WEB・アプリサービス

SmartHRのへ転職するには?売上から面接内容まで徹底解説

▼下記は、SmartHRに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからSmartHRに転職してくるのか
・転職先:SmartHRからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

SmartHRの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、専門学校卒業や専門学校、大学・大学院卒業などが在籍しており、幅広くなっています。

職歴

SmartHRに在籍する人材の職歴としては、ヤフー、楽天などのWEB系事業会社アクセンチュア日立製作所NTTデータなどの大手SIer、ITコンサルなどが挙げられます。

退職後の主な転職先

SmartHRからの転職先として、キングソフトなどのソフトウェア企業のほか、多くはベンチャー系企業へ転職しています。

SmartHRは、人事・労務に関する手続きの自動化を行うクラウド型ソフトウェア「SmartHR」の企画・開発・運営・販売を行うIT企業です。
「SmartHR」はイオンや、楽天、SmartNews、すき家などを含む30,000社以上の幅広い業種で利用されており、クラウド型労務管理ソフトの中でトップシェアを誇ります。
SmartHRは海外ユニコーンSaaSと比較」しても遜色ないスピード成長しており、国内だけでなく、世界中から注目される企業です。
2013年設立、東京都港区六本木に本社を構えており、322名の社員が在籍しています。
そんなSmartHRでは、セールス・開発・コーポレートなどさまざまな職種で、自ら素早く行動でき、俯瞰で物事を捉えられる人材を求めています。

初めての転職でSmartHRを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

SmartHRの難易度や口コミも気になるけど、それよりもまずはどんな求人が募集されているのか知りたい!そんな方はまず、ビズリーチなどの転職サイトで求人情報をチェックしてみましょう。
ビズリーチには、主にハイクラス求人が掲載されているため、転職を希望する企業がまだ定まっていないという場合には、ここで一度比較することをおすすめします。
転職エージェントの活用のみを考えている場合でも、情報収集源としてビズリーチに掲載されている情報をチェックしておくことで、転職活動をより円滑に進められるようになるでしょう。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいのであれば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • SmartHRの企業概要
  • SmartHRの転職ポイント
  • SmartHRの社風や企業文化

SmartHRに転職するポイント

SmartHRの特徴

POINT

  • ・労務管理クラウド市場でシェア率No.1
  • ・社内のslakチャンネル全てにアクセス可能などオープンな社風
  • ・現在は人事向けSaaSが中心だが将来アップセルプロダクト・プラットフォーム化を目指している

SmartHRへ転職するポイント

POINT

  • ・SmartHRが掲げる価値観へのマッチ度が重視される社風
  • ・2019年に調達した61.5億円のうち30億円を採用に投資するなど、採用に力を入れている
  • ・サービスからコーポレート、技術職まで幅広い職種で求人を出している

SmartHRの企業概要

会社名 SmartHR株式会社
本社所在地 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー 39F
社長 宮田 昇始
設立 2013年1月23日
株式 非上場
株主構成(2018年3月期) 記載なし

SmartHRの売上


SmartHRの売上推移

事業年度 2016年 2017年 2018年
流動資産 484,252千円 540,691千円 693,994千円
流動負債 36,954千円 199,980千円 597,792千円

SmartHRの最新ニュース

SmartHRの事業内容

SmartHRは、クラウド型労務管理ソフト「SmartHR」の企画・開発・販売・運営を主に行っている企業です。
日本国内のクラウド労務管理市場ではシェア率トップを誇っており、twilioやbox、shopifyなどの海外ユニコーンSaaSと比較しても遜色ないスピードで現在もなお成長中の企業です。
「SmartHR」の特徴は、雇用契約の締結から、従業員情報の管理、年末調整など、労務関係の手続きや書類作成を全てペーパーレス化できる点です。
ただし、「SmartHR」はクラウド労務管理シェアNo.1とはいえ、労務管理を手書きで行う企業は全体の99%といわれており、拡大の余地は非常に広い市場といえます。
そのためSmartHRでは現在の人事向けSaaSで蓄積する顧客基盤や人事DBを活用し、今後はそれらのデータやノウハウを活用したアップセルプロダクトの作成や、サービスのプラットフォーム化を行いさらなる事業拡大を目指しています。
また、SmartHRはグループ会社として会議改善クラウドソフトを開発・提供するSmartMeetingと人材データベースの開発・提案を行うLOOPER、現在非公開の1社を含む3社が活動しています。

