メーカー

オープンハウスへ転職するには?面接内容や評判などを解説

オープンハウス転職者の主なキャリアステップ

オープンハウスの主な転職元・転職先

学歴主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学卒業など幅広く在籍しており、中には海外の大学出身者もいます。

前職オープンハウス在籍者の主な職歴は、三菱商事などの総合商社や積水ハウスなどの建設会社、楽天などのWEB系事業会社戦略コンサル、さらにはカーディーラーなど、幅広い業種からの転職者が挙げられます。

次の転職先オープンハウスからの転職先として、リクルートなどのWEB系事業会社や建設会社、ビルマネジメント会社などへ転職しています。

オープンハウスは、不動産仲介事業や新築戸建分譲などを展開している総合不動産会社です。
「東京に、家を持とう。」のキャッチフレーズで一躍知名度を上げ、東京都を中心に、さまざまなサービスを提供を行っています。
今一番注目を集め、急成長している企業であり、オープンハウスが手掛けるマンションブランド「オープンレジデンシア」は、2年連続で東京23区のマンション供給棟数は国内最多を記録しています。
また、海外の富裕層を対象としたサービスも展開しており、国内のみならず、海外でも事業拡大を計っている企業です。
1997年に設立、東京都千代田区に本社を構えており、2,655名の社員が在籍しています。
オープンハウスでは、営業職ポジションにて、明朗活発であり、努力を惜しまずできるような人材を求めています。

オープンハウスへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・オープンハウスの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、オープンハウスの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • オープンハウスの企業概要
  • オープンハウスの転職ポイント
  • オープンハウスの社風や企業文化

オープンハウスに転職するポイント

オープンハウスの特徴

POINT

  • ・不動産仲介事業や新築戸建分譲などを展開している総合不動産会社
  • ・東京都を中心に、さまざまなサービスを展開し、注目を集め急成長している
  • ・国内だけでなく、海外にも積極的に事業展開

オープンハウスへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的多い
  • ・営業職ポジションの求人が多数
  • ・明朗活発であり、愚直な努力ができる人材を求めている

オープンハウスの企業概要

会社名 株式会社オープンハウス
本社所在地 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング12F
社長 荒井 正昭
設立 1997年9月
株式 上場(東証1部)
株主構成 荒井正昭(43.42%)
MSIPCLIENTSECURITIES(3.6%)
日本トラスティサービス信託銀行(3.1%)

オープンハウスの売上

オープンハウスの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 390,735百万円 540,376百万円 575,951百万円
経常利益 46,052百万円 54,928百万円 77,357百万円

オープンハウスの最新ニュース

オープンハウスの事業内容

オープンハウスは、東京を中心に不動産仲介事業や新築戸建分譲などを展開している総合不動産会社です。
「東京に、家を持とう。」をキャッチフレーズに、さまざまな事業展開を行っています。
オープンハウスの主な事業としては、下記の3事業をメインに運営しています。

戸建関連事業

「顧客が求める住まい」を追求し続けているオープンハウスのコアとなる事業です。
都心で駅に近い立地へのニーズが強まったことに着目し、都心部の狭小地の3階建てというコンセプトで戸建住宅を提供します。
また、2000年以降は女性の社会進出が進んでいることにより、共働き世帯が増加、そういったニーズに伴い、利便性の高い都心部においてリーズナブルな価格で住める住宅の提供も行っています。
商品力や製販一体のバリューチューン、営業力などを最大限に活用した結果、売上を急激に伸ばすことができ、近年では東京以外にも、神奈川県や埼玉県、愛知県など、地方にも展開している事業です。

マンション事業

戸建事業で培ったノウハウを活用し、マンションの提供を行っている事業です。
戸建住宅に適さない用地が多く、そういった用地に対して、戸建事業で培った企画力や設計力を活用して自社ブランド「オープンレジデンス」を提供しています。
圧倒的なコスト競争力やオーダーシステム、ドミナント戦略などにより、現在では東京23区で1位のマンション供給棟数を誇っています。
今後の展望としては、戸建事業同様に地方の中核都市をメインとした事業展開と拡大を目指している事業です。

