通信

日本テレビの転職難易度は高い?年収や口コミなど解説

日本テレビ転職者の主なキャリアステップ

日本テレビの主な転職元・転職先

学歴主な学歴は、専門学校卒業や大学卒業などが在籍しており、学歴は幅広くなっています。

前職日本テレビ在籍者はプロパー社員の比率が高くなっていますが、一部転職者の職歴ははDeNAなどのWEB系事業会社やKPMGなどの戦略コンサルが挙げられます。

次の転職先日本テレビからの転職先として、アクセンチュアなどのコンサルやフジテレビなどの同業他社、東宝などの映画配給会社へ転職しています。

日本テレビは、放送対象地域を関東広域圏としてテレビジョン放送を行う特定地上基幹放送事業企業です。
日本において最初の民放テレビ局として開局した経緯を持ち、バラエティや報道、ドラマなど、各分野に高視聴率の番組を持っています。
その結果、個人視聴率「三冠王」を11年連続で獲得しており、絶好調を維持し続けているテレビ局です。
日本テレビでは、データ戦略やマネージャー、新規事業開発などの幅広いポジションで、新しいことにチャレンジし続けるマインドを持ち、テレビ業界のパイオニアとして働ける人材を求めています。

日本テレビへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・日本テレビの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、日本テレビの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • 日本テレビの企業概要
  • 日本テレビの転職ポイント
  • 日本テレビの社風や企業文化

日本テレビに転職するポイント

日本テレビの特徴

POINT

  • ・関東広域圏を放送対象地域として放送を行う特定地上基幹放送事業企業
  • ・日本で最初に民放テレビ局として開局した経緯を持つ
  • ・11年連続で「三冠王」を獲得しており、絶好調を維持し続けている

日本テレビへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的少ない
  • ・データ戦略やマネージャーなど、幅広いポジションで求人募集
  • ・新たな分野にチャレンジするマインドが必須

日本テレビの企業概要

会社名 日本テレビ放送網株式会社
本社所在地 東京都港区東新橋一丁目6-1
社長 石澤 顕
設立 1952年10月15日
株式 非上場
株主構成 日本テレビホールディングス株式会社(100%)

日本テレビの売上

日本テレビは非上場のため、親会社である日本テレビホールディングス株式会社の売上高を掲載いたします。

日本テレビホールディングスの売上推移

事業年度 2019年 2020年 2021年
売上高 426,599百万円 391,335百万円 406,395百万円
経常利益 49,206百万円 42,944百万円 64,838百万円

日本テレビの最新ニュース

日本テレビの事業内容

日本テレビは、関東広域圏を放送対象地域として放送を行う特定地上基幹放送事業会社です。
主力として、バラエティー番組やドラマ、「ZIP!」や「スッキリ」といった情報番組、「news zero」や「news every.」といった報道番組などの企画と制作を行い、放送しています。
また、サッカーやラグビーのワールドカップ、オリンピック、箱根駅伝などのスポーツ番組や、「高校生クイズ」「はじめてのおつかい」などの特番も手掛けています。
そのほかにも、番組とのコラボレーションCMやPRイベントの企画立案や、SNSやWebなどを駆使したICT戦略なども展開しており、さまざまな企画やプラットフォームの提供などを行っている企業です。
その結果、各分野にて高視聴率の番組を持ち、11年連続で「三冠王」を獲得しています。
今後の展望として、若年層のテレビ離れの解消を図り、また、アジア諸国を中心に新規ビジネスの企画や実行に注力し、アジアNo.1のメディアコンテンツ企業になることを目指しています。

日本テレビの募集要項

動画配信サービス

HuluやTVerを中心としたデジタルプラットフォーム事業をグロースするポジションです。
具体的には、配信ドラマやバラエティを各プラットフォームに配信するための制作進行と事業管理、KPI設計によるオリジナルコンテンツの企画開発とプロデュースなどを行います。

必須な経験・スキル

  • ・映像コンテンツ事業の経験
  • ・プラットフォーム事業の経験
  • ・契約作業や権利処理などの実務経験 など

デジタルマーケティング・コンテンツマーケティング

番組のパートナーとして、連動デジタル施策やプロモーション施策をプランニングして実行するポジションです。
具体的には、各種デジタルメディアにおいてのコンテンツマーケティングやプロモーション、日本テレビとグループ企業の各種デジタルサービスやコンテンツのディレクションなどを行います。

