ツールベンダー

HubSpot Japanの転職難易度は?年収や面接のポイントを徹底解説

▼下記は、HubSpot Japanに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからHubSpot Japanに転職してくるのか
・転職先:HubSpot Japanからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

HubSpot Japanの主な転職元・転職先

学歴

HubSpot Japanの社員の学歴は、大学、大学院卒などが多く、海外大学出身者も多く在籍しています。

職歴

HubSpot Japanに在籍する社員の職歴として、楽天などのWEB系事業会社や、システナなどのSIerキーエンスなどのメーカーが挙げられます。

退職後の主な転職先

HubSpot Japanでは転職の事例はあまり多くありません。事例を挙げるとしたらホテルグループなどのへの転職事例が挙げられます。

HubSpotは、世界120カ国以上の95,000社以上で導入されている世界一のインバウンドマーケティング・セールス・カスタマーサービスプラットフォームを提供する企業です。
HubSpotは、BOSTON BUSINESS JOURNAL「ボストンで最も働きたい企業」で1位を獲得、Fortune「10 Best Medium Workplaces in Tech 2016」(最も働きやすい中堅IT企業)で2位、Glassdoor「Best Places to Work 2018」(最も待遇の良い米国企業ランキング)で7位を獲得するなど、世界的に人気の高い企業となっています。
社員数は全世界で4,225名が在籍。日本支社であるHubSpot Japanは東京都千代田区大手町にオフィスを構えています。
現在HubSpot Japanでは、セールスやトレーナーなどのポジションで、今のHubspotにはない優れた何かを持つ人材を求めています。

HubSpot Japanへの転職を目指すなら「iX転職」を見るべし

・HubSpot Japanの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
・大手やハイクラスの求人情報を知りたい。
・現職や、特定の企業にばれずに転職活動をしたい。

そんな方に最もおすすめしたいのが、大手やハイクラス求人を豊富に取り扱っていてる人材大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が手がける「iX転職」。

また、まだ転職するつもりはなくても、情報収集として、事前にiX転職をチェックしておくと、目指す業界・職種などの傾向を把握することができます。

現職や特定の企業に対し、自分の情報を非公開にすることができるため、設定した企業にばれずに安心して転職を進めたい方にもマッチするサイトです。

この記事でわかること

  • HubSpot Japanの企業概要
  • HubSpot Japanの転職ポイント
  • HubSpot Japanの社風や企業文化

HubSpot Japanに転職するポイント

HubSpot Japanの特徴

POINT

  • ・世界120カ国以上の95,000社以上で導入されているプラットフォームを提供
  • ・CEO専用の部屋がないほど風通しの良い環境
  • ・Glassdoor「働きやすい企業」ランキング1位

HubSpot Japanへ転職するポイント

POINT

  • ・企業理念「HEART」に共感できる人材を求めている
  • ・複雑な課題に対し、角度を変えて観察しシンプルな解決策を提供できるかが重要
  • ・東京支社では営業・人事・開発など幅広い職種で求人を出している

HubSpot Japanの企業概要

会社名 HubSpot Japan株式会社
本社所在地 東京都千代田区大手町2-2-1新大手町ビル 9F xLink内
東京事業責任者 伊田 聡輔
社長 ブライアン・ハリガン
設立 2016年2月
株式 上場(ニューヨーク証券取引所)
株主構成 バンガードグループ株式会社8.29%
フィデリティマネジメント&リサーチ株式会社 7.98%
T.ロウプライスアソシエイツ社7.94%

HubSpot Japanの売上

HubSpot(日本法人)は非上場のため売上高は公表していません。そのため、代わりにHubSpot(米国法人)の業績を記載します。

HubSpot Japanの売上推移

事業年度 2018年度 2019年度 2020年度
売上高 512,980千ドル 674,860千ドル 883,026千ドル
営業利益 -48,258千ドル -46,991千ドル -50,828千ドル

HubSpot Japanの最新ニュース

HubSpot Japanの事業内容

HubSpot Japanは、中小企業から大手企業までのビジネス成長を支援するソフトウェア・サポートを提供するHubSpotの日本支社です。
主なソフトとしては顧客関係管理(CRM)プラットフォーム「HubSpot」が挙げられます。「HubSpot」はマーケティング、販売、サービス、webサイト管理製品が含まれ、SFAとしての機能も利用可能です。これらの製品は無料でスタート可能で、利用者のニーズに合わせて拡張できます。
拡張機能の例として、アナリティクスやリードジェネレーションなどインバウンドマーケティングの支援を行うソフトウェア「Marketing Hub」や、コンテンツマネジメントに欠かせないCMS「CMS Hub」Sales Hub、CS向上のための顧客関係管理を行うソフトウェア「Service Hub」などが挙げられます。
「HubSpot」は現在120カ国以上の95,000以上のユーザーから利用されています。
HubSpotの現CEOブライアン・ハリガン氏は日本在住経験があり、HubSpotの日本進出はリリース直後からの宿願とされていたため、2016年の開設以降、日本支社ではカルチャーコードが全翻訳され公開されるなど、存在感のある支社となっています。
HubSpot Japanは国内ユーザーのサポートを主な業務とし、既存の枠にとらわれない柔軟な発想で顧客の課題解決にコミットしています。
HubSpotの今後の動きとしては、Sales Hub Enterpriseの刷新、Marketing Hubの価格設定の変更、ABMツールの追加などが挙げられ、これからも定期的にユーザーのニーズに応える新たなソリューションの企画・構築・提供が続けられるでしょう。

