メーカー

東京エレクトロンへの転職。年収や今後の成長性、社風などについて解説

▼下記は、東京エレクトロンに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこから東京エレクトロンに転職してくるのか
・転職先:東京エレクトロンからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

  • 主な転職元

    ・トヨタなどの自動車、金属、電機などのメーカー
      

  • 東京エレクトロン株式会社

  • 主な転職先

    ・金属、機械、化粧品などのメーカーの他、Web事業会社コンサルファームなど

東京エレクトロンの主な転職元・転職先

学歴

学歴は、大学、大学院卒などが在籍している。学歴の幅は広い。

職歴

トヨタなどの自動車、金属、電機などのメーカーがあげられる。

退職後の主な転職先

金属、機械、化粧品などのメーカーの他、Web事業会社コンサルファームなども少数あげられる。

東京エレクトロンは、半導体を製造するのに必要な各装置を製造している、日本の電機メーカーです。消費者の生活に直接製品が届くことはほとんどありませんが、半導体製造装置の分野では国内でトップシェアを誇る超大手企業です。半導体産業はまだまだ成長産業であり、半導体産業を代表する東京エレクトロンの転職人気は非常に高くなっています。
東京エレクトロンでは、商品の設計を行うエンジニア職、経営改革を立案、実行するマネジメント職、業務へのAI導入を促進するAIサイエンティストなど幅広い職種の中途採用を募集しています。今回は、そんな東京エレクトロンについて特徴や職務内容、転職する上で必要な面接の内容や通過するためのポイントなどを徹底的に調査しました。東京エレクトロンは転職希望者も多い有名企業なので、是非この記事を読んで転職に必要な情報を手に入れておきましょう。

東京エレクトロンへの転職を目指すなら「iX転職」を見るべし

・東京エレクトロンの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
・大手やハイクラスの求人情報を知りたい。
・現職や、特定の企業にばれずに転職活動をしたい。
そんな方に最もおすすめしたいのが、大手やハイクラス求人を豊富に取り扱っていてる人材大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が手がける「iX転職」。
また、まだ転職するつもりはなくても、情報収集として、事前にiX転職をチェックしておくと、目指す業界・職種などの傾向を把握することができます。
現職や特定の企業に対し、自分の情報を非公開にすることができるため、設定した企業にばれずに安心して転職を進めたい方にもマッチするサイトです。

この記事でわかること

  • 東京エレクトロンの企業概要
  • 東京エレクトロンの転職ポイント
  • 東京エレクトロンの社風や企業文化

東京エレクトロンに転職するポイント

東京エレクトロンの特徴

POINT

  • ・新たな挑戦を応援する社風がある
  • ・専門に特化した優秀な社員が多い
  • ・ボーナスが非常に高い

東京エレクトロンへ転職するポイント

POINT

  • ・他の社員の意見を受け入れる姿勢が必要
  • ・専門性を高めることのできる学習意欲が必要
  • ・半導体産業そのものへの興味があること

東京エレクトロンの企業概要

会社名 東京エレクトロン株式会社
本社所在地 東京都港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー
社長 河合 利樹
設立 1963年
株式 東証一部上場
株主構成 日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)(16.17%)
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)(11.20%)
株式会社TBSホールディングス (4.67%)

東京エレクトロンの売上

東京エレクトロンの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 1,130,728百万円 1,278,240百万円 1,127,286百万円
経常利益 280,737百万円 321,662百万円 244,979百万円

東京エレクトロンの最新ニュース

東京エレクトロンの事業内容

東京エレクトロンは、主に半導体製造装置やディスプレイなどの製造装置を開発、販売している日本の電機メーカーです。大手の企業であり、同分野において国内トップシェア、世界では第4位のシェアを誇ります。主軸となる事業は先に述べた半導体製造装置、ディスプレイ製造装置の販売ですが、他にも近年は一般のネットワーク機器、電子部品の製造など多くの事業に注力しつつあります。アメリカやヨーロッパ、アジアなど世界各地にグループ会社を抱えており、事業規模がますます拡大しつつある、産業の成長を担う大企業の一角です。

