メーカー

新日本製薬の転職事情。転職難易度や選考ポイントなどを解説

新日本製薬転職者の主なキャリアステップ

新日本製薬の主な転職元・転職先

学歴主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学・大学院卒業など、幅広く在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

職歴新日本製薬在籍者の主な職歴は、資生堂などの化粧品メーカー健康食品メーカーのほか、ゼンリンTOTOなどが挙げられます。

退職後の主な転職先新日本製薬からの転職先として、化粧品メーカー健康食品メーカーなどへ転職しています。

新日本製薬は、「パーフェクトワンブランド」などの化粧品をはじめとして、健康食品や医薬品などを総合的に販売していることで知られる日本の大手製薬会社です。
2015年には主力商品である「パーフェクトワン オールインワンジェルシリーズ」が売上日本一を記録するなど、全国の直営店と通信販売で確固たるポジションを築いています。
また、2021年11月に本音のコスメ批評誌「LDK the Beauty」2022年1月号にて、「スムースクレンジングバーム」が毛穴クレンジング部門Bestbuy受賞し、総合評価A獲得するなど、非常に注目を集めている企業です。
そんな新日本製薬は、デジタルマーケティングやコスメ開発などのポジションで中途採用を募集しており、課長や課長補佐級での採用が多く、管理職としてのキャリアパスがある採用が多いことが特徴です。
この記事では、新日本製薬へ転職を目指す前に必ずおさえておきたい転職難易度や面接で聞かれるポイント、社員の口コミなどを解説します。

新日本製薬への転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・新日本製薬の口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、新日本製薬の最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • 新日本製薬の企業概要
  • 新日本製薬の転職ポイント
  • 新日本製薬の社風や企業文化

新日本製薬に転職するポイント

新日本製薬の特徴

POINT

  • ・「パーフェクトワン」などの化粧品や医薬品を製造販売する製薬会社
  • ・「第2創業期」として成長を続けており、2020年には東証1部へ市場変更
  • ・海外市場に注力しており、中国やアジア各国、北米などで製品展開

新日本製薬へ転職するポイント

POINT

  • ・マーケティングや開発などの幅広いポジションで求人募集
  • ・課長や課長補佐など、管理職の採用が多数
  • ・能力面よりも人物面を重視した選考が行われる傾向にある

新日本製薬の企業概要

会社名 新日本製薬株式会社
本社所在地 福岡県福岡市中央区大手門1丁目4-7
社長 後藤 孝洋
設立 1992年3月11日
株式 上場(東証1部)
株主構成 山田英二郎(25.23%)
山田恵美(17.55%)
株式会社ラプリス(14.26%)

新日本製薬の売上

新日本製薬の売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 33,570百万円 33,728百万円 33,899百万円
経常利益 2,828百万円 3,295百万円 3,414百万円

新日本製薬の最新ニュース

新日本製薬の事業内容

新日本製薬は、化粧品や医薬品の製造販売を手掛けている製薬会社です。
販売チャネルとして通信販売や直営店舗、海外販売の3つを有しており、いずれも安定した売上を挙げています。
テレビや新聞などの広告も積極的に打ち出しており、コールセンターが中心となって運営する充実したカスタマーサポートが強みです。
通信販売においては独自のポジションを築いている企業といえます。
また、近年の健康志向の高まりを受けて、「朝イチスッキリ! 青汁サラダプラス」などの健康食品シリーズも打ち出しています。
さらには、2015年の台湾における通信販売の開始を皮切りに、海外進出も推進しており、現在ではタイ市場やシンガポール市場まで販売を拡大、今後はベトナムや北米など新たな値域での売上を伸ばしていくことを目指している企業です。

新日本製薬の募集要項

デジタルマーケティング

関連会社と連携しながら、商品の各販売チャネルにおける広告の効果的な運用、マーケティング情報の分析などを行うポジションです。
また、新商品の戦略立案や商品導入、価格やビジュアルの決定など、マーケティング業務全般に携われます。
非常に幅広い業務に携われ、さまざまな経験を積める職種です。

必須な経験・スキル

  • ・4年程度のデジタルマーケティングの経験
  • ・3年程度の消費財のマーケティングの経験
  • ・ロジカルで説得力のあるプレゼンテーション能力の保有

商品開発

新日本製薬の新たな化粧品や医薬品、健康食品などを開発するポジションです。
具体的には、商品の計画から推進、コンセプト開発からマーケティング部署との連携など、商品開発のフロー全般に携わります。
幅広い業務を経験できますが、責任のある業務なため、責任感が問われる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・化粧品の企画開発経験
  • ・食品や健康食品の企画開発経験

