商社

ダイコー通産への転職は難しい?口コミや転職難易度などを解説

インターネットの重要性を帯びている現代において必要不可欠な通信ケーブルや通信機器の仕入れ販売を行っているダイコー通産。
全国主要都市に12拠点を展開して機器の販売を行っている企業です。
国内外のメーカーから仕入れたLANケーブルや光ケーブル、ネットワーク機器などを通信工事施工業者や電気通信事業者へ販売することを主力事業としています。
また、2022年にケーブルコンベンション2022関連イベント「ケーブル技術ショー2022」に出展するなど、今注目を集めている企業です。
そんなダイコー通産は、営業や事務職、経理といった職種で中途採用を随時募集しています。
社員からの総合満足度ランキングでは上位7%にランクインするなど、働きやすさが評判の優良企業です。
この記事では、ダイコー通産へ転職するうえで必ず知っておきたい事業内容や口コミについて解説します。

ダイコー通産を目指す人におすすめの転職エージェント

・ダイコー通産の口コミや年収も気になるけど、確実な人から適切な転職先を紹介されたい!

そんな方はまず転職エージェント「DX CAREER AGENT」をチェックしましょう。

DX CAREER AGENTの主な特徴は以下の通り。

・DXに精通した人材紹介に特化されたサービスならではの、求人・サポート

・サポートする少数精鋭のエージェントは全員、各業界の最大手出身者

・大手の採用代行を行なっているので、マーケットに出てこない優良求人を多数保有

DX CAREER AGENT
DX CAREER AGENT

この記事でわかること

  • ダイコー通産の企業概要
  • ダイコー通産の転職ポイント
  • ダイコー通産の社風や企業文化

ダイコー通産に転職するポイント

ダイコー通産の特徴

POINT

  • ・通信ケーブルや通信機器の仕入れ販売を行う企業
  • ・光ケーブルや同軸ケーブル、ネットワーク機器など、通信関連の商品に特化した事業形態が特徴
  • ・設立から50年近くが経過する老舗であり、業界内での信頼は厚い

ダイコー通産へ転職するポイント

POINT

  • ・営業職を中心に中途採用を随時募集中
  • ・時期によっては事務職や経理で求人募集がされることがある
  • ・面接では社是や社長の名前などの基本情報もチェックされるため、企業研究が必須

ダイコー通産の企業概要

会社名 ダイコー通産株式会社
本社所在地 愛媛県松山市姫原三丁目6番11号
社長 河田 晃
設立 1975年6月
株式 上場(東証スタンダード)
株主構成 ディー・ケー・コーポレーション(33.39%)
河田晃(6.21%)
光通信株式会社(6.15%)

ダイコー通産の売上

ダイコー通産の売上推移

事業年度 2019年 2020年 2021年
売上高 15,544百万円 18,092百万円 17,581百万円
経常利益 756百万円 1,182百万円 1,057百万円

ダイコー通産の最新ニュース

ダイコー通産の事業内容

ダイコー通産の主力事業は、ネットワークへの接続時に使用されるケーブルやネットワーク機器、材料の仕入れ販売です。
ネットワーク社会の発展に寄与することも社是に掲げているダイコー通産では、高品質ながら低価格な商品の提供にこだわっているのが特徴です。
1975年の設立以降、ケーブルテレビやネットワーク機器の販売を専門に行ってきているという歴史があり、業界内での信頼は厚いです。
ダイコー通産は、東京や仙台、大阪、福岡をはじめとした全国12拠点を構えている大手です。
他社にはなかなか見られないLANケーブルや配線接続剤、引込機器といった商品の知識も多く蓄積されており、長年の実績と信頼を武器に安定した経営を続けています。

ダイコー通産の募集要項

営業スタッフ

CATVや情報通信関連資材の営業販売を行うのが営業スタッフの役割です。
見込み顧客の課題をヒアリングしたうえで、課題解決に向けた提案を行うというコンサルティングも行います。

必須な経験・スキル

  • ・記載なし

事務

売上伝票等の入力や仕入れの管理、請求書のチェックといった事務作業を行います。
書類発想や電話対応など、一般的な事務作業を一通りこなせることが必要です。
また、状況によっては営業スタッフのサポートも行います。

