通信

日本テレビの転職難易度は高い?年収や口コミなど解説

▼下記は、日本テレビに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこから日本テレビに転職してくるのか
・転職先:日本テレビからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

日本テレビの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、専門学校卒業や大学卒業などが在籍しており、学歴は幅広くなっています。

職歴

日本テレビ在籍者はプロパー社員の比率が高くなっていますが、一部転職者の職歴ははDeNAなどのWEB系事業会社やKPMGなどの戦略コンサルが挙げられます。

退職後の主な転職先

日本テレビからの転職先として、アクセンチュアなどのコンサルやフジテレビなどの同業他社、東宝などの映画配給会社へ転職しています。

日本テレビは、放送対象地域を関東広域圏としてテレビジョン放送を行う特定地上基幹放送事業企業です。
日本において最初の民放テレビ局として開局した経緯を持ち、バラエティや報道、ドラマなど、各分野に高視聴率の番組を持っています。
その結果、平均視聴率は4年連続トップを誇っており、絶好調を維持し続けているテレビ局です。
1952年設立、東京都港区に本社を構えており、現在では1,300名の社員が在籍しています。
日本テレビでは、データ戦略やマネージャー、新規事業開発などの幅広いポジションで、新しいことにチャレンジし続けるマインドを持ち、テレビ業界のパイオニアとして働ける人材を求めています。

初めての転職で日本テレビを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

日本テレビの年収や口コミも大切だけど、それよりも先にどんな求人が募集されているのか知りたいという方はまず、ビズリーチをはじめとした転職サイトで求人情報をチェックしてみましょう。
ビズリーチには、ハイクラス求人をメインに掲載しているので、転職先がまだ定まっていない方は、ここで一度比較しておくことをおすすめします。
転職エージェントを活用する場合でも、情報収集としてビズリーチにチェックしておくと、今後の転職活動をスムーズに進めることができるでしょう。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • 日本テレビの企業概要
  • 日本テレビの転職ポイント
  • 日本テレビの社風や企業文化

日本テレビに転職するポイント

日本テレビの特徴

POINT

  • ・関東広域圏を放送対象地域として放送を行う特定地上基幹放送事業企業
  • ・日本で最初に民放テレビ局として開局した経緯を持つ
  • ・4年連続で平均視聴率トップを誇っており、絶好調を維持し続けている

日本テレビへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的少ない
  • ・データ戦略やマネージャーなど、幅広いポジションで求人募集
  • ・新たな分野にチャレンジするマインドが必須

日本テレビの企業概要

会社名 日本テレビ放送網株式会社
本社所在地 東京都港区東新橋一丁目6-1
社長 小杉 善信
設立 1952年10月15日
株式 非上場
株主構成 日本テレビホールディングス株式会社(100%)

日本テレビの売上


日本テレビは非上場のため、親会社である日本テレビホールディングス株式会社の売上高を掲載しています。

日本テレビホールディングスの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 423,663百万円 424,945百万円 426,599百万円
経常利益 61,239百万円 57,398百万円 49,206百万円

日本テレビの最新ニュース

日本テレビの事業内容

日本テレビは、関東広域圏を放送対象地域として放送を行う特定地上基幹放送事業会社です。
主力として、バラエティー番組やドラマ、「ZIP!」や「スッキリ!!」といった情報番組、「news zero」や「news every.」といった報道番組などの企画と制作を行い、放送しています。
また、サッカーやラグビーのワールドカップ、オリンピック、箱根駅伝などのスポーツ番組や、「高校生クイズ」「はじめてのおつかい」などの特番も手掛けています。
そのほかにも、番組とのコラボレーションCMやPRイベントの企画立案や、SNSやWebなどを駆使したICT戦略なども展開しており、さまざまな企画やプラットフォームの提供などを行っている企業です。
その結果、各分野にて高視聴率の番組を持ち、4年連続で平均視聴率トップを誇っています。
今後の展望として、若年層のテレビ離れの解消を図り、また、アジア諸国を中心に新規ビジネスの企画や実行に注力し、アジアNo.1のメディアコンテンツ企業になることを目指しています。

日本テレビの募集要項

データ戦略

視聴率データや配信視聴データ、SNSデータなど、さまざまなデータを活用と分析を行い、日本テレビのDXを推進するポジションです。
具体的には、データ基盤構築のプロダクト戦略やデータ基盤構築のアーキテクチャーの構築、クラウドサービスのインフラ運用と構築を行います。
また、各種指標の予測モデル構築や相関性分析などアドホック分析なども行い、広告出稿効果に関する課題やコンテンツパワーの証明に関する課題などの解決を図る職種です。

