通信

システムサポートの転職事情。面接内容や年収など解説

▼下記は、システムサポートに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからシステムサポートに転職してくるのか
・転職先:システムサポートからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

システムサポートの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学卒業など、学歴は幅広くなっています。

職歴

システムサポート在籍者の主な職歴は、NTTコムウェアなどのSIerアクセンチュアフューチャーアーキテクトなどのIT系コンサルが挙げられます。

退職後の主な転職先

システムサポートからの転職先として、事業会社の情報システム部門や日本オラクルなどのツールベンダーNTTデータなどのSIerAWSなど、幅広く転職しています。

システムサポートは、親会社を持たない独立系のシステムインテグレーターです。
ITシステムの開発や基盤構築、データセンターの運用など行っており、社会を支援し、生活をもっと豊かに変革していくことを目指しています。
また、エンジニアの技術力を証明する「オラクルマスター」の最高資格である「オラクルマスター Platinum」の保有者数は全国第4位であり、そのため、さまざまな制約に捉われることなく、幅広いビジネス展開を可能としている企業です。
1980年設立と歴史は40年以上と長く、現在は1,039名の社員が在籍しています。
システムサポートでは、エンジニア職をメインに、「個性」と「チャレンジ精神」を持ち得る人材を求めています。

初めての転職でシステムサポートを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

システムサポートの面接内容や年収も気になるけど、それよりも先にどんな求人募集がされているのか知りたいという方は、ビズリーチなどの転職サイトで求人情報をチェックしてみましょう。
ビズリーチはハイクラス求人が豊富に掲載されているため、転職先が未だ定まっていない方は、ここで一度比較しておくことをおすすめします。
転職エージェントを活用する場合でも、情報収集としてビズリーチにチェックしておけば、今後の転職活動をスムーズに進められるようになるでしょう。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • システムサポートの企業概要
  • システムサポートの転職ポイント
  • システムサポートの社風や企業文化

システムサポートに転職するポイント

システムサポートの特徴

POINT

  • ・親会社を持たない独立系のシステムインテグレーター
  • ・社会の支援や生活を豊かに変革することが目標
  • ・技術力を証明する最高位資格「オラクルマスター Platinum」の保有者数全国4位

システムサポートへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的多い
  • ・エンジニアをメインに求人募集
  • ・「個性」と「チャレンジ精神」を持っていることが重要

システムサポートの企業概要

会社名 株式会社システムサポート
本社所在地 石川県金沢市本町1-5-2 リファーレ9F
社長 小清水 良次
設立 1980年1月
株式 上場(東証1部)
株主構成 システムサポート従業員持株会(18.23%)
一般社団法人小清水の会(13.92%)
日本マスタートラスト信託銀行(6.95%)

システムサポートの売上

システムサポートの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 9,970,304千円 11,762,097千円 13,376,016千円
経常利益 368,839千円 504,115千円 712,385千円

システムサポートの最新ニュース

システムサポートの事業内容

システムサポートは、親会社を持たない独立系システムインテグレーターです。
ICTを活用したシステムコンサルティングをはじめ、企画や開発、運用など、システムライフサイクルを支援する専門サービスを総合的に提供しています。
顧客のビジネス成長やサービス向上のための事業戦略を支えるIT戦略の提案や、経営分析や業務分析などを行い、課題解決や改善に向けた戦略的な提案を行ってます。
また、業種や業界を問わず、基幹系・情報系のシステム構築の実現する「システムインテグレーションサービス」や、Webを用いた「Webアプリケーション構築サービス」などの提供も行っています。
さらには、データセンターを活用した「IDCサービス」や診療業務をサポートする「メディカルソリューションサービス」、保守運用支援を実施する「ERPコンサルティングサービス」など、さまざまな支援を展開している企業です。
今後の展望として、医療や流通、製造などの幅広い業界に対し、これまでに培った豊富な経験とノウハウを活かし、顧客のICT環境をあらゆる側面からサポートすることを目指しています。

