メーカー

ブラザー工業の転職難易度は高い?口コミや年収などを解説

ブラザー工業転職者の主なキャリアステップ

ブラザー工業の主な転職元・転職先

学歴主な学歴は、大学卒業や大学院卒業などが在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

前職ブラザー工業在籍者の主な職歴は、日本電産やカシオなどのメーカーのほか、銀行や研究所、コンサルファームなどが挙げられます。

次の転職先ブラザー工業からの転職先として、日本電産キヤノンなどのメーカーデロイトなどのコンサルファームのほか、研究所や大手商社銀行などへ転職しています。

ブラザー工業は、複合機やファックス、ミシンなどを製造している電機メーカーです。
「ブラザー工業のDNAを伝承し、未来永劫の繁栄に向けて、変革に挑戦する」という目標を持ち、日本国内だけでなく、北米やヨーロッパなど、40以上の国と地域に展開しています。
また、パーソナル空間向け小型空気清浄機や産業用ラベルプリンターなどの製造も行ってます。
その結果、家庭用・工業用ミシンや、SOHO向けの複合機、ファックスなどは世界トップクラスのシェアを誇っており、売上比率の約9割が海外となっている企業です。
そんなブラザー工業では、開発職をメインに、自ら考えを持ち、情熱をもって迅速に行動できる人材を求めています。

ブラザー工業への転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・ブラザー工業の口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ブラザー工業株式会社の最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!

ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • ブラザー工業の企業概要
  • ブラザー工業の転職ポイント
  • ブラザー工業の社風や企業文化

ブラザー工業に転職するポイント

ブラザー工業の特徴

POINT

  • ・複合機やファックス、ミシンなどを製造する電機メーカー
  • ・日本だけでなく、北米やヨーロッパなどの40以上の国と地域に事業展開
  • ・ミシンや複合機、ファックスなどは世界トップクラスのシェアを誇る

ブラザー工業へ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的少ない
  • ・開発を中心に求人募集
  • ・自ら考えを持ち、情熱をもって行動できることが重要

ブラザー工業の企業概要

会社名 ブラザー工業株式会社
本社所在地 愛知県名古屋市瑞穂区苗代町15番1号
社長 佐々木 一郎
設立 1934年1月15日
株式 上場(東証1部、名証1部)
株主構成 日本マスタートラスト信託銀行(6.95%)
日本トラスティ・サービス信託銀行(6.68%)
SSBTCCLIENTOMNIBUSACCOUNT(5.30%)

ブラザー工業の売上

ブラザー工業の売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上収益 683,972百万円 637,259百万円 631,812百万円
営業利益 71,925百万円 67,329百万円 42,731百万円

ブラザー工業の最新ニュース

ブラザー工業の事業内容

ブラザー工業は、複合機やファックス、ミシンなどの製造を行っている電機メーカーです。
「ブラザー工業のDNAを伝承し、未来永劫の繁栄に向けて、変革に挑戦する」を目標に掲げ、日本国内だけでなく、海外への事業展開にも積極的に取り組んでいます。
ブラザー工業が手掛ける事業は5つありますが、そのなかでも以下の3事業を主軸に運営しています。

プリンティング・アンド・ソリューションズ事業

自宅などをオフィスにして仕事するSOHO(Small Office, Home Office)に対して、さまざまなニーズに対応した熱転写ファックスやレーザー小型複合機を開発し、提供している事業です。
主力製品として、モノクロレーザー複合機やカラーレーザー複合機、インクジェットプリンターなどを提供しています。
そのなかでもレーザープリンターや複合機は、SOHO市場において高速印字やコストパフォーマンス面、耐久性などのバランスの良さがあり、世界中のクライアントから圧倒的な評価を得ています。
さらに近年では、コンパクトな複合機やA3インクジェット複合機など、モバイル機器との接続可能な製品を展開しており、クライアントのニーズに対応している事業です。
今後の展望として、客層をSMB市場にまで拡大し、クライアントの課題解決を図るソリューションや最適配置の提案、印刷管理など、生産性向上とコスト最適化の実現を目指しています。

