メーカー

ブリヂストンへの転職事情!中途採用の難易度や口コミ評判を徹底調査

ブリヂストン転職者の主なキャリアステップ

ブリヂストンの主な転職元・転職先

学歴主な学歴は、大学や大学院卒業などが在籍しており、主な大学は国立大学や有名私立大学(早慶やMARCH)の割合が多くなっています。

前職ブリヂストン在籍者の主な職歴は、富士通日立製作所、東芝などの大手メーカーコンサルなどからの転職者が挙げられます。

次の転職先ブリヂストンからの転職先として、デンソーや日本電産などの大手メーカーアクセンチュアデロイトなどのコンサルなどへ転職しています。

ブリヂストンは、1931年福岡県久留米市にされたタイヤなどのゴム製品を主力とした企業です。
現在は東京都中央区に本社を構え、連結で138,036名の従業員を抱える国内最大手のタイヤメーカーブランドとして日本および世界トップのシェアを誇っています。
ゴム素材の加材料の配合技術や異素材との接着技術、予測設計技術など最先端技術に強みを持っており、空気のいらないタイヤ開発やタイヤのリサイクルであるリトレッドなども行っています。
タイヤ以外にも、スポーツ領域や建築・土木といったさまざま領域におけるゴム製品にも携わっている多角化事業も押し進めています。
転職における募集職種としては、事務系と技術系の2つの職種で募集を行っており、タイヤやサービス、ITといったソリューション関連の募集が多い傾向にあります。

初めての転職でブリヂストンを目指すならまず「ビズリーチ」!

・ブリヂストンの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ブリヂストンの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • ブリヂストンの企業概要
  • ブリヂストンの転職ポイント
  • ブリヂストンの社風や企業文化

ブリヂストンに転職するポイント

ブリヂストンの特徴

POINT

  • ・タイヤ市場で世界トップシェア1位
  • ・150カ国以上で事業を展開している
  • ・ブリヂストン売上のうち80%がタイヤ事業

ブリヂストンへ転職するポイント

POINT

  • ・公式サイトにおける中途採用の募集頻度は少なめ
  • ・募集職種は事務系と技術系の2職種に分けられる
  • ・「少数精鋭主義」という考えを持っており優秀な人材が多い

ブリヂストンの企業概要

会社名 株式会社ブリヂストン
本社所在地 東京都中央区京橋3−1−1
社長 石橋 秀一
設立 1931年3月1日
株式 東証1部,名証1部,福岡
株主構成(2020年第2四半期) 公益財団法人石橋財団(10.89%)
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)(7.48%)
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)(4.32%)

ブリヂストンの売上


ブリヂストンの売上推移

事業年度 2018年度 2019年度 2020年度
売上高 3,650,111百万円 3,507,243百万円 2,994,524百万円
経常利益 381,132百万円 316,823百万円 222,932百万円

※2020年度に関してはIFRS移行に伴い、「調整後営業利益」を表示

ブリヂストンの最新ニュース

ブリヂストンの事業内容

ブリヂストンでは、ゴムの技術を主力とした活動を行っています。
主にタイヤ事業が多くの売上を占めていますが、免震ゴムやホースに加えて自転車やゴルフ関連など、タイヤ以外のゴム関連製品にも領域を広げています。
また、ゴム製品以外にも、ITやタイヤのリサイクルを含めた、タイヤを取り巻く課題に対するソリューションの提供も行っています。

タイヤ事業

タイヤ事業は、連結事業別売上の80%を占めている事業で、乗用車やトラック、バスをはじめ、航空機、モーターサイクル、建設・鉱山車両などに必要とされるさまざまな種類のタイヤを提供しています。
タイヤの半分を占めるゴム素材のコントロールに長けており、ゴムに加えて複数の添加材料の配合技術や異素材との接着技術、振動・変形といった予測設計技術など最先端技術が強みの事業です。
また、最先端技術を駆使した空気がいらないタイヤの開発を進めるなどさまざまな試みも行っています。

多角化事業

タイヤ事業以外にも免震ゴムやコンベヤベルト、自転車、スポーツ用品の加工をメインとしている事業です。
その他にも、建築・土木・農業といった産業で必要とされるホースをはじめ、半世紀にわたって資源開発や発電といった生活の基盤、搬送システムの中核であるコンベヤベルトなども取り扱っています。
スポーツ・サイクル関連では、オリンピック・パラリンピックと組織統合を行うなど、ブリヂストンのブランド活動にも力を入れています。

ソリューション事業

タイヤやIT、サービスに加えすり減ったタイヤを再利用するリトレッドなどを総合的に提供するソリューション事業を行っています。
例えば、航空機タイヤソリューションでは、タイヤとリトレッド、サービスを提供し、運送ソリューションでは、リトレッドとサービス、ITの提供を行うなどタイヤを取り巻く課題解決に力を入れています。

