ツールベンダー

マカフィーの転職難易度は?面接内容や口コミなど解説

▼下記は、マカフィーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからマカフィーに転職してくるのか
・転職先:マカフィーからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

マカフィーの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、大学や大学院卒業などが在籍しており、中には海外大学出身者が多くいます。

職歴

マカフィー在籍者の主な職歴は、トレンドマイクロなどのセキュリティソフトメーカーIBMなどのSIerオラクルMicrosoftなどの外資系ソフトメーカーが挙げられます。

退職後の主な転職先

マカフィーからの転職先として主に、シマンテックなどのセキュリティソフトメーカーアマゾングーグルMicrosoftIBMシスコなどの外資系大手企業、さらには、KPMGなどのコンサルなどへ転職しています。

マカフィーは、コンピュータ関連のセキュリティソフトウェアとハードウェアを製造販売している企業です。
コンピュータ関連のセキュリティに関しては世界一の規模を誇っており、2013年には日本市場の占有率1位を獲得しています。
スパイウェア対策やサイトの安全性評価警告、フィルタリングなどが可能なハードウェア製品をはじめ、情報漏えい対策製品やウイルス対策製品など、幅広いセキュリティ製品を展開しています。
1987年設立、アメリカのカリフォルニア州に本社を構えており、382名の社員が在籍しています。
そんなマカフィーでは、セキュリティコンサルタントをはじめとしたさまざまなポジションで、高いスキルを持ち、チャレンジ精神を持っている人材を求めています。

マカフィーへの転職を目指すなら「iX転職」を見るべし

・マカフィーの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
・大手やハイクラスの求人情報を知りたい。
・現職や、特定の企業にばれずに転職活動をしたい。

そんな方に最もおすすめしたいのが、大手やハイクラス求人を豊富に取り扱っていてる人材大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が手がける「iX転職」。

また、まだ転職するつもりはなくても、情報収集として、事前にiX転職をチェックしておくと、目指す業界・職種などの傾向を把握することができます。

現職や特定の企業に対し、自分の情報を非公開にすることができるため、設定した企業にばれずに安心して転職を進めたい方にもマッチするサイトです。

この記事でわかること

  • マカフィーの企業概要
  • マカフィーの転職ポイント
  • マカフィーの社風や企業文化

マカフィーに転職するポイント

マカフィーの特徴

POINT

  • ・コンピュータ関連のセキュリティ製品を製造販売行っている企業
  • ・2013年に日本市場における占有率第1位を獲得
  • ・セキュリティ関連製品を幅広く展開

マカフィーへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的少ない
  • ・主にセキュリティコンサルタントで求人募集
  • ・高レベルのスキルを持ち、チャレンジ精神があることが重要

マカフィーの企業概要

会社名 マカフィー株式会社
日本所在地 東京都渋谷区道玄坂1丁目12番1号 渋谷マークシティウエスト20階
社長 田中 辰夫
設立 1987年
株式 上場(NYSE)
株主構成(2018年3月期) TPGキャピタル(51%)
インテル(49%)

マカフィーの売上


マカフィーの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 2,409,000千USD 2,635,000千USD 2,906,000千USD
税引前利益 -450,000千USD -149,000千USD -259,000千USD

マカフィーの最新ニュース

マカフィーの事業内容

マカフィーは、セキュリティ関連のさまざまな製品を製造・販売を行っている企業です。
それ以外にも、セキュリティ戦略の立案から製品導入、運用支援まで一貫したサービスを提供も行っています。
現代では、サイバー攻撃が巧妙化と複雑化しており、製品単体ではセキュリティに限界がありますが、そういった状況を解決すべく、どのようなセキュリティが必要でどういった組み合わせが有効かなど、「多層防御」と「自動化」の取り組みを推進しています。
クライアントの抱えるさまざまな課題に対し、専門的なアプローチを展開、幅広くさまざまな角度からサポートを提供している企業です。
今後の展望として、セキュリティ基盤の全体最適化を図り、総合的かつ継続的な運用支援を行ってSOCやCSIRTなどのより効率的な実効性を与えることを目指しています。

マカフィーの募集要項

チャネルセールスシニアマネジメント

チャネル販売戦略を開発するポジションです。
具体的には、チームの理解を確実にするための定期的な販売レビューの実施や、ビジネス発展のために収益の促進などを行います。
そのほかにも、クライアントの要件を満たすために、関与フィールドのセールスエンジニアリングやサポート、管理リソースの調整なども行います。

