WEB・アプリサービス

freee(フリー)への転職。転職難易度や評判などを解説

freee転職者の主なキャリアステップ

freeeの主な転職元・転職先

学歴学歴は、大卒~大学院卒が主に多く、高学歴者が在籍しています。

前職freee在籍者に多い職歴は、ワークスアプリケーションズなどのIT系コンサルLINEGoogleなどのweb系事業会社が挙げられます。

次の転職先freeeからの転職先としては、セールスフォースなどのツールベンダー、そのほかにはメルカリなどのweb系事業会社などが挙げられます。

freee株式会社は会計ソフトや人事労務のソフトの開発や、個人事業主向けのクレジットカード事業を展開する、2012年創業のスタートアップ企業です。
本社は東京都品川区西五反田に構えており、現在の従業員数は481名です。
「働きがいのある会社」のベストカンパニーのトップ10に6年連続選ばれていることや、2019年に上場を果たしているなど、転職先として人気の高い企業でもあります。
現在freeeでは事業拡大に向け、エンジニア職や営業職、マーケティング職など、幅広い職種での即戦力を求めた中途採用を積極的に行っています。

freeeへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・freeeの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、freeeの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!

ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • freeeの企業概要
  • freeeの転職ポイント
  • freeeの社風や企業文化

freee転職するポイント

freeeの特徴

POINT

  • ・評価制度・福利厚生・女性の働きやすさ、全てにおいて評判の高い
  • ・東京本社を除き、6つの支社・営業所を持つ
  • ・5年間で従業員数20名程度から500名以上へと急速な発展を遂げている

freeeへ転職するポイント

POINT

  • ・面接ではスキルの高さよりも意欲を重視する傾向
  • ・面接の平均回数は5回
  • ・企業理念の「マジ価値2原則」への共感が必須

freeeの企業概要

会社名 freee株式会社
本社所在地 東京都品川区西五反田2-8-1 五反田ファーストビル 9F
社長 佐々木 大輔
設立 2012年7月
株式 東証マザーズ
株主構成 佐々木大輔24.90%
DCM VI, L.P. 11.66%

freeeの売上

freeeの売上推移

事業年度 2018年度 2019年度 2020年度
売上高 4,516百万円 6,895百万円 10,258百万円
経常利益 -2,850百万円 -2,938百万円 -2,719百万円

freeeの最新ニュース

freeeの事業内容

ソフト開発

freeeのメインの事業となるのが、「クラウド会計ソフトfreee」や「人事労務 freee」、「クラウドERP freee」など業務を効率化させるソフトの開発、及び販売です。

現在、クラウド会計ソフトを導入している国内企業は、全体の14.3%と少ない現状ですが、アメリカでは52.5%の企業や、国内でも設立1年以内の企業の半分以上がクラウド会計ソフトを導入しています。

クラウド会計ソフト今後、国内での需要が高まることが予想される分野であるため、シェア率トップのクラウド会計ソフトfreeeは、今後さらなる成長が期待できるプロダクトとなるでしょう。

また、近年フリーランスとして活動する人材が増加傾向にあるため、確定申告の書類作成ソフト「申告 freee」や、会社設立の書類作成ソフト「会社設立 freee」なども、現在注目を集めています。

クレジットカード

freeeの完全子会社であるfreee finance labでは、クレジットカード会社ライフカードと共同開発した個人事業主・法人向けのクレジットカード「freee カード」を発行しています。
freee カードは、創業して間もない個人事業主でも審査が通りやすいことや、freeeが提供するサービスとの連携が取りやすいことが挙げられます。
また、freeeカードを利用するとクラウド会計ソフトfreeeを優待プランで利用可能となるため、効率よくユーザーを獲得しています。

freeeの転職の募集要項

グロースエンジニア

主にクラウド会計ソフトfreeeの開発エンジニアとして、システムの企画・設計・開発を行います。
freeeでは、3ヶ月に1度、1週間好きな課題に取り組むことができるフィーバーシステムが用意されているため、自身のスキルアップを図ることが可能です。
面接では、マネタイズやグロースに関わった経験や、大規模サービスの開発に携わった経験を持つエンジニアが優遇される傾向があります。

