人材

リクルートジョブズへ転職するべき?年収や難易度について解説

 
▼下記は、リクルートジョブズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからリクルートジョブズに転職してくるのか
・転職先:リクルートジョブズからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

  • 主な転職元

    ・業種を問わず幅広い

  • リクルートジョブズ
  • 主な転職先

    ・大手総合代理店
    楽天
    DeNA
    WEB系事業会社

リクルートジョブズの主な転職元・転職先

学歴高卒・短大・専門~大学院卒まで幅広い大学の出身者が在籍しています。面接の際には学歴はあまり重視されない傾向があります。

職歴リクルートジョブズの職歴は、業種を問わず幅広い出身者が在籍しています。

退職後の主な転職先退職後の主な転職先としては、主に大手総合代理店や楽天DeNAなどのWEB系事業会社などが挙げられます。

リクルートジョブズはリクルートホールディングスの子会社で、「タウンワーク」など勤務地を重視した求人サービスを運営し、数多くの転職者を導いています。
本社は東京都中央区銀座に構え、従業員数は1,603名です。
昭和58年に設立されてから、求人サービスとしてトップを走り、売上を伸ばしてきました。
リクルートジョブズはさらなる成長を遂げるため、現在、企画職やプロジェクトマネージャーなど、各職種で人材を募集しています。

初めての転職でリクルートジョブズを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

リクルートジョブズの年収や転職難易度も大切だけど、どのような求人が募集されているかとりあえず目を通しておきたいという方は、ビズリーチなどの転職サイトで掲載求人など情報収集してみましょう。
リクルートジョブズの以外にも競合他社・同業他社の求人が多数掲載されています。
豊富な求人案件とハイクラス求人が多く掲載されているという特徴を持つビズリーチは、転職先がまだ定まっておらず企業の募集内容を比較したいという方にはおすすめの転職サイトといえます。
転職エージェントを活用する場合でも、情報収集として事前にチェックしておくことが、転職活動をスムーズに進めるためのポイントです。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • リクルートジョブズの企業概要
  • リクルートジョブズの転職ポイント
  • リクルートジョブズの社風や企業文化

リクルートジョブズ転職するポイント

リクルートジョブズの特徴

POINT

  • ・「リクルートホールディングス」の子会社
  • ・「タウンワーク」など、勤務地を重視する転職者に向けた求人サービスを提供
  • ・「ジョブオプ採用管理」など、人材採用を行う企業向けのサービスも展開

リクルートジョブズへ転職するポイント

POINT

  • ・面接では「それはなぜ?」と深堀されることが多いため、徹底した自己分析が必須
  • ・プロジェクトを自分が主導となって進めた経験が高く評価される
  • ・「地域活性化」や「その地域に根ざした事業」への興味関心が求められる

リクルートジョブズの企業概要

会社名 株式会社リクルートジョブズ
本社所在地 東京都中央区銀座7-3-5 ヒューリック銀座7丁目ビル(リクルートGINZA7ビル)
社長 葛原 孝司
設立 昭和58年9月14日
株式 非上場
株主構成 リクルートホールディングス(100%)

リクルートジョブズの売上

recruitjobs

リクルートジョブズは非上場企業のため、リクルートホールディングスの売り上げを掲載しております。

リクルートの売上推移

 

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 1,941,922百万円 2,173,385百万円 2,310,756百万円
経常利益 198,929百万円 199,228百万円 239,814百万円

リクルートジョブズの最新ニュース

リクルートジョブズの事業内容

タウンワーク

リクルートジョブズが運営するタウンワークは、「家の近くで働きたい」「将来はあの町で働きたい」など、勤務地を重視したい転職者を対象とした求人サイトです。
正社員だけでなく契約やバイトなどさまざまな雇用形態の求人が掲載されています。
全国どこからでも求人情報に応募可能なほか、アプリ版も存在し、iosやAndoroidの両OSに対応しているので、ちょっとした時間に転職活動することが可能です。
またフリーペーパーも発行しており、こちらでもその地域に合わせた求人を掲載しています。

from A navi

from A naviはアルバイトやパート専門の求人サイトで、子育てしながら働くお母さんなどから人気の求人媒体です。
業種や勤務地、待遇条件などから絞り込んで検索し、自分にマッチングする仕事を探せます。
大企業から個人経営まで幅広く掲載されており、24時間いつでも応募可能です。
また、希望条件を登録しておくと、メールからおすすめの求人情報が届くことがあります。
from A naviのアプリ版はすぐにサイトにアクセスができるので、子育てで忙しい方も利用しやすいようになっています。

