SIer

DTSへの転職難易度は?口コミや年収など解説

▼下記は、DTSに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからDTSに転職してくるのか
・転職先:DTSからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

DTSの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、大学卒業や大学院卒業などが在籍しており、学歴は幅広くなっています。

職歴

DTS在籍者は新卒入社からのプロパー社員が多く、一部転職者の職歴はSIer金融機関人材サービス会社などが挙げられます。

退職後の主な転職先

DTSからの転職事例は少ないですが、一部転職先として、ソニーCiscoなどのメーカー日本ユニシスなどのSIerベイカレントなどのコンサルファームなどへ転職しています。

DTSは、金融や通信向けに対して強みを持つ独立系のシステムインテグレーターです。
金融や通信以外にも、コンビニや百貨店などの流通、航空、医療など、幅広い業界に対してコンサルティングから設計、開発、基盤構築までさまざまなサービスを提供しています。
その中でも、メガバンクを中核とした信託銀行や証券などの金融ビジネス全般のシステム開発と保守に関して40年以上の実勢kいがあり、高い満足度評価を得ている企業です。
1972年設立、東京都中央区に本社を構えており、5,457名の社員が在籍しています。
DTSでは、エンジニアやコンサルタントといったポジションで、主体性を持ち、粘り強く最後まで業務遂行できる人材を求めています。

DTSへの転職を目指すなら「iX転職」を見るべし

・DTSの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
・大手やハイクラスの求人情報を知りたい。
・現職や、特定の企業にばれずに転職活動をしたい。

そんな方に最もおすすめしたいのが、大手やハイクラス求人を豊富に取り扱っていてる人材大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が手がける「iX転職」。

また、まだ転職するつもりはなくても、情報収集として、事前にiX転職をチェックしておくと、目指す業界・職種などの傾向を把握することができます。

現職や特定の企業に対し、自分の情報を非公開にすることができるため、設定した企業にばれずに安心して転職を進めたい方にもマッチするサイトです。

この記事でわかること

  • DTSの企業概要
  • DTSの転職ポイント
  • DTSの社風や企業文化

DTSに転職するポイント

DTSの特徴

POINT

  • ・金融や通信向けに強みを持つ独立系のシステムインテグレーター
  • ・幅広い業界にコンサルティングから設計、開発など、さまざまなサービスを提供
  • ・40年以上の実績と高い評価を誇っている

DTSへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠はそれほど多くない
  • ・エンジニアやコンサルタントで求人募集
  • ・主体性を持ち、粘り強く最後まで遂行できることを重要視

DTSの企業概要

会社名 株式会社DTS
本社所在地 東京都中央区八丁堀2-23-1 エンパイヤビル
社長 西田 公一
設立 1972年8月25日
株式 上場(東証1部)
株主構成 日本トラスティ・サービス信託銀行(9.97%)
日本マスタートラスト信託銀行(7.72%)
DTSグループ社員持株会(6.62%)

DTSの売上

DTSの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 83,163,302千円 86,716,902千円 94,618,831千円
経常利益 8,574,872千円 9,929,095千円 10,849,667千円

DTSの最新ニュース

DTSの事業内容

DTSは、金融や通信などに対し、強みを持っている独立系のシステムインテグレーターです。
ITシステムをツールとして、解決を図っており、業務効率化や新しいサービスの創出など、幅広く手がけています。
DTSの主な事業としては、下記の3事業を主軸として運営しています。

金融事業

設立以来から長らく運営しているのが金融事業です。
銀行や信託銀行、証券などの金融ビジネス全般のシステム開発や保守を行っています。
また、業界随一の業務ノウハウを蓄積していることから、豊富な実績に基づくソリューションの開発を行い、メガバンク統合のような大規模案件やクライアントの海外事業展開におけるIT導入支援にも貢献しています。
さらには、高セキュリティの保持が可能な国内良いがたプロジェクト向け金融専門開発センターも保有しているなど、リソースを最大限に活用し、クライアントに最適なソリューションを提供している事業です。

