WEB・アプリサービス

ソースネクストへ転職。年収やキャリアステップなどを解説

▼下記は、ソースネクストに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからソースネクストに転職してくるのか
・転職先:ソースネクストからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

ソースネクストの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学卒業など幅広く、中には海外大学出身者も在籍しています。

職歴

ソースネクスト在籍者の主な職歴は、富士通日立製作所などの大手メーカー、ITソフトウェアベンチャー企業などが挙げられます。

退職後の主な転職先

ソースネクストからの転職先として、グリーDMMUUUMDeNAなどのIT系メガベンチャーへ転職しています。

ソースネクストは、日本のPCソフトやスマートフォンアプリ、ハードウェアの開発と販売を行っている企業です。
Windows用の加速ユーティリティソフト「驚速」やタイピング習得ソフト「特打」、セキュリティソフト「ZERO」、ハガキ作成ソフト「筆王」や「筆まめ」など、さまざまな分野のソフトを提供しています。
その中でもハガキ作成ソフトは、市場占有率70%以上を獲得しており、非常に多くのユーザーに活用されています。
1996年設立、東京都港区に本社を構え、142名の社員が在籍しています。
ソースネクストでは、製品企画やクリエイターといった専門職ポジションで、高い専門性を持ち、大胆なチャレンジができるような人材を求めています。

初めての転職でソースネクストを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

ソースネクストの年収や口コミも大切だけど、先にどんな求人があるのか知りたい!という方はまず、ビズリーチなどの転職サイトで求人情報をチェックしてみましょう。
ビズリーチには、ハイクラス求人が豊富に掲載されているため、転職先がまだ定まっていない方は、ここで一度比較することをおすすめします。
転職エージェントを活用する場合でも、情報収集として事前に転職サイトをチェックしておくことで、転職活動をスムーズに進められるようになるでしょう。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • ソースネクストの企業概要
  • ソースネクストの転職ポイント
  • ソースネクストの社風や企業文化

ソースネクストに転職するポイント

ソースネクストの特徴

POINT

  • ・PCソフトやスマホアプリ、ハードウェアなどを開発・販売している企業
  • ・ハガキ作成ソフトの市場占有率は70%以上
  • ・充実した福利厚生により、働きやすい環境がある

ソースネクストへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的多い
  • ・製品開発やWebクリエイターなどの専門職にて求人募集
  • ・非常に高い専門性を持ち、大胆なチャレンジができる人材を求めている

ソースネクストの企業概要

会社名 ソースネクスト株式会社
本社所在地 東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター33階
社長 松田 憲幸
設立 1996年8月2日
株式 上場(東証1部)
株主構成 松田憲幸(26.17%)
ヨドバシカメラ(10.59%)
日本トラスティサービス信託銀行(4.73%)

ソースネクストの売上

ソースネクストの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 9,494,658千円 14,710,520千円 17,282,086千円
経常利益 1,258,729千円 905,628千円 537,598千円

ソースネクストの最新ニュース

ソースネクストの事業内容

ソースネクストは、「世界一エキサイティングな企業」を目指し、PCソフトウェアやスマートフォンアプリ、ハードウェアなどの開発・販売を行っている企業です。
「次の常識を作る」という社名の由来通り、さまざまな常識への挑戦と変革を起こしてきました。
PCソフトウェア「驚速」や「特打」をはじめ、さまざまなPCソフトウェアを提供し、その中でも「いきなりPDF」は、16年連続でシェア率1位を獲得しています。
スマートフォンの普及に伴い、PCソフトウェア開発のノウハウを活用し、アプリを開発、100本のさまざまな種類のアプリが使い放題になる「アプリ超ホーダイ」のサービスを開始、そのほかにも使い放題のサービスを提供しています。
さらには、ハードウェア製品「POCKETALK(ポケトーク)」を発売し、言葉が通じなくても対話できるという夢のAI通訳機を提供、IoT分野でも新たな常識を作り出している企業です。
その結果、1,500万人の利用者がおり、ANAやイオン、資生堂などのさまざまな企業の導入実績を誇っています。
今後もサービスの向上と新しいサービスの開発に注力し、利用者がより安心して利用できることを目指しています。

ソースネクストの募集要項

製品開発

「POCKETALK」など、IoT製品を中心に開発ディレクションを担当するポジションです。
具体的には、開発案件の要件定義や仕様書作成、詳細仕様打ち合わせに関するオペレーションなどを行います。
それ以外にも、プロジェクト管理やテスティング管理なども行うため、さまざまな業務を経験することができるでしょう。

