WEB・アプリサービス

さくらインターネットへ転職するには?面接内容や口コミ評判も徹底調査

▼下記は、さくらインターネットに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからさくらインターネットに転職してくるのか
・転職先:さくらインターネットからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

さくらインターネットの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学や大学院卒業など、幅広い学歴を持った社員が在籍しています。

職歴

さくらインターネット在籍者の主な職歴は、ITソリューションを行う企業がほとんどであり、中には一部メーカーなどの職歴が挙げられます。

退職後の主な転職先

さくらインターネットからの転職先として、ITやSIer、さらにはゲームメーカ-などへ転職しています。

さくらインターネットはホスティングサーバを中心に、インターネット創成期からデータセンターサービスを提供している業界の老舗企業です。
VPSやクラウド、レンタルなど、さまざまな提供を行っており、ホスティングでは日本1位、世界でも14位と非常に高いシェア率を誇っています。
1999年設立、大阪府大阪市に本社を構えており、652名の社員が在籍しています。
さくらインターネットは、アプリケーションエンジニアやインフラエンジニアなどで、非常に高い専門スキルを持ち、自律して動ける即戦力となる人材を求めています。

初めての転職でさくらインターネットを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

さくらインターネットの年収や口コミも重要だけど、まずはどんな求人があるのか知りたいという方は、ビズリーチなどの転職サイトで求人情報をチェックしましょう。
ビズリーチは、ミドルクラス~ハイクラス求人を豊富に扱っているため、転職先がまだ定まっていないという方は、さまざまな求人を参考にすることができます。
転職サイトではなく、転職エージェントの活用を考えているという方でも、まずは情報収集として転職サイトを一度確認しておけば、その後の転職活動がスムーズに進められるようになります。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • さくらインターネットの企業概要
  • さくらインターネットの転職ポイント
  • さくらインターネットの社風や企業文化

さくらインターネットに転職するポイント

さくらインターネットの特徴

POINT

  • ・ホスティングサーバを中心にサービスを提供している日本最大手の老舗企業
  • ・ホスティング数は日本1位、世界では14位と高いシェア率を誇っている
  • ・フレックス・どこでもワーキングなどワークライフバランスが非常に良い

さくらインターネットへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的多い
  • ・エンジニア職で多くの求人募集をしている
  • ・高い専門スキルを持ち、自律して動ける人材を求めている

さくらインターネットの企業概要

会社名 さくらインターネット株式会社
日本所在地 大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪タワーA 35F
社長 田中 邦裕
設立 1999年8月17日
株式 上場(東証1部)
株主構成 双日(29.01%)
田中邦裕(15.06%)
鷲北賢(3%)

さくらインターネットの売上

さくらインターネットの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 17,033,374千円 19,501,463千円 21,908,899千円
経常利益 574,445千円 395,841千円 789,644千円

さくらインターネットの最新ニュース

さくらインターネットの事業内容

さくらインターネットは、データセンターの運営とインターネットのバックボーン構築、それらをもとにさまざまなサービスを提供している企業です。
日本最大規模の大容量・高速の通信回線を確保し、高度なセキュリティと設備環境を整え運営しており、24時間365日の運用体制でクライアントの重要データ保守に努めています。
提供する主なサービスとして、インターネット接続に必要なものを貸与する「ハウジングサービス」、サーバ設定が可能であり専用的に利用できる「専用サーバサービス」を提供しています。
そのほかにも、顧客が共同で利用できる「レンタルサーバサービス」や、仮想サーバを利用できる「VPS・クラウドサービス」なども提供しており、非常に多くの顧客から評価を得ている企業です。
さくらインターネットは、データ蓄積やデータ処理、それらに関連した付帯サービスなど、幅広いサービスを提供していることから、市場価値が向上、今後も継続的な拡大が見込まれています。
今後の展望としては、演算能力に特化したサービスやIoT分野へ取り組み、現在のクラウドサービスを越えるあたらなサービスの提供にチャレンジしていくことを表明しています。

さくらインターネットの募集要項

サーバ開発エンジニア

サービスの今後の成長に向けて、よりスピード感のある開発や、CI/CDの改善などを進めるポジションです。
サービスの操作を行うコントロールパネルやAPIなどのソフトウェアをはじめ、サービスの機能を実現するサーバ側の処理や各種情報を管理など、サービスの核となるシステムを手掛けます。

必須な経験・スキル

  • ・JSフレームワークを用いた開発経験
  • ・Webフレームワークを用いた開発経験
  • ・リレーショナルデータベース設計やO/Rマッピングによる実装経験

