メーカー

武田薬品への転職は難しい?年収や口コミなど解説

▼下記は、武田薬品に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこから武田薬品に転職してくるのか
・転職先:武田薬品からどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

  • 主な転職元

    ・大日本製薬、大正製薬などの製薬会社
    銀行
    証券
    生保
    ・特許事務所
    メーカー
      

  • 武田薬品工業株式会社

  • 主な転職先

    ・アストラゼネカ、中外製薬などの製薬会社
    ・特許事務所
    ・法律事務所
    コンサルファーム
    メーカー

武田薬品の主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、大学卒業や大学院卒業などが在籍しており、大学は国立大学や薬科大学の割合が高くなっています。

職歴

武田薬品在籍者の主な職歴は、大日本製薬や大正製薬などの製薬会社をはじめ、銀行証券生保などの金融業界、特許事務所、メーカーなどが挙げられます。

退職後の主な転職先

武田薬品からの転職先として、アストラゼネカや中外製薬などの製薬会社、特許事務所、法律事務所、さらにはコンサルファームメーカーなどへ転職しています。

武田薬品は、日本の代表する大手製薬メーカーであり、国内5大医薬品メーカーの1つに数えられている企業です。
国内薬品メーカーでの売上高は第1位を獲得しており、国内のみならず世界にも目を向けて医薬品を展開しています。
その結果、世界の医薬品メーカーでの売上高は第16位となっており、世界中から注目を集めています。
武田薬品は「消化器系疾患領域」「がん領域」「中枢神経系疾患領域」の3つに強みを持ち、さまざまな医薬品を提供している企業です。
1925年設立、東京都と大阪府に本社を構えており、49,578名もの社員が在籍しています。
そんな武田薬品では、開発や生産管理などの幅広いポジションで、武田薬品の掲げる理念に共感できて即戦力となるような人材を求めています。

初めての転職で武田薬品を目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

武田薬品の年収や口コミも気になるけど、それよりも先にどんな求人があるのか知りたいという方は、まずはビズリーチなどの転職サイトで掲載されている求人をチェックしてみましょう。
ビズリーチでは、ハイクラス求人メインに扱っているため、転職先が未だ定まっていないという場合は、一度比較しておくことをおすすめします。
転職エージェントの活用しか考えていないという方でも、情報収集源としてビズリーチをチェックしておけば、転職活動をより円滑に進めることができるでしょう。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • 武田薬品の企業概要
  • 武田薬品の転職ポイント
  • 武田薬品の社風や企業文化

武田薬品に転職するポイント

武田薬品の特徴

POINT

  • ・日本を代表する大手製薬メーカー
  • ・国内売上高1位、海外売上高16位の業績を持つ
  • ・以前は幅広く事業展開していたが、現在は製薬事業に注力している

武田薬品へ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は非常に多い
  • ・開発や生産管理など、幅広いポジションで求人募集
  • ・武田薬品の掲げる理念に共感できていることが重要

武田薬品の企業概要

会社名 武田薬品工業株式会社
本社所在地 東京都中央区日本橋本町二丁目1番1号
社長 クリストフ・ウェバー
設立 1925年1月29日
株式 上場(東証1部、名証1部、福証、札証)
株主構成 日本トラスティサービス信託銀行(8.71%)
日本マスタートラスト信託銀行(7.98%)
THEBANKOFNEWYORKMELLONASDEPOSITARYBANK(5.39%)

武田薬品の売上

武田薬品の売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上収益 1,770,531百万円 2,097,224百万円 3,291,188百万円
税引前当期利益 217,205百万円 127,612百万円 -60,754百万円

武田薬品の最新ニュース

武田薬品の事業内容

武田薬品は、「消化器系疾患領域」や「がん領域」、「中枢神経系疾患領域」に対して強みを持つ国内製薬会社のリーディングカンパニーです。
創業以来230年以上の歴史を持ち、常に患者を一番に考えてイノベーション創出に立脚しており、国内だけでなく、海外にも製品を展開、グローバル化の推進を行っています。
また、ワールドクラスの研究開発体制を完備しており、患者のもとへいち早く最適なイノベーションを提供できるよう努めています。
グローバル製薬企業としてのリーダーシップを発揮しながら、経営の基本精神である「誠実・公正・正直・不屈」を事業運営の根幹に据え、人々の健康と医療の未来に大きく貢献している企業です。
2020年12月現在、コロナ禍で不安を抱えている人々のために、1日でも早いコロナ治療薬の開発を目指しています。