半導体製造装置の生産・販売

半導体を生産する際には、感光剤などを塗る「コータ」や、絶縁膜を作るための「サーマルプロセスシステム」、製造過程において発生したチリやホコリを取り除く「サーフェスプレパレーション装置」など、数多くの専門的な機械が必要になります。東京エレクトロンは、これらの各種装置を開発し、主に企業向けに販売しています。

フラットパネルディスプレイ製造装置の生産・販売

フラットパネルディスプレイの生産には、半導体の生産と同様に「コータ」「エッチング装置」と言った様々な専門的な機械が必要となります。東京エレクトロンは、これらの生産、販売を行う事業も展開しています。また、半導体製造装置にも共通して言えることですが、このような装置は非常に使途が限られています。また、生産にも特別な技術が必要なため、この分野への参入障壁は非常に高いです。そのため、これらの事業により東京エレクトロンは安定した地位を築くことに成功しています。

東京エレクトロンの募集要項

エンジニア職

東京エレクトロンの展開する半導体製造装置、ディスプレイ製造装置の機構を設計し、その仕様ついて検討することが主な業務です。特に、製造装置を新たに開発する際にはその仕組みや仕様などを詳細に決定します。さらに、既に生産されている製造装置の改良、機構の検討などを任されることもあります。東京エレクトロンの展開する製造装置の設計を担う、最も基盤となる職種と言えます。

必須な経験・スキル

  • ・メカエンジニア等の実務経験
  • ・電気系、特に半導体に関する製品を設計・開発した経験
  • ・世界をリードするような技術を作り出すことのできる熱意

マネジメント職

東京エレクトロンでは、世情の変化を踏まえた業務改革が積極的に行われています。特に、ITシステムの導入による業務の自動化はその最たる例です。そのような業務改革を立案・実行していくのがマネジメント職になります。業務改革プロジェクトを把握した上で、予算の管理も行い、業務にかかるコストの削減等も任される、重要な職種です。

必須な経験・スキル

  • ・ITシステムを導入するプロジェクト等において、プロジェクトマネージャー等を務めた経験
  • ・上記のようなプロジェクトにおいて、コストの削減やリソースの検討などを行った経験
  • ・情報処理技術者試験に合格していると優遇

AIサイエンティスト

東京エレクトロンでは、現在半導体製造装置にAIを活用する試みが行われています。そのために必要な、AIに関する知識や技術を提供することがAIサイエンティストの役割です。具体的には、機械学習などの最先端技術を調査し、開発職に向けてAIの展開を提案、推進することが主な職務となります。さらに、各大学、研究施設等と連携することを通して、今までにない技術のイノベーションを起こすことも期待されます。

必須な経験・スキル

  • ・実務経験3年以上
  • ・データ処理をした経験や、最新のアルゴリズムについて論文で調査し検討した経験
  • ・英語の論文を読む、あるいはコミュニケーションを取るための英語力

東京エレクトロンの転職難易度

東京エレクトロンの転職難易度は、高めです。東京エレクトロンは、中途採用の必須条件として必ず実務経験を掲げていますが、その実務経験の基準も他の企業と比較して厳しめに設定されています。特に、待遇の良い職種や重要な任務を担う職種では実務経験のみならず英語力、論理的な思考力なども非常に高い水準で求められているようです。歓迎条件も非常に細かく指定があります。これらを満たすことは必須ではありませんが、東京エレクトロンの人気ぶりを考えると一つでも満たしているに越したことはありません。応募者数の多さを考慮しても、東京エレクトロンの転職難易度はやや高めと言えるでしょう。

