コンサルティング

PwCコンサルティングの転職難易度は高い?年収や口コミを解説

PwCコンサルティング転職者の主なキャリアステップ

PwCコンサルティングの主な転職元・転職先

学歴学歴は、大学・大学院卒が在籍。高学歴者の比率が高く、海外大学出身者もいる。

前職職歴は、三井住友銀行などのメガバンクアクセンチュアデロイト、EYなどの戦略コンサル、大手シンクタンクなどがあげられます。

次の転職先三菱UFJ銀行などのメガバンクアクセンチュアなどの戦略コンサルへ転職する方が多いです。

PwCコンサルティングは、ロンドンに本社を構えており、世界157か国742拠点に27万人以上のスタッフが在籍する世界最大級のコンサルティング企業です。
全米上位500社をランキングした「Fortune500」に載っている企業の約90%がPwCのパートナーであり、プロフェッショナルサービスファームとして、さまざまなクライアントの問題解決に取り組んでいます。
日本法人としてPwC Japanグループが設立され、2016年にPwCコンサルティングが設立されました。
そんなPwCコンサルティングでは、プロフェッショナルな能力を持ち、即戦力として働ける非常に優秀な人材を、幅広い職種で募集しています。

PwCコンサルティングを目指す人におすすめの転職エージェント

・PwCコンサルティングの口コミや年収も気になるけど、確実な人から適切な転職先を紹介されたい!

そんな方はまず転職エージェント「DX CAREER AGENT」をチェックしましょう。

DX CAREER AGENTの主な特徴は以下の通り。

・DXに精通した人材紹介に特化されたサービスならではの、求人・サポート

・サポートする少数精鋭のエージェントは全員、各業界の最大手出身者

・大手の採用代行を行なっているので、マーケットに出てこない優良求人を多数保有

DX CAREER AGENT
DX CAREER AGENT

この記事でわかること

  • PwCコンサルティングの企業概要
  • PwCコンサルティングの転職ポイント
  • PwCコンサルティングの社風や企業文化

PwCコンサルティングに転職するポイント

PwCコンサルティングの特徴

POINT

  • ・157か国742拠点に展開するPwCの日本におけるコンサルティング企業
  • ・コンサルティング経験の有無に関わらず、多様なポジションで働くことが可能
  • ・各領域において高度な専門能力持ち、総合的かつ迅速なサービス提供

PwCコンサルティングへ転職するポイント

POINT

  • ・会計やITなどに関する資格保有者は優遇される可能性がある
  • ・あらゆる課題やニーズに応えられる提案から実行まで行える能力が必要
  • ・価値観や立場が異なる人と協力し、成果をあげることが肝心

PwCコンサルティングの企業概要

会社名 PwCコンサルティング合同会社
本社所在地 東京都千代田区大手町1-2-1 Otemachi Oneタワー
社長 大竹 伸明
設立 2016年2月29日
株式 非上場
株主構成 記載なし

PwCコンサルティングの売上

記載なし

PwCコンサルティングの売上推移
記載なし

PwCコンサルティングの最新ニュース


PwCコンサルティング合同会社を含めた、PwC Japanの最新情報を掲載しております。

PwCコンサルティングの事業内容

PwCコンサルティングはコンサルティング事業に特化している企業です。
大きく分けて「ストラテジー」「マネジメント」「テクノロジー」の3つの領域で企業への支援を行っています。
ストラテラジーコンサルティングは、クライアントにとって最適な将来を実現するために支援やグローバル展開の支援を行います。
また、カスタマー戦略やファイナス戦略といったあらゆるシーンでの戦略の策定と支援も行い、さまざまなクライアントを支えている領域です。
マネジメントコンサルティングは、PMIなどのソリューションにおいて、人材マネジメント戦略を支援します。
PMIは、M&Aを活用しながら成長を目標としているクライアントに対して、中長期的にPost領域を幅広く支援しています。
それ以外にも、人事やチェンジマネジメント、オペレーションなど、あらゆるマネジメントコンサルティングに対応し、支援を行う領域です。
テクノロジーコンサルティングは、テクノロジーに関わるクライアントのさまざまなニーズに対応し、専門領域に特化した支援を行います。
豊富な知見や多様な専門知識を活用し、クライアントの未来を変える重要なテクノロジー戦略を立案し、事業変革の支援などを行う領域です。

PwCコンサルティングの転職の募集要項

SAPコンサルタント

SAP×Cloudソリューションを最大限に活用して企業価値を最大化するための支援を行うポジションです。
具体的には、業務やIT改革の全体計画策定支援や業務改革支援、SAP導入支援、本番稼働後サポートなどを行います。

