メーカー

ヤマハへの転職は難しい?口コミや転職難易度などを調査

▼下記は、ヤマハに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからヤマハに転職してくるのか
・転職先:ヤマハからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

ヤマハの主な転職元・転職先

学歴

ヤマハ在籍者の学歴として、大学・大学院卒などが在籍しており、国立・私立ともに高学歴者が多い傾向があります。

職歴

ヤマハ在籍者の職歴に関しては、新卒からのプロパー社員が多いですが、ソフトウェアメーカー通信会社、IT系企業などが挙げられます。

退職後の主な転職先

ヤマハからの転職者自体はそれほど多くはありませんが、自動車部品メーカーおよび楽器メーカーに転職しています。

ヤマハ株式会社は、1887年(明治20年)に創業された、楽器や音響機器などの製造・販売を手がける日本のメーカーで、スポーツ用品や自動車部品、ネットワーク機器も取り扱っています。
楽器に関しては、日本の楽器市場をほとんど占めており、グローバル楽器市場においてもトップシェアを誇っており、電子ピアノなどでは世界の役半分のシェアを占めています。
静岡県浜松市に本社を構え、単独で2,422名、連結では20,223名の従業員を抱えています。
転職に関しては、ブランド力に加え、高いレベルでのスキル・経験・実績が求められるため、転職難易度は高いといえます。

初めての転職でヤマハを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

ヤマハの口コミや転職難易度も気になるけど、先にどんな求人あるのか知りたいという方は、まずはビズリーチなどの転職サイトで求人情報に目を通してみましょう。
ビズリーチにはハイクラス求人をメインに掲載されており、希望する転職先やポジションがまだ決まっていない場合は、ここで一度比較することをおすすめします。
転職エージェントを利用する際にも、事前の情報収集としてビズリーチをチェックしておくと、転職活動をよりスムーズに進めることができるでしょう。
ビズリーチでは、ヤマハ株式会社でも募集される楽器や音関係の企画や設計、開発などのポジションが掲載されています。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • ヤマハの企業概要
  • ヤマハの転職ポイント
  • ヤマハの社風や企業文化

ヤマハに転職するポイント

ヤマハの特徴

POINT

  • ・グローバル楽器市場でトップシェアを誇る
  • ・アコースティックとエレクトロニクスの高い技術力
  • ・売上の半分以上が楽器事業で国内の楽器市場をほぼ独占している

ヤマハへ転職するポイント

POINT

  • ・専門職での募集が大半を占めている
  • ・グローバルに事業展開を行っているため英語力が求められる
  • ・経験、スキル、実績共に高いレベルで求められる

ヤマハの企業概要

会社名 ヤマハ株式会社
本社所在地 静岡県浜松市中区中沢町10番1号
社長 中田 卓也
設立 1897年10月12日
株式 東証1部
株主構成(2020年3月31日現在) 日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)(16.16%)
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)(6.87%)
ヤマハ発動機株式会社(5.87%)

ヤマハの売上


ヤマハの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 432,967百万円 437,416百万円 414,227百万円
経常利益 49,233百万円 58,423百万円 47,225百万円

ヤマハの最新ニュース

ヤマハの事業内容

ヤマハでは、主要中核事業である楽器の製造・販売を行う楽器事業をはじめ、音や音楽に加えネットワーク・情報技術を融合させた音響機器事業を展開しています。
また、部品・装置事業では、長年培ってきた音楽に関わる技術を元に、産業用施設機器や自動車用内装部品の提供も行っています。

音楽事業

音楽事業はヤマハの主力事業であり、事業内容は

  • ・楽器の製造、販売
  • ・音楽教室などの運営
  • ・音楽や映像ソフトの制作、販売

など音楽領域において幅広く展開しています。
長年にわたって蓄積された音楽に関連する多くの技術を活用し、ピアノや管弦打楽器などのアコースティック楽器やエレクトロニクス技術を活用した電子楽器の提供を行っています。
また、双方の技術を取り入れたハイブリッド商品なども展開しており、最近ではAIや感性工学・シミュレーション技術を用いた新しい領域への挑戦も行っているのが特徴です。

