SIer

システムリサーチの転職難易度は?求める人物像や選考フローなど解説

▼下記は、システムリサーチに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからシステムリサーチに転職してくるのか
・転職先:システムリサーチからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

システムリサーチの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学卒業などが在籍しており、学歴は幅広くなっています。

職歴

システムリサーチ在籍者の主な職歴は、りそな銀行や信金などの金融機関、中堅のSIerITコンサルなどが挙げられます。

退職後の主な転職先

システムリサーチからの転職先として、アクセンチュアなどのITコンサルや小規模・中堅のSIerへ転職しています。

システムリサーチは、SI(システムインテグレーション)を中心に、企業向けITサービスを提供している独立系システムインテグレーターです。
製造業界や物流業界、官公庁など、さまざまな業界に対し、SIサービスの提供しており、中小企業向けのプロダクト開発と販売も行っています。
また、近年ではAIソリューションの提供も行っており、独立系ならではの自由性と幅広い事業領域、これまでの流動的なIT業界で培ったノウハウと技術を活用し、顧客の企業活動を支援している企業です。
1981年に設立、愛知県名古屋市に本社を構えており、1,097名の社員が在籍しています。
システムリサーチは、エンジニアやプログラマーなどの専門職ポジションで、ITの知識が豊富であり、コミュニケーション能力の保有やチームワークを大切にできる人材を求めています。

初めての転職でシステムリサーチを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

システムリサーチの求める人物像や選考フローも気になるけど、まずはどんな求人が募集されているのか知りたいという方は、ビズリーチなどの転職サイトで掲載されている求人をチェックしてみましょう。
ビズリーチでは、ハイクラス求人がを豊富に掲載されているため、転職先がまだ定まっていない場合は、ここで一度比較することをおすすめします。
転職エージェントの活用のみを考えている場合でも、情報収集としてビズリーチをチェックしておくと、転職活動をより円滑に進められるようになるでしょう。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • システムリサーチの企業概要
  • システムリサーチの転職ポイント
  • システムリサーチの社風や企業文化

システムリサーチに転職するポイント

システムリサーチの特徴

POINT

  • ・SIを中心に企業向けITサービスを提供している独立系システムインテグレーター
  • ・さまざまな業界に対し、SIサービスの提供をはじめ、中小企業向けのプロダクト開発と販売も手がける
  • ・近年ではAIソリューションの提供も始め、自由性やノウハウ、技術力を活用して顧客を支援

システムリサーチへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的多い
  • ・エンジニアやプログラマーにて求人募集
  • ・ITの知識が豊富であり、コミュニケーション能力とチームワーク力が必要不可欠

システムリサーチの企業概要

会社名 株式会社システムリサーチ
本社所在地 愛知県名古屋市中村区岩塚本通二丁目12番
社長 平山 宏
設立 1981年3月26日
株式 上場(東証1部)
株主構成 山田敏行(16.34%)
従業員持株会(7.67%)
伊藤範久(4.69%)

システムリサーチの売上

システムリサーチの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 12,716,090千円 14,151,681千円 16,250,973千円
経常利益 988,882千円 1,300,963千円 1,737,304千円

システムリサーチの最新ニュース

システムリサーチの事業内容

システムリサーチは、システムインテグレーションを中心に、企業向けの各種ITサービスを提供している独立系システムインテグレーターです。
多種多様な顧客の企業活動を支援しており、主力としては、SIサービスを提案~保守・運用までワンストップで提供や、顧客に最適なソリューションを提案すべく、総合的なシステム開発から構築、提案などを行っています。
また、通販業界やコールセンター向けなどの各種パッケージソリューションの提供や、手軽にネットショップを開設できる「easy my shop」などのWebサービスの提供もしています。
さらには、安定運用のための保守業務をはじめとしたアウトソーシング業務や、在庫管理・倉庫管理システム「EZ-Stock」の開発販売を行うなど、非常に幅広く支援し、さまざまなサービスを展開している企業です。
今後の展望として、顧客にとって大きな前進である「シンカ」を促してシステムリサーチ自体もともに「シンカ」し、「SHINKAing」なIT企業であることを目指しています。

システムリサーチの募集要項

ITエンジニア

要件定義や設計などの上流工程から運用などを行うポジションです。
具体的には、C/SやWebシステム設計と開発、サーバー・ネットワークシステム構築に関わるインフラの設計と構築、各業務分野でのアプリケーション開発を行います。
また、WEX AC/テキスト分析やWEX FC/総合検索を行うなど、スキルや経験に応じて幅広く携わることができる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・金融や流通といった業務系アプリケーションの開発経験
  • ・JavaやVB言語での開発経験
  • ・サーバーやネットワークシステムなどインフラの設計・構築経験

