WEB・アプリサービス

カカクコムの転職情報。学歴や転職難易度をご紹介

株式会社カカクコムは1997年の創業以来、インターネットサービスを展開しています。

本社は東京都渋谷区恵比寿のデジタルゲートビルにあります。従業員は851名(連結)で資本金は916百万円です。

国内随一の認知と集客力を誇る価格比較サイト「価格.com」や、飲食店検索・予約サイトの「食べログ」を皮切りに、旅行、映画、不動産などへと事業領域を拡大し続けています。

今では、国内外で提供しているサービス数が20以上にものぼります。営業利益率は45.7%にも達する高収益企業です。
【ユーザー本位】を哲学としており、生活者の最適な消費活動を支援すると同時に、事業者側のさまざまなニーズにも対応しています。

この記事でわかること

  • カカクコムの企業概要や事業内容
  • カカクコムへ転職するときのポイント
  • カカクコムの給与や働き方など

カカクコムへ転職する際のポイント

カカクコムの特徴

POINT

・社員の86%は中途採用が占める
・色々な社内制度(結婚出産祝い金など)が充実している
・各サービス毎に縦割りされた組織形態で、配属先により働き方や得られる知識は異なる

カカクコムへ転職するポイント

POINT

・ネットの広告代理店やWEB事業者出身が多い
・学歴は高卒出身なども一部いるが、大卒出身は比較的高学歴の比率が高い
・面接では具体的な質問などがされることが多い

カカクコムの企業概要

会社名 株式会社カカクコム
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿南3丁目5番7号 デジタルゲートビル
社長 畑 彰之介
設立 1997年12月
株式 上場(東証1部)
株主構成 デジタルガレージ(20.66%)
KDDI(16.63%)
日本マスタートラスト信託銀行(信託口)(4.34%)

カカクコムの売上

カカクコムの売上推移

年数 2017年 2018年 2019年
売上高 45,089百万円 46,782百万円 54,832百万円
経常利益 21,164百万円 22,820百万円 24,839百万円
POINT

カカクコムはメディア媒体である「食べログ」「価格.com」を主軸としており、2つの事業で売上の約85%を占めます。また、旅行や映画、不動産など新興メディアも順調に伸びてきており、成長率は主軸事業を凌駕しています。全体として安定して売上を伸ばしています。直近3年間の売上は、2017年は450億円、2018年は467億円に成長し、2019年は520億円にまで伸びる見込みです。営業利益率は例年46%前後をキープしており、高収益企業となります。

カカクコムの最新ニュース

カカクコムの事業内容

WEBメディア事業

価格比較サイト「価格.com」やレストラン検索・予約サイトの「食べログ」など、複数のWEBメディアの運営を行なっています。領域は広く、飲食、不動産、旅行、投資、ファッションなど多岐に渡ります。カカクコムの運営の大部分を占める事業です。

保険

保険の商品カテゴリごとに保障に応じた保険料の比較ができる「価格.com 保険」の運営を行っています。Web上での商品比較だけでなく、電話や面談など、実店舗を活用した保険相談も行っています。医療保険から生命保険、火災保険などさまざまな保険の無料相談などに対応します。

旅行プラットフォーム

BtoB向けサービスである旅行プラットフォーム「タイムデザイン」の提供を行っています。ホテルの宿泊プランや航空券などを組み合わせた「ダイナミックパッケージ」を提供しています。利用することで「旅行に関する予約が一括で完了する」、従来の旅行業界の常識を覆す新しい仕組みです。

カカクコムの募集要項

デジタルマーケター

カカクコムグループが提供するサービスのデジタルマーケティングの運用とコンサルティングおよび推進を行います。具体的な業務内容としては、事業ログの分析およびコミュニケーション施策の設計や、SEO強化のためのコンテンツ企画、インターネット広告の出稿および効果検証などとなります。

必須なスキル・経験

・インターネット関連のサービスにおける業務経験が2年以上ある方
・インターネット広告出稿の業務経験がある方
・アクセス解析の業務経験がある方など

Webアナリスト

カカクコムグループが提供するサービス改善に向けたデータ分析を行います。具体的な業務内容としては、データ分析ツールの導入や設計、アクセスログや事業ログを対象としたデータ分析およびコミュニケーション施策の設計などとなります。

必須なスキル・経験

・インターネット関連のサービスにおけるデータ分析が3年以上ある方
・データ分析環境の構築経験がある方
・インターネットメディアの企画運営の経験がある方など

タイアップ広告制作ディレクター

主に、食べログ内のタイアップ広告の制作を行います。クライアントが抱える課題、ニーズを理解した上で、食べログが提供できる手段、メディア価値を利用した解決手段を提案します。最終的には食べログ内のタイアップ広告として企画を立案して、実現するまでの全行程、制作を担います。

