コンサルティング

識学の転職難易度は高い?面接内容や年収などを解説

識学転職者の主なキャリアステップ

識学の主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学・大学院卒業など、幅広く在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

前職

識学在籍者の主な職歴は、ビズリーチなどの転職エージェントのほか、PwCコンサルティングなどが挙げられます。

次の転職先

識学からの転職事例はほとんどなく、これといった職歴はありません。

識学は、組織運営理論を体系化・基幹理論として整備し、クライアント企業の組織の状態に合わせてコンサルティングメニューを提案している企業です。
「識学を広めることで人々の持つ可能性を最大化する」を企業理念として掲げ、多くの企業の成長につながるサポートを提供しています。
2019年に東証マザーズ市場に上場し、新しい形のコンサルティングファームとして注目を集めている企業です。
そんな識学では、経理や法務、コンサルタントなど、幅広いポジションで積極的に中途採用を行っています。
今回は株式会社識学への転職を検討している方に向けて、面接内容や口コミなどを解説します。

識学への転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・識学の口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • 識学の企業概要
  • 識学の転職ポイント
  • 識学の社風や企業文化

識学に転職するポイント

識学の特徴

POINT

  • ・企業の成長につながるサポートを提供しているコンサルティング企業
  • ・2000を超えるクライアント企業を担当し、成長を支えてきた実績を誇る
  • ・時代に合った働き方を導入し、リモートワークや在宅勤務・時差出社可能

識学へ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的少ない
  • ・法務やマネージャーなどで求人募集
  • ・学習意欲を持ち、スピード感を持って業務を遂行できることが重要

識学の企業概要

会社名 株式会社識学
本社所在地 東京都品川区大崎2-9-3 大崎ウエストシティビル1階
社長 安藤 広大
設立 2015年3月5日
株式 上場(東証マザーズ)
株主構成 安藤広大(32.17%)
福冨謙二(16.62%)
株式会社ARS(15.25%)

識学の売上

識学の売上推移

事業年度 2019年 2020年
売上高 1,720,447千円 2,506,000千円
経常利益 282,133千円 199,371千円

識学の最新ニュース

識学の事業内容

識学は、「識学を広めることで人々の持つ可能性を最大化する」を企業理念として掲げ、経営者や管理職へのコンサルティング・トレーニングを通じクライアント企業の課題解決に取り組んでいる企業です。
クライアントの成長を支えることに加え、一般会員を募ったクラウドサービス「識学クラウド」の運営も行っており、さまざまな事業を通して識学のスタンダード化を目指しています。
識学の主な事業としては、下記の2事業を主軸として運営しています。

マネジメントコンサルティング・ファンド事業

経営者のマンツーマントレーニング、多数の企業との集合研修、評価制度構築などのサービスを通じて組織を成長に導くコンサルティングを展開している事業です。
クライアントの組織状態を見直し、組織の役割・責任・ルールを明確化することで経営陣と従業員の間に生じている意識・思考のずれを取り除き、誰もが働きやすい組織を作り上げるサポートを行っています。
主なサービスとして、組織運営の生産性向上を目指したサービス「マスタートレーニング3rd」や、幹部層に対して識学を導入するためのサービス「マスタートレーニング2nd」などが挙げられます。
今後も、さまざまなクライアントの支援を行い、クラインとの成長を導くことを目指している企業です。

プラットフォーム・キャリア事業

マネジメントコンサルティングサービスのほかに、ウェブ上で識学実践を支援するクラウドサービスを提供している事業です。
主力サービスとして、組織の状態を識学理論をベースに診断できるサービス「識学クラウド組織診断」や、ウェブ上の動画で復習できるサービス「識学クラウド動画学習」などが挙げられます。
登録する企業や一般会員に対して、寄り添った対応を心がけることで順調に拡大を続けている事業です。
今後もさらなる発展を目指し、社会への貢献を目指しています。

識学の募集要項

法務

社内における法的業務を主に担当するポジションです。
具体的には、新規事業における法的観点からの調査及び課題解決や契約書と利用規約の作成、社内規定の作成・整備・改訂などを行います。
また、株主総会での取締役会運営に関する業務や知的財産権の管理と出願など、企業運営に直接的に関わる重要な職種なため、状況に応じて対応を見直そうとする意欲、論理的な思考が求められます。