新日本製薬の転職難易度

新日本製薬の転職難易度は中程度です。
新日本製薬は、最近の業績の急拡大によって人手が不足した部署を中心に、多くの中途採用の求人募集を行っています。
また、課長クラスの採用など、責任のあるポジションの求人も多く、製薬会社などへの中途採用を検討している方にとっては見逃せない企業です。
求人が豊富な一方で、それぞれの倍率はやや高くなっています。
商品開発では、歓迎要件として「年間の売上10億円程度の規模の商品開発経験」が掲げられているなど、求められている経験もやや高いです。
責任のあるポジションでの採用が多い分、シビアな採用が行われているということも頭に入れておきましょう。

新日本製薬が転職者に求める人物像

それぞれの求人に記載されている情報によると、新日本製薬は「データに強くロジカルな人物」であることを重視していることが伺えます。
数字やデータに強く、根拠を持って確実に結論を導き出すことのできる人物であることが重要です。
面接でもあまりに長い話などは評価されにくい傾向にあるようなので、数字などの具体的なデータを出しながら説得力を持って話をまとめるようにしましょう。
また、職種ごとに求める人物像を細かくしていしています。
そのなかでも一際目を引くのが「結果にこだわるタイプであること」という文言です。
成果を数字で評価しようという風土がある分、最後まで結果を追求する人物が求められています。

新日本製薬の転職までの流れ

新日本製薬の選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事
想定内容:志望動機やこれまでの経験など、基本的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:部署責任者・役員
想定内容:これまでの質問を再度深堀し、改めてマッチしている人材かを判断されます。

内定

新日本製薬の面接形式

面接は応募者1人に対し、面接官複数人で行われます。
面接回数は基本的に2回ですが、職種によって異なります。
1回あたりの時間は45分程度です。

新日本製薬の面接内容

新日本製薬の面接は、志望動機やこれまでの経験など、基本的な質問から進みます。
それ以外にも、「数字には強いですか?」や「データは好きですか?」という質問をされる傾向があります。
新日本製薬では、データなどの確固たる根拠に基づいてロジカルに考えることのできる人物が評価されるのが特徴です。
実際に配属先部署の部長がロジカルで手短な話を好む方だったという情報もあります。
面接では、論理的な思考能力があることや数字に抵抗がないことなどをアピールすると好印象を与えられる可能性があります。
また、通信販売を行う部署への応募の際に、「初めての通販だが頑張れると思うか?」と聞かれたなど、単刀直入に仕事へのやる気を聞かれたという情報も目立ちます。
このような質問に対しては迷う様子を見せずに、積極的に仕事に取り組んでいきたいという熱意をアピールしていきましょう。

新日本製薬の選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには多様なポジションで募集をしている
・求人情報はDODAや求人ボックスなどでも確認可能
・こちらの回答に対し、深堀される傾向がある

マーケティング、20代後半、男性
数字は好きかどうかと、今まででデータ分析に取り組んだ経験を聞かれました。全体的に数字を大切にする社風がありますが、マーケティングの場合特に重視される傾向があります。
コールセンター、30代前半、女性
通信販売への対応は初めてだったため、その旨を伝えたところ、「初めての通信販売で大変なこともあると思うが頑張ることができるか」と聞かれました。面接の雰囲気は和やかで、話しやすかったです。
営業、20代後半、男性
CPOという言葉を聞いたことがあるか、と聞かれました。マーケティングなどでは一般的な用語のようですが、聞いたことがなかったためその旨を素直に伝えました。若干マイナス印象を与えてしまったかもしれません。
事務、20代後半、女性
前職での経験と志望動機を中心に聞かれました。3年後にあなたはどのようになっていると思うか、という質問が印象に残りました。
商品開発、30代前半、男性
将来どのような商品を開発していきたいと思うか、と聞かれました。また、年下の上司とうまくやっていくことができるか、などかなり業務に踏み込んだ質問も多くありました。