音響機器事業

音響機器事業は、楽器事業に次ぐ中核事業で

  • ・業務用音響機器(PA機器)
  • ・コンシューマ向けオーディオ機器(AV機器)
  • ・ネットワーク機器や音声コミュニケーション機器などの情報通信機器(ICT機器)
  • ・各種クラウドサービス

などのサービス・商品を提供しています。
ヤマハの培ってきた音や音楽に関わる技術に加え、ネットワーク・情報技術を活かし、成長事業領域として位置づけられています。

部品・装置事業

楽器製造設備をきっかけとした、産業用設備機器であるFA機器や木材加工・塗装技術を活用した自動車用内装部品など、幅広い分野において事業を展開しています。
特に電子部品においては、ヤマハの強みである音関連を活かした、部品のモジュール化を推進しています。
車載通話モジュールや車載オーディオなど、車室内のトータルソリューションを目指し、音楽事業や音響機器事業に次ぐ事業の確立を推進しています。

ヤマハの募集要項

ヘッドホン・イヤホンの開発

オーディオ機器であるヘッドホン・イヤホンの開発を担当します。
ヘッドホン・イヤホン市場では、Bluetoothのワイヤレス製品が中心となっているため、特にBluetooth関連の電気・ソフト開発といった経験スキルが求められます。
主な業務内容としては、ヘッドホン・イヤホン設計に関わる、デジタル回路、アンテナ評価、バッテリー評価、ソフトウェア仕様決定評価などを担当します。
また、関連要素技術開発やODM・OEMパートナーとの協業なども行います。

必須な経験・スキル

  • ・SoCを搭載した電気回路設計の知識
  • ・3年以上の音響機器開発実務経験
  • ・組み込みソフトウェア開発における要求仕様書などの理解・作成能力

ソーシャルメディアマーケティング

ヤマハにおいてソーシャルメディアマーケティング業務を担当します。
具体的な業務としては、ヤマハのグローバルソーシャルメディア活用戦略構築や既存および新規アカウントのモニタリング、PDCA構築を担います。
また、ソーシャルメディアの運営方針・実行・標準化やプラットフォームを通じた、ブランドコミュニケーション戦略の立案および実行なども行います。
海外拠点との打ち合わせやプレゼンテーションなどがあるので、一定の英語力を必要とされます。

必須な経験・スキル

  • ・ソーシャルメディアの運営経験
  • ・英語によるコミュニケーション能力

内部監査

ヤマにおける本社・グループ会社の内部監査、国内子会社の監査役を担います。
ヤマハグループの楽器音響事業を中心にグローバルな事業を展開しているため、生産、販売、開発、IT、経理、人事、法務など監査対象業務は幅広いです。
また、地域に関しても、日本をはじめとした中国、インドネシア、その他アジア各国から南北アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアと非常に幅広いです。
転職においては、CIA(公認内部監査人)資格保有者や海外駐在経験、日商簿記2級以上などの能力・経験があると尚更良いといえます。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上の管理or経理業務経験
  • ・2年以上の内部監査業務が2年以上
  • ・TOEIC700点以上

ヤマハの転職難易度

ヤマハの転職難易度は高いといえます。
ヤマハは、音楽や自動車関係において、ブランドの知名度が国内外ともに高く、特にピアノに関しては、1969年から現在にかけて販売額世界トップの企業です。
また、「就職したい企業・職種」「入社するのが難しい有名企業」などにも取り上げられ、上場企業でも高年収の傾向があるため、中途採用における競争率が高くなるといえます。
また、転職においては、ヤマハの価値に合うような高いスキルや深い経験、特定分野におけるトップクラスの実績など高い要素を求められます。
ですが、定期的に中途採用を募集していることもあるので、チェックが重要です。

ヤマハが転職者に求める人物像

ヤマハのキャリア採用では、以下のような募集要項が掲載されています。
楽器・音響等、ヤマハが手掛ける分野で革新的な製品の主務者として携わり、自身の代名詞となるヒット商品を生み出した。
音作りや製品開発に関する一流の技術理論を持ち、業界標準となる技術開発を行った。
極めて高度な専門知識や技術を必要とする国家資格(一級建築士、弁護士、公認会計士、弁理士等)を有し、幅広いネットワークや豊富な経験を活かして企業貢献を行ってきた。
また、ヤマハフィロソフィーに共感し、ヤマハの各事業領域において卓越したスキルや能力、実績を持つ人物を求めています。
具体的には、ヤマハの事業に新たな付加価値をつける技術や資格に加え、関連業界で認められる実力を持った人物、また新規事業につながるような特定分野におけるトップクラスの実力を求められているといえます。

