メーカー

キーエンスへの転職難易度。面接対策や口コミについて徹底解説

 
▼下記は、キーエンスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからキーエンスに転職してくるのか
・転職先:キーエンスからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

  • 主な転職元

    ・新卒からの社員

  • キーエンス

  • 主な転職先

    ・各種メーカー
    Web系事業者
    ・IT系企業   など

キーエンスの主な転職元・転職先

学歴

学歴は、大学・大学院(修士含む)卒が在籍しており国立、早慶、MARCHなど高学歴者が多いです。

職歴

キーエンスでは、ほとんどが新卒での入社で占められています。

退職後の主な転職先

キーエンスからの転職先企業の特徴として、各種メーカーWeb系事業者、IT系企業などに転職しています。

キーエンスは、自動制御機器や計測機器、情報機器などを開発・製造販売を行っている企業です。
海外売上比率が50%を超えており、現在では世界46か国と地域、220もの拠点に事業展開をしてます。
1974年に設立と歴史がとても長く、大阪府大阪市に本社を構えており、8,419名の従業員が在籍しています。
そんなキーエンスでは現在、非常に優秀で即戦力となる人材を求めています。

この記事でわかること

  • キーエンスの企業概要
  • キーエンスの転職ポイント
  • キーエンスの社風や企業文化

キーエンスに転職するポイント

キーエンスの特徴

POINT

  • ・海外売上比率50%を超え、世界各地46か国・220拠点に事業展開している大企業
  • ・53%という非常に高い営業利益があり、他社を圧倒するほどの年収を誇る
  • ・非常に高い営業力が身に付き、安定した働き方ができる

キーエンスへ転職するポイント

POINT

  • ・自分に厳しく、細かくスケジューリングできる人材を求めている
  • ・非常に高いコミュニケーション能力があることが重要
  • ・会社からの指示に迅速かつ効率的に応えれる能力が必要

キーエンスの企業概要

会社名 株式会社キーエンス
本社所在地 大阪府大阪市東淀川区東中島一丁目3番14号
社長 中田 有
設立 1974年5月27日
株式 上場(東証1部)
株主構成 株式会社ティ・ティ(15.07%)
日本トラスティサービス信託銀行(10.03%)
滝崎武光(7.73%)

キーエンスの売上

キーエンスの売上推移

年数 2017年 2018年 2019年
売上高 316,347百万円 526,847百万円 587,095百万円
経常利益 173,436百万円 298,860百万円 319,860百万円

キーエンスの最新ニュース

キーエンスの最新情報や商品など掲載しております。

キーエンスの事業内容

キーエンスはFA(ファクトリーオートメーション)をメインとした、高い付加価値製品の開発や製造販売をしている企業です。
半導体チップによる生産性の向上や、製造工程でのシリアル管理の自動化、パッケージ不良や複合検査による品質向上などにより、生産現場の生産性や品質向上に貢献しています。
そのほかにも、金属業界での安全性向上や化学業界の省エネ対策など行っており、その結果、製造業のあらゆる分野において25万社以上の顧客と取引実績があります。
現在では日本国内のみならず、海外でも多くの拠点で事業展開を行っており、今後もキーエンスの誇る企画開発力と、顧客にとことん密着したコンサルティングサービスを活用し、世界中のもの作りに貢献していくでしょう。

キーエンスの転職の募集要項

資材購買調達バイヤー

資材購買調達バイヤーは、部材の調達や価格や納期の交渉、取引先管理などを行うポジションです。
具体的な業務内容は、発注~検収までの一連の業務や調達先との交渉、調達先への管理や指導などを行います。
そのほかにも、国内国外問わず新規取引先の開拓なども担当します。
世界中から適正な品質で最適なコストの部材調達を行い、会社業績の貢献が実感できるやりがいを感じることができるポジションでしょう。
もの作りの経験や知識がある方や取引先の管理や指導経験がある方は重宝される傾向があります。

必須な経験・スキル

  • ・電機・電子・精密・計測機器メーカーなどでの資材購買もしくは調達業務経験
  • ・英語や中国語などの日本語以外の語学力
  • ・コミュニケーション能力や論理的な思考能力
  • ・マルチタスクの処理能力

構造・筐体・機構・光学設計

構造・筐体・機構・光学設計は、FAセンサやコントローラ機器、ハンディ製品などさまざまな機器の構造・筐体・機構・光学設計を担当し、原理や要素技術の検証、量産立ち上げといった商品開発プロセスを幅広く担うポジションです。
具体的な業務内容は、新商品の要求される具体的な試作評価や量産の立ち上げ、機構やレーザー、熱などの要素技術に関する構造と筐体設計など行います。
そのほかにも構造技術者の育成や、構造設計業務の効率かを含むリーダー業務も担当します。
開発プロジェクトマネージャーや構造系のリーダー業務経験がある方、コミュニケーション能力が高く、社内外の調整や折衝が得意な方は、面接の際、有利になる可能性があります。

