通信

オリコンの転職事情。面接内容や口コミをなどを解説

▼下記は、オリコンに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからオリコンに転職してくるのか
・転職先:オリコンからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

  • 主な転職元

    ・キングレコードなどの音楽関連企業
    サイバーエージェントAbemaTVなどの制作会社
      

  • オリコン株式会社

  • 主な転職先

    ・ADKクリエイティブ、博報堂アイスタジオ、サイバーエージェントなどの制作会社
    ・EMIミュージックなどの音楽関連企業

オリコンの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、専門卒業や大学・大学院卒業などが在籍しており、学歴は幅広くなっています。

職歴

オリコン在籍者の主な職歴は、キングレコードなどの音楽関連企業、サイバーエージェントAbemaTVなどの制作会社が挙げられます。

退職後の主な転職先

オリコンからの転職先として主に、ADKクリエイティブや博報堂アイスタジオ、サイバーエージェントなどの制作会社、EMIミュージックなどの音楽関連企業へ転職しています。

オリコンは、ヒットチャートをはじめとした音楽情報サービスを提供している企業です。
日本でもっとも認知度のある音楽ランキング「オリコンランキング」を提供しており、デイリーや週間、月間など、異なる集計期間で発表しています。
また、J-POPや演歌、洋楽などのジャンル別、DVDや書籍の売れ上げランキングなども発表しており、さまざまなランキングを発表しています。
さらに近年では、ニュースサイトの運営も行っており、常に新しいコンテンツへ挑戦している企業です。
1999年に設立、東京都港区に本社を構えており、197名に社員が在籍しています。
そんなオリコンでは、エンジニアやデータサイエンティストで、何事もチャレンジと捉えて、意欲的に新しいスキルや知識を身に付けられる人材を求めています。

初めての転職でオリコンを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

オリコンの面接内容や口コミも気になるけど、まずはどんな求人が募集されているのか知りたいという方は、ビズリーチなどの転職サイトで掲載されている求人情報をチェックしてみましょう。
ビズリーチは、ハイクラス求人をメインに扱っているため、転職先が未だに定まっていないという方は、ここで一度比較することをおすすめします。
転職エージェントの活用を考えている場合でも、情報収集としてビズリーチをチェックしておくと、今後の転職活動を円滑に進められるようになるでしょう。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • オリコンの企業概要
  • オリコンの転職ポイント
  • オリコンの社風や企業文化

オリコンに転職するポイント

オリコンの特徴

POINT

  • ・ヒットチャートをはじめとした音楽情報サービスを提供している企業
  • ・日本でもっとも認知度のある音楽ランキング「オリコンランキング」を運営
  • ・ニュースサイトの運営も行っており、常に新しいコンテンツへチャレンジしている

オリコンへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的少ない
  • ・エンジニアやデータサイエンティストで求人募集
  • ・何事もチャレンジと捉え、意欲的にスキルアップできることが重要

オリコンの企業概要

会社名 オリコン株式会社
本社所在地 東京都港区六本木6-8-10 STEP六本木
社長 小池 恒
設立 1999年10月1日
株式 上場(東証JQ)
株主構成 有限会社リトルポンド(34.15%)
株式会社ブロードピーク(10.97%)
光通信株式会社(4.94%)

オリコンの売上

オリコンの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 3,739,290千円 3,891,925千円 4,172,255千円
経常利益 609,320千円 885,239千円 1,161,261千円

オリコンの最新ニュース

オリコンの事業内容

オリコンは、ヒットランキングの代名詞といっても過言ではない「オリコンランキング」を発表している企業です。
有名で認知をされている「オリコンランキング」をはじめ、各種音楽雑誌の発行なども行っており、そのなかでもエンターテイメントWebサイト「ORICON STYLE」を中心としたWeb関連や携帯コンテンツにも注力しています。
そのほかにも、顧客指向ニュースランキングサイト「RANKING NEWS」や音楽業界向けビジネスマガジン「ORICON BiZ」、オーディション情報誌「月刊デ☆ビュー」などの発行・提供を行っています。
「CDが売れない」といわれている現代においても、時代に合ったコンテンツの提供を心がけており、日本の音楽業界の発展と繁栄に大きく貢献している企業です。
今後の展望として、さらなるコンテンツの創出し、さまざまなユーザーに届けることを目指しています。