必須な経験・スキル

  • ・エンタープライズソフトウェアのチャネル販売もしくは流通経験
  • ・営業チームのマネジメント経験

営業部長/事業開発

セールスやマーケティング、本社チームにて戦略的プログラムをサポートするポジションです。
具体的には、セールスプランニングプロセスの強化や予算計画プロセスの作成、戦略的プログラムのサポートなどを行います。
また、会議のコンテンツと議題の作成なども行うため、非常に責任が問われる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・日本語力と英語力がビジネスレベル
  • ・生産性や収益性を向上させるソリューションの構築経験
  • ・追跡または監視用のダッシュボードの作成経験 など

シニアセキュリティコンサルタント

セキュリティポリシーやルール、手順のドキュメントの作成や改訂を行うポジションです。
それ以外にも、マルウェア分析、ログやパケットの分析なども担当します。
さらには、セキュリティ製品とツールの設計や展開、運用も行うため、やりがいと責任を感じながら業務にあたることができるでしょう。

必須な経験・スキル

  • ・ソフトウェア開発やプログラミングの経験
  • ・Webアプリケーションの開発経験
  • ・コンサルティングサービスの実務経験 など

マカフィーの転職難易度

マカフィーの転職難易度は高いです。
国内シェアNo.1のセキュリティシステムを提供するマカフィは高い知識とスキルをもつ人材で構成されているため、一定以上のスキルと、前職での実績は必須と言えます。
また、マカフィーは総合セキュリティベンダーとして世界をリードしているため、知名度が非常に高く、人気のある企業です。
そのため、応募者が多くなることが想定できるため、そういったライバルに差をつける必要があります。
マカフィーへの転職を目指すなら、簡単ではないことを理解しておくことが肝心です。

マカフィーが転職者に求める人物像

マカフィーでは、積極的に挑戦するチャレンジ精神を持った人材を求めています。
また、失敗してもそれを糧に前向きなマインドを持っている人材も求めている傾向があります。
マカフィーは、セキュリティ関連の企業であり、現代においてセキュリティは常に変化し続けているため、臨機応変に対応できる能力が求められます。。
面接では、これらをアピールできるエピソードを複数用意してから臨むと良いでしょう。

マカフィーの転職までの流れ

マカフィーの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:所属部長・人事部長
想定内容:志望動機やこれまでの経験など、定型的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:人事部長・役員
想定内容:これまでの質問に加え、意識の高さを確認するような質問をされます。

内定

マカフィーの面接形式

面接は1対1で行われるのがほとんどです。
面接回数は基本的に2回ですが、職種によって異なる場合があります。
1回あたりの時間は1時間程度です。

マカフィーの面接内容

マカフィーの面接は、志望動機やこれまでの経験など、定型的な質問から進みます。
また、「セキュリティについて自由に述べて」や「数字に対するマインドを持っているか」など、意識の高さを確認するような質問をされます。
さらには、「マカフィーで何を実現したいか」や「あなたを入社させることでどんなメリットがあるか」などの質問をされるため、自己分析と企業研究は入念に行っておくことが肝心です。
面接の雰囲気は、面接官によって異なりますが、全体的に穏やかなので、必要以上に緊張せずに臨むことができるでしょう。

マカフィーで働いている方の評判・口コミ

プロジェクトマネージャー、在籍10年以上、男性
仕事で与えられる裁量は大きいので、数多くの業務を任せてもらえます。一方で仕事をこなせなければ評価はされないため、プレッシャーはありますが、それと同じくらいやりがいを感じながら働ける企業です。
テクニカルサポート、在籍5~7年、男性
自分から進んでスキルアップしようと行動すれば、学べる環境はいくらでもあると思います。その反面、受け身な方には、スキルアップできる環境はないかもしれません。外資系なため、率先して行動することが求められます。
その他の事務関連、在籍3~5年、女性
部署やポジションによって異なりますが、比較的有給は取りやすい雰囲気があると思います。特に急ぎの仕事がなければ定時で帰るということも可能です。ただし、部署によっては業務量が多く、残業するかもしれません。
口コミの要約

マカフィーの口コミを見てみると、裁量が大きくさまざまな仕事を任せてもらえるため、やりがいを感じながら働けるということが伺えます。一方、ネガティブな口コミとして「部署によって仕事量が多く大変」という口コミが多く見られます。

マカフィーの年収・給与

年収 644万円
ボーナスの有無 年4回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り(全額支給)
住宅手当 記載なし
福利厚生 各種社会保険完備、資格取得支援制度、慶弔見舞金制度など

マカフィーでの転職者の出世難易度

マカフィーの出世難易度は非常に高いです。
実績を多く残し、スキルや経験を身に付けることで、時間はかかっても部長クラスまでなら出世することができます。
しかし、それ以上の役職は空席が基本的に空くことはなく、部長以上に出世となると至難の業でしょう。
ただし、仕事に対する評価は新卒や中途など関係なく、平等に評価されるので、頑張ったら頑張った分だけ正当な評価をされるといえます。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

30代前半 なし 700万円
30代中盤 なし 800万円
30代後半 なし 1,300万円
40代前半 なし 900万円
40代後半 部長 2,000万円
50代前半 部長 1,800万円

マカフィーはどんな人が働いている?

