WEB・アプリサービス

スマートニュースへの転職。働きやすさや難易度についてご紹介

 
▼下記は、スマートニュースに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからスマートニュースに転職してくるのか
・転職先:スマートニュースからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

スマートニュースの主な転職元・転職先

学歴

学歴は、大学・大学院卒が在籍しています。高学歴の比率が多く、管理・企画系のポジションは難関大学出身者が多い傾向があります。

職歴

ヤフー楽天などのWEB系事業会社や、サイバーエージェントなどのWEB代理店博報堂などの総合代理店出身者などを経験して転職してくる人材が多いです。

退職後の主な転職先

スマートニュースを退職したのちメルカリグリーなどの国内メガベンチャーや、国内IT系ベンチャーなどへ転職する人材が多い傾向があります。

スマートニュース株式会社は、世界5,000万ダウンロードを超えるニュースアプリ「Smart news」を開発・運営する企業です。

従業員150名のうち半数はエンジニアとなっており、日々、ユーザビリティを重視したメディア運営やアプリの改善を行っています。
オフィスは渋谷区にあり、社内マッサージや社員用のカフェ、自主渡航奨励など、ユニークな福利厚生が用意されているのも特徴です。

海外からのニュースも大量に収集するため、セールスやマーケティング部門以外に、翻訳者なども積極的に採用しています。

初めての転職でスマートニュースを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

スマートニュースへ転職する際のポイントや、面接内容よりも、まずは募集要項をざっくり確認したい場合は、ビズリーチをチェック!ポジションごとの年収から、事業内容、細かい歓迎スキルなどをまとめて確認可能です。
また、ビズリーチに掲載されている募集要項はハイクラス専門の転職サイトなだけあって800万円〜2,000万円と比較的高水準。収入・キャリアアップを目指す転職であれば、公式サイトや、転職エージェントを利用する場合でも、一度チェックすることをおすすめします。

この記事でわかること

  • スマートニュースの企業概要や事業内容
  • スマートニュースへ転職するときのポイント
  • スマートニュースの給与や働き方など

スマートニュース転職するポイント

スマートニュースの特徴

POINT

  • ・アメリカ及び世界150カ国以上にサービスを提供するグローバルな企業
  • ・少数精鋭で従業員の半数はエンジニア
  • ・2019年11月に米国事業拡大のために100億円の資金調達果たしている

スマートニュースへ転職するポイント

POINT

  • ・少数精鋭の企業で転職難易度が非常に高い
  • ・エンジニアを含み英語スキルが求められる職種が多い
  • ・採用までに8〜10人と面接を行う

スマートニュースの企業概要

会社名 スマートニュース株式会社
本社所在地 東京都渋谷区神宮前6-25-16 いちご神宮前ビル 3F
社長 鈴木 健
設立 2012年6月15日
株式 非上場
株主構成 非公開

スマートニュースの売上

スマートニュースは非上場のため売上は公開していませんが、時価総額は10億ドル(約1080億円)に達しています。これは、同じニュースアプリ事業を展開するグノシーの時価総額の約3倍になります。
グノシーの2019年の売り上げが150億1700万円となっていることを考えると、それ以上である可能性も充分に考えられます。
スマートニュースでは米国事業強化のため2019年11月に総額100億円の資金調達もしており、さらなる売上規模の拡大が見込まれています。

スマートニュースの最新ニュース

スマートニュースの事業内容

スマートニュースアプリ開発

スマートニュースの軸となる事業はニュースアプリ「SmartNews」の開発・運営です。
レイアウトや機能などさまざまな点で「利便性」を重視して作りこまれており、特にユーザビリティの面で高い評価を得ています。
記事をダウンロードし、オフラインで閲覧できるのも特徴のひとつで、世界中でユーザーが増え続けています。

SmartNewsでは「良質なコンテンツ」に強いこだわりを持っており、掲載される記事は、5,000万人いるユーザーの閲覧履歴や閲覧時間をAIで分析して選出されています。
いわゆる「釣り記事」や「コピーコンテンツ」を排除し、1日1000万件以上ある記事の中から1,000本程度に絞って掲載してるのです。

そういったコンテンツへのこだわりは日本のみならず世界で愛される理由となっており、現在、日本だけでなくアメリカを含めた150ヵ国にユーザーが存在します。
アメリカのappニュースアプリランキングでは、CNNやニューヨークタイムスの公式アプリよりも高い7位に位置しています。