必須な経験・スキル

  • ・ソフトウェアやアプリケーションの開発経験
  • ・プロジェクトマネジメント経験

Webクリエイター

自社ECサイトのサイトコーディングやサイトコンセプト策定などを行うポジションです。
具体的には、「SOURCENEXTeSHOP」の更なるユーザー数増加や売上拡大を行い、製品ページを中心に業務を担当します。
サイトコーディングやサイトデザイン、サイトの企画~運営、Web開発など、スキルに応じて携わる業務が異なります。

必須な経験・スキル

  • ・ECサイトのディレクション経験
  • ・Webショップのシステム要件定義の経験
  • ・サイトデザインやサイトコーディングの経験

製品プランナー

IoT製品やソフトウェア製品のプランナーを担当するポジションです。
具体的な業務内容としては、企画会議起案や取引先契約、関係部署との調整業務などを行います。
また、営業用資料作成や製品ページ原稿作成といった製品情報管理なども行います。
製品担当者として利益責任を持ち、製品化までのフローを進めるため、責任とやりがいを感じることができるでしょう。

必須な経験・スキル

  • ・製品企画経験
  • ・語学力

ソースネクストの転職難易度

ソースネクストの転職難易度は中程度です。
ソースネクストは知名度が高く、人気の企業です。
そのため、応募者が多くなることが予測できます。
しかし、中途採用枠は比較的多くあるため、狭き門というわけではありません。
一定以上のスキルや経験があれば、採用してもらえる可能性は十分あるでしょう。

ソースネクストが転職者に求める人物像

ソースネクストでは、変革を加速していけるような大胆なチャレンジができる人材を求めています。
また、技術や市場のニーズを理解し、常日頃から考えられるような人材も求めている傾向があります。
ソースネクストは、世界一エキサイティングな企業を目指しているため、こういった能力が必要になってくるのです。
面接では、これらをアピールできるエピソードをいくつか用意し、面接官を関心させられるかどうかがポイントです。

ソースネクストの転職までの流れ

ソースネクストの選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接

想定選考官:マネージャー・人事担当
想定内容:志望動機や前職の退職理由など、定型的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員・社長
想定内容:これまでの質問に加え、ストレス耐性や柔軟性があるかどうかを判断されます。

内定

ソースネクストの面接形式

面接は基本的に1対1で行われます。
面接回数は2~3回ですが、応募人数や職種によって異なります。
1回あたりの時間は1時間前後です。

ソースネクストの面接内容

面接は、「志望動機」や「前職の退職理由」といった定型的な質問から進みます。
また、「今後のキャリアビジョン」や「将来どんな人物になりたいか」など、将来設計に関する質問をされることがあります。
それ以外にも、「何か質問はあるか」を繰り返し聞かれる場合があるので、企業研究はしっかりと行っておくことが大切です。
面接の雰囲気は、比較的和やかですが、面接官によっては圧迫面接のようなときもあります。
ただし、この圧迫面接では、ストレス耐性や柔軟性を判断している場合が多いので、自分らしく回答することがポイントといえるでしょう。

ソースネクストで働いている方の評判・口コミ

デザイナー、在籍5~7年、男性
非常に幅広く業務に携わることができます。社員同士でアイデアを出し合い、クオリティに妥協しない姿勢があるため、やりがいを感じることができると思います。また、早い段階で仕事を任せてもらえるため、それらをこなせるようになれば自分のペースで業務を進めることも可能です。
商品企画、在籍3~5年、女性
若手社員でも比較的大きな仕事を任せてもらえるので、どんどんスキルアップすることができます。事務や経理など、非常に多くのことが経験できるので、自分自身の成長にも繋がり、成長意欲がある人にとって良い環境があると思います。
法人営業、在籍3~5年、女性
女性でも全く差別されることなく、能力に応じた業務に携わることができます。人によっては出世することも可能です。また、セクハラやパワハラ対策講義を社員全員が受けているので、そういった面の心配はなく、安心して働くことができるでしょう。
口コミの要約

ソースネクストの口コミを見てみると、幅広い業務に携わることができ、どんどんスキルアップできるという環境があることが伺えます。また、女性にとっても働きやすい環境があるということも伝わってきます。一方でネガティブな口コミで多かったのは、「残業時間が長い」や「ワークライフバランスが悪い」などです。

ソースネクストの年収・給与

年収 739万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年2回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 各種社会保険完備、看護休業、慶弔金、社員持株会制度など

ソースネクストでの転職者の出世難易度

ソースネクストの出世難易度は中程度です。
優秀な人材が多く在籍しており、それぞれ実績を残しているため、一見出世しづらそうに感じますが、評価は差別なく平等に行われます。
年齢や性別などは一切関係なく、実力があればどんどん等級を上げていくことが可能で、年に2回の査定もあるので、実力のある人にとってはステップアップを早める後押しとなるでしょう。
また、実力に加え、積極性を兼ね備えていると尚良いです。
出世を目指すなら、これらに注力して実績を残し続けることが肝心といえます。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 600万円
30代中盤 マネージャー 900万円
30代後半 なし 700万円
40代前半 マネージャー 900万円
40代後半 なし 900万円
50代前半 なし 900万円

ソースネクストはどんな人が働いている?