オリコンの募集要項

社内ITエンジニア

社内向けの各種システムの導入や運用、オリコンが運営している「ORICON NEWS」を中心とするWebサービスの運営を行うポジションです。
具体的には、事業部門のニーズや課題に対し、社内システムの検討や導入、既存のWebサービスの運営における課題の抽出や改善活動を行います。
それ以外にも、プラットフォーム領域における設計なども行うなど、幅広く経験を積むことができる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・Microsoft365の設計や運用、改善の実務経験
  • ・LAMP環境の設計や構築の実務経験

データサイエンティスト

課題やニーズの発見と分析、レポートなどを行うポジションです。
また、課題解決するためのツールの社内開発や、開発したツールの運用を行います。
さらには、関係者へのヒアリングとデータ分析から課題やニーズの発見、最適なアルゴリズムの選択やツールのプロトタイプの開発なども行い、幅広い業務に携わる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・データ分析の知見
  • ・Pythonによる統計解析や機械学習の経験

人事(労務担当)

オリコンやオリコングループ会社の労務業務を担うポジションです。
具体的には、給与計算や社会保険手続き、労務管理、健康管理と安全衛生を行います。
また、これらの労務領域以外にも、人事業務全般にも関わることができるため、責任とやりがいを感じながら働くことができるでしょう。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上の給与計算や社会保険、勤怠管理、福利厚生など労務実務経験

オリコンの転職難易度

オリコンの転職難易度は中程度です。
中途採用枠は比較的少ないですが、積極的に採用している傾向があるため、それほど難易度が高いということはありません。
ただし、どのポジションでも一定以上のスキルや経験が必要になってくるので、未経験からの転職の場合は、難易度が上がってしまうといえます。
また、タイミングによっては求められるものが若干異なってくるので、応募する前に一度、現在求められてるものを確認しておくことが肝心です。

オリコンが転職者に求める人物像

オリコンでは、何事もチャレンジと捉えて、新しいスキルや知識を意欲的に身に付けられる人材を求めています。
また、コミュニケーション能力を発揮し、積極的に行動できる人材も求めている傾向があります。
オリコンでは、さまざまなことにチャレンジしている企業なため、こういった能力が必要です。
面接では、自身のスキルや経験はもちろんのこと、働くうえでの心構えや価値観などをアピールできるように準備してから臨むと良いでしょう。

オリコンの転職までの流れ

オリコンの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事・現場社員
想定内容:志望動機や今後のキャリアプランなど、定型的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員・人事本部長
想定内容:これまでの質問に加え、論理的思考力を持っているかを判断する質問をされます。

内定

オリコンの面接形式

面接は1対1で行われるのがほとんどです。
面接回数は2~3回ですが、職種によって異なります。
1回あたりの時間は30分~1時間で終わります。

オリコンの面接内容

オリコンの面接は、志望動機や今後のキャリアプランなど、定型的な質問から進みます。
また、「最近泣いたことは?」や「この雑誌を見てどう思う?」などの質問をされる傾向があります。
一見、感性を確認するようにも感じますが、総じて「論理的思考力」を持っているかどうかの判断をしているため、自分の感覚を論理的に説明できているかが評価の重点といえるでしょう。
自己分析や企業研究を行い、どんな質問に対しても論理的に回答できるかどうかが大切です。

オリコンで働いている方の評判・口コミ

事務関連、在籍7~10年、女性
同じ部署で同じ作業をするというわけではなく、さまざまな部署に赴いて業務にあたることができます。その結果、社内の流れを知ることができ、色んな提案が受け入れられ、自信に繋がってやりがいを感じながら働くことができます。
Web編集・コンテンツ企画、在籍5~7年、男性
社員の成長に合わせて外部セミナーを進めてくれたり、受講したいセミナーがあれば、後押ししてくれます。また、Microsoftの基本的なセミナーなどを無料で受講することができるため、良い環境があると思います。
販促企画、在籍5~7年、男性
休日がしっかりあり、無駄な残業はありません。そのため、平日でもプライベートな時間を充実させることができます。ただし、部署によっては業務量が多く、残業の時間は多い傾向があります。
口コミの要約

オリコンの口コミを見てみると、さまざまな業務に携わることができるため、やりがいを感じながら働けるということが伝わってきます。また、セミナーを受けさせてもらえる環境があるため、スキルアップが望めることが伺えます。

