SIer

株式会社アスタリスクの転職難易度は高い?選考フローや口コミなどを解説

アスタリスク転職者の主なキャリアステップ

アスタリスクの主な転職元・転職先

学歴主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学・大学院卒業など、幅広く在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

前職アスタリスク在籍者の主な職歴は、WEB事業者やデザイン会社などが転職事例として挙げられます。

次の転職先アスラリスクからの転職先として、トランス・コスモスなどのIT系企業や電機メーカーなどへ転職しています。

アスタリスクは、iPhoneやAndoroidのアプリをはじめとしたスマートデバイスの開発を行っているシステムインテグレーターです。
また、システム連携やモノ認識技術を手掛けてワンストップでの提供や、モノ認識技術とモバイルを用いたインターネットにつながるIoT技術をかけ合わせ、業務の自動化や企業文化や風土を変革し、企業の競争上の優位性を確立していく取り組みを支援しています。
さらには、2022年に「人物特定&認証」のクラウドサービス「AsReader One」を発表するなど、革新的なサービスを手掛けている企業です。
そんなアスタリスクでは、技術営業などで企業と共に成長し、行動力とスピード感を持って業務を遂行できる人材を求めています。

アスタリスクへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・アスタリスクの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、アスタリスクの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • アスタリスクの企業概要
  • アスタリスクの転職ポイント
  • アスタリスクの社風や企業文化

アスタリスクに転職するポイント

アスタリスクの特徴

POINT

  • ・アプリなどのスマートデバイスの開発を行うシステムインテグレーター
  • ・システム連携やモノ認識技術もワンストップで提供
  • ・企業の優位性を確立していく取り組みも支援

アスタリスクへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的少ない
  • ・技術営業などで求人募集
  • ・共に成長し、行動力とスピード感を持って業務遂行できることが肝心

アスタリスクの企業概要

会社名 株式会社アスタリスク
本社所在地 大阪府大阪市淀川区西中島5丁目6−16 新大阪大日ビル201
社長 鈴木 規之
設立 2006年9月1日
株式 上場(東証マザーズ)
株主構成 トリプルウィン(62.50%)
伊藤忠紙パルプ(10.00%)
DCIハイテク製造業成長支援投資事業有限責任組合(6.39%)

アスタリスクの売上

アスタリスクの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 1,144百万円 1,398百万円 1,792百万円
経常利益 54百万円 101百万円 238百万円

アスタリスクの最新ニュース

アスタリスクの事業内容

アスタリスクは、iPhoneやAndoroidのアプリをはじめとしたスマートデバイスのアプリ開発を行っている企業です。
さらに、そのシステム連携やモノ認識技術を手掛けており、ワンストップでの提供を行っています。
また、スマートフォンのカメラを使う専門端末に負けないレーザーポインター付きバーコードリーダーやモバイル・ソリューション開発、業務システム開発など、幅広く手掛けています。
アスタリスクは、ITを通じて三方笑顔(顧客/社員/世間)の笑顔を創造することをミッションに掲げ、人や社会の進歩発展に貢献することを目指している企業です。
今後も、自己の良心をもって信頼と安心を築き、三方笑顔を創出するとともに、スピード感溢れる行動をもって、新しいIT技術や斬新なサービスの創出と提供を目指しています。

アスタリスクの募集要項

技術営業

自社ブランドのIoTハード製品の技術支援や開発調整、導入支援などを行うポジションです。
具体的には、営業とともに顧客先を訪問して課題のヒアリングや、製品の使用方法や課題のソリューション提案といった技術支援や、チームで製品仕様の策定といった開発調整などを行います。
大きな裁量で働くことができ、顧客と関わる機会が多いため、システムを通して課題を解決していく面白さやプロジェクトへの貢献度の高さを実感できる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・SE経験やIoT機器の技術営業の経験