HubSpot Japanの募集要項

Business Development Rep (BDR)

日本国内の営業チームに加わるビジネス開発担当者ポジションです。
主な業務としては、電話営業によりリードの獲得、見込み顧客への戦略の策定、製品デモンストレーションのスケジュール管理、見込み顧客とのニーズアクセスメントコールの実施などが挙げられます。
HubSpot JapanのBDRチームに加わることで、キャリア成長が期待できるポジションで、ここで培った経験は自身のキャリア形成の大きな分岐点となるでしょう。

必須な経験・スキル

  • ・HubSpotでも通用する前職の大きな実績
  • ・バイリンガルレベルの英語スキル
  • ・課題に対しチームで解決する姿勢

Contract Manager

HubSpotの契約マネージャーとして、契約に関する問い合わせを処理するポジションです。
顧客と社内メンバーとの密なコミュニケーションが重要視されるポジションであるため、優秀なチームリーダーとしての素質が求められます。
主な業務としては既存顧客のフォロー、新規顧客からの問い合わせの処理、契約管理、請求に関する課題の発見と解決などが挙げられます。

必須な経験・スキル

  • ・カスタマーエクスペリエンスの作成スキル
  • ・顧客との交渉やメンバーと顧客の折衝スキル

Training Facilitator

HubSpot Japanのトレーニングファシリテーターとして新入社員に、HubSpotの使命や文化、プロセス、ポリシーなどを習得させるための経験を与えるポジションです。
新しいトレーニングプログラムを構築し、新入社員のTTRを最大限に短縮させることが主なミッションとなります。
グローバルなオペレーションチームと協力し、HubSpot Japanの新入社員のスキルや知識の向上を促進します。
企業文化への深い理解が必須となるため、転職難易度の高いポジションとなりますが、世界的な大手企業の人材育成という非常に重要度の高い役職となるため、その分やりがいも大きいでしょう。

必須な経験・スキル

  • ・日本語と英語のバイリンガル
  • ・急速な変化に適応する能力
  • ・ファシリテーション、グループトレーニングのベストプラクティスの理解

HubSpot Japanの転職難易度

HubSpot Japanの転職難易度は非常に高いです。
募集されているポジションは多く、比較的多くのキャリア採用を行っていますが、実際に採用される人材はほんの一握りとなります。
世界的に知名度の高い人気のある企業であるため、多くのライバルがいることが想定できます。
また、企業側からも即戦力と働ける高度なスキルや知識と能力が求められるので、難易度は非常に高いといえるでしょう。
HubSpot Japanへの転職を目指すなら、十分な準備を行い、面接官に即戦力として活躍できる人材であることを認めさせられるかどうかが肝心です。

HubSpot Japanが転職者に求める人物像

HubSpot Japanの求人情報には定量的な必須事項はほとんど記載されておらず、チームとして課題を解決する能力が重要されていることがわかります。
そのため、HubSpotが掲げるカルチャーコード「HEART」への理解は必須といえます。
「HEART」とは、Humble(謙虚)Empathetic(共感性)Adaptable(柔軟性)Remarkable(卓越した長所)Transparent(透明性)の頭文字をとったHubSpotが求める人材の特徴です。
それぞれの意味となぜ HEARTをHubSpotが重視しているのか、HEARTのある人材がどのようなメリットをHubSpotで産むのかを理解した上で面接に臨みましょう。

HubSpot Japanの転職までの流れ

HubSpot Japanの選考フロー

エントリー・書類選考

電話面接

想定選考官:人事
想定内容:転職者のスキル・知識の深さやHubSpotの文化にマッチした人材かを判断されます。

マネージャーによる電話面接

想定選考官:人事・採用マネージャー
想定内容:仕事内容に関する具体的な質問を受け、スキルだけでなく学ぶ姿勢も判断されます。

対面面接(最終面接)