必須な経験・スキル

  • ・インターネットサービスに関するデータ活用経験
  • ・デジタルマーケティングに関するデータ活用経験
  • ・広告業界の実務経験

WEB系プロジェクトマネージャー

テレビ動画配信サー眉宇の開発プロジェクトマネジメントを担うポジションです。
そのほかにも、ライブ配信などのコンテンツ配信プロジェクトの推進と技術支援や、AVODを中心としたインターネット広告商材の企画と開発、運用支援なども行います。
さらには、システム開発マネジメントの運用支援なども行う場合があり、幅広い業務に携わる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・規模問わずプロジェクト全体の予算管理経験
  • ・3年以上の規模問わずシステム開発のプロジェクトマネジメント経験
  • ・5年以上のRDBMSの運用経験 など

アートディレクター

Webサービスやアプリケーションのブランディングとデザインのディレクションを行うポジションです。
また、ワイヤーフレームの作成と開発を意識したデザイン作成、UI/UXの改善、機能追加なども行います。
そのほかにも、ユーザー行動分析に基づくUI/UXの改善やサービスの品質向上などを行う場合があります。

必須な経験・スキル

  • ・世の中の深層ニーズを探求や理解し、具体的な施策を立案できる能力
  • ・与件や課題を理解して、適切なアウトプットできる能力
  • ・自分自身で手を動かしてデザインできるスキル など

日本テレビの転職難易度

日本テレビの転職難易度は非常に高いです。
国民であれば知らない方がいないくらい有名な企業であり、非常に多くの応募者がいます。
そのため、採用倍率が一気に跳ね上がるため、非常に難易度が高いといえるでしょう。
また、非常に高いスキルや経験を求められる傾向があるため、採用を勝ち取るのは簡単ではありません。
日本テレビへの転職を目指すなら、非常に大変であることを理解しておくことが重要です。

日本テレビが転職者に求める人物像

日本テレビでは、新たな分野にチャレンジし続け、テレビ業界のパイオニアとなりうる塵埃を求めています。
また、日本テレビを通じて世の中に成し遂げたい目標を持つ人材や、テレビ業界の未来を支える情熱を持っている人材も求めている傾向があります。
日本テレビでは、人々の「見たい」に再び火を灯すことを目標としているため、上記のような能力が求められるのです。
面接では、これらを効率的にアピールし、如何に面接官を頷かせるかがポイントでしょう。

日本テレビの転職までの流れ

日本テレビの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接・筆記テスト

想定選考官:人事・採用担当
想定内容:志望動機やこれまでの経験といった定型的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問を再度深堀し、日本テレビにマッチしている人材かを判断されます。

内定

日本テレビの面接形式

面接は1対1や1対複数、複数対複数など、タイミングによって異なる場合があります。
面接回数は基本的に2~3回ですが、職種によって異なります。
1回あたりの時間は30分~1時間です。

日本テレビの面接内容

面接は、志望動機やこれまでの経験など、定型的な質問から進みます。
また、「なぜテレビ業界で働きたいのか」や「テレビについてどう思うか」など、志望動機をさらに深堀するような質問や、テレビに関する質問をされます。
この部分をしっかりと回答でき、面接官を感心させることができなければ、採用してもらえる可能性は低くなってしまうかもしれません。
自己分析をしっかりと行い、どんな質問に対しても一貫性をもって回答できるかどうかがポイントです。
さらには、日本テレビとそのほかの同業他社との違いを明確にしておくと、自己アピールしやすくなるでしょう。

日本テレビで働いている方の評判・口コミ

その他事務関連、在籍5~7年、女性
普通の企業では経験できないような仕事が多く、非常に面白みを感じます。また、自身の携わった仕事が身近な人にも伝わるので、やりがいと誇らしさを感じることができます。テレビ業界が好きな方には、楽しく感じるでしょう。
ディレクター、在籍5~7年、女性
働きやすい環境でバイタリティ溢れる社員が多く在籍しているため、切磋琢磨しており、どんどんスキルアップすることができます。また、実務で積める経験が勉強できることばかりなので、働いてる間はずっと成長できると思います。
広告・宣伝・プロモーション、在籍7~10年、男性
以前に比べれば働きやすい環境が整備されたと思います。しかし、やはりテレビ業界なため、生活が不規則になったり、残業時間が長くなってしまいがちだったりしてしまいます。自分の時間をしっかり確保したいという方には、辛い業界かもしれません。
口コミの要約

仕事の結果を直に感じることができるため、プレッシャーを感じる反面、やりがいと誇らしさを感じながら働くことができます。また、勉強できる場面は非常に多くあるため、日々の業務がスキルアップに繋がるでしょう。ただし、生活が不規則なこともあり、ワークライフバランスはそれほど良くはないため、自分の時間をしっかり取りたいという方には向かないかもしれません。