東京エレクトロンが転職者に求める人物像

東京エレクトロンでは、基本理念として「夢のある社会の発展に貢献する」ことを掲げており、世界最先端の技術をリードするのにふさわしい技術力、情熱を持った人材を求めています。特に、世界中に事業を展開しているという特性上、顧客によりよい技術を提供するというグローバル意識は必須です。また、AI導入に代表されるように、刻一刻と変化する世界の変化に合わせて業務を改善していくという、社会を見渡す視点も求められています。

東京エレクトロンの転職までの流れ

東京エレクトロンの選考フロー

エントリー・書類選考・適性検査

書類選考を通過すると、適性検査が行われます。適性検査はSPIという筆記試験で行われます。SPIでは主に日本語の力が試される言語分野、基礎的な数理能力が試される非言語分野、英語力が試される英語検査などがあります。これらは他の中途採用でも行われることの多い一般的な適性検査内容なので、他の応募者も準備して臨んでいます。通過するためには、入念な対策が必要です。

一次~三次面接

想定選考官:人事
想定内容:これまでの学歴や職歴、経験やスキルといった基本的な情報がチェックされます。キャリア採用ではこれまでの経験が重視されることが基本ですが、東京エレクトロンの場合は特にその傾向が強いので、積極的なアピールを行うことがポイントです。

最終面接

想定選考官:事業責任者・役員
想定内容:一次の面接をさらに深堀したような内容を質問されます。

内定

東京エレクトロンの面接形式

面接の回数は人によって異なり、少ない場合では1回、多い時では3回です。一対一の一般的な面接の形式が多いようです。また、面接1回の所要時間も、30分から1時間程度とおよそ標準的な面接時間と言えるでしょう。最近では世情を踏まえてオンラインで面接が行われることもあるようです。

東京エレクトロンの面接内容

面接では特に意表をつくような質問はないようで、一般的な面接の対策をしておけば問題ありません。志望動機や実務経験などを中心に掘り下げられるため、今一度内容を整理しておきましょう。また、東京エレクトロンでは海外への事業展開も積極的に行っているため、将来的に海外赴任になる可能性があります。海外赴任への意向が聞かれることもあるようなので、面接前に意向を固めておくとよいです。また、キャリア採用の場合これまでの経験や研究内容についても言及されます。研究内容を、なるべく専門用語を交えずに説明する練習をするのがおすすめです。

東京エレクトロンで働いている方の評判・口コミ

開発職、在籍9年、男性
景気変動の影響を多く受けますが、好景気の時のボーナスが非常に高くなります。東京エレクトロンのボーナスの水準は業界でもトップクラスと言えるでしょう。ただ、その分基本給や残業代が高くありません。定時で必ず上がれるように仕事をしておかないと、損かもしれません。
営業、在籍4年、女性
半導体産業はまだまだこれから成長の見込める分野であり、製造装置の開発も同業他社が少ないため、企業の安定性は抜群と言えます。社内には非常に優秀な人が多く、専門的なスキルや知識も多く吸収することができます。一方で、プロジェクトのマネージメントが上手くいかず、その能力が十分に生かし切れていないと感じる場面も多々ありました。
エンジニア職、在籍8年、男性
業界の中でもトップシェアの企業であるため、売り上げが安定していると感じます。また、社内の雰囲気は非常によく、働きやすい職場であると感じます。同期との仲もよいため、多くの知見を共有したり、意見を交換しあったりして互いに成長していくことができます。成長することそのものに魅力を感じる人にはおすすめの職場と言えます。
口コミの要約

優秀な同期が周りに多く、職場の雰囲気もよいという口コミが目立ちました。さらに、労働環境に対するプラスの評価も多く聞かれました。自分が成長したいという積極性と熱意がある人には向いている職場であると言えるでしょう。
また、基本給や残業代が安い代わりにボーナスが高めの水準であるという口コミが多く見られました。給与が景気に依存する点でやや安定性に不安がありますが、半導体産業の成長性を考えれば十分に満足できる給与水準が期待できると言ってよいでしょう。

