WEB・アプリサービス

メルカリの転職情報をご紹介。転職難易度や口コミ、残業時間などを解説

メルカリは、2013年2月1日に設立され、東京都港区に本社を構えています。

世の中では多くのモノ・サービスが生産・販売されています。誰かには価値があるのに捨ててしまうものなど、地球資源の無駄が多いと同社は考えており、「捨てる」を無くすために、個人間で簡単かつ安全にモノを売買できるフリマアプリ「メルカリ」を日本とアメリカで展開しています。

2018年10月時点では、エンジニアやデザイナー、マーケッター、データアナリストなど幅広い分野で中途採用募集をしています。

この記事でわかること

  • メルカリの企業概要や事業内容
  • メルカリへ転職するときのポイント
  • メルカリの給与や働き方など

メルカリへ転職する際のポイント

メルカリの特徴

POINT

・2013年設立の新しい会社
・社員の平均年齢が30.2歳と非常に若い
・若いITベンチャーだが年収が1,000万円を超えることもある

メルカリへ転職するポイント

POINT

・WEB事業者やコンサルティングファーム出身者が多い
・エンジニアからマーケッター、バックオフィス系の職種まで幅広く採用
・副業が可能

メルカリの企業概要

会社名 株式会社メルカリ
本社所在地 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー18F
社長 山田 進太郎
設立 2013年2月1日
株式 上場(東証マザーズ)
株主構成 山田進太郎(27.48%)
ユナイテッド(7.76%)
富島寛(6.72%)

メルカリの売上

年数 2016年 2017年 2018年
売上高 12,256百万円 22,071百万円 35,765百万円
経常利益 -97百万円 -2,779百万円 -4,741百万円
POINT

連結赤字は続いていますが、売上は順調に推移。2018年6月にはマザーズへ上場しています。
米国への事業展開やメルペイなどの成長見込みのある事業への先行投資を行なっている関係で全体としては赤字となっているものの、メルカリ単体の事業では黒字となっています。

メルカリの最新ニュース

メルカリの事業内容

メルカリでは、「物のシェア」によって資源の無駄をなくす「シェアリングエコノミー」に基づき、使わなくなったモノをオンライン上で個人売買できるフリーマーケットアプリを提供しています。フリーマーケット上で売買された売上を手数料として徴収することで、メルカリは収益を得ています。

オンライン上での個人売買は、オークションサービスがありましたが、フリーマーケット形式をオンラインで実現したのはメルカリが初となります。

メルカリはフリーマーケットアプリ事業以外に、グループ会社を設立し新規事業を展開しています。メルカリ級の新規事業開発を行う「株式会社ソウゾウ」、CtoCやシェアリングエコノミー事業などの新規事業を展開するスタートアップに対して投資する「メルカリファンド」、新しい決裁サービスなどを含むフィンテック事業を展開する「メルペイ」などがあります。

メルカリの募集要項

Data Analyst

メルカリ内のプロダクトのデータを分析し、施策の効果を測定していきます。プロジェクトマネージャーと共に、施策のPDCAを回す作業です。データを元に事業戦略の策定なども行います。

必須なスキル・経験

・SQLなどを使った分析経験
・ロジカルな思考、仮説力、統計に関する知見などの知識やスキル
・高いコミュニケーションスキル

Product Designer

メルカリのデザインやインターフェースの改善などを行います。他、新規サービスのUI設計なども行います。

必須なスキル・経験

・メルカリユーザーでメルカリが運用するサービスに精通していること
・WEBサービスやアプリサービスのUI設計の経験
・モバイルのUIに関する知識

Product Manager

メルカリ内の各種サービスにおける企画・開発・運用などを行う仕事です。プロダクト開発のプロセス・スケジュールに責任を持ち、個別の開発案件をリードするだけでなく、開発業務全般のサイクル改善なども行います。

必須なスキル・経験

・5年以上のスマホ向け製品やサービスのテクニカルプロダクトマネージャーとしての経験
・3年以上のAPI設計や開発、データモデルの経験
・情報系4年制大学卒または関連職種での業務経験など

Branding Designer

メルカリのブランドガイドラインの作成やイベントやグッズなどの作成、メルカリが抱えているサービスのサービス体験やクリエイティブの管理などの開発をする仕事です。

必須なスキル・経験

・メルカリのユーザーでメルカリが運用するサービスに精通していること
・販促物のデザインや制作などの経験が4年以上
・WEBデザインの経験やHTMLの設計業務が4年以上など

メルカリへの転職難易度は?