日本テレビの年収・給与

年収 1,372万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り(全額支給)
住宅手当 記載なし
福利厚生 各種社会保険完備、確定拠出年金制度、慶弔見舞金制度など

日本テレビでの転職者の出世難易度

日本テレビの出世難易度は比較的高いです。
出世するためには、多くの番組企画に参加して結果を残し、上司や周囲に評価してもらう必要があります。
そのため、能動的に動くことができなければ、出世することは難しくなってしまうでしょう。
また、少なからず運も必要になってきます。
着々と実績を残し、タイミングを見計らうことで出世できる可能性は高くなるといえます。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 700万円
30代前半 ディレクター 1,000万円
30代中盤 プロデューサー 1,800万円
40代前半 なし 1,600万円
40代中盤 主任 1,600万円
50代前半 部長 2,500万円
50代中盤 なし 1,200万円

日本テレビはどんな人が働いている?

日本テレビの従業員数

1,300名

日本テレビの平均年齢

48.7歳

日本テレビの平均勤続年数

18.9

日本テレビの社風

日本テレビは、全体的に明るく和やかな社風です。
素材やノウハウを部門間で共有する文化が根付いており、社内交流といったコミュニケーションを取る場も多く、社員同士の距離が近い傾向があるため、比較的仲が良いでしょう。
また、仲間を大切にするという雰囲気もあるため、何か相談事や心配事があれば、親身になって聞いてくれる社員が大勢います。
社内政治などを気にせず、社員全員で良いものを創出しようとする風土もあるため、ひたむきにコンテンツに向き合える環境があるといえます。

日本テレビのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:30~18:30
休日 土日祝(週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇、看護休暇など
平均残業時間 月35~45時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

日本テレビの社長

小杉 善信

1954年生まれ、富山県出身。
一橋大学商学部卒業後、日本テレビに入社し、ディレクターやプロデューサーを従事。
1994年にドラマ班チーフプロデューサーに就任、1998年に編成部長に就任。
2001年に営業局に異動し、ネット営業部長や営業局次長、営業局長などを歴任。
その後は、執行役員や日テレ・グループ・ホールディングス取締役執行役員、日テレアックスオン代表取締役社長などを歴任。
さらには、取締役専務執行役員やHJホールディングス代表取締役会長などを歴任し、2019年より日本テレビの代表取締役社長執行役員に就任。
日本を代表するテレビプロデューサーの一人。

日本テレビ現職、OB/OGの有名人

大久保 好男

1950年生まれ、山梨県出身。
東京外国語大学外国語学部フランス語学科卒業後、読売新聞社(現・読売新聞グループ本社)に入社。
報道記者として、東北総局や成田支局など、地方支局勤務で勤務。
東京本社編集局に戻り、世論調査部に勤務し、1983年に政治部へ異動、防衛省や自治省の担当記者を務める。
2010年に日本テレビへ転籍し、取締役執行役員に就任。
翌年、代表取締役社長に就任し、それと同時により売り新聞グループ本社の取締役なども兼任。
2018年に日本民間放送連盟会長に就任し、翌年には日本テレビの代表取締役会長執行役員に就任。
公益財団法人徳間記念アニメーション文化財団理事も務めていた人物。

日本テレビの転職に関わるQ&A


面接時に行う筆記テストは、国語や数学、物理、化学など、高校で習うようなものが多く、基本的な問題を出題されます。
それらに加え、放送様式やテレビ関連、情報系などの問題も出題されます。
難易度自体はそれほど高くはありませんが、念のため対策をとっておくと安心でしょう。

比較的福利厚生が充実しているため、女性だけでなく男性も安心して働くことができる企業です。
また、バリバリ働いて出世したいと考えている女性も、評価制度は平等であるため、女性でも正当な評価を受けることができます。
産休や育休などにも理解があるため、女性にとって働きやすい企業といえるでしょう。

日本テレビへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

日本テレビの公式HPにある採用情報ページから応募することができます。
求人情報のほかにも、社員紹介や日テレ座談会、日テレについてなど、さまざまな情報が掲載されています。
ただし、公式HPからの転職には、どうしても時間がかかってしまいがちです。
もっと時間かけずに転職したい方や確実な転職したい方は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

空いた時間に転職活動したいなら「転職サイト」

転職サイトを活用して日本テレビへ転職するなら、掲載されている企業数が豊富であり、ハイクラス求人が多い「ビズリーチ」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。
・すぐに転職活動が行えて、空いた時間に転職活動ができる
・非常に求人数が多い
・希望する求人が見つけやすい

転職エージェントと比べ、転職サイトはすぐに転職活動をすることができ、また、空いている時間を活用して転職活動を行うことができます。
また、求人数が非常に多く、求人検索が細かく設定できるため、自分に合ったポジションを探すことが可能です。
時間をかけずに素早く転職したいという方は、転職サイトがおすすめです。

ビズリーチは比較的平均年収が高い!

