WEB・アプリサービス

グッドパッチの転職事情。年収や面接内容などを解説

▼下記は、グッドパッチに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからグッドパッチに転職してくるのか
・転職先:グッドパッチからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

グッドパッチの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、専門学校卒業や大学・大学院卒業など、幅広い学歴が在籍しており、中には海外の大学出身者もいます。

職歴

グッドパッチ在籍者の主な職歴は、グリーマクロミルリクルートサイバーエージェントDeNAカカクコムなどのWEB系事業会社SCSKなどのSIerが挙げられます。

退職後の主な転職先

グッドパッチからの転職先として、メルカリなどのWEB系事業会社アクセンチュアなどのIT系コンサルへ転職しています。

グッドパッチは、「ハートを揺さぶるデザインで世界を前進させる」をミッションに掲げているUI/UXデザインに特化したベンチャー企業です。
プロダクト開発や新規事業の立ち上げ、ブランド構築、組織支援など、幅広くサポートし、クライアントのさまざまなビジネス課題をデザインの力で解決を図っています。
現在は日本だけでなく、ベルリンやミュンヘン、パリにも拠点を構えており、デザインの力を証明するべく、日々デザインを追求している企業です。
2011年設立、東京都渋谷区に本社を構えており、173名の社員が在籍しています。
そんなグッドパッチでは、デザイナーやエンジニアといった専門職にて、自らデザインを出し、困難なことにもチャレンジできるような人材を求めています。

初めての転職でグッドパッチを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

グッドパッチの年収や面接内容も大切だけど、とにかくどんな求人が出てるのか早く知りたい!という人はまず、ビズリーチなどの転職サイトで掲載されている求人をチェックしてみましょう。
ビズリーチはハイクラス求人が豊富に掲載されているので、転職先がまだ定まっていない方は、ここで一度比較することをおすすめします。
転職エージェントを活用する場合でも、情報収集としてビズリーチをチェックしておくことで、転職活動をスムーズに進めることができるでしょう。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • グッドパッチの企業概要
  • グッドパッチの転職ポイント
  • グッドパッチの社風や企業文化

グッドパッチに転職するポイント

グッドパッチの特徴

POINT

  • ・UI/UXデザインに特化しているベンチャー企業
  • ・プロダクト開発や新規事業の立ち上げ、ブランド構築など、幅広く支援
  • ・日本のみならず、ベルリンやミュンヘン、パリにも拠点を構えている

グッドパッチへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的多い
  • ・デザインやエンジニアなどで求人募集
  • ・自らアイデアを出し、困難なことにチャレンジできることが重要

グッドパッチの企業概要

会社名 株式会社グッドパッチ
本社所在地 東京都渋谷区鶯谷町3-3 VORT渋谷South 2階
社長 土屋 尚史
設立 2011年9月
株式 上場(東証マザーズ)
株主構成(2018年3月期) 土屋尚史(41.3%)
日本カストディ銀行(信託口)(8.5%)
DGベンチャーズ(6.1%)

グッドパッチの売上

グッドパッチの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 1,371,260千円 1,683,269千円 2,143,511千円
経常利益 -11,726千円 83,678千円 211,950千円

グッドパッチの最新ニュース

グッドパッチの事業内容

グッドパッチは、「ハートを揺さぶるデザインで世界を前進させる」をミッションに掲げ、主にUI/Uデザインに強みを持っている企業です。
サービスアイディア創出の支援やマーケットリサーチによる機会発見、事業ビジョンとミッションの再定義による組織の意志統一化などを提供しています。
そのほかにも、ビジネスモデルの検討や、未来のトレンド洞察による事業のマイルストーン検討なども行っており、クライアントのさまざまなビジネス課題の解決を目指しています。
その中でも、新規事業開発や推進、既存事業の閉塞状況を打破することに特化したサービス「突破プログラム」は、本格的な事業を市場展開することを目的とした支援の提供が可能なサービスです。
サービス開発からローンチまでのプロセスを一気通貫で行い、より高速かつ市場価値を高めたサービスデザインの実現が可能となり、その結果、非常に多くの企業を支援と強化を行っています。
今後の展望として、デザインの力を活用し、DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進していくことを公言しています。
また、デジタル領域から派生し、戦略やテクノロジーといった領域への事業拡大も目指しています。