必須な経験・スキル

  • ・簿記に関する知見
  • ・基本的なPCスキル

ダイコー通産の転職難易度

ダイコー通産の転職難易度は中程度です。
ダイコー通産では、営業スタッフや事務、経理といった職種で中途採用を募集しています。
営業の求人は随時出されていることが特徴で、営業経験がある場合は応募しやすいです。
異業種からの転職も積極的に受け入れており、通信業界における経験が浅い場合でも十分中途採用を狙うことが可能です。
ただし、ダイコー通産は東証スタンダード上場企業ということもあり、知名度は非常に高くなっています。
面接では人物像について深堀りされることはもちろんのこと、企業についてどれほど情報収集しているかも確認されます。
手抜かりなく面接対策を進めておくことが、中途採用成功のポイントといえるでしょう。

ダイコー通産が転職者に求める人物像

ダイコー通産が転職者に求める人物像として、「前向きな姿勢があること」が挙げられます。
ダイコー通産はもともとケーブルテレビ関連商品の販売を行ってきた企業ですが、インターネットの台頭を受けてネットワーク関連機器の販売もはじめたという経緯があります。
時代の流れを柔軟に捉えたビジネスモデルを採用するのがダイコー通産の特徴です。
常に時代の一歩先を見据えた行動ができる前向きで視野の広い人材が求められています。
また、「チームワークと協調性を大切にできること」も重要です。
ダイコー通産では営業スタッフと事務などが連携して仕事に当たることが多いため、協調性に富んだ人材が重宝されます。

ダイコー通産の転職までの流れ

ダイコー通産の選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接

想定選考官:人事担当・部署社員
想定内容:ダイコー通産へ入社したいと思ったきっかけなど基本的な内容はもちろん、会社についてどれくらい知っているのかなども確認されます。

最終面接

想定選考官:社長・役員
想定内容:人物面についての質問が多いですが、なかには「この場で社長に聞きたいことはあるか」といった少しユニークな質問もあります。

内定

ダイコー通産の面接形式

ダイコー通産の面接回数は2回です。
面接形式は、1次面接は面接官側が複数人で応募者が1人の複数人面接形式、2次面接は1対1形式であったという情報があります。
面接1回あたりの所要時間については明確な口コミがありませんでしたが、他社と同程度の概ね30分〜45分程度を想定しておくと良いでしょう。

ダイコー通産の面接内容

ダイコー通産の面接でよく聞かれる内容は、「あなたはどのような性格か」や「慎重派か、それとも変化を好むか」といった性格に関する質問です。
ダイコー通産では、応募者の実績や実力といった面よりも、熱意や人柄といった人物面を中心に評価する傾向があります。
事前に自己分析を進めておくことで、性格に関する質問についても答えやすくなるでしょう。
そのほかの質問として対策をしておきたいのが、「会社の創立年はいつか」や「社長の名前は?」といった質問です。
これらの質問については、事前に企業研究を行っておくと大きな差がつきます。
万が一、答えられなかったとしても、落ち着いて対応することが大切です。
面接前に会社の歴史や社長の名前、社是などについてしっかりと調べておくようにしましょう。

ダイコー通産の選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトに載っている求人は非常に少ない
・求人情報はマイナビなどでも確認できる
・ダイコー通産に関する質問をされる

営業、30代前半、男性
「これまでの営業経験を簡単に教えて」と聞かれたあと、「どうしてダイコー通産でそれを活かせると思ったのか」と聞かれました。全体的に面接の雰囲気は和やかで、こちらの話を引き出そうとしてくれていた印象です。
営業、20代後半、男性
「会社の創立年と社長の名前をいえるか?」と聞かれたことがとても印象的でした。1次面接の担当者は営業所の所長と人事担当者でしたが、どちらの方も気さくで話しやすかったです。
事務、30代前半、女性
1次面接では「どのような性格をしていると思うか」と聞かれ、2次面接では「あなたは慎重派だと思うか、それとも変化を好むか」と聞かれました。人物面に関する質問が目立ったため、対策をしておくと良いかもしれません。
経理、40代前半、女性
「こういう業務があるができるか」や「希望する給与はいくらか」といった実務に直接関連する質問が多かったです。2次面接では、「今この場で社長に聞きたいことは何か」と質問され、少し緊張しました。
技術、30代後半、男性
明るい雰囲気での面接でしたが、圧迫感もなく好印象でした。「どこでも転勤することができるか?」といった内容を聞かれましたが、素直に答えてもしっかりと受け止めてくれました。また、会社の設立年を聞かれたことを覚えています。

