メーカー

ジェイテックコーポレーションの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

ジェイテックコーポレーションは、放射光施設やX線自由電子レーザー施設など、国内外の専門的な施設で使われる超高精度の集光ミラーの製造などを手掛けている企業です。
2005年には世界で初めての性能を誇るX線ミラーを開発したことでも話題になり、細胞培養操作の自動化に向けた機器の設計など、ライフサイエンス分野にも強みがあります。
そんなジェイテックコーポレーションでは、製品開発職を中心に中途採用を募集しています。
光学の専門知識や物理の専門知識を活用することができる専門的な職種で求人が行われているため、研究職としてのキャリアを積み重ねたい人に特に人気の高い転職先です。
この記事では、ジェイテックコーポレーションへの転職を目指す方に向けて、同社の事業内容や転職難易度、面接での質問内容などを解説します。

ジェイテックコーポレーションへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・ジェイテックコーポレーションの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ジェイテックコーポレーションの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • ジェイテックコーポレーションの企業概要
  • ジェイテックコーポレーションの転職ポイント
  • ジェイテックコーポレーションの社風や企業文化

ジェイテックコーポレーションに転職するポイント

ジェイテックコーポレーションの特徴

POINT

  • ・X線集光ミラーなどの開発を行う企業
  • ・細胞培養操作を自動で行う機器の設計など、ライフサイエンス分野にも注力
  • ・個々の力が重要視される社風があり、実力主義との口コミも多数

ジェイテックコーポレーションへ転職するポイント

POINT

  • ・製品開発職などで中途募集
  • ・専門職での中途採用が中心で、営業などのビジネス職での採用は少ない
  • ・面接では設計を行ううえで必要な専門知識があるかを見極められる

ジェイテックコーポレーションの企業概要

会社名 株式会社ジェイテックコーポレーション
本社所在地 大阪府茨木市彩都やまぶき2-5-38
社長 津村 尚史
設立 1993年12月21日
株式 上場(東証プライム)
株主構成 津村尚史(45.52%)
大阪コンピュータ工業株式会社(6.14%)
日本カストディ銀行(3.43%)

ジェイテックコーポレーションの売上

ジェイテックコーポレーションの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 1,285百万円 1,027百万円 820百万円
経常利益 496百万円 34百万円 -239百万円

ジェイテックコーポレーションの最新ニュース

ジェイテックコーポレーションの事業内容

ジェイテックコーポレーションの主力事業は、集光ミラーやカットミラーなどの製造を行うオプティカル事業です。
放射光施設やX線自由電子レーザー施設など、国内外に存在する専門的な研究施設などで用いられる集光ミラーの製造を手掛けており、製品の精度が非常に高いことで知られています。
2005年には、大阪大学と理化学研究所が共同で開発した世界初の性能を誇るX線ナノ集光ミラーの実用化に成功したことで話題になりました。
現在でもX線ナノ集光ミラーの領域では世界第1位のシェアを誇っています。
普段生活をするうえであまり直接目にする機会はありませんが、医療や化粧品、食料品開発の現場において放射光利用のニーズは拡大しているため、今後もオプティカル事業の売上は増加していくことが予想されています。
そのほかにも、ライフサイエンス分野にも力を入れており、細胞培養操作の自動化を行う機器の設計なども手掛けており、幅広い業務を手掛けている企業です。

ジェイテックコーポレーションの募集要項

製品開発

ジェイテックコーポレーションが開発する放射光用X線ミラーの開発業務に携わるのが製品開発の役割です。
世界トップクラスの技術力を誇る企業において研究開発に携わることができる魅力ある職種です。

必須な経験・スキル

  • ・基礎物理がしっかりしていること

ジェイテックコーポレーションの転職難易度

ジェイテックコーポレーションの転職難易度は比較的高いです。
ジェイテックコーポレーションでは、製品開発などの専門職を中心に中途採用を募集しています。
今後、営業や人事といった職種での求人が出される可能性もゼロではありませんが、専門性の高い職種を中心に中途採用が行われているのが現状です。
基礎的な物理の知識が身に付いており、光学に関する研究経験があれば採用は非常に有利になるといえます。
選考では簡単な学力テストが行われる場合もあるため、対策を進めておくことと良いでしょう。