ソースネクストの従業員数

121名(単体)
142名(連結)

ソースネクストの平均年齢

36.3歳

ソースネクストの平均勤続年数

7.2年

ソースネクストの社風

ソースネクストは、積極的に挑戦することを重んじる社風です。
積極的な人も好む傾向があり、難易度の高い業務でもどんどん任せてもらえます。
また、外資系企業のような能力成果主義な傾向があるため、実力があればどんどん等級が上がっていくという風土があります。
バリバリ働いて出世したいという方には、向いている企業といえるでしょう。
その反面、常に自分に何ができるかを考えながら行動できる方でなければ、働くことは難しい企業といえます。

ソースネクストのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 9:00~18:20
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 夏季休暇、年末年始休暇、特別・慶弔休暇、有給休暇など
平均残業時間 月40〜45時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

ソースネクストの社長

松田 憲幸

1965年生まれ、兵庫県出身。
大阪府立大学工学部数理工学科卒業後、日本IBMに入社し、システムエンジニアとして従事。
1993年にシステムコンサルタントとして独立を果たし、トリプル・エーを設立、代表取締役社長に就任。
1996年にソース(現:ソースネクスト)を創業、代表取締役社長に就任。
その後も、SOURCENEXTInc .の設立やロゼッタストーン・ジャパンの代表取締役社長を兼任、さらには新経済連盟理事も務めている。

ソースネクスト現職、OB/OGの有名人

小嶋 智彰

1977年生まれ。
2001年にソースネクスト入社。
執行役員や常務取締役を歴任し、2012年に取締役に就任。
さらには、2017年に株式会社筆まめ(現:EUS株式会社)の取締役に就任。
そのほかにも、Sourcenext B.V.Managing DirectorやSourcenext B.V.CEOも兼任している。

ソースネクストの転職に関わるQ&A


ソースネクストは残業時間が比較的長く、1日の労働時間が平均10時間となっています。
しかし、遅くても21時には退社するようになっており、限度はしっかりと設けられています。
また、土日祝日はしっかりと休むことができ、万が一休日出勤になった場合は、代休の取得が可能です。
業務量は少なくなく大変ですが、激務で大変ということはないので、安心してください。

結論からいうと、ソースネクストに学歴フィルターはないでしょう。
優秀な学歴を持っている社員も在籍していますが、最初は学歴で判断するということはなく、あくまでスキルや経験で判断される傾向があります。
学歴は全くの無関係ということもありませんが、自身の学歴に自身がなくてソースネクストを諦めるということは、必要なないといえます。

ソースネクストへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

公式サイトにある採用情報ページから応募することができます。
採用情報ページには、社員インタビューや待遇面などが掲載されているので、企業研究に役立てることができるでしょう。
ただし、求人情報の確認はできず、書類選考が通った場合のみ、企業側から自分に合ったポジションのオファーがくるという形式になっています。
自分から求人に応募したい場合や、一般公開されていない非公開求人に応募したい場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富な求人から希望ポジションを探すなら「転職サイト」

転職サイトを活用してソースネクストへの転職を考えているなら、豊富な求人情報が掲載されており、ハイクラス求人を多く扱っている「ビズリーチ」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つ。
・求人情報が豊富に掲載されている
・自分のペースで気軽に転職活動が進められる
・気になる求人があればすぐに応募できる

豊富にある求人情報の中から、希望ポジションを探したい場合や、時間をかけずに転職したいという場合は、転職サイトがおすすめです。
また、転職エージェントの活用を考えている場合でも、下調べとして転職サイトを利用する方も少なくなく、事前にチェックしておくことで、ソースネクストの求人情報や求められている経験やスキルを知ることができます。

ビズリーチでは年収相談可能の求人を多数掲載!

