広告

電通デジタルの転職情報まとめ。転職難易度や年収を紹介

 
▼下記は、電通デジタルに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこから電通デジタルに転職してくるのか
・転職先:電通デジタルからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

電通デジタルの主な転職元・転職先

学歴

高卒や大学卒、大学院(博士含む)卒などが満遍なく在籍しており、東京大学や京都大学、筑波大学、慶應義塾大学、早稲田大学、青山学院大学、日本大学、獨協大学をはじめ、専門学校や公立高校出身者など幅広い学歴の人材で構成されています。

職歴

博報堂やADKグループなどの総合代理店、サイバーエージェントオプトなどの専業代理店、リクルートグループ楽天などの事業会社、IMJやネットイヤーグループなどのデジタルマーケティング企業アクセンチュアや日本タタ・コンサルタンシー・サービシズなどのコンサルティングファームなどが多い傾向にあります。

退職後の主な転職先

電通デジタルからの転職先として、Web系事業会社コンサルティングファームなどが挙げられます。

電通デジタルは、2016年7月に設立されたデジタルマーケティング企業です。
電通グループの複数出資により設立され、国内を中心にデジタルに特化したマーケティング支援を行っています。
大手グループならではの影響力の強さを持ちながらも、社員ひとりひとりの柔軟性や自由を重んじる電通デジタルは、転職市場でも人気の企業となっています。
営業、コンサルタントからエンジニアまで幅広い職種で求人募集を行っており、積極的に優秀な人材を募っています。

【非公開求人】エージェントを通して電通デジタルに転職する方法

企業の「人事部と直接繋がっている」日系ハイエンド転職エージェントにしかないクローズド案件をご紹介します!

ポイント!
  1. ・スペシャリストを探す目的とされた案件のため、一般的に公開はされておらず、限られたエージェントのみが企業側から共有されております。
  2. ・人事部と直接繋がっているため、企業に聞き辛いこともエージェントが先にお答え致します。(職場環境・採用人物像・給料交渉など)
  3. ・企業に採用されるためのトータルサポートを行います!

-実際のクローズド案件(一部)
電通デジタル案件
電通デジタル案件
電通デジタル案件
※画像はイメージです。

電通デジタルへの転職に強い転職エージェント ウィル・グロー株式会社

ポイント!
  1. ・デジタルマーケティング専門のエージェントとして業界をリードしている
  2. ・電通デジタル内での人事コンサルティングの実績あり
  3. ・エージェント経由(ウィルグローから電通デジタル)での最多合格率

この記事でわかること

  • 電通デジタルの企業概要
  • 電通デジタルの転職ポイント
  • 電通デジタルの社風や企業文化

電通デジタルに転職するポイント

電通デジタルの特徴

POINT

  • ・電通グループの複数出資で設立されたデジタルマーケティング企業
  • ・ベンチャー企業の裁量権と大企業としての影響力の大きさが魅力
  • ・外資系企業をはじめ、自動車メーカーや食品メーカー、サービス業など、幅広い企業との取引
     実績がある

電通デジタルへ転職するポイント

POINT

  • ・キャリア採用を積極的に行っている
  • ・コンサルタントやWebディレクターなど、幅広いポジションで募集している
  • ・電通デジタルの掲げるスローガンに共感できることが重要

電通デジタルの企業概要

会社名 株式会社電通デジタル
本社所在地 東京都港区東新橋1丁目8-1 電通本社ビル
社長 川上 宗一
設立 2016年7月1日
株式 非上場
株主構成 電通グループ(100%)

電通デジタルの売上

電通デジタルは非上場のため、親会社の電通グループの売上を掲載しています。

電通デジタルの売上推移

年数 2017年 2018年 2019年
売上高 5,187,300百万円 5,357,278百万円 5,146,802百万円
営業利益 137,392百万円 111,638百万円 -3,358百万円

