人材

アウトソーシングテクノロジーの転職事情。難易度や面接内容などを解説

▼下記は、アウトソーシングテクノロジーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからアウトソーシングテクノロジーに転職してくるのか
・転職先:アウトソーシングテクノロジーからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

アウトソーシングテクノロジーの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学・大学院卒業など幅広く在籍しており、学歴の幅は非常に広く、中には海外大学出身者もいます。

職歴

アウトソーシングテクノロジー在籍者の主な職歴は、ネオキャリアなどの人材系企業や帝国データなどの調査系企業が挙げられます。

退職後の主な転職先

アウトソーシングテクノロジーからの転職先として、ランスタッドなどの人材系企業
イトクロなどのWEB系事業会社へ転職しています。

アウトソーシングテクノロジーは、ものづくりの分野に関するITエンジニアや技術者に特化した人材派遣会社です。
株式会社アウトソーシングを親会社に持ち、業界内で急成長を遂げているため、注目を集めており、約16,000名のエンジニアを派遣しています。
特に大手メーカーや有名企業への派遣・転職支援に強みを持ち、これまでに3,600社以上の取引実績を誇っている企業です。
2004年設立、東京都千代田区に本社を構えており、10,410名もの社員が在籍しています。
そんなアウトソーシングテクノロジーでは、開発やエンジニアなどの専門職ポジションで、チャレンジ精神を持ち、最後までやり遂げられるような人材を求めています。

初めての転職でアウトソーシングテクノロジーを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

アウトソーシングテクノロジーの難易度や面接内容も気になるけど、それよりも先にどういった求人が募集されているのか知りたいという方はまず、ビズリーチなどの転職サイトで求人をチェックしてみましょう。
ビズリーチでは、ハイクラス求人をメインに扱っているため、転職先が未だ定まっていないという場合は、ここで一度比較することをおすすめします。
転職エージェントの活用を考えている方も、情報収集として一度ビズリーチをチェックしておけば、転職活動をより円滑に進められるでしょう。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • アウトソーシングテクノロジーの企業概要
  • アウトソーシングテクノロジーの転職ポイント
  • アウトソーシングテクノロジーの社風や企業文化

アウトソーシングテクノロジーに転職するポイント

アウトソーシングテクノロジーの特徴

POINT

  • ・ものづくりの分野に対して、ITエンジニアや技術者に特化した人材を派遣
  • ・約16,000名のエンジニアが在籍、急成長を遂げている企業として注目されている
  • ・3,600社以上の取引実績を持つ

アウトソーシングテクノロジーへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は非常に多い
  • ・開発やエンジニアといったポジションで求人募集
  • ・チャレンジ精神を持ち、最後までやり遂げられることが肝心

アウトソーシングテクノロジーの企業概要

会社名 株式会社アウトソーシングテクノロジー
本社所在地 東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館16・17F
社長 茂手木 雅樹
設立 2004年12月
株式 非上場
株主構成 記載なし

アウトソーシングテクノロジーの売上


アウトソーシングテクノロジーは非上場のため、親会社の株式会社アウトソーシングの売上高を掲載しています。

アウトソーシングの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 230,172百万円 311,311百万円 361,249百万円
税引前利益 10,395百万円 12,555百万円 13,478百万円

アウトソーシングテクノロジーの最新ニュース

アウトソーシングテクノロジーの事業内容

アウトソーシングテクノロジーは、顧客が必要とするさまざまな技術に対し、サービスや人材を提供している国内技術系アウトソーシング企業です。
必要な期間や必要な技術数、予算の応じて対応しており、機械や電気業界、IT業界をはじめ、さまざまな幅広い分野に対応できる総合力とワンストップソリューションにより、顧客の事業を支援しています。
また、ロボット導入コンサルティングやAI技術による画像判別ソリューション、装置保守メンテナンスなどのテクノロジーには、より強みを持っています。
さらには、エンジニアなどの人材派遣だけではなく、各地に開発センターを構えているため、次世代自動車やデジタル家電、医療機器などの研究開発や生産なども対応している企業です。
今後の展望として、医療業界や化学業界、IT業界などの事業に対して積極的に行動し、人工知能やディープラーニングといった分野のエンジニア育成に力を入れることを目指しています。

アウトソーシングテクノロジーの募集要項

WEBシステムパッケージ開発エンジニア

書類作成や写真管理、情報共有システムなどの開発や販売、保守を行うポジションです。
Webシステム導入に伴い、要件定義~保守までトータルフェーズで参加します。
エンドユーザーと近い距離で業務を行うため、親しみを持って仕事に取り組みたいという方には向いている職種です。

