メーカー

ホシザキへの転職は大変?年収や口コミなどを解説

ホシザキ転職者の主なキャリアステップ

ホシザキの主な転職元・転職先

学歴学歴は、高校、大学、大学院卒など幅広く在籍している。学歴の幅は広い。

前職パナソニックシャープ三菱電機などの大手電機メーカー、スズキヤマハ発動機、アイシン精機などの自動車関連メーカー、フジマック、マキタ、武田薬品など、その他メーカーがあげられる。

次の転職先転職者は少ないが、医薬品メーカー、照明機器メーカー、生命保険会社などがあげられる。

業務用の冷蔵庫や全自動の製氷機などを中心に業界でトップシェアを誇る厨房機器メーカーのホシザキ。特にビールサーバーではマーケットシェア75%、全自動製氷機ではマーケットシェア70%を誇るなど、業界内での知名度も抜群の大手です。アメリカ、イギリス、中国などをはじめとする海外にも現地法人や工場を展開しており、海外進出も進めています。
2021年には、アメリカ子会社であるホシザキアメリカは省エネの追求、継続的な環境保護活動が評価され、10年連続で「ENERGY STAR2021」を受賞しています。
そんなホシザキの安定性や将来性を求めて、ホシザキへの転職を検討している方も多いのではないでしょうか。
今回は、ホシザキへの転職を目指す上で必ず知っておきたいホシザキの基本情報や、面接の傾向、対策のポイントなどを徹底的に解説します。

ホシザキへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・ホシザキの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ホシザキの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • ホシザキの企業概要
  • ホシザキの転職ポイント
  • ホシザキの社風や企業文化

ホシザキに転職するポイント

ホシザキの特徴

POINT

  • ・圧倒的なシェア率を誇る大手厨房機器メーカー
  • ・商品開発に力を入れており、新商品の開発に携われる
  • ・大手ならではの堅実な風土がある

ホシザキへ転職するポイント

POINT

  • ・厨房機器業界全体への理解
  • ・周りの社員との関係づくりに抵抗がないこと
  • ・顧客の細かな要望を汲み取れること

ホシザキの企業概要

会社名 ホシザキ株式会社
本社所在地 愛知県豊明市栄町南舘3-16
社長 小林靖浩
設立 1947年2月
株式 上場(東証1部)
株主構成 坂本ドネイション・ファウンデイション株式会社(8.56%)
公益財団法人ホシザキグリーン財団(8.00%)

ホシザキの売上

ホシザキの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 292,774百万円 290,136百万円 238,314百万円
経常利益 36,372百万円 34,224百万円 17,420百万円

ホシザキの最新ニュース

ホシザキの事業内容

ホシザキの主力事業は、アイスメーカーをはじめとする製氷機や、業務用冷蔵庫、食器洗浄機など各種厨房機器の製造販売です。また、ビールディスペンサーなど各種ディスペンサーなどの製造販売も行っています。これら厨房機器関連事業で2020年売上の約55%を占めています。
残りの45%は、既存製品の保守や修理に伴う利益などが主です。その他、電子レンジやディスプレイケースといった厨房機器と共に用いられることの多い製品についての製造も行っています。

厨房機器の製造事業

ホシザキの売上の約55%を占める主力事業が、この厨房機器の製造事業です。様々な種類の厨房機器の中でも最も売上高が高いのが、業務用冷蔵庫です。2020年の決算では全体の売上の24.5%がこの業務用冷蔵庫でした。ついで、バーなどの飲食店で用いられることの多いアイスメーカーが全体の17.0%、ティーサーバーなどディスペンサーが6.9%、食器洗浄機が6.2%の売上をそれぞれ記録しています。
主力製品はどれも国内でトップシェアを誇りますが、特に製氷機ではブランド別で世界シェアでもトップレベルとなっています。ホシザキは海外に多くの現地法人を持っているため、今後はこれまでに培ったブランド力を生かした海外展開も積極的に進められる見込みです。

その他事業

厨房機器の生産事業の他に、製品の保守管理もホシザキの収入源の一つとなっています。定期点検や補修パーツの販売、フロンの回収などで2020年度は全体のおよそ20%の売上を記録しています。
また、経営をさらに安定化させるため、扱う製品の多様化も進められています。厨房で用いられることの多い業務用の電子レンジや、商品を展示するディスプレイケースなどがその一例です。今後の海外進出の中で、いかに売上を伸ばしていくかが注目されている事業です。