システムエンジニア

多岐にわたる開発業務に携わるポジションです。
具体的には、ネットワークシステム構築に関わるトータルソリューションの提案・提供や、データベースソフトやグループウェアソフトのシステム設計・開発を行います。
また、自動倉庫やビル管理、心電図解析などの制御システムの設計と開発や、LANやWAN、イントラネットの企画と提案、構築なども行います。

必須な経験・スキル

  • ・1年以上のPCやWS、UNIXなどの環境下で制御システムの設計や開発経験
  • ・1年以上の金融や流通、製造業といった業務系アプリケーション経験
  • ・COBOLやPL/Iのプログラミング経験 など

システム設計・開発

開発の上流工程から携わることができるポジションです。
具体的には、要件定義や設計、プログラミングやシステム開発、それに関連するテストと導入を行います。
また、ソリューションの企画や提案、プリセールスなども担う場合もあり、スキルや希望、適性に応じて幅広く業務に携わることができます。

必須な経験・スキル

  • ・PMやPMO、PLの経験
  • ・製造や物流といった業務系アプリケーションの開発経験
  • ・装置や設備制御ソフトウェアの開発 など

システムリサーチの転職難易度

システムリサーチの転職難易度は比較的高いです。
ポジションによってはスキルや経験がそれほどなくても応募できる求人もあります。
しかし、全体的に見てみるとスキルや経験が一定以上の求められるポジションがほとんどです。
そのため、未経験からの転職では、非常に難易度が上がってしまうでしょう。
ただし、中途募集による求人は比較的多くあるため、一定以上のスキルや経験を持っていれば、チャンスは多くあるといえます。
システムリサーチへの転職を目指すなら、希望ポジションで求められてる能力をしっかり把握し、効率的にアピールできるかどうかがポイントです。

システムリサーチが転職者に求める人物像

システムリサーチでは、ITの知識が豊富であり、高いコミュニケーション能力も持ち、チームワークを大切にできる人材を求めています。
また、粘り強さや率先して学ぶ意欲や能動性を持っている人材も求めている傾向があります。
システムリサーチは、常に顧客を考えて支援している企業であるため、こういったスキルやマインドが必要不可欠です。
面接では、これらを上手にアピールし、面接官を感心させられるようにしましょう。

システムリサーチの転職までの流れ

システムリサーチの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事・現場担当
想定内容:志望動機や今までの経験など、定型的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:課長・採用担当
想定内容:これまでの質問に加え、ストレス耐性を判断するような質問をされます。

内定

システムリサーチの面接形式

面接は1対1や1対複数など、状況によって異なります。
面接回数は職種に応じて2~3回あります。
1回あたりの時間は30分~1時間前後です。

システムリサーチの面接内容

システムリサーチの面接は、志望動機や今までの経験など、定型的な質問から進みます。
また、「仕事での失敗談」や「ストレス解消法は?」、「プレッシャーのかかるときはどう対処する?」など、ストレス耐性やそれらの対処法を確認するような質問をされる傾向があります。
面接の雰囲気は、面接官によって異なり、場合によっては圧迫面接な雰囲気で行われる場合もあります。
自己分析はもちろんのこと、企業研究もしっかりと行い、どんな状況下でも自分らしく面接に望めるよう準備しておくと良いでしょう。

システムリサーチで働いている方の評判・口コミ

アプリケーション設計、在籍7~10年、男性
堅実な企業なため、若い社員には大きな仕事を任せないものかと思いましたが、顧客から評価してもらえれば仕事をどんどん任せてもらえます。また、収入増加にも繋がるので、やったらやった分だけ年収アップになるでしょう。
ソフトウェア関連職、在籍1~3年、女性
入社3か月間は徹底したプログラミング教育や社会人としての基本的なマナーなどがあり、教育体制はしっかりしていると思います。ただし、自発的に学ぶ姿勢がなければ、同期との差はどんどん広がってしまうので、自分から行動できない方には、苦痛に感じるかもしれません。
法人営業、在籍3~5年、女性
非常に有給取得がしやすく、仕事が溜まっていなければ取得することができます。残業時間も厳しく管理されているので、残業が多くなってしまうということもないので、ワークライフバランスは良いでしょう。
口コミの要約