必須なスキル・経験

・広告制作やディレクションの経験がある方
・仮説を立てて実行し、検証から解決策を導き出すまでのスキルをお持ちの方
・周りの関係者を巻き込めるリーダーシップ、コミュニケーションスキルをお持ちの方など

Webディレクター

カカクコムグループが提供するサービスの利用者数を増やすための企画およびディレクションを行います。課題の仮説設定から、仮説に基づいた数値分析、課題を解決するための企画力、着実に運用する実行力などが求められます。

必須なスキル・経験

・大規模サービスでのWebディレクターの経験が3年以上ある方
・エンジニアやデザイナーを巻き込んだ、開発ディレクションの経験が3年以上ある方
・企画の効果測定や分析経験がある方など

カカクコムへの転職難易度は?

日本有数のサービスを展開しており、知名度は高くなっています。また、多くのユーザーが利用するサービスであり、根幹を支えるWeb技術は確かなものとされており、キャリア開発の観点から入社を希望する人も多いです。

ただし、採用後の昇給機会が多くないと言われており、一定の経験を積まれた後は転職される方が多くなっています。そのためか、通年で多くの中途求人が出されています。未経験者の転職は難しく、また経験者でも難易度は高いといえますが、一定の経験、スキルがあり必要条件に合う方には十分可能性があります。

カカクコムの転職はどんな方が受かりやすい?

カカクコムが積極的に採用するのは以下のような人材です。
・ユーザーの声に真摯に耳を傾けられる「ユーザー本位」の考え方ができる
・幅広い業務をマルチにこなす
・慎重に物事に取り組み、着実に歩み進めていける

エージェント
転職エージェント

堅実経営ならびに堅い社員が多いことには、会社としても危機感を覚えており、新しいことへのチャレンジしようと各種社内改革を進めています。
今後は、これまでの経験で新しいことにチャレンジした経験がある人やチャレンジ精神旺盛な人なんかも、アピールポイントになるはずです。

経営方針は堅実的であり、堅い社員が多いように感じられます。しかし、会社としてその点に危機感を覚えており、新しいことにチャレンジする風土を醸成しようと社内改革

カカクコムの価値観に賛同できる方を求めています。

カカクコムの転職までの流れ

カカクコムの選考フロー

エントリー

書類選考

1次面接

想定面接官:現場マネージャー
想定内容:職務経歴書に沿ってこれまでの経験とスキル、雑談からカカクコムの社風へのマッチ、コミュニケーション能力

WEBでのSPI

2次面接

想定面接官:役員、人事担当者
想定内容:将来のキャリアプランや、志望動機

内定

入社

カカクコムの面接形式

面接回数は2回-3回です。1回につき45分~1時間程度行います。

カカクコムの面接内容

圧迫感はなく、かなりフランクに、和やかな雰囲気で行われることがほとんどです。主に経験、スキルやコミュニケーション能力を確認する質問と、会社の成長に貢献できるかという観点から質問されます。例えば、以下のような質問がされます。

・食べログが日本一のサービスになるためには何が足りませんか。
・あなたはメンバーに対して経験済みの仕事を任せますか、未経験の仕事を任せますか。
・エンジニアとして一番得意なことは何ですか。

他には、実際に一緒に働く場面を想定した鋭い質問もされます。

・こんな会社には入りたくないと思うのはどんな会社ですか。
・業務で不満があったらどうしますか。

カカクコムの一員としてふさわしいかどうか、価値観を確認されます。

カカクコムで働いている方の評判・口コミ

エンジニア、在籍3年未満、中途入社、男性
他方の部署とうまく連携しながら仕事ができる会社だと思う。風通しもよく、下からでも意見を言っているのをよく目にする。ただ、決定権はトップにあるため、上層部との相性が悪いとうまくやっていけない会社でもある。
企画、在籍3年未満、中途入社、男性
仲間意識が非常に強い会社です。なので、プライベートでも交流があったりします。仕事とプライベートを分けたいという人にはあまり向いていませんが、チームや仲間で何かのものを作り上げるということが好きな人には向いている職場だと思います。
マーケティング、在籍5年未満、女性
部署によって評価の差が激しい。上司によって評価の度合いがバラバラな傾向がある会社だと思う。

カカクコムで働いている人の学歴・職歴

  • 主な転職元

    ・リクルートグループなどのWeb系事業会社
    ・サイバーエージェントなどのネット専業広告代理店
    ・アクセンチュアなどのコンサルティングファーム
    ・ベンチャー企業

  • カカクコム

  • 主な転職先

    ・リクルートグループなどのWeb系事業会社
    ・サイバーエージェントなどのネット専業広告代理店
    ・ベンチャー企業

学歴学歴は、高卒〜大学・大学院(博士含む)卒が在籍。高学歴者の比率が高く、海外大学もいる。
職歴職歴は、リクルートグループなどのWeb系事業会社、サイバーエージェントなどのネット専業広告代理店、アクセンチュアなどのコンサルティングファーム、ベンチャー企業などが挙げられます。

退職後の主な転職先リクルートグループなどのWeb系事業会社、サイバーエージェントなどのネット専業広告代理店、ベンチャー企業などが挙げられます。

カカクコムの年収・給与は?

