コンサルティング

フロンティア・マネジメントの転職難易度は?口コミや面接内容などを解説

フロンティア・マネジメント転職者の主なキャリアステップ

フロンティア・マネジメントの主な転職元・転職先

学歴主な学歴は、大学卒業や大学院卒業などが在籍しており、海外大学の出身者も多く、国内大学は国立大学や早慶といった有名私立大学の割合が高くなっています。

前職フロンティア・マネジメント在籍者の主な職歴は、EY新日本やあずさなどの監査法人、アクセンチュアPwCデロイトトーマツなどのコンサルファーム三菱東京UFJなどの銀行が挙げられます。

次の転職先フロンティア・マネジメントからの転職先として、コンサルファームWeb系事業会社メーカー、さらには、証券会社や百貨店など、幅広く転職しています。

フロンティア・マネジメントは、ビジネスや金融、会計といった各専門分野の経営支援を行うM&Aアドバイザリー企業です。
各分野における高度な専門知識や蓄積したノウハウを活用し、経営課題を総合的に解決を図り、最適な経営判断を導き、さまざまな支援をします。
どのフェーズにも対応できる経験やノウハウがあることから、クライアントからの信頼は厚く、その結果、全国の9割を超える都道府県で案件取引実績を誇る企業です。
2007年設立、東京都港区に本社を構えており、223名の社員が在籍しています。
そんなフロンティア・マネジメントでは、ディレクターやコンサルタントで、好奇心やチャレンジ精神があり、本気でプロフェッショナルを目指している人材を求めています。

フロンティア・マネジメントを目指す人におすすめの転職エージェント

・フロンティア・マネジメントの口コミや年収も気になるけど、確実な人から適切な転職先を紹介されたい!

そんな方はまず転職エージェント「DX CAREER AGENT」をチェックしましょう。

DX CAREER AGENTの主な特徴は以下の通り。

・DXに精通した人材紹介に特化されたサービスならではの、求人・サポート

・サポートする少数精鋭のエージェントは全員、各業界の最大手出身者

・大手の採用代行を行なっているので、マーケットに出てこない優良求人を多数保有

DX CAREER AGENT
DX CAREER AGENT

この記事でわかること

  • フロンティア・マネジメントの企業概要
  • フロンティア・マネジメントの転職ポイント
  • フロンティア・マネジメントの社風や企業文化

フロンティア・マネジメントに転職するポイント

フロンティア・マネジメントの特徴

POINT

  • ・さまざまな専門分野の経営支援を行うM&Aアドバイザリー企業
  • ・総合的に経営課題の解決を図り、幅広いソリューションを提供
  • ・全国の9割を超える都道府県での案件取引実績を誇る

フロンティア・マネジメントへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的少ない
  • ・ディレクターやコンサルタントで求人募集
  • ・好奇心やチャレンジ精神があることが大切

フロンティア・マネジメントの企業概要

会社名 フロンティア・マネジメント株式会社
本社所在地 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー41階
社長 大西 正一郎、松岡 真宏
設立 2007年1月4日
株式 上場(東証1部)
株主構成 大西正一郎(26.34%)
松岡真宏(26.34%)
矢島政也(6.56%)

フロンティア・マネジメントの売上

フロンティア・マネジメントの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 4,690,065千円 4,771,144千円 5,192,527千円
経常利益 676,615千円 678,872千円 575,633千円

フロンティア・マネジメントの最新ニュース

フロンティア・マネジメントの事業内容

フロンティア・マネジメントは、ビジネスや会計、金融など、多種多様の分野に対して、経営支援を行っているM&Aアドバイザリー企業です。
各企業の経営課題に対し、最適な専門家チームを結成、高度な専門知識とこれまでに蓄えたノウハウを活用し、経営課題を総合的に解決を図っています。
また、高度化や複雑化する現代の経営課題に立ち向かうべく、ワンストップ型の企業支援を行う「経営コンサルティング」、経験豊富なプロフェッショナルのサポートによる「再生支援」に注力しています。
さらには、専門家による法務や税務、財務支援などの調査業務である「組織再編の支援と助言」にも力を入れており、幅広いにフェーズにも対応可能な企業です。
今後もこれらを柔軟に組み合わせ、課題解決と企業価値向上にコミットメントし、マネジメントと同じ目線で、「企業戦略ありき」という新たなアプローチを確立していくことを目指しています。

