メーカー

信和への転職。年収や難易度、キャリアステップなどを解説

信和転職者の主なキャリアステップ

信和の主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学・大学院卒業など、幅広く在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

前職

信和在籍者の主な職歴は、住宅メーカー医療機器メーカー、小売などが挙げられます。

次の転職先

信和からの転職先として、部品などのメーカーへ転職しています.

信和は、建設現場などで使用される仮設の足場やシステム足場、工場や倉庫などで用いられる物流機器の製造を行っている企業です。
金属製品の加工技術に強みがあり、特に次世代の足場と呼ばれている「システム足場」の分野では出荷金額ベースで市場一位を獲得しています。
また、資材などの貸し出しを行うレンタルサービス事業なども展開しています。
さらには、2022年に健康経営優良法⼈2022で認定されるなど、働きやすさも伺える企業です。
そんな信和では、施工管理や購買担当、企画提案営業といった職種で中途採用を行っています。
ビジネス職での募集が中心ですが、工事現場などでの実務経験が活かせる職種も多いのが信和の特徴です。
この記事では、信和への転職を目指している方に向けて、転職前に必ず知っておきたい事業内容やビジネスモデル、面接での質問内容などを解説します。

信和への転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・信和の口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、信和の最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • 信和の企業概要
  • 信和の転職ポイント
  • 信和の社風や企業文化

信和に転職するポイント

信和の特徴

POINT

  • ・建設資材の仮設足場やシステム足場などの製造を行う企業
  • ・メッシュパレットなどをはじめとした物流機器もてがけている
  • ・トップダウンの傾向があり、企業理念が社内に浸透している社風が特徴

信和へ転職するポイント

POINT

  • ・営業職や製造管理職などで中途募集
  • ・製造職など、経験不問の求人も豊富
  • ・面接では信和が手掛ける製品についての理解が問われるため対策が必須

信和の企業概要

会社名 信和株式会社
本社所在地 岐阜県海津市平田町仏師川30-7
社長 則武 栗夫
創業 1977年9月1日
株式 上場(東証スタンダード、名証プレミア)
株主構成 日本マスタートラスト信託銀行(10.55%)
アルインコ株式会社(4.89%)
阪和興業株式会社(4.89%)

信和の売上

信和の売上推移

事業年度 2019年 2020年 2021年
売上高 17,081百万円 13,885百万円 16,063百万円
営業利益 2,210百万円 1,853百万円 2,135百万円

信和の最新ニュース

信和の事業内容

信和の主力事業は、工事現場の足場となる仮設資材の生産と物流機器の生産です。
仮設資材部門では、主に建設現場などで用いられる足場を生産しています。
仮設の足場は主に低層から中層で用いられるシステム足場と中層から高層で用いられるシステム足場の二つに分かれます。
信和は特にこのうち高層側のシステム足場に強みを発揮しており、2019年時点で出荷金額ベースでシェア一位を獲得するなど、確固たるポジションを確立しているのが特徴です。
物流機器の生産としては、メッシュパレットや手すり用パレットなどを製造しています。
液晶ガラスや自動車部品など、さまざまな用途に合わせた多様な製品展開を行っているのが強みです。
2021年度は新型コロナウィルス感染症の流行による売上の落ち込みもありましたが、業績は概ね堅調に推移しており、今後も安定した経営が続いていくことが期待されています。

信和の募集要項

営業

信和の製造する建築資材の営業を担当します。
販売先は建設業界はもちろん、自動車などの製造業、卸売業界など多岐にわたるのが特徴です。
新規開拓も含めた営業を行うため、実力をつけることができます。

必須な経験・スキル

  • ・法人営業経験
  • ・物流業界の知識や経験

製造管理

建設用の仮設足場の製造マネジメントを行います。
具体的には、工場の管理や製造の工程管理、人員のマネジメントなどが職務内容です。
業務改善を行うことが求められる責任のあるポジションです。