スマートニュース株式会社は現在、オフィスをアメリカ・中国にも2カ所ずつ構えており、今後はアメリカを中心として、さらにグローバル事業を拡大する新体制に移行しています。

スマートニュースメディア研究

スマートニュースは、2018年に「スマートニュースメディア研究所」を設立しました。
所長には日経ビジネス・月刊現代・FRYDAYなど、紙面・WEBにかかわらず数多くのメディアを手掛けてきた瀬尾 傑氏が就任しています。
スマートニュースメディア研究所では、
・ニュースやメディアが本当に人々の役に立っているか
・人々の役に立つメディアの形とはどういったものか
をメインテーマに、メディアの研究を行っています。
行っている事業の内容は大きく分けて3つです。

Research

世界中から研究者や有識者の知見を集め、ニュースやメディアに関する技術トレンドや環境変化について研究します。
ビジネスモデルの変化や、フェイクニュース問題など、ニュースメディアの課題に対し、多角的な角度から解決していきます。

Networking

メディア事業を展開する事業や個人と知見を共有し、メディア全体の効率と信頼性の向上を促します。
所長の瀬尾氏は、現代ビジネスや、BuzzFeeed Japan、東洋経済オンラインなど、有名メディアの編集長が参加する「インターネットメディア協会」の代表理事も務め、ニュースサイト全体の質を高める社会貢献も果たしています。

Education

幼いうちからインターネットに触れる世代に対し、情報の受け手・発信者としてのリテラシー向上を促します。
スマートニュースとしてだけではなく、自治体や教育機関とも協力して情報教育を行っています。

調査報道支援プログラム

調査報道支援プログラムでは、社会全体で「調査報道」が生み出されるよう、取材費用や、コン
テンツ配信を支援しています。

かつて報道機関は、独自の調査によって得た情報を発信する調査報道を行ってきました。
しかし、現在では、費用や時間がかかることから、調査報道に取り組む情報発信者が減ってきています。

2020年には、ローカルメディアの若手記者をアメリカに派遣する「SmartNews Fellowship Program」を開始するなど、メディア全体の質の向上に貢献しています。

スマートニュースの転職の募集要項

マーケティングストラテジスト

自社の広告展開や、プロダクトの企画・ディレクションを行い、ユーザー増加に向けたマーケティング戦略を行います。

必須なスキル・経験

  • ・広告代理店などで、ディスプレイ、検索、テレビCMなど、デジタル・マス広告に関する5年以上の業務経験
  • ・メールの読み書きができる程度の英語スキル

コーポレートPR

利用ユーザー、メディアパートナー、ジャーナリストと関係を構築し、スマートニュースのブランド力を強化します。
インタビューやリサーチを通して、データを集め、広報資料を作成し、認知度を向上させることが主な業務です。
PRイベントの運営や、プレスリリースの配信だけでなく、PRチームのリーダーとして採用から育成、評価も行います。

必須なスキル・経験

  • ・5年以上のコーポレートPRのディレクション経験
  • ・海外のPR担当との実務協議ができるほどの英語スキル
  • ・3年以上の3人以上のピープルマネジメント経験

ソフトウェアエンジニア(コーポレート)

社内ネットワークの運用管理を行います。

現在スマートニュースでは、グローバルな組織として成長できる環境づくりを進めており、コーポレートエンジニアは、そのためのツールやシステムの導入を実施します。

一般的なコーポレートエンジニアの業務である、社内のサポートから情報セキュリティに関するルールの策定の他にも、企業全体の業務効率を向上させるツールの作成も行うため、社員とのコミュニケーションも重要です。

必須な経験・スキル

  • ・100名以上規模での社内システムの導入・運用の経験
  • ・海外メンバーからの問い合わせに回答でき程度の英語スキル
  • ・WebAPIを利用したツール作成の経験

スマートニュースの転職難易度

転職難易度は非常に高いです。スマートニュースは、世界中で注目されており、日本人だけでなく海外の優秀な人材も転職を希望する企業です。
スマートニュースは少数精鋭の企業で、自身のスキルアップも大いに期待できる企業となります。また、同業種の中でも給与・福利厚生のが充実していることも人気の理由の1つでしょう。

