WEB・アプリサービス

ソネット・メディア・ネットワークスの転職はおすすめ?転職難易度や年収などを調査!

 
▼下記は、ソネット・メディア・ネットワークスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからソネット・メディア・ネットワークスに転職してくるのか
・転職先:ソネット・メディア・ネットワークスからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

ソネット・メディア・ネットワークスの主な転職元・転職先

学歴

学歴は、大学・大学院(修士含む)卒が在籍。海外大学の出身者も多い。

職歴

職歴は、証券会社Web系事業会社コンサルティング会社など幅広い出身者が在籍しています。

退職後の主な転職先

広告代理店コンサルのほか、Web系事業会社などに転職している。

ソネット・メディア・ネットワークス社(以下SMN)はインターネット広告会社であり、ソニー株式会社の孫会社にあたるソニーネットワークコミュケーションズ株式会社の子会社にあたります。
インターネット広告買付プラットフォームであるDSP「Logicad」の提供を開始し、マーケティングテクノロジー事業を軸に事業を拡大していました。

また、2019年10月1日に商号変更し、現在の正式名称は、SMN株式会社となっています。
マーケティングテクノロジー分野の周辺領域やマーケットチェアの拡大の必要性が叫ばれ、これまでの成長と新しい分野への取り組みを融合したブランド力の強化を目的とし、社名変更へと至っています。

この記事でわかること

  • ソネット・メディア・ネットワークスの企業概要
  • ソネット・メディア・ネットワークスの転職ポイント
  • ソネット・メディア・ネットワークスの社風や企業文化

ソネット・メディア・ネットワークスに転職するポイント

ソネット・メディア・ネットワークスの特徴

POINT

  • ・東証1部上場のソニーグループ企業であり、マーケティングテクノロジー事業を手掛ける
  • ・世界最速レベルの処理速度を持つDSPエンジン「Logicad」を提供
  • ・高い広告効果のある人工知能「VALIS-Engine」を提供
  • ・直近5年間での業績は400%以上の成長を誇り、日経新聞社「伸びる会社MIDDLE200」で38位にランクイン

ソネット・メディア・ネットワークスへ転職するポイント

POINT

  • ・最先端の技術に対し、豊かな発想で様々な分野に適用させることができる創造力を発揮できること
  • ・プロフェッショナルな技術を活用できる独創性のある人材
  • ・AI系のエンジニア、デジタル・マーケティングを始め新たなビジネスシーンに対しても企画することができ、かつ、研鑽を積むことができる人材

ソネット・メディア・ネットワークスの企業概要

会社名 SMN株式会社
本社所在地 東京都品川区2-11-1大崎ウィズタワー12F
社長 石井 隆一
設立 2000年3月
株式 上場(東証1部)
株主構成 ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社(60.78%)
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口)(6.01%)
資産管理サービス信託銀行(証券投資信託口) (3.13%)

ソネット・メディア・ネットワークスの売上

ソネット・メディア・ネットワークスの売上推移

年数 2018年 2019年 2020年
売上高 9,021,014千円 10,216,981千円 11,607,509千円
経常利益 537,312千円 716,741千円 735,413千円

ソネット・メディア・ネットワークスの最新ニュース

SMN株式会社の最新情報を掲載しております。

ソネット・メディア・ネットワークスの事業内容

アドテクノロジー事業

独自開発の人工知能「VALIS-Engine(ヴァリス・エンジン)」を搭載したDSP「Logicad」やビックデータ解析、可視化技術を駆使し、マーケティング施策の高速化を実現するマーケティングハブ「VALIS-Cockpit」、ロボット・トレーディングを実現した成果報酬型DSP「VALIS-CPX」など、高い技術力をもとに、さまざまなマーケティングソリューションの開発・提供を通じ、企業の高いマーケティングROIの最大化に貢献することを主な事業内容とします。

マーケットソリューション事業

マーケティング課題に対するソリューションを提供することを目的とします。
デマンドサイドに対しては最先端のアドテクノロジーの知見を活かしたデータ収集・分析、広告運用を。コンテンツマーケティングをサプライドサイドに対しては、コンテンツ調達・流通、収益化支援等のソリューションを提供します。

ソネット・メディア・ネットワークスの転職の募集要項

SMN社では22の職種の募集を行っていますが、ハイクラス職種にフォーカスし掲載します。

マーティングプランナー(東京本社勤務)

マーティングプランナーはまずは第一にコミュニケーション力の高さが求められます。
その理由は、代理店や広告主など多岐にわたるお客様との折衝や、エンジニアや商品企画など社内メンバーとの円滑な連携が求められるためです。
また、日々進化するトレンドを敏感にキャッチし続けられる学習意欲と向上心のある人材が求められています。