電通デジタルの最新ニュース


電通デジタルの最新情報を掲載しております。

電通デジタルの事業内容

電通デジタルでは、デジタルマーケティングの全領域に対するコンサルティングや開発・実装、運用、実行などを行っています。
各領域にプロフェッショナルが在籍しており、その専門性を活かして大きく3つのサービスを展開しています。
・マーケティングやビジネスプロセスのデジタル化を支援する「デジタルトランスフォーメーション関連サービス」
・あらゆるコンタクトポイントにおけるサービスを提供する「カスタマージャーニー関連サービス」
・デジタルマーケティングに関する分析・コンサルティングを行う「テクノロジー&データ関連サービス」
そのほか、現在は、さらなる普及が予想されるスマートスピーカー関連事業にも力を入れており、音声UI領域のマーケティングリサーチも行っています。

電通デジタルの募集要項

ソフトウェアエンジニア

ソフトウェアエンジニアは、データ分析基盤やアドテク関連のシステム開発を行います。
具体的な業務内容としては、クライアントのニーズに応えてのシステム開発や、自社オリジナルプロダクトの企画から設計・開発などが挙げられます。
開発に関しては、電通グローバル拠点とプロダクト開発を行うこともあり、国内のみならず海外グループ会社とコミュニケーションをとることもあります。
Golang、Pythonを使った広告関連システムの開発経験がある人材は特に重宝される傾向にあります。

必須な経験・スキル

  • ・Webアプリの開発経験
  • ・チーム開発経験
  • ・AWS、GCP、Azureなどクラウド環境での開発経験

クリエーティブディレクター

バナー広告やコピー、ランディングページ構成などのプランニングとディレクションが主な業務となります。
デザイナーやデータサイエンティストなどさまざまな専門スタッフで構成されるプロジェクトの全体マネジメントを行い、場合によってはWeb解析やLPOツールなども利用します。
マスから刈取りまでのフルファネルコミュニケーションに取り組める環境があり、クリエーティブディレクターとしてほかでは味わえない成長環境が整っています。
アドテクや人工知能関連の最新技術・手法に触れる機会も多いので、チャレンジ精神がある方には向いているでしょう。

必須な経験・スキル

  • ・広告代理店や制作会社などでの、キャンペーンやデジタルコンテンツの制作経験
  • ・大手クライアントとの折衝やプレゼン経験
  • ・ダイレクト広告のバナーやランディングページの改善に関する知見

UX・UIコンサルタント

主にWebサイトやアプリなどの顧客体験とユーザーインターフェイスの設計・デザインをリードするポジションです。
ユーザーに対する理解だけでなく、クライアント事業やサービスの理解、マルチデバイスやオムニチャネル視点の知見も必要で、デジマ領域の幅広い知識が求められます。
リリース後の改善作業に携わることも多いため、自身でサービス開発・運用を行った経験や、デジタル広告の運用経験などがあると、面接で有利に進むでしょう。

必須な経験・スキル

  • ・GAのログ分析経験
  • ・統計知識やデータ処理経験
  • ・マーケティング戦略策定とマーケティングを支えるITや仕組みの構築に関するコンサルティン
     グスキル

電通デジタルの転職難易度

電通デジタルの転職難易度は中程度です。
職種にもよりますが、デジタルマーケティング領域での開発・分析の経験があれば、比較的転職ハードルは低くなります。
特にコンサルタント職についてはコンサルティングファームでの経験やMAツール、DMPの導入実績、チームを持ってのマネージメント経験などがあると優遇される傾向にあります。
ただし、未経験での転職難易度は非常に高いため、面接の際には業務に活かせる経験があることをしっかりとアピールすることが大切です。

電通デジタルが転職者に求める人物像

電通デジタルでは、第一に電通デジタルの掲げるスローガンに共感できる人材を求めています。
また、クライアント対応が多く、チーム内での業務も多いため、高いコミュニケーション能力を持っている人材も求めている傾向があります。
そのほかにも、自身の得意分野をはっきりと理解しており、自ら考えて動けるような人材も求めており、これらをアピールできるエピソードがあると面接での覚えも良くなる傾向があります。