必須な経験・スキル

  • ・Webシステムの開発経験
  • ・一定以上のコミュニケーション能力

社内システムエンジニア

社内保険シスt目うのヘルプデスクを中心とした社内SE業務を担うポジションです。
具体的には、PCのキッティングや在庫管理、人員変更によるAD変更や各種ユーザー登録と権限変更作業を行います。
また、各種ユーザーの問い合わせ対応や障害調査対応なども行う場合があります。

必須な経験・スキル

  • ・キッティング作業の実務経験
  • ・MS Officeの基本操作ができる
  • ・システム運用保守の実務経験 など

営業企画

営業KPI数値や予算管理、予実の集計、分析業務を行うポジションです。
具体的には、営業の推進に伴い、必要となってくるKPIデータを集計と分析をし、問題点の発見と改善を提案を行います。
また、各部署の予実数値の集計と分析を行い、事象に対する改善提案や効果測定なども行うため、責任が問われる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・事業企画や営業企画などで予算管理などの実務経験
  • ・マネジメント経験

アウトソーシングテクノロジーの転職難易度

アウトソーシングテクノロジーの転職難易度は比較的高いです。
中途採用による求人は多くありますが、企業側から一定以上のスキルや経験などを求められる傾向があります。
また、ほかの転職者は全体的にレベルが高く、優秀な人材が応募しているため、その中から自分を採用してもらうというのは簡単なことではありません。
ほかの人よりも秀でている能力があるかどうかが採用してもらえるポイントになるでしょう。

アウトソーシングテクノロジーが転職者に求める人物像

アウトソーシングテクノロジーでは、チャレンジ精神を持ち、最後までやり遂げられる人材を求めています。
また、幅広いモノづくりに携わりたいや最先端技術を活用したいと考える人材も求めている傾向があります。
アウトソーシングテクノロジーは、幅広い技術を活用し、顧客の課題解決に取り組むため、こういった能力やマインドが必要不可欠です。
面接では、これらを上手にアピールできるエピソードを複数用意してから臨むと良いでしょう。

アウトソーシングテクノロジーの転職までの流れ

アウトソーシングテクノロジーの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接・適性検査

想定選考官:人事・現場責任者
想定内容:志望動機や前職までの経験など、オーソドックスな質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問に加え、仕事の対する姿勢を問うような質問をされます。

内定

アウトソーシングテクノロジーの面接形式

面接は1対1で行われるのがほとんどです。
面接回数はポジションによって異なりますが、おおよそ2~3回あります。
1回あたりの時間は30分~1時間で終わります。

アウトソーシングテクノロジーの面接内容

アウトソーシングテクノロジーの面接は、志望動機や前職までの経験など、オーソドックスな質問から進みます。
また、「なぜエンジニアを目指すのか」や「一生技術者として働くのか」など、仕事に対する姿勢を見るような質問をされます。
さらには、「あなたを雇うメリット」や「入社することで何に貢献できるか」といった部分も質問される傾向があるので、しっかりと回答できるように自己分析を行っておくことがおすすめです。
面接の雰囲気は、比較的話しやすい雰囲気であり、リラックスして臨むことができるでしょう。

アウトソーシングテクノロジーで働いている方の評判・口コミ

プログラマー、在籍5~7年、男性
さまざまな企業のさまざまな案件に携わることができるので、毎回新鮮な気持ちで仕事に取り組むことができます。また、仕事に躓いてしまった場合でも、周りがサポートしてくれて、それを踏まえて乗り越えたときのやりがいはとても感じるでしょう。
アプリケーション設計、在籍5~7年、男性
姉妹会社のスクールで割引で受講ができ、また、資格取得手当やフォローアップ研修があるので、スキルアップすることは大いにできます。自分次第ではありますが、積極的に研修に参加すればどんどん成長していくことができると思います。
ネットワーク設計、在籍3~5年、女性
現場によりますが、基本的には定時で帰ることができます。忙しいプロジェクトに参画することになっても、契約により残業時間が規制されているので残業することはほとんどありませんので、プライベートも充実させることができるでしょう。
口コミの要約

アウトソーシングテクノロジーの口コミを見てみると、さまざまな企業の案件に携わることができるため、新鮮な気持ちで働くことができることが伺えます。また、フォローアップ研修をはじめ、豊富な研修があるため、スキルアップも望める企業といえます。

