通信

WiFiサービスを展開するファイバーゲートへの転職。ビジネスモデルや年収など解説

ファイバーゲート転職者の主なキャリアステップ

ファイバーゲートの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学卒業など、幅広く在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

前職

ファイバーゲート在籍者の主な職歴は、不動産仲介やSI、ISP、生保人材紹介など、非常に幅広い職歴が挙げられます。

次の転職先

ファイバーゲートからの転職先として、コンサルファームやIT系、ISP、広告代理店メーカーのほか、海外の企業などへ転職しています。

ファイバーゲートは、マンション向けや商業施設向けのWiFi設備の構築や保守運営事業などを展開している企業です。
マンションやアパートなどの中規模から大規模な建物を中心に、WiFi接続サービスを提供している通信事業を展開しています。
ホームユースとビジネスユースの両側面から通信事業を行うとともに、問い合わせ対応や広告業務などを合わせて行う垂直統合型のビジネスモデルを強みとしています。
また、2022年よりインターホン応答を入居者のスマートフォンでカスタマイズできるシステム開発を開始するなど、幅広く手掛けている企業です。
そんなファイバーゲートでは、社内SEやカスタマーサポート、製品開発エンジニアなどの職種で中途採用を募集しています。
IT系の専門職が主な募集対象ですが、ビジネス職の責任者での募集がかかることもあるのが特徴です。
この記事では、ファイバーゲートへの転職を検討している方に向けて、ビジネスモデルや想定年収、転職するメリットなどを解説します。

ファイバーゲートへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・ファイバーゲートの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ファイバーゲートの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • ファイバーゲートの企業概要
  • ファイバーゲートの転職ポイント
  • ファイバーゲートの社風や企業文化

ファイバーゲートに転職するポイント

ファイバーゲートの特徴

POINT

  • ・アパートやマンションなどにWiFi接続サービスを提供する企業
  • ・問い合わせ対応や広告サービスなども合わせて行う垂直統合型のビジネスモデルが特徴
  • ・国際性の豊かな社風があり、部署の間での団結も強いとの情報あり

ファイバーゲートへ転職するポイント

POINT

  • ・製品開発エンジニアや社内SEなどのIT専門職で中途募集
  • ・カスタマーサポートなど、キャリアによらず応募しやすい職種もある
  • ・面接は将来のキャリアプランなどを重視されるのが特徴

ファイバーゲートの企業概要

会社名 株式会社ファイバーゲート
本社所在地 東京都港区芝大門2丁目10番12号 KDX芝大門ビル
社長 猪又 將哲
設立 2000年9月
株式 上場(東証プライム、札証)
株主構成 猪又將哲(25.85%)
MIコーポレーション株式会社(23.06%)
日本カストディ銀行(8.98%)

ファイバーゲートの売上

ファイバーゲートの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 5,446百万円 7,424百万円 8,491百万円
経常利益 886百万円 1,215百万円 1,543百万円

ファイバーゲートの最新ニュース

ファイバーゲートの事業内容

ファイバーゲートの主力事業は、マンションやアパートなどを対象としたWiFi設備の工事や保守運営、サポートです。
主に、ホームユースとビジネスユースの両側面からWiFi運営事業を展開しています。
ホームユースでは、一般住宅やアパートへWiFiを設置しており、退去率減少や入居者の利便性向上などから、建造物のオーナーにとってもメリットがあるのが特徴です。
一方ビジネスユースでは、小型飲食店から大型デパートまで幅広い商業施設にフリーWiFiの提供を行っています。
また、ファイバーゲートでは自社独自のWiFi環境の構築を行っており、各工程の調達費用削減が実現されています。
顧客からの問い合わせ対応やトラブル対応など、導入後のサポートも自社で一貫して行うため、工事に際して発生する一時的な収益と、導入後に得る継続的な収益、両面のメリットを併せ持つビジネスモデルとなっています。
その結果、3年連続で売上高や経常利益が上昇を続けており、今後も事業規模が拡大していくことが見込まれている企業です。

ファイバーゲートの募集要項

製品開発エンジニア

ファイバーゲートの展開する製品であるWiFiルータやアクセスポイントの開発を担当します。
また、新製品の企画や開発のみならず、既存製品の機能追加などにも対応することが求められます。
製品企画などの上流工程から評価、運用まで携わることのできる裁量の大きな職種です。

