WEB・アプリサービス

マネーフォワードへ転職するには?年収・面接回数・口コミも併せてご紹介!

▼下記は、マネーフォワードに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからマネーフォワードに転職してくるのか
・転職先:マネーフォワードからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

マネーフォワードの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、大学卒業や大学院卒業など、幅広い大学出身者が在籍しています。

職歴

マネーフォワード在籍者の職歴は、リクルートグループ楽天などのWEB系事業会社サイバーエージェントなどのWEB系代理店が挙げられます。

退職後の主な転職先

マネーフォワードからの転職先として、楽天LINEなどのWEB系事業会社へ転職しています。

株式会社マネーフォワードは「マネーフォワード ME」や「しらたま」など、お金の管理に関するサービスの開発・運営している転職者に人気の企業です。
企業理念「User Focus」を掲げており、常にユーザー目線で考えることを重視、ユーザーの想像を超えるソリューションを提供します。
本社を東京都港区芝浦に構えており、そのほかにも北海道や東北、東海、京都などにも支社があります。
総従業員数は540人です。
マネーフォワードは年々業績は向上しておりさらなる企業拡大のため、新卒や中途問わずさまざまな職種で積極的に採用を行っています。

初めての転職でマネーフォワードを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

マネーフォワードの年収や面接回数、口コミなども気になるけど、まずはどんな求人が募集されているのか知りたいという肩は、ビズリーチなどの転職サイトで掲載されている求人情報をチェックしてみましょう。
ビズリーチでは、ミドル~ハイクラスの求人を豊富に扱っているため、転職先がまだ定まっていないという方は、ここで一度比較しておくことをおすすめします。
転職エージェントを活用する場合でも、情報収集として事前にビズリーチをチェックしておくことで、転職活動をスムーズに進めることができるでしょう。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • グノシーの企業概要
  • グノシーの転職ポイント
  • グノシーの社風や企業文化

マネーフォワード転職するポイント

マネーフォワードの特徴

POINT

  • ・「お金」に関して徹底的に向き合い可能性を広げるサービスの提供
  • ・多様な勤務制度を導入、ライフスタイルに合わせて柔軟な働き方ができる
  • ・産休や育休などの福利厚生が充実しているので女性でも働きやすい

マネーフォワードへ転職するポイント

POINT

  • ・チームワークを大切にして働いてきたことをアピールする
  • ・UXデザインやUIデザインの経験があると優遇される傾向がある
  • ・面接ではマネーフォワードのMission・Vision・Valieへの共感が重視される

マネーフォワードの企業概要

会社名 株式会社マネーフォワード
本社所在地 東京都港区芝浦3-1-21
msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F
社長 辻 庸介
設立 2012年5月
株式 上場(マザーズ)
株主構成 辻庸介(17.33%)
浅野千尋(6.42%)
市川貴志(6.05%)

マネーフォワードの売上

マネーフォワード 売上グラフ

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 2,899,548千円 4,594,789千円 7,156,784千円
経常利益 -834,315千円 -824,374千円 -2,567,457千円

マネーフォワードの最新ニュース

マネーフォワードの事業内容

家計簿アプリ事業

お金に関するさまざまなサービスを開発・運営を行っています。
目玉サービスといえる「マネーフォワードME」は自動家計簿サービスで、誰でも簡単に家計簿をつけることができるアプリです。
効率化を重視していて誰でも使いやすいように設計、利用している銀行やクレジットカードなどすべてまとめて家計簿に自動作成してくれる便利アプリで、利用者数は900万人を突破している人気のサービスです。
そのほかにも自動貯金アプリの「しらたま」のサービスも行っています。
「日々の生活をもっと楽しく、ちょっとだけ贅沢に」をコンセプトに「おつり貯金」と「つみたて貯金」の2つができます。
どちらもあまり節約しているという感覚にはならず、無理のない程度で貯金ができるので長続きできる貯金方法です。
しらたまは2017年リリースされ、現在では貯金総額5億円突破するほどで利用者が多くいる人気のアプリです。
収益構造としては、プレミアム会員の月課金収入と広告収入が中心で、マネーフォワードグループのメインの収入源となっています。

