メーカー

スバル(SUBARU)への転職。面接ポイントや評判をご紹介

▼下記は、スバルに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからスバルに転職してくるのか
・転職先:スバルからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

  • 主な転職元

    本田技研日産自動車マツダなどの自動車メーカー
    ・フォルシア、タムラ製作所などの電子部品メーカーがあげられる。

  • スバル株式会社

  • 主な転職先

    ダイハツなどの自動車メーカーや沖電気工業、三菱電機などの電機メーカーがあげられる。

スバルの主な転職元・転職先

学歴

学歴は、大学、大学院卒などが在籍している。学歴の幅は広い。

職歴

本田技研日産自動車マツダなどの自動車メーカーやフォルシア、タムラ製作所などの電子部品メーカーがあげられる。

退職後の主な転職先

ダイハツなどの自動車メーカーや沖電気工業、三菱電機などの電機メーカーがあげられる。

レガシィやステラなど、国内外に幅広い車種を生産販売していることで知られるスバル。航空機メーカーに源流を持つ、国内大手自動車8社の一角です。自動車生産以外にも航空機の生産を手掛けており、ヘリコプターの製造販売なども行っています。近年は海外展開に力を入れており、北米を中心に業績拡大中です。
そんなスバルは、事務系の総合職からセキュリティ系のエンジニア、自動車の設計開発など中途採用で幅広い職種を募集しています。多様な経験を生かすことができるため、自動車業界への転職を考えている方にとっては見逃すことのできない企業です。この記事では、スバルへ転職を目指す上で知っておきたい面接傾向や社員の口コミなどを徹底的に紹介していきます。

スバルへの転職を目指すなら「iX転職」を見るべし

・スバルの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
・大手やハイクラスの求人情報を知りたい。
・現職や、特定の企業にばれずに転職活動をしたい。
そんな方に最もおすすめしたいのが、大手やハイクラス求人を豊富に取り扱っていてる人材大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が手がける「iX転職」。
また、まだ転職するつもりはなくても、情報収集として、事前にiX転職をチェックしておくと、目指す業界・職種などの傾向を把握することが可能です。
現職や特定の企業に対し、自分の情報を非公開できるため、設定した企業にばれずに安心して転職を進めたい方にもマッチするサイトです。

この記事でわかること

  • スバルの企業概要
  • スバルの転職ポイント
  • スバルの社風や企業文化

スバルに転職するポイント

スバルの特徴

POINT

  • ・国内大手自動車8社のうちの一角を担う自動車メーカー
  • ・海外売上比率は8割を超えており、北米を中心にシェアを拡大中
  • ・有給休暇の消化率は75%以上で、ワークライフバランスが良いとの声が多数

スバルへ転職するポイント

POINT

  • ・文系から理系まで、70種類を超える求人あり
  • ・理系の職種はエンジニアか技術職の2択が中心
  • ・勤務地は東京本社か、関東の各事業所がメイン

スバルの企業概要

会社名 株式会社SUBARU
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿一丁目20番8号
社長 中村知美
設立 1945年
株式 東証1部
株主構成 トヨタ自動車:20.00%
日本マスタートラスト信託銀行(信託口):7.57%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口):5.33%

スバルの売上

スバルの売上推移

事業年度 2019年 2020年 2021年
売上収益 3,160,514百万円 3,344,109百万円 2,830,210百万円
経常利益 196,239百万円 207,656百万円 113,954百万円

スバルの最新ニュース

スバルの事業内容

1917年に設立された「中島飛行機」にその源流を持つスバル。自動車事業で有名ですが、元々は航空機を開発する会社でした。現在のスバルでは、売上のうち8割が自動車事業、残りの2割が航空宇宙事業によるものとなっています。それぞれの事業内容について、詳しく見ていきましょう。

自動車事業

スバルといえば自動車事業です。業界では独特なメカニズムを持つ自動車を開発することで有名で、1953年の再スタート以降「スバル360」「スバル1000」といったヒット商品を生み出してきました。
その後も、「レガシィ」「インプレッサ」など数々の主力製品を発売。悪路走行と安全性の高さに強みを発揮する車種として、スバルブランドを確立させてきました。近年は、独自の衛生技術を用いた安全運転支援技術である「アイサイト」を開発。最先端の自動車技術を軸に、今後のさらなる事業拡大が見込まれています。