ホシザキの募集要項

営業

ホシザキの販売する製品を顧客の元に届ける立場として、営業活動を行います。実際にホシザキの厨房機器の導入を検討している店舗へ出向き、商品の説明や販促のためのアイディア提供を行う必要があるため、飲食業界の基本的な知識は必須です。また、ホシザキの生産する厨房機器は非常に幅広いため、多くの商品知識も必要とされます。

必須な経験・スキル

  • ・普通自動車免許
  • ・営業や接客業に携わった経験があること
  • ・顧客とコミュニケーションをとった経験があること

技術サービス

ホシザキの製品を技術的な側面から支えるための、ありとあらゆる業務について取り組みます。具体的には、各種厨房製品や衛生管理システムなどの点検、メンテナンスなどが主な業務です。また、営業担当と連携しながら顧客からの要望に細かく応じていきます。文系、理系問わず活躍することが可能です。

必須な経験・スキル

  • ・電気機器や機械、設備などの保守・メンテナンス経験があること

管理業務

ホシザキの運営に関わる管理業務を多く担当します。具体的には、総務、経理、企画、審査などです。メーカーの保証期間などを管理する技術事務、契約などに関わる事務を取り扱う管理事務の仕事もあります。いずれの職種も、ホシザキの中枢として重要な役割を担うポジションです。営業や技術担当が円滑に動けるよう、一つ一つの業務に丁寧に取り組むことが求められます。

必須な経験・スキル

  • ・これまでに経理部や人事部、法務部などで、関連する業務経験があれば歓迎

ホシザキの転職難易度

ホシザキの転職難易度は、中程度です。ホシザキは非常に知名度のある厨房機器メーカーであるため、優秀なライバルが数多く集まると予想されます。これまでの経験やスキルをいかに面接官にアピールできるかが、採用か不採用かを分けるカギとなってくるでしょう。
ただ、ホシザキは同業他社と比較しても中途採用に積極的です。多くの国内の拠点において、通年で中途採用を募集しています。また募集している職種も技術系から営業まで幅広く、多様な業界から応募しやすいのも特徴の一つです。徹底的な面接対策を行えば、ホシザキから中途採用を勝ち取ることは十分に可能と言えます。

ホシザキが転職者に求める人物像

ホシザキの公式サイト上では、採用メッセージとして「情熱を持って挑戦しつづける意志」が掲げられています。ホシザキは現在、国内市場のみならず海外市場への進出を目指しており、企業全体としても積極的に「挑戦」を進めています。このような企業のスタンスとマッチして、主体的に物事を進めていけるような人材が求められているといえるでしょう。特に転職者に対しては、即戦力としてホシザキを牽引していく存在になっていくことが求められていると考えられます。周囲を積極的に巻き込んで仕事に臨む姿勢も重要でしょう。

ホシザキの転職までの流れ

ホシザキの選考フロー

エントリー・書類選考

一次・適性検査

想定選考官:人事担当・役員
想定内容:履歴書を基に、志望動機など一般的な質問をされることが多いようです。

最終面接・適性検査

想定選考官:人事担当・役員
想定内容:1次面接の結果を踏まえて質問が掘り下げられます。入念に準備をしてから臨みましょう。

内定

ホシザキの面接形式

ホシザキの面接形式は、応募者が1人、採用担当側が3人程度となっています。中途採用では、グループディスカッションや複数人の同時面接は行われません。面接回数はポジションによって変わりますが、2回程度であることが多いようです。面接1回あたりにかかる時間は15〜30分程度です。

ホシザキの面接内容

ホシザキの面接内容は、厨房機器業界全体への理解を問うものと、ホシザキという企業についての理解を問うものが多いです。「なぜ他社ではなくホシザキなのか?」という質問への回答にも繋がってくるため、厨房機器業界全体への理解は必須であると言えます。また、企業に対する理解を問う質問としては「ペンギンマークを知っていますか?」という非常にストレートなものが多いようです。また、ホシザキの展開している商品にはどのようなものがあるか、という知識を問われることもあります。面接に臨む前に、ホシザキをはじめとした厨房機器業界全体に対する知識を深めておくとよいでしょう。