メディア事業

マネーフォワードが運営している「MONEY PLUS」は、今までお金のことを意識してこなかった人やあまり興味なかった人に向けて、日々の暮らしや人生を豊かにする情報を伝える暮らしの経済メディアです。
投資や貯蓄のノウハウだけではなく、万が一のための保険、妊娠や出産時に活用できる制度、家を買うために必要な住宅ローン、将来設計に必要な投資や資産運用など、ライフステージに必要なお金の情報について幅広いテーマを扱って発信しています。
MONEY PLUSを読むことによってマネーリテラシーを向上し、お金への意識を醸成します。

ECモール事業

金融商品・サービスのECモール「Money Forward Mall」の運営も行っています。
クレジットカードや証券口座などのあらゆる金融商品・サービスを取り扱っていて、テーマや目的に応じて見つけることができます。
「金融商品の知識がなく購入することがためらっている」や「同じような商品があり違いがよく分からない」、「自分と似た環境の人がどんな商品を選んでいるのか知りたい」など、そういった方に人気のサービスとなっています。サービス開始の2018年以降順調にユーザー数を伸ばしています。

マネーフォワードの転職の募集要項

UIデザイナー(マネーフォワードクラウド)

主にWebサービスのUXデザインおよびUIデザインを担当しますが、マネーフォワードが提供する「マネーフォワード クラウド」のデザイン全般に関わり、ユーザーの本質的な課題解決を行います。
業務管理ツールには顧客管理、プロジェクト管理、収益分析、請求管理などさまざまな要素を含んでいます。
できる方を募集しています。
職種にかかわらず仕様の検討やお客様からのフィードバックを受けての改善検討をチーム全体で進めるため、デザイン以外の仕事にも関わることがあります。

必須な経験・スキル

  • ・WebサービスのUXデザイン、UIデザインの経験
  • ・ユーザー調査や評価に対する知見
  • ・プロトタイピングスキル

フィールドセールス(営業マネージャー)

モバイルアプリとオートメーションによって、経費精算・ワークフロー・請求書処理を効率化できる第3世代の経費精算システム「マネーフォワード クラウド経費」をより多くの企業に導入してもらうための活動を行います。
経費精算システムの売上拡大と組織拡大に向けたマネジメント業務もあります。
この業種にはフレックスタイムが導入されているので、自身の都合に合わせて出勤することが可能です。

必須な経験・スキル

  • ・SaaS業界(BtoB)でのフィールドセールスの経験
  • ・チームマネジメント経験
  • ・チームビルディング、新規事業立ち上げ経験

マネーフォワードの転職難易度

マネーフォワードの転職難易度は高いです。
しかし、現在事業拡大のため積極的に採用を行っていますので、転職するなら今がチャンスといえます。
売上も年々伸ばしている会社であり、応募枠も多くなってきています。
しかし、転職者の場合はある程度の経験とスキルを問われるでしょう。
前職でWebアプリケーションの開発・運用、UIデザインの経験、チームマネジメントの経験などマネーフォワードで求められている経験やスキルがある場合は具体的に何をどうしたのかを分かりやすく伝えると良いでしょう。
自分から提案し新しい仕事を作っていける積極性がある人材は、採用されやすい傾向がありますので、自身の人柄と一緒にアピールしましょう。

マネーフォワードが転職者に求める人物像

マネーフォワードの業務は一人で作業することはほとんどなく、チーム一丸となって業務を行っていきます。
よってチームワークを何よりも大切にしていて、仕事に対して真摯に向き合える人材を求めています。
さらにユーザー目線に立っていかにユーザーの役に立てるか、ユーザーを一番に考えサービスを作れるという人材も求めています。
向上心を持っているのはもちろんのこと、事業に関する数字を意識して働けるかどうかも鍵となります。
また、技術的好奇心がある人材も好まれるでしょう。

マネーフォワードの転職までの流れ

マネーフォワードの選考フロー

書類・エントリーシート提出

これまでの経験やスキルからマネーフォワードに相応しい人材かどうか判断されます。

1~2次面接

想定選考官:人事
面接は1~3回ほど行われます。
今までにどんな実践を残したかではなく、今までの経験からどんなことを感じ学んできたか、という思考性の部分を見られます。