システムエンジニア

同社のメインの製品であるAsReaderにおいて、ソフトウェア開発を担当するポジションです。
具体的には、営業と一緒に顧客と要件定義を相談のうえ、設計書を作成します。
自分の意見を顧客に伝えて反映できる部分が多いため、「自分が作ったシステム」という実感を感じられる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・何らかの開発経験

プロダクトデザイナー

IoT商材で大手企業と直接取引するポジションです。
具体的には、顧客のニーズのヒアリングやデザイン考案を行い、それを基にサンプルを制作し提案します。
その後、金型製作を行い、最終定期に量産や納品を行います。
自分のデザインが自社ブランド製品のブランドイメージにもなり、実際に製品として販売されることもあるので、貴重な経験ができる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・IllustratorやPhotoshop、3DCADなどが使用できる

アスタリスクの転職難易度

アスタリスクの転職難易度は中程度です。
中途採用によるキャリア募集自体はそれほど多くはありませんが、どのポジションでもそれほど高いレベルの経験やスキルは問われません。
そのため、場合によっては未経験者でも応募することが可能です。
ただし、求人数は多くないため、どのポジションでも倍率が高くなることが想定できます。
アスタリスクへの転職を目指すなら、入念な準備を行い、万全な状態で面接に臨むようにしましょう。

アスタリスクが転職者に求める人物像

アスタリスクでは、企業と共に成長し、行動力とスピード感を持って業務遂行できる人材を求めています。
また、与えられた業務をこなすだけでなく、自分の業務を自分でクリエイトできる人材も求めている傾向にあります。
アスタリスクは、社会や顧客の進歩発展に貢献することを重視しているため、このような能力が必要不可欠といえるでしょう。
面接では、これらを持っていることをアピールし、面接官を関心させられるかどうかが肝心です。

アスタリスクの転職までの流れ

アスタリスクの選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接

想定選考官:部長
想定内容:志望動機や前職までの経験など、一般的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:社長
想定内容:これまでの質問に加え、人柄を判断するような質問をされます。

内定

アスタリスクの面接形式

面接は1対1で行われます。
面接回数は基本的に2回ですが、職種によって異なる場合があります。
1回あたりの時間は30分~1時間程度です。

アスタリスクの面接内容

アスタリスクの面接は、志望動機や前職までの経験など、一般的な質問から進みます。
そのほかにも、「入社したらどのようなことをやりたいか」や「逆に訊きたいことはあるか」など、業務に関する質問をされる場合や逆質問などがある場合もあります。
さらには、「お酒や飲み会は好きか」や「趣味や特技は何か」といった人柄を見るような質問をされるため、自己分析はしっかりと行っておくことが大切です。
面接の雰囲気は、和気あいあいとした雰囲気であり、話しやすい環境があります。
そのため、リラックスして自分らしく面接に臨むことができるでしょう。

アスタリスクの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには求人情報が少ない
・求人情報はDODAやエン転職などでも確認可能
・人柄を判断する質問が多い傾向にある

エンジニア、20代後半、男性
入社したらどのようなことをやりたいか?を質問されました。自身がこれまでに培ってきたスキルや経験を活かし、社会と人に貢献できるものを創出したいとアピールしました。
デザイナー、30代前半、男性
アスタリスクの製品は何か知っているか?を聞かれました。事前にしっかりと企業研究を行っていたので一通りの製品を説明することができました。
営業、20代後半、女性
基本的な質問を多くされた印象があります。また、仕事には関係ないプライベートな質問をされ、人柄を見られているような感じがしました。

アスタリスクで働いている方の評判・口コミ

プログラマー、在籍3~5年、男性
ビジネスの規模が年々大きくなっており、会社としてどんどん新しいことにチャレンジしています。その変化に対応して、成長していくことに魅力を感じる方には、非常に良い環境があるといえます。
法人営業、在籍10年以上、女性
残業は比較的少なく、拘束時間には不満はありません。また、東京勤務の場合は、首都圏手当が付きます。ただし、月に1回程度は休日出勤しなければならないときがあり、そういうのが嫌な方にはストレスになるかもしれません。
プロジェクトマネージャー、在籍7~10年、男性
若手でもやる気があれば、裁量の大きな仕事を任せてもらえます。人によっては上流から下流まで一通りの経験を積むことができるため、経験やスキルを身に付ける環境があるといえます。

