メーカー

アサヒビールへの転職。難易度や口コミを徹底調査

▼下記は、アサヒビールに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからアサヒビールに転職してくるのか
・転職先:アサヒビールからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

  • 主な転職元

    ・ほとんどがプロパー社員
    ・職歴の特徴は特になし
      

  • アサヒビール株式会社

  • 主な転職先

    ・転職先の特徴は特になし

アサヒビールの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴として、高校卒業や専門学校卒業、大学や大学院卒業など、幅広い学歴の社員が在籍しています。

職歴

アサヒビール在籍者は、ほとんどがプロパー社員であり、一部転職者はいますが、職歴の特徴は特にありません。

退職後の主な転職先

アサヒビールからの転職先として、転職事例はあまり多くなく、転職先としての特徴も特にありません。

アサヒビールは日本を代表する大手ビールメーカーです。
ビール類市場におけるシェア率は日本1位であり、ここ数年では、アジア圏を中心に海外展開にも注力しています。
2010年に設立、東京都墨田区に本社を構えており、5,949名もの社員が在籍しています。
そんなアサヒビールの中途採用では、企画や営業職において、高いスキルと知識を持っている人材を求めています。

初めての転職でアサヒビールを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

アサヒビールの年収や口コミも気になるけど、どんな求人が出てるのか先に知りたい!という方はまず、ビズリーチなどの転職サイトで求人情報をチェックしてみましょう。
ビズリーチはハイクラス求人が豊富に掲載されているので、転職先がまだ定まっていないという場合は、ここで一度比較することをおすすめします。
転職エージェントの活用を考えている場合でも、情報収集として事前にビズリーチをチェックしておくことで、転職活動をスムーズに進めることができるようになります。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • アサヒビールの企業概要
  • アサヒビールの転職ポイント
  • アサヒビールの社風や企業文化

アサヒビールに転職するポイント

アサヒビールの特徴

POINT

  • ・日本を代表する大手ビールメーカー
  • ・ビール類売上シェア率は日本1位を誇っている
  • ・平均残業時間が少なく、業界内でもトップクラスの待遇

アサヒビールへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は少なく転職難易度が高い
  • ・企画や営業での求人募集が多い傾向がある
  • ・非常に高いスキルや知識に加え、人柄が重要視される

アサヒビールの企業概要

会社名 アサヒビール株式会社
日本所在地 東京都墨田区吾妻橋一丁目23番1号
社長 塩澤 賢一
設立 2010年8月10日
株式 非上場
株主構成(2018年3月期) 朝日グループホールディングス株式会社(100%)

アサヒビールの売上

アサヒビールは非上場のため、親会社である朝日グループホールディングスの売上を掲載しています。

アサヒグループホールディングスの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上収益 2,084,877百万円 2,120,291百万円 2,089,048百万円
税引前利益 196,984百万円 207,308百万円 197,391百万円

アサヒビールの最新ニュース

アサヒビールの事業内容

ビールに特化し、消費者にとって特別な価値や体験を創造することを目標としている企業です。
消費者にとって親しみがあり、何かと接点が多いビールの取り組みに注力することで、特別な価値や体験を創造、若年層のビール需要拡大に向け積極的な取り組み強化を行っています。
また、ビール以外では各カテゴリーで主力ブランドの立ち上げや、差別性の高い新たな商品の展開など、酒類の多様な楽しみ方の提案やサービスの展開も図っています。

ビールに関しては、「アサヒスーパードライ」の改善と強化、「スーパードライ」に新たなブランドメッセージを設定、そのブランドメッセージに沿った取り組みを展開、ビール需要活性化を強化している領域です。
さらには、新ジャンルである「クリアアサヒ」の積極的な展開も行っています。

ビール以外の酒類に関しては、中核ブランドであるク産ウィスキー「ブラックニッカ」や輸入ウィスキー「ジャックダニエル」を中心に、取り組み強化を図っています。
その結果、ブラックニッカは7年連続で過去最高売上を更新しました。
そのほかにも、ワインや焼酎などの取り組みにも強化を図っており、アルコールテイスト清涼飲料の創出、消費者の健康機能を重視するニーズに対応した商品展開も行っています。

アサヒビールの募集要項

売場企画・販促業務

各エリアの売り場の企画や提案、販売促進業務を担当します。
主な活動場所は、スーパーやドラッグストアなどの量販店を中心に、限られたスペースの中で、最大限の成果を出せるよう売場を作りあげます。
さまざまな方とコミュニケーションを取るため、高いコミュニケーション能力が必要です。