必須な経験・スキル

  • ・2年以上の法務の実務経験
  • ・1年以上の大手法律事務所での企業法務経験

PEファンド投資・経営支援

投資先候補の発掘・選定、会社成長を見越した資金調達サポートを含めた投資先の成長支援に関する業務を担当するポジションです。
識学ファンド事業は2021年6月から新たに始まった事業であり、今後の拡大・展開が期待されます。
一定以上のスキルや経験を保有していることはもちろんのこと、会社の成長や変化に柔軟に対応し、スピード感をもって事業に取り組もうとする強い意欲が求められます。
IPOに関する経験を経営者に近い立場で体感できることも大きな特徴です。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上の事業会社の投資部門や投資銀行、PEファンドなどでの実務経験
  • ・3年以上の事業会社の経営企画や財務、事業戦略などの実務経験
  • ・3年以上の証券会社の公開や引き受けなどの実務経験

採用マネージャー

採用業務全体を担うポジションです。
具体的には、採用媒体の選定や求人広告の作成と記載、SNSツールを利用した採用活動、候補者のスカウトと面談など、多数の業務を行います。
また、マネージャーという採用担当業務の中心的ポジションに立つため、外部とのコミュニケーションが多発することが予想され、急な状況変化にも柔軟に対応し、業務を遂行できることが求められる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上の採用担当者としての経験
  • ・SNSツールを利用した採用経験

識学の転職難易度

識学の転職難易度は比較的高いです。
どのポジションでも、豊富な経験やさまざまな企業の組織体制を分析する専門性の高い知識が求められます。
さらには、各分野の実務経験も一定年数必要とされるため、未経験からの転職は難しいかもしれません。
また、識学ではさらなる成長に向けて会社全体で新たな事業の展開・拡大を目指しているため、どんな場面においても柔軟に対応する能力が必要不可欠といえます。
識学への転職を目指すなら、簡単ではないことをあらかじめ理解しておくことが肝心です。

識学が転職者に求める人物像

識学は、2019年に東証マザーズ市場に上場し、今後もコンサルティング業界において画期的な事業展開を目指している企業です。
未だ成長途中の企業ではありますが、スピード感をもって業務に取り組む姿勢が求められます。
また、コンサルティングは専門知識が必要となるため、豊富な実務経験に加えて新しい知識を取り入れようとする学習意欲がある人材も求めています。
さらには、クライアントに対して、「識学」理論をベースとしたサービスを提供して、人の意識や組織改革に貢献したいという意思があるとさらに良いでしょう。

識学の転職までの流れ

識学の選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接・適性検査

想定選考官:人事
想定内容:志望動機や前職の退職理由など、オーソドックスな質問をされます。

最終面接

想定選考官:人事責任者
想定内容:これまでの質問に加え、識学に関する質問をされます。

内定

識学の面接形式

面接は1対1で行われます。
面接回数は基本的に2回あります。
1回あたりの時間は1時間前後です。

識学の面接内容

識学の面接は、志望動機や前職の退職理由など、オーソドックスな質問から進みます。
それ以外にも、「識学という考え方に対して、どのような印象があるか」や「識学の魅力はどのようなところか」といった識学に関する質問をされる傾向があります。
そのため、事前に会社概要や識学の考え方についてなど、企業研究を行っておくことが必要不可欠です。
面接の雰囲気は、面接官が淡々と質問を投げかけ、こちらの回答に対しても大きなリアクションはなく、ドライな傾向があります。
そこで焦りを感じてしまう方も少なくありませんが、緊張せずリラックスして柔軟に対応することを心がけましょう。

識学の選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトに掲載されている求人は少ない
・求人情報はGreenやDODAなどで確認可能
・WEB面接の可能性あり

営業コンサルタント、30代後半、男性
面接では過去の就業経験での実績に加えて、成功体験だけではなく失敗・挫折体験も問われました。そういった質問に対して、識学理論の観点から失敗をどのように分析し成長につなげたかを意識して回答しました。
法人営業、30代前半、男性
どのような質問にもポジティブな言葉を選び、自分の考えを簡潔に回答しました。ある程度識学理論を理解していないと答えることができないため、事前に調べ自分なりの考えをまとめておくと良いでしょう。
法務、20代後半、女性
クライアント企業との間に起きた過去の法務関係トラブルについての話があり、それに対する対応、法的問題点を具体的に答えるよう求められました。また、過去の実務経験が重視されるため、知識と経験がどの程度のものか見るためにこのような質問があると予想されます。
エンジニア、30代前半、女性
多角的な視点を必要とする難易度の高い質問があるので、課題の背景を深堀し根本的な解決策を導き出すと好印象だと思います。また、識学に関する過去のニュースなどを見ておくと柔軟に対応できるでしょう。
総務、30代前半、女性
具体的な事例が複数提示され、それらの業務を行ううえで効率化・簡略化を図るには何をすれば良いかを問われました。これに対して、過去就業していた企業での取り組み、同じような場面で自分がどのように振舞ってきたかを答える必要があると思います。