必須な経験・スキル

  • ・C言語での開発経験
  • ・LinuxまたはUNIXでの開発経験

カスタマーサポート

自社の提供するサービスの問い合わせ対応を行います。
新規申し込みに対する対応やトラブルに対する一次対応がメインです。
マニュアルが完備されており、未経験でも応募可能です。

必須な経験・スキル

  • ・ビジネスレベルの日本語力

ファイバーゲートの転職難易度

ファイバーゲートの転職難易度は中程度です。
ファイバーゲートでは、自社製品エンジニアや社内SEなど、IT専門職を中心に中途採用を行っています。
特に自社製品エンジニアはWiFiに関連する機器の設計を行う必要があるため、ハードウェアなど低レイヤーに関する知識が求められるのが特徴です。
応募への必須要件はそれほど高くありませんが、活躍するためにはエンジニアとしての実力が求められます。
そのほかの職種としては、カスタマーサポートでの募集が行われています。
このポジションでは未経験でも応募可能なため、職種にこだわりがない場合はこちらへ応募するのも手です。
過去には営業での中途採用が行われたこともあるため、職種が合わないと感じる場合には自身に合った職種での募集をされるまで粘り強く待ちましょう。

ファイバーゲートが転職者に求める人物像

ファイバーゲートが転職者に求める人物像として、「知的好奇心が旺盛なこと」が挙げられます。
ファイバーゲートが事業を展開している情報通信領域は、日々新しい技術が開発されています。
ネットワークに関連する知識を絶え間なく吸収することのできる学習意欲は、ファイバーゲートで活躍するためには欠かせません。
また、「主体性を持って行動できること」や「相手目線で行動できること」も求められています。
ファイバーゲートでは、ネットワークの敷設工事やトラブル対応の際なども含め、常に「相手を主語する」という文化があります。
このようなファイバーゲートの精神に共感することのできる相手目線の備わった人材であることが必要です。

ファイバーゲートの転職までの流れ

ファイバーゲートの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:チームリーダー
想定内容:これまでの経験や志望動機など質問され、丁寧に掘り下げられます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:次面接までで触れられた内容はもちろん、ファイバーゲートの掲げている経営ポリシーなどに共感できるかなど、より踏み込んだ質問を多く聞かれます。

内定

ファイバーゲートの面接形式

ファイバーゲートの面接回数は職種によって幅があり、多くても3回となっています。
面接1回あたりの所要時間は30分弱と、かなり手短に終わる傾向があります。
面接はいずれも面接官と応募者が1人ずつの1対1形式で行われます。
選考期間は2週間前後と標準的な水準です。

ファイバーゲートの面接内容

ファイバーゲートの面接でよく聞かれる内容として、「どうしてその職種に応募したのか」「これまでの経験がどうファイバーゲートに活きると考えたのか」といった志望動機を深堀りするような質問が挙げられます。
切り口としてはオーソドックスな質問が多いですが、ざっくりとした志望動機を答えてしまうと質問攻めにあってしまうこともあるため、志望動機は事前によく練っておきましょう。
また、「人見知りはするか」「周りにどのような人だといわれるか」といった人物面に関連する質問も少なくありません。
ファイバーゲートでは、実力のみならず人物面も重視した採用を行っています。
特に「真面目で誠実か」や「消費者目線に立てるか」といったビジネスパーソンとして基本的な内容を重視されるのが特徴です。
信頼感を持ってもらえるよう質問にハキハキと答えることも重要だといえます。

ファイバーゲートの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトに載っている求人は比較的少ない
・求人情報はDODAなどでも確認可能
・面接は比較的短時間で終わる傾向がある

営業、20代後半、男性
「どうして営業を選んだのか」など、質問内容としてはオーソドックスなものが多かったです。面接の雰囲気は和やかで、比較的手短に終わった印象があります。
経理、30代前半、男性
「経理と営業が選べるが、どちらをやりたいと思うのか」と聞かれました。また、そこで経理として働きたい旨を答えると、「自身のキャリアに照らして、どうしてその選択をしたのか」と聞かれました。
エンジニア、30代前半、女性
過去の開発経験や携わったプロジェクトの規模などを聞かれました。内容としては特にこれといった答えにくい質問はありませんでした。
事務、20代後半、女性
「人見知りはするか」「サービス業の経験はあるか」などを聞かれました。実力面というよりも、人物面を重視されていた印象です。
エンジニア、40代前半、男性
「英語で自己紹介をしてください」といわれ、頭が真っ白になりました。これ以外には特に困った質問はありませんでしたが、「お酒は飲めるか」と聞かれたのが印象的でした。