武田薬品の募集要項

品質システム

医薬品の品質管理や品質保証における業務を担当するポジションです。
具体的には、品質システムのテクノロジーリードとして、ロードマップの設計や開発、実行などを行います。
それ以外にも、GMPの要件とトレンドに準拠していることの保証や、品質システムの管理、システム導入など、業務内容は多岐に渡ります。

必須な経験・スキル

  • ・大卒以上で、薬学や工学、理学などの分野を専攻していた、もしくは同等の知識や経験、スキルを保有
  • ・医薬品製造業にかかわる導入
  • ・運用の実務経験 など

プラントエンジニア

オーナーズエンジニアリング業務を担当するポジションです。
具体的には、製造設備の導入や建設におけるプロジェクト管理業務、生産や研究などに関するユーザー部門への技術的サポートなどを行います。
また、GMPに関する技術情報管理や新技術評価、生産設備なども行う職種です。

必須な経験・スキル

  • ・5年以上の生産設備の導入経験
  • ・5年以上の生産設備またはユーティリティ設備の設備保全と管理経験
  • ・5年以上の建設プロジェクトでのエンジニアリング経験 など

製造担当

医薬品原薬バルクの生産支援や技術支援、品質評価支援を担当するポジションです。
それ以外にも、生産トラブル発生時の原因究明と対策の提案・実行や試験分析を伴う中間体や検討品などの品質評価の支援なども行います。
さらには、製造関連文書の制改訂作業や査察準備と対応業務なども行うため、業務内容は多岐にわたります。

必須な経験・スキル

  • ・化学の知識とバックグラウンド
  • ・DCSやプログラミングの理解
  • ・高いコミュニケーション能力 など

武田薬品の転職難易度

武田薬品の転職難易度は非常に高いです。
その理由としては、武田薬品は日本を代表する企業であり、その知名度は高いところにあります。
その結果、非常に多くの転職者が応募し、倍率が高くなってしまうことが予想できます。
中途採用枠自体は非常に多くありますが、誰でも採用してもらえるというわけではなく、企業側からも一定以上のスキルや経験が求められるため、決して簡単ではありません。
武田薬品への転職を目指すなら、難易度が高いことをあらかじめ理解しておく必要があるでしょう。

武田薬品が転職者に求める人物像

武田薬品では、失敗しても根気良くポジティブに成長できる人材を求めています。
また、高いプロ意識を持ち、患者への貢献が目指せる人材や、前例のない新しいことにも果敢にチャレンジできる人材なども求めている傾向があります。
武田薬品は常に新しい薬品の開発にチャレンジしているため、こういった部分が求められるのです。
面接では、これらを上手にアピールできるエピソードを複数用意し、効率的にアピールできるかどうかが肝心です。

武田薬品の転職までの流れ

武田薬品の選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事・部長
想定内容:志望動機や今後のキャリアプランなど、一般的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問に加え、前職で失敗したことや困難だったことなど、苦境に立たされたときのことについて質問されます。

内定

武田薬品の面接形式

面接は1対複数で行われるのがほとんどです。
面接回数は基本的に3回ですが、ポジションによって異なる場合があります。
1回あたりの時間は30分~1時間です。

武田薬品の面接内容

面接は、志望動機や今後のキャリアプランなど、一般的な質問から進みます。
それ以外にも、「前職での失敗」や「困難だったこと」、「苦労したこと」など、今までで苦境に立たされたときのことについて多く質問されます。
また、ポジションによっては人とコミュニケーションを取ることが多いため、高いコミュニケーションがあるかどうかも判断されるので、どんな質問でも一貫性を持ってハキハキと回答できることが大切です。
面接の雰囲気は、基本的に温和な雰囲気であり、圧迫面接などはほぼありません。
変に緊張せず、自分らしく面接に臨むことができるでしょう。

武田薬品で働いている方の評判・口コミ

MR・MS、在籍5~7年、女性
新しい薬品発売のときなど、自分の担当エリアにおいての成果が明確に出るので、達成感を味わうことができます。また、自分の提案が意志に受けら入れられて、患者さんの状態改善に繋がったときは純粋にやりがいを感じられます。
医療機器関連職、在籍3~5年、男性
年次ごとに研修やマネージャー研修などがあり、会社で必須の研修に加え、自己研鑽として取り組める研修や補助が多くあります。非常に豊富な人材育成プログラムがあるため、個々に合わせたキャリアプログラムがあります。
研究・開発、在籍5~7年、男性
以前に比べ、有給休暇の取得がしやすくなっており、また取得率が80%以上であることがKPIに入っています。そのため、希望を出せば有給を使うことができるので、非常に休みやすい環境があります。
口コミの要約