パーソナル・アンド・ホーム事業

家庭で用いられるミシンを開発と製造し、提供している事業です。
主力製品として、刺しゅう用ミシンや職業用刺しゅうミシン、一般用ミシン、カッティングマシンなどを提供しています。
ブラザー工業が手掛けるミシンは、高性能であり、高付加価値の製品を提供できる開発力を保有しており、電子技術の強みを活用した最先端機能の提供を目指しています。
その結果、北米をはじめとした国と地域で、非常に高い知名度を誇っており、高級機を販売する大手ディーラーとの関係を構築、海外への提供も強化している事業です。
今後も、優れた製品の提供に加え、細やかなサービスや教育にも注力し、さらなるブランド力強化と維持を図っていくことを目指しています。

マシナリー事業

工業用ミシンやミシンで使用されるキーパーツ、減速機や高精度歯車などを製造している事業です。
そのなかでも工業用ミシンは、布帛の縫製において業界をリードしており、近年ではネットワーク技術を活用した「NEXIOシステム」の開発をしたことにより、縫製工場の生産性向上にも貢献しています。
また、次世代工作機械ブランド「SPEEDIO」を立ち上げ、より大型の部品を加工する機種や、旋削加工もできる機種などを新規市場の開拓にも取り組んでいます。
さらには、幅広いラインナップと短期での納期が可能な「ギアモータ」の開発なども行っており、幅広い市場において高い評価を得ている事業です。

ブラザー工業の募集要項

生産技術

海外拠点の内製基板製造ラインにおける生産技術担当を担うポジションです。
具体的には、海外拠点内製基板ラインでの新機種立ち上げや、工程設計、生産技術の開発を行います。
また、基板回路検査装置や画像検査装置の選定と導入、工程改善、基板検査なども行います。
年に3~4回程度、フィリピンやベトナム、中国などに出張する場合があり、さまざまな地域で活躍できる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・何かしらの製造技術や生産技術の実務 経験

サイバーセキュリティ対策・推進担当

サイバーセキュリティ対応策の企画や立案、セキュリティインシデント発生時の対応の推進を担当するポジションです。
具体的には、日本を含めた各国のセキュリティ関連法令や基準、ガイドラインに対応した要求事項の整理とセキュリティ脅威情報の把握、セキュリティ技術とサービス情報の把握など、情報収集と分析を行います。
それらの結果を基に、「どんなリスクがあるのか」や「どのように対策すべきか」などのアクションを決定する者へ提言し、推進します。
また、経験やスキルによっては、セキュリティインシデント発生後の状態把握と対処、セキュリティ対策強化のための、規程と技術的ガイドラインの策定を行うなど、責任感が問われる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・通信とネットワークアーキテクチャの知見
  • ・セキュリティインシデント対応の経験
  • ・リスク分析や対策の選択といったリスクマネジメントに関する知見 など

UIデザイナー

取り扱っている製品やサービスにおけるユーザーインターフェースデザイン業務全般を担当するポジションです。
具体的には、新商品の開発のための課題抽出や目標設定、市場調査、仕様検討など、一連の流れを担います。
また、顧客へのプロモーションやデザイン設計を行うなど、幅広い商品企画に携われる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・本体組み込みUI開発の知見と経験
  • ・PCやモバイルアプリ開発の知見と経験
  • ・4年以上のインターフェースデザイン開発の実務経験 など

ブラザー工業の転職難易度

ブラザー工業の転職難易度は比較的高いです。
その理由は、ブラザー工業は世界的に高いシェアを誇っているため、知名度が非常に高く、人気のある企業ということが挙げられます。
そのため、どのポジションでも倍率が高くなる傾向があり、競争率が激しくなることが想定できます。
さらには、中途採用によるキャリア募集はそれほど多いわけでなく、チャンスは限られているといえるでしょう。
ブラザー工業への転職を目指すなら、ほかの応募者に勝っているスキルや経験があることが肝心です。

ブラザー工業が転職者に求める人物像

ブラザー工業では、自ら考えを持ち、情熱をもって行動できる人材を求めています。
まあ、本質をしっかりと見極められ、世界を舞台に活躍したいと考える人材も求めている傾向があります。
ブラザー工業は、世界中に製品を提供しており、日々新しい製品の開発に励んでいるため、このような能力が必要となるのです。
面接では、これらを効率的にアピールし、面接官に興味を持ってもらえるかどうかがポイントでしょう。

