人材

アルーの転職事情。事業内容や転職難易度などを解説

アルー転職者の主なキャリアステップ

アルーの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、専門学校卒業や大学・大学院卒業など、幅広く在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

前職

アルー在籍者の主な職歴は、損害保険ジャパンなどの保険会社パーソルキャリアなどの人材サービス業のほか、食品メーカーコンサルティングファームなどが挙げられます。

次の転職先

アルーからの転職先として、デロイトアクセンチュアなどのコンサルティングファームのほか、人材サービス業保険会社、新聞社などへ転職しています。

アルーは、「育成の成果にこだわる」というテーマのもと、AIを活用した人材育成の支援事業を行っている企業です。
なかでもグローバルな人材の育成に力を入れており、将来世界的に活躍していくために必要なマインドやスキルの習得を行う研修を提供していることで知られています。
最近ではクラウド型のeラーニングを活用したシステム「etudes」も展開中です。
そんなアルーでは、HRコンサルタント職やグローバルHRコンサルタント職、ソリューション開発職など複数の職種で中途採用を行っています。
営業系のスキルが求められる職種が多いですが、未経験でも応募可能な職種がほとんどでさまざまな業界から転職を狙えるのが魅力です。
この記事では、アルーへ転職するうえで必ずおさえておきたいアルーの事業内容や口コミなどを解説します。

アルーへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・アルーの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • アルーの企業概要
  • アルーの転職ポイント
  • アルーの社風や企業文化

アルーに転職するポイント

アルーの特徴

POINT

  • ・教室型研修など、新人社員向けの研修を提供している企業
  • ・グローバル人材育成に注力しており、アジア各地を中心に現地パートナーを持つ
  • ・残業時間は短めで有給取得もしやすく、ワークライフバランスに優れている

アルーへ転職するポイント

POINT

  • ・HRコンサルタント職やソリューション開発職などでの求人あり
  • ・営業やコンサルなどに関連する職種が多く、経験者はやや有利
  • ・面接では人物面を重視した質問が多いため、対策は必要不可欠

アルーの企業概要

会社名 アルー株式会社
本社所在地 東京都千代田区九段北一丁目13-5 ヒューリック九段ビル​2階
社長 落合 文四郎
設立 2003年10月29日
株式 上場(東証グロース)
株主構成 落合文四郎(31.40%)
株式会社フォーティーシクサーズ(17.30%)
池田祐輔(3.56%)

アルーの売上

アルーの売上推移

事業年度 2019年 2020年 2021年
売上高 2,509百万円 1,819百万円 2,396百万円
経常利益 160百万円 -216百万円 280百万円

アルーの最新ニュース

アルーの事業内容

アルーの主力事業は、新人や若手を中心としたビジネススキル研修、マインド研修の実施です。
アルー独自のカリキュラムを中心に、研修を専門としているカスタマイズチームがクライアント企業の要望に合わせた研修を実施します。
アルーの認定プロセスを経て採用された認定講師が研修を行うことが特徴です。
最近では管理職研修にも力を入れており、幅広い層のニーズに応えています。
また、上海などのアジア各地に存在するパートナー企業と連携して行う「グローバル人材育成」にも力を入れています。
将来グローバルに活躍していくために必要な知識やマインドの獲得を促すことが狙いの研修で、新人やベテラン問わず幅広い層をターゲットとしています。
現在は研修のオンライン化を推進しており、日本にいながら研修を受講することも可能です。

アルーの募集要項

HRコンサルタント

「人材育成」や「組織開発」サービスの提供に必要なコンサルティング営業活動を総合的に担当します。
大手上場企業を中心に訪問を行い、顧客から課題を抽出するのが主な仕事です。
また、社内外の関係者と連携しながら、アルーの提供する研修ソリューションを提案するコンサルティング活動を行います。

必須な経験・スキル

  • ・無形商材の企画や提案、大手上場企業に対するコンサルティング営業経験

ソリューション開発

大手企業や中堅企業の人材・組織課題に対して成果を定義し、人材育成のために必要な施策を総合的に立案し、クライアント企業へ提案することが主な役割です。
顧客の置かれている環境や要望を踏まえつつ、最適なソリューションを提案することが求められます。