インフラエンジニア

45万以上のユーザーがいる「さくらのレンタルサーバ」などのインフラ面の設計や構築、サービスの信頼性を高めるための監視や運用など、サービスの基盤となるプラットフォームを作り上げる職種です。
具体的には、レンタルサーバ追加機能の企画や実装、セキュリティアップデートなどの維持管理、既存システムの機能追加や設計、開発、運用などを行います。

必須な経験・スキル

  • ・サーバやミドルウェアのオープンソースを用いた構築、運用経験
  • ・サーバやミドルウェアのシステムの状況に応じた適切なチューニング経験
  • ・構成管理ツールを利用した実践経験 など

運営企画

さくらインターネットの掲げるスローガンに基づいた、マーケティング活動を加速させるための企画立案を行います。
具体的には、クラウド事業に関わらず、IT牛階全般のあらゆるデータに目を向け、それらをベースに戦略立案や企画立案、エンドユーザーの創出、維持を目的としたイベントやセミナーを軸としたプロモーションの企画と実行などを行います。

必須な経験・スキル

  • ・プロモーションやブランディング、PR、イベント企画運営の実務経験
  • ・TV会議システムやチャットツールを活用したコミュニケーションによる業務経験
  • ・社内外のメンバー問わず、広範的なコミュニケーション能力

さくらインターネットの転職難易度

さくらインターネットの転職難易度は中程度です。
応募者は優秀な人材である傾向が強く、さくらインターネット側でも即戦力となるような人材を求めています。
一見転職難易度が高そうに感じますが、さくらインターネットは中途採用枠が多くあるため、一定以上の能力があれば採用される可能性があります。
とはいえ、有名企業で人気のある企業なため、しっかりと企業分析を行い、万全な準備をしてから面接に臨むようにしましょう。

さくらインターネットが転職者に求める人物像

さくらインターネットでは自ら考えて自律的に行動し、前向きにチャレンジし、チームと協力して目標達成できる人材を求めています。
また、チームと共に切磋琢磨し、仕事にやりがいと責任を持って成長していける人材も求めている傾向があります。
さくらインターネットでは、革新や価値、発展に注力していることから、上記のようなことが求められるのです。
面接では、これらをアピールできるエピソードを用意し、面接官に上手にアピールできるかどうかがポイントとなるでしょう。

さくらインターネットの転職までの流れ

さくらインターネットの選考フロー

エントリー

書類選考(SPI/適正診断)

一次~三次面接

想定選考官:人事・現場社員
想定内容:志望動機やキャリアプランなど、一般的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでにされた質問に加え、今までで苦労したことなどを質問されます。

内定

さくらインターネットの面接形式

面接は基本的に1対1で行われます。
面接回数は2~4回ですが、職種や転職者数によって異なります。
面接1回あたりの時間は1時間前後です。

さくらインターネットの面接内容

面接では志望動機やキャリアプラン、これまでの経験など、一般的な質問を受けます。
それ以外にも、「今までで苦労したこと」や「それらをどう乗り越えてきたか」など、困難にどう立ち向かって乗り越えたかを見られます。
また、チームワークを大切にできる人材かどうかも判断されるので、全体的に一貫性を持って回答できることが肝心です。
企業分析と共に自己分析もしっかりと行い、どんな質問をされてもはっきりと回答できるようにしておきましょう。

さくらインターネットで働いている方の評判・口コミ

エンジニア、在籍3~5年、男性
さまざまな経験を積むことができ、仕事を通じて勉強になることが多くあります。上司からのフォローも多く、新しいことにチャレンジできる機会はたくさんあるでしょう。また必要なスキルは自然に身に付くと思います。
システム・ソフトウェア関連、在籍5~7年、男性
入社初年度から有給休暇が20日付与され、比較的取得しやすいです。さらには、有給を連続で取得すると数千円の支給があります。また、住宅手当や通勤手当などがしっかりとあるので、福利厚生は充実していると思います。
マーケティング、在籍3~5年、女性
フレックスタイムや在宅勤務など、どこでも勤務できる制度があり充実しています。プライベートと仕事の両立が容易であり、自分の都合で働く場所を決めることもできます。家庭のことやプライベートを優先した働き方ができるので、どんな人にも嬉しいのではないでしょうか。
口コミの要約

さくらインターネットの口コミを見てみると、仕事上でさまざまな経験を積むことができて、チャレンジできる機会が多いことが伝わってきます。また、福利厚生や制度が充実していることから、男女関係なく働きやすい環境があるということが伺えます。

さくらインターネットの年収・給与

年収 551万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年2回
残業手当 有り
固定残業手当 20時間分
通勤手当 月25,000円まで
住宅手当 有り
福利厚生 有給休暇、バカンス休暇、記念日休暇、特別有給休暇、連続有休手当など