最終選考

なぜマネーフォワードを選んだのか、将来どんなビジネスマンになりたいかなど具体的な理由を求められます。

マネーフォワードの面接形式

面接はほとんどの場合1対1で行われます。
面接回数は2~4回程度です。
1回につき30分程度となります。

マネーフォワードの面接内容

まず書類選考ではこれまで経験してきた業務や、これから何に取り組みたいかというところを見られます。
対外的な情報発信をされているのかというところが大きなポイントです。
業務以外にも主体的に勉強したり、学んだことを情報発信したりしていると評価は高いでしょう。
書類選考ではこれまでの仕事に対する思いや今現在興味があること、今後どういうことに挑戦したいかを書くと志向性を理解してもらいやすくなります。
一次~最終面接ではマネーフォワードのミッションやビジョン、行動方針に共感しているかという点を主に見られます。
また、自分がユーザーに対して何を成し遂げたいのかという想いや姿勢が明確に伝えるのが大事なポイントになります。
圧迫面接などはなく、応募者が自分の想いを最大限に伝えられるような雰囲気を作ってくれます。
スキルが高いことはもちろんのこと、最終的にその人のことを「一緒に働きたいか」と思えるかどうかで判断を下します。

企業名マネーフォワードで働いている方の評判・口コミ

営業、在籍3~5年、男性
やりたい業務は手を上げればやらせてもらえるところはベンチャー企業らしいですね。指示待ちをしているのではなく、自分で積極的に動いていきたい人には適している環境だと思います。個人プレーではなくチームプレーを重視している人が多いので、一人一人が主体的に業務に取り組んでいます。みんなコミュニケーション能力にも優れていると感じている。社内の雰囲気はとても過ごしやすいと思います。全体的にモチベーションは高めですが、殺伐としているというわけでもなく、みんな程良くやる気があるという感じです。
営業、在籍1~3年、女性
福利厚生に婦人科検診やベビーシッター、家事代行、産休・育休などがありとても充実しているので女性の人でも働きやすい会社です。現に現役で活躍している女性は多く、お子さんがいる方でもバリバリ働いています。男性のみならず、女性でも長く働くことができると思います。
エンジニア、在籍3~5年、男性
さまざまなタイプが在籍していて、一丸となって業務に取り組んでいます。アーキテクチャやインフラへの造詣が深いエンジニア、言語やフレームワークにコミットしているエンジニアなど、そういった人と一緒に働けるので日々スキルアップしていきます。日々議論することでとても刺激的なので新たな可能性を広げることができます。
口コミの要約

マネーフォワードではやりがいをもって働いている人が多くいます。
「ユーザー目線で働く」という企業理念が浸透していることもあり、ユーザー第一で考えている人が多いです。
ユーザーの役に立てることが何よりのモチベーションになっている方も多い印象でした。
さらにマネーフォワードは福利厚生が充実しているので、女性の方でも働きやすい環境が整っています。
また、やりたいことはやらせてくれる企業なので、自分で積極的に業務をこなしたい人には向いている会社でしょう。

マネーフォワードの年収・給与

年収 612万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り(上限15万円)
住宅手当 有り(最大2万円)
福利厚生 書籍購入補助、オンライン英会話スクール割引、介護アシストなど

マネーフォワードでの転職者の出世難易度

マネーフォワードでの転職者の出世難易度は高いでしょう。
しかし、自ら進んで仕事に取り組み、会社のためユーザーのために働ける人は出世できる可能性は十分にあるでしょう。
プロパーや女性というのは関係なく、全員平等に差別なく評価してもらえますので、働き方次第では誰でも出世することは可能です。
さらに実力よりも大きな仕事を任せてもらいやすいので、成果をアピールしやすい会社でしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 700万円
30代前半 なし 700万円
30代中盤 なし 700万円
30代後半 部長 700万円
40代前半 本部長 1,000万円

マネーフォワードはどんな人が働いている?