識学で働いている方の評判・口コミ

営業コンサルタント、在籍1~3年、女性
給与が年俸制であるため、これまでの就業経験や実績が評価につながり、それが自分のランクになります。今までにコンサルティングの経験があり、識学理論に対して魅力を感じている方であれば、高い評価を得られ、すぐに事業に貢献することができると思います。
人事、在籍3~5年、女性
時代に合った働き方を推奨し、福利厚生が充実している会社だと思います。在宅勤務の日数が決まっているため、希望を出せばそれに合わせた勤務計画を立てられます。また、ライフワークとのバランスを取りやすいため、結婚や出産を考えている女性に対する理解もあるでしょう。
営業コンサルタント、在籍3~5年、男性
研修などがあり、知識不足でも学べる環境はあると感じます。また、効率重視で残業時間の削減を図っているため、遅くまで働くということはなく、比較的プライベートを大切にできると思います。
口コミの要約

識学の口コミを見てみると、福利厚生が充実しており、どんな方にとっても働きやすい環境があるということが伝わってきます。また、自社でも識学理論を取り入れているため、識学に魅力を感じ多くの企業に浸透させたいという意思が強い方ほど、やりがいを感じる職場環境ということが伺えます。

識学の年収・給与

年収 688万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 年2回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り(月25,000円まで)
住宅手当 有り
福利厚生 各種社会保険完備、引っ越し補助、持株会制度、SO制度など

識学での転職者の出世難易度

識学の出世難易度は中程度です。
識学では、年俸制を採用しているため、これまでの就業経験や実績が直接評価に影響してランク付けされるという環境があります。
そのため、能力が認められやすい環境であり、意欲的に業務を取り組むことで出世できる可能性が高まります。
知識や経験が浅くても、積極的に学習会や研修会に参加し、識学に強い魅力を感じていることが伝われば、出世することができるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 係長 700万円
30代中盤 なし 700万円
30代後半 なし 900万円
40代前半 課長 1,100万円
40代後半 なし 700万円

識学はどんな人が働いている?

識学の従業員数

140名

識学の平均年齢

37.0歳

識学の平均勤続年数

1.8年

識学の社風

識学は、企業独自の考え方に魅力を感じて入社した社員が多く在籍しており、どの社員も意欲的に活動し、会社の業績に貢献しています。
また、識学が掲げている「識学を広めることで、人々の持つ可能性を最大化する」という理念の基、識学が生み出した成果は、全ての社員を幸せに豊かにすることにつながるという雰囲気もあります。
さらには、社員一人一人の働きやすい環境の整備も行われているため、そのようななかで積極的に業務に取り組みたいと考える方には、向いている企業といえるでしょう。

識学のワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 8:30~17:30
休日 完全週休二日制
その他の休日・休暇 年末年始休暇、慶弔休暇、特別休暇など
平均残業時間 月5~30時間
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

識学の社長

安藤 広大

1979年生まれ、大阪出身。
早稲田大学卒業後、株式会社NTTドコモに入社。
2006年にライク株式会社に入社。
主要子会社であるライフスタッフィング株式会社にて、取締役営業副本部長などを歴任。2013年に独立後、2015年株式会社識学を設立、代表取締役社長に就任。
「伸びる会社はこれをやらない」や「優しい社長が会社を潰す」などの書籍を出版している人物。

識学現職、OB/OGの有名人

梶山 啓介

1981年生まれ、東京都出身。
慶応義塾大学卒業後、シティバンク銀行株式会社に入行。
その後、独立して営業支援事業を行い、株式会社エッジコネクションを設立。
2013年、自社に識学を導入し、株式会社識学の設立と同時に経営陣に加わる。
現在は取締役副社長兼上級講師として活躍している。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声が分からない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