さくらインターネットでの転職者の出世難易度

さくらインターネットの出世難易度は比較的高いです。
在籍している社員は、全体的にレベルが高く、優秀な人材が多くいます。
その中から出世するということは簡単なことではありません。
しかし、評価は平等に行われているため、実績を残せば残すほど、評価してもらえます。
また、出世するためには、ほかの社員から信頼されているかどうかが重要なポイントの一つです。
出世を目指すなら、ほかの社員に信頼を得られるような実績を複数残すことで、出世への道は拓けるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 400万円
30代前半 なし 600万円
30代中盤 マネージャー 700万円
30代後半 なし 600万円
40代前半 部長 1,200万円
40代後半 部長 1,200万円
50代前半 本部長 1,700万円

さくらインターネットはどんな人が働いている?

さくらインターネットの従業員数

652名(連結)

さくらインターネットの平均年齢

37.3歳

さくらインターネットの平均勤続年数

6.0年

さくらインターネットの社風

さくらインターネットは、若手でも意見がいいやすい風通しの良い社風です。
また、企業としてチャレンジ精神を評価してくれる風土があり、やりたいことを相談すればチャレンジさせてもらえる環境も用意されています。
社員同士も比較的仲が良く、定期的にコミュニケーションを取っているので、上司や先輩への相談がしやすくなっています。
さらには、ワークライフバランスが非常に良く、プライベートを充実させたい方や家庭の事情がある方には、非常に働きやすい企業でしょう。

さくらインターネットのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 9:30~18:30
休日 土日祝日(週休二日制)
その他の休日・休暇 バカンス休暇、記念日休暇、特別有給休暇、永年勤続休暇など
平均残業時間 月7.8時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

さくらインターネットの社長

田中 邦裕

1978年生まれ、大阪府出身。
高専在学中に創業し、1999年にさくらインターネットを設立、社長就任。
2005年に当時4番目の若さで東証マザーズへの上場を果たす。
現在では、特定非営利活動法人日本データーセンター協会副理事長や、一般社団法人コンピューターソフトウェア協会副会長、さらには、一般社団法人日本インターネットプロバイダー協会常任理事などを兼任している。

さくらインターネット現職、OB/OGの有名人

小笠原 治

1971年生まれ、京都府出身。
京都市の建築設計事務所に入社。
1998年より、さくらインターネット株式会社の共同ファウンダーを経て、ネット系事業会社の代表を歴任。
株式会社nomadやDMM.make AKIBAなどを設立、2017年には京都造形芸術大学教授に就任。
現在では、経済産業省IoT推進ラボ審査委員やデータポータビリティに関する検討会委員、福岡市スタートアップ・サポーターズ理事などを兼任している。

さくらインターネットの転職に関わるQ&A


さくらインターネットのSPI適正検査の合格率はそれほど低くはありません。
しかし、高いレベルを求められる傾向があるため、事前に対策しておくことが大切です。
どんな問題を出題されても回答できるようにしっかりと準備しておきましょう。

「さぶりこ」とはSakura Business and Life Co-Creationの頭文字を取った、企業が「働きやすい」環境の提供を目指し、多様性の働き方を尊重するさまざまな取り組みのことです。
会社に縛られず広いキャリアを形成しながらプライベートも充実させ、その両方で得た知識や経験をもって共創へ繋げることを目標としています。
それによって、業務が早く片付いたら定時の30分前に退社できる「ショート30」や、副業やNPO、ボランティアなどのさまざまなキャリアに挑戦できる「パラレルキャリア」などがあります。

さくらインターネットへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

さくらインターネットの公式サイトにある採用情報ページから応募することができます。
採用情報ページには、求人情報をはじめ、採用担当者からのメッセージや、社員インタビューなどが掲載されています。
現在募集されている職種の募集条件やスキルなどが軽く記載されているため、「まずは求人の状況を簡単に知りたい」という人はチェックしておきましょう。
ただし、具体的な内容は記載されていないため、より具体的な内容が知りたい場合や、転職成功率を高めたい場合は、転職サイトや転職エージェントを活用するのがおすすめです。

同業他社も含めた求人情報から選ぶなら「転職サイト」

転職サイトを活用してさくらインターネットへ転職したいなら、掲載されている企業数がトップクラスであり、ハイクラス求人を豊富に扱っている「ビズリーチ」がおすすめです。
ビズリーチでは、自分の今の市場価値を把握することができ、また、自分に合ったキャリアアドバイザーを探すこともできます。

転職サイトを活用する主なメリットは3つです。
・求人案件数が非常に多い
・自分の好きなタイミングで転職活動できる
・応募~面接までのスピード感がある

豊富にある求人情報の中から自分に合ったポジションへ応募したい場合や、自分の好きなタイミングで転職活動をしたい場合は、転職サイトがおすすめです。
また、転職エージェントを活用する前に転職サイトを活用する方も多く、さくらインターネットの募集内容やスキルを知りたいという場合は、一度チェックしてみるのも良いでしょう。

ビズリーチではコンサルタントやSEなどの専門職求人が多数!