募集要項では経験者のみ採用となっており、所定のスキル・経験が必須となります。
転職者はメガベンチャーや大手企業出身者が多く難易度は高いといえますが、業務の拡大に伴いエンジニアを急募中なので採用の要件を満たしていれば可能性は十分にあると言えるでしょう。

同社の口コミからは、ベンチャー独特のハードな労働環境と言われながらも、意欲的に働いている人が多く、離職者が多くないという特徴があります。成長著しく、積極採用をしている今はチャンスかもしれません。

なお、海外にも積極的に進出しているため語学力も大きなPRポイントになります。

メルカリが転職者に求める人物像

中途採用の場合は即戦力人材のみを募集しています。「メルカリで活躍できるかどうか」のポイントとして、メルカリのビジョンに共有できるかどうかが求められます。また、メルカリを使ったことがあるかというのも応募条件に入っているため、”メルカリユーザー”という観点も含まれるでしょう。

メルカリの転職までの流れ

メルカリの選考フロー

書類選考(履歴書・職務経歴書)

・想定内容:メルカリでは、エンジニアならソースコード、デザイナーならポートフォリオや手がけたデザインプロダクトが履歴書及び職務経歴書に代替することがあります。技術力を重視していることが伺えます。

技術課題(一部職種のみ)

・想定内容:各職種の領域に則した技術課題が出されます。それぞれが求める基準を満たすように作られています。

面接(2〜3回)

・想定面接官:経営陣
・想定内容:主に自分の将来に関する質問が多いようです。また、それに対して自分に何ができるかなど、将来や成長を重視する会社であることが伺えます。
また、アプリユーザーとして「心からメルカリが好きかどうか」も重要な採用基準であり、メルカリについての質問にはそれ相応の準備が必要でしょう。

内定

メルカリの面接形式

めずらしいことですが、1次面接から経営陣が参加します。
複数名の面接がいるのですが、そのうちひとりでも採用を見送ろうと思えば不採用になります。

メルカリの面接内容

「メルカリが本当に好きか」ということが問われます。
さらに、
・Go Bold(大胆にやろう)
・All for One(全ては成功のために)
・Be Professional(プロフェッショナルであれ)
という3つの価値観に共感しているか確認されるような質問がされます。
その他に
・入社後に何がしたいか
・自分の成長のために何ができるか
という質問がなされる傾向があるようです。

メルカリで働いている方の評判・口コミ

エンジニア、在籍3年未満、中途入社、男性
日本国内では同業と比べてトップを走るメルカリだが、USやUKのマーケットではまだまだ競合に勝てているという状況ではない。
1つの会社で強者(日本)と弱者(US/UK)の両面の戦い方で仕事をすることができ、特にOwnershipを持って仕事する人には非常にチャレンジングな仕事がたくさんある。
社員が増えて組織が拡大していく中で、キャリア開発の経験だけではなく、評価されて実際にキャリアアップするチャンスがいくらでもある。
企画・事務、20代、現社員(正社員)、男性
各職種のプロフェッショナルが集まっており、常に刺激を受けながら働ける。あらゆる意思決定が早く、評価も明確で納得感と充実感を得られながら働ける。
販売・サービス、20代、現社員(非正社員)、女性
トップダウンの体制ではなく、ボトムアップ体制になっているため、風通しが良い。
口コミの要約

プロフェッショナルの人が集まっているため、自分のスキルの向上やキャリアアップに対しての満足度は非常に高い会社です。また、立ち上げ間もない会社ということもあり、風通しの良さに対しての評価も一定以上あります。

メルカリで働いている人の学歴・職歴

  • 主な転職元

    ・LINEなどのWeb系事業会社
    ・Amazonなどの外資系テクノロジー企業
    ・Big4などのコンサルティングファーム

  • メルカリ

  • 主な転職先

    ・目立った転職先はなし

学歴

学歴は、高卒〜大学・大学院(博士含む)卒が在籍。旧帝大の比率が高く、海外大学も多い。

職歴

職歴は、LINEなどのWeb系事業会社、Amazonなどの外資系テクノロジー企業、Big4などのコンサルティングファームなどが挙げられます。

退職後の主な転職先

目立った転職先はありません。

メルカリの年収・給与は?