必須な経験・スキル

  • ・Webアプリケーションの開発経験及びスキル

デジタルマーケティングディレクター

webからの集客における、戦略立案や企画、グロース施策を行います。
UI/UXの改善やSEOコンテンツ作成、広告運用、マーケティングオートメーションと連携したマーケティング施策など、web領域全てを担当するため幅広いスキルが求められるでしょう。
必須ではありませんが、業務を進めるに当たって、コーディングや、Photoshop・illustratorでのデザインなどのスキルが求められるシーンがあるため、転職をお考えの方は、応募の前に基礎を固めておくことをおすすめします。

必須な経験・スキル

  • ・SEOの運用経験
  • ・Webサイト構築の実務経験
  • ・サーバーインフラ技術に関する俯瞰的知識

サポートプロジェクトマネージャー

カスタマーサポートの視点を持って、プロダクトのユーザービリティを高めていきます。
現在freeeは、ユーザー数の増加傾向を見せており、さらなる使いやすさ・わかりやすさが求められています。
ユーザーが躓く課題の特定や、効果測定のデータ分析を行い、改善に向けたロードマップの作成。さらにエンジニアチームと課題を共有し、改善プロジェクトを実行していきます。
サポートチームをまとめあげるだけでなく、エンジニアチームとサポートチームの架け橋ともなる職種であるため、高いマネジメント力が求められます。

必須な経験・スキル

  • ・プロジェクトマネジメント経験
  • ・データ分析の基礎知識

freeeの転職難易度

freeeの転職難易度は高いです。ただし、freeeでは事業拡大に伴って積極的に採用を行っているため、2020年の今が転職のチャンスともいえるでしょう。
freeeが転職者に求めるスキルは非常に高いですが、面接ではスキルよりも、ポテンシャルや、企業理念である「マジ価値2原則」へのマッチ度が求められる傾向があります。
そのため、採用される可能性は、対策次第でかなり上げることができるでしょう。
ただし、freeeに在籍するエンジニアは、総じてレベルが高く、ポテンシャルや、企業理念への共感だけでは転職は難しいかもしれません。

freeeが転職者に求める人物像

freeeの代表である佐々木氏は「スキルよりも人間性が大切」と考えており、採用の際には、『この人と24時間空港に居られるか?』を考えられます。つまり友達付き合いができる、優秀な人材が、freeeで求められる人物像です。

freeeでは、自身の成長に貪欲な人材が多いため、スキルアップに対して切磋琢磨したい性格の人は、freeeへの転職に有利かもしれません。

freeeの転職までの流れ

freeeの選考フロー

書類・エントリーシート提出

1~5次面接

想定選考官:部長・役員
面接は5回程度行われます。現場で働く人が面接官となることが多いため、実践的な質問が多く出されます。

最終選考

想定選考官:社長
なぜ?を繰り返し、価値観の背景的な部分を深掘りされます。

freeeの面接形式

面接はほとんどの場合1対1で行われます。
面接回数は5回程度です。
1回につき45分程度となります。

freeeの面接内容

freeeは面接回数が多いことからもわかるように、面接に非常に力を入れています。
面接では、ディスカッション形式で、専門的な内容を話し合うケースや、ホワイトボードを使うケース、専門的な内容には触れず、企業理念へのマッチ度を図るケースなど、毎回重視されるポイントが異なります。
その中でも最も難関だと言われているのが、企業理念へのマッチどを測る面接です。役員が面接官を担当することが多く、最終面接の次に重要な面接といえるでしょう。

全ての面接において共通して問われる質問としては、ITへの興味に関する質問です。
「Google MAPを日本中に使ってもらうためには?」など、ITについてどのような観点で、どのように考えているかが、見られるため、今のITトレンドは面接の前に必ずチェックしておきましょう。

freeeで働いている方の評判・口コミ

営業、在籍5〜10年、男性
「バックオフィスを効率化した方が絶対良い」と考えて、自社のサービスに自信を持っている人が多いです。全員が同じ方向を目指しているので、自分としてもとてもやりがいが感じられます。また月に一度、上司と1対1で面談ができるので、業務やキャリア、働き方についていつでも相談できる環境が整っています。的確なフィードバックももらえるので、自身のスキルアップも実感できます。
事業企画、在籍5〜10年、女性
男女比は3:7くらいで、役員に女性はいませんが、女性の働きやすい環境は整っていると思います。ハラスメントへの対策はしっかりしていて、すぐに報告できるシステムも有効的に動いています。男女問わず結果を出せば評価されるシステムなので、不公平なことはありません。LGBTへの理解は国内トップクラスな企業だと思います。
エンジニア、在籍3〜5年、男性
フレックスタイム制を採用しているので、自分のペースで働くことができます。部署によってはかなり残業いているところもありますが、ワークライフバランスについても上司と相談しやすい環境があったり、残業を強いられる雰囲気はなかったりで、基本的には無理なく働けると思います。