スマートニュースが転職者に求める人物像

スマートニュースでは「既存メンバーとの相性がいい人材」を求めています。
スマートニュースの面接は8〜10人程度の社員と顔を合わせ、ディスカッション形式のような形で進みます。

その中で「世界中の良質な情報を必要な人に送り届ける」というミッションに向い、どのようなアプローチで自分のスキルを活かせるか、既存メンバーの足りない情報を社内に持ち込み、会社全体の成長に貢献できるのかが重視されます。

スキルが高いだけでなく、社内でコミュニケーションが取れる人材がスマートニュースでは求められているのです。

スマートニュースの転職までの流れ

選考フロー

書類提出

これまでの職歴などからスマートニュースに相応しい人材かどうか判断されます。

一次面接

想定選考官:人事
面接は基本的に複数人数の人と同時に行います。
面接官ひとりひとりの観点から、スマートニュースに合うか判断されます。

最終面接

想定選考官:役員
最終面接も同様に、複数人数との面接形式となります。

スマートニュースの面接形式

面接はほとんどの場合1対3~4で行われます。
面接回数は2回程度です。
1回につき30分程度となります。

スマートニュースの面接内容

スマートニュースの面接の特徴は面接官が特に多いことが特徴的です。
3日間の面接期間で10人以上の社員と顔を合わせた事例も過去にあるようです。

そこで行われる面接は「スマートニュースで何ができるのか」など、一般的なものから、「この会社の規模だと、〇〇部門は何人くらいが適切か」などプロとしてのアドバイスが求められることもあります。

スマートニュースでは、応募者を1人のプロフェッショナルとして扱う面接となるため、実践的な受け答えが求められるでしょう。

スマートニュースで働いている方の評判・口コミ

管理、中途採用、在籍3年未満、男性
代表の2人が元エンジニアということもあり、エンジニアリング面に厚い会社。マッサージを受けられることや、残業時間が少ないなど、高いパフォーマンスを発揮できる環境で働ける。
グローバルにも事業展開をしており、海外のエンジニアと交流することも多い。海外で働きたい思考がある人にも働きやすい会社だと思う。
営業、中途採用、在籍3〜5年、男性
社内環境などは、スタートアップとは思えないほど充実している。業界では有名なエンジニアが多数所属しており、その中で自分のスキルを磨けることにやりがいを感じます。国内のスタートアップ企業の中では、年収はトップクラスだと思います。
口コミの概要・まとめ

スマートニュースは少数精鋭の企業であるため、口コミの件数は非常に少ないです。しかし、社員インタビューと見比べても基本はブレることなく、社員の満足度は総じて高いです。
給与レベル・福利厚生・スキルアップどの分野においても高評価で、人気企業であることが伺えます。

スマートニュースの年収・給与

年収 480万円〜1,200万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 記載なし
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 会社近辺に居住する場合に家賃および引越費用を補助
福利厚生 昼食、夕食費補助、フィットネスジムの利用費全額負担
週1回マッサージの施術無料、ストックオプション制度あり

スマートニュースでの転職者の出世難易度

スマートニュースは少数精鋭のため、出世難易度は高いです。
キャリア採用の場合、スマートニュースではあるポジションや給与面で条件が良いことも多く、入社してからの昇格・昇進よりも「やりがい」や「ユーザーを満足させる」ことを追い求めている社員が多いです。
結果に出世がついてくる環境となるため、自身のパフォーマンスをフルで発揮し「どうしたら良質なコンテンツを世界中に発信できるか」を考えることが出世の近道といえるでしょう。
また、スマートニュースでは、転職組が多く、経歴が評価に影響することはありません。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

30代前半 なし 900万円
30代中盤 なし 900万円
30代後半 なし 900万円
40代前半 なし 1,200万円

スマートニュースはどんな人が働いている?