2018年6月期におけるメルカリの平均年収は502万円です。優秀なエンジニアは年収が700万円を超えます。

年収 502万円
ボーナスの有無 年2回(6月、12月)※但し評価及び在籍期間により変動
昇給制度 有り
残業手当 記載なし
固定残業手当 91,041円以上含
通勤手当 有り
住宅手当 なし
福利厚生 インセンティブ制度、従業員持株会制度
入社時に希望のノートPC貸与など

メルカリでの転職者の出世難易度

メルカリは2013年に設立されたばかりのまだまだ新しい会社です。日本におけるフリーマーケット市場でナンバーワンの地位を築いたにもかかわらず、新規事業を次々と展開するベンチャー精神あふれる企業です。

転職者だから不利といったことは無く、新規事業で目覚ましい成果を上げることができれば、上の職位に上がれるチャンスはあると言っていいでしょう。グローバルにサービスを展開していく事業戦略もあります。現地代表として各地域の競合を押しのけて、一定のサービス地位を築くことができれば、出世につながるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代前半 なし 500万円
20代中盤 なし 800万円
20代後半 なし 800万円
30代前半 なし 700万円
30代前半 なし 700万円
30代前半 なし 800万円
30代前半 なし 1,000万円
30代前半 なし 1,100万円
30代中盤 なし 800万円
30代後半 マネージャー 1,400万円
係長クラス 550~560万円
課長クラス 740~750万円
部長クラス 900~950万円

※上記数値は、有価証券報告書等公表されている情報から推定値として算出した数値になります。

メルカリはどんな人が働いている?

従業員数

756人

平均年齢

30.2歳

平均勤続年数

1.3年

メルカリの社風

企業理念の1つに「Go Bold(大胆にやろう」があります。失敗をおそれず新しいアイデアを自発的に提案しそれを実行に移すことが歓迎される雰囲気があります。
またメルカリでは書籍執筆やイベント登壇などの副業については許可されています。

社員一人一人の生き方やスキルアップ、キャリアアップへの想いを大切にしているため、個人の裁量に任せて働ける環境が提供されているようです。ITベンチャー企業の中で副業を認めているのは、珍しいケースです。

個人が希望するスペックのPCの提供、セミナー参加制度、語学学習制度、iPhoneユーザに対するAndroid端末の提供、Androidユーザに対するiPhone端末の提供など、就業しやすい環境を提供することで社員を大事にする社風があるようです。

さらに12時から16時をコアタイムとするフレックスタイムの導入や、産休、育休に対する特別有給、保育料の負担など女性社員に対する支援が手厚く働きやすい環境となっています。

平均年齢が30.2歳とIT系企業の中でも非常に若いメンバーで構成されていることから、年齢を気にすることなく、自由で活発なコミュニケーションが行われているようです。

メルカリが提供する面白い制度として、恋愛・婚活マッチングサービス「pairs」の有料プランの無償提供、妊活の支援制度、全社員の死亡保険加入などがあります。仕事だけではなく、プライベートも尊重する社風があります。

メルカリのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 9:00~18:00 ※職種によりシフト制
休日 土曜・日曜・祝日 ※職種によりシフト制
平均残業時間 記載なし
フレックス制度 有り
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
休暇制度 夏季休暇、年末年始休暇
慶弔休暇
時短勤務 記載なし

メルカリの社長

山田進太郎

大学在学中に楽天へインターンとして参加し楽天オークションの立ち上げなどに関わる。2001年8月にウノウ設立し、新作映画情報サイト「映画生活」や写真共有サービス「フォト蔵」を立ち上げる。2009年にソーシャルゲームサービスに参入し、2010年8月3日にウノウ株式を米ゲーム会社Zyngaに売却する。2012年1月にZyngaを退社し、2013年2月1日、メルカリを設立する。

メルカリ現職、OB/OGの有名人

青柳 直樹

2006年6月にドイツ証券から株式会社グリーに転職する。2011年に同社米国子会社の社長に就任。2016年9月任期満了に伴い取締役を退任する。2017年にメルペイ代表取締役として就任する。

小泉文明

大和証券SMBC(現・大和証券)でmixi、DeNAなどのIPOを担当する。2007年に株式会社mixiに転職し執行役員CFOに就任。2012年に同社退社。2013年12月に株式会社メルカリに入社。2014年3月に同社取締役就任。17年4月に同社社長兼COOに就任する。

メルカリの転職に関わるQ&A


社員は挑戦的な社風だと感じています。日本に留まらず世界へ展開しているメルカリはグローバルな視点で物事を考え、チャレンジしています。この点に関しては、経営陣と社員の思いは一致しているといえるでしょう。