必須な経験・スキル

  • ・プロジェクトマネージャーの経験
  • ・SNSやYoutubeでのマーケティング経験
  • ・デジタルサービスのクリエティブ経験 など

財務会計・経営管理

現状把握としての単体や連結決算、税務、開示、グループ会社管理の実務を行うポジションです。
将来推進としての日テレ既存・新規事業の計画策定と管理、グループ会社の事業サポートまでを幅広く関わります。

必須な経験・スキル

  • ・公認会計士または税理士資格の保有
  • ・3年以上の監査法人や税理士法人などでの実務経験

日本テレビの転職難易度

日本テレビの転職難易度は非常に高いです。
国民であれば知らない方がいないくらい有名な企業であり、非常に多くの応募者がいます。
そのため、採用倍率が一気に跳ね上がるため、非常に難易度が高いといえるでしょう。
また、非常に高いスキルや経験を求められる傾向があるため、採用を勝ち取るのは簡単ではありません。
日本テレビへの転職を目指すなら、非常に大変であることを理解しておくことが重要です。

日本テレビが転職者に求める人物像

日本テレビでは、新たな分野にチャレンジし続け、テレビ業界のパイオニアとなりうる塵埃を求めています。
また、日本テレビを通じて世の中に成し遂げたい目標を持つ人材や、テレビ業界の未来を支える情熱を持っている人材も求めている傾向があります。
日本テレビでは、人々の「見たい」に再び火を灯すことを目標としているため、上記のような能力が求められるのです。
面接では、これらを効率的にアピールし、如何に面接官を頷かせるかがポイントでしょう。

日本テレビの転職までの流れ

日本テレビの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接・筆記テスト

想定選考官:人事・採用担当
想定内容:志望動機やこれまでの経験といった定型的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問を再度深堀し、日本テレビにマッチしている人材かを判断されます。

内定

日本テレビの面接形式

面接は1対1や1対複数、複数対複数など、タイミングによって異なる場合があります。
面接回数は基本的に2~3回ですが、職種によって異なります。
1回あたりの時間は30分~1時間です。

日本テレビの面接内容

面接は、志望動機やこれまでの経験など、定型的な質問から進みます。
また、「なぜテレビ業界で働きたいのか」や「テレビについてどう思うか」など、志望動機をさらに深堀するような質問やテレビに関する質問をされます。
この部分をしっかりと回答でき、面接官を感心させることができなければ、採用してもらえる可能性は低くなってしまうかもしれません。
自己分析をしっかりと行い、どんな質問に対しても一貫性をもって回答できるかどうかがポイントです。
さらには、日本テレビとそのほかの同業他社との違いを明確にしておくと、自己アピールしやすくなるでしょう。

日本テレビの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトで募集されてりうポジションは比較的少ない
・求人情報はGreenなどでも確認可能
・テレビに関連する質問が多い

ディレクター、20代前半、女性
好きな番組は?を質問されました。日本テレビが放送している報道番組をよく見ていると伝え、そのほかにも、バラエティ番組を満遍なく見ているとも伝えました。
ディレクター、20代前半、男性
どのような番組を作りたいかを聞かれました。嫌なことがあったときでも笑ってもらえるような番組を制作したいとアピールしました。良い印象を与えられたと思います。
コンサルタント、20代後半、男性
報道を選んだ理由は?を質問されました。これまでほうどうとは無縁のキャリアを歩んできましたが、これまでに培った経験や知見が活かせると思ったということを軸にアピールしました。
エンジニア、20代後半、男性
TV業界は衰退していると思うがどう対応すべきかと聞かれました。私個人としては、TV業界は未だ衰退しているとは感じておらず、ネットでの話題もTVのことが多い状態だと伝えました。
総合職、30代前半、男性
どうしてテレビ業界で働きたいのかを質問されました。私は子供のころからテレビっ子であり、これからも楽しめる番組を世間に届けたいと考えたということを伝えました。