電動デジタルの転職までの流れ

電通デジタルの転職までの選考フロー

書類・エントリーシート提出

一次~二次面接・SPI適性検査

想定選考官:人事・現場マネージャー
これまでの経験や志望動機など、オーソドックスな質問をされます。

最終選考

想定選考官:人事・執行役員
これまでに聞かれた質問を再度深堀りし、改めてマッチしている人材か判断されます。

電通デジタルの面接形式

面接は基本的に1対1で行われます。
面接回数は2~3回です。
ただし、応募するポジションや応募人数によって面接人数や面接回数が異なります。
面接は1回あたり1時間ほどです。

電通デジタルの面接内容

電通デジタルの面接は、これまでの経験や志望動機など、オーソドックスな質疑応答がメインとなります。
難しい質問や特段変わった質問はあまりありません。
培った経験や得意分野、身につけているスキルなど、自己分析をしっかりと行っておけば、基本的には対応することができるでしょう。
面接の雰囲気についても、圧迫面接などはなく、終始和やかな雰囲気で行われます。
可能な限りリラックスして自分の強みを丁寧に伝えることが面接成功率を上げるコツです。

電通デジタルで働いている方の評判・口コミ

エンジニア 在籍3~5年 男性
設立されてまだ歴史は浅く、まだまだ若い会社であることから、どんどん新しいことにチャレンジするという気風があります。 中途採用者が多く、自分と同じような人がいるので、互いに切磋琢磨し合って、業務にあたることができるので、やりがいはあると思います。
マーケティング 在籍3~5年 男性
マーケティングやコンサルタントといった上流工程を手がけることができます。 ほかのWeb製作会社ではなかなかできない経験を体験することができるので、スキルアップに繋がるでしょう。 また、人数が少ないため、個人の裁量に任される点も多く、自由に仕事することができます。
広告 在籍1~3年 女性
福利厚生がとても充実していると思います。有給消化率が非常に良く、有給が取りやすい雰囲気があるので、安心して有給を使うことができます。また、多少の残業はあるものの、他社に比べれば少なく、プライベートな時間をちゃんと確保できると思います。
口コミの要約

電通デジタルの口コミを見てみると、チャレンジし続ける企業であり、さまざまな業務に携わってスキルアップできる環境があるということが伝わってきます。
また、福利厚生が充実しており、働きやすい環境があるということも分かります。

電通デジタルの平均給与

年収 674万
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 なし
福利厚生 社会保険完備、確定拠出年金制度、サークル制度、ベビーシッター利用支援など

電通デジタルでの転職者の出世難易度

電通デジタルの出世難易度は比較的高いです。
役職が上がれば上がるほど、基本的に電通本社から就任することが多く、キャリア採用から出世して高い役職に就くには一定のハードルがあるでしょう。
しかし、新卒と中途で評価に差があるというわけではなく、経験を積み、実績を残していけばマネージャークラスまでは堅実に昇格していくことが可能です。
上司や同僚との関係性が出世に影響することもあるため、より高い役職を目指すのであれば、実績だけでなく社内コミュニケーションも意識しておくことが重要です。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

30代前半 シニアコンサルタント 700万円
30代前半 グループマネージャー 1,100万円
30代中盤 マネージャー 1,000万円
30代後半 グループマネージャー 1,000万円
40代前半 事業部長 1,400万円
40代前半 部長 1,300万円
20代中盤 なし 600万円
20代後半 なし 700万円
20代前半 コンサルタント 400万円

電通デジタルはどんな人が働いている?