フロンティア・マネジメントの募集要項

アソシエイトディレクター

国内やクロスボーダーのファイナンシャルアドバイザリー業務を担うポジションです。
具体的には、オリジネーションやスキーム提案、プロセス管理を行います。
また、条件交渉やクロージングサポートを行うなど、幅広い業務に携わることができる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・ファイナンスや会計、法務などに関連する業務経験
  • ・財務三表の見方など、基礎的な財務分析能力
  • ・マルチタスク対応力の保有 など

PMIコンサルタント

案件ソーシングやPMI支援、本社改革などに携わるポジションです。
また、プロジェクトマネジメントも行う場合があり、実力とやる気次第でM&A全てのフェーズに関わることができます。
さらには、日本人以外にも、海外の社員と共に働くことができるため、グローバルな仕事を志向している方には、最適な環境がある職種です。

必須な経験・スキル

  • ・FASもしくは戦略ファームでのコンサルティング経験

法務

社内における全ての契約書のレビューと助言といった法務全般を担うポジションです。
具体的には、経営企画部や人事総務部の業務に対する法務的助言や、取締役会事務局や監査役会事務局の補助、株主総会の運営を行います。
また、社内コンプライアンス体制の維持と強化を行うなど、責任感が問われる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・ビジネスレベルの英語力
  • ・株主総会の運営経験
  • ・コンプライアンス体制構築の経験 など

フロンティア・マネジメントの転職難易度

フロンティア・マネジメントの転職難易度は比較的高いです。
中途採用による求人はそれほど多くないにも関わらず、注目を集めている企業なため、応募者が多い傾向があります。
また、フロンティア・マネジメントは専門性に特化した企業であるため、どのポジションでも高レベルなスキルや経験が必要です。
ただし、そのときの状況に応じて、求めるスキルや経験は若干異なる場合があります。
フロンティア・マネジメントへの転職を目指すなら、しっかりとタイミングを見定めることが大切です。

フロンティア・マネジメントが転職者に求める人物像

フロンティア・マネジメントでは、好奇心旺盛でチャレンジ精神がある人材を求めています。
また、企業理念に共感し、本気でプロフェッショナルを目指している人材も求めている傾向があります。
フロンティア・マネジメントは、常にクライアントと共に成長する企業なため、このような能力は必要不可欠な要素です。
面接では、これらをアピールできるエピソードを複数用意し、万全な状態で臨むと良いでしょう。

フロンティア・マネジメントの転職までの流れ

フロンティア・マネジメントの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事担当者・人事部長・担当部門役員
想定内容:志望動機や今後のキャリアプランなど、一般的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:社長
想定内容:これまでの質問に加え、ストレス耐性に関する質問をされます。

内定

フロンティア・マネジメントの面接形式

面接は1対1、もしくは1対複数で行われます。
面接回数は基本的に2~3回あります。
1回あたりの時間は30分~1時間です。

フロンティア・マネジメントの面接内容

面接は、志望動機や今後のキャリアプランなど、一般的な質問から進みます。
それ以外にも、「大変な業務を完遂することができるか」や「ストレス発散方法は?」など、ストレス耐性の有無を確認するような質問もされる傾向があります。
また、既婚者の場合は、「家族からの理解はあるか」といった質問をされることがあり、それ以外は特別変わった質問をさせることはなく、圧迫面接なような雰囲気もありません。
終始和やかな雰囲気で行われるので、自分らしく面接に臨むことができるでしょう。

フロンティア・マネジメントで働いている方の評判・口コミ

ビジネスコンサルタント、在籍5~7年、男性
業務をこなせばこなすほど、専門的な知識を身に付けることができます。若手からでも経営層トップと関わることができ、自分より経験も知識もある方から頼られるプレッシャーはありますが、その分やりがいと成長があります。
営業アシスタント、在籍3~5年、女性
研修制度というのはほとんどなく、不定期に勉強が行われます。基本的には、プロジェクトにアサインされて実務をこなすことで必然的にスキルアップすることができます。そのため、受け身の方だと成長することは難しい企業かもしれません。
その他事務関連、在籍5~7年、男性
個人の仕事の進め方次第によりますが、裁量をもって業務量を調整することができるので、自身でバランスを保つことができます。また、時期によっては有休が取りやすく、長期休暇も可能です。

口コミの要約口コミを見てみると、若手から大きな仕事に関わることができ、やりがいと成長を感じながら働けるということが伺えます。しかし、一方で「自発的に行動できなければスキルアップできない」という口コミが多く見られます。