スマートニュースの従業員数

約150名

スマートニュースの平均年齢

約35.0歳

スマートニュースの平均勤続年数

記載なし

スマートニュースの社風

スマートニュースニュースは社員同士の交流を非常に重視しています。社内イベントとして飲み会・食事会も定期的に開催されています。
また、社員食堂では社食が無料で提供されるため、多くの社員と昼食をともにする機会も多くなっています。

ベンチャーらしい自由な社風が特徴で、制度面においても、フレックスタイム制やリモートワーク、フリーアドレス制など、従業員を可能な限り縛らないようにする配慮が伺えます。

ビーズクッションソファやハンモックに座りながら働くことも可能で、開放的で自由な環境のなかからアイデアを生み出すことができます。

スマートニュースのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 10:00〜19:00
休日 土曜・日曜・祝日
その他の休日・休暇 夏季休暇、年末年始休暇、
有給休暇、慶弔休暇
平均残業時間 10時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

スマートニュースの社長

青野 慶久

慶應義塾大学理工学部卒業後、東京大学大学院総合文化研究科博士課程を修了。
経済産業省が公募している「未踏ソフトウェア創造事業」に採択され、情報処理推進機構において天才プログラマーに認定されている。
2006年にサルガッソーを設立。2012年に浜本階生とスマートニュース(創業時社名:ゴクロ)を創業し、代表取締役社長に就任。2014年には、アメリカ法人のスマートニュースSmartNews International. Inc.を設立し、副社長を兼任している。著書に『なめらかな社会とその敵』がある。

スマートニュース現職、OB/OGの有名人

浜本階生

スアマートニュースの共同創業者の1人。共同代表取締役社長を経て、現在はスマートニュースの最高執行責任者兼チーフエンジニアを務める。立ち上げ期においてスマートニュースアプリ(ios)のアプリ開発を全て担当した人物。
2007年価格.comWEBサービスコンテスト最優秀賞受賞、2009年Yahoo! JAPANインターネットクリエイティブアワード一般の部グランプリ受賞の経歴をもつ。

スマートニュースの転職に関わるQ&A


ビジネスレベルの英語力が必ず求められます。スマートニュースは今後グローバル化にさらに力をいえる方針を示しており、英語でのやりとりが行われるシーンは増えるでしょう。
ただし、スマートニュースでは無料で受けられる英語学習のサポートプログラムが用意されています。英語の学習意欲があれば採用される可能性も充分あるでしょう。


明治神宮前(原宿)駅から徒歩5分の位置にオフィスを構えています。
オフィスには仕切りがほとんどなく、社員同士のコミュニケーションが取りやすいような設計となっています。
無料で利用できるカフェテリアや、雑誌や新聞を自由に読むことのできるニューススタンド、さらに寝そべりながら仕事ができるフリースタイルエリアなど、社員の働きやすい環境が用意されています。

スマートニュースへ転職する方法

まずは公式サイトで概要をチェック

スマートニュースの採用ページには、中国・アメリカ・日本オフィスの求人情報が全て掲載されており、全体的な募集状況を確認できます。
また、公式サイトのエンジニアリングブログでは、社内の雰囲気を伺うことのできるコンテンツが多数掲載されているため、転職サイトやエージェントを利用する場合でも一度チェックしておくと良いでしょう。

他社と比較して選ぶなら「転職サイト」

転職サイトからスマートニュースへの転職を希望する場合はビズリーチがおすすめ。
ビズリーチはスマートニュース公式の求人募集と、エージェントの紹介案件を一気に確認することができるハイクラス専門の転職サイトです。
転職サイトを利用するメリットは、似た職種の豊富な求人情報を比較して、業界全体をざっくりと把握できることです。
転職サイトで情報を収集することで、今まで視界に入ってこなかった選択肢が見つかるケースも少なくありません。
また、転職を全て1人で進めることになるため、エージェントとの日程調整も不要。自分のペースでスピーディーに転職活動を行えるのも大きなメリットといえるでしょう。
転職活動をこれから始める方や、とにかく選択肢を増やしたい方、いますぐ転職したい方などは、転職サイトをぜひチェックしてみてください。

ビズリーチにはエンジニアリングからコンサルタントまで幅広い職種が掲載

2020年6月現在、ビズリーチに掲載されているスマートニュースのポジションは6件です。


※画像はイメージです。
ビズリーチには多くの転職エージェントが登録しているため、非公開求人の量が比較的多い転職サイトとなっています。そのため今回紹介した6つ以外のポジションもアドバイザーに尋ねることで、新たに見つけ出せる可能性も充分あるでしょう。