必須な経験・スキル

  • ・ビジネスレベルの日本語力

戦略・業務コンサルタント

戦略・業務コンサルタントは、戦略の策定から実行までを一貫したコンサルティングを行うポジションです。
主に手がける分野は、製造業やヘルスケアや医薬関係、金融業など、さまざまな分野における専門コンサルタントとして、ビジネスの成長を引き起こすコンサルティング業務を担います。
戦略以外にも、監査や法律、税務などのさまざまな方向から提案することができ、プロフェッショナルチームとしての醍醐味を経験できる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・2年以上の社会人経験
  • ・事業会社の企画部門での実務経験
  • ・コンサルティングファームやSler、パッケージベンダーなどの経験

テクノロジーコンサルタント

テクノロジーコンサルタントは、ITを用いた事業戦略の立案や開発、導入などのコンサルティング業務を担当します。
具体的な業務内容は、ITコスト削減やICTインフラスト楽チャー刷新、企業価値を最大化するための儀用務改革支援などです。
そのほかにも開発案件のプロトタイプの作成や、ITセキュリティ強化なども行います。

必須な経験・スキル

  • ・2年以上の社会人経験
  • ・SIerにてシステムエンジニアとしての経験
  • ・IT企画やシステム設計、運用設計経験

PwCコンサルティングの転職難易度

PwCコンサルティングの転職難易度は、非常に高いです。
PwCは世界の4大会計事務所といわれており、時代の要望に合ったコンサルティングに定評があります。
今後の業績アップが見込めているため、転職先としてとても人気があります。
また、プロフェッショナルなスキルや知識を持っている人材を求めており、応募する転職者は全体的にレベルが高い傾向にあるため、内定を勝ち取るというのは簡単なことではありません。
自身にプロフェッショナルな能力があることが重要であり、他者と格差を付けられるのであれば、採用してもらえる可能性は高くなるでしょう。

PwCコンサルティングが転職者に求める人物像

PeCコンサルティングでは、課題やニーズに応えるために、解決法の提案から実行まで行い、チームワークを大切にしている人材を求めています。
また、さまざまな場面でタフネスであることも求めています。
コンサルティングにおいて、知的面・体力面・精神面の3つの場面でタフさが必要になり、どれか一つでも欠けると業務が遂行できなくなってしまうという考えがある企業です。
面接の際、問題解決できる能力があることや、チームワークを大切にしてきたこと、タフネスであることをアピールすると良いでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代前半 アソシエイト 600万円
20代後半 アソシエイト 800万円
20代後半 アソシエイト 700万円
30代前半 シニアアソシエイト 700万円
30代前半 マネージャー 1100万円
30代中盤 マネージャー 1100万円
30代後半 シニアアソシエイト 900万円
40代前半 マネージャー 1600万円
40代前半 シニアマネージャー 1700万円
40代中盤 シニアマネージャー 1700万円

PwCコンサルティングの転職までの流れ

PwCコンサルティングの選考フロー

書類・エントリーシート提出

一次~四次面接

想定選考官:人事
前職までの経験や志望動機をメインに質問されます。

最終選考

想定選考官:役員
これまでに聞かれたことを再度質問し深堀され、PwCコンサルティングにマッチしている人材かを判断されます。

PwCコンサルティングの面接形式

面接はほとんどの場合1対1で行われますが、場合によっては複数人による面接になる場合があります。
面接回数は人によって異なり、平均で3~4回です。
面接時間は1回につき30分~1時間となります。

PwCコンサルティングの面接内容

PwCコンサルティングの面接は、これまでに培ったスキルや知識、志望動機といった基本的な質問から面接が進みます。
また、コンサルティング業界では多いとされているケース面接があるので、事前にしっかりと対策準備を行ってから臨むようにしましょう。
全体を通して、一貫性を持った視点で説明できれば面接を突破できる可能性が高くなります。
面接の雰囲気は、雑談形式で和やかに行われることが多く、圧迫面接はほぼないため、リラックスをして自分らしく面接に臨むと良いでしょう。

PwCコンサルティングの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトに載っている求人は非常に多い
・求人情報はDODAやパソナキャリアなどでも確認できる
・価値観を問うような質問をされる傾向にある

コンサルタント、30代前半、男性
業務改善した経験はあるかを聞かれました。前職では、業務が非効率で個別最適化が進んでいたため、システム導入と組織内チーム体制の変更を検討し改善案を提案して採用された経験をアピールしました。
コンサルタント、30代前半、男性
事業会社とコンサルティングで求められている結果の違いは?と質問されました。事業会社では「数字」、コンサルティングでは「付加価値」だと考えていると伝えました。
コンサルタント、20代後半、女性
仕事関係で我慢ができなかった嫌なことは何かを聞かれました。飲み会と接待ゴルフがそれほど好きではなく、それなのに行かざるを得ないときが苦痛に感じると正直に伝えました。
エンジニア、30代前半、男性
前職までの経験を深堀されました。一つ一つ丁寧に伝えることを意識し、なおかつ分かりやすいように伝えるようにしました。
コンサルタント、30代前半、女性
コンサルタントの役割は何だと思うかと問われました。顧客に対して仮説を持ったうえでの論点の提示や解決策の検討、インパクトの提示などであり、クライアントが課題と感じてないことでも外部目線でアドバイスする立場であるべきだと伝えました。