ホシザキで働いている方の評判・口コミ

技術、在籍8年、男性
全体的に非常にのんびりしとしている風土があり、よく言えば社員が皆のびのびと気仕事に当たっていると言えます。逆に、常に成長を求めるような人にとってはあまり向いていない職場かもしれません。研修や教育の制度が充実しており、入社後の1年間などで学ぶことはとても多いです。
営業、在籍4年、男性
上司をはじめとする周囲との関係づくりが非常に重要となる職場だと感じます。飲み会などのコミュニケーションも盛んで、交流が好きな人には向いている企業です。評価体系があまり明確でなく、営業成績が上がったからといってすぐに出世できるわけではありません。人間関係の方が評価に影響している気がします。
総合、在籍12年、女性
扱う商品が製氷機や業務用冷蔵庫などであり、飲食業界を中心とした商売のため、夜の呼び出しが多いです。人によっては多くの残業をこなしていることもあり、大変そうでした。また、オーナー企業のため経営は基本的に保守的です。安定性は非常に高いと思います。海外進出は行っていますが、まだそれほど市場開拓が進んでいる状況ではないです。

口コミの要約社内での交流が活発で、特に営業部では周りといかに良い関係を築くことができるかが重要だという意見が多く見られました。企業全体として、体育会系のような風土があるようです。また、会社の経営は保守的であるため安定性は高いという声も複数見られました。絶えず新しいことに挑戦したい人、というよりは安定志向で長く勤めたい人に向いている企業だといえそうです。

ホシザキの年収・給与

年収 680万円
ボーナスの有無 年2回(7月、12月)
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 退職金制度、慶弔見舞金制度、財形貯蓄制度、永年勤続表彰制度など

ホシザキでの転職者の出世難易度

ホシザキでの転職者の出世難易度は、高めです。ホシザキでは基本的に年功序列の給与体系となっています。口コミとしても、「評価の根拠が不明瞭」「上司との関係次第」という内容が多く見られたため、実績を挙げたとしてもすぐに出世できるわけではないようです。ただし、転職者でも役員クラスまで出世している人は一定数います。転職者だからと言って出世がしづらくなるということはありません。上司をはじめとした周囲の社員と良い関係を築き、コツコツと努力を続けていることが出世への近道です。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 400万円
30代前半 なし 600万円
30代後半 なし 600万円
40代前半 係長 900万円
40代後半 課長 1,100万円
50代前半 課長 1,200万円

ホシザキはどんな人が働いている?

ホシザキの従業員数

12,555人

ホシザキの平均年齢

43.8歳

ホシザキの平均勤続年数

18.9年

ホシザキの社風

ホシザキは、全体的に風通しの良い社風があるという口コミが多く見られました。社員同士でのプライベートの交流も盛んで、周囲の社員と仲良くなりたいという人には向いていると言えます。営業などのノルマも高く、繁忙期には体力も必要とされるようです。仲間意識も高いため、町工場のような雰囲気もあります。
また、上下の壁があまりなく、のびのびとして働ける社風があるという意見も複数見られました。昔ながらの体育会系の雰囲気も残しつつ、徐々に現代的な風通しの良い社風への転換がなされているようです。安定志向の人が多いため、穏やかに仕事をすることができる企業と言えます。

ホシザキのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 8:05〜17:00
休日 週休2日制
その他の休日・休暇 GW休暇、夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇、年次有給休暇など
平均残業時間 月30時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

ホシザキの社長

小林靖浩

大阪大学大学院基礎工学研究科を修了後、1993年日本石油(現・JXホールディングス)へ入社。その後、アルペンなど多くの会社で勤務後、2008年にホシザキ電気(現・ホシザキ)ヘ移る。2012年、同社の取締役へ就任。2017年3月29日付で、同社の社長へ就任。海外進出などを積極的に進める経営方針を打ち出している。

ホシザキ現職、OB/OGの有名人

坂本精志

ホシザキの会長。1959年、ホシザキへ入社。1960年よりホシザキの取締役を務める。その後、1965年に同社の専務取締役。1987年、星崎工業(現・ネスター)の代表取締役社長。1988年にホシザキの取締役に再就任後、2000年に退任。2005年より同社の代表取締役相談役へ復帰し、同年代表取締役へ就任。2011年より会長を務めている。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声が分からない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

ホシザキの転職に関わるQ&A


ホシザキは体育会系の風土があり、非常に仲間意識が強いことでも知られています。社員同士の交流も盛んで、周囲の社員の顔と名前が一致した状態で働くことが多いです。コミュニケーションが極端に苦痛でなければ居心地は良い職場といえるでしょう。