社会事業

保険や年金、共済、官公庁などを通じて培ってきた専門知識と技術力を提供している事業です。
主に少子高齢化や成熟化に象徴とされる社会情勢の変化や法制度の改正に注力しています。
また、デジタル・トランスフォーメーションにも対応した最適なサービスの提供も行うなど、社会問題に対して特化している事業です。
今後の展望として、これまでに保険業界で蓄積した知見やノウハウを活用し、DTSのさらなる領域拡大を目指しています。

法人ソリューション事業

小売業や流通業、航空運輸業を中心に、幅広いニーズに合わせてトータルサービスを提供している事業です。
開発実績やノウハウを基に、自社や他社のパッケージやサービスの活用し、クライアントの目的や課題解決策に最適な技術や製品を選択し、提案を行っています。
また、IoTやクラウドといったデジタル技術を活かした新しいビジネスモデルの創出、それぞれの業界や業種に合わせたワンストップサービスの提供もしている事業です。
今後も、最適なサービスの提供や支援を行い、クライアントにとって「良き相棒」でいることを目指しています。

DTSの募集要項

アプリケーションエンジニア

DTSで提供しているアプリケーションの開発を行うポジションです。
具体的には、メガバンク向けの開発や大手保険向けの開発、通信業向けの開発を行います。
また、製造業や医療業に向けたシステム開発なども行うなど、さまざまな業種のプロジェクトに携わることができます。

必須な経験・スキル

  • ・要件定義や設計など、上流工程の経験

ITコンサルタント

さまざまな業界において、システムのコンサルティングから要件定義、基本設計を担当するポジションです。
具体的には、業務プロセスの可視化とシステム最適計画の策定からシステム化計画の立案、要件定義までの上流工程を行います。
プライム案件が約7割を占めており、上流中心に500以上の案件が常時稼働しているため、やりがいを感じながら働くことができます。

必須な経験・スキル

  • ・システム導入やパッケージ開発における要件定義や基本設計の経験
  • ・ITコンサルタント経験

SAPパッケージ導入コンサルタント

SAPアプリケーション導入関連のコンサルティングを行うポジションです。
具体的には、基本構想や要件定義から本稼働後の運用保守引継まで、プロジェクト開始から修了まで、一連のフェーズで携わります。
幅広く携われるため、さまざまな経験を積むことができる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・システム導入やパッケージ開発における要件定義や基本設計の経験
  • ・ITコンサルタント経験

DTSの転職難易度

DTSの転職難易度は比較的高いです。
中途採用による求人情報はそれほど多くなく、応募する場合でも求められるスキルや経験が一定以上必要になります。
また、さまざまなサービスやソリューションを提供しているDTSは知名度が高くなっているため、どのポジションも倍率が高くなっている傾向があります。
DTSへの転職を目指すなら、簡単ではないことをあらかじめ理解しておくことが肝心です。

DTSが転職者に求める人物像

DTSでは、主体的かつ創造的に考えて行動できる人材を求めています。
また、夢や目標があり、それを実現するために努力できる人材や、粘り強く最後まで遂行できる人材も求めている傾向があります。
DTSは、高度なビジネスニーズに応える付加価値の高いシステムの提供を目指してるため、こういった能力は必要不可欠です。
面接では、これらを効率的にアピールし、面接官を感心させられるかどうかが重要といえるでしょう。

DTSの転職までの流れ

DTSの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接・適性検査

想定選考官:現場社員・リーダー
想定内容:志望動機やこれまでの経験など、基本的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:管理部門・役員
想定内容:これまでの質問を再度深堀し、改めてマッチしている人材かを判断されます。

内定

DTSの面接形式

面接は「1対1」もしくは「応募者が1人、面接官が2人」で行われます。
面接回数は基本的に2~3回ですす。
1回あたりの時間は30分~1時間で終わります。

DTSの面接内容

DTSの面接は、志望動機やこれまでの経験といった基本的な質問から進みます。
また、「これまでの実績」や「どんなことに注力してきたか」など、仕事に対する質問をされる傾向があります。
さまざまな質問はされますが、これといった奇抜な質問をされることはほとんどなく、面接の雰囲気も比較的和やかです。
しかし、志望動機を重要視しているため、筋の通った志望動機でなければ、採用してもらうことは難しくなってしまいます。
自己分析と企業研究をしっかりと行い、志望動機をはじめ、どんな質問に対しても堂々と回答できるようにしておくと良いでしょう。