とらばーゆ

とらばーゆは女性専門の転職サポートサイトです。
求人情報は月曜日と木曜日の週2回更新され、自分の希望条件で求人情報を検索できるほか、「先輩転職者の仕事探し体験談」や「面接のポイント」など転職に役立つ様々な情報が得られます。
また、全てのサービスは無料で、会員登録をしておくと、気になる求人情報の保存など、便利機能が使用できるようになります。
産休や育休が取りやすい企業の求人もたくさんあり、女性からの評価が非常に高いサービスとなっています。

ジョブオプ採用管理

ジョブオプは企業向けの採用管理システムです。
ジョフオブでは、HTMLなどの知識がない人でも採用ホームページの作成、デザインのカスタマイズ、職種の検索機能の付与などを、簡単に行えます。
また、サイトの作成だけでなく、応募者情報を一括管理も可能で、応募者のステータスが1つの画面で分かり、精密に情報把握ができます。
更に、転職者に面接日時の通知を自動で送れるため、転職者への対応漏れを防止できます。

リクルートジョブズの転職の募集要項

開発プロジェクトマネージャー

開発プロジェクトマネージャーは求人サイト「タウンワーク」などのメディアに関する複数PJのマネジメント業務を遂行します。
全社を見渡した上で、不確実性が高い上流フェーズをマネジメントし、IT投資効率を向上していくのがミッションです。
各事業の要望、必須業務の優先付け、プロジェクトの企画から開発工数の管理や、サービス向上に向けた各事業の分析及びコスト管理など、幅広くこなす必要があります。
社内のさまざまなステークホルダーを巻き込みながら推進できるような人は採用されやすい傾向があります。

必須な経験・スキル

  • ・事業会社の上流から下流工程を一貫したプロジェクトマネジメント経験
  • ・ITコンサルと側で事業会社のサービス開発の経験

企画総合職

企画総合職では主に、事業戦略における意思決定のサポートやマーケット動向の予測に基づく事業戦略の構築、投資計画の策定など行います。
また、クライアントの課題に対して、社内外のあらゆるサービスを駆使し、ソリューションの企提案も行います。
新規事業の戦略立案から実行を担当や各部門と連携し市場分析、売上に直結する重要なポジションです。
世の中の「不」を解消し、新しい価値創造をするチャレンジ精神をもっている方や、自分の意思を強く有し、当事者意識を持って業務遂行できる方はうまくアピールすることで面接で有利になります。

必須な経験・スキル

  • ・提供営業または採用関連業務の経験
  • ・営業企画や商品企画、マーケティングなどの経験
  • ・コンサルティング会社での業務経験

プロダクトマネージャー

プロダクトマネージャーは「ジョブオプ採用管理」や「ジョブオブLite」など、企業向け業務支援ツールの開発や機能追加を推進します。
企画から商品設計まで全て関わる、上流から下流まで経験できる貴重なポジションです。ツールへ新しい機能を追加し、利便性を向上させることを目指します。
業務支援のプロダクトはリクルートグループ全体で注力している領域です。
事業を動かしたい方や抽象的な課題に粘り強く取り組むことができる方にはおすすめの業種となっています。

必須な経験・スキル

  • 必須な経験・スキルなし
  • ※以下の経験があると歓迎されます。
  • ・大規模Webサービスのプロダクトマネジメント経験
  • ・ITコンサルタント、Slerでの業務設計~システム要件定義経験
  • ・各メーカーでの企画や商品開発経験
  • ・戦略、事業コンサルタントでのリサーチや事業戦略術策

リクルートジョブズの転職難易度

リクルートジョブズの転職難易度は非常に高いです。
リクルートジョブズは、リクルートの子会社で業績が好調であり、転職先として非常に人気の高い企業となっています。
また、リクルートジョブズのさらなる飛躍のためには優秀な人材を求めていることもあり、選考難易度は必然的に上がるでしょう。
面接では「それはなぜ?」とかなり突っ込まれることが多く、高いコミュニケーション能力、論理的思考力がないと突破は難しいかもしれません。
回答の辻褄が合わないと容赦なく落とされるということもあります。
前職までの経験を元に「リクルートジョブズに入社して何ができるのか」を明確にし、面接でしっかりアピールすることが肝心です。

