メーカー

シチズン時計の転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

シチズン時計転職者の主なキャリアステップ

シチズン時計の主な転職元・転職先

学歴主な学歴は、大学卒業や大学院卒業などが在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

前職シチズン時計在籍者は、ほとんどがプロパー社員ですが、パイオニアやカシオ計算機などのメーカーからの転職者も少数挙げられます。

次の転職先シチズン時計からの転職事例はそれほど多くありませんが、コンタクトやカメラレンズなど精密工学製品メーカーのほか、WEB系事業会社生保、ソフトウェア、コンサルファームなどへ転職しています。

シチズン時計は、精密機器や電子機器の製造を行っており、シチズングループの中核を担っている企業です。
主力として、時計ブランド「CITIZEN」を提供していますが、工作分野においてもスイス式自動旋盤を中心とした「シンコム」を展開しています。
創業以来、アナログ式太陽電池時計や他局受信型アナログ多針式タイプ電波時計の開発など、さまざまな技術開発を行っており、一人でも多くの方により良い時計を身に付けてもらえるよう未来へのチャレンジを続けている企業です。
そんなシチズン時計では、営業やマーケターなどのポジションで、向上心が強く、先頭に立って積極的に行動できる人材を求めています。

シチズン時計への転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・シチズン時計の口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、シチズン時計の最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • シチズン時計の企業概要
  • シチズン時計の転職ポイント
  • シチズン時計の社風や企業文化

シチズン時計に転職するポイント

シチズン時計の特徴

POINT

  • ・精密機器や電子機器の製造を行い、グループの中核を担うメーカー
  • ・時計ブランド「CITIZEN」を中心に、さまざまな製品を展開
  • ・日本国内のならず、グローバル展開にも積極的に取り組んでいる

シチズン時計へ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は非常に少ない
  • ・営業やマーケターなどで求人募集
  • ・向上心があり、先頭に立って行動できることが重要

シチズン時計の企業概要

会社名 シチズン時計株式会社
本社所在地 東京都西東京市田無町6-1-12
社長 佐藤 敏彦
設立 1930年5月28日
株式 上場(東証1部)
株主構成 日本カストディ銀行(18.37%)
日本マスタートラスト信託銀行(13.52%)
J.P.MORGANBANKLUXEMBOURGS.A.(4.09%)

シチズン時計の売上

シチズン時計の売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 321,652百万円 278,531百万円 206,641百万円
経常利益 26,602百万円 7,531百万円 -4,143百万円

シチズン時計の最新ニュース

シチズン時計の事業内容

シチズン時計は、精密機器や電子機器の製造を行っている総合時計メーカーです。
一人でも多くの方により良い時計を身に付けてもらえるように、未来への挑戦に積極的に吐露組んでいます。
シチズン時計は、主に4つの事業を展開していますが、そのなかでも下記の3事業を主軸に運営しています。

時計事業

シチズン時計のなかで主要となっている事業です。
主力製品として、身に付ける方の人生に永く寄り添う腕時計というコンセプトを持つ「CITIZEN」や、世界最薄1mmムーブメントの光発電時計「Eco-Drive One」の製造と提供をしています。
また、高品質と洗練されたデザインによって唯一の価値を創出する「EXCEED」や、かけがえのないときを生きるの女性のため「XC」の製造も行っており、多彩なニーズに合わせた製品を手掛けています。
今後も、新しい美しさと最先端技術を追求し、新しい価値を提供すべく、躍進していくことを目指している事業です。

工作機械事業

時計事業で培ったノウハウと技術を活用し、NC自動旋盤をはじめとしたNC工作機械の製造や外販を行っている事業です。
自動車や医療、IT業界向けの小径精密部品加工はもちろんのこと、建築業界向けの部品加工に役立つ工作機械を開発し、提供を行っています。
また、電子部品自動挿入や装着機、精密機械用組立ロボットといった産業用ロボットや、半導体製造関連機器、通信関連機器などの製造と販売も行っています。
今後の展望として、製品のラインナップの拡充とサービスの強化を図るとともに、付加価値の高いソリューションの提供も行うことを目標にしている事業です。