DTSで働いている方の評判・口コミ

プログラマー、在籍5~7年、男性
さまざまな案件に携われ、幅広い知識や技術に触れることができるため、やりがいを感じながら働くことができます。また、さまざまな会社のメンバーと良好な関係を築けるので、充実感も感じることができます。
アプリケーション設計、在籍5~7年、女性
グループ会社による社内研修が充実しています。個人で取得すると費用がかかってしまうPMPなども会社負担で研修を受けることができるので資格取得することができます。また、スキルアップのために取得した資格で一時金が出るため、モチベーションにも繋がると思います。
販促企画、在籍7~10年、男性
働き方改革の推進により、残業時間や有給取得率は改善されたと思います。また、マイセレクトタイム制度があるため、出勤時間を自分で調整することができるので、自分の好きなように働くこともできるでしょう。
口コミの要約

さまざまな案件に携わることができるため、やりがいと充実感を感じながら働くことができます。また、働き方改革の推進により、残業時間の軽減や有給取得率の向上など、どんな方にとっても働きやすい環境があります。

DTSの年収・給与

年収 619万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 社員持株会、財形貯蓄、退職金、慶弔見舞金など

DTSでの転職者の出世難易度

DTSの出世難易度は比較的高いです。
年功序列な風潮が強く、長く在籍している社員から出世していく傾向があります。
また、出世するためには、非常に高いスキルや経験、実績が必要であり、それら以外にもコミュニケーション能力やリーダーシップなどを持っていることが前提です。
ただし、新卒や中途による出世のしすさはさほど変わらないため、平等に評価されます。
DTSでの出世を目指すなら、コツコツと日々努力を積み重ねていくことで、出世への道は拓けるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 400万円
30代前半 なし 500万円
30代中盤 リーダー 600万円
30代後半 リーダー 600万円
40代前半 リーダー 700万円
40代後半 主任 700万円

DTSはどんな人が働いている?

DTSの従業員数

2,967名(単独)
5,457名(連結)

DTSの平均年齢

39.2歳

DTSの平均勤続年数

13.9年

DTSの社風

DTSは、比較的意見がしやすく、自由な社風です。
基本的にフラットであり、上司や先輩社員とコミュニケーションが取りやすい環境があります。
また、人間関係改善やメンタルケアに対して非常に力を入れており、積極的に取り組んでいる風潮があります。
可能な限りストレスを感じずに働く環境を整備しているため、人間関係などに悩まされず、自分らしく働きたいという方には、向いている企業といえるでしょう。

DTSのワークライフバランス

副業可否 可能(状況による)
勤務時間 8:50~17:35
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 有給休暇、慶弔休暇、永年勤続休暇、リフレッシュ休暇など
平均残業時間 月30時間前後
フレックス制度 有り
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

DTSの社長

西田 公一

1956年生まれ、愛媛県出身。
愛媛大学工学部卒業後、株式会社NTTデータに入社。
2001年に金融システム事業本部企画部長に就任。
その後も、リージョナルバンキングシステム事業本部副事業本部長や執行役員を歴任。
2009年に株式会社DTSの取締役副社長就任、その翌年より、代表取締役社長に就任。

DTS現職、OB/OGの有名人

北村 友朗

1964年生まれ、山口県出身。
東京理科大学院修了後、NTTデータ通信(現・株式会社NTTデータ)に入社。
2003年にビジネス開発事業本部部長に就任。
その後も、ビジネスソリューション事業本部企画部長や基盤システム事業本部データセンタービジネスユニット長などを歴任。
2015年に株式会社NTTデータ東海代表取締役社長に就任。
2020年より、株式会社DTSの取締役副社長執行役員に就任。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声がわからない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。

よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。

それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「CREEDO」。


※画像はイメージです。現在掲載中のものとは内容が異なる可能性があります。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞ける上、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

CREEDO公式サイトへ

DTSの転職に関わるQ&A


結論からいうと、携わるプロジェクトによって異なります。
それほど忙しくないプロジェクトや一方で仕事量の多いプロジェクトなど、さまざまです。
しかし、残業手当はしっかりと支給されるので、バリバリ働きたいという方には嬉しいでしょう。