航空宇宙事業

スバルの源流である航空宇宙事業。自動車の影に隠れていてあまり有名ではありませんが、国内の航空宇宙業界で第3位の地位を確立している業界のリーディングカンパニーです。
ボーイング社向けの部品生産が主な収入源となっています。また、防衛省向け航空機の製造や開発、定期整備などを手掛けることも。他にも海上保安庁や警察など、官公庁を中心に高いシェアを誇るため、安定した利益を生み出すことが可能です。感染症流行の影響を受けた2021年には一度売上が落ち込みました。今後、不況の中での立ち直りが期待されています。

スバルの募集要項

事務総合職

スバルは事務総合職から法務、財務など幅広い文系の職種を募集しています。中でも事務総合職は、営業から営業マーケティング、人事やアフターサービス担当など幅広い職種を3〜5年ごとのジョブローテーションで経験する責任のあるポジションです。将来の幹部候補として、事務系の幅広い職種に対する経験を蓄えていきます。

必須な経験・スキル

  • ・製造業での営業、マーケティング、購買、生産管理、アフターサービス、人事の担当経験(いずれか)
  • ・TOEIC600点以上の英語力歓迎

エンジニア

スバルの募集するエンジニアは、アイサイトに用いる画像認識技術やITサービスの構築まで幅広いです。機械学習の最新技術を用いて、自動運転の実現に向け必要な技術の開発研究を行います。文献調査やアルゴリズムの考案、実環境での実証実験など様々な職務を担当し、将来的にはスバル乗車時の死亡事故がゼロとなることが目標です。

必須な経験・スキル

  • ・組み込み機器向けC、C++の開発経験
  • ・ML、CVに必要な最低限の統計、数学の知識
  • ・画像認識等に関連する実務経験があれば歓迎

スバルの転職難易度

スバルの転職難易度は中程度です。スバルでは、非常に多彩な職種の中途採用を募集しています。大手の製造業でここまでの数の求人を出している企業は珍しく、転職を狙っている人にとっては見逃すことのできない企業です。文理問わず、様々な職種の経験を生かすことができます。
どの職種も積極的に中途採用を行っているものの、面接は決して簡単に突破できるわけではありません。特に、なぜ国内の他メーカーではなくスバルを選んだのかについては明確化させておきましょう。油断せずに、手抜かりのない面接対策をしておくことが重要です。

スバルが転職者に求める人物像

スバルが求める人物像として必ずおさえておきたいポイントは3つ。公式サイト上にも記載されている通り、「創造力」「バイタリティー」「コミュニケーション力」が重要です。
スバルは、アイサイトを中心とした様々な最先端の技術を世の中に送り出してきました。今までにないものを新たに生み出す想像力と、最後までやり遂げるバイタリティーは欠かすことができません。周囲とコミュニケーションをとり、パフォーマンスを最大限まで伸ばすことも重要です。
面接対策をする上では、これらの3点をぜひ頭に入れておきましょう。

スバルの転職までの流れ

スバルの選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接

想定選考官:人事部・中堅社員
想定内容:志望理由や、前職をなぜ退職しようと思ったのかなど基本的な内容が中心となります。スバルという会社自体や、自動車業界全体に対する理解を求められることもあるようです。

最終面接

想定選考官:人事・役員
想定内容:1次面接で聞かれた内容をもとに、志望理由などをさらに掘り下げられます。また、入社後のビジョンや実際に担当する業務内容について、企業と応募者の間でミスマッチがないかの確認も行われるようです。

内定

スバルの面接形式

スバルの面接は、1対1で行われることが多いです。中には面接官が複数人いたという情報もありましたが、ほとんどの職種では面接官が1人となっていました。面接時間は30分程度で一般的な長さです。エントリーから内定まではおよそ2週間前後となっています。面接日当日に採否が連絡されることが多いのが特徴的です。

スバルの面接内容

スバルの面接内容は、志望理由など基本的な事柄はもちろん、自動車業界全体に対する理解を問う質問が多いことがポイントです。内定した人からの声でも、「最後まで業界研究をするべき」といった意見が多くありました。
「スバル車について、どのような印象を持っていますか?」「スバルの車種で好きなものはありますか?」といった、スバルに対する興味を確かめるような質問も。多くの自動車メーカーが国内にひしめく中で、なぜスバルへ転職しようと思ったのかを明確化させておくことが必要です。
他にも、応募する職種によっては「今の画像認識技術についてどう思うか」といった専門性を問う質問をされたという情報がありました。自分の経験を生かしつつ、落ち着いて対応していきましょう。