ブリヂストンの募集要項

新規ソリューションビジネスモデル企画・推進

モビリティソリューションの実現および進化のために必要な新ビジネスモデルの確立のため、対象顧客・市場調査に加えてコンセプト立案から事業立ち上げを担当します。
モビリティとは、自動車運転技術やシェアリングサービスといった人やモノの移動の意味を持っており、グローバル展開・拡大に向けた戦略構築を目的としています。
その他にもスタートアップを含めた事業戦略企画推進やソリューション戦略の社内外への情報発信活動も担います。

必須な経験・スキル

  • ・経営企画や事業企画、マーケティングなどの経験
  • ・ビジネスレベルの英語力

デジタルソリューションの企画・開発・推進

海外のR&Dや商品戦略部門と連携しながら、デジタルトランスメーションの推進を担います。
具体的な業務内容として、ワイヤフレームモデルの段階から新規機能・UI開発やアプリ家ションのパフォーマンスおよびUXの最適化業務を担当します。
また、Webアプリケーションの開発・単体テストや開発者およびデザイナーなどとの連携による、最適なアーキテクチャや高品質のソリューションを押し続ける役目もあります。

必須な経験・スキル

  • ・Android/iOS等のモバイルアプリケーション開発経験
  • ・日常レベルの英語力

設備保全エンジニア

ブリヂストンのタイヤ工場において、製造用設備の保全やメンテナンス業務を担当します。
具体的な業務内容としては、1日工場内の機械を停止したメンテナンス・不具合点検や設備保全の改善案指示および実施を担います。
また、不具合やトラブル発生時の対応や設備装置変更および設備日程の計画・実施業務も行います。
機械系保全経験や電気保全経験などの経験やスキルを持っていれば大きなアピールとなるでしょう。

必須な経験・スキル

  • ・機械、電気、電子機械に類似する学科の卒業者
  • ・工場、メーカー等において設備保全に携わった経験

ブリヂストンの転職難易度

ブリヂストンの転職難易度は高いといえます。
理由としては、公式サイト内の中途採用募集情報が掲載されることが少ないため、ブリヂストンへの転職の間口は狭いといえます。
また、タイヤ市場では世界トップシェアを誇っており、ブランドの知名度も広く知れ渡っているため、採用倍率が高くなる可能性が高いです。
また、年収も他メーカーよりも高いのに加え優秀な人材がそろっているため、転職難易度は高いといえます。

ブリヂストンが転職者に求める人物像

ブリヂストンでは「少数精鋭主義」を基本とした人材育成に力を入れており、若手のうちから広い領域の業務を担当することになります。
この考えから、大きなプレッシャーに押しつぶされず、裁量のある仕事をこなすことで、自己の成長および広い視野でビジネスを考えることのできる人物が求められているといえます。
また、ブリヂストンでは新風を吹き込んでいることを期待しているため、前職の経験に加え多様な価値観を持っている人物も求めています。

ブリヂストンの転職までの流れ

ブリヂストンの選考フロー

書類選考

筆記試験

最終面接

想定選考官:人事・志望先の部長・本部長
想定内容:志望動機やこれまでの経験など、基本的な質問をされます。

内定

ブリヂストンの面接形式

面接は基本的に1対1~2で行われます。
面接回数はポジションや応募人数によって異なりますが、1~2回あります。
面接1回あたりの時間は30分~1時間程度です
面接時には、筆記試験(SPI)が行われます。

ブリヂストンの面接内容

基本的に選考官が気になった内容を質問され、後半はこちらから質問するという流れで進んでいきます。
面接の質問内容としては基本的には、志望動機や入社後に何をしたいかといったオーソドックスな内容を質問されます。
また、転職に関した質問では
「あなたの経験や知識をブリヂストンでどう活かせますか?」
「前職で最も結果を残した業務は?」
といった質問がされるようです。
その他には、今後のブリヂストンに必要なモノは何かといった質問や、年齢によっては研究および専攻分野に関する内容が問われます。

ブリヂストンで働いている方の評判・口コミ

企画、在籍5~7年、男性
テレワークや育児休暇の制度が整備されて多様性が尊重されるようになったと感じる。また、テレワークなど社内のWeb会議システムが充実やフレックス制度、年休の取得のしやすさなどにも取り組んでいる印象がある。
管理部門、在籍3~5年、女性
組織体制に関して、企業規模の割には縦の組織階層が少ないと感じる。部門にもよるが、役員との距離感は思ったほど遠くはなく、若手にも役員へ発言する機会は与えられやすく、裁量のある仕事を任せる風土はある。
製品開発、在籍15~20年、男性
部署に配属された後も、社内公募制度や新設のジョブマッチング制度があるので、一定の期間が経つと希望部署へ移動がしやすい環境が整備されています。また、e-ラーニングやワークショップ形式を中心とした研修制度が多数にあるのでスキルアップの環境は整っていると感じます。