必須な経験・スキル

  • ・間接営業や無形商材の営業経験
  • ・・マネジメント経験(リーダー経験も可)
  • ・WEB広告領域での営業経験

機械学習エンジニア

リスティング広告におけるCTRやCPMなどを確認し、コンバージョン予測や入札戦略の調整するコアアルゴリズムの研究開発を行います。
インタラクションのモデル化など、さまざまなことにチャレンジできるため、製品の中で、実データに基づいて磨き上げてこそ機械学習技術だと思い、フットワークが軽く、新しい技術、スキルを習得しようとする意欲の高い方には最適な職場となるでしょう。また、チームワークを大事にし、チームをリードできる方が求められています。

必須な経験・スキル

  • ・修士レベルの統計的機械学習に関する知識
  • ・3年以上のJava、C++、C#、Py4thonのいずれかを用いた開発経験
  • ・ROB/SQLに関する基本知識
  • ・サーバサイドのシステム開発経験
  • ・論文や技術ドキュメントを問題なく読めるレベルの英語力

大手広告主への最新マーケティングソリューションを牽引する営業MGR

「SPAN」を中心とした事業の営業MGR業務の担当を想定しています。SPANはデータに基づき、ロジカルなメディア選定と、コンテンツ接触の評価と分析を提供するタイアッププランニングサービスです。
マス型の画一的なものではなく、様々なコミュニティにコミットし、エンゲージメントが高い潜在顧客へのアプローチを提案するため、販売戦略、販売方法の策定からクライアントへの提案営業までの全般を担える人材が求められています。

必須な経験・スキル

  • ・マネジメント経験
  • ・企業規模や業界を問わず法人営業経験
  • ・無形商材の営業経験
  • ・販売戦略や販売手法の策定経験
  • ・広告業界、WEB広告業界の経験

コーポレート法務担当

インターネット広告・デジタルマーケティングという歴史の浅いビジネス領域でのサービスを扱うゆえに、判例や確立した法文の解釈、場合によっては整備された法規範が存在しないような案件も扱うことがあります。よって、法務部門がビジネス部門と直接やりとりをし、ビジネスやキャンペーン自体の内容を検討していくことが多く、単なる法的検討にとどまらない、お客様と社会の動向をふまえた助言や判断を行うことが日常的に求められます。

必須な経験・スキル

  • ・実務経験3年以上(上場企業での法務経験は優遇される傾向あり)
  • ・4大卒
  • ・英文契約書及び交渉経験

ソネット・メディア・ネットワークスの転職難易度

SMNの転職難易度は高めです。ホームページからも新卒にとどまらず、中途採用としても22種類の職種の応募が可能となっており、門戸は広く開かれています。
しかし、実際に内定を掴み取るには容易ではありません。まず、中途採用となると、いわゆる即戦力人材として期待される人材で、かつ、創造力を発揮できる人材が求められています。
敷かれたレールの上で黙々と作業をこなす人材というわけではなく、自己研鑽が習慣化されており、付加価値を発信できることが必要です。

ソネット・メディア・ネットワークスが転職者に求める人物像

ビジュアルでも訴求可能な有形商材ではなく、無形商材を扱うという特性上、(営業職であれば特に)顧客のニーズにマッチした提案力、コニュニケ―ション能力、一定の英語力は兼ね備えておくことが採用されやすい条件です。
よって、前職では、無形商材での実務経験の有無も採用の可否に絡んできます。

また、日本企業に多く見られる、年齢による人事制度を敷くという風土ではなく、若年層であっても、適切な意見であれば反映されやすい企業といえます。それを担保できるだけのエビデンスや因果関係、全体像のロジックなどロジカルな視点および、独創性に富んだ発想も尊重される風土が形成されています。
すなわち、前述の資質が備わっているビジネスパーソンであれば、転職できる可能性は高まるといえるでしょう。

ソネット・メディア・ネットワークスの転職までの流れ

ソネット・メディア・ネットワークスの選考フロー

書類・エントリーシート提出

一次面接

想定選考官:職場マネージャー、人事

独創性や創造性に重きを置く企業とあり、人となりを中心に面接が進められます。市販で販売されている面接テクニックに走るのではなく、誠実かつ、素の自分で面接に応じることが適切です。

二次面接(最終選考)

想定選考官:執行役員、人事
全体像としては、親和性、学ぶ精神、自立心の3点を中心に面接が進められます。また、前職での無形商材での実務経験(類似含む)、マネジメント経験、リーダーとしの資質についても自らの言葉で論じられるように準備が必要です。