想定選考官:HubSpotter(従業員)
想定内容:3~5名のHubSpotter(従業員)とzoomによる対面面接を行います。

内定

HubSpot Japanの面接形式

面接は1対複数や1対1で行われます。
面接回数は基本的に2~3回ですが、職種によって異なる場合があります。
1回あたりの時間は1時間程度です。

HubSpot Japanの面接内容

面接は、志望動機やこれまでの経験など、オーソドックスな質問から進みます。
また、問題解決に必要な論理的思考を持っているかを確認するような質問が多い傾向があります。
実際のケース問題を課せられ、課題に対しどのように解決するのか、より具体性を持った回答が求められるため、前職での実績などと併せ根拠を持った解決方法を提案しましょう。
また、フェルミ推定問題を出される場合もあり、実際に出た有名な問題としては「40,000ドルでビジネスを始めるとしたら何をしますか?」という質問が挙げられます。
スキルと知識、柔軟な発想と共に「HEART」の理解も重視されるため、面接の前にしっかりと準備しておきましょう。

HubSpot Japanで働いている方の評判・口コミ

法人営業、在籍1~3年、男性
スタートアップなので若い人材が多く成長できる環境が整っていると感じました。将来マネージャーを目指す方には最適な環境で、入社して間もない時期でも実力次第で様々なことにチャレンジできます。結果にはシビアですが、チームで支え合う社風があるので、お互い高め合うことができます。

営業、在籍1~2年、女性
女性のマネージャーも世界中にいることからわかるように、女性が働きやすい環境が整っている。男性も育児休暇を取得することができ、性別問わず実力が正当に評価される。
営業、在籍1~3年、女性
アンリミテッドの有給が付与されているため、調整は非常にしやすい。目標を達成できる実力があれば非常にワークライフバランスが良い環境と感じることができます。年に2回ノルマを半分にできる制度もあるため長期休暇を取得して海外旅行に行く方もいました。
口コミの要約

HubSpot Japanの口コミを見てみると、HubSpotでしか経験できないような刺激を受けられ、自身の成長に繋げられる旨のものが多くみられます。そのほかにはワークライフバランスの良さに関するものや、企業理念へのリスペクトを感じされる内容の口コミが多くみられました。

HubSpot Japanの年収・給与

年収 600万円~1,000万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 記載なし
固定残業手当 記載なし
通勤手当 記載なし
住宅手当 記載なし
福利厚生 記載なし

HubSpot Japanでの転職者の出世難易度

HubSpot Japanの出世難易度は非常に高いです。
営業担当の場合はノルマの達成はマストとなり、それ以上の活躍が求められます。ほとんどのメンバーが望まれる以上の仕事をこなしているため、その中で目立つ実績を残すことは簡単なことではありません。
また、単に自分のスキルを伸ばして個人の実績を伸ばすだけでなく、チームで課題を効率的に解決していく姿勢が求められるため、メンバーのスキルを伸ばすサポートを行いながら互いに切磋琢磨していく必要があります。
ただし、在籍年数やプロパーかどうか、性別などで評価の指標が変わることはないため、実力次第では素早く出世することも可能でしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 700万円
30代前半 なし 800万円
30代後半 なし 1,200万円
40代中盤 なし 1,200万円
40代後半 なし 1,500万円
50代前半 なし 1,200万円

HubSpot Japanはどんな人が働いている?

HubSpot Japanの従業員数

4,225名

HubSpot Japanの平均年齢

記載なし

HubSpot Japanの平均勤続年数

記載なし

HubSpot Japanの社風

HubSpot Japanは、チームで課題を達成することに重きをおく文化があるため、非常にフラットで風通しの良い環境が整っているのが大きな特徴です。
また、様々なことにチャレンジしやすい環境も整っており、失敗を恐れ行動しないよりも、失敗することを良しとする社風もあります。そのためには周りのフォローは必須となるため、自然とコミュニケーションが多くなる環境となっています。

HubSpot Japanのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 記載なし
休日 記載なし
その他の休日・休暇 記載なし
平均残業時間 月20〜30時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 記載なし

HubSpotの社長

ブライアン・ハリガン

1967年生まれ、マサチューセッツ州出身。
MITスローン経営大学院でMBAを取得後、PTC.INCへ入社。太平洋地域の上級副社長に就任したのち、Groove Networksへ転職。その後1社を経験したのち、2006年にHubSpotを設立。
インバウンドマーケティングという手法を提唱した人物としても知られ、著書には『Inbound Marketing:Get Found Using Google, Social Media, and Blogs』(邦訳:インバウンド・マーケティング)』『Marketing Lessons From The Grateful Dead』(邦訳:グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ)が挙げられる。
Glassdoorの最も評価の高いCEO、女性が選ぶトップ5CEO、大企業のトップ5CEOに選ばれた経歴を持つ。

