グループ企業

東映の転職難易度は高い?年収や選考フローなどを解説

▼下記は、東映に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこから東映に転職してくるのか
・転職先:東映からどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

東映の主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学・大学院卒業などが在籍しており、学歴は幅広くなっています。

職歴

東映在籍者の主な職歴は、さまざまな映画配給会社のほか、新聞社や放送事業者なども一部挙げられます。

退職後の主な転職先

東映からの転職先として、ヤフーサイバーエージェントなどのWEB事業会社、博報堂DYデジタルなどの広告代理店、さらには、オリエンタルランドなどのテーマパーク運営会社へ転職しています。

東映は、映画製作や配給、興行を行っている日本を代表する映画配給企業です。
また、洋画の買い付けと配給やテレビ番組制作、広報映画の制作などを総合的に展開し、MX4Dなどの次世代テクノロジーを活用、最高の映像エンターテイメントを世界中に提供しています。
これまでに劇場用映画は3,373作品、テレビ映画は2,693作品といった数多くの映画を制作と配給しており、その結果、2020年のグループ売上は1413億円です。
1949年設立と歴史は非常に長く、現在は360名の社員が在籍しています。
そんな東映では、イベント企画やプロデューサーといったポジションで、ビジネスとして映画に関わることができる人材を求めています。

東映への転職を目指すなら「iX転職」を見るべし

・東映の口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
・大手やハイクラスの求人情報を知りたい。
・現職や、特定の企業にばれずに転職活動をしたい。
そんな方に最もおすすめしたいのが、大手やハイクラス求人を豊富に取り扱っていてる人材大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が手掛ける「iX転職」。
また、まだ転職するつもりはなくても、情報収集として、事前にiX転職をチェックしておくと、目指す業界・職種などの傾向を把握することができます。
現職や特定の企業に対し、自分の情報を非公開にすることができるため、設定した企業にばれずに安心して転職を進めたい方にもマッチするサイトです。

この記事でわかること

  • 東映の企業概要
  • 東映の転職ポイント
  • 東映の社風や企業文化

東映に転職するポイント

東映の特徴

POINT

  • ・映画製作や配給、興行を行う映画配給企業
  • ・MX4Dといった次世代テクノロジーを駆使し、最高の映像エンターテイメントを提供
  • ・東京と京都の2か所に撮影所を保有

東映へ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的少ない
  • ・イベント企画やプロデューサーなどで求人募集
  • ・ビジネスとして映画に関われることが重要

東映の企業概要

会社名 東映株式会社
本社所在地 東京都中央区銀座3丁目2番17号
社長 手塚 治
設立 1949年10月1日
株式 上場(東証1部)
株主構成 株式会社テレビ朝日ホールディングス(17.71%)
株式会社TBSテレビ(9.43%)
株式会社バンダイナムコホールディングス(8.03%)

東映の売上

東映の売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 124,317百万円 137,038百万円 141,376百万円
経常利益 21,379百万円 25,983百万円 25,360百万円

東映の最新ニュース

東映の事業内容

東映は映画をはじめとしたさまざまな映像制作を中心にサービスを展開している総合コンテンツ企業です。
「全世界で人々に愛されるエンターテインメントの創造発信」を経営理念とした三位一体の企業活動を行っています。
主な事業として、下記の3事業を主軸に運営しています。

映画事業

東映の祖業ともいえる映画事業は、東映の手掛けるさまざまなビジネスの根幹となっている重要な事業です。
年間で約20タイトルの作品を制作・配給し、さまざまな視聴者に感動と興奮を提供しています。
自社で立案した映画企画のほかに、他社と共同企画を行い、さまざまな嗜好やニーズにマッチした魅力的なコンテンツ制作を手掛けています。
また、テレビ局や出版社、新聞社などの他企業と組織し、プロジェクトの推進と同時にDVD化や映像配信といった二次的利用の展開を目指し、利益の最大化を図っている事業です。
今後の展望として、劇場映画に関連する業界各社と連携を保ち、強力な企画を立案、時流に即した娯楽性豊かなラインナップの充実を目指しています。

テレビドラマ事業

刑事ものや時代劇、サスペンス、特撮といったレギュラー番組や長時間スペシャル番組などのドラマと中心に作品を手掛けている事業です。
主力として、「相棒」や「科捜研の女」、「仮面ライダー」などを手掛けています。
どの映画企業よりも先にテレビドラマを提供開始しており、映画事業で蓄積した企画制作能力と制作体制を構築し、多方面にわたるジャンルを展開しています。
また、東京と京都の2か所に撮影所を保有しており、東映ならではの映像を創出し提供、その結果、常に高率なシェアを保持しており、高い視聴率を維持している事業です。
今後も、活発な事業展開を行い、東映の特色を活かした映像作品の制作継続し、より一層の営業拡大を目指しています。