システムサポートの募集要項

インフラエンジニア

ITソリューションを提供するインフラエンジニアとして業務を遂行するポジションです。
具体的には、開発部門と連携し、物理サーバやクラウドサーバの要件定義から設計、構築、保守を行います。
また、人材や不動産などの顧客支援を行うなど、幅広く携わる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・2年以上のインフラエンジニアとしての経験

ITコンサルタント

要件定義から関係者を巻き込んだ折衝業務などを行うポジションです。
また、プロジェクトの推進やシステム運用、保守なども行います。
そのほかにも、既存案件の運用保守や小規模案件のヒアリングなども行う場合があります。

必須な経験・スキル

  • ・情報システム部門での運用・保守の経験
  • ・システム開発のご経験

SAPエンジニア

SAP導入や開発、運用保守、若手の指導などを担うポジションです。
具体的には、顧客と直接コミュニケーションを取りながら、実現する業務の要件の取りまとめ、カスタマイズと開発対応を行います。
また、アドオン開発チームのリーダーとして、チーム管理を行う場合もあります。

必須な経験・スキル

  • ・SAP ERPにおける開発経験もしくは運用保守経験

システムサポートの転職難易度

システムサポートの転職難易度は比較的高いです。
中途採用枠は比較的多く、どのポジションでも一定以上のスキルや経験も持っていれば応募することができます。
しかし、システムサポートは知名度が高く、働きやすい環境があるため、ほかの転職者が多くなることが想定できます。
そのような中で、自身を採用してもらうということは簡単なことではありません。
システムサポートへの転職を目指すなら、ほかの転職者とは一味違う魅力をアピールできるかどうかが肝心です。

システムサポートが転職者に求める人物像

システムサポートでは、「個性」と「チャレンジ精神」を持った人材を求めています。
また、誠実さを持ち、素直に業務に取り組める人材や、豊かな人間性を兼ね備えている人材も求めている傾向があります。
システムサポートは、日本だけでなく、グローバル展開にも注力しているため、こういった能力が必要不可欠です。
面接では、これらをアピールできるエピソードを複数用意してから臨むと良いでしょう。

システムサポートの転職までの流れ

システムサポートの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接・適性検査

想定選考官:人事・現場社員
想定内容:志望動機やこれまでの経験など、一般的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問に加え、個性を確認するような質問をされます。

内定

システムサポートの面接形式

面接は基本的に1対1で行われます。
面接回数は2~3回あります。
1回あたりの時間は30分~1時間です。

システムサポートの面接内容

システムサポートの面接は、志望動機やこれまでの経験など、一般的な質問から進みます。
また、「なぜエンジニアを目指したいのか」や「入社後のキャリアプランは?」などの質問もされる傾向があります。
さらには、「学生時代はどんな人だったか」や「趣味は?」など、こちらの個性を確認するような質問を多くされるため、自己分析はしっかり行っておくことが重要です。
面接の雰囲気は、比較的和やかであり、圧迫面接などはほぼありません。
変に緊張せず、自分らしく面接に臨むことができるでしょう。

システムサポートで働いている方の評判・口コミ

エンジニア、在籍5~7年、男性
若手でも顧客折衝や設計など、責任のある仕事を任せてもらえます。また、さまざまなことにチャレンジさせてもらえる環境があるので、若いうちからバリバリ働きたいという方は、やりがいを感じながら働くことができるでしょう。
アプリケーション設計、在籍5~7年、女性
資格取得に積極的な体制があり、報奨金制度もあるため、さまざまな資格を取得したい方には嬉しい環境です。また、新人研修などもあるため、あまりスキルを持っていないという場合でも、入社後に学ぶことができます。
その他人材関連職、在籍3~5年、男性
プロジェクトによってワークライフバランスの良さは変わりますが、全体的に良く、基本的に自分の取りたいときに有給を取得することができます。状況によっては残業などがありますが、非常に多い時間残業をしなければならいということもなく、許容範囲内だと思います。
口コミの要約

口コミを見てみると、若手でも仕事を任せてもらえる環境があり、若いうちからバリバリ働けるということが伺えます。また、全体的にワークライフバランスは良く、残業もそれほど多くないということが伝わってきます。