電通デジタルの従業員数

約1,400名

電通デジタルの平均年齢

29~30歳

電通デジタルの平均勤続年数

記載なし

電通デジタルの社風

電通デジタルは、比較的風通しが良くフラットな社風を持っています。
社内でも意見しやすい雰囲気があり、業務外での交流も多くなっています。
また、比較的新しい企業のため、ベンチャー企業のような風潮もあり、適宜社内体制の見直しも行われています。自身の持っているスキルをフル活用してキャリアを積みたいと考えている方には、非常に向いている企業でしょう。

電通デジタルのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:30~17:30
休日 土日祝日
その他の休日・休暇 年次有給休暇、年末年始休暇など
平均残業時間 35時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

電通デジタルの社長

川上 宗一

東京大学法学部卒業後、1998年に電通入社。
マーケティングプロモーション局や営業局に所属し、食品やエンターテイメント、自動車などを担当。
2019年に電通デジタルに参画し、人を基点としたデータドリブンマーケティング「People Driven Marketing」を推進。
執行役員兼アカウントプランニング部門長やアドバンストクリエーティブセンター長を歴任し、2020年より代表取締役社長執行役員に就任。

電通デジタル出身の有名なOB・OG及び現職者

小霜 和也

1962年生まれ、兵庫県出身。
1986年に東京大学法学部卒業後、博報堂に入社。
1998年に博報堂を退社し、株式会社スリースピリッツ、株式会社コモクリエイティブを設立。
その後、複数社を設立し、クリエーティブディレクター・コピーライターとして、約100社に関わる。
2018年1月より、電通デジタル特別顧問に就任。

電通デジタルの転職に関わるQ&A


電通デジタルの残業時間は、全社平均で月に30~40時間となっていますが、22時には完全退社を徹底しています。しかし、ポジションによっては、クライアント側への接待などがあるため、残業時間が多くなることも想定しておくのが良いでしょう。


電通デジタルは性別不問なため、女性でも活躍することができ、実際に働いている女性が多くいます。また、福利厚生が充実しており、産休や育休があるため、女性でも安心して働くことができるでしょう。

電通デジタルへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

電通デジタルの公式サイトにある採用情報ページからエントリーすることができます。
採用情報ページには求人情報をはじめ、求める人材や社員紹介など、さまざまな情報が掲載されています。
現状募集されているポジションの条件などが軽く掲載されているので、どんな仕事なのか知りたいという方は一度チェックしておくと良いでしょう。
ただし、掲載されている情報量は少なく、より多くの情報が知りたい場合や公式サイトに載っていないような求人に応募したいという方は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富な求人から応募したいなら「ビズリーチ」

転職サイトを活用して電通デジタルに転職したい場合は、掲載数が多く、ハイクラス求人を取り扱っている「ビズリーチ」がおすすめです。
ビズリーチは、今の自分の市場価値を知ることができ、今後に活かすことができるという魅力があります。
自身の希望する職種やポジションを探している方や、自分のペースで転職活動を行いたいという方にはビズリーチが良いでしょう。
また、転職エージェントを利用する前に転職サイトを活用するという型も多く、電通デジタルの募集要項や求められている人材が知りたい場合はチェックするのもおすすめです。

ビズリーチには高収入案件が多い

ビズリーチに掲載されている求人を見ると、そのほとんどが年収高めになっています。

※画像はイメージです。

募集している職種は多くあり、コンサルタントやWebディレクター、プランナーなどが掲載されています。
さらには、非公開求人を持っている傾向があり、専任のアドバイザーに相談すれば非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
ただし、転職サイトからの応募は、自身と企業とのすり合わせが上手くいかない場合があり、経歴やスキルで落とされてしまう可能性も否めません。
確実に転職したいなら転職エージェントの利用がおすすめです。

質の高い転職支援で転職成功率を上げるなら「リクルートエージェント」

電通デジタルに転職するにあたって転職エージェントを利用するなら「リクルートエージェント」がおすすめです。
リクルートエージェントは、業界トップクラスの案件数を誇っている転職エージェントであり、転職支援実績が多数あることから多くの利用者がいます。
転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書などの応募書類の添削や模擬面接などによるアドバイスといった面接対策、さらには給与交渉まで行ってもらえます。
また、希望する企業への転職実績があれば、転職先にパイプがあるため、入社前に企業の内部事情を聞くということも可能です。
自分に何が向いているのかイマイチ掴めていない場合や転職活動に不安を感じている場合は、リクルートエージェントを活用しましょう。