口コミの要約縦の組織階層が少なく、役員との距離感も遠いわけでもないので、若い社員でも発言する機会が多いのに加えて大きな裁量を任せられます。また、異動においても希望が通りやすいです。さらに研修施設も充実しておりスキルアップ環境が整っているといえます。テレワークや育児休暇などライフワークバランスも向上しているとの口コミもありました。

ブリヂストンの年収・給与

年収 728万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 持株制度、保養所、スポーツクラブ、診療所など

ブリヂストンでの転職者の出世難易度

ブリヂストンの出世難易度は比較的高いです。
前提として、新卒社員と中途社員で出世や待遇の違いはほとんど無く、多くの中途社員が管理職や専門職として活躍しています。
実績を残したり試験に合格することで、アルバイトでも主任や課長など上を目指せる場合もあるため出世に関しては、実力主義といえます。
部長職までは出世がしやすいそうですが、それ以上の役職に関しては、プラスの要素が必要との声もあります。
入社数年間での働きぶりや上司との人間関係によってある程度見極めが行われ、出世ルートに乗る人もいます。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 なし 700万円
30代中盤 なし 800万円
30代後半 なし 800万円
40代前半 なし 1,100万円
40代後半 課長 1,200万円
50代後半 なし 1,700万円

ブリヂストンはどんな人が働いている?

ブリヂストンの従業員数

(単独)14,858名
(連結)138,036名

ブリヂストンの平均年齢

40.0歳

ブリヂストンの平均勤続年数

14.0年

ブリヂストンの社風

ブリヂストンでは、今まで伝統的な日本企業といった社風がありましたが、昨今ダイバーシティの考え方を取り入れ始めているため、女性や外国籍の活躍の場が増えてきています。
また、日系企業の文化を脱するためトップダウンからボトムアップへの方針に力を入れているようです。
ブリヂストンというブランドのもと、プライドを持ったエンジニア気質の人も多いため、優秀な人材が多い傾向にあります。
また、コンプライアンスに関しても非常に敏感で、リスク軽減に力を入れています。

ブリヂストンのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 9:00~17:30
休日 土日祝日(週休二日制)
その他の休日・休暇 ゴールデンウィ―ク、夏季休暇、年末年始休日、慶弔休暇など
平均残業時間 月10~20時間
フレックス制度 有り(コアタイム:10:00~14:00)
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

ブリヂストンの社長

石橋 秀一

1954年生まれ、福岡県出身、株式会社ブリヂストン取締役代表執行役CEO。
1977年静岡大学人文学部卒業後、同年ブリヂストンに入社し、1989年には米国会社ファイアストンタイヤアンドラバーカンパニーへ派遣。
2003年日本帰国後は、執行役員を務め、2019年には代表執行役副会長に就任。
米国と日本における現場にて全てのタイヤおよび多角化事業を担当し、2012年以降は新規ソリューション事業や直需事業構築など幅広い業務を担当。2020年に取締役代表執行役CEO就任しました。

ブリヂストン現職、OB/OGの有名人

津谷 正明

1952年生まれ、東京都出身、株式会社ブリヂストン取締役会長
東京都立青山高等学校卒業後、1976年一橋大学経済学部を経て、同年ブリヂストンに入社し、1983年にはシカゴ大学経営大学院を修了しMBAを取得。
国際業務を長期間担当し、2006年執行役員グループCEO室担当、2008年取締役執行役員、2011年には代表取締役専務執行役員を務める。
2012年の代表取締役執行役員CEO就任の際には、国内事業に加えてグローバル事業への展開を指針とした。
同年に、日本自動車タイヤ協会会長やタイヤ公正取引協議会会長なども務め、2016年には取締役代表執行役CEO兼取締役会長、2020年にはブリヂストン取締役会長に就任しました。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声がわからない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。

よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。

それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。


※画像はイメージです。現在掲載中のものとは内容が異なる可能性があります。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞ける上、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

キャリーナ公式サイトへ

ブリヂストンの転職に関わるQ&A


ブリヂストンの年収は、メーカーの平均より比較的高いといえます。
基本給は一般的かそれ以上ですが、年2回のボーナスは非常に高く、変動することはあまりなく安定して支払われるので、結果的に高い年収となります。
また、年に3回程度査定があり、実績や評価によっては賞与を増加させる要因となります。