ダイコー通産で働いている方の評判・口コミ

営業、在籍3~5年、女性
明るく元気な社風があることが特徴的です。社員同士の仲はとても良いですが、一方でプライベートでの交流も盛んにあるため、それらが苦手だと感じる方にとっては合わないかもしれません。最近は全社員が自分の残業時間を正確に把握しようと努めていることもあり、ワークライフバランスは改善されています。産休や育休制度もあり、取得後に職場へ復帰した社員もいます。
技術、在籍10年以上、男性
トップダウン型の経営が行われており、働きやすさは事業所によってまちまちといった印象です。自己主張の強い社員が多く在籍していた印象があります。成果主義というより年功序列で評価される要素が強く、成長できるかどうかは個人に依存しています。OJT研修こそありますが、それ以外はこれといった特別な研修は用意されないため、主体性が求められる環境です。
管理、在籍10年以上、男性
明るい社風が特徴的で、コンプライアンスなどの管理体制も非常にしっかりとしていることが特徴的です。ただし、経営層の年齢が高いということもあり、社風やシステムに関しては旧態依然的なところを感じてしまう社員も少なくありません。ワークライフバランスについては、一昔前は残業が多かった印象ですが、近年の働き方改革の影響を受け、大幅に改善されていると感じます。
口コミの要約

明るく元気な雰囲気があるのが特徴で、やや体育会系の風土があるという口コミが多く集まっていました。プライベートでの交流も盛んに行われているようで、このあたりが合う合わないの分かれ目となりそうです。大企業ということもあってコンプライアンスはしっかりとしており、最近はワークライフバランスの改善に力を入れているという口コミも目立っていました。

ダイコー通産の年収・給与

年収 579万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 各種社会保険完備、財形貯蓄制度、持株会制度、社員旅行など

ダイコー通産での転職者の出世難易度

ダイコー通産の出世難易度は比較的高いです。
ダイコーでは基本的に年功序列の評価が行われており、勤務年数を重ねることで主任クラスまでは出世できるという情報もあります。
中途採用だからといって出世が特別不利になるということはありませんが、同じ年齢で比較したときにどうしても勤務年数が低くなってしまうため、一回り出世が遅くなってしまう点には注意しておきましょう。
ただし、中途採用でも年功序列の枠を超えて速いスピードで出世する社員がいるのも事実です。
ダイコー通産で出世を狙ううえでは、コツコツと勤務を続けるとともに周囲を巻き込みながら仕事をこなす主体性が求められます。

ダイコー通産はどんな人が働いている?

ダイコー通産の従業員数

148名

ダイコー通産の平均年齢

37.2歳

ダイコー通産の平均勤続年数

11.5年

ダイコー通産の社風

ダイコー通産には、元気で明るく仕事をこなすという社風があります。
営業職については体育会系の風土もあり、挨拶や朝礼などで元気に声を出すということも重要視される傾向にあります。
社員旅行が毎年1回実施されることからも分かるように、プライベートでの交流も積極的に行われています。
また、コンプライアンスがしっかりとしているのもダイコー通産の特徴です。
設立から50年近くが経過する老舗企業ということもあり、管理体制は非常に充実しています。
ただし、なかにはトップダウン型の経営体制にしがらみを感じてしまう方も少なからずいます。
親族経営であり、役員はほとんど固められているという点は事前に頭に入れておきましょう。

ダイコー通産のワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00〜18:00
休日 完全週休二日制
その他の休日・休暇 夏季休暇、年末年始休暇、年次有給休暇など
平均残業時間 月25.2時間
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 記載なし

ダイコー通産の社長

河田 晃

1972年生まれ。
1999年に株式会社アルメックスへ入社。
2007年にダイコー通産株式会社へ入社し、2009年に取締役に就任。
翌年、株式会社ディーケーコーポレーションの代表取締役に就任。
2011年にダイコー通産の取締役副社長に就任し、2014年より代表取締役社長を務めている。

ダイコー通産現職、OB/OGの有名人

河田 正春

1955年生まれ。
1974年に富士電機製造株式会社へ入社。
1979年にダイコー通産株式会社へ入社し、大阪営業所長に就任。
1985年に取締役に就任。
2005年に常務取締役に就任し、2014年より代表取締役専務西日本東海北陸ブロック長を務めている。
また、2017年から代表取締役専務も兼務している。

ダイコー通産の転職に関わるQ&A


ダイコー通産では、産休育休制度が用意されています。
実際に育休制度を利用した後職場へ復帰したという社員もいるため、男女関係なく働きやすい企業といえます。
ただし、女性の数が少ないためどうしても発言力が弱くなってしまっているという口コミもありました。
役員には女性がいないということもあるため、出世を狙って活躍していきたいという場合には慎重に検討する必要があるかもしれません。