口コミの要約

車内の雰囲気、女性の働きやすさ、ワークライフバランス。以上3点に関するいい口コミが多く見られます。特に、社員全体が「社会に貢献したい」という意思の下で働いているという口コミは多く、企業理念がよく浸透している企業であることがわかります。
また、結果を出せば自由に働くけるという口コミも多く、プライベートを大切にしている社員が多い印象です。

freeeの年収・給与

年収 550万
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 なし
福利厚生 弁当・ドリンクフリー、書籍費フリーなど

freeeでの転職者の出世難易度

出世難易度は高いです。出世するには、非常に自由な社風の中で、自分のやるべきことを見つけ出し、挑戦し続ける必要があります。
ただし、女性や転職者、性的マイノリティ、プロパーなど、経歴を問わず正当な評価が下されます。
「freeeにとってどのような・どのくらいのインパクトをもたらしたか」という観点を軸に、上司だけでなく同僚からのフィードバックを通し、その人の評価が決まります。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 700万円
30代前半 なし 800万円
30代中盤 なし 1,000万円
30代後半 なし 1,000万円
40代前半 なし 1,000万円
40代中盤 なし 1,000万円

freeeはどんな人が働いている?

freeeの従業員数

506名(2019年6月末時点)

freeeの平均年齢

31歳

freeeの平均勤続年数

不明

freeeの社風

代表の佐藤氏がGoogle出身ということもあり、Googleのように自由な社風と表現されることが多々あります。
フレックスタイム制を採用していること以外にも、オフィスにカフェや卓球場が用意されているなど、リラックスしながら仕事に臨むことが可能です。
社内でのクラブ活動も盛んに行われており、他部署の社員と交流も頻繁に行われます。全体的に風通しがよく、ベンチャー企業らしい働き方ができるでしょう。
ただし、好奇心旺盛で、外交的な社員が目立つ一方で、おとなしく、真面目にコツコツと仕事をこなす人は評価されづらい傾向があるため、指示を完璧にこなすタイプの方にとっては居心地があまり良くないかもしれません。

freeeのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 フレックスタイム制(コアタイム11:00-16:00)
休日 土日・祝日
その他の休日・休暇 年末年始休暇
平均残業時間 月20時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 記載なし

freeeの社長

佐々木 大輔

一橋大学商学部卒業後、博報堂、サンライズ・キャピタル、株式会社ALBERTを経て2008年にGoogleへ入社。Googleでのプロダクトマーケティングマネージャーや、アジア地区の中小企業向けマーケティングチームの統括などの経験を活かし、2012年にfreee株式会社を設立。2017年のフォーブス日本の起業家ランキングでは、トップ10に入賞。代表的な著書として『「3か月」の使い方で人生は変わる』が挙げられる。

freee現職、OB/OGの有名人

東後 澄人

freeeの取締役。東京大学工学部を卒業後、McKinsey & CompanyでIT・テクノロジー業界の経営戦略を担当。2010年にGoogleへ転職し、佐々木氏と出会う。Googleで中小企業のマーケティングに関する知見を培い、2013年7月にfreee株式会社に入社。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声がわからない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。

よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。

それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。現在掲載中のものとは内容が異なる可能性があります。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞ける上、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

freeeの転職に関わるQ&A


freeeへの転職を考える方は、必ずマジ価値2原則を理解しておく必要があります。
1.社会の進化を担う責任感
2.ムーブメント型チーム
なぜfreeeではマジ価値2原則が重視されているのか、自分なりの考えをまとめて面接に臨みましょう。


freeeでは、軽食・夕食の支給制度や、書籍購入費用の会社負担、出産祝い手当て、産休育休など、一般的な福利厚生や制度に加え、ユニークな制度が用意されています。
例えば、週に一度上長と30分の面談が受けられる「weekly 1on1」や、ベビーシッターの半額で受けられたり、社内で親コミュニティを用意し、相談やお下がりのやりとりができる「つばめっこクラブ」など、社員が100%のパフォーマンスを発揮できるような取り組みが行われているのです。

freeeへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

freee採用ページから応募が可能です。
公式サイトにはfreeeの行動指針や理念などを確認することができるので、面接対策や書類作成にも役立つはずです。
また、現在募集されている職種や条件がざっくりと記載されているため、「まずは求人の状況を簡単に知りたい」という人はチェックしておきましょう。

ただ、詳しい給与などは記載されていないため、自分がどのくらいの給与をもらえるかどうか確認したい場合には、転職エージェントを利用するといいでしょう。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、freeeの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!

ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

よりスピーディーに転職活動を進めるなら転職サイト

転職活動をより素早く行うのであれば転職サイトのご利用をおすすめします。
転職サイトを使う大きなメリットを3つ挙げるのあれば、
・確認できる求人情報が多い
・他人の都合に合わせることなきく自分のペースで転職活動が行える
・応募するまでのスピード感がある
ということが挙げられます。

また、freeeのような人気企業への転職を希望するのであればハイクラス専門の転職サイト「iX転職」がおすすめ。
iX転職では職務経歴を登録を行うことで、厳選されたヘッドハンターからスカウトメールが届きます。

「iX転職」では年収1000万円超え求人も。

iX転職から届くスカウトメールを見ると、エンジニア、マーケティング、プロダクトマネージャーなど、幅広い分野の求人が多く存在します。

※画像はイメージです。

2020年6月現在、募集がありますので自分のスキルや経験に合った業種が見つかるはずです。
しかし、求人サイトでは情報が多すぎてどれが自分にぴったりなのかわからない、選ぶのが面倒くさい……なんてことも。
求人サイトでの転職は自分のペースで進められる反面、なかなか転職活動が進まずに長期化してしまうことも多々ありますので、短期集中で転職をしたいなら転職エージェントを活用するほうがいい場合もあります。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

サーバーワークスへの転職は難しい?事業内容やミッション、将来性などを解説

サーバーワークス転職者の主なキャリアステップ ...

アイスタイルの転職情報。難易度や給与などをご紹介

アイスタイル転職者の主なキャリアステップ 前職 ヤフー、楽天などのWEB系事業会社 化粧品メーカー 株式会社アイスタイルに転職 次の転職先 楽天などのW...

Shopifyへの転職は可能?採用情報や転職難易度を徹底調査

Shopifyは、Eコマースプラットフォーム「Shopify」を提供するカナダ発の企業です。 「Shopify」は中小企業をメインに設計されており、世界175か国において100万を超える加盟店に利用されています。 Amazonや楽天...

エイチームの転職難易度は高い?口コミや面接情報解説まとめ

エイチーム転職者の主なキャリアステップ 前職 グリーなどのWeb系事業会社 不動産販売 ITソリューション 広告制作会社 広告代理店 株式会社エイチームに転職 ...

デジタルマーケティング業界に転職する際におすすめの転職エージェント・転職サイト

デジタルマーケティングとは、様々なものがデジタル化しデジタル関連のサービスが増えている中で注目されているデジタル化されているマーケティグのことです。 デジタルマーケティング業界への転職を検討するにあたって、まずはデジタルマーケ...

サインドへの転職。事業内容や転職のメリット・面接の口コミを解説

「インターネットを通じて、心のつながりを提供する」というミッションのもと、理髪店や美容院のクラウド型予約管理システム「Beauty Merit」を運営しているサインド。単なる予約管理にとどまらず、顧客と店舗とのつながりをサポートする...

アピリッツの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

アピリッツ転職者の主なキャリアステップ 前職 カプコンなどのゲームメーカー アプリ開発企業 デジタルマーケティング業界 株式会社アピリッツに転職 次の転...

DeNAの転職情報まとめ。難易度や年収を徹底調査

DeNA転職者の主なキャリアステップ 前職 ワークスアプリなどのITコンサル ゲーム等Web系コンテンツ制作会社 セプテーニなどのツールベンダー 東芝、シャープなどの電機メーカー ...

ヘッドウォータースへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

ヘッドウォータース転職者の主なキャリアステップ ...

ブシロードの転職事情。面接内容や口コミなどを解説

ブシロード転職者の主なキャリアステップ 前職 ソニーミュージック、KADOKAWAなどの音楽業界 株式会社ブシロードに転職 次の転職先 グリー、DMMなど...

TOP