必須な経験・スキル

  • ・生産技術部門での実務経験
  • ・技術部門での経験があり、マネジメントをしたいという意思がある

信和の転職難易度

信和の転職難易度は中程度です。
信和では、責任のある管理職ポジションでの募集からスタッフの募集まで、幅広い職種で中途採用を行っています。
製造管理職など責任のあるポジションの場合は、ある程度の実務経験とマネジメント経験が必須要件として課されているため、応募するにはそれ相応の実力が必要です。
それ以外の職種では応募に対するハードルはまちまちですが、製造スタッフなど一部の求人では未経験でも応募が可能となっています。
職種にこだわりがなければ、これらの職種へ応募するのも良い手段です。
過去の経験と照らし合わせて、自身にマッチした職種へ応募するようにしましょう。

信和が転職者に求める人物像

信和が転職者に求める人物像として、「顧客や仲間などを大切に出来ること」が挙げられます。
信和には、「仕事ができるのは社会やお客さまのおかげ」といった価値観が浸透しているのが特徴です。
常に誰かのためを考えることができる人物的に優れた人材が重宝される環境といえます。
また、「常に成長したいという意欲があること」も重要です。
信和が業界トップシェアを獲得している高層システム足場は「次世代足場」とも呼ばれており、さまざまな最先端の技術を活用して開発されたという経緯があります。
常に業界の最前線をキープするためには、常に学ぶ姿勢が欠かせません。
学習意欲に富んだ人材が重宝される傾向にあります。

信和の転職までの流れ

信和の選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接

想定選考官:部署社員
想定内容:オーソドックスな内容がほとんどで、志望動機や転職理由といった基本事項を深堀りされます。

最終面接

想定選考官:役員・代表
想定内容:信和の経営理念に合う人材かどうかが判断されます。また、信和のビジョンについての説明や同社の製造している部品についての説明もされます。

内定

信和の面接形式

信和の面接回数は職種によって微妙に異なりますが、基本的に2回で採用が決定します。
部門のリーダーポジションなど責任の重い求人へ応募する場合は面接回数が3回となることもあります。
面接形式は全て1対1であり、面接1回あたりの所要時間は45分と標準的な水準です。

信和の面接内容

信和の面接では、志望動機や転職を志した理由といった基本的な内容はもちろんのこと、「入社後に信和へどのように貢献できるか」といった具体的な業務に踏み込んだ質問が多いのが特徴です。
入社後に取り組む予定の仕事内容を提示されたあと、「これができると思うか」などと聞かれることもあります。
信和へ入社したあとのビジョンを明確化させておくことがポイントです。
また、「信和がどのような製品を製造しているか知っているか」や「信和の強みは何だと思うか」など、信和という企業に対する理解を問う質問も少なくありません。
同社の事業内容をよく理解し、基本的な事項はあらかじめ頭に入れたうえで面接に望むようにしましょう。

信和の選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトに載っている求人は非常に少ない
・求人情報はDODAなどでも確認できる
・基本的な質問を多くされる

営業アシスタント、30代前半、男性
「どうして信和を選んだのか」と聞かれました。また、面接の場で実際に売り込む商品の説明を受け、「これを売り込むことができると思うか」と聞かれたことが印象に残っています。
事務、30代後半、男性
転職を志した理由など、オーソドックスな内容がほとんどでした。自己紹介の時間が長く取られるため、事前に用意しておくと良いと思います。
営業、20代後半、女性
「信和に入社したあと、どのように貢献できると思うか」といわれました。そのほかには、志望動機など基本的な内容が多かったです。
製造、40代前半、女性
「信和がどのような製品を製造しているか知っているか」と聞かれました。事前におさらいをしておいたためスムーズに答えることができました。
人事、30代後半、男性
自己紹介を簡単に要求されたあと、製造している部品についての詳細な説明に移るというような流れで行われました。事前に信和の事業内容を理解しておくと良いと思います。