リクルートジョブズが転職者に求める人物像

リクルートジョブズは「仕事を通じて成長したい方」や「自分のスキルを高めていきたい方」など、意欲的人材を求めています。
3年後、5年後、自分がどうなっていたいのか、どのポジションに就きたいのかを明確にするのが大切です。
また、周囲を巻き込むリーダーシップ性がある方も歓迎されます。
前職で自分が主導となって進めたプロジェクトがあればアピールしましょう。
そのほかに、社会に影響を与えたいと思っている方や、地域活性化に貢献したい方も好まれます。
リクルートジョブズはサイトの傾向上、その地域の特徴を掴んだプロジェクトを行う必要があるからです。

リクルートジョブズの転職までの流れ

リクルートジョブズの選考フロー

書類・エントリーシート提出

1~2次面接

想定選考官:希望勤務地のグループのマネージャー
志望動機などの基本的な質問をされます。

最終選考

想定選考官:配属先部署の部長・役員
これまでの面接で聞かれたことを深堀され、改めてリクルートジョブズとマッチしているかを判断されます。
仕事内容について気になることがあれば逆質問時に聞くことが可能です。

リクルートジョブズの面接形式

面接はほとんどの場合1対1で行われます。
面接回数は2~3回程度です。
1回につき30分程度となります。

リクルートジョブズの面接内容

リクルートジョブズは特段変わった質問はされることはなく、「入社して何をしたいか」「3年後、5年後どうありたいか」など基本的なことが聞かれます。
注意すべきは「友達からどう思われているか」と質問される人が多い点です。
質問の応答と実際のその人のイメージが食い違っていた場合、突っ込まれる可能性があります。
また、1つの質問に対して『なぜ?』と深堀されます。
そのため、自己分析を深く行っておかないと、選考通過は厳しいでしょう。
ただ、面接自体はフランクで話しやすい雰囲気です。
気負いすぎる必要はなく、笑顔を忘れずに楽しく会話するイメージで挑みましょう。

企業名リクルートジョブズで働いている方の評判・口コミ

企画、在籍1~3年、男性仕事の目的について納得できるまで議論しあう文化があります。上長にも遠慮なく意見をぶつける人が多く、やりがいを持って仕事にあたることができます。自分がしたいことは、発信すればやって良いといわれる環境があるので、自分次第でキャリアの幅を広げられる企業だと思います。

マーケティング、在籍3~5年、男性
とにかく何でも面白く楽しんでやろうとするスタンスがあります。在籍している社員はイベントが好きな人が多く、イベントが開催されれば定期的にコミュニケーションを取っています。売上目標達成が厳しい時期でも、みんなで盛り上げて乗り越えようとする雰囲気があるので、頑張ろうという気になれます。また、好成績を収めた人は表彰されるのでモチベーションも上がっていくでしょう。
営業、在籍3~5年、女性
男女平等に評価されるので女性でも働きやすい環境があると思います。役職に就いている女性はたくさんいます。また、産休や育休を取得しやすい環境が整っているので、産休や育休が取りやすいでしょう。復帰後も自身の状態に合わせて仕事をさせてもらえるので、安心して復帰することができると思います。

口コミの要約

リクルートジョブズの口コミからは、仕事を楽しんでやるというスタンスで、和気藹々とした雰囲気であることが伝わってきます。また、自分がやりたいと思ったことはやらせてくれる環境があるようです。男女平等で評価されることや産休育休が取得しやすいもあり、女性でも働きやすいでしょう。

リクルートジョブズの年収・給与

年収 544万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 無し
福利厚生 教育研修制度、インセンティブ制度、退職金一時金制度
リクルート社員持株会、団体生命保険など

リクルートジョブズでの転職者の出世難易度

リクルートジョブズの出世難易度は高いです。
公式サイトには「役員の男女比率」など全て公開されており、中途の人も等しく評価され昇進が可能です。
また、中途の人の方が人数が多く、役職のある人も中途がほとんどであるため、プロパーに比べて出世がしづらいことはないでしょう。
しかし、リクルートジョブズの評価には透明性があるとはいえ、中途採用は優秀な人材が集まることが多く、そのなかで出世するというのはなかなか厳しい道のりでしょう。
成果や実績などを残し続ければ、出世できる可能性が高くなります。

リクルートジョブズの役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 600万円
30代中盤 マネージャー 1,000万円
30代後半 マネージャー 1,100万円
40代前半 マネージャー 1,100万円

リクルートジョブズはどんな人が働いている?

