広告

博報堂プロダクツへの転職は可能?年収や評判などを徹底調査

広告代理店としてトップを争う博報堂の子会社「博報堂プロダクツ」。博報堂プロダクツに転職するためには、どのような強みやスキルが必要なのでしょうか?このページでは、博報堂プロダクツへの転職について、年収や評判なども含めながらまるっとご紹介していきたいと思います。ぜひ、参考にしていただければ幸いです。

この記事でわかること

  • 博報堂プロダクツの企業概要
  • 博報堂プロダクツの転職ポイント
  • 博報堂プロダクツの社風や企業文化

博報堂プロダクツに転職するポイント

博報堂プロダクツの特徴

POINT

  • ・大手広告代理店「博報堂」の子会社。様々な切り口でマーケティングを行っている。
  • ・年収は高めで福利厚生も充実している。「フリーバカンス」という1年間に5連休を2回取得することができる休暇制度あり。
  • ・売上・営業利益共に順調に伸びている将来性のある企業。

博報堂プロダクツへ転職するポイント

POINT

  • ・選考にプレゼンテーションがあるため、普段からユニークな課題解決案を考える癖をつけておく
  • ・応募職種で3年以上の実務経験が求められる
  • ・英語スキルがあれば尚良い

博報堂プロダクツの企業概要

会社名 株式会社博報堂プロダクツ
本社所在地 東京都江東区豊洲5-6-15 NBF豊洲ガーデンフロント
社長 岸 直彦
設立 2005年10月1日/td>
株式 非上場
株主構成 株式会社博報堂(100%)

博報堂プロダクツの売上

博報堂プロダクツは非上場のため、親会社である博報堂DYホールディングスの売上を記載しておきます。

博報堂DYホールディングスの売上推移

事業年度 2016年 2017年 2018年
売上高 1,255,474百万円 1,335,030百万円 1,445,614百万円
経常利益 45,491百万円 54,364百万円 68,809百万円

博報堂プロダクツの最新ニュース

博報堂プロダクツの事業内容

企画制作事業

「企画制作事業」は、顧客の課題を“クリエイティブ”で解決する事業です。「人を動かすコンテンツ・クリエイティブ」をモットーに、“どうすればお客様に手に取ってもらえるか?”“どうすれば売れる商品になるのか?”にフォーカスしながらクリエイティブな切り口でマーケティングを行っています。

具体的には、「ナチュラルローソンシリーズのパッケージ製作」・「三菱自動車工業の車種カタログ製作」・「TOKYU PLAZA WEEKのプロモーション」などがあります。

デジタルプロモーション事業

「デジタルプロモーション事業」は、D⇔R(デジタルとリアルを繋ぐ)で新たなプロモーションの形を生み出す事業です。Web制作やオウンドメディアの運用から今流行のVR・AR制作まで、幅広いジャンルを網羅しています。具体的には、「イトーヨーカドーTVの制作・運用」・「弱虫ペダルの番組宣伝プロモーション」などがあります。

データビジネスデザイン事業

「データビジネスデザイン事業」は、蓄積したデータを活かしたマーケティングを行う事業です。博報堂プロダクツで保有している300億ものデータを分析・活用し、大きなマーケティング成果を出す他、大量のデータを活かし「小売企業向けCRMプラットフォーム・Katta!」のような新たなビジネスも生み出しています。

プロモーションプロデュース事業

「プロモーションプロデュース事業」は、プロモーション領域の最前線を担う事業です。“クライアント以上にクライアントを知る”をモットーに、結果にとことんこだわることで高い成果を上げ続けています。

博報堂プロダクツの転職の募集要項

プロモーションプロデューサー

プロモーション領域の企画から制作・実施までフルスタックでプロデュースします。
海外のキャンペーンを担当するケースもあるため、英語スキルのある人材は優遇される傾向があります。

必須な経験・スキル

  • ・広告・SP業界での経験3年以上

データベースマーケター

データ思考を持ったマーケティングと試作立案を行います。
即戦力を求めるポジションであるため、必須なスキルや経験は高いものの、携われる領域は非常に広く、大きなやりがいを感じることができるでしょう。

必須な経験・スキル

  • 分析コンサルティング経験
  • データベースマーケティングに対する理解
  • 基本的な統計解析に対する理解とデータアナリストへのディレクション経験
  • マーケティングや、アクションへとつなげる施策プランニングの理解や経験