信和で働いている方の評判・口コミ

営業、在籍3~5年、男性
幅広い商材を扱うことができるため、営業としてのスキルアップができる環境だと思います。実力のある社員も多く在籍しており、刺激的な環境でした。一方で、担当する範囲が広いため、最初は戸惑った思い出があります。普段世間で生活をする分には目にすることはありませんが、ありとあらゆる場所で役立っている部品を扱うことができる働きがいのある企業です。
管理、在籍7~10年、女性
携わった仕事の一端が社会に垣間見えるときにやりがいを感じます。ワークライフバランスはまずまずといった印象です。社員に対する教育システムはまだまだ充実していないと感じます。情報共有がスムーズでないことも多く、同じ作業を別の部署が繰り返してしまうことがあるのが課題です。
事務、在籍5~7年、男性
昼夜を問わず客先からの問合せがあるため、平日はやや忙しく感じる場面が多いです。時期によっては休日対応を行う必要が出てくる場合もあります。本店の場合は多くの女性社員が働いており、男女問わず活躍できる環境だと思います。ただ、支店の場合は配属される上司によって事情が異なるようです。
口コミの要約

普段の生活のなかではなかなか目にしないが社会には欠かすことのできない部品を扱っているため、働きがいのある企業だという口コミが多く見られました。ワークライフバランスについては評価が割れましたが、本店の場合は良好となる傾向にあるようです。教育システムを充実させる必要があるのではないかという意見が目立っていました。

信和の年収・給与

年収 508万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り(月30時間分)
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 各種社会保険完備、従業員持株会制度、レクリエーション補助金制度など

信和での転職者の出世難易度

転職者の信和での出世難易度は中程度です。
信和では、年功序列と実力主義が組み合わさった評価体型となっています。
職種にはよるものの、仕事では体力を使う場面が多いため、体力のある社員が出世しやすいという傾向があるのも特徴です。
在籍年数の長い社員が複数在籍しており、中間層が空いているため転職者は出世しやすいのではないかという情報もあります。
いずれにしても信和で出世するためには、コツコツと勤続年数を重ねるとともに、常に周りとコミュニケーションを取りながら仕事をこなす社交的な姿勢が重要です。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 400万円
30代前半 なし 400万円
30代後半 主任 400万円
40代前半 課長 500万円
40代後半 課長代理 600万円

信和はどんな人が働いている?

信和の従業員数

147名

信和の平均年齢

40.8歳

信和の平均勤続年数

8.4年

信和の社風

信和の社風の特徴として、社員同士のコミュニケーションを大切にするアットホームな雰囲気が挙げられます。
信和では、社内イベントなどが頻繁に行われており、風通しの良い風土があります。
実際の口コミでも人間関係が良好で働きやすいといった意見が目立っており、社交的な人材が馴染みやすい雰囲気があるでしょう。
また、工事現場の足場を製造しているため、信和の製造する製品には高い安全性が求められます。
コンプライアンス意識の高い厳格な体制が信和の特徴です。

信和のワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 8:00〜17:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年次有給休暇、夏季休暇、年末年始休暇など
平均残業時間 月30時間
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 記載なし
時短勤務 記載なし

信和の社長

則武 栗夫

1967年生まれ。
1990年に株式会社ワキタへ入社。
その3年後、光洋運輸株式会社へ入社。
さらに3年後、丸紅建設機械販売株式会社へ入社。
2007年に信和株式会社へ入社。
その後、営業本部長兼大阪支店長などを歴任し、2021年より代表取締役社長執行役員営業本部長を務めている。

信和現職、OB/OGの有名人

山田 博

1952年生まれ。
1979年に信和株式会社へ入社。
2003年に代表取締役社長に就任。
2007年、信和サービス株式会社の取締役に就任。
2021年より、信和株式会社の代表取締役会長を務めている。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声が分からない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

信和の転職に関わるQ&A


信和では、産休や育休といった制度の有無が求人に明記されていません。
出勤時間も8:00と朝早いことから、女性にとってはやや厳しい条件なのではないかという口コミも一定数あります。
一方で、本社を中心に複数名の女性が活躍しているのも事実です。
女性の働きやすさが気になる場合は、面接の際に質問してみると良いでしょう。