ビズリーチに掲載されている求人を見てみると、デザイナーやプランナーの求人が掲載されています。

※画像はイメージです。時期によって掲載内容が異なります。

ハイクラス求人を扱っているビズリーチなだけあり、年収が高く、求人によっては年収交渉が可能となっています。
また、ビズリーチでは非公開求人を多く持っている傾向があるため、キャリアアドバイザーに相談することで非公開求人を紹介してもらうことも可能です。
ただし、ビズリーチを含めた転職サイトから応募した場合、自身と企業側との希望条件のとのすり合わせが上手くいかず、スキルや経験で面接を落とされてしまうことも少なくありません。
より確実な転職を目指すなら、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職成功率を上げて、多角的なサポートを受けるなら「転職エージェント」

転職エージェント活用してソースネクストへの転職を考えているなら、転職支援実績を多く持っている「JACリクルートメント」と、クリエイティブ系に特化している「マイナビクリエイター」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは大きく3つ。
・キャリア相談や年収交渉などの多角的なサポート
・本人と企業側の条件をすり合わせてくれる
・非公開求人が比較的多い

キャリア相談や年収交渉といった多角的なサポートを受けながら転職活動をすることができるので、確実な転職をしたい場合や、初めての転職で不安な場合は、転職エージェントの活用がおすすめです。
ただし、転職サイトに比べると、どうしても時間がかかってしまうので、あらかじめ理解しておきましょう。

JACリクルートメントでは年収1,200万円超えポジションが多数掲載!

JACリクルートメントは基本的に企業名が伏せられている案件が多いですが、ミドル~ハイクラス求人を豊富に掲載されています。

※画像はイメージです。時期によって掲載内容が異なります。

JACリクルートメントは、さまざまな企業を熟知しており、専門性に卓越したキャリアコンサルタントが650名ほど在籍しています。
転職支援実績が43万人以上であり、利用者満足度は90%超えている転職エージェントなので、確実な転職活動を目指すなら、おすすめの転職エージェントといえるでしょう。

デザイナーなどのクリエイティブ職へ転職するならマイナビクリエイター

ソースネクストへの転職で、デザイナーなどのクリエイティブ職への転職を目指すなら、クリエイティブ系に特化している「マイナビクリエイター」がおすすめです。

※画像はイメージです。時期によって掲載内容が異なります。

マイナビクリエイターでは、クリエイティブ職に特化した転職エージェントなため、自分のキャリアやスキル、経験など、専門性のある相談をすることが可能です。
また、クリエイティブ職のキャリアプランについてなど、通常の転職エージェントよりも深く会話ができるので、安心して転職活動を進めることができるでしょう。

あなたがソースネクストに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

FiNC Technologiesに転職するには?面接や福利厚生などを調査

  ▼下記は、FiNC Technologiesに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからFiNC Technologiesに転職してくるのか ・転職先:FiNC Technologiesから...

ゼンリンの転職情報を解説!難易度や口コミなどをご紹介!

▼下記は、ゼンリンに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからゼンリンに転職してくるのか ・転職先:ゼンリンからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン...

ソネット・メディア・ネットワークスの転職はおすすめ?転職難易度や年収などを調査!

  ▼下記は、ソネット・メディア・ネットワークスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからソネット・メディア・ネットワークスに転職してくるのか ・転職先:ソネット・メディア・ネットワークスから...

コロプラへの転職難易度は?口コミや年収などを解説

  ▼下記は、コロプラに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからコロプラに転職してくるのか ・転職先:コロプラからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

エムスリーへ転職するべき?福利厚生や難易度について調査

  ▼下記は、エムスリーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからエムスリーに転職してくるのか ・転職先:エムスリーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

Chatworkへの転職情報。採用傾向や口コミまとめ

▼下記は、Chatworkに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからChatworkに転職してくるのか ・転職先:Chatworkからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目...

DeNAの転職情報まとめ。難易度や年収を徹底調査

  ▼下記は、DeNAに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからDeNAに転職してくるのか ・転職先:DeNAからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

ベクトルへの転職は難しい?年収や激務の噂についてを徹底調査

  ▼下記は、ベクトルに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからベクトルに転職してくるのか ・転職先:ベクトルからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

クラウド系企業の一覧とおすすめの転職サイト・転職エージェントを紹介

クラウドとは クラウドサービスや、クラウドファウンディング…近年よく聞かれるようになったクラウドという言葉。生活の中であたり前に触れている方も多いでしょう。しかし、クラウドってそもそも何?と言われると曖昧な方も多いのではないでしょ...

メルカリの転職難易度は?年収や口コミを徹底リサーチ

  ▼下記は、メルカリに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからメルカリに転職してくるのか ・転職先:メルカリからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

TOP