ソネット・メディア・ネットワークスの面接形式

約1時間程度の面接となり、結果通知は1週間以内にメールで通知されます。
また、二次面接までにWEB適性検査が行われます。

ソネット・メディア・ネットワークスの面接内容

前提条件として、(聞かれるか否かは別に)なぜこの業界を選ぶのか?そして、なぜSMNなのか?を答えられる準備は必須です。
この業界の特徴として、トレンドやニーズの移り変わりが速いことが挙げられます。
軸となる考え方は保持しながらも、柔軟な発想ができる人材であることもアピールできるかが鍵となります。

ソネット・メディア・ネットワークスで働いている方の評判・口コミ

営業職 在籍3年未満、男性
自由度が高く、役員とも気軽に話せる風土が形成されています。ソニーグループらしく、優秀なエンジニアが働きやすい環境が整えられており、かつ、実際にスキルを高めながら育っています。組織としては、200名程度ではありますが、東証1部へ上場するなど、今後規模が大きくなることも予想されます。
営業、在籍3年未満 男性
ワークライフバランスが保ちやすく、プライベートを守るのは当然の権利という雰囲気があります。休日出勤もほとんどなく、あったとしても手当が支給されます。しかし、営業に関しては外出が多い点が否めません。
コンサルタント 在籍3~5年 男性
安定志向というよりもチャレンジ精神が旺盛な人向けの企業と言えます。上場してはいるものの、ベンチャー的な風土です。事業に興味が持てるのであれば、満足できる環境が整っています。
口コミの要約

基本的には、ソニー出身のAI研究者をはじめとした少数精鋭集団だからこそ、一人ひとりに求められる仕事と責任は広く大きいです。入社してほしい人材は、今後、事業の中核を担う将来のリーダー層です。会社の枢要部で事業を動かし、企業を成長させていくにあたり、当事者意識を持てる人材を求めています。

ソネット・メディア・ネットワークスの年収・給与

年収 350万円~700万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 総合福祉団体保険,契約フィットネス施設割引,保養所完備,健康診断、歯科検診、インフルエンザ予防接種,ベビーシッター費用補助制度,従業員持ち株会,クラブ活動,リラクゼーション,家事代行サービス補助,食育マルシェ,など

ソネット・メディア・ネットワークスでの転職者の出世難易度

SMNの転職者の出世難易度は普通より高めです。まず、SMNは東証1部上場企業ではあるものの、従業員数220名ほどの少数精鋭軍団です。よって、既に在籍するビジネスパーソンの基礎学力やビジネススキルは高めとなっています。また無形商材の中でも比較的新しい分野でのビジネスであるため、学歴が備わっていても、現在も自己研鑽を積むことができ、かつ、適切にアウトプットできることが求められます。

また、大規模企業に多く見られる意思決定に時間のかかる風土がなく、若年層であっても、適切な意見であれば、採用されやすい会社です。よって、内面では適切な論理を組み立てられていても、周りのスピーディーなアウトプットにより、埋もれてしまう可能性があります。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 400万円
30代前半 なし 600万円
30代中盤 課長 800万円
30代後半 課長 900万円
40代前半 課長 1,100万円
40代後半 課長 1,000万円

ソネット・メディア・ネットワークスはどんな人が働いている?

ソネット・メディア・ネットワークスの従業員数

220名

ソネット・メディア・ネットワークスの平均年齢

32.0歳

ソネット・メディア・ネットワークスの平均勤続年数

3.3年

ソネット・メディア・ネットワークスの社風

SMNは個々のビジネスパーソンを大事にしてくれる環境が備わっています。
無形商材の中でも極めて独創的なアイデアが必要な業種であることから、多様な福利厚生が備わっており、自身のスキルを積むことができます。

立場に関係なく発言しやすい環境であり、かつ、ビッグデータを扱いながらスキルを磨ける環境は若年層から人気を博す理由となっています。
また、性別による事実上の差別的取り扱いがなく、(男女比は男性70%に対し女性30%ではあるものの)女性が主要なポジションで戦力として活躍しているのも特徴です。

中途採用だけでも22職種の募集を掲げており、部門間の垣根が低いです。また、学生のインターンシップも積極的に受け入れており、「ヒト」に対する先行投資も積極的で、人材成長に対する意識が高いのもSMNの特徴といえるでしょう。

ソネット・メディア・ネットワークスのワークライフバランス

副業可否 不可
勤務時間 9:30~18:30
休日 土日・祝日
その他の休日・休暇 年末年始、年次有給休暇、育児休暇、特別休暇、会社カレンダーで指定する休日
平均残業時間 30.5時間
フレックス制度 有り(11:00~15:00)
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