収益不動産事業

不動産の価値を今一度高めて市場に再流通させることを目標に、さまざまなサービスを展開している事業です。
マンションやオフィスビル、商業ビルなどを仕入れ、リノベーションの施しや稼働率を向上させることで収益性や資産性の価値を再び高めることができ、それらを投資家や企業、不動産デベロッパーなどへ再流通させます。
拠点は東京や名古屋、大阪、福岡など、大都市圏を全てカバーできる体制を設けているため、どんな状況にも対応することが可能です。
その結果、事業開始7年で売上は1,000億円を超え、今後もさらなる成長モデルを構築していく事業でしょう。

オープンハウスの募集要項

住宅営業

顧客に対して、快適な生活が送れるように一戸建てやマンションを紹介するポジションです。
「都心部」や「駅近」、「割安」などの特徴を全面的にアピールし、最良の物件を紹介します。
また、顧客となりうる方に対して積極的に声かけする集客活動も行います。

必須な経験・スキル

  • ・普通自動車運転免許(AT限定可)
  • ・目標達成意欲や成長意欲が高い
  • ・顧客と信頼関係を築けるコミュニケーション能力

土地仕入営業

「顧客に選ばれる住宅」に適した土地の売買を行うポジションです。
具体的には「通勤しやすい都心駅近」という企画に合う土地の購入から建物の建設、顧客への販売まで一貫して行います。
このポジションは、会社の利益を生み出す非常に重要な役割を担っているため、責任感が問われますが、同時にやりがいを感じることができるでしょう。

必須な経験・スキル

  • ・普通自動車運転免許(AT限定可)
  • ・目標達成意欲や成長意欲が高い
  • ・顧客と信頼関係を築けるコミュニケーション能力

収益不動産営業

定期的に利益を生み出すテナントビルのような不動産を購入し、リノベーションを施して不動産価値をさらに高め、再び市場に流通させるポジションです。
主に共同住宅やオフィス、店舗などであり、金額も数千万~数億円とさまざまです。
あらゆる情報を集め、それらをもとに、提供を行うため、情報収集能力が必要となります。

必須な経験・スキル

  • ・普通自動車運転免許(AT限定可)
  • ・宅建士資格保有
  • ・営業や販売、接客などの実務経験

オープンハウスの転職難易度

オープンハウスの転職難易度は中程度です。
オープンハウスは知名度があり、人気の高い企業のため、応募者が多く、一見難易度は高く感じるかもしれません。
しかし、求人によっては未経験でも応募することが可能なため、難易度はそれほど高くないといえます。
ただし、求人によっては一定以上のスキルや知識が求められ、タイミングによっては難易度が変動するので油断は禁物です。

オープンハウスが転職者に求める人物像

オープンハウスでは、明朗活発であり、愚直な努力を続けられるような人材を求めています。
また、素直であり、チーム目標に共感できる人材も求めている傾向があります。
オープンハウスでは、これらを持っていることで、顧客の幸せに貢献し、企業としても成功を掴めるという思想があるため、上記のような人材が求められるのです。
面接では、これらをアピールできるエピソードをしっかり用意してから臨むと良いでしょう。

オープンハウスの転職までの流れ

オープンハウスの選考フロー

エントリー

一次~四次面接

想定選考官:人事・マネージャー
想定内容:志望動機やこれまでの経験など、定型的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員・事業部長
想定内容:これまでの質問を再度質問され、非常に深いところまで聞かれます。

内定

オープンハウスの面接形式

面接は基本的に1対1で行われます。
面接回数はポジションによって異なり、最大で5回ほどです。
1回あたりの時間は30分~1時間程度です。

オープンハウスの面接内容

面接は、指導動機やこれまでの経験など、定型的な質問から進みます。
それ以外にも、「責任が重く難易度の高い仕事だけど続けられるか」や「忍耐力はあるか」など、ストレス耐性や忍耐力があるかどうかの質問をされます。
また、こちらの回答に対して、「それはなぜ?」ととことん深堀されるので、どんな質問をされても回答できることが肝心です。
面接の雰囲気は、硬めな傾向があり、ここでもストレス耐性や忍耐力があるかを確認されます。
変に緊張せず、自分らしく面接に臨めることが重要なポイントといえます。