女性の採用を増やしており、新卒では男女の区別なく教育されるなどしているのに加えて、女性の基幹職登用を積極的に行っているため、女性でも活躍することのできる環境といえます。
また、女性のワークライフバランスに関しても、育休・産休制度や時短勤務、生理休暇などが用意されており、育児休暇に対して理解のある人もいるため取得しやすいとの声もあります。

ブリヂストンへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ブリヂストンの公式サイトにある採用情報からキャリア採用情報ページに移動し、職種を選ぶことでエントリーが可能です。
求人情報をはじめ、ブリヂストンの事業および考え方や開発現場の情報など、さまざまな情報が掲載されているので、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、ブリヂストンでは中途採用募集情報が掲載される頻度が多くはないため、随時チェックする必要があります。
募集内容の具体的な内容が知りたい場合や、非公開求人に応募したい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ブリヂストンの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

豊富な求人の中から希望の転職先を探すなら「転職サイト」

ブリヂストンへの転職を目指すなら、企業案件数が豊富であり、ハイクラスの求人案件をメインに取り扱っている転職サイト「iX転職」がベスト。
iX転職では担当するアドバイザーの評価をチェック可能で、厳選された企業とヘッドハンターからのスカウトも届くので、自分に合った転職先が見つかりやすいという特徴があります。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つ。
・求人数が豊富に掲載されている
・自分の予定や都合に合わせた転職活動が可能
・希望条件の求人を見つけたらすぐに応募できる

豊富な職種や企業の中から自分が希望する求人を探したい方や、スケジュールの都合でなかなか転職活動ができない方には、転職サイトの利用がおすすめです。
また、最近では本格的に転職エージェント利用する前の下調べに転職サイトを利用する人も多く、ブリヂストンではどのような募集がされているのか募集要項、必須スキルなどをざっくり知りたい方は事前にチェックしてみると良いでしょう。

iX転職では高年収求人がメインでブリヂストンなど有名企業の募集を多数掲載!

iX転職から届くスカウトメールです。

※画像はイメージであり、タイミングによって掲載内容が異なる場合があります。
ハイクラス求人をメインに取り扱っているiX転職だけあって、提示されている年収は最低800万からと比較的高く、求人によっては年収の相談も可能です。
また、転職サイトの中でもiX転職では一般的に公開されていない非公開求人が比較的多い傾向があり、キャリアアドバイザーに相談することで紹介してもらえる場合もあります。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

ハウス食品グループへの転職。面接の内容や社員の口コミをご紹介

ハウス食品転職者の主なキャリアステップ ...

味の素への転職情報を調査!求人情報や事業内容などのまとめ

味の素へ転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー 食品関連企業 アクセンチュアなどの コンサル 総合商社 味の素株式会社に転職 次の転職先 ハウ...

株式会社ポケモンへの転職は難しい?求人情報や年収などを解説

ポケモン転職者の主なキャリアステップ 前職 セガ、スクウェアエニックス、任天堂などのゲーム関連企業 株式会社ポケモンに転職 次の転職先 DeNA GAME...

ロート製薬に転職するには?面接傾向や対策のポイントなどを解説

ロート製薬転職者の主なキャリアステップ 前職 大日本住友製薬、東和薬品などの製薬メーカー マンダムなどの化粧品メーカー 富士通 DeNA ロート製薬株式会社に転職 ...

第一三共への転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

第一三共転職者の主なキャリアステップ 前職 アステラス、イーライリリーなどの製薬会社 協和発酵、アムジェンなどのバイオテクノロジー企業 第一三共株式会社に転職 ...

武田薬品への転職は難しい?年収や口コミなど解説

武田薬品転職者の主なキャリアステップ 前職 大日本製薬、大正製薬などの製薬会社 銀行 証券 生保 特許事務所 メーカー 武田薬品工業株式会社に転職 ...

塩野義製薬の転職事情。転職難易度や面接内容などを解説

塩野義製薬転職者の主なキャリアステップ ...

ヤンマーの転職事情。難易度や面接内容など解説

ヤンマー転職者の主なキャリアステップ 前職 日立、シャープ、パナソニックなどの電機メーカー ホンダ、日産などの自動車メーカー ヤンマーホールディングス株式会社に転職 ...

QDレーザへの転職。面接の口コミや売上、年収などを解説

レーザ技術を用いた半導体レーザチップなどの開発、製造、販売を手掛けているQDレーザ。富士通で培われていた量子ドットレーザ技術を活用したベンチャー企業としてスタートした、光デバイスを製造する東証マザーズ上場企業です。小型化された半導体...

MTGへの転職は難しい?面接内容や事業内容などを解説

▼下記は、MTGに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからMTGに転職してくるのか ・転職先:MTGからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

TOP