PwCコンサルティングで働いている方の評判・口コミ

ビジネスコンサルタント 在籍3~5年 女性
さまざまなプロジェクトがあり、最先端の案件にも携わることができるので、どの業界でどんなものがトレンドなのかを知ることができます。グローバルな接点機会もあるので、非常に刺激になり、新しいことに気付いたりとやりがいを感じることができる企業だと思います。
商品企画 在籍5~7年 男性
ここ数年でワークライフバランスがとても重要視されていて、効率的な働き方が求められますが、残業が少なくなって、プライベートな時間が取りやすくなりました。有給消化率も比較的良いと思いますし、ストレスが少なく働くことができてます。
マーケティング 在籍3~5年 女性
女性の管理職が多く、男女差別はないと思います。新入社員も女性を積極的に増やしていることから女性でも働きやすい環境を作ろうとしているのが伝わってきます。また、家庭との両立がしやすく、周囲の理解やサポートを受けながら仕事することができます。

口コミの要約PwCコンサルティングの口コミを見てみると、刺激が多く、やりがいを感じて仕事ができることが伺えます。また、以前に比べるとワークライフバランスが良くなり、女性でも働きやすい環境があることが分かります。

PwCコンサルティングの年収・給与

年収 930万円
ボーナスの有無 年1回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り(月50時間分)
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 社会保険完備、産前産後休業、育児休業、子の看護休暇など

PwCコンサルティングでの転職者の出世難易度

PwCコンサルティングの出世難易度は比較的高いです。
在籍している社員のレベルは全体的に高く、実績を残し続けている人が多くいます。
そんな状況で出世するというのは、簡単なことではありません。
自身も実績を残し続け、評価してもらえなければ出世することはできないでしょう。
ほかの人にはないスキルや知識、プロフェッショナルな能力があり、実績を残し続ければ出世する道は拓かれます。

PwCコンサルティングはどんな人が働いている?

PwCコンサルティングの従業員数

約3,850名

PwCコンサルティングの平均年齢

34.0歳

PwCコンサルティングの平均勤続年数

記載なし

PwCコンサルティングの社風

PwCコンサルティングは、社員同士が仲が良く、とてもオープンな雰囲気があります。
企業によっては、目標を掲げてその目標に向かって進むプレッシャーマネジメントを行っているところもありますが、PwCコンサルティングはそういったことはありません。
上司や先輩から叱責され、嫌味をいわれながら仕事するということはなく、目標管理制度は導入しているものの、その達成過程を見守りサポートする姿勢があります。
そのため、必要以上にストレスを溜めることなく、働く環境が揃っている企業だといえます。

PwCコンサルティングのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 9:15~17:15
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、統合記念日休暇、傷病休暇、リフレッシュ休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 月30時間程度
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

PwCコンサルティングの社長

大竹 伸明

東京都出身。
早稲田大学卒業後、プライスウォーターハウスコンサルティングへ入社。
2014年にPwCコンサルティングへ入社。
2018年に常務執行役に就任。
2020年より、代表執行役CEOを務めている。

PwCコンサルティング現職、OB/OGの有名人

鹿島 章

1985年に監査法人朝日新和会計社に入所、製薬や通信、化学品製造など、幅広い業種の会計監査に携わる。
1995年にビジネスコンサルティング部門へ転籍、2001年にパートナー就任。
2010年にPwCコンサルティングのパートナー就任し、2016年に代表執行役会長およびPwC Japanグループのグループマネージングパートナーに就任。
一貫してコンサルタントを続け、会計・経営管理分野の幅広いコンサルティングに従事してきた人物。

PwCコンサルティングの転職に関わるQ&A


PwCコンサルティングにはホワイトな労働環境と高い水準があります。
一般的にコンサルティング業界は、ブラックなイメージがあると思いますが、PwCコンサルティングでは、自分の働き方次第でコントロールすることができます。
また、育休や産休から復帰した女性社員が多くいるので、働きやすい環境があるといえるでしょう。


PwCコンサルティングに応募する場合の志望動機を書くにあたって、ポイントが2つあります。
1つは、過去の経験を用いて説得力のある内容にすることです。
PwCコンサルティングが好む内容にする必要はありませんが、説得力のある文章かどうかが重要になります。
2つ目は「なぜコンサルティングを選んだのか」「なぜPwCなのか」を2段階に分けて書くことです。
1段目では、オーソドックスな内容にし、コンサルティングへの興味や関心を表し、2段目では社風について言及すると良いでしょう。