ヤマハの転職までの流れ

ヤマハの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:現場社員、現場責任者、人事
想定内容:志望動機やキャリアプランなど、一般的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:社長、役員、人事部長、採用担当者、現場責任者
想定内容:一次面接の内容に加え冒頭に3分間自己PRの時間が与えられます。

内定

ヤマハの面接形式

面接は基本的に選考官複数人との個人面談となります。
面接回数は基本的に2~3回行われます。

ヤマハの面接内容

面接の雰囲気としては、言葉に詰まっても待ってくれているような雰囲気だったとの声があります。
質問内容に関しては、前職の経験や転職理由、志望動機などオーソドックスな内容が主体となります。
ヤマハに関する質問では「入社したらどのようなことをやりたいか」「ヤマハ製品との出会いは」「ヤマハのヤマハたらしめる要素とは難だと思うか」といった内容が挙げられます。
また、人としての魅力やポテンシャル、志望度合いに関する質問も問われ、海外赴任は大丈夫かといった質問も問われます。
最終面接に関しては、ヤマハ本社のある浜松でも大丈夫かといった地域的な確認もされる場合もあり、また音楽についての知識は求められることはありません。

ヤマハで働いている方の評判・口コミ

開発職、在籍7~10年、男性
やる気次第でやりたいことに挑戦させてもらえる環境。特に売上比率の高い海外事業では、出張の機会が多いため海外赴任を望む場合は非常に歓迎される。社内セミナーなどもある程度充実しているので、学習機会は提供されていると感じる。
開発職、在籍10~15年、男性
長い歴史のある会社であるが、新しい文化やテクノロジーを生み出そうとする熱意を感じ、社員の多くがヤマハ製品は高品質ではならないというプライドを持っていると感じます。社員の平均年齢が高く中途社員に比べて新入社員の方が音楽好きの人が多いイメージです。
電子機器、在籍10~15年、女性
有給休暇の消化率は100%消化するよう言われるなど消化しやすい環境になっており、最近では連休も取りやすくなったと思います。時間外勤務は部署によって差はありますが、出社と退社で勤務時間を管理・記録しているので、会社にいる時間と労働時間の差が大きいと理由を報告する必要があるなど、環境は整えられていると感じます。
口コミの要約

ヤマハでは、チャレンジできる環境が用意されており、新しい文化やテクノロジーを生み出そうとする熱意が強く、社内の多くがヤマハ製品にプライドを持っています。またスキルアップ環境も整備されており、海外出張も多いです。有給消化率や連休、残業などに関しても改善傾向にあるようです。

ヤマハの年収・給与

年収 948万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 持株会、従業員割引制度、厚生会館、総合グラウンド、ヤマハリゾート割引利用など

ヤマハでの転職者の出世難易度

ヤマハの出世難易度は比較的高いといえます。
ヤマハの平均年齢は44.3歳と業界でも比較的高めで、配属部署によっては上が詰まっているケースが考えられます。
ですが、新卒に比べ中途社員は世間に揉まれているため優秀な人物が多く、部長クラスの場合中途社員が多いです。
比較的説明がうまい人のほうが実力を認められやすく出世しやすいとの声もあります。
トップダウンというよりか担当者が考えて進めることが多く、説明が苦手な人は内容が良くても伝わらず成果を出しにくいため、計画段階で相手を納得させる能力が必要となります。
ヤマハでは、海外と連携するケースも多いため英語力が必要とされ、海外勤務希望者が少ないとの口コミもあるので、早い段階で海外に打って出ることで出世につながるといえます。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 主任 600万円
30代前半 主任 700万円
30代中盤 主事 750万円
30代後半 主事 800万円
40代前半 主事 900万円
40代後半 主幹 1,200万円
50代前半 部長 1,500万円

ヤマハはどんな人が働いている?