DTSでは女性の活躍を推進しているため、女性でも活躍できる環境があります。
そのため、女性でも管理職に就くことができる可能性があり、また、妊娠や出産といったライフイベントにも対応してくれるので、女性にとって働きやすい企業といえるでしょう。

DTSへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

DTSの公式サイトにある採用情報ページからエントリーすることができます。
求人情報をはじめ、企業メッセージや実績紹介、企業情報など、企業研究に役立つ情報が掲載されているため、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、公式サイトからの転職には、どうしても時間がかかってしまう傾向があります。
もっと素早く転職したい場合や確実な転職を目指している場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富な求人の中から希望ポジションを探すなら「転職サイト」

転職サイトを活用してDTSへの転職したいなら、取扱い企業数が豊富であり、ハイクラス求人が豊富な「iX転職」がベストです。
iX転職では自分の市場価値を長期的にサポートしてくれるヘッドハンターと出会えます。
自分の市場価値を客観的に知ることができるので、より自分に合ったポジションへの転職ができるという特徴があります。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つ。
・案件数の圧倒的な多さ
・自分のペースで転職を進められる気軽さ
・応募までのスピード感

転職サイトは豊富な企業やポジションが掲載されており、比較的時間をかけず転職活動を行うことができます。
自分の希望するポジションを探したい方や、転職活動にまとまった時間が取れず、できるだけ時間をかけず転職したい方には転職サイトがおすすめです。

iX転職では年収が比較的高く、年収相談も可能!

iX転職から届くスカウトメールです。

※画像はイメージです。時期によって掲載内容が異なります。

ハイクラスをメインに扱っているiX転職だけあり、提示されている年収が比較的高く、求人によっては相談することが可能です。
また、iX転職は転職サイトの中でも比較的非公開求人が多い傾向があり、ヘッドハンターに相談することで非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
ただし、iX転職などの転職サイトから応募した場合、「企業が求めているスキルや人物像」が具体的に分からなかったり、DTSの社内事情に精通しているキャリアアドバイザーはつかないため、経歴やスキルで落とされる可能性も高くなります。
より確実性を重視するのであれば転職エージェントを利用するのがおすすめといえます。

あなたがDTSに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

日本総研の転職難易度は高い?面接内容や年収を調査!

▼下記は、日本総研に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本総研に転職してくるのか ・転職先:日本総研からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

DTSへの転職難易度は?口コミや年収など解説

▼下記は、DTSに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからDTSに転職してくるのか ・転職先:DTSからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

ヒューレット・パッカードの転職事情。難易度や口コミなどを解説

▼下記は、ヒューレット・パッカードに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからヒューレット・パッカードに転職してくるのか ・転職先:ヒューレット・パッカードからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し...

日立製作所の転職難易度は?面接内容や口コミ評判を徹底調査

  ▼下記は、日立製作所に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日立製作所に転職してくるのか ・転職先:日立製作所からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

オービックへの転職。年収や面接内容などの口コミまとめ

▼下記は、オービックに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからオービックに転職してくるのか ・転職先:オービックからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)へ転職するには?難易度や面接情報を調査

▼下記は、伊藤忠テクノソリューションズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから伊藤忠テクノソリューションズに転職してくるのか ・転職先:伊藤忠テクノソリューションズからどこへ転職するのか 一般的な...

野村総合研究所への転職難易度は高い?年収や倍率などを解説

  ▼下記は、野村総合研究所に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから野村総合研究所に転職してくるのか ・転職先:野村総合研究所からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりた...

セブン&アイ・ネットメディアに転職するべき?口コミや面接内容を調査

▼下記は、セブン&アイ・ネットメディアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからセブン&アイ・ネットメディアに転職してくるのか ・転職先:セブン&アイ・ネットメディアからどこへ転職するのか 一般的な...

コムウェアの転職はおすすめ?転職難易度や年収などを調査!

  ▼下記は、コムウェアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからコムウェアに転職してくるのか ・転職先:コムウェアからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

TISへの転職は難しい?難易度や年収などを解説

  ▼下記は、TISに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからTISに転職してくるのか ・転職先:TISからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

TOP