マネーフォワードの従業員数

540人

マネーフォワードの平均年齢

32.6歳

マネーフォワードの平均勤続年数

1.5

マネーフォワードの社風

マネーフォワードは風通しの良い社風です。
昔からある会社によく見られる年功序列や強い上下関係というのはほとんどなく、フラットな職場であることが特徴です。
打ち合わせの場でも役職に関係なく活発に議論が行われ、お互いの意見を尊重し合う文化が根付いています。
マネーフォワードはユーザー目線で仕事に取り組むことを重視しており、上司の顔を見て発言するのではなく、常に「ユーザーが喜ぶにはどうすべきか」を優先して仕事を進めています。

マネーフォワードのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:30~18:30
休日 土日・祝日
その他の休日・休暇 年末年始休暇、年次有給休暇、夏季休暇、慶弔休暇
平均残業時間 月40時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 裁量労働制を選択可能

マネーフォワードの社長

辻 庸介

京都大学農学部を卒業後、ソニー株式会社に入社。
その後マネックス証券株式会社を経て2012年に株式会社マネーフォワード設立。
ソニーではビジネスマンとしての基本を学び、起業前はずっと「インターネット」と「お金」のビジネスについて常に考え、その後、インターネットの力を有効活用すればお金に関する不安を減らすことができる方法を思いつく。
その思いから2012年に株式会社マネーフォワードを設立し、「マネーフォワード ME」や「しらたま」などのサービスを開発・運営を始める。

マネーフォワード現職、OB/OGの有名人

瀧 俊雄

取締役執行役員でありマネーフォワードの研究所長。
慶應義塾大学経済学部を卒業後した後、野村證券株式会社に入社。
野村資本市場研究所で、家計行動や年金制度といったものの研究業務に従事。
その後マネーフォワードの設立に参画し、今日まで事業を牽引しています。

マネーフォワードの転職に関わるQ&A


マネーフォワードはベンチャー企業でありながら数多くの福利厚生があり、従業員の働きやすさ向上にも努めています。
例えば「リラクゼーション」という福利厚生があり、こちらはRefresh Areaにてストレッチやネイルケアを受けることができるというものです。
ほかにも家事代行サービスを初回費用割引で利用することができたり、介護アシストサービスを利用することができたり、数々の福利厚生制度があります。
また、マネーフォワードでは男女問わず育児休暇も取ることが可能です。
子供や家族を大切にしている人が多い会社でもあります。

マネーフォワードは「User Focus」という企業理念があります。
いかなる制約があったとしてもユーザーを常に見続けて、課題を解決することを優先するというものです。
転職者にもこの企業理念に共感できるかどうかが問われてきます。
「お金を前へ。人生をもっと前へ。」という理念もあり、お金に関するサービスを提供することによってユーザーの人生を豊かにすることを目指しています。

マネーフォワードへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

マネーフォワードの公式サイトにある採用情報ページから応募が可能です。
求人情報をはじめ、企業からのメッセージやブログ、企業ミッションなどが掲載されています。
ただし、求人情報量はそれほど多くないため、もっと具体的な募集内容が知りたい場合や、公式サイトに載っていないような求人に応募してみたい場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富な求人の中から希望ポジションを探すなら「転職サイト」

転職サイトを活用してマネーフォワードへの転職を目指すなら、取り扱っている企業数が豊富であり、ミドル~ハイクラスの求人を豊富に扱っている「ビズリーチ」がベスト。
ビズリーチでは担当するアドバイザーの評価をチェックできるため、自分に合った担当者を探すことが可能です。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つ。
・案件数の圧倒的な多さ
・自分のペースで転職を進められる気軽さ
・応募までのスピード感

豊富な職種や企業の中から自分が希望するポジションを探したい方や、エージェントとのスケジュール調整がなかなかできない方には、転職サイトの活用がおすすめです。
また、最近では本格的に転職エージェントを活用する前の下調べに転職サイトを利用する人も多く、マネーフォワードの募集要項や必須スキルなどをざっくり知りたい人は事前にチェックしてみると良いでしょう。

ビズリーチでは比較的年収が高く、年収相談も可能!