日本テレビで働いている方の評判・口コミ

その他事務関連、在籍5~7年、女性
普通の企業では経験できないような仕事が多く、非常に面白みを感じます。また、自身の携わった仕事が身近な人にも伝わるので、やりがいと誇らしさを感じることができます。テレビ業界が好きな方には、楽しく感じるでしょう。
ディレクター、在籍5~7年、女性
働きやすい環境でバイタリティ溢れる社員が多く在籍しているため、切磋琢磨しており、どんどんスキルアップすることができます。また、実務で積める経験が勉強できることばかりなので、働いてる間はずっと成長できると思います。
広告・宣伝・プロモーション、在籍7~10年、男性
以前に比べれば働きやすい環境が整備されたと思います。しかし、やはりテレビ業界なため、生活が不規則になったり、残業時間が長くなってしまいがちだったりしてしまいます。自分の時間をしっかり確保したいという方には、辛い業界かもしれません。

口コミの要約仕事の結果を直に感じることができるため、プレッシャーを感じる反面、やりがいと誇らしさを感じながら働くことができます。また、勉強できる場面は非常に多くあるため、日々の業務がスキルアップに繋がるでしょう。ただし、生活が不規則なこともあり、ワークライフバランスはそれほど良くはないため、自分の時間をしっかり取りたいという方には向かないかもしれません。

日本テレビの年収・給与

年収 1,379万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り(全額支給)
住宅手当 記載なし
福利厚生 各種社会保険完備、確定拠出年金制度、慶弔見舞金制度など

日本テレビでの転職者の出世難易度

日本テレビの出世難易度は比較的高いです。
出世するためには、多くの番組企画に参加して結果を残し、上司や周囲に評価してもらう必要があります。
そのため、能動的に動くことができなければ、出世することは難しくなってしまうでしょう。
また、少なからず運も必要になってきます。
着々と実績を残し、タイミングを見計らうことで出世できる可能性は高くなるといえます。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 700万円
30代前半 ディレクター 1,000万円
30代中盤 プロデューサー 1,800万円
40代前半 なし 1,600万円
40代中盤 主任 1,600万円
50代前半 部長 2,500万円
50代中盤 なし 1,200万円

日本テレビはどんな人が働いている?

日本テレビの従業員数

1,361名

日本テレビの平均年齢

48.7歳

日本テレビの平均勤続年数

20.3年

日本テレビの社風

日本テレビは、全体的に明るく和やかな社風です。
素材やノウハウを部門間で共有する文化が根付いており、社内交流といったコミュニケーションを取る場も多く、社員同士の距離が近い傾向があるため、比較的仲が良いでしょう。
また、仲間を大切にするという雰囲気もあるため、何か相談事や心配事があれば、親身になって聞いてくれる社員が大勢います。
社内政治などを気にせず、社員全員で良いものを創出しようとする風土もあるため、ひたむきにコンテンツに向き合える環境があるといえます。

日本テレビのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:30~18:30
休日 土日祝(週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇、看護休暇など
平均残業時間 月35~45時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

日本テレビの社長

石澤 顕

1956年生まれ。
1980年に日本テレビ放送網株式会社へ入社。
2008年に秘書室長に就任。
翌年、総務局長と編成局長に就任。
その後も、執行役員社長室長や上席執行役員社長室長、経営戦略局長などを歴任。
2022年より、代表取締役社長執行役員を務めている。

日本テレビ現職、OB/OGの有名人

大久保 好男

1950年生まれ、山梨県出身。
東京外国語大学外国語学部フランス語学科卒業後、読売新聞社(現・読売新聞グループ本社)に入社。
報道記者として、東北総局や成田支局など、地方支局勤務で勤務。
東京本社編集局に戻り、世論調査部に勤務し、1983年に政治部へ異動、防衛省や自治省の担当記者を務める。
2010年に日本テレビへ転籍し、取締役執行役員に就任。
翌年、代表取締役社長に就任し、それと同時により売り新聞グループ本社の取締役なども兼任。
2018年に日本民間放送連盟会長に就任し、翌年には日本テレビの代表取締役会長執行役員に就任。
公益財団法人徳間記念アニメーション文化財団理事も務めていた人物。

日本テレビの転職に関わるQ&A


面接時に行う筆記テストは、国語や数学、物理、化学など、高校で習うようなものが多く、基本的な問題を出題されます。
それらに加え、放送様式やテレビ関連、情報系などの問題も出題されます。
難易度自体はそれほど高くはありませんが、念のため対策をとっておくと安心でしょう。

比較的福利厚生が充実しているため、女性だけでなく男性も安心して働くことができる企業です。
また、バリバリ働いて出世したいと考えている女性も、評価制度は平等であるため、女性でも正当な評価を受けることができます。
産休や育休などにも理解があるため、女性にとって働きやすい企業といえるでしょう。