ジェイテックコーポレーションが転職者に求める人物像

ジェイテックコーポレーションが転職者に求める人物像として、「基礎的な物理の知識がしっかりと身に付いていること」が挙げられます。
ジェイテックコーポレーションが募集している中途採用はどれも専門性が高く、物理に関する基本的な知識がなければ活躍することは難しいものばかりです。
確固たる基礎学力に裏打ちされた研究開発を行うための素養が求められています。
また、「ベンチャーマインドに共感できること」も挙げられます。
ジェイテックコーポレーションは創業から30年近く経過する企業ですが、現在成長中の企業ということもあり、社内にはまだまだベンチャーの気質が残っています。
社風に共感することのできる、ベンチャーマインドを持った人材が活躍できる環境です。

ジェイテックコーポレーションの転職までの流れ

ジェイテックコーポレーションの選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接・適性検査

想定選考官:部署社員
想定内容:転職に至った経緯や志望動機など、オーソドックスな内容が中心となっていますが、専門的な内容を聞かれることもあります。

最終面接

想定選考官:代表・役員
想定内容:1次面接の時の内容に加え、ジェイテックコーポレーションのビジョンに共感できるかどうかといった質問も多くなります。

内定

ジェイテックコーポレーションの面接形式

ジェイテックコーポレーションの面接回数は2回です。
1次面接、最終面接ともに1対1で行われます。
また、簡単な学力テストや適性検査が課される場合もあります。
面接1回あたりの所要時間は45分ほどと標準的な水準です。

ジェイテックコーポレーションの面接内容

ジェイテックコーポレーションの中途採用面接でよく聞かれる内容として、「これまでどのような研究開発を行ってきたのか」といったものが挙げられます。
また、「あなたの専門性をジェイテックコーポレーションの開発にどう活かせるのか」という切り口で聞かれることも少なくありません。
専門職での採用が中心のため、これまでの経験とジェイテックコーポレーションでの仕事をどう結びつけるかという観点が重視される傾向にあります。
専門的な内容を専門外の人にも分かりやすく伝える練習を積んでおくのがおすすめです。
そのほかには、オーソドックスな内容がほとんどであり、「志望動機は何か」や「どうして前職を退職したのか」といった質問が続きます。
基本的な内容に関しては、あらかじめ受け答えを準備しておくようにしましょう。

ジェイテックコーポレーションの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトに載っている求人は非常に少ない
・求人情報はリクルートなどでも確認できる可能性あり
・基本的な質問が多い

開発、40代前半、男性
「どうしてジェイテックコーポレーションへ転職しようと考えたのか」といった基本的な内容がメインでした。また、「これまでの研究成果を端的に説明して」といわれました。
製品開発、20代後半、男性
「あなたの専門性を手短に」といわれたので説明したところ、「その専門性をどうジェイテックコーポレーションに活かすことができるのか」と聞かれました。面接の雰囲気は至って和やかでした。
管理、30代前半、女性
「ジェイテックコーポレーションをどこで知ったのか」と聞かれました。また、「ベンチャー企業のようなマインドがあるが、共感できるか」といわれたことが印象に残っています。
事務、30代後半、女性
「ジェイテックコーポレーションがどのような製品を開発しているか知っているか」と聞かれたことを覚えています。基本的な内容が中心の面接だったように思います。
技術、30代後半、男性
特にこれといった答えにくい質問があったわけではありませんが、専門に関する質問は深堀りされた印象です。「あなたの専門をどうジェイテックコーポレーションの仕事に活かせるのか」と聞かれました。

ジェイテックコーポレーションで働いている方の評判・口コミ

技術、在籍1~3年、男性
専門性の高い社員が多く在籍しており、個人の力が重視されるような傾向に感じます。社員同士のコミュニケーションは決して淡白ではありませんが、付かず離れずといった印象です。年々事業規模が拡大しており、通年で中途採用を行っています。残業時間はそれほど多くなく、働きやすい職場です。
開発、在籍7~10年、男性
賞与は年に2回あり、給与水準も普通に生活する分には困りません。2018年に上場した企業で、上場を機に知名度が一気に向上した印象です。今後国家政策としてバイオテクノロジーに力を入れていくのかどうか注目が集まっています。産休や育休制度が整っていないため、制度の明確化が今後の課題です。
生産技術、在籍3~5年、女性
社会一般にはそれほど知名度は高くない企業ですが、高精度な反射ミラーに対する需要は医薬品、化粧品、食料品メーカーなどで着実に高まっているため、将来性の高い企業といえます。世界1位のシェアを獲得している製品があることもあり、一部の専門分野ではジェイテックコーポレーションのネームバリューを強く感じます。ワークライフバランスは並程度です。
口コミの要約