必須な経験・スキル

  • ・5年以上の電気・電子・機械・産業機器・精密機器メーカーなどでの構造設計の実務経験
  • ・熱・光学・レーザー・駆動機構・流体・画像・計測・クリーン・安全など、さまざまな製品の構造設計の実務経験
  • ・SolidWorksなど3DCADの操作経験

プロダクトデザイン

プロダクトデザインは、キーエンスの自社製品のプロダクトデザイン業務を担当するポジションです。
具体的な業務内容は、キーエンスの自社製品の筐体デザインやソフトのグラフィック的なUIデザイン業務や、製品開発の企画段階から製品完成までの各フェーズで、プロジェクト衣メンバーとの折衝を行い、商品戦略に対してデザインが適切かなどを判断するため、データや情報収集を行います。
そのほかにも、関係部門や業者と相互に意見を交換し、デザインなどの完成を目指します。
プロダクトデザインは、製品におけるデザインをすべて一手に担っているため、責任があり、それと同等にやりがいを感じることができるでしょう。

必須な経験・スキル

  • ・電機・電子・機械・産業機器・精密機器などのメーカーによるプロダクトデザイン経験

キーエンスの転職難易度

キーエンスの転職難易度は非常に高いです。
その理由の一つとして挙げられるのが、年収の高さにあります。
年収の高さはキーエンスの魅力の一つであり、労働時間に見合った給与をしっかりと支払ってもらえいます。
その結果、キーエンスに応募する転職者は多く、倍率が高くなるため、必然的に難易度が高くなってしまうのです。
また、応募する転職者は全体的にレベルが高く、そのなかから採用してもらうというのは、難しいかもしれません。
ほかの人にはないようなスキルや知識、経験があることが採用してもらえるためには必要不可欠です。

キーエンスが転職者に求める人物像

キーエンスは、自分に厳しい人や細かくスケジュール管理できる人を求めています。
キーエンスでは、基本的に管理された環境での業務になるので、上司や先輩からの指示に対して迅速かつ効率的に応えられる能力が必要になってきます。
また、顧客に対して自社製品の魅力を伝えたり、社内で企画を練る際に発案するなどがあるので、高いコミュニケーション能力も必要です。
仕事のオンオフがしっかりとあり、メリハリがある生活ができる人はキーエンスに向いているといえます。
面接の際は細かスケジュール管理ができ、コミュニケーション能力があることをアピールすること肝心です。

キーエンスの転職までの流れ

キーエンスの選考フロー

書類提出・SPI適正検査

一次~二次面接

想定選考官:人事
前職までの経験や志望動機など、基礎な質問をされます。

最終選考

想定選考官:役員
これまでされた質問を再度深堀し、改めてキーエンスにマッチしている人材か判断されます。

キーエンスの面接形式

面接はほとんどの場合1対1で行われます。
ただし、応募するポジションや応募者数によっては複数人による面接になる場合があります。
SPI適正検査があり、面接回数は2~3回です。
1回につき30分~1時間程度となります。

キーエンスの面接内容

キーエンスの面接では、前職までの経験や志望動機といった、基礎的な質問から面接が始まります。
また、専門的な質問をされることもあり、「新規事業に必要なものは?」や「倫理的思考に必要な要素は?」など、聞かれる場合があります。
内容によっては、すぐに回答できないような質問をされますが、しっかりと回答できるかどうかが重要です。
また、全体的に男性が多いことも多く、女性に対しては「男性が多くても大丈夫なのか」を聞くこともあります。
SPI適正検査は難易度が非常に高く、ここで落とされる人も少なくありません。
採用してもらうためには、企業側が魅力を感じるような応募書類を作成し、どんな質問をされてもしっかりと回答できるような入念な面接対策が鍵となります。

キーエンスで働いている方の評判・口コミ

営業 在籍3~5年 男性
顧客目線で物事を考えなければならないので、ある程度業務をこなせる必要がありますが、しっかりとした研修があるので、スキルアップできる環境があります。自身を磨き、さらなるスキルアップをしたいと考えている人には最適な企業だと思います。
企画 在籍1~3年 男性
仕事に責任感が伴い、良い意味で身が引き締まり、やりがいを感じます。常に仕事の効率化を考えて動いているので、無駄なく動けるようになり、時間を有効に使えるようになります。ただし、業務量が多いため、プライベートな時間はあまり取れないかもしれません。
販売 在籍3~5年 女性
住宅手当や交通費全額支給など、社内制度がとても充実しています。やることが多く、業務面は大変なことも多いですが、社内制度や福利厚生がとても良いので、安心して働ける環境が用意されています。また、年収も高いので、困ることはないでしょう。
口コミの要約