博報堂プロダクツの転職難易度

博報堂プロダクツへの転職は、決して簡単ではありません。「結果至上主義」であるため、それなりに成果を出せそうな人が選考に通ります。また、後述する平均残業時間を見ても分かるとおり、仕事に打ち込める忍耐力やメンタルの強さがあるかどうかも選考時にチェックされるため、ストレス耐性が弱い人には厳しいと思われます。

博報堂プロダクツが転職者に求める人物像

博報堂プロダクツでは、顧客に寄り添い、他にはないユニークなアイデアで課題解決ができる人物を求めています。また、日本のリーディングカンパニーであるため、応募分野のプロフェッショナルであることも求められます。

博報堂プロダクツの転職までの流れ

博報堂プロダクツの選考フロー

Webエントリー

書類選考

面接(3回ほど・プレゼンテーションあり)

想定選考管:人事、現場社員、役員
面接官からの質問はほとんど受けず、自らプレゼンを行います。

内定

博報堂プロダクツの面接形式

面接形式は、「プレゼンテーション」と「自己PR」です。職種にもよりますが、課題に沿ったプレゼンを4人の面接官の前で行います。選考通過後は、最終面接で自己PRを行います。面接は合計で3回ありますが、面接の日時変更ができないためスケジュール調整が必要です。

博報堂プロダクツの面接内容

面接内容は特に特徴はなく、“なぜ博報堂プロダクツを選んだのか?”“これまでの経験をどう活かしていきたいか?”などのよくある質問をされることが多いです。ただし、広告代理店である以上やはり「結果至上主義」であるため、これまで経験してきた仕事については深堀されます。しっかり仕事に対する姿勢を見せるようにしましょう。

博報堂プロダクツで働いている方の評判・口コミ

マーケティング、在籍1~3年、女性
男女の差をあまり感じないというか風土的に男性だから女性だからという観点があまり感じられない印象です。女性の上司も関係なくいらっしゃるので、女性だから不利とかそういう状況にないように思えます。むしろ、人として、専門職として、魅力ある人が仕事を沢山もらえているかと思います。
マーケティング、在籍1~3年、男性
プロモーションのあらゆる領域において、クライアントである企業や組織の課題解決に取り組む、総合制作事業会社である。
フォトクリエイティブ、CM制作、企画制作、ダイレクトマーケティング、イベントプロモーション、PR、プレミアムなど、専門性に特化した事業本部には、確かな技術と豊かな経験を兼ね備えたプロフェッショナルが数多く在籍。各事業本部が連携し合い、課題やニーズに応じた最適な企画やアイデアを実現している。
マーケティング、在籍1~3年、男性
私は前職よりも転職時は年俸は落ちました。1年契約となり、ボーナスはないので。今は多少あがっています。給料も大事ですが、幅広い業務と社内メンバーがいるのはかなり自分の成長になっています。
口コミの要約

博報堂プロダクツの社員評価は非常に高いです。優秀な人材が多く、常に自身のスキルアップが期待でいきます。年収について不満を抱える社員はすくないものの、年収の大部分が賞与になるため、不安に思う社員もいるようです。

博報堂プロダクツの年収・給与

年収 516万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り(54時間/月を超えた分が支払われる)
固定残業手当 有り(正社員100,000円・契約社員94,000円)
通勤手当 有り
住宅手当 有り※条件付き
福利厚生 育休取得率90%以上・海外勤務可・新規事業提案制度
資格取得奨励金
など

博報堂プロダクツでの転職者の出世難易度

良くも悪くも「実力至上主義」なため、成果を上げることができれば、とんとん拍子で出世することができます。“仕事第一でばりばり働きたい!”という方にとっては出世しやすい環境と言えるでしょう。

博報堂プロダクツはどんな人が働いている?