専門性の高い社員が多く、個々の実力が仕事の実績にそのまま反映されるという口コミが多く見られました。また、アカデミアとの人材交流も活発に行われているようです。ワークライフバランスはまずまずといった印象ですが、産休制度や育休制度が明確化されていない点を指摘する声もあります。

ジェイテックコーポレーションの年収・給与

年収 496万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 家族手当、各種社会保険完備、退職金制度など

ジェイテックコーポレーションでの転職者の出世難易度

ジェイテックコーポレーションの出世難易度は中程度です。
ジェイテックコーポレーションでは、年に1回評価の機会があり、ここでの評価をもとに昇給や昇格が判断されます。
ジェイテックコーポレーションで出世をするうえでは、専門性を磨くことが何よりも重要です。
転職者だからといって出世が不利になることはなく、ほとんどの社員が技術者であるため、世界最先端の研究に没頭できる環境が整っています。
このようななかで着実に研究や開発の実績を上げることのできる専門的な能力に長けた人材が出世しやすい傾向があります。

ジェイテックコーポレーションはどんな人が働いている?

ジェイテックコーポレーションの従業員数

45名(単独)
59年(連結)

ジェイテックコーポレーションの平均年齢

41.4歳

ジェイテックコーポレーションの平均勤続年数

4.1年

ジェイテックコーポレーションの社風

ジェイテックコーポレーションの社風の特徴として、専門的な研究機関のような雰囲気があることが挙げられます。
ジェイテックコーポレーションでは、社員のほとんどが技術者として働いており、世界最先端の精度を誇る機器の設計に携わっています。
未経験で入社する社員も多いため、専門性がないとついていけないということはありませんが、専門性が重視される個人主義のような風土がジェイテックコーポレーションの特徴です。
また、創業から30年程度が経過する企業ですが、ベンチャーマインドが残っているのも特徴といえます。
バイオテクノロジーに関連する分野など、新規事業の創出にも積極的です。
このように新しいことへ積極的にチャレンジするマインドに共感できる人材が活躍できる風土があるといえます。

ジェイテックコーポレーションのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~18:00
休日 土日祝日(週休二日制)
その他の休日・休暇 夏季休暇、年末年始休暇など
平均残業時間 記載なし
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 記載なし
時短勤務 記載なし

ジェイテックコーポレーションの社長

津村 尚史

1957年生まれ。
1981年に倉敷紡績株式会社へ入社。
1991年に株式会社片岡実業へ入社し、取締役技術部長に就任。
その2年後、株式会社ジェイテックコーポレーションを設立し、代表取締役社長に就任。
現在は電子化学株式会社の代表取締役社長も務めている人物。

ジェイテックコーポレーション現職、OB/OGの有名人

岡田 浩巳

1970年生まれ。
2000年に株式会社シリコンテクノロジーへ入社。
2004年に株式会社ジェイテックコーポレーションへ入社。
2014年にオプティカル研究開発部長に就任。
その後、取締役や製造部長などを歴任し、2020年より取締役オプティカル製造部長を務めている。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声が分からない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

ジェイテックコーポレーションの転職に関わるQ&A


ジェイテックコーポレーションでは、産休や育休制度といった制度の概要が求人で明示されていません。
社員数が50名程度の規模の小さな企業であるため、個々の事情に合わせた柔軟な配慮が行われているのが現状です。
男女問わず活躍できる環境はありますが、制度の整備には課題が残っています。

有価証券報告書に記載されている内容によると、ジェイテックコーポレーションの平均年収は496万円です。
これは東証プライム上場企業としては標準的な水準で、実際社員の口コミを見ても「まずまずの給与水準」といった意見が目立っています。
社員は技術者がほとんどのため、個々の専門性や実力に合わせた柔軟な給与テーブルが設定されています。

ジェイテックコーポレーションへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ジェイテックコーポレーションの公式HPにある採用情報ページからエントリーできます。
採用情報ページには、「会社案内」や「サステナブル」など、さまざまな情報が掲載されているため、企業研究に役立てることができます。
ただし、求人内容はざっくりとしか掲載されていないため、不透明な部分は少なくありません。
より詳しい内容が知りたい方や公式HPに載っていない求人に応募したい方は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ジェイテックコーポレーションの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

競合他社の募集要項も見比べたいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してジェイテックコーポレーションに転職するなら、競合他社の募集要項も一緒に見比べることができる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空き時間を活用できる手軽さ
  • ・求人件数の豊富さ
  • ・求人確認から応募までのスピード感

転職サイトは、空き時間を活用して転職活動を行える手軽さがあるため、忙しい方でも比較的転職しやすいでしょう。
また、求人件数が豊富なため、自分の希望するポジションを見つけやすいという特徴があります。
できるだけ早く転職したい方や希望ポジションを見つけたい方は、転職サイトの活用がおすすすめです。

競合他社を比較するなら「iX転職」

iX転職では、製品を製造している競合他社の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールの製造業界は、800万円~1,200万円が平均年収となっており、ほかの転職サイトと比べると、比較的高くなっています。
また、iX転職は非公開求人を多く保有している転職サイトとしても有名であり、ヘッドハンターに相談することで、自分のスキルや経験に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
「製造業を展開している企業はどれほどあるのか」や「競合他社では募集要項はどのように変わるのか」などが知りたい方は、iX転職に登録してスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

クリングルファーマへの転職事情。事業内容や将来性、転職難易度などを解説

クリングルファーマは、「将来数が少ない」「原因不明で治療法が確立していない」といった希少疾患に対する治療薬の研究開発を行っているバイオ系ベンチャー企業です。 組み換えDNA技術など、最新のバイオテクノロジーを活用した医薬品の開発を...

マツダへの転職を成功させるには?難易度や面接内容など徹底解説

マツダ転職者の主なキャリアステップ 前職 三菱電機、東芝などの大手メーカー アイシン精機などの自動車関連メーカー マツダ株式会社に転職 次の転職先 エル...

トヨタ自動車への転職。難易度や年収、面接内容を調査!

トヨタ転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒中心 トヨタ自動車株式会社に転職 次の転職先 国内、外資系の自動車メーカー トヨタ自動車の主な...

ブラザー工業の転職難易度は高い?口コミや年収などを解説

ブラザー工業転職者の主なキャリアステップ 前職 日本電産、カシオなどのメーカー 銀行 研究所 コンサルファーム ブラザー工業株式会社に転職 次の転職先...

江崎グリコへの転職。面接内容や募集要項をご紹介

江崎グリコ転職者の主なキャリアステップ 前職 ダイドードリンコ、日清食品、大塚食品、米久などの飲料・食品メーカー ライオン、ダイセルなどの化学・日用品メーカー 江崎グリコ株式会社に...

花王へ転職する方法は?評判や年収などを調査

花王転職者の主なキャリアステップ ...

スノーピークへの転職!面接や口コミ、ポイントなどを解説

スノーピーク転職者の主なキャリアステップ 前職 楽天、ヤフーなどのWEB系事業会社 星野リゾート、バス会社などの観光業 ヨネックスなどのスポーツメーカー 株式会社スノーピークに転...

東京エレクトロンへの転職。年収や今後の成長性、社風などについて解説

東京エレクトロンへ転職者の主なキャリアステップ 前職 トヨタなどの自動車、金属、電機などのメーカー 東京エレクトロン株式会社に転職 次の転職先 金属、機械...

アステラス製薬への転職ってどう?面接内容や選考フロー、口コミなどを解説

アステラス製薬転職者の主なキャリアステップ 前職 山之内、田辺などの製薬会社 電機、化成などのメーカー PwCなどのコンサルファーム アステラス製薬株式会社に転職 ...

DHCへの転職。難易度や社風などを徹底解説!

DHC転職者の主なキャリアステップ 前職 ファイブフォックス、東京スタイル、オンワード樫山などのアパレルメーカー 伊藤園、ダイショーなどの飲料・食料品メーカー 株式会社DHCに転職...

TOP