デバイス事業

時計事業で培った精密加工技術を応用し、社会を支える電子機器を手掛けている事業です。
主力として、スマートフォンやデジタルカメラなどにおいて重要な部品となる「水晶デバイス」や「表示デバイス」、液晶ハイパースキャン技術を活用した高性能STN「スーパーツイステッドネマティック」を提供しています。
また、電子体温計や電子血圧計、電動歯ブラシといった健康維持を支援する健康機器の商品展開にも注力しています。
今後の展望として、社会のニーズが高まっている照明用LEDを開発し、社会に貢献していくことを目指している事業です。

シチズン時計の募集要項

海外営業

完成時計の事業戦略立案や遂行、時計製品の企画と営業全般を担うポジションです。
具体的には、シチズンブランドの事業企画や海外拠点管理、ムーブメントをはじめとする時計部品の企画と営業を行います。
また、国内外向け事業方針の作成や進捗管理、各種知りよう作成、海外拠点サポートも行います。
適性や意欲次第では、海外駐在ジョブローテーションの可能性もあるため、キャリアアップが望める職種です。

必須な経験・スキル

  • ・海外営業経験や海外赴任経験
  • ・コンシューマー製品のマーケティングや営業経験
  • ・ビジネスレベルの英語力 など

Webマーケター

世界各国で販売される腕時計のデジタルマーケティングや宣伝業務を担うポジションです。
具体的には、コミュニケーションコンセプト開発やプロモーション企画の提案と実行、デジタルマーケティングと宣伝施策の企画立案や推進を行います。
また、新規メディアプランの策定やプロジェクト管理と推進、施策効果検証を行うなど、幅広い業務に携われる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・デジタルマーケティングの実務経験
  • ・データ分析などでサービス改善を実施した経験

シチズン時計の転職難易度

シチズン時計の天翔難易度は比較的高いです。
時計ブランドとして非常に知名度が高く、人気のある企業なため、応募者が多く集まる傾向があります。
また、中途採用によるキャリア募集も比較的少なく、そのため、どのポジションでも競争率が高くなるといえます。
シチズン時計への転職を目指すなら、ほかの応募者に負けない能力を持っていることが肝心です。

シチズン時計が転職者に求める人物像

シチズン時計では、強い向上心を持ち、先頭に立って積極的に行動できる人材を求めています。
また、常に問題意識をもって行動できる人材や、強い意志を持って最後までやり抜ける人材も求めている傾向があります。
シチズン時計は、常に未来を見据え、未来に対して積極的に挑戦しているため、このような能力が必須です。
面接では、これらをアピールできるエピソードを複数用意し、面接官を感心させられるようにしましょう。

シチズン時計の転職までの流れ

シチズン時計の選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接・適性検査

想定選考官:部長・課長
想定内容:志望動機や前職までの経験など、定型的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:部門長・役員
想定内容:これまでの質問に加え、人柄を判断するような質問をされます。

内定

シチズン時計の面接形式

面接は応募者が1人に対し、面接官が複数人で行われます。
面接回数は基本的に2~3回ですが、職種によって異なります。
1回あたりの時間は1時間前後です。

シチズン時計の面接内容

シチズン時計の面接は、志望動機や前職までの経験など、定型的な質問から進みます。
そのほかにも、「趣味や特技は?」や「ストレスの発散法は?」といった人柄を判断するような質問をされる傾向があります。
これといった変わった質問をされることはありませんが、こちらの回答に対して深堀してくることもあるので、自己分析を細かいところまで行い、どんな質問にもしっかりと回答できることが重要です。
面接の雰囲気は、比較的和やかであり、圧迫面接はほぼありません。
変に緊張せず、リラックスして面接に臨むと良いでしょう。