また、6件中3件は公式からの募集案件ですが、業務内容から今後の方針まで、全て日本語で掲載されているため、公式サイトの募集要項では知り得ない情報まで細かく知ることができます。
ただし、公式からの案件については、コンサルタントがつかないため、募集要項に記載されている情報以外を知ることはできず、書類審査の段階で落とされてしまう可能性は高まります。
経歴書の作成や面接に不安を感じる方は転職エージェントを利用することをおすすめします。

通過率を高め、幅広いサポートをしてもらうなら「転職エージェント」

スマートニュースへの転職に転職エージェントを活用するなら「JACリクルートメント」と「マイナビクリエイター」がおすすめです。
転職エージェントには片面・両面という大きく2種類に分類されます。
片面エージェントとは、転職者・企業への対応を分業で行うエージェント。分業制となっているため、案件数が多いというメリットがあります。
一方両面エージェントとは、転職者・企業への対応を1人で行うエージェントです。企業と直接つながっているコンサルタントに相談できるため、専門性が非常に高いというメリットがあります。
勢いのあるベンチャー企業への転職ならば、専門性の高い両面エージェントがベスト。採用傾向や社内時事情など、ネットでは知り得ない情報も紹介してもらえるため、転職活動を進めるうえでお大きなアドバンテージとなるでしょう。

JACリクルートメントは非公開求人中心

JACリクルートメントは、イギリスで設立された45年の実績を持つ転職エージェントです。
両面型エージェントなので専門性が非常に高く、企業からの信頼は厚いため、非公開求人の件数が非常に多いのが最大の特徴です。

※画像はイメージです。

JACリルートメントはミドル〜ハイクラス層のキャリアアップを目指す転職希望者向けのエージェントとなっているため、年収500万円〜3,000万円と、比較的高く設定されていることも特徴的です。
自身のプロフィールを登録することで、業界に精通したコンサルタントから、スキルや希望年収に合わせた最適な案件を紹介してもらえるでしょう。

クリエイティブ系の求人を多く扱っている「マイナビクリエイター」

スマートニュースへの転職をするうえで、クリエイティブ系のポジションに就きたいなら「マイナビクリエイター」がおすすめです。

※画像はイメージです。

マイナビクリエイターは、数多くある転職エージェントの中でも特にクリエイティブ系に特化している転職エージェントです。
クリエイティブ系に特化したキャリアアドバイザーが多数在籍しているので、自分のキャリアやスキル・実績などの相談がしやすく、クリエイティブ職の具体的な細かいところまで相談することができます。
現在、マイナビクリエイターにスマートニュースの求人は掲載されていませんが、同業他社の求人は多く掲載されているので、一度チェックしてみるのも良いでしょう。

あなたがスマートニュースに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

リンクトインへ転職する方法。評判や年収などについて調査

  ▼下記は、リンクトインに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからリンクトインに転職してくるのか ・転職先:リンクトインからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

DeNAの転職情報まとめ。難易度や年収を徹底調査

  ▼下記は、DeNAに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからDeNAに転職してくるのか ・転職先:DeNAからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

Twitter Japanへの転職。年収や仕事内容について解説

  ▼下記は、Twitter Japanに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからTwitter Japanに転職してくるのか ・転職先:Twitter Japanからどこへ転職するのか ...

LINEへの転職。福利厚生や年収について解説

  ▼下記は、LINEに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからLINEに転職してくるのか ・転職先:LINEからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

チームラボに転職するのは良い?評判や給料などを解説

  ▼下記は、チームラボに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからチームラボに転職してくるのか ・転職先:チームラボからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

DMM.comへ転職したい方必見。転職難易度や評判について調査

  ▼下記は、DMM.comに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからDMM.comに転職してくるのか ・転職先:DMM.comからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりた...

メドレーの転職はおすすめ?転職難易度や年収などを調査!

  ▼下記は、メドレーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからメドレーに転職してくるのか ・転職先:メドレーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

エムスリーへ転職するべき?福利厚生や難易度について調査

  ▼下記は、エムスリーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからエムスリーに転職してくるのか ・転職先:エムスリーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

バイトダンスへの転職するには?難易度や年収をご紹介

  ▼下記は、バイトダンスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからバイトダンスに転職してくるのか ・転職先:バイトダンスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

ドワンゴへの転職は難しい?難易度や面接対策方法などを紹介

▼下記は、ドワンゴに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからドワンゴに転職してくるのか ・転職先:ドワンゴからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

TOP