必須な経験・スキル

  • ・顧客ターゲットとなる大手企業での就業経験

アルーの転職難易度

アルーの転職難易度は中程度です。
アルーでは、HRコンサルタントやソリューション開発などの職種で中途採用を募集しています。
いずれもほかの企業では営業やセールスといった職種に該当する職務内容で、これらの経験がある場合は有利に選考を進められるでしょう。
また、応募のための必須要件も設定されていない職種がほとんどのため、未経験からでも十分転職を狙うことが可能です。
一方で、アルーの中途採用の門戸は狭く、選考を突破するためには徹底した面接対策が求められることも事実です。
2018年の株式の上場後は社会的な知名度も一気に高まりました。
企業研究や自己分析などを手抜かりなく行い、アルーへの転職を確実に成功させましょう。

アルーが転職者に求める人物像

アルーは、転職者に対して求める人物像を求人でいくつか明記しています。
なかでも、ほとんどの職種に共通して求められている要素は「自分の業務以外にも想像力を働かせ、自分の役割に責任を持てること」と「他部署を上手く巻き込んでソリューションを提供しようとする姿勢があること」の2点です。
アルーでは、社内外のさまざまなパートナーと連携して研修を構成することが欠かせません。
特に海外での研修を実施する場合は、現地パートナーと密に連携していくことが求められます。
自身の仕事範囲以外のことにも想像力を働かせることのできる連携力の高い人材が重宝されることを頭に入れておきましょう。

アルーの転職までの流れ

アルーの選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接

想定選考官:採用担当・部門社員
想定内容:人物面が中心の面接となっています。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問に加え、「あなたがアルーに向いていると思うポイント」などを深堀されます。

内定

アルーの面接形式

アルーの面接回数は2回です。
ただし、職種や応募状況によって微妙な差があり、稀に面接が3回ある場合もあります。
面接形式は面接官側が複数人の複数人面接形式です。
面接1回あたりの所要時間は30分〜45分程度とやや幅がありますが、標準的な長さだといえるでしょう。

アルーの面接内容

アルーの面接内容は、人物面に関する質問がほとんどです。
特に、「アルーへ入社した後の目標は何か」や「本当にやっていけると思うか」といった熱意や将来のビジョンを聞くような質問が多くなっています。
また、「あなたにとって可能性を切り開くとはどのようなことか」といったやや答えにくいような質問をされることもあります。
焦らずに分かりやすく自分の考えを伝えるようにすると良いでしょう。
そのほかにも、「いくら稼ぎたいか」や「法人営業だが気にしないか」といった業務に直接関連する質問が多いです。
面接の雰囲気はやや厳かで、少し圧迫気味に感じるかもしれません。
総じて、熱意や人物面を問うような質問が多いため、十分に対策をしておくと良いでしょう。

アルーの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトに載っている求人は比較的少ない
・求人情報はDODAなどでも確認できる
・未来志向の質問が多い傾向にある

営業、30代前半、女性
「あなたにとって、可能性を切り開くとはどのようなことか」と聞かれたことが印象に残っています。自身の体験談なども交えながら、分かりやすく伝えるように心がけました。
事務、30代後半、男性
「人生の目標は何か」「いくら稼ぎたいのか」といった将来のビジョンを聞く質問が目立ちました。どちらかというと、スキルなどの技術面よりも熱意を重視されているように感じます。
営業、40代前半、男性
「アルーへ入社したあと、どのようなことをやりたいか」「本当にやっていけると思うか」と聞かれたことが印象深かったです。将来のビジョンを明確化させておくと良いかもしれません。
教育関連、40代前半、女性
「どこでアルーを知ったのか」と聞かれました。マネージャーによると、本当にアルーへ興味があるのかどうかを確かめるために聞いているそうです。
コンサルタント、20代後半、男性
「人生をかけてあなたが実現したいことは何か」といわれたことを覚えています。また、「あなたがアルーへふさわしいと思う理由は何か」とも聞かれました。やや緊張感のある雰囲気の面接でした。