ソネット・メディア・ネットワークスの社長

石井 隆一

1965年誕生。89年慶應義塾大学法学部を卒業し、ブリヂストン入社。00年ソニー入社、08年ソニーネットワークコニュニケ―ションズ入社、同年9月にSo-net Entertainment Taiwan Ltd執行長就任、12年ソニーネットワークコミュニケーションズ執行役員、14年1月代表取締役社長に就任

ソネット・メディア・ネットワークス現職、OB/OGの有名人

中川 典宜

SMN株式会社取締役。1971年誕生。07年ソニーネットワークコミュニケーションズ入社。13年ソネットメディアエンタテインメント取締役就任。14年経営管理部鞘を歴任し、17年ソネット・メディア・ベンチャーズ取締役就任(現任)

石井社長と共に会社を牽引する存在で、今後の活躍が期待されている人物の1人。

ソネット・メディア・ネットワークスの転職に関わるQ&A


SMNに向いているのは、環境に満足することなく「あくなき向上心」、「当事者意識に立った情報発信」が担保されている人材です。これは、無形商材という目に見えない商材を扱うがゆえに、多角的な視点で物事を考えられなければ、適切にベネフィットを訴求することができないからです。

インターネット広告業界は、5Gの登場を控え、転換期を迎えています。今後も様々な媒体からの参入が見込まれるため、独創的なアイデアを発信できなければ、簡単にガラパゴス化してしまうリスクがあります。インターネット広告を通じて社会に何を訴求するのかを常に模索し、市場のトレンドと独創性を融合させ、唯一無二の無形商材を提供できる企業が長く繁栄する時代となってきます。


SMNのワークライフバランスは非常に頼もしい制度が備わっています。女性の育休取得率は100%、アニバーサリー休暇取得率68%を誇り、他にはベビーシッター補助を始め、多種多様な福利厚生が備わっています。今後、「多様な働き方」がますますクローズアップされる中、上手に活用することで、仕事漬けにはなりにくい環境が整備されています。

私服着用率が75%に達しており、活発かつ、自由は発言がしやすい風土が形成されています。そして、不必要な上下関係がないのも特徴です。また、平均年齢も男性33歳、女性29歳となっており、晩婚化の時代ではあるものの、いわゆる子育て世代が多くを占めています。

あなたがソネット・メディア・ネットワークスに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

ソネット・メディア・ネットワークスへ転職する方法

ソネット・メディア・ネットワークスの採用ページから申し込む

SMNのホームページ内にある「中途採用」から申し込みが可能です。
22職種全ての情報が確認できるため、自分にあった職種に応募することが可能です。また、採用情報に特化したページが設けられており、社員インタビューや、求める人材像が掲載されています。応募の際は、必ずページ内のコンテンツを読み込んでおくことが適切です。

関連記事

Cygamesへの転職情報まとめ!転職難易度や評判を徹底調査!

▼下記は、Cygamesに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからCygamesに転職してくるのか ・転職先:Cygamesからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せる...

Mobility Technologiesの転職情報!気になる年収や評判をご紹介

Mobility Technologiesは、日本最大のグループ売上高を誇るタクシー・ハイヤー会社「日本交通株式会社」の関連会社です。 以前は「JapanTaxi株式会社」という社名でしたが、2020年4月から「株式会社Mobil...

ドワンゴへの転職は難しい?難易度や面接対策方法などを紹介

▼下記は、ドワンゴに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからドワンゴに転職してくるのか ・転職先:ドワンゴからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

さくらインターネットへ転職するには?面接内容や口コミ評判も徹底調査

▼下記は、さくらインターネットに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからさくらインターネットに転職してくるのか ・転職先:さくらインターネットからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なり...

DMM.comへ転職したい方必見。転職難易度や評判について調査

  ▼下記は、DMM.comに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからDMM.comに転職してくるのか ・転職先:DMM.comからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりた...

メルカリの転職難易度は?年収や口コミを徹底リサーチ

  ▼下記は、メルカリに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからメルカリに転職してくるのか ・転職先:メルカリからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

バイトダンスへの転職するには?難易度や年収をご紹介

  ▼下記は、バイトダンスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからバイトダンスに転職してくるのか ・転職先:バイトダンスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

エイチームの転職難易度は高い?口コミや面接情報解説まとめ

  ▼下記は、エイチームに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからエイチームに転職してくるのか ・転職先:エイチームからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

エス・エム・エスへの転職は難しい?難易度や年収などを調査

  ▼下記は、エス・エム・エスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからエス・エム・エスに転職してくるのか ・転職先:エス・エム・エスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来...

メルペイへ転職を考えている方必見。社員数や年収を調査

  ▼下記は、メルペイに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからメルペイに転職してくるのか ・転職先:メルペイからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

TOP