SmartHRの募集要項

Enterpriseセールス

SmartHRの成長と共に、従業員数の多い大手企業のクライアントが増加している現状において、エンタープライズ企業専任のセールスを担当するポジションです。
主な業務としては大手企業のアカウントプランニングや、中長期的なリレーション構築、ステークホルダーを巻き込こんだ提案などが挙げれらます。
国内委のBtoBスタートアップとして大手企業に直接提案できる数少ない経験が積めるポジションといえるでしょう。

必須な経験・スキル

  • ・大手企業への新規提案営業経験5年以上
  • ・Web商談経験
  • ・大手企業との中長期的な商談経験
  • ・SmartHRのミッション、バリューへの共感
  • ・ナショナルクライアントへの提案、受注経験

カスタマーサクセス

既存顧客が急激に増加したSmartHRでは顧客体験のさらなる向上が求められ、カスタマーサクセスの重要度はより一層高まっています。
カスタマーサクセスの主な業務内容はオンボーディングから顧客の課題を解決すること、利用率が低く解約のリスクが高まっている顧客に対するフォロー、契約更新に向けたアプローチ・フォローなど、既存顧客の維持を徹底して行います。
SmartHRでは国内外の新しいツールや手法をふんだんに取り入れており「顧客のためのカスタマーサクセス業務」に注力されている環境が整っています。

必須な経験・スキル

  • ・製造部門での実務経験
  • ・社会人経験3年以上
  • ・SmartHRのミッション、バリューへの共感
  • ・チームで協働する能力
  • ・カスタマーサクセス職またはそれに準ずる1年以上の業務経験
  • ・一定規模以上の企業に対しての顧客折衝経験

SmartHRの転職難易度

SmartHRの転職難易度は非常に高いです。
SmartHRは、新卒採用を一切行っておらず、即戦力採用をメインに行っており、転職者に求めるスキルも高い傾向があります。
また、成長率が高く、非常に人気があるため、多くの転職者が殺到することが想定できます。
またSmartHRの採用では、企業のカルチャーフィットを重視する傾向があるため、一定以上のスキルがあっても採用が見送られる可能性もあります。
面接を受ける前には必ず、SmartHRの文化や社風についてチェックしておきましょう。

SmartHRが転職者に求める人物像

SmartHRでは、以下のミッション・価値観を重視して採用を行っています。
○自立駆動
○早い方がカッコイイ
○最善のプランCを見つける
○一語一句に手間ひまかける
○ワイルドサイドを歩こう
○人が欲しいものを作ろう
○認識のズレを自ら埋めよう
これらのバリューを掲げる意味とそれぞれ共通するコアな部分を理解した上で、面接に臨みましょう。
また、SmartHRの面接では、新しい環境でやりたいことの言語化が求められます。
自分がSmartHRで何がしたいのかを論理的に分析し、面接官に伝えることができるかがポイントとなります。

SmartHRの転職までの流れ

SmartHRの選考フロー

エントリー・書類選考

カジュアル面談

想定選考官:人事
想定内容:SmartHRへ転職したいけれど、どのポジションに応募するか迷っている場合は、このカジュアル面談を受け、提案を受けることができます。

1次面接

想定選考官:面接官A
想定内容:これまでの経歴の確認や技術的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:部署責任者
想定内容:これまでの質問を再度深堀し、カルチャーフィットできそうか互いに確認します。

内定

SmartHRの面接形式

新型コロナウイルスの感染拡大により、SmartHRではオンライン面接を実施しています。zoomではなくhangouts Meetで行うためアカウントがない場合は事前に準備しておきましょう。
面接回数は基本的に3回です。
1回あたりの時間は1時間程度で終わります。

SmartHRの面接内容

SmartHRの採用では企業へのカルチャーフィットに重きを置いて判断が下されます。チームとの相性が重要になってくるため、少しでも面接官に迷えがあれば見送られることが多いため、企業文化については必ず公式サイトで確認するようにしましょう。
また、SmartHRでは現存社員と新入社員での給与バランスの公平性を担保するため、現年収や希望年収を聞かない面接を行っています。
この点からもわかるようににSmartHRでは社内でも公平性を重視する社風があるため、面接でも公平な立場で転職者を判断してもらえます。自信がSmartHRで何がしたいのかや、入社したことで、SmartHRに発生するメリットを論理的にアピールしましょう。

SmartHRで働いている方の評判・口コミ

営業、在籍1年、男性
オープンな社風で上司との面談と給与以外は全て公開されています。別チームのチャットにも参加できるなど、会社として一体感が強く、それがプラスに働いていることを日々実感します。
エンジニア、在籍1年、男性
公開されていない情報はお互いの給与くらいといえるほど、情報がオープン。社内で意見しやすい環境が整っており、社員同士尊敬と信頼しあっている印象です。
口コミの要約