アウトソーシングテクノロジーの年収・給与

年収 588円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 一部有り
福利厚生 確定拠出年金制度、資格取得祝金、慶弔金制度、モチベーション支援など

アウトソーシングテクノロジーでの転職者の出世難易度

アウトソーシングテクノロジーの出世難易度は中程度です。
多くの実績を残し、上司や現場で認めてもらうことができれば、出世することができるでしょう。
ただし、そうなるためには、非常に高いスキルや経験が必須になるため、日々スキルアップして技術力を向上させるほかありません。
また、優秀な社員が大勢在籍しているため、出世するのは楽ではないことを理解しておくことも必要です。
アウトソーシングテクノロジーで出世を目指すなら、コツコツと努力し、より多くの実績を残すことが肝心でしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 600万円
30代中盤 なし 600万円
30代後半 なし 800万円
40代前半 課長 800万円
40代後半 部長 1,200万円
50代前半 なし 1,000万円

アウトソーシングテクノロジーはどんな人が働いている?

アウトソーシングテクノロジーの従業員数

10,410名

アウトソーシングテクノロジーの平均年齢

記載なし

アウトソーシングテクノロジーの平均勤続年数

記載なし

アウトソーシングテクノロジーの社風

アウトソーシングテクノロジーは、比較的風通しが良く、何かあれば相談しやすいという社風があります。
仕事に関する相談をはじめ、さまざまな相談を社員が親身に聞いてくれて、適したアドバイスをしてくれるため、働きやすい環境があるといえます。
また、主体性を持って行動すればアシストしてもらえるので、自分から率先して動ける方には、向いている企業といえるでしょう。

アウトソーシングテクノロジーのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~18:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 GW、夏季休暇、年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 月15時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

アウトソーシングテクノロジーの社長

茂手木 雅樹

1978年生まれ、埼玉県出身。
武蔵大学卒業後、テレアクセスに入社。
2004年に株式会社シーエスソリューションを設立、代表取締役に就任。
さらに2年後、グレイスケース(現・株式会社アウトソーシングテクノロジー)を設立、代表取締役に就任。
その後、執行役員経営管理本部IT事業担当や取締役に就任。
2014年に株式会社アウトソーシングテクノロジー代表取締役社長に就任。
現在は、株式会社シンクスバンクの代表取締役社長や、株式会社アネブルの取締役なども兼任している。

アウトソーシングテクノロジー現職、OB/OGの有名人

土井 春彦

1959年生まれ、京都府出身。
1987年に株式会社中部綜合設立し、代表取締役社長に就任。
さらに2年後、株式会社リアルタイムを設立し、代表取締役社長に就任、関東や静岡などに支社を設立。
1997年に株式会社アウトソーシングを設立、代表取締役社長に就任。
現在は会長も務めており、有限会社トリリオン取締役社長や株式会社アジアMONOづくり研究所取締役なども歴任している。

アウトソーシングテクノロジーの転職に関わるQ&A


転職活動をするにあたって、アウトソーシングテクノロジーの残業時間が聞いなる方は少なくないでしょう。
実際に、アウトソーシングテクノロジーはほかの企業に比べると残業時間が短く、休日も多い傾向があります。
そのため「プライベートを充実させたい」や「家庭と仕事と両立させたい」と考えている方には、向いている企業といえます。

アウトソーシングテクノロジーには、非常に多くの女性社員が在籍しており、バリバリ働いているキャリアウーマンや子育てと両立しながら働いている方など、さまざまな方がいます。
比較的自由な働き方が可能なので、女性にとって働きやすい環境があり、活躍することができる企業でしょう。

アウトソーシングテクノロジーへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

アウトソーシングテクノロジーの公式サイトにある採用情報ページから応募することができます。
求人情報をはじめ、企業メッセージやビジョン&事業概要、インフォメーションなどが掲載されているので、一読することをおすすめします。
ただし、求人内容は非常に少なく、不透明な部分が多くあります。
より詳しい内容が知りたい場合やサポートを受けながら転職活動したい場合は、転職サイトや転職エージェントを活用すると良いでしょう。

自分のタイミングで転職活動したいなら「転職サイト」

アウトソーシングテクノロジーへ転職するうえで、転職サイトの活用を考えているなら、豊富な求人掲載数を誇っており、転職サイトの中ではハイクラスの案件を多く取り扱っている「ビズリーチ」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つあります。
・求人数が豊富で選択肢が多い
・スケジュールの状況に合わせて転職活動が可能
・少しでも気になった求人にすぐに応募できる

求人案件を多く持っているため、自分の希望する条件を満たした求人を探したいという方は、転職サイトの利用がおすすめです。
また、転職エージェントとのスケジュールが調整しにくく、なかなか転職活動ができないという方でも、転職サイトなら自分のペースで転職活動がしやすく、気になった求人があればすぐに応募ができるので、比較的時間をかけずに転職できるという特徴もあります。

ビズリーチは平均年収が全体的に高く、年収交渉も可能!