PwCコンサルティングへ転職する方法

PwCコンサルティングの採用ページから申し込む

PwCコンサルティングの公式サイトにある採用ページから応募が可能です。
採用情報ページには採用メッセージや採用FAQなどが掲載されているので、応募する前に一読すると良いでしょう。
ただし、公式サイトに載っている募集内容はざっくりとしか載っていないため、より具体的な募集内容や応募条件が知りたい場合や、非公開求人に応募したい場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富なハイクラス求人からポジションを選ぶなら「転職サイト」

転職サイトを活用してPwCコンサルティングへ転職したいなら、取扱い企業数が豊富であり、ミドルクラス~ハイクラス求人が多い「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。
doda X(旧:iX転職)では、現在の市場価値を知ることができ、より自分に合ったポジションへの転職がしやすくなっています。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つ。
・ハイクラス求人案の圧倒的な多さ
・自分のタイミングで転職活動が行える
・応募~面接までのスピード感

充実した求人の中から自分に合ったポジションを探したい場合や、自分のタイミングで転職活動を行いたい場合には、転職サイトが良いでしょう。
また、転職エージェントを活用する前に転職サイトを活用する方も多く、PwCコンサルティングの募集要項や必須スキルなどを早く知りたい方は事前にチェックするのも一つの手といえます。

doda X(旧:iX転職)ではPwCのコンサルタント求人が多数!

doda X(旧:iX転職)が扱っている求人です。

※画像はイメージです。

doda X(旧:iX転職)ではPwCの、コンサルタント職の求人が多く存在します。
ハイクラス求人をメインとしているdoda X(旧:iX転職)なだけあり、提示されている年収が比較的高く、最低年収が800万円となっています。
また、転職サイトの中でも比較的多くの非公開求人を持っている傾向があり、ヘッドハンターに相談することで紹介してもらえることもあります。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

ランドネットへの転職は難しい?面接内容や年収などを解説

▼下記は、ランドネットに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからランドネットに転職してくるのか ・転職先:ランドネットからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

ダイレクトマーケティングミックスへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

ダイレクトマーケティングミックスは、顧客企業からの業務委託に基づいたフィールドセールスによる訪問やエンドユーザー向けのダイレクトマーケティングなどを実施し、顧客の営業成果向上を支援している企業です。 常に顧客目線で最適な提案を...

オンデックへの転職は難しい?事業内容や年収、転職難易度などを解説

オンデックは、中小企業を対象としたM&Aの仲介や助言などを行うM&Aアドバイザリー事業を展開している企業です。 M&Aを行う企業のマッチングのみならず、双方の成長を確実に実現するためのサポート、プロジェクト...

デリバリーコンサルティングへの転職。面接内容や年収を紹介

デリバリーコンサルティング転職者の主なキャリアステップ 前職 エス・エム・エスなどのWEB系事業者やPwCなどのコンサルファームがあげられる。 株式会社デリバリーコンサルティングに転...

株式会社プラスアルファ・コンサルティングへの転職事情。面接対策や口コミを解説

プラスアルファ・コンサルティングは、「ビジネスにプラスアルファの価値を創造する」というコンセプトの基、マーケティングなどを手掛けているコンサルティング会社です。 自然言語処理とデータマイニングという2つの技術を柱に、データの見える...

識学の転職難易度は高い?面接内容や年収などを解説

識学転職者の主なキャリアステップ 前職 ビズリーチなどの転職エージェント PwCコンサルティング 株式会社識学に転職 次の転職先 転職事例はほとんどなし...

野村総合研究所(NRI)への転職難易度は高い?年収や倍率などを解説

野村総合研究所(NRI)転職者の主なキャリアステップ 前職 IT系メーカー 株式会社野村総合研究所に転職 次の転職先 アクセンチュアなどのコンサルティング...

JSOLへの転職は難しい?口コミや転職難易度などを解説

JSOL転職者の主なキャリアステップ 前職 富士通などの大手メーカー 大塚商会などのIT系企業 日本総研 株式会社JSOLに転職 次の転職先 KPMG...

フューチャーアーキテクトの転職を解説。難易度や採用情報を紹介

フューチャーアキテクト転職者の主なキャリアステップ  前職 日本ユニシスなどのSIer フューチャーアキテクト株式会社に転職 次の転職先 リクルートグルー...

ストライクへ転職するべき?年収や難易度について解説

ストライク転職者の主なキャリアステップ 前職 証券会社 銀行 コンサルティング会社 株式会社ストライクに転職 次の転職先 証券会社 コンサルティング...

TOP