SmartHRの大きな特徴として社外・社内問わず情報を共有することが挙げられます。入社後のギャップが少ないとの口コミが目立ち、ネガティブな内容の口コミはほとんど見受けられませんでした。

SmartHRの年収・給与

年収 6,330,884円(平均値)
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年2回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 引っ越し手当て、アポ間のカフェ代、出産時の特別休暇、書籍購入制度、フリーアルコール、タバコ吸わない手当て、資格保持費用負担など

SmartHRでの転職者の出世難易度

SmartHRの転職難易度は比較的高いです。
即戦力採用に力を入れているため、優秀な人材が多く在籍しており、その中で出世することが簡単なことではありません。
給与制度はマーケティング・事業開発・営業の場合は成果重視、それ以外のポジションでは能力重視となっています。
在籍年数による出世のしやすさはほとんどありませんので、ほかの社員よりも多くの実績を残し、周りに認めてもらえれば出世への道は拓けるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 リーダー 750万円
30代後半 マネージャー 750万円
40代前半 マネージャー 1,000万円
40代後半 マネージャー 1,000万円

SmartHRはどんな人が働いている?

SmartHRの従業員数

322名

SmartHRの平均年齢

32歳

SmartHRの平均勤続年数

記載なし

SmartHRの社風

SmartHRの社風はオープン・フラット・遊び心+自立駆動の4つの要素で構成されています。
オープンについては前述したSlackのオープンチャットの活用や、経営会議の内容をメンバーに拠有する全社会の開催などが挙げられます。
フラットについては、社員の発案によってテレビCMの早期実施や、社内会議時間の短縮など、一般社員の発案によって会社の方針が変わるほどの風通しの良さが見られます。
遊び心については、エンジニア人材不足の解決策として、歓迎会の練習を行うなど、奇抜なアイディアが採用される部分から見て撮ることができます。またノベルティにもこだわりを持っており、1つ1つデザイナーによって作成されています。

SmartHRのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 コアタイム10:15~16:00
休日 土日祝日(週休二日制)
その他の休日・休暇 記載なし
平均残業時間 記載なし
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 記載なし

SmartHRの社長

宮田 昇始

大学卒業後、WebディレクターとしてBtoB企業や医療系を中心いディレクションを担当。2012年に10万人に1人に発症すると言われている疾患を発症。闘病期間中に社会保険のありがたみを感じる。2013年に社会保険の手続きの煩雑さに課題を感じ、株式会社KUFU(現SmartHR)を創業。HRアワード2016最優秀賞、グッドデザイン賞2016、東洋経済すごいベンチャー100に選出。

SmartHR現職、OB/OGの有名人

内藤 研介

米カリフォルニア州立大学卒業後、フューチャーアーキテクト株式会社に入社。銀行や証券などの金融系のプロジェクトでの開発〜設計や、メッセージングミドルウェアや分散データストアの研究・開発に携わる。
2013年宮田氏と株式会社KUFUを立ち上げ、取締役副社長兼CIOとして従事。社会保険システム連絡協議会メンバー。未来投資会議、産学協議会に参加。情報セキュリティスペシャリスト。

SmartHRの転職に関わるQ&A


SmartHRでは2019年より、上場を視野に30億円をかけた採用を実施しています。そのため、エンジニアやCSの強化に繋がる人材の確保はもちろん、コーポレートチームの強化にも力を入れているといえるでしょう。今後の成長が見込め、上場企業へ転職したいという方にはおすすめの企業となっています。ただし、ストックオプション制度については2019年6月以降に入社した社員は受け取ることができないため注意が必要です。

SmartHRの会社紹介スライドではこの質問に対して「山のようにあります!!!」と回答しています。クラウド労務管理のシェア率No.1とはいえ、市場全体でみれば導入率が1%に満たないクラウド労務管理をいかに普及させていくかが今後の課題になっており、それらの解決に繋がる提案をSmartHRは求めています。

SmartHRへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

SmartHRの公式サイトにある採用情報ページからエントリーすることができます。
企業からのメッセージや、一時期有名になった会社紹介のスライドなど、転職に必要な情報が多く公開されているため、転職前に必ず確認しておきましょう。
また、求人情報について公開されている情報も非常に多いため、それぞれのポジションを比較することが可能です。

自分のペースで転職活動したいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してSmartHRへ転職するなら、掲載されている企業数が非常に多く、ハイクラス求人を中心に取り扱う「ビズリーチ」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。
・空いた時間を利用して転職活動できる
・非常に求人案件数が多い
・希望する求人が見つけやすい