マカフィーの従業員数

382名(単独)
約7,200名(連結)

マカフィーの平均年齢

36.8歳

マカフィーの平均勤続年数

記載なし

マカフィーの社風

マカフィーは比較的自由に働くことができる社風です。
一定以上のパフォーマンスを出していれば裁量範囲は広く、さまざまなことに取り組ませてもらえる環境があります。
また、外資系特有のオープンでフランクなカルチャーがありながらも、日本企業のような風土があります。
自由に働きながらさまざまな業務にチャレンジしたいという方には、向いている企業といえるでしょう。

マカフィーのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~18:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年次有給休暇、私傷病休暇、メモリアル休暇、夏季休暇など
平均残業時間 月31時間
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

マカフィーの社長

田中 辰夫

1999年にネットワークアソシエイツ(現・マカフィー)に入社、翌年には取取締役営業本部長に就任。
2004年に取締役コンシューマ営業統括本部長に就任、日本市場におけるコンシューマビジネスの立ち上げから従事。
2005年に一旦マカフィーを離れるも、2010年に再入社。
翌年、取締役専務執行役員兼インテル米国本社の売図プレジデントに就任、2018年に取締役副社長に就任。
2019年よりマカフィー株式会社代表取締役社長に就任、現在に至る。
PCやISPのサービスなどに個人向け製品をバンドルするBtoBtoCのモデルを推進した人物。

マカフィー現職、OB/OGの有名人

山野 修

東京工業大学大学院制御工学修士号取得、スタンフォード大学ビジネススクールExecutive MBA取得後、AT&T Bell Laboratories社に入社、ロボット光学と人工知能の研究員として従事。
その後は、横河ヒューレット・パッカード株式会社(現・日本HP株式会社)や、オートデスク株式会社にて、ソフトウェアの研究開発やマーケティングに従事。
1997年にコンピュータ・アソシエイツ株式会社(現・日本CA株式会社)の企業設立に携わり、それと同時にマカフィーでウイルス対策市場の発展に取り組む。
2019年まで代表取締役社長を務め、現在は米国マカフィー副社長を務めている。
セキュリティ領域に関する日本での事業統括を行った人物。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声がわからない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。

よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。

それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。


※画像はイメージです。現在掲載中のものとは内容が異なる可能性があります。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞ける上、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

キャリーナ公式サイトへ

マカフィーの転職に関わるQ&A


結論からいうと、マカフィーは部署やポジションによって大変さが変わってきます。
大変なところは仕事量が多く、激務になりがちになってしまうでしょう。
しかし、働いた分はしっかりと支給されるため、バリバリ働きたいという方には、向いている企業といえます。

女性社員も比多く在籍しています。
産休や育休の制度があるため、ライフイベントの際でも安心でしょう。
また、仕事に対する評価は、男女差別がないため、女性でも出世することができます。

マカフィーへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

マカフィーの公式HPにある採用情報ページから応募することが可能です。
求人情報をはじめ、マカフィーについてや利点、文化などが掲載されているので、応募する前に目を通しておくと良いでしょう。
ただし、求人情報は不透明なところがあり、イマイチ分からないという方も少なくありません。
もっと詳しい内容が知りたい場合や確実な転職を目指すなら、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富な企業情報の中から自分に合ったポジションを探すなら「転職サイト」

転職サイトを活用してマカフィーへ転職するなら、企業案件数が豊富で、ハイクラス求人を多く扱っている「iX転職」がおすすめです。
iX転職では自分の市場価値を長期的にサポートしてくれるヘッドハンターと出会えます。
自分の市場価値を客観的に知ることができるので、より自分に合ったポジションへの転職ができるという特徴があります。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。
・求人情報が豊富に掲載されている
・自分のペースで気軽に転職活動が進められる
・気になる求人があればすぐに応募できる

豊富な企業や職種の中から自分が希望するポジションを探したい方や、自分のペースで転職活動がしたい方は、転職サイトの利用がおすすめです。
また、ここ数年では、本格的に転職エージェントを活用する前の下調べとして、転職サイトを利用するという方も多く、まずはマカフィーの募集内容などを知りたいという場合は、一度チェックしてみるのも一つの手といえるでしょう。

iX転職では平均年収が高く、年収交渉も可能!