キーエンスの口コミを見てみると、顧客目線に立つことで責任感があり、仕事に対してのやりがいを感じられることが伝わります。また、福利厚生や社内制度が充実していることもあり、安心して働ける環境があります。ネガティブな口コミとしては、仕事量が多く、プライベートの時間が取れないという口コミが多く見られました。

キーエンスの年収・給与

年収 2,088万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 社会保険完備、社員持株会、慶弔金、退職金、キーエンスグループ健康保険組合、自己啓発支援など

キーエンスでの転職者の出世難易度

キーエンスの出世難易度は非常に高いです。
キーエンスに在籍している社員は、どの人もレベルが高く、実績を残し続けている人が多くいます。
そのなかで、実績を残し続け、評価をされて出世するというのは、簡単ではないでしょう。
しかし、キーエンスの評価は正当に行われるため、まったく出世できないというわけではありません。
人一倍努力し、小さな実績でもほかの人以上に残すことができれば、出世への道は拓かれるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 1000万円
30代前半 チーフ 1600万円
30代中盤 マネージャー 2200万円
30代後半 マネージャー 2500万円
40代前半 マネージャー 2800万円
40代後半 マネージャー 3000万円
50代前半 マネージャー 3000万円

キーエンスはどんな人が働いている?

キーエンスの従業員数

8,419名

キーエンスの平均年齢

35.8歳

キーエンスの平均勤続年数

12.1年

キーエンスの社風

キーエンスは、上司や部下関係なく、誰もが意見を積極的に発言でき、フラットで風通しの良い社風です。
また、全員で働く環境であるため、社員全員が会社を良くしていこうという意識が強く、各部署で「健康管理担当」や「美化担当」などの役割を担い、働く環境の改善に取り組んでいます。
業務量が多いキーエンスですが、残業は21時までと決められており、その時間までに退社するというところが徹底されています。
キーエンスには、どんな人でも働きやすい環境があるでしょう。

キーエンスのワークライフバランス

副業可否 不可
勤務時間 8:30~17:15
休日 休日 土日祝日(週休二日制)
その他の休日・休暇 GW、夏季・冬季休暇、慶弔休暇、特別休暇など
平均残業時間 約60時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

キーエンスの社長

中田 有

1974年生まれ、兵庫県出身。
1997年に関西学院大学法学部を卒業後、キーエンスに入社。
営業の経験を積み、2018年センサ事業部長、翌年には取締役センサ事業部長兼事業推進部長に就任。
2019年に代表取締役社長に就任。

キーエンス現職、OB/OGの有名人

滝崎武光

1945年生まれ、兵庫県出身。2度の企業と倒産を経て29歳でキーエンスの前進となる「リード電機」を創業。計測機器・情報機器・顕微鏡など高付加価値製品群の自社開発に成功。1986年に株式上場を果たす。
「世界初」にこだわる新製品開発とそれをフックにした顧客開拓、粗利益率ノルマと分単位の行動監視で研ぎ澄まされた営業部隊により、キーエンスを築き上げた。
現在はキーエンスの名誉会長。

キーエンスの転職に関わるQ&A


キーエンスは基本的に土日は休みの完全週休二日制。ですが事業部によっては出勤が多くなることもあります。残業は21時30分までとなっていますし、残業代もしっかり出ます。長期連休も取ることができるので、お休みに関しては融通がききやすいようです。


キーエンスは男性社員が多いですが、女性社員も在籍しています。ですが、育休・産休の取得率が低く、転勤も多いため育児や家事をしながらつづけることは難しいかもしれません。
ですが、結果を大切にする会社ですので、バリバリ働きたい女性にはぴったりの会社です。

キーエンスへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

キーエンスの採用ページから応募が可能です。
公式サイトでは現在募集されている職種や条件がざっくりと記載されているため、「まずは求人の状況を簡単に知りたい」という人はチェックしておきましょう。

ただ、採用のポイントや求めている経歴・スキルは詳細には記載されていないため、採用の確率を高めたい場合や非公開求人も見たい場合には転職サイトや転職エージェントを活用するのがおすすめです。

他社も含めた豊富な求人から選ぶなら「転職サイト」

転職サイトを活用してキーエンスへの転職を目指すなら、掲載企業数が豊富でミドル~ハイクラスの案件が多い「ビズリーチ」がベスト。
ビズリーチでは担当するアドバイザーの評価をチェックできるため、自分に合った担当者を探せることも魅力のひとつです。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つ。