必須な経験・スキル

  • ・普通自動車免許(AT限定可)
  • ・高いコミュニケーション能力

海外知財担当

海外への特許出願や意匠出願などの知財業務、ライセンス交渉、海外知財担当者との連絡などを行うポジションです。
海外とは基本的にテレビ会議や電話、メールでのやり取りが中心となり、年に数回は海外出張があります。
海外とのやり取りが多いため、ビジネスレベルの英語力は必要でしょう。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上の海外知財業務経験
  • ・TOEIC750点程度の英語力

エンジニア

アサヒビール工場にて製造に関わるポジションです。
エンジニアとして、製造設備の保守保全を行い、工作チームとして、ビール製造設備の点検や修理、改善などの工事対応を行い、工場の基礎となる設備を支えます。
機械設備や電気・計装設備、エンジニアリングの経験の実務経験のある方には向いているポジションでしょう。

必須な経験・スキル

  • ・酒類や飲料業界、製造オペレーターに対しての関心
  • ・チームワークを大切にしている

アサヒビールの転職難易度

アサヒビールの転職難易度は比較的高いです。
アサヒビールは日本を代表するだけの知名度があり、応募者が多いことが推測されます。
また、中途採用枠はそれほど多くないため、必然的に転職難易度が上がってしまうでしょう。
求人募集をされたとしても、優秀な人材が多く応募するので、内定を獲得するのは簡単なことではありません。
しかし、事前にしっかりと企業分析と対策をすれば、内定を獲得できる可能性が高くなります。
しっかりと企業分析と対策を行い、どんな企業なのかを熟知してから面接に臨むと良いでしょう。

アサヒビールが転職者に求める人物像

アサヒビールではグループ経営理念をはじめとした価値観やビジョンに共感できる人材を求めています。
また、自ら課題を見つけ、チャレンジしてやりきる力を持っていることや、チームに積極的に協力して影響力を与え貢献できること、コミュニケーション能力に長けていることなどを重要視しています。
面接では、これらをアピールできるかどうかが肝心です。

アサヒビールの転職までの流れ

アサヒビールの選考フロー

エントリー

一次~三次面接

想定選考官:人事
想定内容:志望動機やこれまでの経験など、一般的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:事業責任者・役員
想定内容:これまでにされた質問をさらに深堀するような質問をされます。

内定

アサヒビールの面接形式

面接は1対1で行われるのがほとんどです。
面接回数は職種に応じて2~4回あります。
1回あたりの時間は30分程度で終わります。

アサヒビールの面接内容

志望動機やこれまでの経験などを中心に面接が進みます。
特にこれまでの経験に関して、事細かく具体的に聞かれる傾向があるので、事前に自己分析しておきましょう。
また、「好きなビールは?」や「どれくらいお酒飲む?」、「同業他社との違い」など、主にお酒に関した質問をされます。
面接の雰囲気は比較的和やかであり、圧迫面接などはありません。
変に緊張せず、リラックスして自分らしく面接に臨みましょう。

アサヒビールで働いている方の評判・口コミ

経営管理、在籍7~10年、男性
市場で目にする機会が多く、仕事によっては自分の関わった仕事がニュースで報道されたりするので、社会との繋がりは非常に感じやすいと思います。また、身近なお酒を取り扱っているということもあり、面白みとやりがいを感じられるので充実した仕事ができます。
法人営業、在籍3~5年、男性
オンライン講座などが豊富にあるので、やる気さえあれば自分でスキルアップ目指すことができます。また、教育しようという姿勢が強く、新入社員などに対して手厚く対応しているので、仮に未経験だとしても安心して働くことができるでしょう。
ルートセールス、在籍3~5年、女性
毎日のスケジュールは基本的には自分次第なので、比較的自由な感じで働くことができます。フレックスも導入されているので、自分らしく働けるのではないでしょうか。また、ほとんど残業がないので、ワークライフバランスは良いと思います。
口コミの要約

アサヒビールの口コミを見てみると、社会との繋がりを感じやすく、やりがいや責任感を感じながら仕事できることが伺えます。また、オンライン講座などが豊富なため、スキルアップできる環境があるということが伝わってきます。

アサヒビールの年収・給与

年収 1,250万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 法定福利、各種休暇制度、カフェテリアプラン、財形貯蓄など

アサヒビールでの転職者の出世難易度

アサヒビールの出世難易度は比較的高いです。
優秀な社員が多く在籍しており、実績を残している方が多くいます。
また、管理職などの枠はそれほど多くはないので、出世することはなかなか厳しいといえます。
ただし、評価は男女など関係なく、全員平等であるため、ほかの人よりも実績を残していれば出世できる可能性も高いでしょう。
時間こそはかかってしまうかもしれませんが、努力し続けて周りに認めてもらうことで、出世への道は拓かれます。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 主任 600万円
30代前半 課長代理 700万円
30代中盤 課長代理 900万円
30代後半 課長 1,000万円
40代前半 担当部長 1,100万円
40代後半 次長 1,200万円
50代前半 支店長 1,250万円

アサヒビールはどんな人が働いている?