スバルで働いている方の評判・口コミ

開発、在籍3年、男性
個性的な商品を数多く手掛けており、熱心なファンに支えられているなと感じています。開発環境は充実していて、最新の機器などを自由に使えることがメリットです。しかし、企業全体としては意識が古い部分が多く、プロセス自動化に消極的だったりと前時代的な雰囲気も目立ちます。
総合職、在籍21年、男性
入社後様々な職種を経験することができました。総合職といえどもここまで多くの職種を経験できるのは、ジョブローテーションを導入しているスバルならではだと思います。有給休暇の取得率は高い一方で残業が多いです。部署によってはかなりの残業時間になっています。
技術、在籍9年、女性
以前までは年功序列の古い組織体系でしたが、近年は実力主義の風潮が強まっています。まだハイブリッドで評価されていますが、今後徐々に完全な実力主義に近づいていくでしょう。仕事ができる人が多く、そうでない人はあまり馴染めないような雰囲気があるかもしれません。
口コミの要約

会社全体としてはやや保守的で、良くも悪くも安定志向だという声が目立ちました。情報のデジタル化が進む中で未だペーパーワークにこだわっていることに疑問を感じる声も。社内風土の改善が今後の課題です。有給休暇の取得率など、ワークライフバランスについては好意的な意見が複数ありました。

スバルの年収・給与

年収 640.6万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 なし
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 通勤・育児支援・時間外勤務・在宅勤務手当、独身寮、社宅、雇用・労災・健康・厚生年金保険、退職金・住宅預金・住宅支援・企業年金制度、病院、診療所、体育館、コート、研修制度など

スバルでの転職者の出世難易度

スバルでの出世難易度は中程度です。スバルでの出世は、業務報告書の数や研究成果など実績で決まるという情報が多くありました。中途採用の場合、スタート時のポジションや年収がやや抑え気味な一方、出世にはほとんど影響しないようです。
また、学歴や男女の差などもあまり関係ありません。実力主義の方針が社内にも浸透してきているようで、ほとんどの社員が平等に評価されています。
一方、所属する部署によって出世が早い、遅いの差があるようです。中途社員でも管理職まで出世している人は複数いるため、スバルでの入社を狙うのであれば着実に仕事で成果を上げていくことが重要です。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 500万円
30代中盤 主任 700万円
30代後半 なし 900万円
40代前半 係長 900万円
40代後半 次長 1,400万円
50代前半 担当部長 1,700万円

スバルはどんな人が働いている?

スバルの従業員数

35,034人(連結)

スバルの平均年齢

38.4歳

スバルの平均勤続年数

15.8年

スバルの社風

良くも悪くも、戦前時代の社風を現在まで受け継いでいるようです。
職人気質の風土があり、現場至上主義で回っている会社だという声が複数見られました。経営陣の判断に疑問を持つ社員もおり、社内の風通しの改善が求められています。一方技術職を中心に、現場に開発環境が整っており仕事がしやすいという声も見られました。
また、新しいことに手を出したがらない保守的な社風があるようです。現状を変えようという意識はある一方で、なかなかボトムアップの意見が採用されることがありません。新しいことに多くチャレンジしたいというタイプの人よりも、安定志向の人に向いている社風といえるでしょう。

スバルのワークライフバランス

副業可否 不可
勤務時間 9:00〜18:00
休日 完全週休2日制
その他の休日・休暇 年間休日121日、GW、年末年始、夏季休暇、有給休暇、特別休暇、慶弔休暇
平均残業時間 28.7時間(月)
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

スバルの社長

中村 知美

1959年生まれ。1982年に慶應義塾大学法学部を卒業後、同年富士重工業(現スバル)へ入社。2004年よりスバル国内営業本部マーケティング推進部長を務め、2006年国内営業本部営業第一部長。2011年より執行役員に就任し、スバルグローバルマーケティング副本部長などを歴任。2018年、代表取締役社長兼CEOに就任。