フロンティア・マネジメントの年収・給与

年収 1,217万円
ボーナスの有無 年1回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り(45時間分)
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 各種社会保険完備、慶弔見舞金、選択制確定拠出年金など

フロンティア・マネジメントでの転職者の出世難易度

フロンティア・マネジメントの出世難易度は比較的高いです。
在籍している社員数はそれほど多くはないものの、優秀な社員が多く、それぞれ多くの実績や評価を得ています。
そのなかから自身が出世するというのは、簡単なことではありません。
また、出世するためには、実績や評価以外にも、人柄や運が少なからず関係してきます。
フロンティア・マネジメントで出世を目指すなら、ほかの社員よりも多くの実績を残し、タイミングを見極めることが肝心です。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 アソシエイト 800万円
30代前半 ディレクター 1,000万円
30代中盤 ディレクター 1,200万円
30代後半 ディレクター 1,400万円
40代前半 シニアディレクター 1,500万円

フロンティア・マネジメントはどんな人が働いている?

フロンティア・マネジメントの従業員数

223名

フロンティア・マネジメントの平均年齢

38.7歳

フロンティア・マネジメントの平均勤続年数

3.2年

フロンティア・マネジメントの社風

フロンティア・マネジメントは、上下関係がしっかりしていますが、比較的意見がしやすい社風です。
威圧的な方はほとんどおらず、全体的にフレンドリーであり、困ったことがあれば手助けしてくれるという雰囲気があります。
また、意識を高くもつ社員が多く在籍しているため、お互いに切磋琢磨して成長するという風土が定着しています。
自分らしく成長しながら働きたいという方には、向いている企業といえるでしょう。

フロンティア・マネジメントのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~18:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 アニバーサリー休暇、リフレッシュ休暇、傷病休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 月50~60時間
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 記載なし

フロンティア・マネジメントの社長

大西 正一郎

早稲田大学法学部卒業後、奥野総合法律事務所(現・奥野総合法律事務所・外国法共同事業)に入所。
1997年にパートナー弁護士に就任。
2003年に株式会社産業再生機構入社し、マネージングディレクターに就任。
その後は、三井鉱山株式会社社外監査役やカネボウ株式会社社外取締役、株式会社ダイエー社外取締役を歴任。
2007年にフロンティア・マネジメント株式会社設立、松岡氏と共に代表取締役就任。
現在は、奥村総合法律事務所のカウンセル弁護士や風呂ティア・ターンアラウンド株式会社の代表取締役会長なども務めている。

松岡 真宏

東京大学経済学部卒業後、株式会社野村総合研究所に入社。
1994年にバークレイズ証券会社(現・バークレイズ証券株式会社)入社。
さらに3年後、SBCウォーバーグ証券会社(現・UBS証券株式会社)入社し、調査部長兼マネージングディレクターに就任。
その後も、カネボウ株式会社社外取締役や株式会社ダイエー社外取締役などを歴任し、2007年にフロンティア・マネジメント株式会社設立、大西氏と共に代表取締役就任。
現在は、頂拓投資諮詢(上海)有限公司董事長やFCDパートナーズ株式会社代表取締役、俺の株式会社代表取締役会長もと務めている。

フロンティア・マネジメント現職、OB/OGの有名人

高橋 義昭

関西大学経済学部卒業後、株式会社ダイエーに入社。
2004年に取締役経営企画本部長に、翌年には代表取締役社長代行、取締役財務経理・総務人事管掌兼チーフ・コンプライアンス・オフィサーに就任。
さらに、常務取締役人事・人材開発、総務・法務担当兼チーフ・コンプライアンス・オフィサー兼リスク管理委員会委員長や、株式会社ゴードン・ブラザーズ・ジャパンの社長補佐を歴任。
2016年にフロンティア・マネジメント株式会社入社、常勤顧問に就任。
さらに、管理部長や取締役管理部長などを歴任し、2021年より取締役カンパニー経営企画部門長に就任、現在に至る。

フロンティア・マネジメントの転職に関わるQ&A


企業研究を行ううえで、最も重要なことは「どのような事業を行い、どのような部分に注力しているか」をしっかり理解することです。
フロンティア・マネジメントは、専門性の高い企業なため、特化している分野を理解することで、アピールポイントや志望動機が作成しやすくなるでしょう。