日本テレビへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

日本テレビの公式HPにある採用情報ページから応募することができます。
求人情報のほかにも、社員紹介や日テレ座談会、日テレについてなど、さまざまな情報が掲載されています。
ただし、公式HPからの転職には、どうしても時間がかかってしまいがちです。
もっと時間かけずに転職したい方や確実な転職したい方は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、日本テレビの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

空いた時間に転職活動したいなら「転職サイト」

転職サイトを活用して日本テレビへ転職するなら、企業案件数が豊富であり、ハイクラス求人が多い「iX転職」がおすすめです。
自分の職務経歴書を登録しておくだけでヘッドハンターからスカウトを受け取ることができるサービスです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。
・すぐに転職活動が行えて、空いた時間に転職活動ができる
・非常に求人数が多い
・希望する求人が見つけやすい

転職エージェントと比べ、転職サイトはすぐに転職活動をすることができ、また、空いている時間を活用して転職活動を行うことができます。
また、求人数が非常に多く、求人検索が細かく設定できるため、自分に合ったポジションを探すことが可能です。
時間をかけずに素早く転職したいという方は、転職サイトがおすすめです。

iX転職は比較的平均年収が高い!

iX転職から届くスカウトメールです。

※画像はイメージです。時期やタイミングによって掲載内容が異なります。

ハイクラス求人をメインに扱っているiX転職なだけあり、提示されている年収が比較的高くなっています。
iX転職では自分の市場価値を長期的にサポートしてくれるヘッドハンターと出会えます。
自分の市場価値を客観的に知ることができるので、より自分に合ったポジションへの転職ができるという特徴があります。
親身になってサポートを受けることが可能なので、スムーズに転職活動ができるでしょう。
また、転職サイトの中でもiX転職は非公開求人が多く持っている傾向があるため、ヘッドハンターに相談することで、紹介してもらえる可能性があります。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

光通信の転職難易度は?口コミや年収など解説

光通信転職者の主なキャリアステップ 前職 メガバンク 住宅メーカー リクルート 株式会社光通信に転職 次の転職先 富士ソフト、セガなどのソフトウェア関...

日本テレビの転職難易度は高い?年収や口コミなど解説

日本テレビ転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 DeNAなどのWEB系事業会社 KPMGなどの戦略コンサル 日本テレビ放送網株式会社に転職 ...

サイバネットシステムの転職事情。面接内容や必要やスキルなどを解説

サイバネットシステム転職者の主なキャリアステップ 前職 キャノン販売、リコー、ヒューレットパッカードなどのIT商材メーカー ホンダ、三菱重工などの大手製造メーカー サイバネットシス...

NTT東日本へ転職するには?年収や面接難易度について調査

NTT東日本転職者の主なキャリアステップ ...

インターネットイニシアティブへの転職は難しい?面接内容や選考フローなどを解説

インターネットイニシアティブ転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒からのプロパー社員 SIer 株式会社インターネットイニシアティブに転職 次の転職先 ...

システムサポートの転職事情。面接内容や年収など解説

システムサポート転職者の主なキャリアステップ 前職 NTTコムウェアなどのSIer アクセンチュア、フューチャーアーキテクトなどのIT系コンサル 株式会社システムサポートに転職 ...

トレンドマイクロの転職難易度は高い?評判や試験情報などを調査

トレンドマイクロ転職者の主なキャリアステップ 前職 ソフトウェアメーカー 富士ソフトなどのSIer NTT、ソフトバンクなどの通信会社 IT系メーカー など トレンドマイクロ株...

ソフトバンクの転職情報。難易度はどのくらい?

ソフトバンク転職者の主なキャリアステップ 前職 さまざまな業界の大手事業会社 SIer 新卒 ソフトバンク株式会社に転職 次の転職先 アマゾンジャパン...

コムチュアへの転職情報。面接内容やポイントをご紹介

コムチュア転職者の主なキャリアステップ 前職 日本タタコンサルティング、デロイトトーマツなどのコンサルファーム、IBM、富士ソフト、セゾン情報システムズなどのIT系企業 コムチュア株...

NTTコミュニケーションズへ転職。会社の雰囲気や給料について調査

NTTコミュニケーションズ転職者の主なキャリアステップ 前職 SIer NIer NTTコミュニケーションズ株式会社に転職 次の転職先 大手国内NIer...

TOP