広告

博報堂プロダクツへの転職難易度は?面接内容や仕事の評判などを徹底調査

博報堂プロダクツ転職者の主なキャリアステップ

博報堂プロダクツで働いている人の学歴・職歴

学歴博報堂プロダクツには大学~大学院卒まで、非常に幅広い大学の出身者が在籍しており、学歴に関係なく実力で評価されています。

前職博報堂プロダクツの在籍者の職歴は、広告制作会社や中堅の広告代理店などが多い傾向があります。

次の転職先博報堂プロダクツからの転職先として、電通などの大手広告代理店や、リクルートグループ楽天LINEなどのweb系事業会社へ転職しています。

博報堂プロダクツは大手広告代理店としてトップを争う博報堂の子会社です。
テレビCMなどの映像作成やデザイン企画制作、プロモーション業務のプロデュースなどを行っています。
また、専用アプリがなくてもAR体験を実現するSpark ARを活用した「ARコンテンツ開発支援サービスの提供」を開始するなど、最先端技術も手掛けている企業です。
その結果として、2022年に一般社団法人日本イベント産業振興協会が主催するアワード「第8回JACEイベントアワード」で4つの賞を受賞しました。
2005年に設立、東京都をはじめ、関西や九州にも支社があり、現代の広告業界全体が斜陽産業になりつつあるなかでも博報堂プロダクトは売上を上げ続けているため、安心して働くことができるでしょう。
博報堂プロダクツでは中途採用を積極的に行っており、今後の事業拡大のため、即戦力となりうる人材を求めています。

博報堂プロダクツへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・博報堂プロダクツの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、株式会社博報堂プロダクツの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • 博報堂プロダクツの企業概要
  • 博報堂プロダクツの転職ポイント
  • 博報堂プロダクツの社風や企業文化

博報堂プロダクツに転職するポイント

博報堂プロダクツの特徴

POINT

  • ・大手広告代理店「博報堂」の子会社で様々な切り口でマーケティングを行っている
  • ・業界内では年収が高く福利厚生も充実、「フリーバカンス」という1年間に5連休を2回取得することができる休暇制度有り
  • ・売上・営業利益共に順調に伸びている将来性のある企業

博報堂プロダクツへ転職するポイント

POINT

  • ・選考にプレゼンテーションがあるため、普段からユニークな課題解決案を考える癖をつけておく
  • ・応募職種で3年以上の実務経験が求められる
  • ・必須ではないものの英語スキルは選考に有利に働く

博報堂プロダクツの企業概要

会社名 株式会社博報堂プロダクツ
本社所在地 東京都江東区豊洲5-6-15 NBF豊洲ガーデンフロント
社長 岸 直彦
設立 2005年10月1日
株式 非上場
株主構成 株式会社博報堂(100%)

博報堂プロダクツの売上

博報堂プロダクツは非上場のため、親会社である株式会社博報堂DYホールディングスの売上高を記載しておきます。

博報堂DYホールディングスの売上推移

事業年度 2019年 2020年 2021年
収益 802,617百万円 714,560百万円 895,080百万円
経常利益 58,100百万円 49,594百万円 75,740百万円

博報堂プロダクツの最新ニュース

博報堂プロダクツの事業内容

博報堂プロダクツは、映像作成やデザイン企画、プロモーションのプロデュースなどを行う大手広告代理店です。
博報堂プロダクツの主な事業として、下記の3事業を主軸として運営しています。

企画制作事業

企画制作事業は、顧客の課題を“クリエイティブ”で解決する事業です。
「人を動かすコンテンツ・クリエイティブ」をモットーに、プロモーションの中核となる「どうすればお客様に手に取ってもらえるか?」や「どうすれば売れる商品になるのか?」にフォーカスしながら企画立案、クリエイティブな切り口でマーケティングを行っています。
具体的には、「ナチュラルローソンシリーズのパッケージ製作」・「三菱自動車工業の車種カタログ製作」・「TOKYU PLAZA WEEKのプロモーション」などがあります。
業界随一の制作体制を誇っていて、あらゆるメディアとタッチポイントにおける最適なクリエイティブを用いて「売れる」を創り出します。
生活者が触れたくなるようなコンテンツを創造し、次世代プロモーションを拓いていきます。