有価証券報告書の内容によると、信和の平均年収は508万円です。
これは東証スタンダード上場企業としては平均的な水準で、社員の口コミにも「普通に生活する分には困らない水準だ」といった意見が寄せられています。
年功序列の色もまだまだ残っているため、勤続年数を重ねるとともに待遇が良くなる傾向が強いといえるでしょう。

信和へ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

信和の公式HPにある採用情報ページからエントリーできます。
採用情報ページには、企業メッセージをはじめ、信和についてさまざまな情報が掲載されているため、企業研究に役立てることができます。
ただし、求人内容はざっくりとしか掲載されておらず、不透明な部分は少なくありません。
より詳しい内容が知りたい場合や公式HPに載っていない求人に応募したい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、信和の最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

製造メーカーの募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用して信和に転職するなら、競合他社の募集要項を比較することができる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・気軽に転職活動を行える手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件確認から応募までの早さ

転職サイトは、空いた時間を活用して転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、求人案件が比較的豊富であり、案件確認から応募までにスピード感があります。
今すぐ転職をしたい方やまずはさまざまな企業を比較したいという方は、転職サイトの活用がおすすめです。

製造を行う企業の募集を比較するなら「iX転職」

iX転職では、製品製造を手掛ける幅広い業界の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールの製造メーカーの平均年収は800万円~1,200万円程度となっており、別サイトよりも比較的高くなっています。
また、iX転職は表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
「製品を扱っている企業がどれほどあるのか」や「それぞれ募集要項はどのように違うのか」などを調べたい場合は、iX転職に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

デンソーへの転職は難しい?年収や難易度について徹底解説

デンソー転職者の主なキャリアステップ 前職 自動車メーカー 電機メーカー 株式会社デンソーに転職 次の転職先 転職者はかなり少ない デンソ...

旭化成への転職は難しい?年収や口コミ、激務との噂も徹底調査

旭化成転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒からの社員が多い メーカー 旭化成株式会社に転職 次の転職先 転職者は少ない 旭化成の主な転...

シマノへの転職。口コミや事業の特徴、転職成功のためのポイントを紹介

シマノ転職者の主なキャリアステップ ...

NECへの転職。残業やNECからの転職先などについてご紹介

NEC転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒中心 日立製作所などの大手電機メーカー 日本電気株式会社に転職 次の転職先 パナソニック、ルネサスエレクト...

住友化学の転職難易度は?年収や口コミなどを解説

住友化学転職者の主なキャリアステップ 前職 新日鐵住金、花王などの大手メーカー 三井物産などの商社 コンサルファーム 大学 住友化学株式会社に転職 次...

ニプロの転職難易度は高い?口コミや評判などを解説

ニプロ転職者の主なキャリアステップ 前職 小野薬品工業などの製薬会社 医療機器メーカー ニプロ株式会社に転職 次の転職先 小林製薬などの製薬会社 富士...

キーエンスへの転職難易度。面接対策や口コミについて徹底解説

キーエンス転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒からの社員 株式会社キーエンスに転職 次の転職先 各種メーカー Web系事業者 IT系企業   など...

タカラトミーの転職事情。難易度や選考フローなどを解説

タカラトミー転職者の主なキャリアステップ 前職 ツクダオリジナルなどの玩具メーカー 小売 Web事業会社 株式会社タカラトミーに転職 次の転職先 キリ...

シスメックスへの転職は難しい?口コミや平均年収などを紹介

シスメックス転職者の主なキャリアステップ 前職 トヨタ自動車などの自動車メーカー、富士ソフトなどのソフトウェア開発会社 シスメックス株式会社に転職 次の転職...

未来工業へ転職したい方必見!年収や難易度などを解説

未来工業転職者の主なキャリアステップ 前職 ほとんどが新卒のプロパー社員 未来工業株式会社に転職 次の転職先 転職事例ほとんどなし 未来工業...

TOP