転職エージェントと比べ、転職サイトは思い立ったらすぐに転職活動をすることができるため、自分のペースで転職活動を進めることが可能です。
また、求人案件数が非常に多く、求人検索が細かく設定できるため、自分の目的にあったポジションを探すことができます。空いた時間を活用し、自分のペースで転職したいという方には転職サイトの利用をおすすめします。

ビズリーチは年収800万〜1,000万の案件が多数掲載

ビズリーチに掲載されている求人を見ると、コンサルタントから、営業、エンジニアなどの求人が掲載されています。

※画像はイメージです。時期やタイミングによって掲載内容が異なります。

ハイクラス求人をメインに扱っているビズリーチなだけあり、提示されている年収が比較的高く、1,000万円以上の案件も多数掲載されています。
また、転職サイトの中でもビズリーチは非公開求人が多く持っている傾向があるため、キャリアアドバイザーに相談することで、サイト上では公開されていない案件を紹介してもらえる可能性があります。
ただし、転職サイトからの応募の場合、自分と企業とのやりとりが上手くいかないことも少なくなく、書類選考が通過できないということも珍しくありません。
時間をかけてでも確実な転職をしたいなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

幅広い転職サポートで転職成功率を上げたい方は「転職エージェント」

転職エージェントを活用してSmartHRへの転職を考えているなら、圧倒的案件数を誇り、トップクラスの転職支援実績を持つ「JACリクルートメント」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは主に3つ。
・転職に関する書類の添削から企業との給与交渉などの幅広いサポート
・本人と企業側の希望をすり合わせてくれるためマッチング率が高い
・非公開求人案件を多数抱えている

SmartHRは、非常に知名度が高く、人気のある企業なため、倍率が上がることが想定でき、転職難易度が上がる可能性が高いといえます。
今の自分の現状で「SmartHRへの転職成功率はどのくらいか」や「SmartHRの内部状況」など、キャリアコンサルタントに相談してみるのがおすすめです。

JACリクルートメントならハイクラスの求人情報が多数掲載!

JACリクルートメントに掲載されている求人チームリーダー的なポジションの求人情報が掲載されています。

※画像はイメージです。時期やタイミングによって異なります。

JACリクルートメントは、外資系や急成長ベンチャーへの転職に置いて大きな実績を持っており、さまざまな企業や業界に精通した専門性の高いキャリアコンサルタントが多数在籍しています。
初めて転職をする方や確実な転職をしたいという方には、JACリクルートメントの活用がおすすめといえるでしょう。
JACリクルートメントのサイト上に掲載されている案件は全て社名が非公開となっていますが、コンサルタントにSmartHRへ転職したい旨を伝えれば、自分にあったポジションの求人情報を紹介してもらえるでしょう。

あなたがSmartHRに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

DMM.comへ転職したい方必見。転職難易度や評判について調査

  ▼下記は、DMM.comに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからDMM.comに転職してくるのか ・転職先:DMM.comからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりた...

ダークトレースに転職するには?難易度やポイントをご紹介

▼下記は、ダークトレースに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからダークトレースに転職してくるのか ・転職先:ダークトレースからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せる...

エムスリーへ転職するべき?福利厚生や難易度について調査

  ▼下記は、エムスリーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからエムスリーに転職してくるのか ・転職先:エムスリーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

Chatworkへの転職情報。採用傾向や口コミまとめ

▼下記は、Chatworkに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからChatworkに転職してくるのか ・転職先:Chatworkからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目...

グッドパッチの転職事情。年収や面接内容などを解説

▼下記は、グッドパッチに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからグッドパッチに転職してくるのか ・転職先:グッドパッチからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

ゼンリンの転職情報を解説!難易度や口コミなどをご紹介!

▼下記は、ゼンリンに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからゼンリンに転職してくるのか ・転職先:ゼンリンからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン...

Mobility Technologiesの転職情報!気になる年収や評判をご紹介

Mobility Technologiesは、日本最大のグループ売上高を誇るタクシー・ハイヤー会社「日本交通株式会社」の関連会社です。 以前は「JapanTaxi株式会社」という社名でしたが、2020年4月から「株式会社Mobil...

ZUUへの転職は難しい?年収・評判・面接内容を調査

▼下記は、ZUUに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからZUUに転職してくるのか ・転職先:ZUUからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

メルペイへ転職を考えている方必見。社員数や年収を調査

  ▼下記は、メルペイに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからメルペイに転職してくるのか ・転職先:メルペイからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

はてなへの転職は難しい?難易度や社風について調査

  ▼下記は、はてなに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからはてなに転職してくるのか ・転職先:はてなからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

TOP