デジタルプロモーション事業

デジタルプロモーション事業は、D⇔R(デジタルとリアルを繋ぐ)で新たなプロモーションの形を生み出す事業です。
Web制作やオウンドメディアの運用から今流行のVR・AR制作まで、幅広いジャンルを網羅しています。
具体的には、「イトーヨーカドーTVの制作・運用」・「弱虫ペダルの番組宣伝プロモーション」などがあります。
デジタル領域を社内外へアピールし、さまざまなな領域が集うプロダクツのハブを担うフラッグシップ部門として、デジタルプロデューサーをはじめとするプロモーションプランナー、PRプロデューサー、webプロデューサーなど合計で9種類の職種があり、多機能性を備えています。

プロモーションプロデュース事業

プロモーションプロデュース事業は、博報堂グループにおけるプロモーション領域の最前線を担う事業です。
「クライアント以上にクライアントを知る」をモットーに、プロダクツが誇る各事業本部の知見とパフォーマンスをかけ合わせ、最大化させることで根本的な解決策を提示します。
とことん結果にこだわる体制でこれまでに高い成果を上げ続けています。

博報堂プロダクツの転職の募集要項

プロモーションプロデューサー

プロモーション領域の企画から制作・実施までフルスタックでプロデュースします。
お得意先の課題をしっかり把握し、柔軟な発想と情報の緻密な分析をもとに、スケジュールやコストを管理しつつ専門領域の課題解決へと導く業務です。
海外のキャンペーンを担当するケースもあるため、英語スキルのある人材は優遇される傾向があります。
また、色覚に異常がないことが必須条件となります。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上の広告やSP業界での経験

データベースマーケター

データ志向を持ったマーケティングと施策立案を行います。
主にデータアナリストに対しての分析ディレクションや戦略に基づくアクションプランニング、課題の抽出から戦略策定などの一連の流れの業務を遂行します。
マーケティングや広告、プロモーションに関する知識や理解があり、アクセス解析ツールなどオンライン上の解析ツールが使用できる方は優遇される傾向があります。
即戦力を求めるポジションであり、必須なスキルや経験は高いものの、携われる領域は非常に広く、大きなやりがいと責任感を感じながら業務にあたることができるでしょう。

必須な経験・スキル

  • ・分析コンサルティング経験
  • ・データベースマーケティングに対する理解
  • ・基本的な統計解析に対する理解とデータアナリストへのディレクション経験

広報

社外広報および社内広報いずれも含む広報業務全般を担当するポジションです。
具体的には、コーポレートサイトの運営やAD運用、プレスリリース作成、グループ会社の対応など、幅広い業務を行います。
今まで以上の外部発信、CSR関連活動の強化などを行うため、責任感とやりがいを感じられる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・5年程度の事業会社またはPR会社における広報業務経験
  • ・社内外との円滑なコミュニケーションを行うスキル

博報堂プロダクツの転職難易度

博報堂プロダクツへの転職難易度は高く、決して簡単ではありません。
「結果至上主義」であるため、成果を出せそうな人材が選考を通ることができます。
中途採用の場合は即戦力となる専門的なスキルや知識を持っているかどうかが問われます。
また、平均残業時間が長いこともあり、仕事に打ち込める忍耐力やメンタルの強さがあるかどうかも選考時にチェックされるため、ストレス耐性が弱い人には厳しいかもしれません。
「どうして博報堂プロダクツを選んだのか」や「博報堂プロダクツに入社したらやりたいこと」などを伝えるとともに、「前職までにどんなスキルや知識を培ってどんなことをしてきたのか」「その結果どんなことができるようになったのか」などを明確に伝えることが鍵となります。
ほかの人にはないスキルや知識があると採用してもらえる可能性は高くなるでしょう。