シチズン時計で働いている方の評判・口コミ

商品企画、在籍7~10年、女性
比較的少人数で業務を遂行するため、若手でも意見しやすく、手を挙げることで任せてもらえる雰囲気があります。また、海外拠点とのやり取りも多くあるため、自然と英語力が身に付くでしょう。
生産技術、在籍7~10年、男性
社内研修が比較的多く、学べる環境は多くあると感じます。また、失敗に対して寛容であり、会社全体でフォローをしてもらえるので、失敗を恐れずに積極的にチャレンジできる環境があるといえます。
ルートセールス、在籍3~5年、男性
年間休日が多く、残業もそれほどないため、ワークライフバランスは確保しやすいです。有給休暇も取得しやすく、業務が溜まっていなければ問題なく取得できます。趣味や自分の時間を大切にしたいという方には、非常に嬉しい環境だと思います。

口コミの要約シチズン時計の口コミを見てみると、手を挙げることで大きな仕事にも携われるということが伝わってきます。また、休日が多く、残業もそれほど多くはないため、ワークライフバランスが良いというということが伺えます。

シチズン時計の年収・給与

年収 594万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り(全額支給)
住宅手当 記載なし
福利厚生 社員持株会制度、財形貯蓄制度、プチカフェテリアプランなど

シチズン時計での転職者の出世難易度

シチズン時計の出世難易度は中程度です。
優秀な社員が多く在籍しており、それぞれ実績を残しています。
そのようななかから自身が出世するというのは簡単ではありませんが、仕事に対する評価は平等な傾向があります。
そのため、新卒社員や中途社員など関係なく正当な評価を得ることができ、努力してより多くの実績を残すことで、出世できる可能性が高まるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 400万円
30代前半 なし 500万円
30代中盤 なし 600万円
30代後半 なし 700万円
40代前半 課長 800万円
40代後半 課長 800万円
50代前半 課長 900万円

シチズン時計はどんな人が働いている?

シチズン時計の従業員数

866名(単独)
17,044名(連結)

シチズン時計の平均年齢

43.8歳

シチズン時計の平均勤続年数

17.1年

シチズン時計の社風

シチズン時計はのんびりとした雰囲気があり、穏やかな社風です。
在籍している社員は、全体的に穏やかで温厚な方が多く、人に対して優しい社員が多くいます。
そのため、分からないことなどの相談はしやすい雰囲気があり、気軽に相談することが可能です。
また、仕事に対して堅実であり、真剣に取り組むという風土もあるため、きっちり最後までやり抜くというスタンスが浸透しています。
穏やかな雰囲気のなかで、真剣に業務に取り組みながらキャリアアップしたいと考える方には、向いている企業といえるでしょう。

シチズン時計のワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~17:45
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 GW休暇、夏季休暇、年末年始休暇、介護休暇など
平均残業時間 月20時間以下
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

シチズン時計の社長

佐藤 敏彦

1955年生まれ、北海道出身。
北海道大学工学部卒業後、シチズン時計株式会社に入社。
2009年に開発部長に就任。
2012年にシチズンファインテックミヨタ株式会社(現・シチズンファインデバイス株式会社)の代表取締役社長に就任。
その後もシチズン時計株式会社の取締役や生産統括、製品開発事業部長などを歴任し、2019年に代表取締役社長に就任。

シチズン時計現職、OB/OGの有名人

戸倉 敏夫

1949年生まれ、東京都出身。
早稲田大学教育学部卒業後、シチズン商事株式会社に入社。
2002年に取締役に就任。
2年後にシチズン時計株式会社の執行役員に就任。
その後も常務取締役や専務取締役、常務取締役などを歴任し、2012年に代表取締役社長に就任。
2019年から1年間のみ取締役会長を務めた。
世界の時計市場で高いシェアと収益力を誇るスイス企業と互角に勝負するべく、国内市場依存型のビジネスモデルからの脱却を目指し、事業推進した人物。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声が分からない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

シチズン時計の転職に関わるQ&A


シチズン時計の強みとして、製造工場や設備、ノウハウが世界トップクラスであり、圧倒的なブランド力があるということが挙げられます。
また、国内外ともに多くの支社と市場を持っていることも大きな強みの一つです。