ビズリーチに掲載されている求人を見ると、データエンジニアやマネージャーなどが掲載されています。

※画像はイメージです。時期やタイミングによって掲載内容が異なります。

ハイクラス求人をメインに扱っているビズリーチなだけあり、提示されている年収が比較的高くなっています。
また、転職サイトの中でもビズリーチは非公開求人が多く持っている傾向があるため、キャリアアドバイザーに相談することで、紹介してもらえる可能性があります。
ただし、転職サイトからの応募の場合、自分と企業とのすり合わせが上手くいかないことも少なくなく、書類選考が通過できないということも珍しくありません。
時間をかけてでも確実な転職をしたいなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

転職成功率を少しでも上げたいなら「転職エージェント」

転職エージェントを活用して日本テレビへの転職を考えているなら、圧倒的案件数とトップクラスの転職支援実績を持つ「リクルートエージェント」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは主に3つ。
・転職に関する書類の添削から企業との給与交渉などの手厚いサポート
・本人と企業側の希望をすり合わせてくれるためマッチング率が高い
・非公開求人案件を多数抱えている

日本テレビは、非常に知名度が高く人気がある企業なため、中途採用の倍率が上がる可能性がが高いといえます。
今の自分の現状で「日本テレビへの転職成功率はどのくらいか」や「日本テレビの内部状況」など、キャリアコンサルタントに相談してみることで転職成功率の底上げに繋がるでしょう。

「リクルートエージェント」のエンジニアを中心に求人掲載!

リクルートエージェントに掲載されている求人はエンジニアといった専門ポジションが多数掲載されています。

※画像はイメージです。時期やタイミングによって異なります。

リクルートエージェントには、さまざまな企業や業界に精通した専門性の高いキャリアコンサルタントが多数在籍しており、非公開求人も20万件以上取り扱っている実績のある転職エージェントです。
初めて転職をする方や確実な転職をしたいという方には、リクルートエージェントの活用がおすすめといえるでしょう。
また、リクルートエージェントの特徴として、登録不要で一部の案件を閲覧できるという点も挙げられ、興味を持てそうであれば登録してみるという方法もできます。
非公開求人も多く取り扱っているため実際にコンサルタントに相談をしてみて、キャリアプランや給与交渉なども含めて相談することで、転職成功率の向上にも繋がるでしょう。

あなたが日本テレビに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

光通信の転職難易度は?口コミや年収など解説

▼下記は、光通信に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから光通信に転職してくるのか ・転職先:光通信からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

システムサポートの転職事情。面接内容や年収など解説

▼下記は、システムサポートに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからシステムサポートに転職してくるのか ・転職先:システムサポートからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目...

Eストアーへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、Eストアーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからEストアーに転職してくるのか ・転職先:Eストアーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

HCネットワークスの転職はおすすめ?難易度やポイントをご紹介

  ▼下記は、HCネットワークスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからHCネットワークスに転職してくるのか ・転職先:HCネットワークスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、...

NTTコミュニケーションズへ転職。会社の雰囲気や給料について調査

  ▼下記は、NTTコミュニケーションズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTTコミュニケーションズに転職してくるのか ・転職先:NTTコミュニケーションズからどこへ転職するのか ...

ネットワンシステムズの面接や年収って?転職難易度など口コミまとめ

▼下記は、ネットワンシステムズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからネットワンシステムズに転職してくるのか ・転職先:ネットワンシステムズからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「...

WOWOWの中途採用の倍率は高い?転職難易度や口コミを解説

▼下記は、WOWOWに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからWOWOWに転職してくるのか ・転職先:WOWOWからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

株式会社ビジョンへの転職は難しい?面接内容など転職情報を調査!

株式会社ビジョンは、2001年12月4日に設立された、グローバルWi-Fiレンタルサービスや情報通信サービスを提供している企業です。 東京都新宿区に本社を構え、海外には10以上の拠点を持ち、国内670名、海外66名の従業員数を抱え...

JTOWERへの転職は難しい?口コミや年収などを解説

▼下記は、JTOWERに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからJTOWERに転職してくるのか ・転職先:JTOWERからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

USENの転職難易度は高い?評判や仕事内容などの情報まとめ

▼下記は、USENに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからUSENに転職してくるのか ・転職先:USENからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

TOP