リクルートジョブズの従業員数

1603名

リクルートジョブズの平均年齢

31.8歳

リクルートジョブズの平均勤続年数

男性5.8年
女性6.5年

リクルートジョブズの社風

リクルートジョブズは風通しが良く、上司にも意見をいいやすい社風です。
新しいものでも古いものでも、どんどん取り入れようとする姿勢があります。
良い成果を出した人は褒められ、表彰もされる文化ですので、モチベーションが上がりやすいです。
社員同士も仲が良く、仕事で困ったことがあっても相談しやすい雰囲気があります。
全体的に過ごしやすく働きやすい環境があります。

リクルートジョブズのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 9:30~18:00
休日 土日・祝日
その他の休日・休暇 GW、夏季、冬季、有給休暇、サンクス休暇、
慶弔休暇(2~20日)、出産休暇(産前6週間+産後8週間)、
公傷休暇、看護休暇
平均残業時間 月6.45時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

リクルートジョブズの社長

葛原 孝司

1964年生まれ。
1988年に広島大学を卒業後、株式会社リクルートに入社。
リクルートでさまざまな実績を積んだ後、2012年にリクルートホールディングス執行役員及び、リクルート住まいカンパニー代表取締役社長に就任。
その翌年の2013年、リクルートジョブズの代表取締役社長に任命。
現在も地域を重視した転職活動をサポートするべく、日々奮闘しています。
また、飲み会を開催するなど積極的に社内との交流をはかっており、社員からの評価も高い社長として知られています。

リクルートジョブズ現職、OB/OGの有名人

臼杵 允彦

2008年慶応義塾大学理工学部卒業後、株式会社リクルートに入社。
2012年株式会社リクルートを退職し、現在は株式会社こうゆうで勤務。
在籍していたころ、営業職を務めていて、業績2位まで上りつめたことがあります。
現在は教育関連企業で働いており、子どもたちの未来の可能性を伸ばすため日々奮闘しています。

リクルートジョブズの転職に関わるQ&A


リクルートジョブズは同じオフィス内で契約社員が多く働いています。
雇用形態の違いによって、特に不公平な扱いを受けたりするということはありません。
正社員や契約社員など関係なく仲が良いです。
退職後も関係は続き、飲み会に誘われる社員もいます。


リクルートジョブズには、社員個人の「職務の価値」によって等級を設定する「ミッショングレード制度」というものがあります。
ミッショングレード制度のおかげで、年次や経験に関わらず組織の上に立てるチャンスが若手にも与えられます。
転職してすぐに重要な仕事に就けるので、一気に成長を遂げていくことも可能といえるでしょう。
リクルートジョブズは、誰にどんな仕事を任せるか常に意識する組織運営を行っており、人材の能力を最大限活用することを目指している企業です。

リクルートジョブズへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

リクルートジョブズの公式ホームページ内の中途採用サイトから応募が可能です。
また、リクルートジョブズの会社情報はもちろん制度や文化などの情報も掲載されています。
公式サイトでは現在募集されている職種や条件がざっくりと記載されているため、「まずは求人の状況を簡単に知りたい」という人はチェックしておきましょう。

ただ、採用のポイントや求めている経歴・スキルは詳細には記載されていないため、採用の確率を高めたい場合や非公開求人も見たい場合には転職サイトや転職エージェントを活用するのがおすすめです。

他社も含めた豊富な求人から選ぶなら「転職サイト」

転職サイトを活用してリクルートジョブズへの転職を目指すなら、掲載企業数が豊富で多くのミドル~ハイクラスの案件を取り扱っている「ビズリーチ」がおすすめです。
ビズリーチでは、109,000以上の案件が掲載されており、厳選されたヘッドハンターからのスカウトが届くため積極的な転職活動の助けにもなります。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つ。

・さまざまな企業や業種の求人募集が豊富に掲載されている
・簡単に自分のペースで転職活動を進めることができる
・希望条件に当てはまった求人があったらすぐに応募が可能

さまざまな企業や職種の中から自分の希望条件にマッチした企業を探したい方や転職活動を進める時間がなかなか取ることができないといった方には転職サイトがおすすめです。
転職エージェントを活用した転職活動を考えている方も、希望する転職先や関連企業の情報を事前に収集するため利用している方も多く、リクルートジョブズの募集要項や求められる条件など軽く知っておきたいという方はチェックしておくとよいでしょう。

ビズリーチではリクルートジョブズの競合他社や同業他社のハイクラス求人が多数掲載中!