比較的多くの女性社員が在籍しており、産休や育休を取得している方も大勢います。
また、仕事に対する評価には男女差別がないため、女性でも出世を目指すことが可能です。
そのため、男性だけでなく、女性社員にも働きやすい環境があるといえるでしょう。

シチズン時計へ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

シチズン時計の公式HPにある採用情報ページからエントリーできます。
採用情報ページには、企業メッセージや企業プロフィールなどが掲載されているため、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、シチズン時計では、キャリア登録を行ったうえでマッチしているポジションがあれば、企業側からオファーするという方式を採用しているため、募集要項を確認することができません。
自分で募集要項を確認してから応募したい方や公式HPに載っていないような求人に応募してみたい方は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、シチズン時計の最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

競合他社の募集要項も見比べたいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してシチズン時計に転職するなら、競合他社の募集要項も一緒に見比べられる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空き時間を活用できる手軽さ
  • ・求人件数の豊富さ
  • ・求人確認から応募までのスピード感

転職サイトは、空き時間を活用して転職活動を行える手軽さがあるため、忙しい方でも比較的転職しやすいでしょう。
また、求人件数が豊富なため、自分の希望するポジションを見つけやすいという特徴があります。
できるだけ早く転職したい方や希望ポジションを見つけたい方は、転職サイトの活用がおすすすめです。

競合他社を比較するなら「iX転職」

iX転職には、メーカー企業をはじめとした企業の募集要項もまとめて確認できます。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールのメーカー業界は、800万円~1,200万円が平均年収となっており、ほかの転職サイトと比べると比較的高くなっています。
また、iX転職は非公開求人を多く保有している転職サイトとしても有名であり、ヘッドハンターに相談することで、自分のスキルや経験に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
「時計を製造している企業はどれほどあるのか」や「競合他社では募集要項はどのように変わるのか」などが知りたい方は、iX転職に登録してスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

イトーキへの転職は難しい?面接の傾向や対策、口コミなどを解説

イトーキ転職者の主なキャリアステップ 前職 TOTO、リコー、積水ハウスなどの各種メーカー 双日などの商社 監査法人 新聞社 株式会社イトーキに転職 ...

良品計画への転職はおすすめ?気になる年収や評判を調査

良品計画転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員中心 株式会社良品計画に転職 次の転職先 衣料品メーカー 小売業 良品計画の主な転...

JTの転職難易度は?将来性や面接対策について解説。

JT転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 日本たばこ産業株式会社に転職 次の転職先 web系事業会社 メーカー JTの主な転職...

信和への転職。年収や難易度、キャリアステップなどを解説

信和転職者の主なキャリアステップ ...

ダイフクの転職難易度は?求める人物像や働く環境について解説

ダイフク転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員が多いが、鹿島建設などのゼネコン 三菱重工などの重工系 ダイフク株式会社に転職 次の転職先 本田...

DHCへの転職。難易度や社風などを徹底解説!

DHC転職者の主なキャリアステップ 前職 ファイブフォックス、東京スタイル、オンワード樫山などのアパレルメーカー 伊藤園、ダイショーなどの飲料・食料品メーカー 株式会社DHCに転職...

資生堂への転職はおすすめ?転職難易度や仕事内容についてご紹介

資生堂転職者の主なキャリアステップ 前職 ほとんどがプロパー 少数だが代理店や同業他社 株式会社資生堂に転職 ...

スバル(SUBARU)への転職。面接ポイントや評判をご紹介

スバル転職者の主なキャリアステップ 前職 本田技研、日産自動車、マツダなどの自動車メーカー フォルシア、タムラ製作所などの電子部品メーカーがあげられる。 スバル株式会社に転職 ...

ライフドリンクカンパニーへの転職。将来性や年収などを徹底解説

ライフドリンクカンパニー転職者の主なキャリアステップ ...

ハウス食品グループへの転職。面接の内容や社員の口コミをご紹介

ハウス食品転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 ハウス食品グループ本社株式会社に転職 次の転職先 カルビー、キリンなどの食料・飲料メーカー ...

TOP