武田薬品の口コミを見てみると、患者と直結のある仕事をこなすため、やりがいと達成感を直に感じることができるということが伝わってきます。また、キャリアアップ環境が完備されているため、やる気があればどんどんスキルアップできるということが伺えます。

武田薬品の年収・給与

年収 1,094万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 一部有り
福利厚生 各種社会保険完備、従業員持株会、財形貯蓄
住宅融資、企業年金制度など

武田薬品での転職者の出世難易度

武田薬品の転職難易度は比較的高いです。
大手企業ということもあり、多くのタスクに追われ、ほかの同業他社に比べると業務量が多い傾向があります。
その多い業務量を効率的に捌くことができ、多くの実績を残し続けることができれば、出世への道は拓けるでしょう。
ただし、ただ自分のやっていることを伝えるというだけでなく、上司や周りの人にしっかりと伝わるように工夫する必要があるので注意が必要です。
また、新卒と中途での出世難易度は変わらず、どんな社員も平等に評価されます。
武田薬品での出世を目指すなら、簡単ではないことをあらかじめ理解しておく必要があるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 700万円
30代前半 なし 800万円
30代中盤 なし 900万円
30代後半 課長代理 1,000万円
40代前半 課長代理 1,100万円
40代後半 マネージャー 1,500万円
50代前半 マネージャー 1,500万円

武田薬品はどんな人が働いている?

武田薬品の従業員数

5,291名(単体)
49,578名(連結)

武田薬品の平均年齢

40.8歳

武田薬品の平均勤続年数

14.7年

武田薬品の社風

武田薬品は裁量労働制のため、比較的自由に働くことができる企業です。
また、大手薬品メーカーということもあり、コンサバな部分はありますが、現在世界的製薬企業へと変貌している過渡期なので、ダイナミックな社風もあります。
堅実的で安定志向をベースにしつつ、新しいことにチャレンジし続ける風土もあり、グローバル化を推進しています。
フレックス制度や有給休暇消化を推奨されているため、安定した働き方を望みながらも、新しいことにチャレンジしながら働きたいという方には向いている企業といえるでしょう。

武田薬品のワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 8:00~16:45または9:00~17:45
休日 土日祝日(週休二日制)
その他の休日・休暇 年次有給休暇、特別有給休暇、介護休暇、看護休暇など
平均残業時間 月30~40時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

武田薬品の社長

クリストフ・ウェバー

1966年生まれ、フランス出身。
リヨン第1大学薬学・薬物動態学博士課程修了し博士号取得、1993年に住みスクライン・ビーチャムに入社。
その10年後の2003年に、グラクソ・スミスクライン フランス会長兼CEOに就任。
その後も、アジア太平洋地域担当上級副社長兼ディレクターや、ワクチン社長兼ゼネラルマネージャー、バイオロジカルズなどを歴にし、2014年に武田薬品工業株式会社の代表取締役社長COOに就任。
現在は、日本製薬工業協会副会長なども兼任しており、年10億円を超える薬品報酬を受け取った人物として話題となった。

武田薬品現職、OB/OGの有名人

武田 國男

1940年生まれ、兵庫県出身。
甲南大学経済学部経済学科卒業後、武田薬品に入社。
経理部位事業計算課に配属され、後に米TAPファーマシューティカル・プロダクツのエグゼクティブ・バイスプレジデントに就任。
1993年に武田薬品の社長に就任、その10年後には会長に就任した。
6年ほど会長を務め、2009年に会長を退任。
社長時代に武田薬品コンプライアンス・プログラムを実施し、企業倫理やコンプライアンスを重視した経営は非常に高い評価を得ている。

武田薬品の転職に関わるQ&A


武田薬品の強みは、世界70か国の拠点を展開しており、先発医薬品の開発と販売、グローバル化を強く推進しているという点にあります。
その結果、世界中に医薬品は販売網を確立し、多くの収益を上げています。
また、武田薬品全体の収益を見ても、地域による偏りが小さいというところも大きな特徴に一つといえるでしょう。

男性社員だけではなく、女性社員も多く在籍しており、活躍している女性社員は多くいます。
出世のしやすさも男性とさほど変わらず、男女差別などはないため、評価は平等に行われます。
出世を目指してバリバリ働きたいというキャリアウーマンな方にも向いている企業といえるでしょう。

武田薬品へ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

武田薬品の公式サイトにある採用情報ページから応募することができます。
求人情報のほかに、特設ページやお知らせなどが掲載されているので、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、求人内容はそれほど細かく掲載されていません。
具体的な内容が知りたい場合やできるだけ時間をかけず転職したい場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

空いた時間に転職活動を行うなら「転職サイト」

転職サイトを活用して武田薬品へ転職するなら、掲載されている企業数が豊富であり、ハイクラス求人が多い「ビズリーチ」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。
・空いた時間を活用して転職活動ができる
・非常に求人数が多い
・希望する求人が見つけやすい

転職エージェントと比べ、転職サイトはすぐに転職活動をすることができるため、空いている時間を活用して転職活動を行うことができます。
また、求人数が非常に多く、求人検索が細かく設定できるため、自分に合ったポジションを探すことが可能です。
時間をかけずにできるだけ早く転職したいという方は、転職サイトがおすすめです。

ビズリーチは平均年収が高くなっている!