・案件数の圧倒的な多さ
・自分のペースで転職を進められる気軽さ
・応募までのスピード感

豊富な職種や企業のなかから自分に合ったものを探したい人や、エージェントとのスケジュール調整がなかなかできない人にはおすすめです。
また、最近では本格的に転職エージェントを活用する前の下調べに転職サイトを利用する人も多く、キーエンスの募集要項や必須スキルなどをざっくり知りたい人は事前にチェックしてみると良いでしょう。

ビズリーチではグループのキーエンスマーケティング案件がほとんど

ビズリーチに掲載されている公開求人を見ると、そのほとんどがグループ会社のキーエンスマーケティングの案件となっています。

※画像はイメージです。時期によって掲載内容が異なります。

募集している職種は多く、フロントエンドやデータエンハンスなどのエンジニアから、商品企画、営業、経営管理などが掲載されています。
ハイクラスをメイン層としているビズリーチだけあって提示されている年収も比較的高く、800~1000万円程度が平均となっています。

また、ビズリーチは転職サイトのなかでも比較的非公開求人が多い傾向があり、アドバイザーに相談すれば公開されているもの以外の案件を紹介してもらえる可能性があります。

ただ、転職サイトから応募した場合、「企業が求めているスキルや人物像」が具体的に分からなかったり、キーエンスの社内事情に精通しているコンサルタントはつかないため、経歴やスキルで落とされる可能性も高くなります。
より確実性を重視するのであれば転職エージェントを利用するのがおすすめ。

通過率を高め、幅広いサポートをしてもらうなら「転職エージェント」

転職エージェントを活用してキーエンスへの転職を目指すなら、圧倒的案件数を誇る「リクルートエージェント」がおすすめ。
コンサルタントの質や業界知識に定評があり、業種や業態ごとに専門のキャリアコンサルタントが在籍しています。

転職エージェントのメリットとしては

・キャリアプランや給与交渉などを含む多角的なサポート
・本人のスキルや希望条件との高いマッチング率
・非公開求人の多さ

上記の3つが挙げられます。

キーエンスはミドル・ハイクラス転職では人気の高い企業で、当然その競争率も高くなります。
通過率がどのくらいあるのか。
そもそも、この時期に転職をしていいのか。

など、キャリアコンサルタントに相談をしてみましょう。
キーエンスへの転職確率を可能な限り上げたいのであれば、転職サイトではなく転職エージェントを活用するのが確実です。

リクルートエージェントでは詳しい求人状況が多数

リクルートエージェントの求人を見てみると、案件を幅広く扱っているのがわかります。
キーエンスリクルートエージェント
※画像はイメージです。時期によって掲載内容が異なります。

キーエンス関連のどの企業に行きたいかを完全に決めていない方や、初めて転職をする方などは、幅広く案件を見られるリクルートエージェントはベストと言えます。
また、登録不要で案件を閲覧できるのもリクルートエージェントの魅力のひとつで、ざっと案件を見てから興味を持てそうであれば登録してみるのも良いでしょう。

非公開求人も多いため、実際にコンサルタントに相談をしてみて、キャリアプランや給与交渉なども含めて相談するのがおすすめです。

あなたがキーエンスに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

三菱重工への転職は難しい?面接内容や倍率など解説

▼下記は、三菱重工に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから三菱重工に転職してくるのか ・転職先:三菱重工からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

川崎重工への転職。難易度や口コミなどを解説

▼下記は、川崎重工に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから川崎重工に転職してくるのか ・転職先:川崎重工からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

レベルファイブに転職するには?社員の評判と面接のポイントを解説

▼下記は、レベルファイブに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからレベルファイブに転職してくるのか ・転職先:レベルファイブからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せる...

AGCの転職難易度は?面接内容や口コミなど解説

▼下記は、AGCに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからAGCに転職してくるのか ・転職先:AGCからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

日本マイクロソフトへの転職は難しい?口コミや年収などをチェック

  ▼下記は、日本マイクロソフトに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本マイクロソフトに転職してくるのか ・転職先:日本マイクロソフトからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、...

デンソーへの転職は難しい?年収や難易度について徹底解説

  ▼下記は、デンソーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからデンソーに転職してくるのか ・転職先:デンソーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

京セラの転職難易度は?口コミや年収など解説

▼下記は、京セラに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから京セラに転職してくるのか ・転職先:京セラからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

キヤノンの転職難易度は?面接内容や口コミなど解説

▼下記は、キヤノンに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからキヤノンに転職してくるのか ・転職先:キヤノンからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

NECへの転職。残業やNECからの転職先などについてご紹介

  ▼下記は、NECに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNECに転職してくるのか ・転職先:NECからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

シャープへの転職は難しい?面接内容や口コミを解説

▼下記は、シャープに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからシャープに転職してくるのか ・転職先:シャープからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

TOP