ファイバーゲートで働いている方の評判・口コミ

エンジニア、在籍3~5年、男性
多様性に富んでおり、さまざまな国籍の社員が在籍しているのが特徴です。ただし、社内公用語が英語といった風土があるわけではなく、社員全員が日本語で会話しています。オーナー企業ということもあり、トップダウンで物事をこなす風土があるのが特徴です。福利厚生は基本的なものが一通り揃っており、特に不自由はありません。
営業、在籍5~7年、男性
全体を通じて仕事がやや多く、残業ありきの業務量なのではないかと感じることが少なくありません。社員同士のコミュニケーションは活発で、アットホームな社風があります。部署によっては完全テレワークを進めているところもあり、先進的な取り組みも行われています。有給も取りやすく、男女問わず活躍できる環境です。
事務、在籍7~10年、女性
やや昭和的な社風があり、部署内での結束が強いのが特徴です。飲み会なども頻繁に行われており、お酒が強い社員が多い印象があります。フレックス制度が導入されているため、柔軟に出勤することができます。社内公募が定期的にあるため、キャリアチェンジを考えている場合は挑戦することも可能です。
口コミの要約

ファイバーゲートの口コミを見てみると、社員同士の仲が良く、部署内での結束が強いアットホームな社風があるという口コミが多く見られました。社内には社是が浸透しており、真面目で誠実な人柄の社員が多いため働きやすいという口コミも複数あります。一方で、業務量については部署間でやや偏りがあり、忙しいと漏らす社員の声も少なくありません。

ファイバーゲートの年収・給与

年収 486万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年2回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 各種社会保険完備、退職金制度、家族手当、役職手当、資格手当など

ファイバーゲートでの転職者の出世難易度

転職者のファイバーゲートでの出世難易度は中程度です。
ファイバーゲートでは年2回の評価制度があり、そこで目標を達成することができれば昇給し、連続で目標を達成すれば昇格するというシステムがあります。
そのため、若手社員であっても活躍できれば昇進できる制度であり、実力主義な風土が定着しています。
また、転職者だからといって出世が不利になるということは全くありません。
一方で、上長とのコミュニケーションも出世の判断に影響するという声も少なくありません。
ファイバーゲートで出世を狙うのであれば、周囲の社員と積極的に交流しながら、数字で実績を残していくことがポイントです。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 主任 400万円
30代前半 課長 600万円
30代後半 課長 700万円
40代前半 部長 800万円
40代後半 部長 900万円

ファイバーゲートはどんな人が働いている?

ファイバーゲートの従業員数

208名(単独)
221名(連結)

ファイバーゲートの平均年齢

34.6歳

ファイバーゲートの平均勤続年数

3.6年

ファイバーゲートの社風

ファイバーゲートの社風の特徴として、アットホームな雰囲気があり、社員間のコミュニケーションを大切にする方が多いということが挙げられます。
そのため、比較的風通しも良く、部署をまたいだ交流も適度に行われています。
また、ファイバーゲートでは、「相手を主語にする」という文化があるのも特徴的です。
顧客と接するときはもちろんのこと、社員間で議論を交わすときでも常に相手の主張をしっかりと受け止めてから自身の意見を話すという姿勢が求められます。
企業の経営ポリシーが社内のカルチャーに浸透しているという点が特徴といえるでしょう。

ファイバーゲートのワークライフバランス

副業可否 可能(規定あり)
勤務時間 9:45〜18:45(職種による)
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、年次有給休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 月25時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 記載なし

ファイバーゲートの社長

猪又 將哲

1965年生まれ。
1987年に興亜海上保険株式会社へ入社。
1995年に株式会社マイネットの代表取締役に就任。
翌年、株式会社ジャスティックレアの取締役に就任。
その後も、株式会社テレコアプテムの取締役や株式会社ドゥテレコムの取締役などを歴任し、2003年より株式会社ファイバーゲートの代表取締役社長を務めている。

ファイバーゲート現職、OB/OGの有名人

濱渦 隆文

1976年生まれ。
2000年に株式会社エリアクエストへ入社。
同年、株式会社ベンチャー・リンク(現・株式会社C&I Holdings)へ入社。
2007年にオリックス・キャピタル株式会社へ入社。
2013年より、株式会社ファイバーゲートの執行役員経営企画本部長を務めている。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声が分からない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

ファイバーゲートの転職に関わるQ&A


ファイバーゲートでは、産休制度や育休制度といった基本的な制度が整備されています。
実際社員の口コミでも、男女問わず活躍できる企業だと感じている社員が多くいます。
女性のキャリアパスについても整備されており、部長クラスの責任あるポジションにも女性が多く抜擢されています。