ヤマハの従業員数

(単独)2,422名
(連結)20,223名

ヤマハの平均年齢

44.3歳

ヤマハの平均勤続年数

19.3年

ヤマハの社風

文化、理系の雰囲気があり、ガツガツしている人などは少なく比較的おとなしいまじめな人が多いです。
また、本社を静岡県浜松市に構えているためか、比較的優しい社風との声もあります。
楽器や音響機器に携わっているヤマハだけあって、社員は全体的に音楽好きで、中途採用者に比べ新卒者のほうが比較的音楽好きな傾向が強く、交流の際には即席バンドで演奏を楽しんだりすることもあるようです。
また、上司の多くがチャレンジや勉強を後押ししてくれるような社風で、人として尊敬できるような人物が多いとの声もありました。

ヤマハのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 8:15~17:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 リア府サイクル休暇、傷病・看護・ボランティア・自己啓発休暇など
平均残業時間 月約20時間
フレックス制度 有り
(フレキシブルタイム 5:15~10:15/15:00~22:00、コアタイム 10:15~15:00)
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

ヤマハの社長

中田 卓也

1958年生まれ、岐阜県瑞浪市出身、ヤマハ株式会社取締役 代表執行役社長。
1981年慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、同年のちのヤマハ株式会社である日本楽器製造株式会社に入社。
入社後2005年PA・DMI事業部長、2006年執行役員、2009年には取締役執行役員を務める。
2010年ヤマハコーポレーションオブアメリカ取締役社長を経て、現在はヤマハ発動機株式会社社外取締役、一般財団法人ヤマハ音楽振興会理事長、ヤマハ株式会社取締役代表執行役社長を務めている。

ヤマハ現職、OB/OGの有名人

山葉 寅楠

1851年生まれ、和歌山県和歌山市出身、日本楽器製造株式会社(現ヤマハ株式会社)創業者。
1887年、浜松尋常小学校(現在の浜松市立元城小学校)アメリカ製オルガンを修理したことで構造を学び、1888年に日本発のオルガンの製造に成功。
1889年に合資会社山葉風琴製造所を設立、1891年に解散するも共同で「山葉楽器製造所」を設立し日本楽器製造株式会社(現ヤマハ)に改組し初代社長を務めた。

ヤマハの転職に関わるQ&A


週末と祝日に加え、最大40日まで上乗せ可能な有給休暇や2日連続のファミリーホリデー制度があります。
また、5年に1度の節目に10万円支給に加え5日間連続の休みを取得できるなど、プライベートや私生活を大事にしている人が集まっているため非常に働きやすい環境だといえます。

ヤマハでは、女性比率も比較的高く、管理職や海外駐在している女性社員も少なくありません。
また、企業内保育所や子育て支援制度、育児休暇・産前産後休暇などほとんどの女性社員が取得しており、復職もしやすいため女性社員の平均年齢も高いです。

ヤマハへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ヤマハの公式サイトにある採用情報ページから応募することが可能です。
ヤマハの中途採用では、通常の職歴がある転職者向けの「キャリア採用」と卓越した技術・技能・才能・資格・実績を持っている方向けの「Outstanding Career」2種類があります。
公式サイトには、求人情報以外にもセミナーを初めとしたイベント情報や、サステナビリティ情報が掲載されているため、企業研究などに役立てることができます。
ただし、転職成功者の傾向や面接の際のポイントなどの情報は知ることができないため、より具体的な内容が知りたい方や豊富な求人から応募したい場合、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富に掲載されている求人から希望ポジションを探すなら「転職サイト」

転職サイトを活用したヤマハへの転職を考えている方におすすめなのが、掲載企業数が豊富でハイクラス案件が多い「ビズリーチ」です。
ビズリーチでは担当するキャリアアドバイザーの評価を確認することができるので、自分に合った担当者を探しやすい特徴があります。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つ。
・豊富な案件数で希望条件に合った求人を見つけやすい
・自分のタイミングで転職活動が可能
・気になった求人に応募するまでのスピード感

豊富に掲載されている職種や企業の中から自分の条件に合った求人を探したい方や、転職活動をする時間無い方、スケジュール調整が出来ないといった場合は転職サイトの活用がおすすめです。
また、最近では転職エージェントを活用する前の下調べとして転職サイトを利用する人も多く、ヤマハの募集要項や求められる条件などをざっくり知りたい人は事前に目を通しておくとよいでしょう。

ビズリーチではハイクラス・高年収案件が多数掲載!