博報堂プロダクツが転職者に求める人物像

博報堂プロダクツでは、顧客に真摯に寄り添い、ほかの企業にはないようなユニークなアイデアで課題解決ができる人物を求めています。
また、現代のデジタル化への急速なシフトにも対応できる柔軟な考えできる人材も重宝されます。
博報堂プロダクツは日本のリーディングカンパニーであるため、スケールの大きな環境で新しい道を切り開いていけるようなプロフェッショナルであることも求めています。
そのほかには忍耐力がありメンタルが強い人、率先して仕事に取り組む人などを求めている傾向があります。

博報堂プロダクツの転職までの流れ

博報堂プロダクツの選考フロー

Webエントリー

書類選考

1次~2次面接

想定選考管:人事、現場社員、役員
「どうして博報堂プロダクツを選んだのか」など基本的な質問をされます。
自らプレゼンテーションをする場合があります。

最終面接

想定選考管:役員
これまでに質問されたことをさらに深堀し、改めて博報堂プロダクツにマッチしているか判断します。

内定

博報堂プロダクツの面接形式

面接は基本的に1対1で行われます。
ただし、応募する職種や応募人数によって変更する場合があります。
面接回数は2~3回程度です。
1回につき30分~1時間程度です。

博報堂プロダクツの面接内容

面接時の質問にはこれといった特徴はなく、「なぜ博報堂プロダクツを選んだのか?」「これまでの経験をどう活かしていきたいか?」などの定型的な質問が多いです。
ただし、広告代理店であり「結果至上主義」であるため、これまで経験してきた仕事については深堀されます。
しっかり仕事に対する熱意を見せるようにしましょう。
また、職種によって課題は異なりますが、課題に沿ったプレゼンテーションを4人の面接官の前で行います。

博報堂プロダクツの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには比較的多くのポジションで求人募集している
・求人情報はDODAなどでも確認可能
・一般的な質問が多い傾向にある

ディレクター、30代前半、女性
残業するのは平気かを質問されました。良いプロモーションを制作するためなら仕方ないことだと考えていたため、特に問題ありませんと回答しました。
デザイナー、30代前半、男性
特に変わった質問をされることはなく、一般的な質問を多くされました。淡々と進んでいった印象が残っています。
営業、20代前半、男性
志望動機について深堀されました。どのような経緯があって博報堂プロダクツで働きたいのかなど、具体的にどのような理由があるのかを細かく聞かれました。
ライター、20代後半、女性
なぜ広告制作会社で働きたいのかを質問されました。クリエイティブな環境で制作に携わりたいと考えたということを軸にポジティブな言葉でアピールしました。
制作、30代前半、男性
興味あることは何かを聞かれました。映画が好きで定期的に観に行ったりするため、そのことをはじめ、趣味なども伝えました。

博報堂プロダクツで働いている方の評判・口コミ

マーケティング、在籍1~3年、女性
男女差がほとんどない職場で、男性だから女性だからとかそういう観点があまり感じられないです。女性の上司も多く、女性だから不利とかそういう環境はないように思えます。人として、専門職として、スキルや知識を持っている魅力的な人は仕事を任せてもらえる環境だと思います。
マーケティング、在籍5~10年、男性
会社が推奨している資格が明確にされていて、その資格を取得するのに会社がお金を出してくれます。役職によってどの程度のレベルが求められているかもはっきりとしているので、自分の今目指すべきところが分かり業務に取り組みやすいです。スキルアップの環境が整っているので、自分から進んで成長したいという人には向いているでしょう。
マーケティング、在籍3~5年、男性
大人数のチームで広告制作を行いますが、完成したときの達成感は非常に高いです。また、任された仕事の1~10まで知ることができます。自分の考えた企画がそのままクライアントに提供することができるので、やりがいが生まれやすい環境があります。

口コミの要約

博報堂プロダクツの口コミを見てみると、社員評価は非常に高いのが分かります。優秀な人材が多く在籍していて、常に自身のスキルアップが期待できる環境があるでしょう。年収について不満を抱える社員は少ないものの、年収の大部分が賞与になるため、不安に思う社員もいるようです。

博報堂プロダクツの年収・給与

年収 653万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り(54時間/月を超えた分)
固定残業手当 有り(正社員100,000円・契約社員94,000円)
通勤手当 有り
住宅手当 有り(条件有り)
福利厚生 育休取得率90%以上・海外勤務可・新規事業提案制度、資格取得奨励金など