現在ビズリーチでは、リクルートジョブズの求人は募集されていませんが、同業他社・競合他社やリクルートジョブスからの転職先として多い総合大手Web事業会社などの求人が多数掲載されています。

※画像はイメージです。

募集している職種としては、事業企画・統括、エンジニア職、アナリスト、マネージャーなどの求人が募集されています。
また、ビズリーチの特徴でもあるハイクラス求人も多く募集されており、平均年収が800~1,500万円程度と比較的高い年収が提示されている求人が多いです。
また、ビズリーチは転職サイトのなかでも比較的抱えている非公開求人が23,000以上と多い傾向があり、アドバイザーに相談することで求人案件を紹介してもらえる可能性もあります。

ただ、転職サイトから応募した場合、自分と企業側との希望条件をうまくすり合わせることが難しくリクルートジョブズの社内事情なども知ることも困難であるため、転職難易度が高くなる可能性もあります。
転職成功率をなるべく上げたいという方は転職エージェントを利用するのがおすすめです。

幅広い転職サポートで転職成功率を上げたい方は「転職エージェント」

転職エージェントを活用した転職をお考えの方には、圧倒的案件数とトップクラスの転職支援実績を持つ「リクルートエージェント」がおすすめです。
リクルートエージェントには、さまざまな企業や業界に精通した専門性の高いキャリアアドバイザーが多数在籍しており、非公開求人も20万件以上取り扱っている実績のある転職エージェントです。
そのため、転職活動で何から行動したらいいか悩んでいる方や、初めての転職で不安を感じている方にはおすすめの転職エージェントといえます。

転職エージェントのメリットとしては

・転職に関する書類の添削から企業との給与交渉などの幅広いサポート
・本人と企業側の希望をすり合わせてくれるためマッチ率が高い
・非公開求人案件を多数抱えている

上記の3つが挙げられます。

リクルートジョブズは、リクルートのグループ企業であるため非常に知名度が高く、人気もあるため中途採用の倍率が上がるなどの理由で転職難易度が上がる可能性が高いといえます。
また、リクルートジョブズミドル~ハイクラス層においても人気の企業であるので、今の自分の場合リクルートジョブズへの転職成功率はどのくらいか、リクルートジョブズの内部状況などキャリアコンサルタントに相談してみるのがおすすめです。

「リクルートエージェント」のリクルートジョブズ案件は営業職が中心

現在リクルートエージェントには、リクルートジョブズの求人件数が57件以上掲載されています。

※画像はイメージです。
リクルートジョブズ関連のどういった企業に転職したいか定まっていない方や、初めて転職をする方は幅広く求人案件を見られるリクルートエージェントはおすすめといえます。
また、リクルートエージェントの特徴として、登録不要で一部の案件を閲覧できるという点も挙げられ、興味を持てそうであれば登録してみるのも良いでしょう。
非公開求人も多く取り扱っているため実際にコンサルタントに相談をしてみて、キャリアプランや給与交渉なども含めて相談するのがおすすめです。

あなたがリクルートジョブズのに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

エムスリーキャリアの転職はおすすめ?年収や難易度について調査

  ▼下記は、エムスリーキャリアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからエムスリーキャリアに転職してくるのか ・転職先:エムスリーキャリアからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、...

リクルートジョブズへ転職するべき?年収や難易度について解説

  ▼下記は、リクルートジョブズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからリクルートジョブズに転職してくるのか ・転職先:リクルートジョブズからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、...

ネオキャリアへの転職難易度は?面接時にされる質問や口コミなどを解説

  ▼下記は、ネオキャリアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからネオキャリアに転職してくるのか ・転職先:ネオキャリアからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

ビズリーチの転職難易度は?採用情報や将来性を調査!

  ▼下記は、ビズリーチに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからビズリーチに転職してくるのか ・転職先:ビズリーチからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

リクルートキャリアへの転職。仕事内容や難易度、年収を解説

  ▼下記は、リクルートキャリアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからリクルートキャリアに転職してくるのか ・転職先:リクルートキャリアからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、...

TOP