オリコンの年収・給与

年収 621万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り(月45時間相当)
通勤手当 有り(月5万円まで)
住宅手当 記載なし
福利厚生 各種社会保険完備、社員持株制度、退職金制度、研修制度など

オリコンでの転職者の出世難易度

オリコンの出世難易度は比較的高いです。
出世するためには、ほかの社員よりも多くの実績を残し、上司や周囲に認められていることが前提となります。
それ以外にも、高いコミュニケーション能力やマネジメントスキルなども必要となってきます。
オリオンで出世を目指すなら、これらの能力を身に付けることで、出世への道は拓けるといえるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 600万円
30代中盤 リーダー 700万円
30代後半 なし 800万円
40代前半 なし 700万円
40代後半 ディレクター 1,300万円

オリコンはどんな人が働いている?

オリコンの従業員数

37名(単独)
197名(連結)

オリコンの平均年齢

43.0歳

オリコンの平均勤続年数

8.2年

オリコンの社風

オリコンは、新しいことへのチャレンジや自己成長を大切にするという社風があります。
スピード感や実績があれば、どんな社員でも新しいことにチャレンジできる環境があり、そういった挑戦に前向きな文化が浸透しています。
また、役職など関係なく、若手でも責任のある仕事を任せてもらえる風潮があるため、達成感や高いモチベーションを保って働くことができるでしょう。
さらには、自己成長の意欲が高い社員には、実践の場を提供してもらえる風土もあるため、自発的に行動して業務にあたれる方には、向いている企業といえます。

オリコンのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 10:00~18:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 夏季休暇、年末年始休暇、有給休暇、慶弔特別休暇など
平均残業時間 月20時間程度
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

オリコンの社長

小池 恒

1965年生まれ、東京都出身。
明治大学法学部法律学科卒業後、株式会社服部セイコーに入社。
1991年に株式会社オリジナル・コンフィデンス(現・オリコン株式会社)に入社。
1999年に株式会社おりこんダイレクトデジタルを設立、2年後に株式会社オリジナル・コンフィデンスを株式取得により子会社化、オリコングループのCEOに就任。
現在は、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモのアドバイザリー・ボード・メンバーも務めている。
「オリコンランキング」を日本で最も知名度のある音楽ヒットチャートへと成長させた人物。

オリコン現職、OB/OGの有名人

高橋 茂

1961年生まれ。
1995年に株式会社オリコン(現・株式会社oricon ME)に入社。
10年間従事し、2005年にオリコン・デジタル・ディストリビューション株式会社(現・株式会社oricon ME)の取締役に就任。
翌年、オリコン株式会社取締役副社長に就任。
その後も、オリコンエンタテイメント株式会社(現・株式会社oricon ME)やオリコン・モバイル株式会社(現・株式会社oricon ME)の取締役を歴任。
現在は、オリコンNewS株式会社代表取締役社長やオリコンDサイエンス株式会社の取締役なども務めている。

オリコンの転職に関わるQ&A


結論からいうと、部署によって大きく異なります。
全体的に働きやすい環境がありますが、部署ごとによって仕事量は変わってくるので、中には大変な部署もあります。
ただし、働いたら働いた分だけ報酬が貰えるため、バリバリ働きたいという方には、向いている企業でしょう。

女性社員も多く在籍しています。
また、仕事に対する評価は、男女差別などはないため、平等に評価されます。
そのため、女性でも出世を目指すことができるでしょう。

オリコンへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

オリコンの公式HPにある採用情報ページから応募することができます。
求人情報以外にも、企業情報やニュースリリースなどが掲載されているので、応募する前に一度読んでおくと良いでしょう。
ただし、公式HPからの応募は、どうしても時間がかかってしまいがちです。
もっと素早く転職したい方やサポートを受けながら確実な転職を目指したい方は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富な企業情報の中から自分に合ったポジションを探すなら「転職サイト」

転職サイトを活用してオリコンへ転職するなら、掲載されている企業数が豊富で、ハイクラス求人を多く扱っている「ビズリーチ」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。
・求人情報が豊富に掲載されている
・自分のタイミングで転職活動ができる
・気になる求人があればすぐに応募できる

豊富な企業や職種の中から自分が希望するポジションを探したい方や、自分のタイミングで転職活動がしたい方は、転職サイトの利用がおすすめです。
また、ここ数年では、本格的に転職エージェントを活用する前の下調べとして、転職サイトを利用するという方も多く、まずはオリコンの募集内容などを知りたいという場合は、事前に一度チェックしてみるのも一つの手でしょう。

ビズリーチでは平均年収が高くになっている!