ブラザー工業の転職までの流れ

ブラザー工業の選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接・筆記試験

想定選考官:部署マネージャー
想定内容:志望動機や入社後のビジョンなど、スタンダードな質問をされます。

最終面接

想定選考官:部長・人事責任者
想定内容:これまでの質問に加え、仕事に関する質問をされます。

内定

ブラザー工業の面接形式

面接は基本的に1対1で行われます。
面接回数は2~3回ですが、職種によって異なる場合があります。
1回あたりの時間は1時間前後です。

ブラザー工業の面接内容

ブラザー工業の面接は、志望動機や入社後のキャリアプランなど、スタンダードな質問から進みます。
そのほかにも、「これまで培ったスキルや経験をどのように活かせるか」や「その能力を使ってどのようなことがしたいか」といった仕事に関する質問をされる傾向があります。
これといった一風変わった質問をされることはほぼありませんが、ブラザー工業にマッチしている人材かを判断される質問を多くされるので、企業研究は欠かせないでしょう。
また、自己分析もしっかりと行い、即戦力として活躍できることをアピールできるよう、入念に準備することが大切です。

ブラザー工業で働いている方の評判・口コミ

技能工、在籍5~7年、男性
改善やQCが盛んなため、やりづらい業務や曖昧な作業がどんどん改善されており、とても働きやすくなっています。また、比較的仕事を任せてもらえる環境があるため、やりがいと責任を感じられるでしょう。
一般事務、在籍5~7年、男性
非常に多くの講習や研修が用意されており、自分の修得したいスキルや学びたいものなどを自由に選択することが可能です。そのため、自発的に行動できれば、スキルアップできる環境があるといえるでしょう。
マーケティング、在籍3~5年、女性
近年の働き方改革により、リモートワークが増え、残業時間がコントロールされているため、それほど残業することはありません。また、フレックスや時短などの制度も導入しているため、一人一人に合わせた働き方が可能です。

口コミの要約ブラザー工業の口コミを見てみると、働きやすいように環境整備が進んでおり、仕事を任せてもらえる雰囲気があるということが伝わってきます。また、非常に多くの教育や研修が用意されているため、自発的に行動できればスキルアップできる環境があるということが伺えます。

ブラザー工業の年収・給与

年収 762万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 家族手当、寮社宅、公開研修、階層別研修、退職金制度など

ブラザー工業での転職者の出世難易度

ブラザー工業の出世難易度は中程度です。
日々努力を重ね、実績を残し続けることで、出世できる可能性が高くなります。
また、評価制度は平等な傾向があり、正当な評価を得られます。
さらに、周囲と協力し、ほかの社員を牽引しながら業務を遂行できることや、誰とでも気兼ねなくコミュニケーションを取ることができれば、さらに出世できる可能性が高くなるでしょう。
ブラザー工業での出世を目指すなら、これらを意識し、コツコツ努力することで、出世への道が拓けるといえます。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 600万円
30代中盤 なし 700万円
30代後半 なし 700万円
40代前半 主任 800万円
40代後半 主任 1,000万円
50代前半 課長 1,200万円

ブラザー工業はどんな人が働いている?

ブラザー工業の従業員数

3,803名(単独)
38,741名(連結)

ブラザー工業の平均年齢

42.7歳

ブラザー工業の平均勤続年数

15.4年

ブラザー工業の社風

ブラザー工業は、チャレンジを強みに謳っている企業なため、失敗に対して寛容な社風です。
積極的に挑戦することを推奨しているため、若手からでもさまざまなことにチャレンジできる環境があります。
また、全体的に社員同士が仲が良く、定期的にコミュニケーションを取るなど、社内全体が明るい雰囲気があります。
さまざまなことにチャレンジしながら、明るい環境で業務を遂行したいと考える方には、向いている企業といえるでしょう。

ブラザー工業のワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~18:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、GW休暇、夏季休暇、誕生日休暇、結婚記念日休暇など
平均残業時間 月20~30時間
フレックス制度 有り(コアタイム 9:30~14:00)
リモートワーク 相談可
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

