WEB・アプリサービス

Dropboxの転職難易度は?年収や口コミなどを解説

▼下記は、Dropboxに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからDropboxに転職してくるのか
・転職先:Dropboxからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

Dropboxの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、大学卒業や大学院卒業などが幅広い学歴が在籍しており、中にはMBA取得者や海外大学出身者もいます。

職歴

Dropbox在籍者の主な職歴は、オラクルやシマンテックなどの大手ソフトメーカーIBMNTTなどのSIer、さらには、楽天などのWeb系事業会社が挙げられます。

退職後の主な転職先

Dropboxからの転職先として主に、Microsoftなどの大手ソフトメーカー野村総研などのコンサルファームなどへ転職しています。

Dropboxは、オンラインストレージサービス「Dropbox」を提供している企業です。
オンラインストレージとローカルにある複数のコンピュータ間でデータの共有や同期を可能としており、世界初のスマートワークスペースの開発に取り組んでいます。
仕事の作業効率の向上に貢献し、煩雑な作業を減らして、優先度の高い業務に集中できるサービスの提供を行っています。
そのほかにも、操作が簡単な整理整頓やスムーズなプロジェクト遂行など、さまざまなサポートを行っており、現在では180か国以上で6億人に愛用されている企業です。
本社は、アメリカのサンフランシスコに構えており、日本法人は2014年に設立、東京都中央区に構えています。
そんなDropboxでは、コミュニケーション能力が高く、リーダーシップを兼ね備えている人材を求めています。

初めての転職でDropboxを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

Dropboxの年収や口コミも大切だけど、まずはどんな求人が募集されているのか知りたい!という方は、ビズリーチをはじめとした転職サイトで掲載されている求人をチェックしてみましょう。
ビズリーチにはハイクラス求人が豊富に掲載されているので、転職先がまだ定まっていないという方は、ここで一度比較することをおすすめします。
転職エージェントの活用を予定している場合でも、情報収集源としてビズリーチに事前にチェックしておくことで、転職活動をよりスムーズに進められるでしょう。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • Dropboxの企業概要
  • Dropboxの転職ポイント
  • Dropboxの社風や企業文化

Dropboxに転職するポイント

Dropboxの特徴

POINT

  • ・オンラインストレージサービス「Dropbox」を運営しているIT・ソフトウェア企業
  • ・クラウドストレージやファイル共有サービスを提供
  • ・180か国以上で展開しており、利用者数は6億人超え

Dropboxへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的多い
  • ・営業やプリセールスなどにて求人募集
  • ・コミュニケーション能力が高く、リーダーシップを兼ね備えていることが重要

Dropboxの企業概要

会社名 Dropbox Japan株式会社
日本所在地 東京都中央区日本橋2丁目13-12 日本生命日本橋ビル3階
社長 五十嵐 光喜
設立 2014年9月
株式 未上場
株主構成 記載なし

Dropboxの売上

記載なし

Dropboxの最新ニュース

Dropboxの事業内容

Dropboxは、オンラインストレージサービス「Dropbox」を運営している企業であり、世界初のスマートワークスペースの開発に取り組んでいる企業です。
電話やクレジットカード、自動車、住宅など、あらゆるものがスマート化している現代ですが、仕事関係ではスマート化が進んでおらず、仕事環境は未だ雑然としています。
それらに対し、仕事をより効率的にかつ効果的にスマート化を目指しているのが、スマートワークスペースです。
導入することで、仕事で扱う全てのコンテンツとツールを1か所に集約し、簡単にアクセスできるようになり、ファイルやプロジェクトに関係する人と会話を全て1か所にまとめられるという利点もあります。
さらには、そのとき最も重要なものを見つけ出す人工知能技術を備えており、その結果、6億人を越える愛用者がいて、現在は180か国以上にサービスを展開している企業です。
今後も新機能や他社ソリューションとの連携強化を図り、ビジネスのさらなる拡大のポテンシャルを持っているため、今注目を集めている企業の一つといえるでしょう。

Dropboxの募集要項

シニアソリューションアーキテクト

技術的な製品知識とクライアントとのミーティングなどを行い、アウトバンドのセールスチームをサポートするポジションです。
具体的には、改善領域を積極的に特定し、ローカルや地域、グローバルのチームメイトとチームを組み、改善プロジェクトを積極的に主導します。
そのほかにも、エンジニアリングや製品、顧客成功管理チームと緊密に連携し、長期的なクライアントの成功を確保します。
非常に幅広い業務に携わるため、責任とやりがいを感じながら働くことができる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上のエンタープライズソフトウェアの経験
  • ・書くや読む、話すといった日本語の流暢さ
  • ・ライティングやリーディング、スピーキングといった優れたビジネスレベルの英語力 など