システムサポートの年収・給与

年収 513万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り(全額支給)
住宅手当 記載なし
福利厚生 従業員持株会制度、退職金制度、インセンティブ制度、資格取得奨励制度など

システムサポートでの転職者の出世難易度

システムサポートの出世難易度は比較的高いです。
実績を残し、周囲に認めてもらうことで、ある程度のポジションまでは出世することができます。
しかし、それ以上に出世を目指すとなると簡単ではないでしょう。
年功序列な雰囲気があるため、早く出世したいとなると非常に多くの実績やスキル、経験や人柄などが必要になってきます。
システムサポートで出世を目指すなら、これらの能力を身に付け、周囲に認めてもらうことで出世への可能性が高まるといえます。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 600万円
30代中盤 なし 700万円
30代後半 部長 1,200万円
40代前半 部長 1,200万円
40代中盤 なし 700万円

システムサポートはどんな人が働いている?

システムサポートの従業員数

870名(単独)
1,039名(連結)

システムサポートの平均年齢

35.4歳

システムサポートの平均勤続年数

6.8年

システムサポートの社風

システムサポートは、社員の成長を会社全体で応えるという社風があります。
やりたいことにチャレンジしたいという意欲を大切にしており、新規事業や新サービスに関わることができます。
また、外部研修や先輩社員が実施する勉強会、資格取得を支援する制度など、スキルアップに関する制度が充実しているため、自発的に行動すればどんどん学ぶことができる企業です。
さらには、チームワークを大切にする風土もあるため、そういった環境の中で成長していきたいという方には、向いている企業といえます。

システムサポートのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~18:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 リフレッシュ休暇、ウェルカム休暇、年末年始休暇など
平均残業時間 月15時間程度
フレックス制度 有り
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

システムサポートの社長

小清水 良次

1956年生まれ、石川県出身。
名古屋商科大学国際経営学部卒業後、株式会社システムサポートに入社。
1990年に専務取締役に就任、その4年後に代表取締役社長に就任。
現在は、株式会社イーネットソリューションズや株式会社STSメディック、株式会社アクロスソリューションズの代表取締役会長も務めている。
さまざまな企業を牽引している人物。

システムサポート現職、OB/OGの有名人

鈴木 憲二

1948年生まれ。
1970年に株式会社リクルートホールディングス入社。
1996年に株式会社ノス(現・株式会社クレヴァシステムズ)に入社。
その後も、株式会社院エックス(現・株式会社アイ・ユー・ケイ)などで業務を従事し、2006年に株式会社システムサポートに入社、東京支社長に就任。
3年後には取締役、さらに3年後には常務取締役に就任。
現在h、専務取締役や東京支社管理部長、株式会社T4C取締役会長を務めている。

システムサポートの転職に関わるQ&A


最初はアルバイトや契約社員だったとしても、正社員になることは可能です。
ポジションの空き具合や能力によって異なりますが、正社員と同等かそれ以上のスキルや経験を保有していれば正社員になることもできるでしょう。

企業研究では、「なぜシステムサポートが良いのか」を明確にできるように行うと良いでしょう。
また、同業他社との違いも理解し、システムサポートにしかない強みを活かすことで、志望動機に繋げることができます。

システムサポートへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

システムサポートの公式HPにある採用情報ページから応募することができます。
求人情報のほかに、企業メッセージやソリューションについてなど、有益な情報が掲載されています。
ただし、求人内容は非常に薄く、不透明な部分が多くあります。
もっと具体的な内容が知りたい場合や確実な転職を目指したい場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

自分のタイミングで転職活動したいなら「転職サイト」

システムサポートへの転職において、転職サイトの活用を考えているなら、豊富な求人掲載数を誇っており、転職サイトの中ではハイクラスの案件を多く取り扱っている「ビズリーチ」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つあります。
・求人数が豊富で選択肢が比較的多い
・スケジュールの状況に合わせて転職活動が可能
・少しでも気になった求人にすぐに応募できる

求人案件を多く扱っているため、自分の希望する条件を満たしている求人を探したいという方は、転職サイトの利用がおすすめです。
また、転職エージェントとのスケジュールが調整しにくく、なかなか転職活動ができないという方でも、転職サイトなら自分のペースで転職活動がしやすく、気になった求人があれば、すぐに応募ができるため、比較的活用しやすいでしょう。

ビズリーチは自分に合ったキャリアアドバイザーを探せる!