博報堂プロダクツでの転職者の出世難易度

博報堂プロダクツの出世難易度は全体的に高いです。
博報堂プロダクツは良くも悪くも「実力至上主義」なため、成果を上げることができれば、とんとん拍子で出世することができます。
しかし、優秀な人材が多く在籍しているなかで、実績を出し続けるのは簡単なことではありません。
業務に愚直に取り組み、成果を出し続けることで出世の可能性は高まります。
「仕事第一でばりばり働きたい!」という方にとっては出世しやすい環境といえるでしょう。

博報堂プロダクツの役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代前半 なし 600万円
20代後半 なし 700万円
30代前半 なし 700万円
30代中盤 なし 1,100万円
30代後半 なし 600万円
40代前半 なし 1,000万円
40代後半 なし 1,000万円

博報堂プロダクツはどんな人が働いている?

博報堂プロダクツの従業員数

1,911名

博報堂プロダクツの平均年齢

38.0歳

博報堂プロダクツの平均勤続年数

記載なし

博報堂プロダクツの社風

博報堂プロダクツは「仕事第一」「結果至上主義」という社風が根付いており、男女関係なくあらゆる業務に携わることができます。
仕事を気軽に任されることが多く、一から十まで自分で考えることができるため、やりがいを感じやすいこともメリットです。
その反面、成果を求められることもあり、プレッシャーがかかるので、忍耐力と強いメンタルが必要になります。
実績など関係なく、やりたいことをチャレンジされてもらえる風土もあるので、さまざまなことに挑むことができます。
社員同士もコミュニケーションが活発であり、チームワークを大切にしている企業です。

博報堂プロダクツのワークライフバランス

副業可否 不可
勤務時間 9:30~17:30
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、年次有給休暇、フリーバカンス制度・リフレッシュ休暇など
平均残業時間 67.5時間
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 有り(応相談)
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

博報堂プロダクツの社長

岸 直彦

1983年に明治大学政治経済学部を卒業後、博報堂に入社。
2018年4月1日に博報堂プロダクツの代表取締役社長に就任。
広告・プロモーションの常識を塗り替え、世の中の新しい前例をつくることを目指しています。

博報堂プロダクツ現職OB/OGの有名人

今泉 智幸

1957年生まれ。
1982年に株式会社博報堂へ入社。
2006年にデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社社の外監査役に就任。
2010年に株式会社博報堂DYメディアパートナーズの執行役員に就任。
翌年、株式会社博報堂DYメディアパートナーズの取締役執行役員に就任。
2012年に株式会社博報堂DYメディアパートナーズの取締役執行役員に就任。
その後も、株式会社博報堂DYメディアパートナーズの取締役常務執行役員や株式会社博報堂DYホールディングスの常務執行役員マネジメント統括担当補佐などを歴任。
2022年より、株式会社博報堂プロダクツの監査役に務めている。

博報堂プロダクツの転職に関わるQ&A


高いキャリアを築いていきたい人が向いています。
しかし、残業が多く激務になることが多々あるので、忍耐力と強いメンタルを求められます。
また、定時で上がりプライベートを楽しみたいという人にとっては辛く感じることもあります。

男性女性の差別はなく、平等に評価され、平等に仕事を与えてもらえます。
また、産休や育休があり取得しやすい環境があるので、子育てがしやすいでしょう。
復帰後はまた仕事を任せてもらえるので、安心して働くことができます。

博報堂プロダクツへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

博報堂プロダクツ採用ページから応募が可能です。
公式サイトには博報堂プロダクツの行動指針や理念などを確認することができるので、面接対策や書類作成にも役立つはずです。
また、現在募集されている職種や条件がざっくりと記載されているため、「まずは求人の状況を簡単に知りたい」という人はチェックしておきましょう。

ただ、詳しい給与などは「応相談」となっているため、自分がどのくらいの給与をもらえるかどうか確認したい場合には、転職エージェントを利用するといいでしょう。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、株式会社博報堂プロダクツの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