オープンハウスで働いている方の評判・口コミ

個人営業、在籍5~7年、男性
不動産は人生の中で最も高級な買い物なため、その場に立ち会えることが喜びになります。また、若手でも活動できる場が多くあるので、早い段階から経験を積むことができます。さらには、失敗しても受け入れてくれる傾向があるため、安心してチャレンジすることができるでしょう。
マーケティング、在籍3~5年、女性
スキルアップに関する研修などは、全くないわけではないですが、それほど充実しているということもありません。しかし、周りには生きた教材がたくさんあるため、上司や先輩と一緒に仕事していれば、自然とスキルアップできると思います。ただし、自分から学ぶ姿勢がなければ、スキルアップは望めないかもしれません。
企画、在籍5~7年、男性
休日がしっかりと確保されており、プライベートを満喫することができます。長期休暇も平均よりも長く、しっかりと休養できるので、ワークライフバランスは良いと思います。何かあれば相談することも可能で、心身ともに不自由なく働くことができるでしょう。

口コミの要約オープンハウスの口コミを見てみると、不動産を扱っているため、やりがいと喜びを感じながら仕事ができるということが伝わってきます。また、休日がしっかりと確保されており、ワークライフバランスは比較的良く、プライベートも大切にできることが伺えます。

オープンハウスの年収・給与

年収 635万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年4回
残業手当 記載なし
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 なし
福利厚生 従業員持株会、慶弔見舞金制度、確定拠出年金制度、資格取得支援制度など

オープンハウスでの転職者の出世難易度

オープンハウスの出世難易度は中程度です。
在籍している社員は優秀であり、それぞれ実績や売上を出しているため、その中から出世するということは簡単ではありません。
しかし、出世できる基準が売上や実績によるものなので、ほかの人以上に成果を出していれば、在籍年数関係なく、出世することも可能です。
また、年に4回ほど昇給できるタイミングがあるため、ほかの企業に比べると、出世しやすいでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 700万円
30代前半 なし 800万円
30代中盤 なし 1,000万円
30代後半 課長 1,000万円
40代前半 なし 1,000万円
40代後半 次長 1,200万円

オープンハウスはどんな人が働いている?

オープンハウスの従業員数

2,655名

オープンハウスの平均年齢

29.0歳

オープンハウスの平均勤続年数

3年

オープンハウスの社風

オープンハウスでは、部署ごとにライバルのような関係性を築いており、お互いに切磋琢磨しながら仕事するという風土があります。
しかし、ライバル視しているものの、社員同士は仲が良く助け合っているという環境があります。
独特な雰囲気に飲み込まれず、自分の力を発揮しながら働きたいという方には、向いている企業といえるでしょう。

オープンハウスのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:30~19:00
休日 週休二日制
その他の休日・休暇 夏季休暇、年末年始休暇、年次有給休暇、特別休暇など
平均残業時間 月30〜40時間
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

オープンハウスの社長

荒井 正昭

1965年生まれ、群馬県出身。
不動産会社に入社し、10年間営業職を務める。
その後、1997年にオープンハウスを設立、代表取締役社長に就任。
これからも若手社員が希望を抱ける会社を目指し、売上1兆円を目標に事業拡大することを公言しています。

オープンハウス現職、OB/OGの有名人

鎌田 和彦

1965年生まれ、神奈川県出身。
慶應義塾大学文学部卒業後、株式会社リクルートコスモス(現:株式会社コスモスイニシア)に入社。
しかし、その1年後に退職し、1989年に宇野康秀氏や島田亨氏、前田徹也氏とともに株式会社インテリジェンス(現:パーソルキャリア株式会社)を設立、取締役に就任。
その翌年、代表取締役社長に就任、2000年に株式上場に伴い、数々の事業を展開。
2008年に代表取締役社長を退任し、その後はアート・クラフト・サイエンス株式会社代表取締役会長や、株式会社ペイロール社外取締役、株式会社振るキャストホールディングス社外取締役などを歴任。
2015年より、株式会社オープンハウス取締役副社長に就任。
日本を代表する実業家として、さまざまな企業の事業拡大に貢献してきた人物です。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声がわからない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。

よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。

それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。現在掲載中のものとは内容が異なる可能性があります。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞ける上、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