システムリサーチの口コミを見てみると、顧客から評価してもらうことで責任のある仕事を任せてもらえるようになり、年収アップにも繋がるため、やりがいを感じながら働くことができるということが伝わってきます。また、有給が取得しやすく、残業管理も厳しいため、働きやすい環境があるということが伺えます。

システムリサーチの年収・給与

年収 518万円
賞与の有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 なし
通勤手当 有り(月6万円まで)
住宅手当 有り(月2万円まで)
福利厚生 確定給付企業年金制度、財形貯蓄制度、従業員持株制度、永年勤続表彰制度など

システムリサーチでの転職者の出世難易度

システムリサーチの出世難易度は比較的高いです。
出世するためには、上長が入っている案件での活躍や、売上を伸ばすことが必要不可欠になります。
システムリサーチには、優秀な社員が多く在籍しており、それぞれ多くの実績を残しているため、出世を目指すならそれ以上の結果を残さなければなりません。
また、実績のほかに、コミュニケーション能力の高さやマネジメントスキルの保有などが必要です。
システムリサーチでの出世は、簡単ではないことをあらかじめ理解しておくことが重要といえます。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 600万円
30代中盤 なし 600万円
30代後半 リーダー 700万円
40代前半 課長 900万円
40代中盤 なし 700万円

システムリサーチはどんな人が働いている?

システムリサーチの従業員数

1,084名(単独)
1,097名(連結)

システムリサーチの平均年齢

33.8歳

システムリサーチの平均勤続年数

8.3年

システムリサーチの社風

システムリサーチは、比較的風通しが良い社風です。
縦も横も関係なく、社員同士仲が良い傾向があり、困ったことがあれば助け合うという雰囲気があります。
若干の体育会系な空気があり、年功序列な雰囲気はありますが、ある程度の実績があれば若手でも仕事を任せてもらえます。
また、チームワークを重視しており、チーム一丸となって業務にあたるという風土もあるので、そういったことが好きな方であれば、働きやすい企業といえるでしょう。

システムリサーチのワークライフバランス

副業可否 可能(職種による)
勤務時間 9:00~18:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、GW、夏季休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 月19時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

システムリサーチの社長

平山 宏

1959年生まれ。
1979年に株式会社小泉屋入社。
1984年に日本インテリジェント・ターミナル株式会社に入社。
同年、株式会社システムリサーチに入社し、システム技術部ゼネラルマネージャーに就任。
その後も、執行役員や取締役、システム技術1部 システム技術2部 東京支店担当などを歴任。
さらに、事業部門担当や製造システム事業部 自動車システム事業部 東京システム事業部 イリイソリューション部などを歴任し、2019年より代表取締役社長に就任。
現在は、自動車システム事業部担当も兼任している。

システムリサーチ現職、OB/OGの有名人

山田 敏行

1949年生まれ。
1969年に阪神計算センター株式会社入社。
翌年、コンピューターサービス株式会社(現・SCSK株式会社)に入社。
1981年に株式会社システムリサーチを設立、代表取締役社長に就任。
2014年より、代表取締役会長に就任し、現在に至る。

システムリサーチの転職に関わるQ&A


志望動機を作成するうえで、重要なことは「ストレス耐性を持っていること」「コミュニケーションを保有」などをアピールすることです。
システムリサーチは簡単な仕事だけでなく、場合によっては大変な案件もあります。
そういった案件を担当することになった場合でも、問題なく業務遂行できるかどうかを重要視しています。
また、それらに加え、「ITの知識が豊富である」や「能動性を持ち合わせている」なども一緒にアピールすると好感触を得られる可能性が高まるでしょう。

男性だけでなく、女性で活躍してる方も多くいます。
また、評価制度は平等なため、頑張り次第では女性でも出世することができます。
さらに、産休や育休も取得しやすい環境があるため、ライフイベントの際でも安心でしょう。

システムリサーチへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

システムリサーチの公式サイトにある採用情報ページからエントリーすることができます。
採用情報ページは、求人情報のほかにも、システムリサーチについてや製品情報など、さまざまな情報が掲載されています。
ただし、求人内容は非常に薄く、不透明な部分は少なくありません。
詳細情報が知りたい場合やできるだけ早く転職したい場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富な求人の中から希望ポジションを探すなら「転職サイト」

転職サイトを活用してシステムリサーチへの転職を目指すなら、掲載企業数が豊富であり、ハイクラス案件が多い「ビズリーチ」がベストです。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つ。
・案件数の圧倒的な多さ
・自分のペースで転職を進められる気軽さ
・応募までのスピード感

豊富な職種や企業の中から自分が希望するポジションを探したい方や、転職エージェントとのスケジュール調整がなかなかできない方には、転職サイトがおすすめです。
転職サイトであれば、自分のペースで転職活動を行うことができ、応募から面接までが比較的早いため、できるだけ時間をかけずに転職することができます。

ビズリーチでは比較的年収が高い!