口コミの要約アスタリスクの口コミを見てみると、企業全体で新しいことにチャレンジしており、成長を感じられるため、やりがいを実感できるということが伝わってきます。また、若手でもやる気次第では裁量の大きな仕事に就けるため、スキルや経験を身に付けられるということが伺えます。

アスタリスクの年収・給与

年収 447万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 有り(月30時間分)
通勤手当 有り(月5万円まで)
住宅手当 記載なし
福利厚生 各種社会保険完備、スタートダッシュ手当、資格取得報奨金制度など

アスタリスクでの転職者の出世難易度

アスタリスクの出世難易度は比較的高いです。
社員数はそれほど多くはありませんが、在籍している社員は全体的に優秀な方が多く、それぞれ多くの実績を残しています。
そのようななかから自身が出世するというのは簡単ではありません。
また、実績以外にも、自発的に行動できることや自ら成長し続ける意欲があることなども出世するためには必要不可欠な要素です。
アスタリスクでの出世を目指すなら、日々努力し実績を残すことはもちろん、自発的に行動し成長し続ける意欲があることをアピールすることで、出世できる可能性は高まるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 500万円
30代中盤 チーフ 500万円
30代後半 マネージャー 500万円
40代前半 部長 600万円
40代後半 なし 900万円

アスタリスクはどんな人が働いている?

アスタリスクの従業員数

50名(単独)
83名(連結)

アスタリスクの平均年齢

41.4歳

アスタリスクの平均勤続年数

5.0年

アスタリスクの社風

アスタリスクは、失敗を恐れずに積極的にチャレンジしている企業です。
筋が通っていれば基本的にやりたいことをやらせてもらえる環境があり、万が一失敗したとしても咎められることはほぼありません。
また、風通しが良く、社長や取締役の方とも距離が近いため、気軽に相談することができます。
自発的に行動しながら新しいことにチャレンジしたいという方には、向いている企業といえるでしょう。

アスタリスクのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~18:00
休日 土日祝日(週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、年次有給休暇、特別休暇など
平均残業時間 月13時間
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

アスタリスクの社長

鈴木 規之

1972年生まれ、京都府出身。
大阪大学大学院修士課程(位相幾何学専攻)修了後、東レ株式会社に入社。
主にアパレル企業へのコンピュータシステム企画、営業や生産管理システムの企画と開発、販売システムのプロジェクトリーダーなどに従事。
2006年株式会社アスタリスクを設立、代表取締役社長に就任。

アスタリスク現職、OB/OGの有名人

熊本 尚樹

1972年生まれ。
1995年に京都三菱自動車販売株式会社に入社。
2007年に株式会社アスタリスクに入社。
翌年、株式会社アンサを設立し、代表取締役社長に就任。
2011年に株式会社アスタリスクの取締役に就任。
その3年後、取締役兼技術室長兼技術委員会委員長に就任。
2018年より、取締役兼生産技術室長兼技術委員会委員長を務めている。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声が分からない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

アスタリスクの転職に関わるQ&A


志望動機の作成において、最も大切なのが「これまでにチャレンジしたこと」を織り込むことです。
アスタリスクは、積極的にチャレンジしている企業なため、これまでに自身がチャレンジしてきたことを志望動機に織り交ぜることで、より好印象を持ってもらえるでしょう。

仕事に対する評価は男性女性関係なく、平等に行われる傾向があります。
そのため、女性でもしっかりとした評価を得ることができるため、キャリアアップを目指すことも可能です。
また、産休や育休などの制度も整っているので、ライフイベントの際でも安心して働けるでしょう。

アスタリスクへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

アスタリスクの公式HPにある採用情報ページからエントリーできます。
募集要項以外にも、企業メッセージをはじめ、さまざまな情報が掲載されているため、企業研究に役立てることができるでしょう。
ただし、公式HPからの応募の場合は、ある程度の時間がかかってしまうことを理解しておく必要があります。
素早く転職したいと考える方や公式HPに載っていない求人も見てみたいという方は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、アスタリスクの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

自分のペースで転職を進めたいなら「転職サイト」

求人情報の検索から応募まで、自分のペースで転職活動をするなら「iX転職」をはじめとした転職サイトの活用がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。

  • ・公開求人の件数が多い
  • ・自分のタイミングで転職活動が進められる
  • ・気になる求人に素早く応募することができる

転職サイトは、公開されている求人件数が多いため、希望するポジションが見つけやすいという特徴があります。
また、自分のペースで転職活動ができるため、忙しい方でも転職しやすくなっています。
豊富な企業や職種の中から自分が希望するポジションを探したい方や、自分の時間やペースを大切にしながら転職活動がしたい方には、転職サイトが向いているでしょう。

電気機器を扱う競合他社の募集要項も比較したいなら「iX転職」

iX転職では、競合他社の募集要項も一緒に確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールの電気機器業界の平均年収は800万円〜1,200万円程度で、別サイトよりも比較的高い水準となっています。
また、iX転職は一般的に掲載している公開求人に限らず、非公開求人が多い転職サイトでもあるため、アドバイザーに相談すると、自分にあった非公開求人を紹介してもらえる可能性が高いです。
「電機商材を扱う企業がどれほどあるのか」や「それぞれ募集要項はどのように違うのか」などを自分で調べたい方は、まずはiX転職に登録してスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

ヒューレット・パッカードの転職事情。難易度や口コミなどを解説

ヒューレット・パッカード転職者の主なキャリアステップ 前職 オリンパス、日立製作所、オラクルなどの大手IT系メーカー マカフィーなどのセキュリティ関連企業 日本ヒューレット・パッカ...

電算システムへの転職は難しい?選考フローや口コミなどを解説

電算システム転職者の主なキャリアステップ ...

システムリサーチの転職難易度は?求める人物像や選考フローなど解説

システムリサーチ転職者の主なキャリアステップ 前職 りそな銀行、信金などの金融機関 中堅のSIer ITコンサル 株式会社システムリサーチに転職 次の転...

コムウェアの転職はおすすめ?転職難易度や年収などを調査!

コムウェア転職者の主なキャリアステップ 前職 IT系企業 コムウェア株式会社に転職 次の転職先 コンサルティング会社 IT系企業 コムウェ...

日本総研の転職難易度は高い?面接内容や年収を調査!

日本総研転職者の主なキャリアステップ 前職 各種メーカー 総研 銀行 日本総研株式会社に転職 次の転職先 総研 コンサルティング会社 ソフトウェア...

電通国際情報サービスへの転職。年収や面接内容も解説

電通国際情報転職者の主なキャリアステップ 前職 富士通、Microsoft、ブレインパッドなどのIT系企業 株式会社電通国際情報サービスに転職 次の転職先 ...

ミロク情報サービスへの転職は難しい?口コミや年収などを解説

ミロク転職者の主なキャリアステップ 前職 SCSKなどのSIer 日本総研のシンクタンク 金融系のシステムベンダー 社内SEからの転職 株式会社ミロク情報サービスに転職 ...

野村総合研究所(NRI)への転職難易度は高い?年収や倍率などを解説

野村総合研究所(NRI)転職者の主なキャリアステップ 前職 IT系メーカー 株式会社野村総合研究所に転職 次の転職先 アクセンチュアなどのコンサルティング...

システナへの転職。評判や年収を解説

システナ転職者の主なキャリアステップ 前職 IT系企業 メーカー Web系事業会社 株式会社システナに転職 次の転職先 アクセンチュアなどのコンサルフ...

NTTデータに転職したい方必見。中途入社の難易度や年収を解説

NTTデータ転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒からの社員がほとんどだが、SIerからの転職者も在籍している 株式会社NTTデータに転職 次の転職先 ...

TOP