東京エレクトロンの年収・給与

年収 1149.3万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 なし(職種による)
通勤手当 あり
住宅手当 記載なし(社宅・独身寮制度あり)
福利厚生 確定給付型企業年金基金・財形貯蓄・社員持株制度・退職金・住宅資金融資斡旋(利子補給)等

東京エレクトロンでの転職者の出世難易度

東京エレクトロンでの転職者の出世難易度は高めになります。東京エレクトロンには、新卒での採用者を含めた多くの優秀な人材が集まっています。一人一人が自己研鑽に力を入れていることも多いため、出世する難易度はやや高いです。一方で、もともと学力や英語力がそれほど高くなかったものの、熱意を持って継続的に働いていたことが評価されて出世したという例もあるため、出世が不可能というわけではありません。特にある程度高めの年齢層は中途採用の社員が多いため、中途採用だからといって出世が極端に不利になるということはありません。ただ、「女性の出世をあまり見ない」というクチコミもあったため、女性の方は要注意かもしれません。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 なし 1000万円
30代中盤 なし 1000万円
30代後半 なし 1200万円
40代前半 なし 1000万円
40代後半 部長 1600万円
50代前半 部長 1500万円

東京エレクトロンはどんな人が働いている?

東京エレクトロンの従業員数

14668人(連結)

東京エレクトロンの平均年齢

44.3歳

東京エレクトロンの平均勤続年数

18.5年

東京エレクトロンの社風

東京エレクトロンには気さくに接する人が多く、明るく緩めの雰囲気のある社風であるという意見が多く見られました。実際、社員にはコミュニケーション力に長けた人が多く、良い雰囲気作りに成功していることが伺えます。特に、会議の時は発言しやすい雰囲気があるようで、若手の社員の意見でも積極的に取り入れる風土があります。
また、近年の社会の変化に合わせたダイバーシティの実現にも力を入れています。事業をグローバルに展開しているため、赤坂本社にも中国人や韓国人といったアジア系の人を中心に外国人が多く務めているようです。

東京エレクトロンのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00〜17:30
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 祝日、年末年始、年次の有給休暇、リフレッシュ休暇、慶弔休暇等
平均残業時間 月30〜50時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

東京エレクトロンの社長

河合 利樹

河合 利樹(かわい としき)。1963年大阪府出身。明治大学経営学部を卒業後、東京エレクトロンに1986年に入社する。数多くの役職を経験したのち執行役員に抜擢され、2015年に代表取締役社長に就任する。現職に就任後は、半導体製造装置の世界市場の成長予想など強気の経営を見せている。また、半導体設備への投資を拡大するなど、近年の積極的な事業拡大を行ったことでも知られている。

東京エレクトロン現職、OB/OGの有名人

東哲郎

東哲郎(ひがし てつろう)。東京都中野区生まれ。父である東一夫は東京学芸大学の名誉教授。東京学芸大学附属高校、国際基督教大学教養学部を卒業後、東京都立大学大学院社会科学研究科を修了する。その後、東京エレクトロン研究所に入社し、13年間にわたる勤務を経て1990年取締役に就任、1996年代表取締役社長に就任する。その後2005年には最高経営責任者としてリーマンショックによる経営不振の対応を任されるなど、数多くの困難を乗り越えたことで知られている。

小高敏夫

小高敏夫(おだか としお)。東京エレクトロンの創業者。1963年に東京エレクトロンを創業したのち敏腕な経営を続け、20年後の1983年には経常利益がおよそ100億円、売上高838億円の一大企業を実現した。半導体製造装置という当時は誰も考え付かなかった分野に目をつけ会社を成長させたその先見の明と経営手腕、数多くの業績は、東京エレクトロンのみならず日本全国で知られている。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声がわからない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「CREEDO」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞ける上、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

東京エレクトロンの転職に関わるQ&A


東京エレクトロンでの仕事が極端に激務であるとは言えません。半導体産業には3〜4年周期での景気の波があると言われており、繁忙期では残業時間が通常の2倍程度に増えたりすることもありますが、残業時間の増減はどの業界にも共通して言えることです。また、年収の高さや、ボーナスが日本の企業の中でも第2位にランクインしていたりすることなどを考えると、職務に合わせた年収がしっかりと保証されていると言えます。