リクルートエージェントはWEB面接可能で、ハイクラス案件が多い

リクルートエージェントにはコンサルタントの求人が多く掲載されています。

※画像はイメージです。
自分にとって普通だと思っていたスキルが、別業界からしたら重宝とされるスキルだったということに気付くこともあり、キャリアアドバイザーから客観的に見てもらうことで、自分に合った職種を紹介してもらえうのは、メリットの一つでしょう。
また、リクルートエージェントは公開求人のほかに非公開求人を多く保有しているので、表には掲載されていない求人情報も紹介してもらえる可能性があります。

クリエイティブ系のポジションを多く掲載している「マイナビクリエイター」

コンサルタントやエンジニアなどのポジションを希望する場合は「マイナビクリエイター」がおすすめです。
マイナビクリエイターは、WebやIT関連などへの転職に特化している転職エージェントで、そういった職種の非公開求人を多く保有しています。
また、面接対策や応募書類の添削などのサポートが手厚く、多くの利用者から高い評価を得ています。
「どういう風に自己アピールしたら良いか」や「どんな風にアピールすればより効果的なのか」など、そういった不安にも対応してもらえます。

マイナビクリエイターはWebやIT求人案件が豊富

マイナビクリエイターは、Web関係やITに関する求人案件が中心に掲載されています。

※画像はイメージです。

そのなかでもコンサルタントが多く掲載されています。
電通デジタルに転職する成功率を上げ、確実な転職をするためにもリクルートエージェントとマイナビクリエイターの2つを併用することをおすすめします。
その結果、スムーズかつ確実に転職活動が行えるでしょう。

あなたが電通デジタルに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

電通アイソバーの転職情報。面接などの選考フローや採用情報をご紹介

  ▼下記は、電通アイソバーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから電通アイソバーに転職してくるのか ・転職先:電通アイソバーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりた...

サイバーエージェントの転職事情。社員数や社風、残業などについて解説

  ▼下記は、サイバーエージェントに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからサイバーエージェントに転職してくるのか ・転職先:サイバーエージェントからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把...

電通への転職は厳しい?年収や評判など解説

  ▼下記は、電通に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから電通に転職してくるのか ・転職先:電通からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン...

オプトの転職情報。賞与や住宅手当、年収などを調査

  ▼下記は、オプトに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからオプトに転職してくるのか ・転職先:オプトからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

博報堂マーケティングシステムズの転職事情とは?社風などを調査!

博報堂グループとして2017年10月に創業したのが博報堂マーケティングシステムズです。博報堂100%出資の子会社で、企業のマーケティング活動をサポートする基盤の情報システムの設計や開発および活用支援を手掛けています。 デジタルマー...

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムへ転職。評判や仕事内容を解説

  ▼下記は、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからデジタル・アドバタイジング・コンソーシアムに転職してくるのか ・転職先:デジタル・アドバタイジ...

電通テックの転職情報。難易度などについて解説

  ▼下記は、電通テックに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから電通テックに転職してくるのか ・転職先:電通テックからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

セプテーニへの転職。転職難易度や評判などを解説

▼下記は、セプテーニに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからセプテーニに転職してくるのか ・転職先:セプテーニからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

TBWA HAKUHODOへの転職は難しい?転職までのフローなどを調査してみた

  ▼下記は、TBWA HAKUHODOに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからTBWA HAKUHODOに転職してくるのか ・転職先:TBWA HAKUHODOからどこへ転職するのか ...

デジタルガレージに転職したい方必見。どんな会社なのかをご紹介

▼下記は、デジタルガレージに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからデジタルガレージに転職してくるのか ・転職先:デジタルガレージからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目...

TOP