iX転職から届くスカウトメールです。

※画像はイメージです。タイミングによって掲載内容が異なります。

ハイクラス求人をメインに扱っているiX転職だけあり、提示されている年収が比較的高く、求人によっては年収交渉することができます。
また、iX転職は転職サイトの中でも比較的多くの非公開求人を持っている傾向があり、ヘッドハンターに相談することで、一般公開されていない非公開求人を紹介してもらえることがあります。

マカフィーに応募する前に一度相談!「転職エージェント」

マカフィーへの転職に対して、不安や疑問な点が少しでもある場合は、外資系に特化している専門転職エージェント「ロバート・ウォルターズ・ジャパン」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは主に3つ。
・キャリア相談や面接対策をはじめとした多角的なサポート
・今の自分を客観的に見てくれて、足りない部分を教えてくれる
・比較的多くに非公開求人を扱っている

転職エージェントでは、キャリア相談や面接対策などといった多角的なサポートがあり、内定までしっかりと導いてくれます。
また、キャリアアドバイザーに客観的に見てもらうことで、自分の足りない部分を教えてもらえるのも特徴の一つといえます。
転職エージェントは、そのときの転職活動だけを支援するだけではなく、転職希望者のキャリア形成全体を見てくれるため、確実な転職をしたい方には活用がおすすめです。

外資系企業への転職を目指すならロバート・ウォルターズ・ジャパン

ロバート・ウォルターズ・ジャパンに掲載されている求人は、基本的に英語表記になっています。

※画像はイメージです。タイミングによって掲載内容が異なります。

ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、1985年にロンドンで設立された比較的歴史が長い転職エージェントであり、ハイクラスの非公開求人を豊富に持っているので、マカフィーへ転職したいと伝えれば、目的にあったポジションを紹介してもらえる可能性があります。
また、国際的に展開する企業に対して強みを持っているため、マカフィーのような外資系企業へ転職するのであれば、ロバート・ウォルターズ・ジャパン一択といえるでしょう。
ただし、ロバート・ウォルターズ・ジャパンでは、日常会話ができる英語力を持っていることが大前提であるため、スキルや実績が足りていないと希望する案件は紹介してもらえないので、あらかじめ理解しておく必要があります。

あなたがマカフィーに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

プレイドの転職難易度は?面接内容や口コミなど解説

株式会社プレイドは顧客体験プラットフォーム「KARATE」の開発・提供・運営を主に行うSaaS企業です。 2011年設立の若いベンチャーですが、2019年にGoogleからの資金調達・戦略的パートナーシップの締結に成功し、2020年1...

セールスフォースへの転職。福利厚生や年収はどう?

  ▼下記は、セールスフォース・ドットコムに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからセールスフォース・ドットコムに転職してくるのか ・転職先:セールスフォース・ドットコムからどこへ転職するのか...

アカマイへの転職方法を解説!年収や評判もご紹介

▼下記は、アカマイに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアカマイに転職してくるのか ・転職先:アカマイからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

SATORI株式会社に転職するには?採用情報や転職難易度を調査!

SATORIの転職事情。難易度や面接内容などを解説 ▼下記は、SATORIに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからSATORIに転職してくるのか ・転職先:SATORIからどこへ転職するのか 一...

シスコへの転職難易度は?年収や評判などを解説

  ▼下記は、シスコに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからシスコに転職してくるのか ・転職先:シスコからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

Atlassian(アトラシアン)への転職。事業内容から面接のフローまでご紹介!

▼下記は、アトラシアンに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアトラシアンに転職してくるのか ・転職先:アトラシアンからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

デジタルアーツへの転職。面接内容や志望動機に役立つ情報を解説

▼下記は、デジタルアーツに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからデジタルアーツに転職してくるのか ・転職先:デジタルアーツからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せる...

GAテクノロジーズへの転職は難しい?口コミや面接内容などを解説

GAテクノロジーズは、AIを活用した総合プラットフォームを開発・運営する企業です。 「テクノロジー×イノベーションで、人々に感動を。」を理念に掲げ、不動産売買や賃貸、マンション投資といった不動産ビジネスを中心に変革を推進しています。 ...

サイボウズへ転職はおすすめ?年収や働きやすさなどについて調査

  ▼下記は、サイボウズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからサイボウズに転職してくるのか ・転職先:サイボウズからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

HubSpot Japanの転職難易度は?年収や面接のポイントを徹底解説

▼下記は、HubSpot Japanに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからHubSpot Japanに転職してくるのか ・転職先:HubSpot Japanからどこへ転職するのか 一般的な傾向を...

TOP