他社も含めた豊富な求人から選ぶなら「転職サイト」

まずは博報堂プロダクツ関連の求人情報を網羅的に確認したい場合は、求人案件数トップクラスの転職サイト「iX転職」のご利用をおすすめします。
iX転職では武器となる履歴書・職務経歴書の見せ方や面接対策から、自身で気づいていない強みの発掘なども、長期的にお付き合いしながら市場価値向上を長期的にサポートしてくれるヘッドハンターと出会えます。

iX転職を利用する大きなメリットをまとめると以下の3つが挙げられます。
・圧倒的な求人案件数を誇る
・自分の好きなタイミングで転職活動を行える
・応募から面接までのスピード感

これから転職活動を始める場合、まずは転職サイトに登録して転職活動を行うことをおすすめします。

「iX転職」では年収800万円超え求人が多数

iX転職から届くスカウトメールを見ると、クリエイティブ系の業種がやはり多いですが、人事などの人材系の募集もあります。

※画像はイメージです。

映像デザイナーやプロモーションプランナー、コピーライターまで、様々なものをつくるクリエイティブ系の業種が多く、年収も800万円以上と比較的高くなっています。

非公開求人が多いのもiX転職の特徴ですので、iX転職のヘッドハンターに相談すると非公開の求人を紹介してもらえる可能性があります。

しかし、iX転職などの転職サイトは、応募資格などがあまり詳しく書いてないため、企業が本当に欲しい資格やスキルがわかりづらくなっています。書類選考が通らないということも多いので、より確実性を重視するのであれば博報堂プロダクツの社内事情に精通しているコンサルタントのいる転職エージェントを利用するのがおすすめです。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

博報堂への転職難易度は高い?年収や面接内容など解説

博報堂転職者の主なキャリアステップ 前職 ソニー、ソフトバンク、リクルートグループなどの国内事業会社 アクセンチュア、デロイト、PwCなどのコンサルティングファーム 電通などの広告代理店 ...

GMO NIKKOへの転職。年収、難易度を調べてみました。

GMO NIKKO転職者の主なキャリアステップ 前職 楽天などのWeb系事業会社 セプテーニなどのコンサルティング会社 IMJなどの広告制作会社 GMO NIKKO株式会社に転職...

大日本印刷への転職のコツは?面接内容や社員の口コミなどを解説

大日本印刷転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 富士ゼロックス、ヒューレッドパッカード、シャープなどの大手メーカー 大日本印刷株式会社に転職 ...

電通テックの転職情報。難易度などについて解説

電通テック転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒 大手~中堅の総合広告代理店 Web系の広告代理店 株式会社電通テックに転職 次の転職先 大手~中堅...

博報堂マーケティングシステムズの転職事情とは?社風などを調査!

博報堂グループとして2017年10月に創業したのが博報堂マーケティングシステムズです。博報堂100%出資の子会社で、企業のマーケティング活動をサポートする基盤の情報システムの設計や開発および活用支援を手掛けています。 デジタルマー...

トヨタ・コニック・プロ(旧デルフィス)への転職。口コミや年収などをご紹介

デルフィス転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒 大手~中堅の広告代理店 株式会社デルフィスに転職 次の転職先 大手~中堅の広告代理店 事業会社のマ...

ADKホールディングスへの転職は難しい?年収や選考フローなど解説

ADKホールディングス転職者の主なキャリアステップ 前職 PwC、アクセンチュアなどのコンサル テレビ朝日などのテレビ関連 東急エージェンシーなどの代理店 NTTドコモ、リクルートなどの大手事業会社 ...

サイバーエージェントの転職事情。社員数や社風、残業などについて解説

サイバーエージェント転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒 電通、博報堂などの広告代理店 ヤフー、DeNAなどのWeb系事業会社 日本IBMなどのITコンサル 株式会社サイバ...

アジャイルメディアネットワークの転職難易度は高い?面接内容や選考フローなどを解説

アジャイルメディアネットワーク転職者の主なキャリアステップ ...

凸版印刷の転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

凸版印刷転職者の主なキャリアステップ 前職 商社 IT企業 保険会社 医療機器メーカー 凸版印刷株式会社に転職 次の転職先 楽天、Amazonなどの...

TOP