オープンハウスの転職に関わるQ&A


オープンハウスへの転職情報を調べていると「激務で大変」というワードを目にすることでしょう。
実際のところ、営業職は大変という方が少なからずいます。
その理由としては、オープンハウスはほかの不動産企業と異なる「源泉営業」という営業手法であることが挙げられます。
源泉営業とは、自分で新しく顧客を開拓していく営業手法なため、どうしてもハードに成りがちになってしまうのです。
ただし、働いたら働いた分だけ給与として支払われるので、バリバリ働いて稼ぎたいという方には向いている企業といえます。

オープンハウスは上下関係が非常に厳しいです。
どちらかというとキッチリしている雰囲気なので、フラットな雰囲気が好みという方には、多少辛い部分はあるかもしれません。
ただし、出世に関しては年功序列ではな実力主義な部分が多いため、スキルを正当に評価してほしいというニーズは叶う職場といえるでしょう。

オープンハウスへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

オープンハウスの公式サイトにある採用情報ページからエントリーすることができます。
求人情報をはじめ、企業の特徴や代表メッセージ、企業の成長理由など、さまざまな情報が掲載されています。
ただし、求人情報の内容は比較的薄く、不明点もあるでしょう。
より具体的な内容が知りたい場合や、表に出ていないような非公開求人に応募してみたい場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、オープンハウスの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

自分のペースで転職活動したいなら「転職サイト」

転職サイトを利用してオープンハウスへの転職を考えているなら、企業案件数が豊富で、ミドルクラス~ハイクラスの案件を多く取り扱っている「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つあります。
・多くの求人案件がある
・忙しい方でも転職活動が行える
・気になった求人にすぐ応募できる気軽さ

多くの求人案件があるため、自分に合ったポジションを探したいという方には、転職サイトがおすすめです。
また、現職などで忙しくなかなか転職活動ができないという方でも、気になった求人があればすぐに応募することができるので、比較的転職活動がしやすいでしょう。

iX転職では平均年収が高く、年収最高額は1,500万円以上!

iX転職が扱っている求人です。

※画像はイメージであり、時期によって掲載内容が異なる場合があります。

ハイクラス求人を多く扱っているiX転職だけあり、提示されている年収は全体的に高く、年収最高額は1,500万円以上となっています。
さらに、iX転職では履歴書・職務経歴書の見せ方や面接対策から、自身で気づいていない強みの発掘など、あなたの市場価値向上を長期的にサポートしてくれるヘッドハンターと出会えます。
ただし、転職サイトからの応募は、自分と企業とのすり合わせが上手くいかないことも少なくありません。
その結果、面接で落とされてしまったり、書類選考が通らないということがあります。
確実な転職を望むなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

島津製作所の転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

島津製作所転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒からのプロパー社員が多い 自動車部品、電機、製薬、食品などの各種メーカー 株式会社島津製作所に転職 次の...

コカ・コーラの転職事情。面接内容や口コミなど解説

コカ・コーラ転職者の主なキャリアステップ ...

サントリーへの転職まとめ。面接の傾向や社員の口コミなどを解説

サントリー転職者の主なキャリアステップ ...

シスメックスへの転職は難しい?口コミや平均年収などを紹介

シスメックス転職者の主なキャリアステップ ...

日清食品の転職事情。口コミや面接内容などを解説

日清食品転職者の主なキャリアステップ ...

TOTOへの転職は難しい?口コミや評判などを解説

TOTO転職者の主なキャリアステップ ...

レキットベンキーザーへの転職はおすすめ?年収や転職情報について調査

レキットベンキーザー転職者の主なキャリアステップ 前職 食品・飲料・消費財メーカー レキットベンキーザージャパンに転職 次の転職先 外資系含む食品・飲料・...

資生堂への転職はおすすめ?転職難易度や仕事内容についてご紹介

資生堂転職者の主なキャリアステップ 前職 ほとんどがプロパー 少数だが代理店や同業他社 株式会社資生堂に転職 ...

Apple Japanの転職難易度は?年収や社員の口コミ評判を徹底調査!

Apple Japan転職者の主なキャリアステップ 前職 google amazon facebook IBM マイクロソフトなどのグローバル企業 LINE・TwitterなどのWeb系事業 ...

MTGへの転職は難しい?面接内容や事業内容などを解説

▼下記は、MTGに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからMTGに転職してくるのか ・転職先:MTGからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

TOP