・テクノロジーからどこへ転職するのか ...

セブン&アイ・ネットメディアに転職するべき?口コミや面接内容を調査

  ▼下記は、セブン&アイ・ネットメディアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからセブン&アイ・ネットメディアに転職してくるのか ・転職先:セブン&アイ・ネットメディアからどこへ転職するのか...

日立製作所の転職難易度は?面接内容や口コミ評判を徹底調査

  ▼下記は、日立製作所に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日立製作所に転職してくるのか ・転職先:日立製作所からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

NTTデータに転職したい方必見。中途入社の難易度や年収を解説

  ▼下記は、NTTデータに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTTデータに転職してくるのか ・転職先:NTTデータからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

大塚商会の転職情報まとめ。面接の口コミや転職難易度を調査!

  ▼下記は、大塚商会に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから大塚商会に転職してくるのか ・転職先:大塚商会からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

TOP