ダイコー通産の月平均残業時間は25.2時間であり、これは上場企業の平均程度の水準です。
以前は平日の残業が長かったという情報もありましたが、最近では状況も改善されています。
社員一人一人が自分自身の残業時間をしっかり把握するように努めているのもダイコー通産の特徴です。

ダイコー通産へ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ダイコー通産の公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
募集要項以外にも、「DAIKOとは」や「ビジネス&ソリューション」、「取扱商品」など、さまざまな情報が載っているため、企業研究に役立てることができます。
ただし、求人内容は簡単にしか掲載されておらず、イマイチ分からないということも少なくありません。
より具体的な内容が知りたい場合や公式サイトには載っていないような求人に応募したい場合は、転職サイトに活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ダイコー通産の最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

競合他社の募集要項も見比べたいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してダイコー通産に転職するなら、競合他社の募集要項も一緒に見比べることができる「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空き時間を活用できる手軽さ
  • ・求人件数の豊富さ
  • ・求人確認から応募までのスピード感

転職サイトは、空き時間を活用して転職活動を行える手軽さがあるため、忙しい方でも比較的転職しやすいでしょう。
また、求人件数が豊富なため、自分の希望するポジションを見つけやすいという特徴があります。
できるだけ早く転職したい方や希望ポジションを見つけたい方は、転職サイトの活用がおすすめです。

競合他社を比較するなら「doda X(旧:iX転職)」

doda X(旧:iX転職)では、商品を展開している競合他社の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールの商社業界は、800万円~1,200万円が平均年収となっており、ほかの転職サイトと比べると、比較的高くなっています。
また、doda X(旧:iX転職)は非公開求人を多く保有している転職サイトとしても有名であり、ヘッドハンターに相談することで、自分のスキルや経験に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
「商品展開を行っている企業はどれほどあるのか」や「競合他社では募集要項はどのように変わるのか」などが知りたい方は、doda X(旧:iX転職)に登録してスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

豊田通商の転職事情。難易度や口コミなどを解説

豊田通商転職者の主なキャリアステップ 前職 トヨタ、三菱などの自動車 半導体、電機などのメーカー 双日などの商社 豊田通商株式会社に転職 次の転職先 ...

三井物産への転職難易度は?年収やキャリア採用の面接内容について

三井物産転職者の主なキャリアステップ 前職 電通などの大手広告代理店 大手電機メーカー 証券会社 三井物産株式会社に転職 次の転職先 コンサルティング...

三菱商事の転職情報。難易度や年収について調査

三菱商事転職者の主なキャリアステップ 前職 総研 保険会社 証券会社 メーカー 小売 三菱商事株式会社に転職 次の転職先 証券会社 Web系事業...

双日の転職難易度は高い?年収や評判などを解説

双日転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒からのプロパー社員 双日株式会社に転職 次の転職先 丸紅などの商社 外食産業 自動車 IT アパレル ...

伊藤忠商事の転職難易度は?面接内容や中途採用の年収も解説

伊藤忠商事転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒からの社員が多い 伊藤忠商事株式会社に転職 次の転職先 メーカー 銀行 IT系 伊藤忠...

ダイコー通産への転職は難しい?口コミや転職難易度などを解説

インターネットの重要性を帯びている現代において必要不可欠な通信ケーブルや通信機器の仕入れ販売を行っているダイコー通産。 全国主要都市に12拠点を展開して機器の販売を行っている企業です。 国内外のメーカーから仕入れたLANケー...

住友商事への転職はおすすめ?年収や福利厚生について調査

住友商事転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒からの社員 住友商事株式会社に転職 次の転職先 コンサルティング会社 メーカー 住友商事の...

東名の転職情報まとめ。転職難易度や事業内容、口コミなどを解説

東名転職者の主なキャリアステップ ...

アイスコへの転職は難しい?事業内容や社員の口コミ、面接内容などを解説

アイスコ転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 株式会社アイスコに転職 次の転職先 転職事例はほとんどなし アイスコの主な転職元・...

丸紅への転職難易度は?年収や口コミなどを調査

丸紅転職者の主なキャリアステップ 前職 IT系 コンサルティングファーム 丸紅株式会社に転職 次の転職先 コンサルティングファーム 商社 ...

TOP