ビズリーチに掲載されている公開求人を見ると、エンジニアをメインに求人掲載されています。

※画像はイメージです。時期によって掲載内容が異なります。

ハイクラスをメイン層としているビズリーチだけあり、提示されている年収も比較的高く、800~1,000万円が平均となっています。
また、ビズリーチは転職サイトの中でも比較的非公開求人が多い傾向があり、キャリアアドバイザーに相談すれば公開されているもの以外の案件を紹介してもらえる可能性があります。
ただし、転職サイトから応募した場合、「企業が求めているスキルや人物像」が具体的に分からなかったり、システムリサーチの社内事情に精通しているキャリアアドバイザーはつかないため、経歴やスキルで落とされる可能性も高くなります。
より確実性を重視するのであれば転職エージェントを利用するのがおすすめ。

通過率を高め、幅広いサポートをしてもらうなら「転職エージェント」

転職エージェントを活用してシステムリサーチへの転職を目指すなら、圧倒的案件数を誇り、コンサルタントの質や業界知識に定評がある「リクルートエージェント」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは大きく3つ。
・キャリアプランや給与交渉などを含む多角的なサポート
・本人のスキルや希望条件との高いマッチング率
・非公開求人が比較的多い

システムリサーチはハイクラス企業野中でも人気のある企業なため、その競争率が高くなります。
「今の自分で通過率がどのくらいあるのか」や「果たして自分の理想としている転職先といえるのか」など、心配事や相談事はキャリアコンサルタントに相談することで解決できる可能性があります。
システムリサーチへの転職確率を可能な限り上げたいのであれば、転職サイトではなく転職エージェントを活用するのが確実です。

リクルートエージェントではエンジニア案件が多数!

リクルートエージェントの求人を見てみると、エンジニアなどの専門職ポジションが掲載されています。

※画像はイメージです。時期によって掲載内容が異なります。

初めて転職をする方や確実な転職をしたい方などは、幅広く案件を見られるリクルートエージェントはベストといえます。
また、登録不要で案件を閲覧できるのもリクルートエージェントの魅力のひとつで、とりあえず案件を見て、興味を持てる求人があれば登録してみるのも良いでしょう。
非公開求人も多いため、実際にキャリアコンサルタントに相談をしてみて、キャリアプランや給与交渉なども含めて相談するのがおすすめです。

あなたがシステムリサーチに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

コムウェアの転職はおすすめ?転職難易度や年収などを調査!

  ▼下記は、コムウェアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからコムウェアに転職してくるのか ・転職先:コムウェアからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

セブン&アイ・ネットメディアに転職するべき?口コミや面接内容を調査

▼下記は、セブン&アイ・ネットメディアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからセブン&アイ・ネットメディアに転職してくるのか ・転職先:セブン&アイ・ネットメディアからどこへ転職するのか 一般的な...

日立製作所の転職難易度は?面接内容や口コミ評判を徹底調査

  ▼下記は、日立製作所に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日立製作所に転職してくるのか ・転職先:日立製作所からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

DTSへの転職難易度は?口コミや年収など解説

▼下記は、DTSに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからDTSに転職してくるのか ・転職先:DTSからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

CIJの転職事情。難易度や面接内容などを解説

▼下記は、CIJに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからCIJに転職してくるのか ・転職先:CIJからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

システムリサーチの転職難易度は?求める人物像や選考フローなど解説

▼下記は、システムリサーチに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからシステムリサーチに転職してくるのか ・転職先:システムリサーチからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目...

ソフトバンク・テクノロジーへの転職。評判や年収、残業は?

  ▼下記は、ソフトバンク・テクノロジーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからソフトバンク・テクノロジーに転職してくるのか ・転職先:ソフトバンク・テクノロジーからどこへ転職するのか ...

TISへの転職は難しい?難易度や年収などを解説

  ▼下記は、TISに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからTISに転職してくるのか ・転職先:TISからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

テクマトリックスの転職難易度は?面接内容や年収などを解説

▼下記は、テクマトリックスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからテクマトリックスに転職してくるのか ・転職先:テクマトリックスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目...

野村総合研究所への転職難易度は高い?年収や倍率などを解説

  ▼下記は、野村総合研究所に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから野村総合研究所に転職してくるのか ・転職先:野村総合研究所からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりた...

TOP