平成28年におけるカカクコムの平均年収は683万円です。ここ数年での年収推移は639万円から680万円となっています。年収は安定していると言えるでしょう。

年収 683万円
ボーナスの有無 年2回(6月・12月)
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 なし
福利厚生 従業員持株会、確定拠出年金
社内部活動補助など

カカクコムでの転職者の出世難易度

年2回の評価面談が用意されていますが、昇進は評価ベースではなく、役員による抜擢人事により行われることが大半のようです。WEB系の会社にしてはウェットな側面があります。

また、良い意味で事業モデルが確立しているために安定的な売上の成長は続けていますが、飛び抜けた結果を出せる機会はそう多くありません。

出世自体は、転職者が不利ということはありませんが、古くからサービスの拡大に貢献してきた古参の社員がマネージャーとして在籍しているケースが多く、ポジションが詰まっているという声もあがっています。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代前半 なし 400万円
20代中盤 なし 550万円
20代後半 なし 550万円
20代後半 なし 700万円
30代前半 なし 550万円
30代前半 なし 700万円
30代前半 なし 800万円
30代中盤 なし 800万円
30代後半 マネージャー 850万円
40代前半 部長 950円
40代中盤 部長 1,100万円

カカクコムではどんな人が働いている?

カカクコムの従業員数

カカクコム単体:639名
グループ連結:851名
(2018年3月末時点)

カカクコムの平均年齢

34.3歳

カカクコムの平均勤続年数

4.7年

カカクコムの社風

カカクコムの経営方針は堅実的であり、堅い社員が多いように感じられます。しかし、会社としてその点に危機感を覚えており、新しいことにチャレンジする風土を醸成しようと社内改革を続けています。

実際に、日本国内おいてトップクラスのユーザー数を誇る「食べログ」や「価格.com」を運営する中で得られた高い技術力とマーケティング力を活かして、常に新たなビジネスモデルを創造し、社会を便利に変えるための存在であろうとしています。

カカクコムのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 10:00~19:00
休日 土曜・日曜・祝日
平均残業時間 約20時間
フレックス制度 有り
リモートワーク なし
産休・育休制度 有り
休暇制度 年末年始、夏季休暇、慶弔休暇
時短勤務 有り

カカクコムの社長

畑 彰之介

1999年4月、日本たばこ産業株式会社に入社。2001年12月、カカクコムへ転職し入社。入社して1年半ほどで営業部長に就任し、その2年後には執行役員にも就任する。営業本部、事業推進本部、事業開発部などさまざまな部門の責任者を経て、2016年6月、カカクコムの代表取締役社長に就任。

カカクコム現職、OB/OGの有名人

株式会社くふうカンパニー 取締役会長 穐田 誉輝氏

女優の「菊川怜」と結婚したことで有名な日本の実業家であり、現在は株式会社くふうカンパニーの取締役会長をしています。
2000年に株式会社カカクコムの経営に参画し、取締役に就任しています。

2001年にはカカクコムの社長に就任し、カカクコムの上場に大きく貢献しました。
2003年のマザーズ上場、2005年の東証一部上場を実現しています。その後2006年にはカカクコムの社長を退任し、2007年にはクックパッド株式会社の社長に就任しています。
穐田氏は主に創業間もないベンチャー企業に出資を行う実業として活動を行っています。

マネックスグループ株式会社 代表執行役社長 松本 大氏

日本の実業家であり、主に証券会社の経歴が目立ちます。1987年にソロモン・ブラザーズ・アジア証券会社に入社し、1990年にはゴールドマン・サックス証券会社に入社しています。

その後1999年に株式会社マネックスの代表取締役に就任しました。他にも株式会社東京証券取引所の取締役にも就任し、2010年にカカクコムの取締役に就任しています。

カカクコムの転職に関わるQ&A


どうしても部署間による差、個人による差はありますが、繁忙期以外では定時で帰る社員が多い。会社全体としては2017年実績で月の平均残業時間は約20時間となります。例え繁忙期でも、月45時間を超えて残業する人はかなり少ないです。

どうしても個人差があるものなので、あくまでも平均値にはありますが、1日9~10時間働いている方が多いようです。残業はそれほど多い会社ではありません。ただし、担当業務次第では残業時間が月100時間越えという方もいます。社内でのネゴシエーションも大切だと言えるでしょう。