東京エレクトロンでは、多くの派遣社員が働いています。特に部署によっては正社員と派遣社員の割合が一対一になることもあるようです。さらに、正社員のおよそ3〜4割程度は中途入社です。そのため、中途入社でも変に周りから浮くということは考えにくいです。派遣社員であっても特にモチベーションが低いということはなく、周りにいる多くの勤勉な社員とともに積極的に職務をこなしているようです。

東京エレクトロンへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

東京エレクトロンの採用ページから応募が可能です。
東京エレクトロンの原動力についてのメッセージや、東京エレクトロングループのキャリア採用情報を掲載されています。
公式サイトでは現在募集されている職種や条件がざっくりと記載されているため、「まずは求人の状況を簡単に知りたい」という人はチェックしておきましょう。

ただ、採用のポイントや求めている経歴・スキルは詳細には記載されていないため、採用の確率を高めたい場合や非公開求人も見たい場合には転職サイトや転職エージェントを活用するのがおすすめです。

半導体メーカーの募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用して東京エレクトロンに転職するなら、半導体研究などを行う他社の募集要項を比較することができる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・手軽さ
  • ・案件数の豊富さ
  • ・案件確認から応募までの早さ

転職サイトは、空いた時間に転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、案件が豊富であり、案件確認から応募までが非常にスピーディーです。
今すぐ転職をしたい方や、まずは企業を比較したい方は、転職サイトを活用すると良いでしょう。
ただし、転職サイトから応募した場合は、転職活動を全て自身で進めることになるため、転職難易度は比較的高くなります。

半導体を扱う企業の募集を比較するなら「iX転職」

iX転職には、ディスコやレーザーテックといった幅広い企業の募集要項を確認することができます。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールの平均年収は800万円~1,300万円程度となっており、別サイトよりも比較的高く設定されています。
また、iX転職は、表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
同業他社で募集がどれほどあるのか、それぞれ募集要項はどのように違うのかなどを自らの手で調べたい方は、まずはiX転職に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

あなたが東京エレクトロンに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

資生堂への転職はおすすめ?転職難易度や仕事内容についてご紹介

▼下記は、資生堂に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから資生堂に転職してくるのか ・転職先:資生堂からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

東京エレクトロンへの転職。年収や今後の成長性、社風などについて解説

▼下記は、東京エレクトロンに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから東京エレクトロンに転職してくるのか ・転職先:東京エレクトロンからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目...

オープンハウスへ転職するには?面接内容や評判などを解説

▼下記は、オープンハウスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからオープンハウスに転職してくるのか ・転職先:オープンハウスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せる...

日本ガイシの転職難易度は?口コミや年収などを解説

▼下記は、日本ガイシに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本ガイシに転職してくるのか ・転職先:日本ガイシからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

TOTOへの転職は難しい?口コミや評判などを解説

▼下記は、TOTOに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからTOTOに転職してくるのか ・転職先:TOTOからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

カルビーへ転職するには?採用フローや面接内容をご紹介!

▼下記は、カルビーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからカルビーに転職してくるのか ・転職先:カルビーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

コーセーへの転職は難しい?口コミや年収などを解説

▼下記は、コーセーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからコーセーに転職してくるのか ・転職先:コーセーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

ニコンの転職事情。面接内容や転職難易度などを解説

▼下記は、ニコンに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからニコンに転職してくるのか ・転職先:ニコンからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

アサヒビールへの転職。難易度や口コミを徹底調査

▼下記は、アサヒビールに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアサヒビールに転職してくるのか ・転職先:アサヒビールからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

JTの転職難易度は?将来性や面接対策について解説。

▼下記は、JTに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからJTに転職してくるのか ・転職先:JTからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう...

TOP