東京に本社があり、そのほかにも、長野県や愛知県、大阪府などに拠点を構えていますが、基本的に転勤の可能性はありません。
そのため、入社した場所で勤務となります。

フロンティア・マネジメントへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

フロンティア・マネジメントの公式HPにある採用情報ページからエントリーすることができます。
求人情報以外にも、企業メッセージやニュースなど、有益な情報が掲載されているので、企業研究に役立てることができるでしょう。
ただし、求人の内容は薄く、イマイチ分からないという方も少なくありません。
もっと詳しい内容が知りたい場合や競合他社の募集要項と比較したい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、フロンティア・マネジメントの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

できるだけ時間をかけずに転職するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してフロンティア・マネジメントに転職するなら、コンサルティングを行う競合他社の募集要項もまとめて確認できる「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・気軽に転職活動ができる手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件確認から応募までのスピード感

転職サイトは、空いた時間を利用して気軽に転職活動が行えるため、なかなか転職活動に時間を割けないという方でも、比較的手軽に転職活動をすることができます。
また、求人案件が多く、案件確認から応募までが非常にスピーディーなため、できるだけ時間をかけずに転職したい方には、特におすすめといえます。

競合他社の募集要項も比較したいなら「doda X(旧:iX転職)」

doda X(旧:iX転職)には、コンサルティングを行っている企業の募集要項も一緒に確認することができます。

※画像はイメージです。

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールのコンサルティング企業の平均年収は、800万円~1,300万円となっており、ほかのサイトと比べると高く設定されています。
また、doda X(旧:iX転職)は非公開求人を多く取り扱っている転職サイトとして有名であり、アドバイザーに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
まずはどのような募集があるのか気になる方は、doda X(旧:iX転職)に登録し、スカウトメールを確認してみると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

M&Aキャピタルパートナーズの転職はおすすめ?採用情報や年収をご紹介

MAキャピタル転職者の主なキャリアステップ 前職 Web系事業会社 メーカー コンサルティング会社 銀行 M&Aキャピタルパートナーズ株式会社に転職 ...

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの転職難易度は?口コミや年収など解説

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ転職者の主なキャリアステップ 前職 デロイトトーマツなどのコンサルティングファーム パナソニックなどの電機メーカー 三菱商事などの商社 小売 ...

ベイカレント・コンサルティングへ転職するには?年収や難易度について解説

ベイカレント・コンサルティング転職者の主なキャリアステップ 前職 アクセンチュア、PwCなどのコンサルティングファーム 国内SIer 国内大手事業会社 株式会社ベイカレント・コン...

プロジェクトカンパニーへの転職は難しい?口コミや年収などを解説

プロジェクトカンパニー転職者の主なキャリアステップ 前職 損保ジャパン、住友生命、三井住友銀行などの金融 株式会社プロジェクトカンパニーに転職 次の転職先 ...

BCGデジタルベンチャーズへの転職はアリ?評判や激務なのかについて調査

BCGデジタルベンチャーズ転職者の主なキャリアステップ 前職 業種を問わず幅広い業種の企業 BCGデジタルベンチャーズに転職 次の転職先 業種を問わず幅広...

日本IBMへの転職方法まとめ!面接の難易度や評判を徹底解説

日本IBM転職者の主なキャリアステップ 前職 大手SIer アクセンチュア、PWCなどのIT系コンサル出身者など 日本IBM株式会社に転職 次の転職先 ...

アーサー・D・リトル(ADL)の転職難易度は?中途採用情報まとめ

アーサー・D・リトル転職者の主なキャリアステップ 前職 シグマクシスなどのコンサルティングファーム 自動車メーカー 製薬会社などの研究開発部門 アーサー・D・リトル株式会社に転職...

アクセンチュアへの転職。激務で大変って本当?

アクセンチュア転職者の主なキャリアステップ 前職 アビームコンサル、KPMGなどのコンサルティング会社 ワークスアプリケーションズやフューチャーなどのITコンサルティング会社 その他幅広い業種の国内事業会社 ...

プロレド・パートナーズの転職事情。面接内容や転職難易度などを解説

プロレド・パートナーズは、多数の企業に対してコンサルティングサービスを提供し、厳しい経営状況にある企業を支援している経営コンサルティング会社です。 ベネッセコーポレーションや日本郵政など、数多くの大手企業をクライアントとし、創業以...

ガートナージャパンへの転職は難しい?面接内容や年収などを解説

ガートナージャパン転職者の主なキャリアステップ 前職 インテル、富士通などのIT系事業会社 アクセンチュア、SAPなどのITコンサル系会社 ガートナージャパン株式会社に転職 ...

TOP