アルーで働いている方の評判・口コミ

法人営業、在籍7~10年、男性
教育研修事業を中心として行っていますが、社内は営業や商品開発、プロセスマネジメントなど、さまざまな部署に分かれて仕事が進められています。入社直後でも業務にスムーズに慣れることができるような環境があるため、制度が整っていると感じました。社員にはいわゆる良い人が多く、仕事の中で困ったことがあった場合もすぐに相談できる印象です。
法人営業、在籍5~7年、女性
社員同士のつながりが非常に大事にされている会社で、社内のイベントなども数多く企画されています。有給は取りやすく、残業時間も短いことからワークライフバランスも良い企業だと思います。子育てや家族サービスに対しても理解のある社風があり、育児や家庭と仕事を両立している社員も多い印象です。
コンサルタント、在籍3~5年、男性
業務の性質上、時期による忙しさや売上の上下が激しいです。春の新人研修期には多忙になる傾向があります。社風は非常に誇らしく感じる良いものがありますが、給与がそれほど高くないため、それを理由に転職してしまう優秀な社員も少なくありません。また、コンサルタントとしての専門性を高めるのにもあまり向いていないかもしれません。
口コミの要約

ワークライフバランスが非常に良い企業で、残業時間も短いと感じる社員が多かったです。社員同士のつながりが非常に大事にされているという意見も多く、社員の交流を促すイベントも多く企画されています。専門性に関しては意見が分かれ、コンサルタントとしてキャリアを築いていくためには向いていないのではないかという意見もありました。

アルーの年収・給与

年収 660万円
ボーナスの有無 年1回
昇給制度 年2回
残業手当 有り
固定残業手当 有り(月40時間分)
通勤手当 有り(月5万円まで)
住宅手当 記載なし
福利厚生 社内公募制度、複線型人事制度、あるちゃれ、自己申告制度など

アルーでの転職者の出世難易度

アルーでの転職者の出世難易度は中程度です。
アルーでは、成果目標と行動目標という2つの目標の達成度合いに応じた評価が行われます。
評価の機会は年に2回とやや多く、このタイミングで昇格や昇給が決定します。
年功序列ではなく実力主義が採用されているため、中途入社かどうかに関わらず実力がある社員が出世できる可能性があるでしょう。
また、アルーでは社内外のパートナーと連携する機会が多いため、連携能力や業務の調整能力に優れた人が出世しやすい傾向にあります。
さまざまな部署や関係会社と連携しながら業務を進めていくことのできる人材だということをアピールするのも出世を狙ううえで大切な要素です。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 400万円
30代前半 マネージャー 700万円
30代中盤 マネージャー 700万円
30代後半 グループマネージャー 900万円
40代前半 課長 900万円
40代後半 部長 1,100万円

アルーはどんな人が働いている?

アルーの従業員数

114名(単独)
160名(連結)

アルーの平均年齢

36.3歳

アルーの平均勤続年数

5.3年

アルーの社風

アルーの社風の特徴としては、社員同士のつながりを大切にするベンチャー企業のような風土が挙げられます。
アルーは設立から20年近くが経過する企業ですが、現在もアットホームな風通しの良い社風が残っているのが特徴です。
社員同士のコミュニケーションを活発化させるイベントも多く実施されます。
また、フリーアドレス制を採用しており、自由な席に座ることができるのも特徴です。
全体的に真面目な社員が多く、人に優しいという特徴があります。
人物面を重視した選考を行っているため、コミュニケーション能力も高く、人物的に優れた社員が多く在籍しているのが特徴です。
会社としても長く働ける環境づくりに力を入れており、働きやすいと感じている社員も多くいます。

アルーのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00〜18:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 ゴールデンウィーク休暇、夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 月27.7時間
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

アルーの社長

落合 文四郎

1977年生まれ。
2001年に株式会社ボストン・コンサルティング・グループへ入社。
実務経験を積み、2003年にアルー株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。
それ以来、およそ20年にわたって経営を導いている人物。

アルー現職、OB/OGの有名人

池田 祐輔

1978年生まれ。
2001年にA.T.カーニー株式会社へ入社。
2003年に落合文四郎氏とともにアルー株式会社を設立し、取締役に就任。
その後も、取締役商品開発部長や取締役執行役員商品開発管掌などを経て、2020年より取締役執行役員を務めている。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声が分からない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