新日本製薬で働いている方の評判・口コミ

エンジニア、在籍5~7年、男性
一般職は非常に団結感があり、一体となって仕事に打ち込む雰囲気があります。一方で総合職は非常に入れ替わりの速い職場で、1年間で部署のほとんどが入れ替わったということもありました。売上を伸ばし、現在も成長中の会社なので、仕方のないことなのかもしれません。2019年には役員による不祥事があり、それ以来風通しを良くしようという取り組みが進められています。
マーケティング、在籍7~10年、男性
在籍している社員は優しい方が多いと感じます。社内の雰囲気も和気あいあいとしており、非常に働きやすい会社です。また、しっかりと論理立てて話すことでやりたいことをやらせてもらえます。基本的には社員をジェネラリストとして育成するような雰囲気があり、何らかの分野の専門スキルはほとんど外注しています。
カスタマーサポート、在籍10年以上、女性
化粧品メーカーとして認知されているということもあり、化粧品に憧れを持って入社した女性社員も多い印象です。また、お客様第一主義の経営理念が社内には浸透しており、商品の立ち上げから販売までを全て社内で一貫して行っています。自社内にコールセンターを持っているため、消費者の声を直接聞くことができ、働きがいに繋がっています。
口コミの要約近年急速に成長している会社であり、人の入れ替わりが激しいという意見が目立ちます。良くも悪くも社内にはジェネラリストが多く、風通しの良い社風があります。女性社員も多く、男女問わず活躍できる一方で、役員の不祥事を始めとした経営には、疑問の声が少なくありません。社外から迎え入れた役員などの力も借りつつ、今後信頼を取り戻していけるかが問われています。

新日本製薬の年収・給与

年収 457万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年2回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 各種社会保険、退職金制度、社員食堂、社員割引制度など

新日本製薬での転職者の出世難易度

新日本製薬では、年に2回の評価があります。
自己評価と上司による評価が行われ、いわゆる日本型の一般的な評価制度となっています。
新日本製薬で出世するためには、この評価のタイミングで良い評価を受けることが重要です。
いずれの職種も数字に基づいて厳密に評価されるという風潮があります。
一方で、良い評価を得ても思い切った昇給はないなど、評価と給与の関係に疑問を感じる社員の声も少なくありません。
いずれにしても、新日本製薬で出世するためにはコツコツと実績を積むとともに、その実績をデータなどで徹底的にアピールすることが重要です。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 600万円
30代中盤 マネージャー 700万円
30代後半 課長補佐 700万円
40代前半 課長 700万円
40代後半 部長 1,700万円

新日本製薬はどんな人が働いている?

新日本製薬の従業員数

330名

新日本製薬の平均年齢

36.6歳

新日本製薬の平均勤続年数

6.4年

新日本製薬の社風

新日本製薬の社風の特徴として、「傾聴・共感・感謝」という3つのキーワードが社員一人一人に浸透しているということが挙げられます。
消費者第一主義も実際社内に浸透しており、それぞれの部署が一致団結して消費者のことを考えて働くようという点が特徴です。
社員にはいわゆる良い方が多く、人間関係のトラブルも少なくなっています。
ほかにも、組織が次々と変わるという特徴もあります。
成長中の組織にはよくあることではあるのですが、特に総合職はほとんどが1年以内に異動するなど、頻繁に組織変更が行われている企業です。

新日本製薬のワークライフバランス

副業可否 不可
勤務時間 8:50〜17:50
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、夏季休暇、慶弔休暇、誕生日休暇など
平均残業時間 月15.7時間
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

新日本製薬の社長

後藤 孝洋

1971年生まれ。
1995年に株式会社新日本リビング(現・新日本製薬株式会社)に入社。
1998年に部長に就任。
2005年に代表取締役社長へ就任。
その後も、新日本ホールディングス株式会社の取締役や、株式会社新日本医薬の代表取締役社長、それぞれに就任。
15年以上にわたり、新日本製薬の経営を導いている人物。

新日本製薬現職、OB/OGの有名人

福原 光佳

1972年生まれ。
1991年に有限会社丸勘運輸に入社。
その3年後、株式会社コスミックへ入社し、2005年株式会社ホットコミュニケーションの取締役へ就任。
2010年に株式会社JIMOSへ入社後、2013年に新日本製薬株式会社に入社。
通販事業本部部長などを経て、2019年より、常務取締役を務めている。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声が分からない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

新日本製薬の転職に関わるQ&A


新日本製薬は化粧品を主力製品としていることもあり、女性社員が多く在籍しているのが特徴です。
部署によって女性の比率には偏りがあり、コールセンターや事務職、商品開発職などでは女性の比率が特に高くなっています。
営業職などでも徐々に女性の活躍が広がっている一方で、エンジニア職などまだまだ男性中心の職場もあります。