博報堂プロダクツの従業員数

1,781名(2019年4月時点)

博報堂プロダクツの平均年齢

37歳

博報堂プロダクツの平均勤続年数

記載なし

博報堂プロダクツの社風

「仕事第一」「結果至上主義」が根付いており、男女関係なくあらゆる業務に携わることができます。仕事を気軽に任されることが多く、一から十まで自分で考えることができるため、やりがいを感じやすいこともメリットです。“バリバリ働きたい!”“成長したい!”という人にはおすすめの企業です。

博報堂プロダクツのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:30~17:30
休日 土日・祝日
その他の休日・休暇 フリーバカンス制度・リフレッシュ休暇
平均残業時間 63.8時間
フレックス制度 無し
リモートワーク 記載無し
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り※条件付き

博報堂プロダクツの社長

岸 直彦

博報堂プロダクツの社長である岸直彦氏(きし なおひこ)は、1983年に明治大学・政治経済学部を卒業後、博報堂に入社。2018年4月1日に博報堂プロダクツの社長に就任しています。

博報堂プロダクツ現職OB/OGの有名人

記載なし

博報堂プロダクツの転職に関わるQ&A


バリバリキャリアを築いていきたい人が向いています。もちろん、博報堂の子会社なのでそれなりに福利厚生は充実していますが、アフターファイブでプライベートを楽しみたいという人にとっては辛く感じることもあるようです。


応募する職種によって異なりますが、多くの場合は同職種で3年以上の実務経験が必要です。また、職種によっては英語スキルも求められることがあります。

博報堂プロダクツへ転職する方法

博報堂プロダクツの採用ページから申し込む

博報堂プロダクツの採用ページから応募する方法です。下記URLから博報堂プロダクツの公式サイトへアクセスし「キャリア採用」を選択してください。

転職エージェント経由で申し込む

転職を初めてするという方は、転職エージェント経由で申し込むことをおすすめします。転職エージェントは、面接対策やエントリーシートの添削などをしてくれるほか、キャリア相談などにも乗ってくれるため、転職を初めてするという方にはおすすめです。

関連記事

電通テックの転職情報。難易度などについて解説

電通テックは東京都千代田区に本社をおく電通グループの会社です。株式会社電通アクティス、株式会社電通コーテック、株式会社電通プロックスの4社が合併し、広告制作会社として1996年に創立されました。デジタルを起点としたプロモーション領域...

デルフィスへの転職。口コミや年収などをご紹介

デルフィスは1949年3月に設立しました。 東京都千代田区神田淡路町2-101 ワテラスタワー 9Fにあり、従業員数は537名、資本金は5千万円です。 基本的な事業内容は、法人顧客の事業開発・ブランディングコンサルティン...

博報堂マーケティングシステムズの転職事情とは?社風などを調査!

博報堂グループとして2017年10月に創業したのが博報堂マーケティングシステムズです。博報堂100%出資の子会社で、企業のマーケティング活動をサポートする基盤の情報システムの設計や開発および活用支援を手掛けています。 デジタルマー...

セプテーニへの転職。転職難易度や評判などを解説

株式会社セプテーニ・ホールディングスは、ネットマーケティング事業、メディアコンテンツ事業を手がける子会社を統括する純粋持株会社です。 2018年10月、電通との資本業務提携を締結しました。電通はセプテーニ・ホールディ...

TBWA HAKUHODOへの転職は難しい?転職までのフローなどを調査してみた

TBWA HAKUHODOは2006年に日本有数の広告代理店である博報堂と、グローバル市場で活躍してきたTBWAワールドワイドのジョイントベンチャーとして設立されました。 主な取引先には、アディダスやに日産自動車、AIG、DA...

リクルートコミュニケーションズの転職情報を紹介。口コミや難易度を解説

リクルートコミュニケーションズは2012年にリクルートグループのガバナンス変更によって生まれた会社です。 本社は東京都中央区勝どきのイヌイビル・カチドキにあります。従業員数は1,071名で、正社員は774名となっており(201...

博報堂プロダクツへの転職は可能?年収や評判などを徹底調査

広告代理店としてトップを争う博報堂の子会社「博報堂プロダクツ」。博報堂プロダクツに転職するためには、どのような強みやスキルが必要なのでしょうか?このページでは、博報堂プロダクツへの転職について、年収や評判なども含めながらまるっとご紹...

アドウェイズに転職したい。年収や口コミ、面接内容を調査

...

デジタルガレージに転職したい方必見。どんな会社なのかをご紹介

デジタルガレージは1995年に設立されたインターネット関連の事業を行う大企業(東京一部上場)です。カカクコムの関連会社として知られ、2008年にはTwitterとの資本・業務提携、Twitter日本語版を公開し有名になりました。 ...

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムへ転職。評判や仕事内容を解説

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムは、東京都渋谷区に本社を置くインターネット広告代理店です。博報堂DYホールディングスの子会社として、博報堂DYグループのデジタル戦略の中核を担っています。インターネット関連事業やイン...

TOP