女性や外国人など多様な人が働いており、受け入れに対しても積極的です。産休・育休支援の拡充策として、全国でも珍しい「育休中給与100%保障」制度もあります。女性にとっても働きやすい制度作りには積極的です。


IT企業では珍しいのですが、副業を推奨しています。書籍執筆、イベント登壇、副業サイト運営などを推奨している姿勢から、社員一人ひとりのスキルアップを応援していると言えるでしょう。

メルカリへ転職する方法

方法①|メルカリの採用ページから申し込む

メルカリの採用WEBページから直接応募することができます。履歴書と職務経歴書は文字化けする可能性があるため、PDFにして応募フォームに添付します。

応募フォームの質問事項には、自分で持っているWEBサイトやソーシャルメディアアカウントがあるかどうかヒアリングする項目があります。必要に応じて記入します。エンジニア職を志望するのであれば、自分が持っているgithubを記入するとアピールになるでしょう。

書類準備、面接スケジュールの調整、給与交渉は、全て自分一人で行いますので、慎重に対応するようにしましょう。

方法②|大手求人サイト経由で申し込む

「DODA」のような大手転職サイト経由で転職エージェントにアプローチして応募します。書類添削、面接対策、面接のスケジュール調整、給与交渉は仕事を掛け持ちながら一人でこなすには負担がかかります。そのため、初めて転職をする人は、転職エージェントの活用をおすすめします。

関連記事

Sansanへ転職するべき?転職の難易度や年収、評判について調べてみました

Sansanは、「Sansan」や「Eight」などの名刺管理サービスを開発・販売している会社です。名刺を簡単に管理できるアプリを通して、働き方を変えていくというビジョンを描いています。 創業が2007年のいわゆるベンチャーで...

Indeed Japanへの転職難易度は??面接内容や給与を紹介

Indeed Japanは、国内最大級の求人検索エンジン「Indeed」を運営しているIndeed incの日本法人です。は米国テキサス州に構えていますが、日本のオフィスは東京都港区にあり、そこでは450名の従業員が働いています。 ...

DeNAの転職情報まとめ。難易度や年収を徹底調査

...

クックパッドの転職について。年収や働き方などを解説します。

クックパッドは月間約5,500万人が利用する料理レシピの投稿・検索サービス「クックパッド」を運営しています。 1997年に創業し、現在は東京都渋谷区恵比寿の恵比寿ガーデンプレイスタワーに本社を構えています。資本金は5,286百...

リクルートテクノロジーズの転職ノウハウ。難易度や残業時間などをご紹介

プロジェクトマネージャー系エンジニア系デジタルマーケティング系データ系コーポレート系 リクルートテクノロジーズ プロジェクトマネージャー系 プロジェクトマネージャー系に関するコメント Webサービス・...

Twitter Japanへの転職。年収や仕事内容について解説

Twitter JapanはTwitterの日本法人です。本社は東京都港区赤坂に構え、従業員数は4,600名(全体)の大企業です。日本では他のSNSよりもTwitterが人気を集めている影響で、売上高は現在好調に伸びてきています。 ...

アイスタイルの転職情報。難易度や給与などをご紹介

アイスタイルは、化粧品・コスメに関する情報サイト及び、ECサイト、専門店を運営している会社です。創業は1999年で日本でも早くからビッグデータに目をつけ、消費者に行動を分析するデータベース技術を使って、現在日本でN0.1の化粧品情報...

freeeへの転職。転職難易度や評判などを解説

freee株式会社は会計ソフトや人事労務のソフトの開発や、個人事業主向けのクレジットカード事業を展開する、2012年創業のスタートアップ企業です。 本社は東京都品川区西五反田に構えており、従業員は506名(2019年6月末時点...

グリーへ転職。難易度や年収などをご紹介

グリーは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)GREEを創業事業として、モバイルソーシャルゲームを世界で初めて開発するなど、日本のモバイルインターネットサービスを牽引しています。 創業は2004年で、現在は、ゲーム...

ラクスルに転職はするべき?面接内容や年収などについて調査

ラクスルは「ラクスル」や「ハコベル」など、印刷・広告や物量のプラットフォームを運営する会社です。提携会社の非稼働時間を活用することで、低価格でサービスを提供しています。本社は東京都品川区上大崎に構え、従業員数は200名ほどで、2...

TOP