シニアマネージャー

グローバルパートナーエコシステムの構築や管理するポジションです。
具体的には、戦略開発や見通し、取引モデリング、交渉など、美辞寝る関係のライフサイクル全体を担当します。
さらには、パートナーシップの締結と財務実績の両方に責任を負い、Dropboxとそのパートナーに持続可能な価値の保証も行います。

必須な経験・スキル

  • ・7年以上のビジネス開発やパートナー管理、製品管理などの経験
  • ・大規模データセットを消費や処理など、高度な分析能力
  • ・取引構造に精通しており、複雑な契約を確認や分析できる能力 など

データエンジニア

会社全体の主要なビジネスイニシアチブの設定や推進を行うポジションです。
具体的には、大規模なデータセットの収集と分析を行い、Dropboxの収益組織が使用するデータパイプラインやデータ構造、レポートを作成し、維持するための堅牢でスケーラブルなソリューションの設計や開発を担当します。

必須な経験・スキル

  • ・4年以上のSQL経験
  • ・4年以上のPythonもしくはJavaの開発経験
  • ・4年以上のスキーマ設計とディメンションデータモデリングに関する知見 など

Dropboxの転職難易度

Dropboxの転職難易度は比較的高いです。
その理由としては、企業側から非常に高いスキルや経験を求められるということが挙げられます。
Dropboxは、創業されてからそれほど時間が経っていませんが、今では知名度が非常にあり、現在も成長拡大の最中であるため、即戦力となるような人材を求められる傾向があります。
Dropboxへの転職を目指すなら、即戦力があり、高いスキルや経験を持っていることが必須といえます。

Dropboxが転職者に求める人物像

Dropboxでは、コミュニケーション能力が高く、リーダーシップを持っている人材を求めています。
また、自身を持ち、進歩的な姿勢であり、意欲を持って業務に取り組める人材も求めている経験があります。
Dropboxは現在、事業拡大しているため、「組織的なリーダー」や「戦略的なリーダー」として業務を遂行できるような方を求めているのです。
面接では、リーダーとして働けることをアピールできるエピソードを複数用意し、上手にアピールすることがポイントでしょう。

Dropboxの転職までの流れ

Dropboxの選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接

想定選考官:人事
想定内容:志望動機や今後のキャリアプランなど、一般的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問を再度質問され、より細かいところまで深堀されます。

内定

Dropboxの面接形式

面接は1対1で行われることが多いです。
面接回数は基本的に2~3回あります。
ただし、ポジションによって面接人数や面接回数が異なります。
1回あたりの時間は30分~1時間で終わります。

Dropboxの面接内容

面接は、志望動機や今後のキャリアプランなど、一般的な質問から進みます。
そのほかにも、「どうしてDropboxを選んだのか」や「入社したら具体的にどんなことに貢献できるか」など、細かいところまで質問され、深堀される傾向があります。
さらには、日本語はもちろんのこと、英語も堪能であるかどうかを確認されることがあるため、日本語英語ともにしっかりと話せることが肝心です。
企業研究を入念に行い、自己分析もしっかり行ってから、面接に臨むことをおすすめします。

Dropboxで働いている方の評判・口コミ

営業企画、在籍5~7年、男性
オフィスが駅から徒歩3分程度なので、通勤のしやすさはあります。また、フリースナックやフリードリンクがあり、比較的充実しています。さらには、ケータリングが無料で提供されているため、お昼のときも楽で良いと思います。
法人営業、在籍3~5年、男性
業務がすべて指示されるわけではないため、不明点が多く、自ら聞きに行かなければならないときが多くあります。ただし、逆に上司やチームに対して積極的に意思表示すれば、業務の幅は非常に広がるので、やりがいを感じることができるでしょう。
エンジニア、在籍3~5年、女性
各種セミナーがある程度揃っているため、率先して受講することでスキルアップに繋がります。また、業務内でも学べることが非常に多くあるため、小さいながらも成長していくことができるでしょう。
口コミの要約

Dropboxの口コミを見てみると、通勤しやすいところにオフィスがあり、自分から声かけすることで業務の幅は広がり、やりがいを感じながら働けるということが伝わってきます。また、成長できる環境があるため、スキルアップしやすいということが伺えます。