グッドパッチの募集要項

UIデザイナー

日本を代表とする大手企業やスタートアップ企業まで幅広いクライアントのデザインパートナーとして、UXデザイナーやエンジニアとともにプロジェクトに参加するポジションです。
具体的には、サービスの新規立ち上げやリニューアル案件、ユーザー視点に立ったUIの設計、ビジュアルデザインを行います。

必須な経験・スキル

  • ・ユーザー体験を考慮した設計の業務経験
  • ・スマートフォンアプリケーションやWebアプリケーションなどの構造や骨格設計経験
  • ・クライアントへの企画書や提案書の作成、プレゼンテーション業務経験 など

UXデザイナー

デザインプロセス全体の設計やユーザー調査の設計と実施を行うポジションです。
そのほかにも、ユーザー体験の設計やサービスのコンセプト設計、ユーザーテスト設計と実施など、業務内容は多岐にわたります。
経験や志向性によって取り組みつつ、場合によってはUXデザイナーへの指導にも取り組む場合があります。

必須な経験・スキル

  • ・Webサービスなどデジタル領域でのプロダクト立ち上げ経験
  • ・UXデザインの実務経験
  • ・評価や検証タスクを主体的に実行できる能力 など

フロントエンドエンジニア

Webのフロントエンド開発のプロフェッショナルとして、デザイナーとともに表現と品質にこだわったWebサイトやWebアプリケーションを作成するポジションです。
具体的には、サービスの新規立ち上げやリニューアル案件の技術選定に関わり、デザイナーと密にコミュニケーションとりながら細部にこだわった実装などを行います。

必須な経験・スキル

  • ・HTMLやCSS、JavaScriptのプログラミングスキルを保有
  • ・ES2015+の知識や開発経験
  • ・デザインやUIへの興味や関心 など

グッドパッチの転職難易度

グッドパッチの転職難易度は比較的高いです。
企業として歴史はそれほど長くなく、現在も成長途中である企業なため、即戦力となるような人材を求めている傾向があります。
それに加え、近年では知名度が高くなっていることから、ほかのライバルが多くなり、競争率が高くなってきています。
キャリア募集自体はそれほど少なくありませんが、即戦力となる人材を求めていることやライバルが多いことなどが理由で、転職難易度は高くなっているといえるでしょう。
グッドパッチへの転職を目指すなら、簡単ではないことを理解しておくことが肝心です。

グッドパッチが転職者に求める人物像

グッドパッチでは、自らアイデアを創出し、形にできる人材や、困難なことにもチャレンジし、最後までやり遂げられる人材を求めています。
また、新しい情報を得るために日頃から情報収集を行っている人材や、リーダーシップを持っている人材なども求めている傾向があります。
経営理念をしっかりと理解したうえで、上記をしっかりとアピールし、面接官を感心させられるかどうかがポイントといえるでしょう。

グッドパッチの転職までの流れ

グッドパッチの選考フロー

エントリー

一次~二次面接

想定選考官:人事
想定内容:志望動機や今後のキャリアプランなど、オーソドックスな質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問を再度深堀し、改めてグッドパッチにマッチしている人材かを判断されます。

内定

グッドパッチの面接形式

面接は1対1で行われるのがほとんどです。
面接回数は2~3回ですが、職種によって異なります。
1回あたりの時間は30分程度で終わります。

グッドパッチの面接内容

面接は、志望動機や今後のキャリアプランなど、オーソドックスな質問から進みます。
そのほかにも、これまでの経験や培ったスキル、入社後にどんなことをしたいなど、即戦力となる人材かどうかを判断するような質問をされます。
また、こちらの回答に対してさらに質問して深堀される傾向があるので、しっかりと自己分析を行い、どんな質問にも一貫性を持って回答できることが大切です。
さらには、企業研究も細かいところまで行い、企業理念などを理解してから面接に臨むと良いでしょう。

グッドパッチで働いている方の評判・口コミ

Webデザイナー、在籍7~10年、男性
外国人の社員が多く、朝会で英語を話す機会があるなど、社内がグローバル化しています。そのため、英語力を身に付けることができ、また、良いものをつくることに対して、良い意味で貪欲な社員が多く在籍しています。
その他Web関連、在籍5~7年、男性
ほかの会社ではなかなか経験できないスタートアップの立ち上げ支援に関わることができます。また、そういった案件が非常に多くあるため、やりがいを感じながら仕事することができると思います。
その他経営管理系関連職、在籍3~5年、女性
仕事に対する男女差別はなく、良くも悪くも結果で見られます。配属される部署などによって異なると思いますが、ワークライフバランスは非常に良く、フレックス制度や早く帰るということもできます。
口コミの要約