スバル現職、OB/OGの有名人

竹中 恭二

スバルの元社長。1946年生まれ。大阪市立大学工学部を卒業後、富士重工業へ入社。1988年より商品企画室担当部長。要職を歴任後、2001年から富士重工業代表取締役社長兼COO。2006年にはゼネラルモーターズとの提携解消を行った。同年相談役。スバル・プレオの開発などを指揮、統括した。

大原 栄一

スバルの元社長。1912年生まれ。東京帝国大学経済学部を卒業後、日本興業銀行へ入社。1957年より復興金融金庫。1962年、日本興業銀行の取締役常務。1963年より富士重工業の副社長へ転じ、1970年より同社の社長。三菱重工業などとの提携破棄や日産自動車との提携を強化するなど、自動車業界再編を推し進めた。1998年没。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声が分からない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

スバルの転職に関わるQ&A


基本的に産休育休など、多様な働き方に対応するための各種制度は整っているようです。それを積極的に利用しようとする社内の雰囲気もあり、名実ともに女性にとっても働きやすい環境であると言えるでしょう。一方、製造系の職種は力仕事の側面があり女性社員が少ないようです。職種によって、いくらか差があるようです。

スバルの平均年収である640万円は国内の同規模自動車メーカーとしては標準的な水準です。最大手などと比べると見劣りしますが、まずまずの水準と言えるでしょう。評価制度は、まず担当から主任、S1〜S4まで順番に出世していきます。その後、課長昇進の試験を通過するとさらに上の主幹、部長、役員となります。課長までは給料が大きく上がるとい
うことはないため、課長昇進の試験を突破できるかどうかが年収に大きく影響します。

スバルへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

スバルの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
募集要項以外にも、企業メッセージをはじめ有益な情報が掲載されているため、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、公式サイトからの応募の場合、どうしても時間がかかってしまう傾向があります。
できるだけ時間をかけずに転職したい場合や公式サイトに載っていないような求人を見てみたいという方は、転職サイトの活用がおすすめです。

自動車メーカーの募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してスバルに転職するなら、競合他社の募集要項も比較できる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空いた時間に転職活動できる手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件の確認から応募までが早い

転職サイトは、空いた時間に転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、求人案件が豊富であり、案件確認から応募までがスピーディーに行えます。
できるだけ素早く転職をしたい方やまずは企業を比較したい方は、転職サイトを活用すると良いでしょう。
ただし、転職サイトから応募した場合は、転職活動を全て自身で進めることになるため、転職難易度は比較的高くなります。

競合他社の募集要項と比較したいなら「iX転職」

iX転職には自動車メーカーなどの競合他社の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールの自動車メーカーの平均年収は、900万円~1,200万円となっており、ほかの転職サイトよりも比較的高くなっています。
また、iX転職は表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
「自身が活躍できる企業がどれほどあるのか」や「企業ごとで募集要項はどんな風に変わるのか」などを知りたい方は、まずはiX転職に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

あなたがスバルに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

オリンパスの転職難易度は?年収や口コミなどを解説

▼下記は、オリンパスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからオリンパスに転職してくるのか ・転職先:オリンパスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

パナソニックの転職難易度は?面接内容や年収について徹底調査!

▼下記は、パナソニックに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからパナソニックに転職してくるのか ・転職先:パナソニックからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

日本ロレアルへ転職するべき?評判や年収などについて解説

日本ロレアル転職者の主なキャリアステップ ...

ホシザキへの転職は大変?年収や口コミなどを解説

▼下記は、ホシザキに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからホシザキに転職してくるのか ・転職先:ホシザキからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン...

住友化学の転職難易度は?年収や口コミなどを解説

▼下記は、住友化学に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから住友化学に転職してくるのか ・転職先:住友化学からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

コカ・コーラの転職事情。面接内容や口コミなど解説

▼下記は、コカ・コーラに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからコカ・コーラに転職してくるのか ・転職先:コカ・コーラからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

理想科学工業の転職難易度は高い?口コミや年収などを解説

▼下記は、理想科学工業に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから理想科学工業に転職してくるのか ・転職先:理想科学工業からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

コスモス薬品への転職。平均年収・出世難易度や評判を徹底解説

▼下記は、コスモス薬品に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからコスモス薬品に転職してくるのか ・転職先:コスモス薬品からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

クボタの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、クボタに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからクボタに転職してくるのか ・転職先:クボタからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

任天堂への転職はおすすめ?評判や学歴、年収について解説

任天堂転職者の主なキャリアステップ ...

TOP