ビズリーチに掲載されている求人を見ると、主に開発関連の求人が多く掲載されています。

※画像はイメージです。時期やタイミングによって掲載内容が異なります。

ハイクラス求人をメインに扱っているビズリーチなだけあり、提示されている年収が比較的高く、平均年収は800万~1,000万円となっています。
また、転職サイトの中でもビズリーチは非公開求人が多く持っている傾向があるため、キャリアアドバイザーに相談することで、紹介してもらえる可能性があるでしょう。
ただし、転職サイトからの応募の場合、自分と企業とのすり合わせが上手くいかないことも少なくなく、書類選考が通過できないということも珍しくありません。
時間がかかってでも確実な転職をしたいなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

転職成功率を少しでも上げて確実な転職をするなら「転職エージェント」

転職エージェントを活用して武田薬品への転職を考えているなら、圧倒的案件数とトップクラスの転職支援実績を誇っている「リクルートエージェント」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは主に3つ。
・転職に関する書類の添削から企業との給与交渉などの幅広いサポート
・本人と企業側の希望をすり合わせてくれるためマッチング率が高い
・非公開求人案件を多数抱えている

武田薬品は、知名度が高く非常に人気がある企業なため、中途採用の倍率が上がることが想定でき、転職難易度が上がる可能性が高いといえます。
今の自分の現状で「武田薬品への転職成功率はどのくらいか」や「武田薬品の内部状況」など、キャリアコンサルタントに相談してみるのがおすすめです。

「リクルートエージェント」の研究開発ポジションを中心に掲載!

リクルートエージェントに掲載されている求人は研究開発をはじめとした専門職ポジションが多数掲載されています。

※画像はイメージです。時期やタイミングによって異なります。

リクルートエージェントには、さまざまな企業や業界に精通した専門性の高いキャリアコンサルタントが多数在籍しており、非公開求人も20万件以上取り扱っている実績のある転職エージェントです。
初めて転職をする方や確実な転職をしたいという方には、リクルートエージェントの活用がおすすめといえるでしょう。
また、リクルートエージェントの特徴として、登録不要で一部の案件を閲覧できるという点も挙げられ、興味を持てそうであれば登録してみるという方法もできます。
非公開求人も多く取り扱っているため実際にコンサルタントに相談をしてみて、キャリアプランや給与交渉なども含めて相談することで、転職成功率の向上にも繋がるでしょう。

あなたが武田薬品に転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

島津製作所の転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、島津製作所に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから島津製作所に転職してくるのか ・転職先:島津製作所からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

本田技研の転職難易度は?評判や年収などを解説

▼下記は、本田技研に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから本田技研に転職してくるのか ・転職先:本田技研からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

大東建託へ転職するには?難易度や面接内容などを解説!

▼下記は、大東建託に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから大東建託に転職してくるのか ・転職先:大東建託からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

カゴメの転職事情。難易度や口コミなどを解説

▼下記は、カゴメに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからカゴメに転職してくるのか ・転職先:カゴメからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

三菱電機の転職難易度は?年収や面接対策を解説

  ▼下記は、三菱電機に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから三菱電機に転職してくるのか ・転職先:三菱電機からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

トヨタ自動車への転職。難易度や年収、面接内容を調査!

  ▼下記は、トヨタ自動車に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからトヨタ自動車に転職してくるのか ・転職先:トヨタ自動車からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

日本マイクロソフトへの転職は難しい?口コミや年収などをチェック

  ▼下記は、日本マイクロソフトに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本マイクロソフトに転職してくるのか ・転職先:日本マイクロソフトからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、...

ヤマハへの転職は難しい?口コミや転職難易度などを調査

▼下記は、ヤマハに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからヤマハに転職してくるのか ・転職先:ヤマハからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

ヤンマーの転職事情。難易度や面接内容など解説

▼下記は、ヤンマーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからヤンマーに転職してくるのか ・転職先:ヤンマーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

資生堂への転職はおすすめ?転職難易度や仕事内容についてご紹介

▼下記は、資生堂に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから資生堂に転職してくるのか ・転職先:資生堂からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

TOP