ビズリーチに掲載されている求人を見てみると、エンジニアなどのポジションで求人掲載されています。

※画像はイメージです。タイミングによって掲載内容が異なります。

ハイクラス求人をメインに扱っているビズリーチだけあり、提示されている年収が比較的高く、平均年収は800~1,000万円となっています。
また、ビズリーチは転職サイトの中でも比較的多くの非公開求人を持っている傾向があり、キャリアアドバイザーに相談することで、一般公開されていない非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
ただし、ビズリーチを含めた転職サイトからの応募は、自身と企業とのすり合わせが上手くいかないこともあり、その結果、書類選考が通らないということもあります。
より確実な転職をしたいなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

手厚いサポートを受けながら確実な転職を目指すなら「転職エージェント」

転職エージェントを活用してオリコンへの転職を目指すなら、圧倒的案件数を誇っており、専門性の高いキャリアコンサルタントが在籍している「リクルートエージェント」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは以下の3つ。
・応募書類の添削や模擬面接など手厚いサポート
・企業との高いマッチング率
・非公開求人が比較的多い

転職エージェントでは、履歴書などの応募書類の添削や、模擬面接による指摘とアドバイスなど、さまざまな手厚いサポートを受けながら転職活動が行えます。
オリコンは、知名度が高く人気のある企業なので、競争率が高くなる傾向がありますが、転職エージェントの手厚いサポートを受ければ、転職成功率が向上させることができるでしょう。

リクルートエージェントではエンジニアなどの専門職求人が多数!

リクルートエージェントに掲載されている求人はエンジニアといった専門職ポジションが多数掲載されています。

※画像はイメージです。タイミングによって掲載内容が異なります。

リクルートエージェントは、幅広く求人案件を見ることができ、専門性の高いキャリアコンサルタントが在籍しているため、初めての転職活動で不安がある方や、確実な転職をしたい方には、おすすめの転職エージェントといえます。
また、登録していなくてもある程度の求人は閲覧することができるので、とりあえず見てから登録するということもできます。
非公開求人も多く取り扱っているため、キャリアコンサルタントに相談し、状況やスキルに応じて紹介してもらえるでしょう。

あなたがオリコンに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

フューチャーの転職難易度は?面接内容や年収など解説

▼下記は、フューチャーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからフューチャーに転職してくるのか ・転職先:フューチャーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

NTTコミュニケーションズへ転職。会社の雰囲気や給料について調査

  ▼下記は、NTTコミュニケーションズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTTコミュニケーションズに転職してくるのか ・転職先:NTTコミュニケーションズからどこへ転職するのか ...

光通信の転職難易度は?口コミや年収など解説

▼下記は、光通信に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから光通信に転職してくるのか ・転職先:光通信からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

オリコンの転職事情。面接内容や口コミをなどを解説

▼下記は、オリコンに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからオリコンに転職してくるのか ・転職先:オリコンからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

KDDIへ転職したい方必見。面接の内容や年収について解説

▼下記は、KDDIに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからKDDIに転職してくるのか ・転職先:KDDIからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン...

NTTドコモの転職情報を解説。年収や転職難易度について調査

  ▼下記は、NTTドコモに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTTドコモに転職してくるのか ・転職先:NTTドコモからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

テラスカイへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、テラスカイに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからテラスカイに転職してくるのか ・転職先:テラスカイからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

Eストアーへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、Eストアーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからEストアーに転職してくるのか ・転職先:Eストアーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

ネットワンシステムズの面接や年収って?転職難易度など口コミまとめ

▼下記は、ネットワンシステムズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからネットワンシステムズに転職してくるのか ・転職先:ネットワンシステムズからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「...

NTT西日本への転職はおすすめ?年収や転職難易度について解説

  ▼下記は、NTT西日本に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTT西日本に転職してくるのか ・転職先:NTT西日本からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

TOP