Dropboxの年収・給与

年収 500万~1,000万円
ボーナスの有無 記載なし
昇給制度 記載なし
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 一部有り
福利厚生 社会保険完備、確定拠出年金、資格取得支援制度など

Dropboxでの転職者の出世難易度

Dropboxの出世難易度は比較的高いです。
優秀な社員が非常に多く在籍しており、それぞれ多くの実績を残しています。
そのような社員が在籍している中から、自身が出世するということはそう簡単なことではないでしょう。
また、出世するためには、リーダーシップがあることや高いコミュニケーション能力、堪能な英語力や日本語力などが必要不可欠です。
多くの実績を残すと共に、リーダーシップをはじめとした能力も磨くことで、出世への道は開けるといえるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 700万円
30代前半 なし 1,000万円
30代後半 なし 1,000万円
40代前半 なし 1,500万円
40代後半 なし 1,500万円

Dropboxはどんな人が働いている?

Dropboxの従業員数

約300名(本社)

Dropboxの平均年齢

記載なし

Dropboxの平均勤続年数

記載なし

Dropboxの社風

Dropboxは、シンプルかつオープンな社風です。
市場や自社ともに成長の余地が大いにあり、その成長と共に、個人の成長も実感しながら働ける環境があります。
チームメイトを大切にする風土があり、社員同士は比較的仲が良いといえるでしょう。
また、風通しも比較的良いため、意見はしやすい環境があります。
自分らしく働きつつ、スキルアップしながら業務を遂行したいという方には向いている企業です。

Dropboxのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~18:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年次有給休暇、夏季休暇、ボランティア休暇、傷病休暇など
平均残業時間 月20時間以内
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 記載なし

Dropboxの社長

五十嵐 光喜

1964年生まれ。
早稲田大学教育学部を卒業後、東芝に入社。
社内システムに従事し、その後、アメリカの企業であるSybaseやNetlQの日本法人、アメリカ本社で日本向けビジネスに従事。
2005年に日本マイクロソフトに入社し、サーバ クラウド製品「Windows Server 2008」などの責任者を務める。
3年後より、業務執行役員サーバープラットフォームビジネス本部本部長や業務執行役員エンタープライズパートナー営業統括本部統括本部長などを歴任。
2017年からDropboxの代表取締役社長に就任。

Dropbox現職、OB/OGの有名人

Drew Houston(ドリュー・ハウストン)

1983年生まれ、マサチューセッツ州出身。
マサチューセッツ工科大学で、コンピューターサイエンスの学位を取得、ファイデルタシータ友愛会の会員となる。
大学で知り合ったアラシュ・フェルドーシ氏と出会い、在学中にSAT準備会社を共同設立。
2007年にDropboxを共同設立し、CEOに就任。
さらに2020年からはNetflixのCEOも務めている。

Dropboxの転職に関わるQ&A


Dropboxは成長中の企業であるため、業務量が多くなりがちではあります。
しかし、残業時間は月20時間以内にしようとする働きがあるため、残業時間はそれほど多くはないでしょう。

男性社員だけでなく、女性社員も多く在籍しています。
男性女性の差別はほぼないため、女性でも男性と同じような仕事量を任される可能性があり、バリバリ働きたいというキャリアウーマンな方には向いているでしょう。
また、出産や育児といったライフイベントの際も、産休や育休を取得できるため、そういったときでも安心といえます。

Dropboxへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

Dropbox公式サイトにある採用情報ページから応募することができます。
求人情報のほかにも、製品の構築についてや、ビジネスについてなど、さまざまな情報が掲載されているため、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、求人情報の内容はそれほど具体的に掲載されておらず、不透明なところが多々あります。
具体的な内容が知りたい場合や公式サイトに載っていないような求人に応募してみたい場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

自分のタイミングで転職活動したいなら「転職サイト」

Dropboxへの転職において、転職サイトの活用を考えているなら、豊富な求人掲載数を誇っており、転職サイトの中ではハイクラスの案件を多く扱っている「ビズリーチ」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つあります。
・求人数が豊富で選択肢が比較的多い
・スケジュールの状況に合わせて転職活動することが可能
・少しでも気になった求人があればすぐに応募できる

求人案件を多く扱っているため、自分の希望する条件を満たしている求人を探したいという方は、転職サイトの利用がおすすめです。
また、転職エージェントとのスケジュールが調整しにくく、なかなか転職活動ができないという方でも、転職サイトであれば自分のペースで転職活動がしやすく、気になった求人があれば、すぐに応募ができるので、比較的時間をかけずに活動することができます。

ビズリーチでは平均年収が全体的に高く、年収交渉することも可能!