ビズリーチに掲載されている求人は、エンジニア職を中心に掲載されています。

※画像はイメージであり、タイミングによって掲載内容が異なる場合があります。

ビズリーチでは、キャリアアドバイザーの評価をチェック可能で、ヘッドハンターによるスカウト機能もあります。
そのため、自分に合ったキャリアアドバイザーを見つけることが可能です。
また、今の自分の市場価値を知ることができ、より自分に合ったポジションへ転職しやすいという特徴を持っています。
ただし、転職サイトから応募する場合、自分と企業との年収などの希望条件のすり合わせが上手くいかないことも少なくありません。
その結果、面接で落とされてしまったり、書類選考が通らないということがあります。
確実な転職を望むなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

質が高く、より確実な転職をするなら「転職エージェント」

転職エージェントを活用してシステムサポートへ転職するなら、キャリアコンサルタントの質が高く、幅広いサポートを受けられる「リクルートエージェント」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは主に3つ。
・質の高い面接対策で転職成功率が向上
・自分のことを企業に上手にアピールしてくれる
・普通じゃ知りえない業界事情も知ることができる

転職エージェントでは、質の高い書類添削や模擬面接があり、さらには自分のことを企業側に上手にアピールしてくれるため、転職成功率が向上します。
また、業界に特化したキャリアコンサルタントが多いため、普段じゃ分からないような業界事情を知ることも可能です。
転職サイトと比べるとどうしても時間はかかり気味になってしまいますが、確実な転職がしたいなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

リクルートエージェントではWEBでも面接できる!

リクルートエージェントでは、エンジニアの求人が多数掲載されています。

※画像はイメージであり、タイミングによって掲載内容が異なる場合があります。

リクルートエージェントは、総求人数と非公開求人数が業界トップあり、非常に多くの求人の中から希望ポジションを探しやすいというメリットがあります。
また、面接が苦手な方のための無料面接セミナーを開催しているので、初めての転職で不安があるという方や、面接があまり得意ではないという方は、リクルートエージェントの活用がベストといえます。

あなたがシステムサポートに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

オリコンの転職事情。面接内容や口コミをなどを解説

▼下記は、オリコンに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからオリコンに転職してくるのか ・転職先:オリコンからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

ネットワンシステムズの面接や年収って?転職難易度など口コミまとめ

▼下記は、ネットワンシステムズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからネットワンシステムズに転職してくるのか ・転職先:ネットワンシステムズからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「...

テラスカイへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、テラスカイに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからテラスカイに転職してくるのか ・転職先:テラスカイからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

NTTコミュニケーションズへ転職。会社の雰囲気や給料について調査

  ▼下記は、NTTコミュニケーションズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTTコミュニケーションズに転職してくるのか ・転職先:NTTコミュニケーションズからどこへ転職するのか ...

NTT東日本へ転職するには?年収や面接難易度について調査

  ▼下記は、NTT東日本に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTT東日本に転職してくるのか ・転職先:NTT東日本からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

システムサポートの転職事情。面接内容や年収など解説

▼下記は、システムサポートに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからシステムサポートに転職してくるのか ・転職先:システムサポートからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目...

トレンドマイクロの転職難易度は高い?評判や試験情報などを調査

  ▼下記は、トレンドマイクロに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからトレンドマイクロに転職してくるのか ・転職先:トレンドマイクロからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来...

HCネットワークスの転職はおすすめ?難易度やポイントをご紹介

  ▼下記は、HCネットワークスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからHCネットワークスに転職してくるのか ・転職先:HCネットワークスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、...

日本テレビの転職難易度は高い?年収や口コミなど解説

▼下記は、日本テレビに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本テレビに転職してくるのか ・転職先:日本テレビからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

フューチャーの転職難易度は?面接内容や年収など解説

▼下記は、フューチャーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからフューチャーに転職してくるのか ・転職先:フューチャーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

TOP