ブラザー工業の社長

佐々木 一郎

1957年生まれ、愛知県出身。
名古屋大学大学院工学研究科修了後、ブラザー工業株式会社に入社。
レーザープリンター開発など新事業の指揮を担当。
2008年にNID開発部長に就任。
翌年には執行役員に就任。
その後も、常務執行役員や取締役常務執行役員、代表取締役常務執行役員などを歴任。
2018年より代表取締役社長を務めており、中期経営計画策定などにあたった人物。

ブラザー工業現職、OB/OGの有名人

小池 利和

1955年生まれ、愛知県出身。
早稲田大学政治経済学部経済学科卒業後、ブラザー工業株式会社に入社。
1982年にブラザーインターナショナルコーポレーション (U.S.A) に出向。
2005年に帰国し、2007年より代表取締役社長に就任。
2018年から代表取締役会長を務めている。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声が分からない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握したうえで転職活動を進めましょう。

ブラザー工業の転職に関わるQ&A


企業研究を行ううえで、最も重要なポイントは、「ブラザー工業の強みを理解し、他社にはないもの」を明確にすることです。
それらに加え、経営理念をしっかりと理解することで、志望動機の作成に役立てられるでしょう。

産休や育休といった福利厚生が充実しており、産休後の復帰率は非常に高くなっています。
そのため、ライフイベントの際でも安心して働くことができるといえます。

ブラザー工業へ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ブラザー工業の公式HPにある採用情報ページからエントリーできます。
採用情報ページには、求人情報以外にも、製品情報やサポート、企業情報などが掲載されているため、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、求人内容はざっくりとしか掲載されておらず、不透明な部分も少なくありません。
より詳しい内容が知りたい方や公式HPに載っていないような求人に応募したい方は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ブラザー工業株式会社の最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!

ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

競合他社の募集要項も見比べたいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してブラザー工業に転職するなら、競合他社の募集要項も一緒に見比べられる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空き時間を活用できる手軽さ
  • ・求人件数の豊富さ
  • ・求人確認から応募までのスピード感

転職サイトは、空き時間を活用して転職活動を行える手軽さがあるため、忙しい方でも比較的転職しやすいでしょう。
また、求人件数が豊富なため、自分の希望するポジションを見つけやすいという特徴があります。
できるだけ早く転職したい方や希望ポジションを見つけたい方は、転職サイトの活用がおすすすめです。

競合他社を比較するなら「iX転職」

iX転職には、競合他社の募集要項もまとめて確認できます。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールの電気機器メーカーは、800万円~1,200万円が平均年収となっており、ほかの転職サイトと比べると、比較的高くなっています。
また、iX転職は非公開求人を多く保有している転職サイトとしても有名であり、ヘッドハンターに相談することで、自分のスキルや経験に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
「電気機器の製造を行っている企業はどれほどあるのか」や「競合他社では募集要項はどのように変わるのか」などが知りたい方は、iX転職に登録してスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

積水ハウスへの転職。難易度や年収、口コミまでご紹介

積水ハウス転職者の主なキャリアステップ ...

京セラの転職難易度は?口コミや年収など解説

京セラ転職者の主なキャリアステップ ...

レキットベンキーザーへの転職はおすすめ?年収や転職情報について調査

レキットベンキーザー転職者の主なキャリアステップ ...

ディスコへの転職は難しい?年収や口コミなど解説

ディスコ転職者の主なキャリアステップ ...

日野自動車の転職事情。年収や口コミなどを解説

日野自動車転職者の主なキャリアステップ ...

エブレンの転職事情。面接内容や転職難易度などを解説

エブレンは、情報や通信、制御などの分野を対象に、産業用電子機器や工業用コンピューターの設計と製造を専門としているメーカーです。 バックプレーンやバスラック、システムシャーシを中心に、電子機器本体まわりの開発や試作、設計などに関...

ブルボンの転職難易度は?口コミや社風などを解説

ブルボン転職者の主なキャリアステップ ...

ハウス食品グループへの転職。面接の内容や社員の口コミをご紹介

ハウス食品転職者の主なキャリアステップ ...

アズビルの転職難易度は高い?口コミや年収などを解説

アズビル転職者の主なキャリアステップ 前職 コニカミノルタ、村田製作所、大王製紙などのメーカー ホテル 商社 アズビル株式会社に転職 次の転職先 川崎...

任天堂への転職はおすすめ?評判や学歴、年収について解説

任天堂転職者の主なキャリアステップ ...

TOP