現在、ビズリーチに掲載されているさくらインターネットの求人はありませんが、同業他社の求人は多数掲載されています。

※画像はイメージです。

募集されているポジションの多くは、コンサルタントやSEなどの専門職が掲載されています。
ハイクラス求人を豊富に扱っているビズリーチなだけあり、掲示されている年収が比較的高く、また、ポジションによっては年収交渉が可能です。
また、ビズリーチは非公開求人を多く扱っている傾向があり、キャリアアドバイザーに相談することで紹介してもらえる可能性があります。
ただし、ビズリーチを含めた転職サイトから応募した場合は、自分と企業とのすり合わせが上手くいかないことも少なくありません。
その結果、スキルや経歴で落とされてしまうこともあるので、より確実な転職をしたいなら転職エージェントの活用がおすすめです。

より確実な転職をしたいなら「転職エージェント」

転職エージェントを活用してさくらインターネットへの転職を目指すなら、品質の良さに定評を得ている「JACリクルートメント」がおすすめです。
さくらインターネットは、知名度が高く人気のある企業なため、両面の転職エージェントを活用することで、円滑に転職活動ができるでしょう。

転職エージェントを活用するメリットは主に3つです。
・年収交渉や日程調整などを含めた幅広いサポートがある
・不安や疑問などを気軽に相談できる
・非常に多くの求人を持っている

年収交渉や日程調整、さらには模擬面接による指摘やアドバイスなどの幅広いサポートがあるため、初めての転職で不安がある方や、転職成功率を上げたい方は、転職エージェントの利用がおすすめです。

利用満足度90%以上!JACリクルートにはミドルクラス~ハイクラスの案件が多数掲載

JACリクルートメントは、基本的に企業名が伏せられていますが、主にミドルクラス~ハイクラス求人が豊富に掲載されています。


※画像はイメージです。

JACリクルート面とは、さまざまな業界を熟知している専門性に特化したキャリアコンサルタントが550名以上在籍しており、転職活動における手厚く幅広いサポートをしてくれます。
また、非公開求人を多く持っている傾向があるため、相談することで自分では見つけられないような求人も紹介してもらえるでしょう。
JACリクルートメントは、2017年の転職エージェント部門第1位を獲得しており、利用満足度は90%を超えているので、安心して転職活動が行える転職エージェントといえます。

あなたがさくらインターネットに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

DeNAの転職情報まとめ。難易度や年収を徹底調査

  ▼下記は、DeNAに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからDeNAに転職してくるのか ・転職先:DeNAからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

アマゾン(Amazon)への転職!評判や転職のポイントを解説

  ▼下記は、アマゾンジャパンに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアマゾンジャパンに転職してくるのか ・転職先:アマゾンジャパンからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来...

リンクトインへ転職する方法。評判や年収などについて調査

  ▼下記は、リンクトインに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからリンクトインに転職してくるのか ・転職先:リンクトインからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

ヤフーの転職情報まとめ。評判や難易度などを調査してみました

  ▼下記は、ヤフーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからヤフーに転職してくるのか ・転職先:ヤフーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

Mobility Technologiesの転職情報!気になる年収や評判をご紹介

Mobility Technologiesは、日本最大のグループ売上高を誇るタクシー・ハイヤー会社「日本交通株式会社」の関連会社です。 以前は「JapanTaxi株式会社」という社名でしたが、2020年4月から「株式会社Mobil...

グリー(GREE)へ転職するべき?難易度や年収などをご紹介

▼下記は、グリーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからグリーに転職してくるのか ・転職先:グリーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

クックパッドへの転職について。年収や働き方などを解説

  ▼下記は、クックパッドに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからクックパッドに転職してくるのか ・転職先:クックパッドからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

freee(フリー)への転職。転職難易度や評判などを解説

  ▼下記は、freeeに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからfreeeに転職してくるのか ・転職先:freeeからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

Facebook Japanへの転職。評判や難易度などを解説

  ▼下記は、Facebook Japanに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからFacebook Japanに転職してくるのか ・転職先:Facebook Japanからどこへ転職するのか...

はてなへの転職は難しい?難易度や社風について調査

  ▼下記は、はてなに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからはてなに転職してくるのか ・転職先:はてなからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

TOP