配信事業

スマートフォンやタブレットといったデジタルデバイスの普及と通信インフラの高速大容量化を機に、配信ビジネスとして著しく成長している事業です。
業界に先駆けて2001年より発足、インターネット黎明期における映像配信サービスの提供しており、現在は劇場映画やテレビ映画とった豊富なコンテンツを国内や海外の配信事業者に提供しています。
また、東映特撮ファンクラブや東映特撮YouTube officialといった映像配信サービスの運用やオリジナル映像コンテンツの企画や制作にも注力しています。
さらには、さまざまな生活スタイルやニーズに向けたアプリケーションの開発やサービスの企画といった事業展開も推進している事業です。

東映の募集要項

イベント企画

キャラクターイベントの提案や営業などを行うポジションです。
具体的には、キャラクターイベントや文化展覧会などの企画や提案、制作、運営などを行います。
また、海外コンテンツにも携わることができ、幅広く携わることができる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・企画や提案、制作などの実務経験

イベントプロデューサー

イベントに関連する企画や提案などを行うポジションです。
具体的には、キャラクターを主役としたイベントの構築や、会場となる設備などへの営業、チラシやパンフレットの制作進行、会場のディレクションまで一貫して携われます。
また、プロデューサーとしての責任は問われる一方で、最初から最後まで関わることができるため、やりがいを感じながら働くことができる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・企画や提案などを一貫して行った経験
  • ・コミュニケーションスキル

東映の転職難易度

東映の転職難易度は比較的高いです。
その理由として、知名度の高さが挙げられます。
東映は、誰もが一度は耳にしたことがあるほど、有名な企業であり、そのため、多くの転職者がいることが想定できます。
求められるスキルや経験は、それほど高くはないものの、応募者が多いため、転職難易度が高くなっている傾向があるといえるでしょう。

東映が転職者に求める人物像

東映では、ビジネスとして映画に関わることができる人材を求めています。
また、好奇心旺盛であり、さまざまなことに興味を示せる人材や、チームプレーを大切にできる人材などを求めている傾向があります。
東映は、チーム一丸となり、一つの映像を作成しているため、これらの能力が必要です。
面接では、これらをしっかりアピールできるエピソードを複数用意し、万全な状態で臨むと良いでしょう。

東映の転職までの流れ

東映の選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事
想定内容:志望動機や前職までの経験など、定型的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:現場責任者・役員
想定内容:これまでの質問を再度深堀し、改めてマッチしている人材かを判断されます。

内定

東映の面接形式

面接は基本的に1対1で行われます。
面接回数は2~3回ですが、職種によって異なります。
1回あたりの時間は1時間前後です。

東映の面接内容

東映の面接は、志望動機や前職までの経験など、定型的な質問をされます。
そのほかにも、「好きな映画は何か」や「映画のどんなところが魅力か」といった映画に関する質問を多くされる傾向があります。
一風変わった質問をされることはほとんどありませんが、どの質問にもしっかりと回答できることが重要です。
特に「なぜ、東映なのか」といった志望動機は、非常に重要視しているため、ここで面接官を納得させられなければ、採用してもらえる可能性は大幅に下がってしまう可能性があります。
企業研究や自己分析を細かいところまで行い、一貫性をもって回答できるようにしましょう。

東映で働いている方の評判・口コミ

広告・宣伝、在籍7~10年、女性
仕事の自由度が比較的高く、映画に関わりたいという気持ちがあれば楽しく働くことができます。また、熱意を汲んでもらえる環境があるため、やりがいを感じながら業務を進めることができます。
代理店営業、在籍5~7年、男性
業務上必要であるからか、プレゼン能力とロジカルシンキングは、どのポジションでも徹底的に研修があります。また、チーム内の教育や指導が行われており、伝統の形成ができています。
その他事務関連、在籍5~7年、男性
有給休暇の取得がしやすく、申請する際も特に理由を聞かれることなく、気軽に取得することができます。また、忙しい時期とそうでない時期は比較的ハッキリしており、繁忙期で忙しくても残業はそれほど多くはないでしょう。
口コミの要約

東映の口コミを見てみると、仕事の自由度は比較的高く、熱意をもって働くことができればやりがいを感じられるということが伝わってきます。また、徹底した研修もあるため、スキルアップが望める企業ということが伺えます。

東映の年収・給与

年収 863万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り(45時間分)
通勤手当 有り(全額)
住宅手当 有り
福利厚生 各種社会保険完備、企業年金制度、財形貯蓄制度、社内預金制度など

東映での転職者の出世難易度

東映の出世難易度は比較的高いです。
社員数はそれほど多くはありませんが、優秀な社員が多く在籍しています。
そのようななかから自身が出世するということは簡単ではありません。
また、出世するためには、周囲から認められていることが大前提です。
ただし、仕事に対する評価は平等な傾向があるため、男性や女性、新卒や中途といった違いで、出世のしやすさは変わりません。
努力し、周囲に認めてもらうことで、どんな方でも出世することができるといえるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 400万円
30代前半 主任 600万円
30代中盤 係長 800万円
30代後半 係長 800万円
40代前半 課長代理 900万円
40代後半 課長 1,000万円

東映はどんな人が働いている?