有価証券報告書に記載されている内容によると、ファイバーゲートの平均年間給与は486万円です。
これは東証プライム上場企業としてはやや低い水準ですが、出世すると給与システムが変わり、年俸制になるため待遇も異なってくるでしょう。
また、営業職の場合はノルマを達成することにより手当が支給されるなど、さまざまな待遇が用意されています。

ファイバーゲートへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ファイバーゲートの公式サイトによる採用情報ページから応募できます。
募集要項以外にも、トップメッセージや社員紹介、キャリア採用座談会など、さまざまな情報が掲載されているため、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、公式サイトからの応募の場合、どうしても時間がかかってしまいます。
現職で忙しくてなかなか転職活動に時間を割けないという方は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ファイバーゲートの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

募集要項の詳細を確認したいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してファイバーゲートに転職するなら、競合他社の募集要項も比較することができる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・簡単に転職活動を行える手軽さ
  • ・求人数の豊富さ
  • ・求人内容確認から応募までがスピーディー

転職サイトは、空いている時間などを使って簡単に転職活動を行える手軽さがあるため、忙しい方でも比較的転職しやすくなっています。
また、求人数が豊富であり、競合他社の募集要項も確認することができるため、幅広く求人情報をチェックすることができます。

競合他社の募集内容も見たいなら「iX転職」

iX転職では、通信業をはじめとした幅広い企業の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールの通信業界は、平均年収が800万円~1,200万円と比較的高くなっています。
また、iX転職には一般公開されていない非公開求人を多く扱っている転職サイトとしても有名であり、相談することで自分に見合った非公開求人を紹介してもらえることがあります。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
「この企業はどんな人材を求めているのか」や「競合他社では募集要項にはどんな違いがあるのか」などを知りたい方は、iX転職に登録してスカウトメールをチェックすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

トレンドマイクロの転職難易度は高い?評判や試験情報などを調査

トレンドマイクロ転職者の主なキャリアステップ 前職 ソフトウェアメーカー 富士ソフトなどのSIer NTT、ソフトバンクなどの通信会社 IT系メーカー など トレンドマイクロ株...

NECネッツエスアイの転職事情。口コミや年収などを解説

NECネッツエスアイ転職者の主なキャリアステップ 前職 三井情報などのSIer 京セラ、ノキア、モトローラなどのモバイル関連企業 NECネッツエスアイ株式会社に転職 ...

ネットイヤーグループへの転職は難しい?選考フローや年収などを解説

ネットイヤーグループ転職者の主なキャリアステップ ...

テラスカイへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

テラスカイ転職者の主なキャリアステップ 前職 富士通、IBM、大塚商会、ワークスアプリなどのSIer 株式会社テラスカイに転職 次の転職先 PwCコンサル...

ネットワンシステムズの面接や年収って?転職難易度など口コミまとめ

ネットワンシステムズ転職者の主なキャリアステップ 前職 IT系企業の幅広い業種 ネットワンシステムズ株式会社に転職 次の転職先 オラクルなどのIT系企業 ...

グローバルインフォメーションへの転職は難しい?転職難易度や事業内容などを解説

グローバルインフォメーションは、海外市場調査を中心とした市場調査レポートの作成事業などを手掛けている新進気鋭の企業です。 特定の調査項目について専門のアナリストが市場や技術動向の分析を行い、体系的なレポートを提供する事業を展開して...

USENの転職難易度は高い?評判や仕事内容などの情報まとめ

USEN転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒からのプロパー社員 株式会社USENに転職 次の転職先 広告 WEB系事業会社 レコード会社 総研 ...

NTTドコモの転職情報を解説。年収や転職難易度について調査

NTTドコモ転職者の主なキャリアステップ 前職 大手SIer 大手NIer 株式会社NTTドコモに転職 次の転職先 大手SIer アマゾン、LINEな...

JTOWERへの転職は難しい?口コミや年収などを解説

JTOWER転職者の主なキャリアステップ 前職 ノキア、楽天モバイルなどの通信事業 IT企業 NW企業 メーカー 株式会社JTOWERに転職 次の転職...

HCネットワークスの転職はおすすめ?難易度やポイントをご紹介

HCネットワークス転職者の主なキャリアステップ 前職 日立電線からの転籍 SIer 株式会社HCネットワークスに転職 ...

TOP