アサヒビールの従業員数

5,949名

アサヒビールの平均年齢

45.7歳

アサヒビールの平均勤続年数

13.7年

アサヒビールの社風

アサヒビールに在籍している社員は個性豊かでありますが、団結力があり、社員が一丸となって目標に向かっていくという社風があります。
何かあれば社員を手助けし、頑張った社員がいれば賞賛し、お互いに切磋琢磨していくという環境があります。
体育会系なところもあり、上下関係などは厳しい反面、困っている人にはとことん優しく、家族のような仲間が魅力の一つとして挙げられるでしょう。
チームワークを大切にしつつも、バリバリ働きたいという方には合っている企業といえます。

アサヒビールのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 8:30~17:00、もしくは9:00~17:30
休日 土日祝日(週休二日制)
その他の休日・休暇 年次有給休暇、慶弔休暇、リフレッシュ休暇、メモリアル休暇など
平均残業時間 月20〜30時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

アサヒビールの社長

塩澤 賢一

1958年生まれ、東京都出身。
慶応義塾大学商学部卒業後、1981年にアサヒ入社。
大阪支社長や執行役員営業戦略部長、取締役兼執行役員経営企画本部長などを歴任。
2019年にアサヒビール株式会社代表取締役社長に就任。
塩澤賢一氏が就任してからのアサヒビールは、販売数を稼ぐのではなく、消費者の満足度を高めるという業務目標に変更し、その結果、営業部門へのストレス軽減と負担が軽減された。

アサヒビール現職、OB/OGの有名人

泉谷 直木

1948年生まれ、京都府出身。
京都産業大学法学部法律学科卒業後、アサヒビールに入社。
労働組合役員を経て、新設の広報企画課長に就任。
その後も、経営企画部長や執行役員グループ経営戦略本部長、執行役員首都圏本部副本部長兼東京支社長などを歴任し、2010年に代表取締役社長に就任。
2016年からは代表取締役会長兼CEOとなり、現在に至る。

アサヒビールの転職に関わるQ&A


アサヒビールは、残業時間が比較的少なく、ワークライフバランスが良いでしょう。
繁忙期は、仕事量が多くなるため、残業時間が多くなる傾向がありますが、そこまで大変ではないです。
チームワークを重視する雰囲気があるので、一人で黙々と作業したい方には窮屈に感じる方もいるかもしれません。

男性のみならず女性社員も在籍しており、また評価は男女平等なため、女性でも働きやすい環境があるといえます。
また、産前産後休暇や育児休暇が取得しやすい傾向があるため、そういった面でも安心して働くことができます。

アサヒビールへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

アサヒビールの公式サイトにある採用ページからエントリーすることができます。
ただし、求人情報が掲載されているというわけではなく、情報を入力して登録を行い、マッチした求人がある場合にオファーが来ます。
ですので、こちらから応募するということができません。
自ら動いて直接応募したいという場合は、公式サイトではなく、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

他社も含めた豊富な求人から選ぶなら「転職サイト」

転職サイトを活用してアサヒビールへ転職するなら、掲載求人数がトップクラスで、ハイクラス求人を豊富に掲載している「ビズリーチ」がおすすめです。
ビズリーチでは、担当してくれるキャリアアドバイザーの評価をチェックすることが可能なため、自分に合った担当者を探すことができます。

転職サイトを活用するメリットは以下の3つです。
・圧倒的な求人案件数を誇る
・自分の好きなタイミングで転職活動を行える
・応募から面接までのスピード感

数多くある企業や職種の中から自分に合った求人を探したい場合や、自分の好きなタイミングで転職活動を行いたい場合は、転職サイトがおすすめです。
また、最近では転職エージェントを活用する前に下調べとして転職サイトを利用する方が多く、アサヒビールの募集要件やスキルなどが知りたい場合は、一度チェックしてみるのも良いでしょう。