新日本製薬の月平均残業時間は15.7時間となっています。
これは同規模の同業他社と比較しても非常に短い水準です。
社員の口コミのなかでも、ワークライフバランスについてはかなり肯定的な口コミが多く、満足している社員が多くいます。
しっかりと働いてどんどん成長していきたいというキャリア志向の方よりも、のびのびと仕事と家庭を両立させたいようなタイプの方に向いている会社といえます。

新日本製薬へ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

新日本製薬の公式HPにある採用情報ページからエントリーできます。
採用情報ページには、企業情報や投資家情報、事業紹介など、企業研究に役立つ情報が多数掲載されています。
ただし、公式HPからの転職の場合、時間がかかってしまいがちです。
素早く転職したい場合や公式HPに載っていない求人に応募したい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、新日本製薬の最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

化学業界の募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用して新日本製薬に転職するなら、競合他社の募集要項も比較することができる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空いた時間に転職活動できる手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件の確認から応募までが早い

転職サイトは、空いた時間に転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、求人案件が豊富であり、案件確認から応募までがスピーディーに行えます。
できるだけ素早く転職をしたい方やまずは企業を比較したい方は、転職サイトを活用すると良いでしょう。
ただし、転職サイトから応募した場合は、転職活動を全て自身で進めることになるため、転職難易度は比較的高くなります。

競合他社の募集要項と比較したいなら「iX転職」

iX転職には、化学業界をはじめとした企業の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールの化学業界の平均年収は、900万円~1,200万円となっており、ほかの転職サイトよりも比較的高くなっています。
また、iX転職は表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
「自身が活躍できる企業がどれほどあるのか」や「企業ごとで募集要項はどんな風に変わるのか」などを知りたい方は、まずはiX転職に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

イトーキへの転職は難しい?面接の傾向や対策、口コミなどを解説

イトーキ転職者の主なキャリアステップ 前職 TOTO、リコー、積水ハウスなどの各種メーカー 双日などの商社 監査法人 新聞社 株式会社イトーキに転職 ...

ダイハツの転職難易度は?年収や面接内容など解説

ダイハツ転職者の主なキャリアステップ 前職 日立建機などの建材メーカー 三菱自動車、トヨタ自動車などの自動車メーカー ダイハツ工業株式会社に転職 次の転職...

TDKの中途採用を狙うなら何をするべき?面接内容や対策のポイントを細かく解説!

TDK転職者の主なキャリアステップ 前職 京セラ、パナソニック、ソニー、日立製作所などの大手製造メーカー TDK株式会社に転職 次の転職先 日本電産、シャ...

三井化学の転職難易度は?面接内容や口コミなどを解説

三井化学転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 凸版印刷 TDK 三井化学株式会社に転職 次の転職先 ・トヨタ自動車、日東電工などの製造メー...

レナサイエンスへの転職情報。年収やビジネスモデル、面接内容などを解説

レナサイエンスは、東北大学発のベンチャー企業として出発し、現在では医薬品や医療機器の研究開発を手掛けている日本のバイオ企業です。 AI技術を含めた多様なソリューションを展開することで、医療現場に山積する課題を解決することを目指して...

ブラザー工業の転職難易度は高い?口コミや年収などを解説

ブラザー工業転職者の主なキャリアステップ 前職 日本電産、カシオなどのメーカー 銀行 研究所 コンサルファーム ブラザー工業株式会社に転職 次の転職先...

マツダへの転職を成功させるには?難易度や面接内容など徹底解説

マツダ転職者の主なキャリアステップ 前職 三菱電機、東芝などの大手メーカー アイシン精機などの自動車関連メーカー マツダ株式会社に転職 次の転職先 エル...

キヤノンの転職難易度は?面接内容や口コミなど解説

キヤノン転職者の主なキャリアステップ 前職 NEC、日立などの電機メーカー 富士フィルム、パイオニア、アシックスなどのメーカー キヤノン株式会社に転職 次...

ロート製薬に転職するには?面接傾向や対策のポイントなどを解説

ロート製薬転職者の主なキャリアステップ 前職 大日本住友製薬、東和薬品などの製薬メーカー マンダムなどの化粧品メーカー 富士通 DeNA ロート製薬株式会社に転職 ...

バルミューダへの転職。面接内容や社員の口コミなどを解説

バルミューダ転職者の主なキャリアステップ 前職 ソニー、デンソー、Appleなどの電機メーカー アパレルメーカー バルミューダ株式会社に転職 次の転職先 ...

TOP