ビズリーチに掲載されている求人は、エンジニア職を中心に掲載されています。

※画像はイメージであり、タイミングによって掲載内容が異なる場合があります。

ビズリーチでは、キャリアアドバイザーの評価をチェック可能で、ヘッドハンターによるスカウト機能もあります。
また、今の自分の市場価値を知ることができ、より自分に合ったポジションへ転職しやすいというメリットがあります。
ただし、転職サイトから応募する場合、自分と企業との年収などの希望条件のすり合わせが上手くいかないことも少なくありません。
その結果、面接で落とされてしまったり、書類選考が通らないということがあります。
確実な転職を望むなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

幅広いサポートにより転職成功率を上げたい方には「転職エージェント」

転職エージェントによるサポートを受けながら転職したいなら、クオリティの高いキャリアコンサルタントが在籍していると定評がある「JACリクルートメント」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは主に3つあります。
・年収相談や書類添削などの幅広いサポート
・自分と企業側の条件をすり合わせしてくれる
・一部の人しか見ることのできない非公開求人が比較的多い

転職エージェントは、今後のキャリアプランの相談や、転職活動におけるアドバイスなど、幅広い支援により転職成功率を高めることができます。
また、自分と企業とのすり合わせも代わりに行ってくれるので、初めて転職する方や希望するポジションへ確実に転職したいという方には、転職エージェントの活用はおすすめです。

JACリクルートメントではハイクラスの非公開案件が多数掲載!

JACリクルートメントでは、ハイクラス案件を多く取り扱っており、基本的に企業名が伏せられている非公開案件が多数掲載されています。

※画像はイメージであり、タイミングによって掲載内容が異なる場合があります。

アウトソーシングテクノロジーへ確実な転職したいとお考えの方は、転職活動において幅広いサポート受けながら転職したいという方は、JACリクルートメントの活用が良いでしょう。
JACリクルートメントは、東証1部上場の企業で約1,200名のアドバイザーが在籍しており、43万件以上の転職支援実績を持っているため、安心安全に利用できる転職エージェントです。
多くの求人が非公開求人となっていますが、キャリアコンサルタントに相談することで、自身に合った案件を紹介してもらえる可能性があります。

あなたがアウトソーシングテクノロジーに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

アウトソーシングテクノロジーの転職事情。難易度や面接内容などを解説

▼下記は、アウトソーシングテクノロジーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアウトソーシングテクノロジーに転職してくるのか ・転職先:アウトソーシングテクノロジーからどこへ転職するのか 一般的な...

エムスリーキャリアの転職はおすすめ?年収や難易度について調査

  ▼下記は、エムスリーキャリアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからエムスリーキャリアに転職してくるのか ・転職先:エムスリーキャリアからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、...

ネオキャリアへの転職難易度は?面接時にされる質問や口コミなどを解説

  ▼下記は、ネオキャリアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからネオキャリアに転職してくるのか ・転職先:ネオキャリアからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

ビズリーチの転職難易度は?採用情報や将来性を調査!

  ▼下記は、ビズリーチに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからビズリーチに転職してくるのか ・転職先:ビズリーチからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

リクルートキャリアへの転職。仕事内容や難易度、年収を解説

  ▼下記は、リクルートキャリアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからリクルートキャリアに転職してくるのか ・転職先:リクルートキャリアからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、...

パーソルキャリアへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

パーソルキャリアは、転職支援や求人情報、アウトソーシングなどを手掛けている総合人材サービス会社です。 主に、「doda(デューダ)」などの求人情報サービスを展開するほか、各業界専門転職支援サービスも提供しています。 人材...

リクルートジョブズへ転職するべき?年収や難易度について解説

  ▼下記は、リクルートジョブズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからリクルートジョブズに転職してくるのか ・転職先:リクルートジョブズからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、...

TOP