ホシザキは製造業であるため、基本的に女性はそれほど多くありません。会社全体では女性の占める割合はおよそ2〜3割ほどのようです。しかし、だからといって特別に働きにくいということはありません。産休や育休の制度も整っており、出産後に仕事へ復帰する人も多いです。

ホシザキへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ホシザキの公式HPにある採用情報ページからエントリーできます。
社員からのメッセージや、募集要項、人材育成の姿勢など、面接時に役立つ情報を得ることができますが、細かい内容は分かりづらくなっています。
今すぐホシザキへ転職したい場合や競合他社の求人も一緒に確認したい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ホシザキの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

自分のペースで転職を進めたいなら「転職サイト」

求人情報の検索から応募まで、自分のペースで転職活動をするなら、「iX転職」をはじめとした転職サイトの活用がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。

  • ・公開求人の件数が多い
  • ・自分のタイミングで転職活動が進められる
  • ・同業他社の募集も確認できる

転職サイトは、公開されている求人件数が多いため、希望するポジションが見つけやすいという特徴があります。
また、自分のペースで転職活動ができるため、忙しい方でも転職しやすくなっています。
豊富な企業や職種のなかから自分が希望するポジションを探したい方や、自分の時間やペースを大切にしながら転職活動がしたい方には、転職サイトが向いているでしょう。

食品加工を行う企業の募集要項も比較したいなら「iX転職」

iX転職では、食品加工や製造を行っている企業の募集要項も一緒に確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールの食料品メーカーの平均年収は800万円~1,200万円程度で、別サイトよりも比較的高い水準となっています。
また、iX転職は一般的に掲載している公開求人に限らず、非公開求人が多い転職サイトでもあるため、アドバイザーに相談すると、自分にあった非公開求人を紹介してもらえる可能性が高いです。
「食品加工を行う企業がどれほどあるのか」や「それぞれ募集要項はどのように違うのか」などを自分で調べたい方は、まずはiX転職に登録してスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

シチズン時計の転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

シチズン時計転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 パイオニア、カシオ計算機などのメーカー シチズン時計株式会社に転職 次の転職先 コンタクト...

コスモス薬品への転職。平均年収・出世難易度や評判を徹底解説

コスモス薬品転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員がほとんどだが、医療コンサル、ドラッグストア、医療システムメーカーの他、車販売、旅行会社、スーパー、空港ラウンジなど接客業からの転職事例がある。 ...

ジェイテクトへの転職は難しい?面接内容や対策ポイントなどを解説

ジェイテクト転職者の主なキャリアステップ 前職 自動車部品メーカー トヨタ、トヨタカローラ販売などのその他メーカー 株式会社ジェイテクトに転職 次の転職先...

武田薬品への転職は難しい?年収や口コミなど解説

武田薬品転職者の主なキャリアステップ 前職 大日本製薬、大正製薬などの製薬会社 銀行 証券 生保 特許事務所 メーカー 武田薬品工業株式会社に転職 ...

コニカミノルタへの転職難易度はどれくらい?評判や採用情報などを調査

コニカミノルタ転職者の主なキャリアステップ 前職 ロームなどの半導体 キャノンなどのメーカー アクセンチュア、BMなどのITコンサル など コニカミノルタ株式会社に転職 ...

スクウェア・エニックスの転職情報まとめ。難易度や面接情報などをご紹介

スクウェア・エニックス転職者の主なキャリアステップ 前職 セガなどのゲームメーカー 銀行、生保などの金融関連企業 出版社 ソフトウェアメーカー 株式会社スクウェア・エニックスに...

良品計画への転職はおすすめ?気になる年収や評判を調査

良品計画転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員中心 株式会社良品計画に転職 次の転職先 衣料品メーカー 小売業 良品計画の主な転...

旭化成への転職は難しい?年収や口コミ、激務との噂も徹底調査

旭化成転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒からの社員が多い メーカー 旭化成株式会社に転職 次の転職先 転職者は少ない 旭化成の主な転...

アクシージアへの転職ってどう?事業内容や転職難易度などを解説

アクシージアは、女性の染色体「XX」を美の象徴に掲げ、化粧水や日焼け止めなどの美容品を製造販売している化粧品メーカーです。 主に「AXXZIA」や「Venus Recipe」などのブランドを展開しています。 中国や香港での商品展...

メニコンの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

メニコン転職者の主なキャリアステップ 前職 車、カー用品、ABCマート、ジャパネットなどの小売、日立製作所や化学製品などのメーカーがあげられる。 株式会社メニコンに転職 ...

TOP