ビズリーチに掲載されている求人は、営業やプリセールスなどの求人が多数掲載されています。

※画像はイメージであり、タイミングによって掲載内容が異なる場合があります。

ビズリーチでは、キャリアアドバイザーの評価をチェック可能で、ヘッドハンターによるスカウト機能もあります。
また、自身の今現在の市場価値を知ることができ、より自分に合ったポジションへ転職しやすいという特徴を持っています。
ただし、転職サイトから応募する場合、自分と企業とのすり合わせが上手くいかないことも少なくありません。
その結果、面接で落とされてしまったり、書類選考が通らないということがあります。
確実な転職を望むなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

Dropboxに応募する前に一度は相談!「転職エージェント」

Dropboxへの転職に対して、何かしらの不安や疑問点がある場合は、外資系に特化している転職エージェント「ロバート・ウォルターズ・ジャパン」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは主に3つあります。
・キャリア相談や面接対策をはじめとした幅広いサポート
・現状の自分を客観的に見てくれて、足りない部分を教えてくれる
・比較的多くに非公開求人を持っている

転職エージェントでは、キャリア相談や面接対策などといった幅広いサポートがあり、内定までしっかりと導いてくれます。
また、キャリアアドバイザーに自分を客観的に見てもらうことで、今の自分の足りない部分を教えてもらうことができます。
転職エージェントは、そのときの転職活動だけを支援するだけではなく、キャリア形成の全体を見てくれるため、確実な転職を目指すことも不可能ではありません。

外資系企業への転職を目指すならロバート・ウォルターズ・ジャパン

ロバート・ウォルターズ・ジャパンに掲載されている求人は、基本的に英語表記になっています。

※画像はイメージであり、タイミングによって掲載内容が異なる場合があります。

ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、1985年にロンドンで設立された歴史の長い転職エージェントです。
ハイクラスな非公開求人を多く扱っているため、Dropboxへ転職したいと伝えれば、目的に合ったポジションを紹介してもらえる可能性があります。
また、国際的に展開する企業に対して強みがあるため、Dropboxへの転職に必要な経験を積める外資系企業へ転職するのであれば、ロバート・ウォルターズ・ジャパン一択といえるでしょう。
ただし、ロバート・ウォルターズ・ジャパンでは、日常会話ができる英語力を持っていることが大前提であるため、スキルや実績が足りていないと希望する案件は紹介してもらえないこともあるので、あらかじめ理解しておく必要があります。

あなたがDropboxに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

DMM.comへ転職したい方必見。転職難易度や評判について調査

  ▼下記は、DMM.comに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからDMM.comに転職してくるのか ・転職先:DMM.comからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりた...

ランサーズへの転職は難しい?面接内容や年収などを解説

▼下記は、ランサーズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからランサーズに転職してくるのか ・転職先:ランサーズからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

ゼンリンの転職情報を解説!難易度や口コミなどをご紹介!

▼下記は、ゼンリンに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからゼンリンに転職してくるのか ・転職先:ゼンリンからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン...

さくらインターネットへ転職するには?面接内容や口コミ評判も徹底調査

▼下記は、さくらインターネットに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからさくらインターネットに転職してくるのか ・転職先:さくらインターネットからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なり...

じげんへの転職は可能?評判や口コミなど転職情報をご紹介

▼下記は、じげんに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからじげんに転職してくるのか ・転職先:じげんからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

キャディ株式会社の転職事情。面接内容や年収などを解説

▼下記は、キャディに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからキャディに転職してくるのか ・転職先:キャディからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

楽天の転職情報!転職難易度や面接形式などをご紹介

  ▼下記は、楽天に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから楽天に転職してくるのか ・転職先:楽天からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン...

パロアルトネットワークスへの転職。転職難易度や事業内容をご紹介

▼下記は、パロアルトネットワークスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからパロアルトネットワークスに転職してくるのか ・転職先:パロアルトネットワークスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し...

エイチームの転職難易度は高い?口コミや面接情報解説まとめ

  ▼下記は、エイチームに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからエイチームに転職してくるのか ・転職先:エイチームからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

インテグレートの転職事情。年収や選考フローなど解説

▼下記は、インテグレートに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからインテグレートに転職してくるのか ・転職先:インテグレートからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せる...

TOP