アルーの転職に関わるQ&A


社員の口コミによると、アルーの月平均残業時間は27.7時間です。
これは上場企業や同規模の他社と比較すると、一般的な水準で特別多いわけでも少ないわけでもありません。
ただし、アルーでは有給休暇の取得が推進されているなど、ワークライフバランス改善のための取り組みが多く進められています。
実際社員の満足度でも上位2%にランクインしている優良企業で、働きやすい企業といえるでしょう。

アルーでは、産休や育休などの制度が整えられています。
会社の雰囲気としても、家庭と仕事を両立しようという社員に対して理解のある雰囲気があり、子育てをしながら働き続ける社員も少なくありません。
産休や育休取得後の職場復帰率は100%を達成しており、今後も取り組みが継続していくことが想定できます。

アルーへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

アルーの公式HPにある採用情報ページからエントリーできます。
採用情報ページには、採用メッセージをはじめ、さまざまな情報が掲載されているため、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、公式HPからの応募の場合、どうしても時間がかかってしまう傾向にあります。
できるだけ時間をかけたくないと考えている場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

サービス業の募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してアルーに転職するなら、競合他社の募集要項を比較することができる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・気軽に転職活動を行える手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件確認から応募までの早さ

転職サイトは、空いた時間を活用して転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、求人案件が比較的豊富であり、案件確認から応募までにスピード感があります。
今すぐ転職をしたい方やまずはさまざまな企業を比較したいという方は、転職サイトの活用がおすすめです。

サービス業界の募集を比較するなら「iX転職」

iX転職では、サービス業といった幅広い業界の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールのサービス業界の平均年収は800万円~1,200万円程度となっており、別サイトよりも比較的高くなっています。
また、iX転職は表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
「サービス商材を扱っている企業がどれほどあるのか」や「それぞれ募集要項はどのように違うのか」などを調べたい場合は、iX転職に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

ネオキャリアへの転職難易度は?面接時にされる質問や口コミなどを解説

ネオキャリア転職者の主なキャリアステップ 前職 WEB系事業会社 ケーブルテレビ 証券会社 株式会社ネオキャリアに転職 次の転職先 デジタルマーケティ...

エムスリーキャリアの転職はおすすめ?年収や難易度について調査

エムスリーキャリア転職者の主なキャリアステップ 前職 Web系代理店 ベンチャー 医療やヘルスケア領域の事業会社 エムスリーキャリア株式会社に転職 次の...

スポーツフィールドの転職難易度は?面接内容や口コミなどを解説

スポーツフィールド転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 株式会社スポーツフィールドに転職 次の転職先 転職事例はほとんどなし ス...

ウイルテックの転職難易度は高い?事業内容や面接時の質問などを解説

ウイルテック転職者の主なキャリアステップ ...

パーソルキャリアへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

パーソルキャリア転職者の主なキャリアステップ 前職 リクルートキャリア、エムスリーキャリアなどの人材紹介会社 LINEなどのWEB系事業会社 パーソルキャリア株式会社に転職 ...

セルムへの転職は難しい?口コミや年収などを解説

セルム転職者の主なキャリアステップ 前職 人事系コンサルファーム 株式会社セルムに転職 次の転職先 人材サービス業界 企業の人材開発部門 ...

学情に転職するには?面接傾向や対策のポイントなどを解説

学情転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 株式会社学情に転職 次の転職先 大学 WEB系事業会社 IT企業 食品 化学メーカー ...

フォーラムエンジニアリングへの転職ってどうなの?社員の口コミや転職難易度などを解説

フォーラムエンジニアリング転職者の主なキャリアステップ ...

リクルートジョブズへ転職するべき?年収や難易度について解説

リクルートジョブズ転職者の主なキャリアステップ 前職 業種を問わず幅広い 株式会社リクルートジョブズに転職 次の転職先 大手総合代理店 楽天 DeNA...

スローガンの転職事情。事業内容や年収、転職難易度などを解説

スローガン転職者の主なキャリアステップ ...

TOP