ビズリーチに掲載されている公開求人を見ると、マネージャーやマーケターなど、幅広いポジションで求人募集がされています。

※画像はイメージです。時期によって掲載内容が異なります。

ミドル~ハイクラスをメイン層としているビズリーチだけあって、提示されている年収も比較的高く、求人によっては年収交渉が可能となっています。
また、ビズリーチは転職サイトの中でも比較的非公開求人が多い傾向があり、キャリアアドバイザーに相談すれば公開されているもの以外の案件を紹介してもらえる可能性があります。
ただし、転職サイトから応募した場合、「企業が求めているスキルや人物像」が具体的に分からなかったり、マネーフォワードの社内事情に精通しているキャリアアドバイザーはつかないため、その結果として経歴やスキルで落とされる可能性も高くなります。
より確実性を重視するのであれば転職エージェントを利用するのがおすすめ。

転職成功率を高め、幅広いサポートをしてもらうなら「転職エージェント」

転職エージェント活用してマネーフォワードへの転職を目指すなら、転職支援実績を多く持っている「JACリクルートメント」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは大きく3つ。
・キャリアプランや給与交渉などを含む幅広いサポート
・本人のスキルや希望条件との高いマッチング率
・非公開求人が比較的多い

マネーフォワードはハイクラス転職の中では人気の高い企業で、当然その競争率も高くなる傾向があります。
「通過率はどれくらいあるのか」や「自分の理想としている転職先か」など、キャリアコンサルタントに相談することで解消できる可能性があるでしょう。
マネーフォワードへの転職成功率を可能な限り上げたいのであれば、転職エージェントを活用するのが確実といえます。

JACリクルートメントではエンジニア職の案件多数!

JACリクルートメントは基本的に企業名が伏せられている案件が多いですが、ハイクラス求人を豊富に掲載されています。

※画像はイメージです。時期によって掲載内容が異なります。

JACリクルートメントは、いろんな企業や業界を熟知しており、専門性に特化しているキャリアコンサルタントが650名ほど在籍しています。
また、転職支援実績が43万人以上であり、利用者満足度は90%超えている転職エージェントなので、より確実な転職活動を目指すなら、JACリクルートメントがベストといえるでしょう。

あなたがマネーフォワードに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

ユーザベースへ転職したい方必見。転職難易度や福利厚生についてご紹介

  ▼下記は、ユーザベースに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからユーザベースに転職してくるのか ・転職先:ユーザベースからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

ゼンリンの転職情報を解説!難易度や口コミなどをご紹介!

▼下記は、ゼンリンに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからゼンリンに転職してくるのか ・転職先:ゼンリンからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン...

Twitter Japanへの転職。年収や仕事内容について解説

  ▼下記は、Twitter Japanに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからTwitter Japanに転職してくるのか ・転職先:Twitter Japanからどこへ転職するのか ...

アマゾン(Amazon)への転職!評判や転職のポイントを解説

  ▼下記は、アマゾンジャパンに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアマゾンジャパンに転職してくるのか ・転職先:アマゾンジャパンからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来...

Zoom(ZVC JAPAN)への転職。年収や評判について解説

Zoomはアメリカのソフトウェア開発企業です。 クラウドプラットフォームを使用したマルチデバイス対応のビデオ会議やオンライン会議、モバイルコラボレーションを組み合わせてWeb上でのコミュニケーションソフトウェアを提供しています...

ベクトルへの転職は難しい?年収や激務の噂についてを徹底調査

  ▼下記は、ベクトルに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからベクトルに転職してくるのか ・転職先:ベクトルからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

リクルート住まいカンパニーへの転職。難易度や年収などを公開

  ▼下記は、リクルート住まいカンパニーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからリクルート住まいカンパニーに転職してくるのか ・転職先:リクルート住まいカンパニーからどこへ転職するのか ...

メドレーの転職はおすすめ?転職難易度や年収などを調査!

▼下記は、メドレーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからメドレーに転職してくるのか ・転職先:メドレーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

Huluへの転職はおすすめ?年収や評判について解説

  ▼下記は、Huluに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからHuluに転職してくるのか ・転職先:Huluからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

AbemaTVの転職情報。転職難易度や口コミなどを解説

▼下記は、AbemaTVに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからAbemaTVに転職してくるのか ・転職先:AbemaTVからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せる...

TOP