識学の転職に関わるQ&A


識学には、コンサルティングを行う部署は複数あり、実務経験や実績が必要な部署がほとんどです。
そのため、未経験の場合は難しいかもしれません。
ただし、コンサルティングを学びたいという意欲のある方を歓迎している雰囲気もあり、そういった方向けに学習会や研修会が充実している部署もいくつかあります。
未経験でもコンサルタントへ転職したいという方は、そのような部署に応募を検討してみましょう。

業務に対する姿勢や事業貢献度によって評価は定期的に変わります。
経験を持って入社された方は、ある程度の評価がされるためより高い年俸設定になります。
また、未経験だったとしても短期間で評価を大きく伸ばすことができれば、高い評価を得ることができるでしょう。

識学へ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

識学の公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
募集要項以外にも、代表メッセージや企業情報などが掲載されているので、応募する前に一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、公式サイトからの応募の場合、どうしても時間を有してしまいます。
できるだけ時間をかけずに転職したい方や公式サイトに載っていない求人を見てみたい方は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

競合他社の募集要項を一緒に確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用して識学に転職するなら、コンサルティングを行う競合他社の募集要項を比較することが可能な「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空いた時間に転職活動を行える手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・求人案件確認~応募までのスピード感

転職サイトは、空いた時間を活用して転職活動を行えるという手軽さがあるので、比較的時間をかけずに転職することが可能です。
また、求人案件が比較的豊富であり、求人案件の確認から応募までがスピーディーに進みます。
できるだけ時間をかけずに転職したい方やさまざまな企業を比較したい方は、転職サイトの活用がおすすめです。

コンサルティングを行う企業の募集を比較するなら「iX転職」

iX転職には、コンサルティングを行っている競合他社の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールのコンサルティング会社の平均年収は、800万円~1,500万円となっており、別サイトと比べて高く設定されています。
また、iX転職では、一般的に掲載していない非公開求人を多く持っている転職サイトとして有名であり、ヘッドハンターに相談することで自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性もあります。
「自分の今の能力で活躍できる企業がどれほどあるのか」や「募集要項はどのような違いがあるのか」などを知りたい方は、iX転職にまずは登録してスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

日本ユニシスへの転職は難しい?年収や口コミなどを解説

日本ユニシス転職者の主なキャリアステップ ...

SHIFTへ転職するには?評判や面接のポイントなどを解説

SHIFT転職者の主なキャリアステップ 前職 NTTデータ、日本IBM、TISなどのSIer出身者 株式会社SHIFTに転職 次の転職先 グノシー、UUU...

PwCコンサルティングの転職難易度は高い?年収や口コミを解説

PwCコンサルティング転職者の主なキャリアステップ 前職 メガバンクなどの銀行 アクセンチュア、デロイト、EYなどの戦略コンサル 大手シンクタンク PwCコンサルティング合同会社...

ベイン・アンド・カンパニーの年収は?中途面接の内容や評判などの転職情報まとめ

ベイン・アンド・カンパニー転職者の主なキャリアステップ ...

ガートナージャパンへの転職は難しい?面接内容や年収などを解説

ガートナージャパン転職者の主なキャリアステップ 前職 インテル、富士通などのIT系事業会社 アクセンチュア、SAPなどのITコンサル系会社 ガートナージャパン株式会社に転職 ...

ベイカレント・コンサルティングへ転職するには?年収や難易度について解説

ベイカレント・コンサルティング転職者の主なキャリアステップ 前職 アクセンチュア、PwCなどのコンサルティングファーム 国内SIer 国内大手事業会社 株式会社ベイカレント・コン...

デジタリフトは転職しやすい?事業内容や面接内容などを解説

デジタリフトは、Web上の広告の配信設計や分析、レポートなどを一気通貫して手掛ける「トレーディングデスク」事業を展開している企業です。 ユーザーに最適な広告を配信するために必要な各種マーケティングサービスなどを提供しており、2...

BCGデジタルベンチャーズへの転職はアリ?評判や激務なのかについて調査

BCGデジタルベンチャーズ転職者の主なキャリアステップ ...

マネジメントソリューションズへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、マネジメントソリューションズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからマネジメントソリューションズに転職してくるのか ・転職先:マネジメントソリューションズからどこへ転職するのか 一般...

M&Aキャピタルパートナーズの転職はおすすめ?採用情報や年収をご紹介

M&Aキャピタルパートナーズ転職者の主なキャリアステップ ...

TOP