グッドパッチの口コミを見てみると、ほかの企業では経験できないようなことも携われるため、やりがいを感じながら働けるということが伺えます。また、部署によってはワークライフバランスが良く、働きやすい環境だということが伝わってきます。

グッドパッチの年収・給与

年収 562万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険など

グッドパッチでの転職者の出世難易度

グッドパッチの出世難易度は比較的高いです。
設立されてそれほど経っていませんが、優秀な社員が多く在籍しており、少数精鋭型の企業といえます。
在籍している社員はそれぞれ多くの実績を残しているため、その中から自身が出世するというのは簡単なことではないでしょう。
ただし、仕事に対する評価は平等であり、新卒や中途、男性や女性といった部分で差別されることはありません。
結果を残すことで、しっかりと評価され、出世することができるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 なし 600万円
30代中盤 マネージャー 700万円
30代後半 シニアマネージャー 900万円
40代前半 執行役員 1,000万円
40代中盤 ディレクター 1,400万円
40代後半 なし 1,200万円

グッドパッチはどんな人が働いている?

グッドパッチの従業員数

173名

グッドパッチの平均年齢

32.1歳

グッドパッチの平均勤続年数

記載なし

グッドパッチの社風

グッドパッチは、比較的風通しが良くフラットな社風です。
意見をするときに、新人や古参など関係なく、意見することができる雰囲気があります。
また、在籍している社員はとことん突き詰める方が多く、納得できるまでやるという風土もあります。
さらには、新しいことに挑戦するという傾向もあるので、自分の納得いくまで突き詰め、新しいことにチャレンジしながら働きたいという方には向いている企業です。

グッドパッチのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 標準労働時間8時間
休日 土日祝日(週休二日制)
その他の休日・休暇 夏季休暇、年末年始休暇、有給休暇など
平均残業時間 月40時間未満
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

グッドパッチの社長

土屋 尚史

1983年生まれ、長野県出身。
関西大学社会学部に入学するが2006年に中退し、ネクシィーズグループの子会社であるイデアキューブ株式会社(現・株式会社ブランジスタ)に入社。
その後は大阪のWebデザイン会社に入社し、Webディレクターに転身。
2011年よりアメリカのサンフランシスコに渡米し、btrax Inc.にてスタートアップの海外進出支援に従事。
同年に株式会社グッドパッチを設立。
グッドパッチが手掛けるプロトタイピングツール「Prott」はグッドデザイン賞を受賞。

グッドパッチ現職、OB/OGの有名人

山口 拓己

1974年生まれ、愛知県出身。
東京理科大学大学卒業後、山一證券に入社。
その後、アビームコンサルティングなどを経て、2006年ベクトルに入社、取締役CFOに就任し、上場準備責任者として指揮執りに従事。
2009年にPR TIMESの代表取締役就任、2020年よりグッドパッチの社外取締役に就任。

グッドパッチの転職に関わるQ&A


志望動機を作成するうえで非常に大切なのは、企業理念を理解していることです。
企業理念を理解していなければ、グッドパッチでどのような人材が必要とされているのか、不透明なままになってしまうので、まずは企業理念をしっかりと理解し、そのうえで志望動機を作成すると良いでしょう。

男性のみならず、女性の社員も多く在籍しています。
仕事に対する評価は平等なため、女性でも出世を目指すことはできるでしょう。
その反面、仕事量も男女差別がないため、バリバリ働きたいという女性であれば、問題ないといえます。

グッドパッチへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

グッドパッチの公式サイトにある採用情報ページから応募が可能です。
採用情報ページには、求人情報以外にも、グッドパッチが目指すものや取り組み、制度などが掲載されているので、応募する前に一度読んでおくと良いでしょう。
ただし、求人内容は不透明なところも少なくなく、人によってはイマイチ分からないということもあります。
もっと具体的な内容が知りたい場合や時間をかけずに転職したいという場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

空いた時間に転職活動したいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してグッドパッチへ転職するなら、掲載されている企業数が豊富であり、ハイクラス求人が比較的多い「ビズリーチ」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。
・すぐに転職活動が行えて、空いた時間に転職活動ができる
・非常に企業案件数が多い
・希望ポジションが見つけやすい

転職エージェントと比べ、転職サイトはすぐに転職活動をすることができ、空いている時間利用して転職活動を行うことができます。
また、企業案件数が多く、求人検索が細かく設定できるため、自分に合ったポジションが見つけやすいという特徴があります。
時間をかけずに素早く転職したいという方は、転職サイトがおすすめです。

ビズリーチでは年収相談が可能!