ビズリーチではコンサルタントやディレクター職の募集が多数

現在、ビズリーチにはアサヒビールの求人は掲載されていませんが、同業他社の求人が多く掲載されています。

※画像はイメージです。

募集している職種の多くは、コンサルタントやディレクター職が掲載されています。
ハイクラス求人を多く扱っているビズリーチなだけあり、年収が比較的高く、最低でも900万となっています。
また、一般的に公開されていない非公開求人を持っている可能性もあるため、キャリアアドバイザーに相談することで、紹介してもらえることがあります。
ただし、転職サイトからの応募は、自分と企業とのすり合わせが上手くいかないこともあり、その結果落とされてしまうということも少なくありません。
確実な転職をしたいなら転職エージェントの活用がおすすめです。

通過率を高め、幅広いサポートをしてもらうなら「転職エージェント」

転職エージェントを活用してアサヒビールへの転職を目指すなら、圧倒的な知名度を誇り、非常に多くの案件を持っている「リクルートエージェント」がおすすめです。
キャリアコンサルタントの質や業界知識に一定以上の定評があり、業種や業態ごとに専門のキャリアコンサルタントが在籍しているという特徴があります。

転職エージェントを活用するメリットは以下の3つです。
・キャリアプランや給与交渉などを含む手厚いサポート
・高いマッチング率
・非公開求人の圧倒的多さ

アサヒビールはミドル・ハイクラス転職では非常に人気のある企業なため、競争率が高くなっています。
アサヒビールへの転職成功率を可能な限り上げたいのであれば、転職サイトではなく転職エージェントを活用するのが確実でしょう。

リクルートエージェントでは主軸を担う主要ポジションの求人が多数

リクルートエージェントの求人を見てみると、主軸を担う主要ポジションや知財など、重要なポジションの求人が多くあります。


※画像はイメージです。
どのポジションに行きたいかを完全に決めていない場合や、初めて転職活動をする場合などは、幅広く案件を見られるリクルートエージェントはベストといえます。
また、登録不要で案件を閲覧でき、ざっくりとした情報が見てから興味を持てそうであれば登録してみるのも一つの手でしょう。
非公開求人も多く扱っているため、実際にキャリアコンサルタントに相談をして、キャリアプランや給与交渉なども含めて相談するのがおすすめです。

あなたがアサヒビールに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

レキットベンキーザーへの転職はおすすめ?年収や転職情報について調査

  ▼下記は、レキットベンキーザーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからレキットベンキーザーに転職してくるのか ・転職先:レキットベンキーザーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把...

JTの転職難易度は?将来性や面接対策について解説。

  ▼下記は、JTに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからJTに転職してくるのか ・転職先:JTからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン...

P&Gへの転職情報!転職難易度や年収について徹底解説!

  ▼下記は、P&Gに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからP&Gに転職してくるのか ・転職先:P&Gからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりた...

キーエンスへの転職難易度。面接対策や口コミについて徹底解説

  ▼下記は、キーエンスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからキーエンスに転職してくるのか ・転職先:キーエンスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

スクウェア・エニックスの転職情報まとめ。難易度や面接情報などをご紹介

  ▼下記は、スクウェア・エニックスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからスクウェア・エニックスに転職してくるのか ・転職先:スクウェア・エニックスからどこへ転職するのか 一般的な傾...

旭化成への転職は難しい?年収や口コミ、激務との噂も徹底調査

国内大手の化学メーカーである旭化成。 マテリアル領域・住宅領域・ヘルスケア領域の三つを軸として、事業を展開しています。 本社は、東京都千代田区有楽町に構えており、従業員数は34,670名です。 旭化成は創業時から、社会のニーズに応...

日本マイクロソフトへの転職は難しい?口コミや年収などをチェック

  ▼下記は、日本マイクロソフトに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本マイクロソフトに転職してくるのか ・転職先:日本マイクロソフトからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、...

三菱電機の転職難易度は?年収や面接対策を解説

  ▼下記は、三菱電機に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから三菱電機に転職してくるのか ・転職先:三菱電機からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

Apple Japanの転職難易度は?年収や社員の口コミ評判を徹底調査!

  ▼下記は、Apple Japanに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからApple Japanに転職してくるのか ・転職先:Apple Japanからどこへ転職するのか 一般的な傾...

パナソニックの転職難易度は?面接内容や年収について徹底調査!

パナソニックは、日本の「家電」「住宅」「車載」「BtoB」の4つの軸で成長をつづけている日本を代表する大企業です。 2018年には100周年を迎え、安定して働ける大企業なので、転職先として長年人気の企業です。 特に注目を浴びてい...

TOP