HubSpot Japan現職、OB/OGの有名人

伊田 聡輔

1976年生まれ、世田谷区出身。
早稲田大学経済学科卒業後、丸紅やDELL、Microsoftなどを経てGoogleへ入社。Google cloud事業本部長として、インサイドセールスプログラムの立ち上げを行い国内企業のデジタルトランスフォーメーションを推進する。2017年よりHubSpot Japanの共同事業責任者および営業部担当のディレクターとして同社に従事する。「マーケティングと営業の境界が曖昧になっている」と伊田氏は述べており、顧客を知ることについて重要性を説いている。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声がわからない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。

よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。

それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。


※画像はイメージです。現在掲載中のものとは内容が異なる可能性があります。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞ける上、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

キャリーナ公式サイトへ

HubSpot Japanの転職に関わるQ&A


HubSpotの最も大きな特徴はHubSpotが提唱するカルチャーコードにあります。カルチャーコードとは「HubSpotという会社の掟」であり、HEARTのほかに、ユニークである理由やそのため理念などがまとめてあります。HubSpotがどのような企業なのか深く知るためにもエントリーの前に必ず確認しておくことをおすすめします。


カルチャーコードには以下7つの項目が用意され、100以上のスライドから構成されています。
1.使命と収益
2.顧客志向
3.常識破りの透明性
4.自律性と責任感
5.優れた人材の確保
6.ユニーク
7.かけがえのない人生
これらを確認することで、HubSpotでの働き方についてのイメージがつきやすくなるめ、求人情報を確認するまえに一度目を通しておくことをおすすめします。

HubSpot Japanへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

HubSpot Japanの公式HPにある採用情報ページからエントリーすることが可能です。
求人情報をはじめ、カルチャーコードや社員インタビューなど、企業研究に役立つ情報が掲載されています。
ただし、公式HPの募集要項には、メンタル面についての必須要項や抽象的に業務内容を記載しているため、より詳しい情報を知ったうえでの転職を望むのであれば、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富な求人の中から希望ポジションを探すなら「転職サイト」

転職サイトからHubSpot Japanへの転職を目指すなら、企業数が豊富であり、ミドルクラス~ハイクラスの案件が多い「iX転職」がおすすめです。
iX転職では、自分の市場価値を長期的にサポートしてくれるヘッドハンターと出会えます。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つ。
・案件数の圧倒的に多い
・自分のペースで転職を進められる気軽さ
・応募までのスピード感

豊富な職種や企業が募集されているため、自分が希望するポジションを探したい方や、転職エージェントとのスケジュール調整がなかなかできないという方には、転職サイトがおすすめです。
また、最近では本格的に転職エージェントを活用する前の下調べに転職サイトを利用する人も多く、HubSpot Japanの募集要項や必須スキルなどをざっくり知りたい人は事前にチェックしてみると良いでしょう。

iX転職はハイクラス専門の転職サイト

iX転職には大手国内企業から、外資系スタートアップ企業などのハイクラスポジションの求人案件が多数あります。

※画像はイメージです。時期によって掲載内容が異なります。

また、iX転職は転職サイトの中でも比較的非公開求人が多い傾向があり、ヘッドハンターに相談すれば非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。

あなたがHubSpot Japanに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

SAPジャパンの転職事情。難易度や口コミなど紹介

▼下記は、SAPジャパンに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからSAPジャパンに転職してくるのか ・転職先:SAPジャパンからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せる...

Sky株式会社への転職は難しい?口コミや面接内容などを解説

▼下記は、Skyに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからSkyに転職してくるのか ・転職先:Skyからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

ワークスアプリケーションズの転職事情。難易度や口コミなどを解説

▼下記は、ワークスアプリケーションズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからワークスアプリケーションズに転職してくるのか ・転職先:ワークスアプリケーションズからどこへ転職するのか 一般的な傾向を...

アドビシステムズの転職情報!募集要項や給与などを解説

  ▼下記は、アドビシステムズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアドビシステムズに転職してくるのか ・転職先:アドビシステムズからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来...

Atlassian(アトラシアン)への転職。事業内容から面接のフローまでご紹介!

▼下記は、アトラシアンに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアトラシアンに転職してくるのか ・転職先:アトラシアンからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

シスコへの転職難易度は?年収や評判などを解説

  ▼下記は、シスコに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからシスコに転職してくるのか ・転職先:シスコからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

日本オラクルに転職したい方必見。転職難易度や給料、口コミなどをご紹介

  ▼下記は、日本オラクルに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本オラクルに転職してくるのか ・転職先:日本オラクルからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

ブレインパッドの転職難易度は?年収や面接内容などを解説

  ▼下記は、ブレインパッドに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからブレインパッドに転職してくるのか ・転職先:ブレインパッドからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりた...

マカフィーの転職難易度は?面接内容や口コミなど解説

▼下記は、マカフィーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからマカフィーに転職してくるのか ・転職先:マカフィーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

アカマイへの転職方法を解説!年収や評判もご紹介

▼下記は、アカマイに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアカマイに転職してくるのか ・転職先:アカマイからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

TOP