ビズリーチに掲載されている求人を見ると、エンジニアや企画などの求人が掲載されています。

※画像はイメージです。時期やタイミングによって掲載内容が異なります。

ハイクラス求人をメインに扱っているビズリーチなだけあり、提示されている年収が比較的高く、求人によっては年収交渉が可能となっています。
また、数ある転職サイトの中でもビズリーチは非公開求人が多く持っている傾向があり、キャリアアドバイザーに相談することで、紹介してもらうこともできます。
ただし、転職サイトからの応募の場合、自分と企業とのすり合わせが上手くいかないことも少なくなく、書類選考が通過できないということも珍しくありません。
時間をかけてでも確実な転職をしたいなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

幅広いサポートを受けながら転職したいなら「転職エージェント」

転職エージェントを活用してグッドパッチへの転職を目指すなら、高品質なキャリアコンサルタントが在籍していると定評がある「JACリクルートメント」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは主に3つあります。
・キャリアプランや転職活動全般をサポート
・自分と企業とのすり合わせをしてくれる
・一般公開されていない非公開求人が比較的多い

転職エージェントは、今後のキャリアプランの相談や、転職活動におけるアドバイスなど、全面的にサポートを行ってくれます。
また、自分と企業とのすり合わせも代わりに行ってくれるので、初めての転職で不安がある人や、どうしても希望するポジションへ転職したいという方には、転職エージェントを利用することをおすすめします。

JACリクルートメントではミドル~ハイクラスの非公開案件が多数!

JACリクルートメントでは、基本的に企業名が伏せられていますが、主にミドル~ハイクラスな求人を多数掲載されています。

※画像はイメージです。時期やタイミングによって掲載内容が異なります。

JACリクルートメントは、東証1部上場の企業であり、これまでに43万件以上の転職支援実績を持っている転職エージェントです。
非公開求人も多く持っている傾向があるため、キャリアコンサルタントに相談することで、紹介してもらえる可能性もあるでしょう。

あなたがグッドパッチに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

ファイアアイの転職難易度は?口コミや年収などを解説

ファイアアイは、サイバーセキュリティ攻撃を調査し、悪意のあるソフトウェアから保護しているサイバーセキュリティ企業です。 主力として、ITセキュリティリスクを分析するためのハードウェアやソフトウェア、それらに通ずるサービスの提供をしてい...

リンクトインへ転職する方法。評判や年収などについて調査

  ▼下記は、リンクトインに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからリンクトインに転職してくるのか ・転職先:リンクトインからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

クラウドストライクの転職難易度は?面接内容や口コミなど解説

お客様のデータを保護する使命のもと、セキュリティ侵害からデバイスを守る環境を提供するクラウドストライク。テレワーク環境が普及している現代において、世界中の企業にエンドポイントセキュリティを提供しています。 2011年に設立されて以...

楽天の転職情報!転職難易度や面接形式などをご紹介

  ▼下記は、楽天に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから楽天に転職してくるのか ・転職先:楽天からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン...

スマートニュースへの転職。働きやすさや難易度についてご紹介

  ▼下記は、スマートニュースに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからスマートニュースに転職してくるのか ・転職先:スマートニュースからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来...

プルーフポイントの転職難易度は高い?面接内容や選考フローなど解説

プルーフポイントは、米国カリフォルニア州に拠点を置くエンタープライズセキュリティ企業です。 主に、インバウンド電子メールセキュリティやアウトバウンド情報漏えい対策、ソーシャルメディアなど、幅広い製品とサービスを提供しています。 世界...

リクルートライフスタイルへ転職。口コミや気になる年収をご紹介

エンジニア系プロジェクトマネージャー系ビジネスディベロップメント系デジタルマーケティング系データ系コーポレート系 ...

ミクシィの転職難易度は高い?年収や面接内容など解説

▼下記は、ミクシィに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからミクシィに転職してくるのか ・転職先:ミクシィからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

Preferred networksの転職難易度は高い?口コミや年収を解説

▼下記は、Preferred networksに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからPreferred networksに転職してくるのか ・転職先:Preferred networksからどこへ転職...

ドワンゴへの転職は難しい?難易度や面接対策方法などを紹介

▼下記は、ドワンゴに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからドワンゴに転職してくるのか ・転職先:ドワンゴからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

TOP