ビズリーチでは、ヤマハなどでも募集される音響機器のやソフトウェアなどの設計・開発業務が掲載されています。

※画像はイメージです。時期やタイミングによって異なります。
ハイクラス求人をメイン層としているビズリーチだけあって、提示されている条件も最低年収800万円からとなっており、年収の相談も可能となっています。
また、ビズリーチは転職サイトの中でも比較的非公開求人を多く取り扱っており、キャリアアドバイザーに相談することで紹介してもらえる可能性があります。
ただし、転職サイトから応募した場合、企業が求めているスキルや経験、実績などが具体的に分からなかったり、ヤマハの社内事情に精通しているキャリアアドバイザーから情報を得ることができません。
経歴やスキルで落とされるリスクを減らして転職成功率を重視する場合は、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

幅広いサポートを受けながら転職成功率を高めたい方は「転職エージェント」

転職エージェントを活用してヤマハへの転職を目指すなら、圧倒的案件掲載数とコンサルタントクオリティや業界知識に定評がある「リクルートエージェント」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは大きく3つ。
・書類の添削や面接アドバイス、キャリアプランなどの幅広いサポート
・本人と企業の条件などのすり合わせをしてくれるためマッチング率が高い
・転職サイトに比べて非公開求人が多い

ヤマハはハイクラス転職の中では非常に人気の高い企業なため、転職の際には競争率が高くなり、転職難易度が高くなる傾向にあります。
現在の自分がヤマハに転職する場合、通過率がどのくらいあるのか、実際に自分の理想としている転職先といえるのかといった、キャリアコンサルタントに相談してみましょう。
ヤマハへの転職成功率を少しでも上げたい方には、転職サイトではなく転職エージェントを活用するのが確実です。

リクルートエージェントでは専門職ポジションを多数掲載

リクルートエージェントの求人を見てみると、ヘッドホン・イヤホンの開発やマーケティングといった職種が募集されています。

※画像はイメージです。時期やタイミングによって異なります。
リクルートエージェントの特徴として、業界最大級の10万件以上の非公開求人件数を抱えており、各業界に精通したキャリアアドバイザーが自分の経験やスキルにマッチした求人を紹介してくれます。
また、提出書類の添削や面接対策によるアドバイス、独自分析による業界・企業情報の提供などにより転職活動をバックアップしてくれるのも魅力です。
そのため、初めて転職をする方や確実な転職をしたい方などは、リクルートエージェントはベストといえます。
さらに、登録不要で案件を閲覧することができるので、ざっと案件を見てから興味を持てそうであれば登録してみるといった利用方法もおすすめです。

あなたがヤマハに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

レキットベンキーザーへの転職はおすすめ?年収や転職情報について調査

  ▼下記は、レキットベンキーザーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからレキットベンキーザーに転職してくるのか ・転職先:レキットベンキーザーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把...

ディスコへの転職は難しい?年収や口コミなど解説

  ▼下記は、ディスコに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからディスコに転職してくるのか ・転職先:ディスコからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

富士通の転職情報まとめ。中途採用は難しい?

  ▼下記は、富士通に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから富士通に転職してくるのか ・転職先:富士通からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

東レは転職難易度高い?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、東レに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから東レに転職してくるのか ・転職先:東レからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう...

クボタの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、クボタに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからクボタに転職してくるのか ・転職先:クボタからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

東芝の転職難易度は?口コミや評判などを解説

▼下記は、東芝に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから東芝に転職してくるのか ・転職先:東芝からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう...

キヤノンの転職難易度は?面接内容や口コミなど解説

▼下記は、キヤノンに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからキヤノンに転職してくるのか ・転職先:キヤノンからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

マツダへの転職を成功させるには?難易度や面接内容など徹底解説

▼下記は、マツダに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからマツダに転職してくるのか ・転職先:マツダからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

大東建託へ転職するには?難易度や面接内容などを解説!

▼下記は、大東建託に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから大東建託に転職してくるのか ・転職先:大東建託からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

良品計画への転職はおすすめ?気になる年収や評判を調査

▼下記は、良品計画に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから良品計画に転職してくるのか ・転職先:良品計画からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン...

TOP