女性でも中間管理職になっている方が多い傾向にあります。働きやすい環境は整っているほう
だと言えるでしょう。男性社員も、働く女性に理解のある方が多くいます。


カカクコムが運営するWebサービスは利用者も多く、支える仕組み、マーケティング力、開発力も評価が高い。ここでも経験、スキルは他社からも求められており、キャリアアップには有用な会社といえそうです。

カカクコムへ転職する方法

方法①|会社のホームページから応募する

カカムコムにはコーポレートサイトに採用ページを設定しているため、そこからエントリーすることが可能です。転職の場合、ホームページ上の「キャリア採用」を選択すると、「エンジニア」「クリエイティブ系職種」「企画/営業系職種」「管理系職種」の4つから希望する職種の情報を見ることができます。
時期によって情報が公開されていないこともありますが、一般的な応募方法である求人サイトの情報よりも正確な情報を知ることが可能です。

方法②|大手求人サイトを利用する

カカクコムは「doda」などの大手転職サイトに求人情報を掲載しています。しかし、カカクコムはあまり求人サイトを利用しない傾向にあるため、探すのが難しかったり、現在は募集していないと表示されたりする場合が多いです。
最初からカカクコムに入社を希望する場合は、会社のホームページをまず確認する方が良いでしょう。

方法③|エージェントサービスを利用する

リクナビエージェントなどの転職エージェントサービスを活用することでカカクコムへの転職をサポートしてくれます。しかし、先程の説明のように求人広告の数が少ないため、見つからない場合が多いです。

転職活動をするときには、転職エージェントのサービスを使った方が効果的に活動できるためおすすめです。もし転職エージェントを利用する機会があれば、カカクコムの求人があるか確認してみましょう。

関連記事

リクルートテクノロジーズの転職ノウハウ。難易度や残業時間などをご紹介

プロジェクトマネージャー系エンジニア系デジタルマーケティング系データ系コーポレート系 リクルートテクノロジーズ プロジェクトマネージャー系 プロジェクトマネージャー系に関するコメント Webサービス・...

ユーザベースへ転職したい方必見。転職難易度や福利厚生についてご紹介

ユーザベースは、SPEEDAやNewsPicksなど情報の発信・取得ができるプラットフォームを提供する会社です。数多くの企業が作業効率をはかるためにユーザベースのpプロダクトを活用しています。 現在はFORCASというマー...

LINEへの転職方法。福利厚生や給料について解説

LINE株式会社は、日本を代表するIT企業です。韓国企業Never株式会社の子会社として2000年に設立。2016年に日米同時上場しました。 代表サービス「LINE」をはじめとするコミュニケーションサービス、マーケティング事業...

アマゾンジャパンへの転職!評判や転職のポイントを解説

アマゾンジャパンは2000年7月に設立した会社です。 2憶種を超える書籍、生活用品、コスメ、時計、食品&飲料などの商品を取り扱う総合オンラインストア。 本社は東京都目黒区にあります。2018年10月時点では、営業からマーケテ...

Facebook Japanへの転職。評判や難易度などを解説

Facebook Japanは、世界的に有名なソーシャルネットワーキングサービス「Facebook」を運営しているFacebook.incの日本法人です。 オフィスを東京都六本木に構え、従業員数は43,030人(全体 2019/9...

FiNC Technologiesの転職はおすすめ?面接や福利厚生などを調査

FiNC Technologiesはダイエットアプリを開発している会社です。アプリには人工知能が搭載されており、一人ずつのユーザーに合わせたダイエット方法が提唱できるようになっています。その他、パーソナルジム事業やECサイト事業など...

アイスタイルの転職情報。難易度や給与などをご紹介

アイスタイルは、化粧品・コスメに関する情報サイト及び、ECサイト、専門店を運営している会社です。創業は1999年で日本でも早くからビッグデータに目をつけ、消費者に行動を分析するデータベース技術を使って、現在日本でN0.1の化粧品情報...

エムスリーへ転職はするべき?福利厚生や難易度について調査

エムスリーは医療従事者や関連企業向けのサービス展開を行っており、医療関連の情報サイトなどを運営している会社です。医療に関する最新ニュースなどを掲載しており、多くの医療関係者が利用しています。 本社は東京都港区に構え、従業員数は...

ネットフリックスへ転職するべき?福利厚生や社風などをご紹介

ネットフリックスはアメリカで創業し、世界中で運営を行う映像ストリーミング配信事業会社として活動を行っています。2017年12月時点で世界190ヶ国以上に動画配信を行い、売上規模は1兆5,000億円以上に上るなど、世界的なビッグカ...

エス・エム・エスへの転職は難しい?難易度や年収などを調査

エス・エム・エスは介護事業者及び、介護・医療業界で働く人向けに、情報サービスを提供しています。本社は東京都港区に構え、従業員数は2000名ほどです。高齢化も進み、目まぐるしく変化する介護・医療分野に対応するために、有益な情報を提供す...

TOP