東映の従業員数

361名(単独)
1,074名(連結)

東映の平均年齢

42.6歳

東映の平均勤続年数

15.3年

東映の社風

東映は、若手でも意欲があればボトムアップで提案や企画が通る風通しの良い社風です。
一方で、実力主義な面もありますが、しっかりと仕事をこなしていれば、正当な評価を得ることができます。
また、映画監督や脚本家といったさまざまなジャンルのクリエイターと関わる機会が多くあるため、日々刺激を受けながら働ける環境があります。
「好き」という熱意やチャレンジ精神をもっている方には、向いている企業といえるでしょう。

東映のワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 所定労働時間 7.5時間
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 会社創立記念日、労働祭、夏季休暇、年末年始休暇など
平均残業時間 記載なし
フレックス制度 有り(コアタイム 11:00~16:00)
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

東映の社長

手塚 治

1960年生まれ、千葉県出身。
青山学院大学文学部卒業後、東映株式会社に入社。
テレビドラマの地位が向上していたこともあり、ドラマ制作部門に従事。
「スケバン刑事」シリーズをはじめ、フジテレビの若者向けドラマを多数担当。
その後、実質的なチーフプロデューサーとして、「味いちもんめ」や「科捜研の女」、「大奥」といった人気シリーズを手掛ける。
2010年に執行役員、2012年に取締役、2016年に常務取締役を歴任。
2020より、代表取締役社長に就任。

東映現職、OB/OGの有名人

多田 憲之

1949年生まれ、北海道出身。
中央大学法学部卒業後、東映株式会社に入社。
1997年に北海道支社長に就任。
その後、東京に異動し、2000年に映画宣伝部長に就任。
さらには、秘書部長や執行役員、取締役などを歴任し、2014年に代表取締役社長、映像部長に就任。
現在は、取締役相談役を務めている。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声がわからない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

東映の転職に関わるQ&A


転職活動を行ううえで、一度は「東映は激務」というワードを目にしたことがあるでしょう。
結論からいうと、東映は繁忙期とそうでない時期の差が激しいといえます。
繁忙期は非常に業務量が多く、部署によっては遅くまで残業しなければならないということもあります。
しかし、繁忙期でなければ、業務量はそれほど多くはありません。

企業研究で最も重要なのが、「他社との違い」を明確にすることです。
また、東映では志望動機を非常に重要視しているため、「東映でならなければならない理由」が重要になってきます。
そのあたりも踏まえて企業研究を行い、面接官を感心させられるようなアピールをすると良いでしょう。

東映へ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

東映の公式HPにある採用情報ページから応募することができます。
求人情報のほかにも、東映についてやFAQなどが掲載されているため、企業研究に役立てることができるでしょう。
ただし、求人内容はそれほど具体的には掲載されておらず、イマイチ分からないという方も少なくありません。
より詳しい内容を知りたい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

動画配信事業者の募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用して東映に転職するなら、映像配給を行う他社の募集要項を比較することができる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・気軽に転職活動を行える手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件確認から応募までの早さ

転職サイトは、空いた時間を活用して転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、求人案件が比較的豊富であり、案件確認から応募までスピード感があります。
今すぐ転職をしたい方やまずはさまざまな企業を比較したいという方は、転職サイトの活用がおすすめです。

動画配信サービスを行う企業の募集を比較するなら「iX転職」

iX転職には、映像制作や映像配信といった幅広い業界の募集要項を確認することができます。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールの映像配給会社の平均年収は800万円~1,000万円程度となっており、別サイトよりも比較的高くなっています。
また、iX転職は表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
「映像を扱っている企業がどれほどあるのか」や「それぞれ募集要項はどのように違うのか」などを調べたい場合は、iX転職に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめです。

あなたが東映に転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

日本郵船への転職は難しい?年収や口コミなどを解説

▼下記は、日本郵船に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本郵船に転職してくるのか ・転職先:日本郵船からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

東京建物の転職難易度は?年収や口コミなどを解説

▼下記は、東京建物に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから東京建物に転職してくるのか ・転職先:東京建物からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

ヒューリックの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、ヒューリックに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからヒューリックに転職してくるのか ・転職先:ヒューリックからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

ANAへの転職で年収アップ!社員の評判や面接内容を徹底調査

▼下記は、ANAに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからANAに転職してくるのか ・転職先:ANAからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

清水建設の転職難易度は高い?面接回数や年収などを解説

▼下記は、清水建設に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから清水建設に転職してくるのか ・転職先:清水建設からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

いすゞ自動車への転職は難しい?事業内容や面接の傾向などを解説

▼下記は、いすゞ自動車に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからいすゞ自動車に転職してくるのか ・転職先:いすゞ自動車からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

中部電力の転職難易度は?面接突破のポイントや採用難易度などを解説

▼下記は、中部電力に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから中部電力に転職してくるのか ・転職先:中部電力からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

ソニーへの転職難易度は?面接や年収について徹底調査

  ▼下記は、ソニーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからソニーに転職してくるのか ・転職先:ソニーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

日本通運への転職ってどう?面接の傾向や転職成功ためのポイントなどを解説

▼下記は、日本通運に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本通運に転職してくるのか ・転職先:日本通運からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

東京電力への転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、東京電力に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから東京電力に転職してくるのか ・転職先:東京電力からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

TOP